2016年10月アーカイブ

以前に、人生の目的関数という記事を書き、幸いにもある有名な方のブログにこの記事を引用して戴いたこともある。いまでも、Googleで、なにもサフィックスをつけず「人生の目的関数」と入れるだけで、私のその記事が上位にヒットする。IBMの特許管理も同様である。

ところで最近、YouTubeで鬼束ちひろの「月光」を聴いていて、♪I'm a God Child この腐敗した世界に堕とされた How do I live on such a field こんなもののために生まれたんじゃない♪という歌詞につい、「サラリーマンの目的関数」という自明な記事を書いてみたくなった。なおここで自明というのは、英語でobviousなのだが、特許の文脈のニュアンスを帯びている。平たくいうと、「あったりまえじゃん」ということなのだが、私は何の意味があるのか最近、当たり前のことを、なんの工夫もなく淡々と書き連ねることがふえた。歳をとったせいなのだろうか。

さて、「サラリーマンの目的関数」だが、サラリーマンの人生はどうみても、人生一般の部分集合なのだから、「サラリーマンの目的関数」は「人生の目的関数」の特殊例にすぎないのだが、なぜか「サラリーマンの目的関数」には「人生の目的関数」に包摂されない部分があるような気がする。そんなことが論理的にぜったいあるわけがないのだが、不思議である。

前置きはこれくらいにして本論に入る。鬼束ちひろの「月光」を聴いてまっさきに思い出したのは、外資系にいたとき、目をかけていた後輩のことである。真面目すぎるくらい真面目な後輩で、いろいろ悩みを聞いたりしていた。どうみても問題のある管理職のこともいろいろ議論した。で私は、君は有望な若手なので、この会社にいない方がいい、この部門は最早未来はない、いくらでも有望な会社は他にあると進言したのだが、その返事に私は驚いた。なんと、自分が出世して部門長になり、権限で部門を変えるというのである。私はとっさにどう返事していいかわからなくなった。なぜなら、私だって出世や昇給したくないということはないが、それは頑張った結果として後からついてくるものであり、もっと言うと、頑張ってもついてこないかもしれないが、それでもまあ仕方ないということである。しかも、あるいみ末期の癌患者のようなこの部門をいったいどうするというのだろう。

果たしてというべきか、その後輩は、部門長からの昇進の提案というか甘言にあっさり寝返って、私とはほとんど言葉を交わすことさえなくなった。失望したが、人生にはよくあることなので私は他のことを考えるようにした。さてその結果、その後輩が求めるものを得ただろうか。結果をみてみるとyesであるような気がするが、内面もみると私にはyesとはとてもおもえない。ともかく、サラリーマンの目的関数の第一は、出世であって、あまりにも手垢がつきすぎている命題である。

第二がなになのか私にはわからないので、自分のサラリーマンの目的関数がなんだったか書く。私の場合、仕事の専門技能の向上であった。例えば特許電子出願の知識で私は一瞬だけだが、日本でもトップクラスだった。その後も特許実務のスキル向上に命をかけた。

しかし管理職の時代は、部門の活性化だった。そのためどんな雑用も厭わず、周囲をサポートした。結果的に私は海外の人達に対してもビジビリティを上げたが、芸能人ではないのだから、ビジビリティそのものを目的関数にしたことはなかったはずである。

別の目的関数として、趣味に生きるというのがある。私はこれは採らなかったが、とくに将棋のアマ強豪で、仕事を単なる生活手段にして、余った時間をすべて将棋に投入する人がいるのを知っている。それがオーバーランして、ついに仕事を辞めて、なんとか将棋関係の仕事で細々と食べている人も知っている。

さらに別の目的関数として、家庭をともかく大事にするというのがある。たしかに家庭を疎かにしては人間まずい。しかしだからといって、家庭が大事だといって毎回のように大事な会議もすっぽかして帰るのがありかと思うのだが、それで地位を維持していた人もいたので不思議である。これに関連して、安易にワーク・ライフ・バランスを標榜する人を私は信じない。なぜなら、自分のワーク・ライフ・バランスを維持するために平気で他人のワーク・ライフ・バランスを犠牲にするのを厭わない人を結構みたからである。もちろん過労死したり鬱病になってはいけないのだが、リソース配分と公平性は永遠の課題である。

さらに別の目的関数として、会社や上司などの不正を匡すというのがある。ようするに社内の内部告発制度も駆使して、不正を行う人を糾弾するのだが、これは言うは易く、実は大変で、極めて高い確率で返り討ちにあう。こういうのもdeath marchと呼んでいいかもしれない。それでも不退転で闘うのは、単なる正義感以外の私憤もからむのだろう。

さらに別の目的関数として、ともかく会社に残留する、というのがある。リストラの嵐が吹き荒れても、その風から逃れるというものである。もし不幸にしてリストラ候補に指名されても懸命にしがみつく。セクハラや収賄などの不法なことをしないかぎり、あるレベル以上の根性があればしがみつきは成功する。組合の存在も有意義だったりする。しかし、なにほどか魂をすり減らす行為であるのは確かである。

さらに別の目的関数として、ともかく楽して地位を維持する、というのがある。フリーライダーに徹して、他人の業績を自分の業績にしてしまう寄生虫のような生き方が会社にありえるのを私は知っているが、それはそれで特殊技能で、誰でもできることではないのだろう。

さらに別の目的関数として、ともかく社外に名前を売る、というのがある。社外の委員会にどんどん出席し、論文も書き、政府に意見具申をする。それを続けると、大学や政府機関から重要ポストを打診されることがある。どうも仕事をそっちのけで外部活動を一番だとする生き方もありのような気がする。私はこういうのを観察していて、世間で有名な地位にあることと、もてるスキルにほとんど相関がないことを知った。なお私は、そういう地位が高い人がみんな無能だとまではいわない。単に地位とスキルが相関がないといいなすだけである。

「サラリーマンの目的関数」がこれで尽きているとは到底思えないが、私は愚直な以外なんの取り柄もないサラリーマンだった(あ、今もまだ一応サラリーマンか)ので、私ほどそれを枚挙するのに相応しくない人間もいない。その手の本はゴマンとあるので、詳細はそちらに譲る。

日本シリーズをテレビで観戦していて、日本ハムの優勝で決着してしまったのが悔しくてたまらないが、それが現実なので、受け入れるしかなく、私としては逆転負けをくらった対局の感想戦のような記事を書くしかない。

さて、マツダスタジアムでの第1戦と第2戦は、広島カープが、将棋でいえば、香一本違うよね、みたいな余裕の勝利だったが、こうして結果的に2-4で広島カープの敗戦という結末をみると、それで気が緩んだとしかいえない。

すなわち、流石の智将のカープの緒方監督も、この勝利でつい相手を甘くみたのではないか。歴史的にみても、勝って気が緩まないリーダーというのはほとんど見たことがない。

そもそも広島カープは今季、基礎練習の積み重ねと、神っている鈴木の活躍など、いろいろな要因が重なって、ぶっちぎりのリーグ優勝で、CSでもDeNAに付け入る隙を与えなかった。ところが、そのような楽勝の勝利が、広島カープを、知らないうちに、左団扇気分に陥れていた。

一方のパリーグは、あるいみ広島カープ以上に、ソフトバンクが圧倒的大差で一位をキープしており、当然にパリーグの優勝は、ソフトバンクだと私は信じて疑わなかった。なので、まるで下剋上のように日本ハムが日本シリーズに進出してきたときは私は驚いたが、圧倒的なセリーグの覇者である広島カープに、日本ハムなどものの数ではないと思った。

しかし、イノベーションのジレンマなどで述べたように、成功体験が行動を規制してしまうのであって、広島カープはシーズン中に大きな成功を収めてきた今村、ジャクソン、中崎の継投パターンを、うまくいかなくてもとうとう変更できなかった。一方日本ハムは、固定パターンに捉われず、栗山監督が、臨機応変且つ冷酷に選手を起用して、結果を出した。このあたり、広島カープの緒方監督の経験不足だろう。

目に見えてまずいと思ったのは、広島カープが前試合の反省点を次の試合に活かせていないことである。日本ハムは前の試合の失敗をきちんと学習して、次に活かしてきたのであった。それにしても、日本ハムは、広島カープのお株を奪って、まさに「神った」。

しかし緒方監督は、このまだ若いし、経験を活かして、広島カープは、来年のペナントレーで活躍するだろう。そう期待したい。

広域指定

user-pic
0

安東能明は、例によって読む順序が逆になってしまったが、出署せず撃てない警官と読み、私は、その黒光りする才能を高く評価するようになった。将棋でいえば、往年の桐山清澄といったところか(といっても、よほどの将棋ファンでなければ知らないかもしれない)。

それである本を買うために相模大野のブックファーストに行ったとき、安東能明の「広域指定」新潮文庫をみかけて、迷わず買った。これは、「撃てない警官」や「出署せず」から続く、柴崎警部補が主人公の綾瀬署シリーズである。そして私にしては珍しく(ということもないか)、短い積読期間で読み始めた。

「出署せず」から綾瀬署の署長は、女性でキャリアの坂元である。副署長の助川や、刑事課長の浅井も同様に登場する。

事件は、笠原工務店の娘、笠原未希、9歳が行方不明になったというものである。そしてもちろん綾瀬署の面々は捜査を始めた。すると直ちに、綾瀬署管内に、水口文彦という前科のある男がいることが分った。前科は、少女に性的悪戯をしたというもので、それだけでなく、千葉県の柏市にいたとき、水口は少女を暴行殺人及び死体遺棄の疑いで逮捕されたというもので、今回も状況的には真っ黒だった。

ところが、柏市の事件はなぜか、証拠不十分で水口は保釈されてしまった。なんでも左翼の辣腕弁護士が就いたらしい。千葉県警の捜査陣は切歯扼腕したらしいが、仕方がない。

そんな水口が容疑者であるせいなのか、綾瀬署に警視庁捜査一課八係が関与してきて、単独捜査をごり押ししようとするので、坂元署長や綾瀬署の面々は当惑し、反発した。そして警視庁捜査一課の捜査陣は、水口の周辺でいくつか笠原未希に関与したことを示唆する物的証拠を発見し、いよいよ水口送検の方向で固まりつつあった。

そんな状況で、坂元署長は、水口の過去の経緯を知る千葉県警との共同捜査が必要と痛感し、キャリアの先輩である警視庁の北沢刑事部長に、千葉県警との広域指定、あるいは広域準指定を取り図ってくれるよう依頼したが、難色を示されてしまった。

そしてついに、原未希が遺体でみつかってしまった。場所はなんと柏で、いよいよ水口の嫌疑が深まった。こうして容疑者がいよいよ水口で決まりと誰もが信じていたとき、綾瀬署の若い女性刑事、高野が突飛な疑問を呈した。しかし、高野は強行犯係ではなく盗犯係でまだ経験も浅く、しかも一度は警察手帳を失くしたという失態があり、綾瀬署内の高野に対する信頼は低く、このまま高野の意見は埋没するかと思われたが、柴崎が高野の意見を真面目に聴き、そこにある種の妥当性がありそうと推量し、綾瀬署の捜査陣に話したことで次第に高野の意見がとりいれられてきた。

こうして事件は思わぬ真相を含むことが明らかになってきたというストーリーなのだが、この小説も、安東能明の独特の切り口により、複雑な人間心理が浮かび上がり、上質のスープのような佳品に仕上がっていると感じた次第である。

おっと、安東能明の綾瀬署シリーズには「出署せず」と、この「広域指定」の間に「伴連れ」という巻があるらしい。そこで、高野が警察手帳を紛失した経緯も手でくるらしい。これもそのうち読むとする。

囲碁名人戦でいきなり高尾九段が三連勝したときは、流石に井山の七冠もこれまでかと観念したが、ところがどっこい、井山が復調して、三連敗のあと三連勝した。日本棋院のホームページから引用する。

井山裕太名人に高尾紳路九段が挑戦する第41期名人戦挑戦手合七番勝負【主催:朝日新聞社】の第6局が10月26日(水)、27日(木)に静岡県川津町「今井荘」で行われた。 結果は185手までで黒番の井山裕太名人が中押し勝ちをおさめ、シリーズ対戦成績を3勝3敗のタイとした。終局は18時25分、持時間各8時間のうち残り時間は黒番の井山が2分、白番の高尾が21分だった。
井山が防衛するか、高尾が奪取するか。大注目の最終第7局は11月2日(水)、3日(木)に山梨県甲府市「常磐ホテル」で行われる。

なんとか井山の逆転防衛がみえてきたのはいいが、悔しいのは広島カープである。日本シリーズで地元のマツダスタジアムで2連勝したときは私は、流石にカープは日本ハムより香一本強いよね、これはまあ日本シリーズ制覇確実だよね、と楽観していたらどうだろう。

札幌ドームに帰ってからは、急に接戦になり、カープは抑えの切り札が毎試合打たれて、なんと3連敗してしまった。まるで高尾九段と同じパターンである。

ただ、見ていると、審判が、微妙な判定をすべてファイターズに有利な方に下しているような気がした。細かい積み重ねだが、これをやられると選手は気持ちが腐る。なので、いままで打たれたことがない切り札まで打たれてしまうのだろう。幸いカープは、マツダスタジアムに戻れるので、なに、そこでまた2連勝して日本シリーズを決めてしまえばいい。真っ赤な応援団が強い味方になるだろう。

あと、気になる三浦九段の件だが、文春が、倒れた三浦九段をさらに踏みつけるような記事を書いているのはいかがなものか。これを後押ししている棋士(だいたい想像はつくが)は、確実に人倫に悖ると思う。

ともかく目標は、井山名人位防衛、カープ日本シリーズ制覇、そして三浦九段無事復帰である。それがすべて果たされたら、♪その日にゃ泣こうぜ、うれし泣き。♪

こころ

user-pic
0

私は、夏目漱石の三部作である「三四郎」、「それから」、「門」を読んでから、夏目漱石のファンというか、少なくとも漱石の作品に馴染んできたので、古書店でまだ読んでいない漱石を作品をみつける度に買っておくのだが、三部作以降まだ読んでいない。そのうち読もう、くらいの軽い気持ちでいるのだろう。

ところが先日、漱石の「こころ」をみたとき、今までの漱石の作品にないものを感じて、買って帰るとすぐに読み始めた。すると、なんとも沈鬱な作品なのにぐんぐん惹かれていく。

「こころ」は、大学生である私が、先生と呼ぶある年配の男性を慕い、その家に出入りして物事を教わったりする、というところから始まる。その知り合いになるきっかけというのも相当に偶然で、友人が鎌倉の別荘に誘ってくれたので行こうとしたら、友達は都合が悪くなって行けなくなった。それでも折角なので鎌倉にいってビーチで泳いだりしていると、ある男性のことが目に付いて、気になったという次第である。それが先生なのだった。

これを見染めると呼ぶと、確かに男女の関係でなくても見染めるということはあるらしい。例えば、私が外資系にいたとき、それこそ雪崩を打ったように沢山の弁理士が辞めたが、そのうちの一人のWさんは私が比較的懇意にしていて、辞めてからもときどき会って話したりした。そのWさんがいうには、会社を辞めてある弁理士の会合に出たとき、沢山弁理士がいたのに、なぜかある一人の年配の弁理士が際立って見えたのだという。それで、Wさんは、その年配の弁理士の事務所にパートナーとして加わって一緒に働くようになったという。

ともかくそんな乗りで、私は先生と親しく付き合わせてもらうようになった。先生には奥さんがいたが、子供がいないので、私が遊びにいくと食事を作ってくれたり、洗濯してくれたりといろいろ面倒をみてくれた。先生の家には沢山の蔵書があって、先生の学識を忍ばせる。しかし先生は、大学教授でもなければ学問上の業績があるわけでもない。むしろ高等遊民のようなことをしている。ともかく食べていくだけの財産はあるようである。

ところが、先生は親切にしてくれるのだが、どうも気持ちを顕わにしないところがあって、過去のこともあまり話してくれない。毎週決まったように雑司ヶ谷にある友人の墓参りをするので、ついていこうとすると敬遠されてしまう。それだけでなく、唐突に「恋は罪悪だ。」という。

先生の家に遊びにいったとき、先生が不在で奥さんしかいなかったりして、そのときは奥さんと雑談するのだが、奥さんがいうには、先生は結婚した当初は快活だったのだが、次第に厭世的になってきたという。

また、先生と話すと、人間は最初から悪人という人はあまりいないけれども、誰でも悪人になれるという。その理由は金だという。ある意味当たり前のような命題だが、なんとなく気が重くなる。

そんな私は、なんとか卒業論文を書上げ、首尾よく卒業すると実家に帰った。実家では老いた両親がいるが、特に父が次第に弱ってきて、あまり老い先長くない状態である。それでも父は、折角息子が卒業したので、近所の人を呼び寄せて宴会をするという。それが田舎の習慣らしい。まあ、私の実家のことを考えるとそれはわかるが、そのとき明治天皇が崩御して宴会どころではなくなった。

一方で、次第に父が危篤状態になってきたので、兄を呼び寄せた。しかし父はしぶとく、結構持ちこたえている。そんなとき、先生から電報がきて、なんとか上京できないかというのだが、父の容態をみるとそうもいかないで、行けないと電報を打った。するとしばらくして先生から長い手紙がきた。父の介抱の合間にちらっとその手紙をみると、それは大変な内容だった。なにしろ、この手紙が着くころ、私はもうこの世にいない、というりだから。

主人公である私は、父の容態も構わず、逃げるように東京に出た。そしてこの小説の真骨頂は、先生が遺書として私に宛てた長い手紙の内容だった。主人公はその内容を電車の中で読むのだが、このブログの作者である私もまた、この手紙の内容を荘厳な思いで読んだ。

それは早くに両親を亡くすという先生の不幸な生い立ち、叔父に財産をだまし取られたこと、そして、幼馴染の友人を、不憫に思って下宿に呼び寄せたこと、下宿の娘さんを巡って友人と、表面的にはほとんど言い争いもないが、水面下では壮絶な葛藤があり、私が娘さんを射止めたことをきっかけとして友人は自殺してしまったこと、その友人が雑司ヶ谷の墓にいること、その下宿の娘さんが今の奥さんであること、など縷々と綴ってあるのだった。

先生の手紙はもちろんもっとはるかに委細に満ちているが、私がここであまり下手に要約して説明しない方がいいような気がする。

それにしても、どうして奥さんを残して先生は逝ってしまわなくてはならないか一切説明はなく、いかようにも突っ込みどころがある、深い小説なのだった。

私は、主人公の不幸な生い立ちを描いた小説を何冊も読んだことがあるが、この小説は、先生の不幸な気持ちを綴りつつ、読む人の気持ちを映し出す鏡のような面があり、人生の転機に何度でも読み返したくなり、その都度別の面が顕れてくる万華鏡のような小説なのかもしれない。

縮小写像

user-pic
0

電車に乗っていて、縮小写像の仕事ってあるよね、とつい思ってしまった。どういうことかというと、例えば経理の仕事を例にとると、そこでは、現実のもろもろのことが勘定科目になって、金額に帰着される。明らかに三次元の現実が一次元のお金の額に縮退している。

特許部門においても、契約レビューの仕事は、例えば、結果的に発生した知的財産がどちらの会社に属するかを判断することだったりする。すなわち、安易に相手の会社に権利が属してしまうと問題である。これもまた縮小写像である。

私がいいたいのは縮小写像が重要性で劣るという意味では決してない。むしろ、縮小写像の仕事は縮退した結果の判断が会社の帰趨を決することもあるので、極めて重要であったりする。なので、経理担当重役など縮小写像の仕事の責任者は高い地位に就くことがある。

では縮小写像でない仕事に何があるかというと、それはもう沢山あるが、知的財産部門にあって、特許実務は意外にも縮小写像ではない。なぜなら、特許実務の仕事は特許法の知識にとどまることができない。むしろ、そういうと叱られるかもしれないが、特許実務では、多くの場合特許法がつけたりで、関連技術の知識がより本質的だったりする。ところが、関連技術の知識というのがあまりにも広くて、半導体から、レーザーから、掃除機から、量子コンピュータまで多岐に亘り、すべて理解できる人などいない。なので私は、特に明細書を書くために、関連技術の知識の理解に死ぬほど苦しんだことがある。それが楽勝といえる人はまずいないだろう。そういう技術の外部知識の必要性から、その仕事は拡大写像と呼んでよい。

しかし、これまた意外ではないのだが、会社において、縮小写像の仕事の担当者の方が昇進しやすく、拡大写像の仕事の担当者は、特許実務担当者がそうであるように、生涯一専門職に留まったりする。

なので、以前に私がいた部門で、外国人のマネジャが突然、部門内でマイナーな仕事だった契約レビューの仕事、まさに典型的な縮小写像の仕事を重視したのもある意味当然の成り行きだったのかもしれない。

ただ、こじつけかもしれないが、縮小写像の仕事は、絶対ボケない生活の文脈でいくと、ボケやすい仕事に属する。私からみて華がない。そこに華を導入しようとすると、無理やり民法や会社法の判例を勉強したりしなくてはならないが、縮小写像の仕事は新らしく学んだ知識を活かしにくい。なぜなら、折角学んだ知識がそこで矮小化されてしまうからである。そういう意味で、昇進は、知識矮小化の代償かもしれない。

などという偏ったステートメントを口にするのは私くらいのものであろう。これもなにかのルサンチマンか。ということで、縮小写像であれ、拡大写像であれ、なかなかサラリーマン生活も難しいということなのであった。

三浦九段の件のさらなる追記などで述べたように、三浦スマホ事件を調べているうちに、NHK杯の将棋トーナメントの10月23日放送分が、橋本八段対三浦九段であることを知り、ええっ、こんな状況でそれは放送されるのかと怪訝になった。なにしろ橋本八段が三浦九段を敵視するツイッターが、この事件の狼煙だった。

しかし、三浦九段に単独インタビューしたNHKは、三浦九段に比較的寛容で、もしかして内部協議があったのかもしれないが、結局予定どおり放送されることになったと知り私は安堵した。10月23日はちょっと外出する予定があったのだが、これを見逃したら一生後悔すると、忘れずビデオ録画をセットした。

帰宅してビデオ録画を観たのだが、NHKは、テロップで、この対局が9月19日に指されたものであることを明示した。そうしないと、知らない人は、休場した棋士がなぜ指しているのかと怪訝になるかもしれない。それはまあいいのだが、私はいきなり失望した。それを示すために31手目の局面を示す。

【図1】 31手目▲4八銀まで
持ち駒:△三浦=歩2



持ち駒:▲橋本=歩2
すなわち、この局面は、後手が旧式の中座流の構えだが、先手の7七角の構えが有力で、先手が勝ちやすいとされるもので、最近ではほとんど指されることがない。ここでの後手の手の候補は、△7五歩、△6五桂、△5四歩だが、三浦は△7五歩を選び、以下▲同歩,△同飛,▲3三角成,△同桂と進行した。

【図2】 37手目▲2四飛まで
持ち駒:△三浦=角歩3



持ち駒:▲橋本=角歩3
ここで橋本の▲2四飛が、前例があるとはいえ、相手の飛車先を躱した捻った手だった。次の狙いは△8四飛である。なので、それを避けるため後手は△4四角で、先手は▲6六角とあわせ、△同角,▲同歩と進んだ。

【図3】 42手目△2八歩まで
持ち駒:△三浦=角歩2



持ち駒:▲橋本=角歩3
ここで三浦は手筋の△2八歩。▲同飛と取れば△2七歩で後手が一遍に優勢になるが、そんな変化になるわけがない。当然先手は▲7六歩と打ち、△2五飛,▲同飛,△同桂と進んだ。こうなってみると、△2八歩が邪魔していて、ここに飛車が打てない。してみると、△2八歩よりも△2三銀の方がよかったか。

【図4】 47手目▲2三歩まで
持ち駒:△三浦=飛角歩2



持ち駒:▲橋本=飛角歩
ここで当然ながら、橋本の▲2三歩が厳しい。これを三浦は△3三銀と躱したが、△2三同金の方がよかったかもしれない。△3三銀以下は、▲2一飛,△3一飛,▲同飛成,△同玉であるが、ここで▲7五歩がプロなら当然の手だが好手である。以下、△8八歩,▲7四歩,△8五桂,▲7三歩成,△同銀,▲8一飛,△7一歩,▲8五飛成,△8九歩成,▲2五龍,△3四角,▲同龍,△同銀と進行した。

【図5】 67手目▲5五角まで
持ち駒:△三浦=飛2桂歩



持ち駒:▲橋本=角桂2歩/td>
そして、▲5五角で先手の優勢、いや勝勢が確定した。以下△7六桂,▲7三角成,△6八桂成,▲同玉,△6二銀,▲5五馬,△2九歩成,▲2四桂,△8八と,▲3二桂成,△同玉,▲8八金,△7六桂,▲5八玉,△8八桂成,▲3三銀,△4一玉,▲6一角,△2三銀だが。

【図6】 投了図 87手目▲4三角成まで
持ち駒:△三浦=飛2金桂歩2



持ち駒:▲橋本=金桂2歩3
▲4三角成で必至がかかり、先手玉は△7八飛には▲6八桂でなんでもない。

それにしても、ほとんど勝負所のない三浦の完敗だった。何度もいうが、三浦が旧式の勝ちにくい横歩取りの戦型を選んだのは謎である。もしかして、△2八歩が敗着かもしれないが、それ以前に作戦負けのような気がする。そもそも、現代の流行形の一つである△8四飛、△5二玉、△7二銀の形の横歩取りはとても有力な戦法で、後手番の方がむしろ勝率が高いくらいであり、先手をもっての決定版はない。なので、それを避けてわざわざ勝ちにくい旧式を選ぶ理由はないはずである。しかもあえて選んだその旧式に、新しい工夫や研究がなされた形跡もない。

私はあまりにあっけに取られたので、まさか橋本八段と三浦九段はグルではないよね、とありえない想像をした。まるでつくったような、しめしあわせたような橋本八段の完勝だからである。すなわち、私が愛読しているミステリー小説群の示唆するところによれば、裏でグルであると寧ろ、表向きは敵対しているように装う。橋本八段のあのツイッターは、そんな見かけの敵意のインディーケーションに相応しい。しかし、二人がグルである理由も意図も全く想像できないので、こんな荒唐無稽な空想は直ちに捨てた。羽生先生ではないが、私も、三浦事件のことを考え過ぎてちょっと情緒不安定になっているようである。

素朴な疑問

user-pic
0

今まで誰にもそうだと言われたことはないが、私は素朴な疑問を思いつくのが得意である。しかしそれは決して、ものごとの本質を見抜いた素朴な疑問を提示するというのではなくて、愚にもつかない、場合によっては幼稚園レベルかと間違えられるようなナイーブすぎる疑問をとめどなく思いつけるだけである。

そんな私なので、当然に三浦九段の件についても、いろいろ素朴な疑問を思いつく。思いつくというより、どこかのブログで見たことだったりして、また誰でも思いつくようなことだったりして、オリジナリティとかそういうレベルの話ではないが、単に思考の整理のため、列挙してみる。

まず最初に、A級の棋力をもつ三浦九段が、なぜ不正だと疑問をもたれるようなことに手を染めながら将棋を指すのだろう。それを説明するのはもしかして、人間の壊れ方の力学で述べた心理的カオスの理論である。心理的カオスは、私の観察によれば、リソースの不足で起きる。そして往々にして、リソースの不足に起因しているとは到底思えない現象を呈する。これはもしかして、人間深層心理が本質的にもつ難読化(obfuscation)作用なのかもしれないが、ともかく、普段からはありえない行動をとることがある。

そこでリソースといったが、では一体なんのリソースの不足なのだろう。これは知り合いからの示唆によるが、もしかして将棋の研究時間かもしれない。すなわち、結婚して今までのような将棋の研究に時間を割くことができなくなった。ましてや相手は17歳も年下の若妻である。加藤茶シンドロームになりえる。

その研究時間の不足を補うために、今回のような疑念をもたれる行動を採ったのだろうか。なにしろ心理的カオスはそういうことがありえる、としか説明しない。なぜ、に対する答えは与えてくれない。量子力学だって、エンタングルメントがあると教えるだけで、エンタングルメントの仕組みは説明できないでいる。

さて、心理的カオスが怖いところは、いったんそのメカニカル・ダイナミックスが走ると、本人の理性や感情とは無関係にオートノミーで動くことである。自分でもなにやっているのか分からなくなる。私の好きな説明は、リソース不足の心理状態に共鳴して、変な霊が憑依するというものだが、そんなことをいうと、ただでさえ数少ないこのブログの読者がさらに減るので止しておく。

心理的カオスがさらに怖いのは、カタストロフに行きつくまでダイナミックスが止まらないことである。♪誰か、ロマンチック止めて、ロマンチック、胸が胸が苦しくなる♪

心理的カオスに陥った三浦九段の前に昂然と立ちはだかったのが、渡辺明とクールファイブの一団である。それにしても、渡辺竜王と、三浦、深浦、丸山の三羽烏の確執は将棋界で知らない者はなく(といいつつ、私はつい最近これを知った)、ある意味頂点を極めた渡辺があえて先輩たちに因縁をつける理由がどうしても私には理解できない。

そして果たして渡辺竜王のリーダーシップで三浦九段を追い詰めていくのだが、そこに単なる正義感以上の、なにかの執念を感じるのは私だけだろうか。

もしかして、三浦九段のカオス状態が、エンタングルメントで渡辺竜王にも乗り移ったのだろうか。それとも何かの理由で渡辺も最初からカオスだったのだろうか。

なんにしても、カオスとカオスが対決すると、プラズマ電子雲の衝突で、すさまじい核融合反応が起き、将棋連盟全体に被害が及ぶ。♪誰か、ロマンチック止めて、・・・切なさは、止まらない♪

生存者ゼロ

user-pic
0

かなり前に新聞広告で、安生正の「生存者ゼロ」という本をみて、新刊本の単行本では高そうなので見送った記憶がある。そして、それから数年たって、古書店で安生正の「生存者ゼロ」の宝島文庫版が100円であったので、迷わず買って、しばらく置いておいた。

そして、しばらく置いてよみ始めると、なんと実に面白いではないか。ぐんぐん引き込まれた。

最初に登場するのは、国立感染症研究所の研究員である富樫裕也。同じく研究員である由美子、そして息子の祐介とアフリカの奥地であるガボンに新種のウイルスや細菌の採取に来ていた。ところが、由美子が検体の猿から採取した血液の注射針を間違えて自分の指に刺してしまい、それにより由美子は重大な感染症に罹ってしまった。当然に救助を求めたが、なぜか誰も救助に来ず、由美子は亡くなり、茫然としているうちに息子も亡くなってしまい、富樫は完全に生きる希望をなくした。

それから2年後、北海道の根室沖で自衛艦が作戦行動を採りつつあった。というのは、根室沖にある東亜石油の石油採掘プラットフォームTR102で、従業員との連絡がとれなくなり、テロが疑われたからである。そこで、自衛艦に乗り合わせた廻田三等陸佐は、嵐の中、何人かの部下とともに、ヘリでTR102に向かった。

ところが、TR102に着いてみると、廻田たちは、一人のテロリストも見ることなく、ただ惨く血を流して死んでいる従業員たちなのだった。これは何かの出血熱のような感染症が疑われ、政府首脳は、傷心日本に帰って理研の研究員になっていた富樫に意見聞くべく首相官邸に招いた。

しかし、富樫が過激な発言をし始めると、感染症が終息したと見測られたタイミングで、富樫は更迭された。

一方、TR102の現場にいた廻田は、様子をみるため事件後と1ヶ月も隔離されていた。

それから解放された廻田は、市ヶ谷の陸自中央情報隊に異動になった。そして北海道の帯広に出張しているときに、緊急指令がかかり、ヘリで中標津という場所を確認するように命令をうけた。そして、TR102でみたような死体が多数そこにあったので、心底驚いた。

それは最早パンデミックの兆候にみえたが、ビューロクラシーの権化のような政府首脳がなんら有効な手を打てないうちに事件は北海道足寄町に飛び火した。そして、犠牲者は8万人を超え、一人の生存者もいない、まさに生存者ゼロだった。

ここまで読んで、これは一級のバイオ・パニック・ミステリーだと思っていたら、後半になって、あるいみクランⅡのようにストーリーを広げ過ぎて、収束が難しくなったかな、と感じた。

とはいえ、この本を読み始めた日、たまたまつくばに出張で、なので通常の通勤時間でなく、つくばエクスプレスの往復の時間も駆使して一日で一気読みだったのだから、かなりの面白さだったといえる。

井山、快調

user-pic
0

井山、復調で予想したように、天元戦第1局は、井山天元が一力七段を破った。日本棋院のホームページから引用する。

井山裕太天元に一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦者手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第1局が10月21日(金)午前9時から三重県志摩市の「賢島宝生苑」で始まった。  結果は139手まで黒番の井山天元が中押し勝ちをおさめ、天元位防衛へ幸先の良いスタートを切った。

この結果をみると、最早井山は、復調モードから快調モードに移行したと思われる。するとあと気になるのは、高尾九段との名人戦で現在、2勝3敗とビハインドだが、井山が快調になった一方で、高尾九段が本因坊リーグで羽根九段に負けており、この調子では最早井山が少し有利かもしれない。

あと、先日から折にふれて引用させて戴いている依田九段のブログであるが、そのタイトルが「白が前提の推理」とあって、ああ囲碁の話かと思ったら、依田九段は文春を買って、例の「スマホ不正」の記事を読まれたらしい。以下のように書いている。

だって、竜王戦の挑戦権を自力で獲得したのなら、普通は絶対引き下がらないって。
「疑われた状態で対局できない」とか言ってる場合じゃないもん。
(中略)
ここで、三浦9段が不正をしていないという前提で、では、なぜ竜王戦7番勝負休場というありえないことを受け入れたのか?という僕の推理を言ってみたいと思う。

と、以下依田九段の推理というかたとえ話が続くのだが、実は三浦九段は、自分から挑戦権を放棄したのでなくて、無理やり挑戦権を剥奪されたのかもしれなくて、そのロックアウト解雇のような強引な手口が問題なのであって、一連のウェブ上の記事でも、いかに三浦九段がクロかという議論ばかりで、なのに、どうも焦点がずれているとしか思えない。ところで、Openブログをみると、昨日の段階では、Openブログ管理人の金田一耕介並みの名推理で折角、クロでなく灰色性が高まったのに、渡辺竜王からの強力な反論でまた三浦九段が不利になったらしい。もうこうなったら、裁判で決着をつけるしかないのではないか。

一方、産経新聞のウェブに以下のような記事があった。

将棋ソフトの不正使用疑惑が浮上している三浦弘行九段(42)は21日、「一部マスコミで事実と異なる内容が報道されている」と自身の潔白を訴える文書を発表した。
文書は、20日発売の週刊誌報道に異議を唱えたものとみられ、「スマートフォンに遠隔操作アプリをインストールしたことはない」「潔白を証明するため、スマートフォンとパソコンを信頼のおける調査会社に提出する」などとし、「一日でも早く連盟が不当な処分を撤回してくれるよう願ってやみません」と訴えている。

あと、スポーツ報知に、以下のような記事があった。

日本将棋連盟は21日、コンピューター将棋ソフトの不正使用疑惑で三浦弘行九段(42)を出場停止処分とした問題について、棋士に対しての説明会を開催した。羽生善治三冠(46)、森内俊之九段(46)、佐藤康光九段(47)、郷田真隆王将(45)ら約140人の棋士が出席した。
出席者によると、約2時間に及んだ会合では連盟幹部からの経緯説明の他、棋士が意見や提案を述べる時間も設けられ、連盟の対応については賛否両論だったが、批判の声も複数上がったという。
一部の棋士が問題視したのは、三浦九段が不正を行ったとする明確な証拠を示さないまま、連盟が処分を下したこと。反対に、三浦九段の指し手とコンピューターソフトの指し手の一致率が高いという事実を現状では根拠としていることについて、名人経験者の丸山忠久九段(46)らから疑問の声が上がったという。

なんと、竜王戦の代理挑戦者である丸山九段までが反論するとは。あと、ツィートみていると、西尾六段、野月七段あたりが反対派のようである。そういえば、コンピュータ将棋では、西尾六段と千田五段が双璧だが、千田五段はすっかり体制側に寝返ったのだよね。

ということで、今後の将棋連盟の帰趨が気になるところである。

先日、アマゾンで検索していたら、アルファ碁VSイ・セドルの本が出版されているらしい。これは買いだと、週末に行きつけの相模大野のブックファーストに行ってみた。すると、あまり冊数はなかったが、とりあえず囲碁・将棋の本のコーナーに平積みされていたので、売り切れになる前に迷わず買った。

それは、正式には、「人工知能は碁盤の夢を見るのか? アルファ碁VSイ・セドル」ホン・ミンビョ/キム・ジノ著、ホン・ミンファ訳、東京創元社であり、原著は韓国内で出版された韓国語の本であるが、日本語訳されたものである。なお、ここで仮名表記した韓国人の名前は、この本では漢字表記されているが、一部うまく仮名漢字変換できないものもあるので、私の方で仮名表記に統一させて戴いた。

イ・セドルは説明不要と思うが、ホン・ミンビョは韓国棋院の九段で、アルファ碁対イ・セドルの対戦を解説した。対戦の後、イ・セドルと打ち手について議論したりたので、最も身近でアルファ碁VSイ・セドルの対戦とその雰囲気を知る一人である。

キム・ジノは、ソウル大学を卒業したあと、米国の名門大学の一つ、ペンシルベニア大学で経営学修士号と博士号を取得し、現在はソウル総合科学大学院教授である。人工知能やコンピュータ囲碁に詳しく、去年アルファ碁が中国出身のプロ棋士に圧勝したことを聞くと、直ちに関連の論文を熟読し、その論文の共著者の過去の論文までも調べた。そして、その調査に基づきアルファ碁VSイ・セドルは、アルファ碁が完勝すると予想した唯一の人物だった。結果はキム・ジノの予想どおりだったことは、最早周知である。

訳者のホン・ミンファは、東京生まれというから、日本語がネイティブの能力があるとおもわれる。韓国外務省勤務の父の仕事の関係で、アフリカ、ヨーロッパ、南米、日本で様々な経験を積んだ。小学校のときから囲碁に親しみ、韓国外国語大学のとき、大学囲碁選手権で優勝したというから、韓国語はもちろんのこと、日本語も囲碁も詳しい。なので、ベストの翻訳者だとおもわれる。

そこでまず、キム・ジノによるアルファ碁についての解説を私なりに要約してみる。アルファ碁は、政策網(指導学習+機会学習)と評価網の深層人工神経網、モンテカルロ・シミュレーションからなる。深層人工神経網は13層あるらしい。

政策網(指導学習+機会学習)の深層人工神経網は、次の手の候補を予測するためのものである。指導学習の最初のステップは、ヨーロッパのアマ高段者が打った16万局の対局から、2940万の盤面を抽出して、どこの位置に着手するかを学習した。

そうやってモデルをつくると、自己対戦を数百万局打つことで機械学習した。これによりモデルを改良していった。

次のステップは、打っている対局の状況で、選んだ手の候補手がどれだけ有利なのかを、評価網の深層人工神経網と、モンテカルロ・シミュレーションとで評価する。評価網の深層人工神経網は精度は高いが計算に時間がかかる。モンテカルロ・シミュレーションは計算は速いが、アマ高段者程度の強さしかない。アルファ碁の特徴は、この二つの方法を駆使して次の手を評価することである。

この段階ではアルファ碁はヨーロッパのアマ高段者の棋譜しか学習していないのに、ヨーロッパチャンピオンのファンフィ二段に圧勝した。しかし、この段階ではイ・セドルに勝てないとハサビスは想定して、次の3つの手段を講じたとおもわれる。

  1. 数千万局の自己対局によるモデルの強化。
  2. アジアのトップ棋士の棋譜の学習。アルファ碁は、コミ7目半の中国ルールにあわせて作られているので、中国ルールに基づく棋譜を多数入手し、約3千万の盤面を学習した。
  3. 実戦スパーリング。イ・セドルと同等の棋力の中国棋士と実戦練習したはずであるが、その氏名は明らかにされていない。ただ、イ・セドル自身の棋譜は入手可能であるのに学習に使われていないという。理由は、その棋譜はコミ6目半の韓国ルールの棋譜なので、参考にできないからなのだという。

以下は、アルファ碁VSイ・セドルの第1局から第5局までの棋譜解説であり、主としてホン・ミンビョ九段によるものである。この棋譜解説はかなり専門的な内容なのだが、私は愕然としてしまった。というのは、これは素晴らしい手である、疑問手ある、悪手である、と説明用盤面を丁寧に用意してホン・ミンビョ九段が解説してくれるのだが、私の囲碁の棋力が低すぎて、全く解説が理解できなかったからである。

すなわち、あくまでも自称なのだが、私の将棋は多分実質的にアマ四段、囲碁はかなり大甘の評価でアマ三段。すると表面的には棋力はどちらもあまり違わないではないか、ということになるのだが、そのキャリアと経験は圧倒的に将棋が厚い。すなわち、私程度の将棋の棋力で、将棋のプロ棋士の棋譜が理解できるとはとてもいえないが、少なくとも妙手であるとか、悪手であるとかいわれると、ある程度仮想手順を頭の中で組み立てて、その意味を理解できることもある。

しかし囲碁となると、全く闇のように手の善悪や感覚がわからない。なので、ホン・ミンビョ九段の解説に、あっそうなの?と感心することしかできなかったことを告白する。多分私の囲碁は、私の将棋の領域にまで達しないうちに私の人生が終わる可能性が高いが、それもまた人生であろう。

さて、第一局では、イ・セドルが先番で、いきなり見慣れぬ手を打ったのはアルファ碁ではなくイ・セドルだった。一方のアルファ碁も、普通プロ棋士が損なので打たないはずの手を平気で選んできて、ホン・ミンビョ九段を含む解説陣を驚愕させた。

次にアルファ碁は、いきなりボウシしてイ・セドルの石を攻めてきた。それにイ・セドルが軽く捌こうとしたら、武骨なノゾキでアルファ碁は戦いを挑んできた。

そして、アルファ碁が石を捨ててかたちを整える手を打ってきたので、まるで人間の手のようだと解説陣を感心させた。その後アルファ碁は、計算に基づく最大限に簡明な打ち方を選び、優勢を維持した。じつはアルファ碁には定石も感覚もなく、ただ勝利期待値を50%より高く維持することしか関心がないのだった。

しかし、アルファ碁とて棋神ではなく、その後いくつかミスをした。解説陣はイ・セドルがよくなる変化を示してみせた。イ・セドルがはっきり優勢と判断していい局面もあった。しかし、イ・セドルは限られた時間で決め手をつかめなかった。

そしてアルファ碁に、敵陣にただ打ち込んでみるだけのような一見無意味な手が出た。しかしこれは解説陣が検討すればするほど、神のような手だった。広島カープ流では、神ってる手、ということになる。

その後もアルファ碁はミスをしたが、結局、イ・セドルに付け入る隙を与えず、完勝した。それは衝撃の結末だったが、まだイ・セドルは次からなんとかなると思っていた。

第2局ではアルファ碁の先番。なんとアルファ碁に四線の石にカタツキするという感覚破壊の手がでて、またしてもイ・セドルを破った。流石にイ・セドルはショックを隠し切れなかった。

第3局はイ・セドルの先番。ここではアルファ碁が、コウに全く弱点がないことを見せつけてイ・セドルを抜き去った。

そして第4局はアルファ碁の先番。ここでついに、イ・セドルに神の一手が出た。ワリコミである。ここからアルファ碁は、バグったかのように崩れ、あえなく投了した。歴史的なイ・セドルの一勝だった。

ともかくこの一勝で、第5局はイ・セドルは自信をもって臨んだ。イ・セドルは、コミ7目半では少し不利とされる先番をあえて選んだ。するとアルファ碁は、いきなり、小目のケイマしまりにつけるという、新型を打ってきた。この形はたちまちプロ棋士で流行になり、いまでもNHK杯などでよく見かける。さらにはアルファ碁は、大規模な捨石作戦で厚みを築くという戦略に出た。

ところが、アルファ碁は決定的によくなる変化を逃し、イ・セドルが読み勝った。しかしイ・セドルが優勢を意識して安全な手を選んだので、長期戦となった。

イ・セドルは実利で得して、優勢になった。しかし中央の攻防でアルファ碁は優位に立つと、巧妙なヨセで勝利を不動のものにした。

結局敗れたイ・セドルは、第5局が一番悔しいといった。イ・セドルは、実力的に人間が人工知能よりも実力が下だとは思わないが、心理的な面で人間の弱点を克服するのが最大の課題だと付け加えた。

ただ、私には、将棋の電王戦などをみていて、疲れないし緊張もしないというコンピュータの性質は想像以上に侮れないと感じる。ともかく、柯潔九段が年内にアルファ碁と対戦するというということなので、どうなるか楽しみである。どんな棋士を以てしてもアルファ碁に勝つのは容易ではないが、柯潔なら別の個性を発揮するだろう。

毎日新聞の記事によると、三浦九段がソフト疑惑を改めて否定したという。以下、引用

将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、日本将棋連盟が出場停止処分とした問題で、三浦九段は18日、自らの潔白を主張する文章を、弁護士を通じて報道各社に公表した。「対局中に将棋ソフトを使用していたことは一切ありません」と疑惑を改めて否定した。

一方、週刊文春の記事によると、三浦九段の疑惑は、8月からあったが、渡辺竜王がで10月3日に行われたA級順位戦の「三浦九段対渡辺竜王」気づいたことで決定的になったという。すなわち、この対局を一部の棋士がリアルタイムでソフトで検証していたところ、驚くほど三浦九段の指し手がソフトと一致したという。

それでクロだと確信した渡辺竜王は、10月7日に日本将棋連盟理事の島朗九段に事情を説明し、それを受けて10月10日に羽生三冠、佐藤天彦名人、谷川会長らトップ棋士による首脳会談に諮ったところ、これは99.9%やってますね、という意見が出て、10月11日に将棋連盟の「常務会」による三浦九段のヒアリングが行われ、三浦九段は疑惑を完全否定したものの、結局、不出場が決まった、という。

これを読んで私は、ええっ、ちょっと待ったといいたい。なぜならこれは、いかなる意味でもevidence based discussionではない。なぜならきちんとした証拠を三浦九段に提示していないからである。要するに、将棋界を代表する棋士の一人である渡辺竜王がクロであるとの心証を得て、そのバイアスで以て将棋連盟の首脳部に話し、確かにそうだね、と将棋界で一番偉い人達が納得したので、三浦九段を呼びつけて、本人の否定にも拘わらず強引に竜王戦挑戦辞退の決定をしてしまったというのだが、すると将棋連盟というのは、将棋界で一番偉い人達が絶対君主なのだろうか。俺たちがルールブックなのだろうか。そんなローカルルールは将棋連盟のごく内輪にしか通用しないのではないか。

首脳部がクロだとの心証をもったとしても、それはあくまでも問題かどうかの検討を始めるための第一歩にすぎない。それを呼びつけていきなりタイトル挑戦権剥奪するとは、まるで某外資系企業の得意なロックアウト解雇みたいではないか。

将棋連盟の首脳部に理解してほしいのは、こんな独断的なやり方が、いかに将棋連盟という組織の基盤を危くするか、ということである。一歩間違えると、将棋連盟は世間の信用を完全に失う。

ちなみに、三浦九段の件で最近目を通しているブログに、Openブログがある。最初はこれをみて随分きちんと解説していると感心し、そのアンチ三浦の色調に影響されて、私も三浦九段の件の補足という記事を書いた。

ところが、三浦疑惑説最右翼のOpenブログでさえも、論証を重ねて10月18日に以下のような意見となった。

「状況は白黒不明と判定する。三浦九段については、出場停止を解除する。竜王戦への復帰を認める。ただし、スマホについては、厳密にチェックする」

もちろんOpenブログが正しいといいたいわけではない。(私のブログと違って)それなりに読者がいるブロガーでも、意見が揺れるのである。安易に結論を出せないことを焦ってはいけない。

おそらくとりあえずの正解は、三浦九段にそのまま竜王戦に挑戦させることだった。上記のような疑念があるなら、「貴殿に対して、これこれの疑念を持っている棋士が複数いる。対局中決してスマホは使用しないように。また離席にも留意していただきたい。」と注意して、タイトル戦を始めてもらえばよい。

そういう注意を受けて三浦九段が委縮して負けてしまうなら、それも仕方ないが、ある意味周囲はすっきりするだろう。それを代わりに丸山九段に挑戦させては、落としどころがなくなってしまうのである。囲碁の依田九段のように、「挑戦者が差し替えになった時点で将棋界の歴史は大変な汚点を残したと思う。」という感想になるだろう。依田九段は、将棋界の首脳部の強い心証があった、と聞いて納得するだろうか。

ぼく東綺譚

user-pic
0

古書店で、永井荷風の「ぼく東綺譚」岩波文庫をとりあえず買った。なお、ぼく東の「ぼく」という字は実際はサンズイに右側が旧漢字の黒の下に土なのであるが、文字化けするのでひらがなに置き換えた。

この「ぼく東綺譚」であるが、わざと関西弁でいうなら、コテコテの東京の下町の小説である。しかも昭和の初期。というと、関東軍が中国大陸で暗躍していた時期で、そんな時期にこんな軟弱な小説を書いていていいのかと思われるし、げんにWikiによると永井荷風は、寺内元帥に軟弱だと殴られたことがあるようであるが、反骨の文学者、永井荷風がそんなことでめげるわけがない。

さて、「ぼく東綺譚」は、もしかして作者そのものであるかもしれない主人公が、浅草あたりの下町をうろつく場面から始まる。主人公は、風呂敷包みをもって馴染みの古本屋を訪ねるのであるが、そこから帰りに、警察官に見咎められ、交番に連れていかれた。それであやうく留置場に入るところが、戸籍抄本と印鑑証明をもっていたおかげで、まともな人間であることが示されて放免された。

主人公は小説家で、下町を舞台にした小説を構想して、それに肉付けするために下町をうろついているのである。ところが、歩いていると突然の雨が降ってきたので傘をさした。

そしてなんと、若い女が急に、入れてほしいという。傘をもっていないらしい。で、差しかけてあげると、お礼にと女の住まいに連れていかれた。遊び人の主人公は、そこがどこだか当然に分かる。女は遊女だった。名前は雪子という。主人公はもう還暦なのだが、若くみえるようで、雪子に気に入られてしまった。じつは雪子は、いまの生活から脱出するため、誰か有望な旦那と所帯をもちたいのである。

こうして、主人公は、毎日のように雪子のところに通い詰めた。なんといっても雪子は若くて魅力的だったのである。いやそれより、雪子の住まいの周囲と、雪子の雰囲気が懐かしい明治の雰囲気のレトロで、その雰囲気に浸りたくて通った、というのもある。

雪子は狎れてくると、打ち解けすぎるほどで、それで主人公は当惑するのだが、特に不愉快ではない。主人公は、作家であるという正体はばらさないし、雪子も本当の身の上は話さない。それでも、資産家のような主人公に雪子は期待するものがあって、それが次第に主人公は辛くなってきて、正体を打ち明けようと思いつつ、なんとなく自然に疎遠になったしまった。いかにも唐突というか呆気ない終わりだった。

それにしても、樋口一葉の「たけくらべ」の続きのような下町の風情が挿絵付きで描かれていて、特に事件らしい事件もないのだが、ほんのりとした気持ちになれる。

しかも淡々のした記述の合間に、漢詩があり、俳句があり、作中作者が構想している小説のドラフトがある。

それだけではない、一旦小説は終わったはずのに、作後贅語としておまけのエッセーがあり、作中小説と地の小説の境界も曖昧で、このよく分からない雰囲気が、この小説の持ち味なのだろう。

井山、復調

user-pic
0

10月17日は、囲碁の王座戦の第一局、井山王座と余正麒七段の対戦だったが、井山王座が白番1目半勝ちだった。井山は名人戦第五局でも高尾九段に勝ち、2勝3敗としたが、過去の実績に鑑みると、最早五分だろう。

してみると、竜星戦と銀河戦を書いた頃が井山の不調の底で、そこから復調に向かいつつある、ということになる。

すると、一力も、竜星戦では幸い井山に勝ったが、天元戦で井山に勝つのは最早容易でない、ということになる。

ところで、また三浦九段の件を蒸し返すようであるが、依田九段のブログに次のようにあった。

竜王戦で三浦9段が出場停止になった問題で、将棋連盟は追加調査は行わないという記事を見た。
なんだいそりゃ?これはそんな曖昧な決着ですませられるような問題ではないと思う。
挑戦者が差し替えになった時点で将棋界の歴史は大変な汚点を残したと思う。
三浦9段は濡れ衣だと言っている。本当か?
もし、僕が三浦9段の立場で、本当に不正をしていないなら、持っているスマホなど全て提出した上で、「もし対局中に不正をした証拠があれば引退した上で切腹してお詫びをする」と言う。
そして堂々と7番勝負に出るだろう。

囲碁棋士の立場で、「挑戦者が差し替えになった時点で将棋界の歴史は大変な汚点を残したと思う。」とはっきり言えるのは偉いと思う。大抵の人は、なかなか遠慮していわわないが、棋戦の立場は囲碁も将棋も同じで、おかしいことはおかしいと分かる。そうきちんと指摘してくれる人が囲碁界にいるのは、将棋界にとってもありがたいはずである。

あと、今後将棋界で対局中の離席がいちいち疑念の目でみられるとしたら、対局がとても息苦しいものになって大変である。行政不況と同じで、下手をしたら将棋界が衰退する。

対局前にスマホを預ける規定にしたら、あとの行動は自由でいいのではないか。

顧客満足度

user-pic
0

以前勤務していた会社では頻繁にe-learning研修があったが、今勤務している会社でも、環境とかISMSとか、いろいろe-learningが義務になっていて結構煩わしい。

ところが、おっ、と思ったのは、なんとCS(customer satisfaction)のe-learning研修があったことである。以前勤務していた会社は、知られているように、サービス・カンパニーなのだから、カスタマに満足してもらって、継続的に仕事を受注するというのがビジネスの基本のはずである。しかし、私の勘違いかもしれないが、以前勤務していた会社で、顧客満足度やcustomer satisfactionという言葉を10年以上聞いたことがなかったような気がする。

それでも、もしかして金融などの特定の分野では、長年蓄積したノウハウで顧客満足度は高かったのかもしれない。といいつつ、おっとと思い出したのは、ある銀行でシステム構築に失敗して訴えられ、最高裁までいって敗訴したのだった。しかも、聞こえてきた噂では、以前勤務していた会社は、顧客であるその銀行に対して、あらん限りの罵言を投げつけたようで、そんなことをすると他の日本のカスタマがどう思うか考えなかったのか、と怪訝になった。果たして、以前勤務していた会社は、業績の回復に苦労している様子である。

ところで、顧客満足度は当然に社内にも該当する。なぜなら、会社内で単独で成立している部門なんてなく、他部門との協力で大抵の業務が成立していることは自明なはずなのに、以前に私がいた部門では、徹底的に他部門に対するサービスを無視した。特許部門にとって典型的なクライアント部門といえば、研究開発部門であるが、まだ入社して間もないような社員が、誰に悪知恵を入れられたか、研究開発部門は果たしてクライアントかとのたまうのである。彼が言いたいのは、テクニカルな意味で、クライアントと呼べるのは米国本社だけであるということらしいのだが、それで特許部門が成立していると思うところは、笑ってしまうほどビジネス音痴である。それだけでなく、密な連携を敷くべきライセンス部門とも関係が疎遠になり、いよいよ部門は孤立していった。

それでも、米国本社の受けがよければそれでいいんだということらしい。実際、今でも安泰のようなので、それでいいんだろう。でも、本当にいいのだろうか。

一方私に戻って、今勤務している会社が用意した顧客満足度のe-learning研修は実に有意義で、相手から要望を聞くだけでなく、どうすれば相手の期待を上回る貢献ができるか常に考えさないというので、私はそれを日々実践している。そういう努力は漢方薬のようなもので、即効はないが、なんとなく自分の居場所が確保されているのは感じる。

しかし、こんな努力は当たり前なのであって、以前勤務していた会社も次工程はお客様といいつつみんな普通にやっていたのが、次第になし崩しになった。ビジネスの基本中の基本のはずなのになあ、と思う。それとも、以前勤務していた会社では、ドイツ人の社長からある日系社長に代わったらしいが、その人が流れを変えただろうか。是非そうしてほしいのだが。

今年も健康診断の時期がやってきた。というか私の場合例年は11月なので、今年は少し早い。

それだけではない。どうも例年と様子が違う、と思ったのは、健康診断の案内の郵便がなかなか自宅に届かない。例年は少なくとも健康診断の日の2週間前には案内が届いていた。今年はあと一週間もないのにまだ届いていない。

それで、会社の健康診断の担当者から病院に聞いてもらったら、まるでそば屋の出前にのように、昨日送りました、ということで、確かに次の日に届いた。

健康診断の日になったので、担当の病院にいってみると、そこでもどうも少し様子が違う。よくみると、電光掲示板みたいにテロップが流れていて、そこには、なるべく待ち時間が少ないように進めていますが、他の受診者とのかねあいで遅れることもありますので、ご容赦下さい、のようなメッセージが流れている。

私が受付で手続きすると、申込書がありませんね、と指摘された。えっ、そちらの病院から送られた書類一式はもってきましたが、というと、会社から送られた申込書が必要で、もしないと、場合により健康診断料を実費で払ってもらうことがあります、というので焦ってしまった。例年は確かに申込書をきちんともってきていたので、今年はうっかりしたらしい。書類手続きの几帳面さは自信があったのだが。結局、後で申込書は郵送することになった。

そうしていると、診断項目が始まった。最初の採血は去年とあまり変わりなかった。しかし次の医師との面談は、去年よりずっと簡易に終わってしまった。

それ以外の心電図や超音波エコーやレントゲン検査などは、去年と全く同じだった。そしてすべての診断項目が終わったときの待ち時間の長さも同じで、この間に検査項目を集計するのである。

その集計が終わると医師に呼ばれて、集計結果をみて丁寧に説明してもらえるのだが、今年はこの医師の説明も一瞬で終わってしまった。去年まではたしか、10分くらいはいろいろ説明を聞いたような気がする。明らかに健康診断は、簡易な側に相転移してしまっている。ううん、黄昏ているなぁ、と意味もなくつぶやいた。

自宅に帰って、簡易化したというか黄昏れた健康診断に思いを馳せて、私の天邪鬼の血が騒いだ。すなわち、ちょっとだけ健康診断が好きになったのである。そして、早速もらった健康診断の結果表で、一番問題の項目のコレステロールをみると、去年より10ばかり総コレステロール値が増えて、苦笑するよりないが、よくみると、増えているのはHDLの方で、LDLは去年と全く同じ数値である。それにしても総コレステロール値の基準値が未だに199って、低すぎない?

さらに考えてみると、このHDLは、ココナッツオイルとエゴマ油を採っているせいらしい。それらの脂はHDLの原料なのである。それならコレステロールも気にしなくていいか。そういえば、最近みた新聞記事では、ある健康指標として、血圧の高さと、HDLの低さがむしろ問題とされ、LDLに言及がなかった。コレステロールに関して、パラダイム・シフトが起きているのを感じる。

そしてふとテレビをみると、NHKの番組で、血糖値スパイクというのをやっていた。なんでも、普段の血糖値は正常でも、食事の後一気に正常値の倍くらいに血糖値が上がり、それに応答して一気にインシュリンが放出され、体に負担がかかるのだという。また、血糖値スパイクの頻度が高いと、活性酸素が体内に増え、癌になる可能性も高まるのだという。そして、それを防ぐ方法として、食事の順序を変えるというのがあるらしい。すなわち、食事ではまず肉やサラダを食べて、ご飯などの炭水化物系は最後に食べる。また、食事の後は散歩する。これだけで随分血糖値スパイクが緩和される。

こうやって健康意識が高まったのも、健康診断のお蔭で、黄昏れた健康診断も悪くないかとふと思った次第である。まあ黄昏ているのは健康診断でなく、私自身なのだが。

昨日三浦九段とスマホの記事を書いて、ぼんちゃんからはハッシーのツィートを引用したコメントを戴き、ねずげんたさんからは、「真偽のほどは判りませんが、今回の連盟の処置は信じがたい。」という趣旨のコメントを戴いた。

どちらも納得なので、そうですね、みたいな趣旨でコメントを返すかたちで返事しようと思い少し書いたのだが、私もいろいろ思い入れがあって長くなりそうなので、改めて記事を起こすことにした。

まず、この件に対して棋士のブログを検索してみると、隈なく探したわけではないが、かなり少ない。微妙なトピックなので同業者として下手なことはいえないと思っているのだろう。そういう意味では、ハッシーのコメントの尖鋭さが一層際立つのだが。

将棋の棋士で目に付いたのは、大平六段のブログである。いうべきことはきちんと言う青年という印象だが、この件に関してはかなり抑制が利いている。10月12日に、以下のような記事があった。なお、行間の改行は私の方で取らせていただいた。

残念
あまり書くのもあれなので
恐れていた事が起こりました。
どちらに決着するにしても
ダメージが大きいです。
残念です。

それから大平六段は、10月13日に「悪魔の証明」で、要するにこういう件は証明が難しいという記事を書き、さらに同日で「ソフトについて」で、ソフトを使ったからといって劇的に形勢を良くできるとは限らないという記事を書いた。基本的に三浦九段を擁護するモードであるが、将棋連盟が確たる証拠を開示していないのだから、どうしてもそういう調子になるだろう。

さて、棋士でも、囲碁の棋士となると、もうちょっと第三者的というか、遠慮しない言い方になる。囲碁の依田九段は、「信じられない」という題で、真正面から三浦事件に言及している。以下、趣旨をミスリードしないように注意して、また適宜改行を取って部分的に引用する。

三浦九段はやましいことはしていないと疑惑を否定していたと新聞で報道されていたけど、三浦九段の対応が僕にはどうにも腑に落ちない。

そう、まさにそこなのである。さらに引用する。

もし、僕が今すぐ棋聖戦7番勝負に出場させてくれると言ったら、何年かの寿命と引き換えにしてもいいくらいのことです。
もし僕が棋聖戦の挑戦者に決まって、身に覚えのないことで疑いをかけられて7番勝負の出場を停止させると言われたら、それを主張した人が誰であろうと名誉棄損で訴えて徹底抗戦します。
身に覚えがないなら、持っているスマホなど全て警察に提出して解析させたらいいじゃないか?と思う。
なんでこんなにあっさり引き下がれる?

ここでいきなり警察はないと思うけど、依田九段が仰っている趣旨は全面賛成である。将棋の竜王戦、囲碁の棋聖戦は賞金の額からいって最大の棋戦なのであり、なにかの言いがかりでそういうビッグタイトルの挑戦者から降りろと言われたら、それこそ名誉棄損で訴えて争うに値する。それをしないというのは、なにか三浦九段もやましいことがあるのではとつい、推量させる。

また、囲碁の大橋拓文六段といえば、囲碁棋士のなかでコンピュータ囲碁に対する造詣の深さで第一人者であるが、「激震」と題する記事でつぎのように述べる。これも一部改行をとって部分引用させて戴く。

「棋士がそんなつまらない事をするはずがない」という意見があるのはもちろん知っていますし理解も出来ます。
自分も個人的にはそう信じたいです。
しかし一方で人間はとても弱い生き物だとも思います。
自分の想像を越える圧倒的な存在を目の当たりにしたときに果たして自分というものをどれだけ保てるのでしょうか?

たしかに、極端にいえば戦争がそうだが、人間は基本的に弱いものであり、なにかの状況で追い詰められると、モラルを逸脱しかねない。棋士とて例外ではないはずである。

さて、ある棋譜があったとして、その棋譜がコンピュータ・ソフトを使って指したかどうか、次のようにして数学的確率を計算できる。

  • まず序盤は飛ばしてよい。
  • 中盤の難所から始める。ある局面で、コンピュータ・ソフトに次の手を選ばせる。それが棋譜と一致しているかどうか確認する。王手になっているとか、この一手みたいな局面ならともかく、普通は妥当な選択肢は4つか5つくらいあって、10手くらい連続してみただけで、人間がコンピュータの指し手を踏襲する確率は、一千万分の一くらいまで減る。ただ、コンピュータ・ソフトは乱数を使うので、複数回候補を出させてもよい。
  • それと、私程度の棋力では無理だが、プロ棋士なら、それは普通人間では思いつかないよね、みたいな手かどうか感覚で判断できる。特にコンピュータ将棋を熟知している千田五段あたり特に詳しいだろう。

こうして、ある棋譜がコンピュータ・ソフトを使って指したものかどうかの蓋然性が判断できる。こういうステップで、将棋連盟は、三浦九段の複数の棋譜について、コンピュータ・ソフトを利用したかどうかの蓋然性を求めたのだろう。どの棋譜を選ぶかは、疑念を提示した棋士が複数いたらしいので、その申し出に従えばよい。

そういう証拠を提示されたので、三浦九段は、内心納得しないものの、とりあえず将棋連盟に対して争わず、竜王戦の辞退と年末までの休場を受け入れたのだろう。その見返りは、証拠の非開示である。

なお、スマホのアプリのプロバイダは、すべてのアクセス履歴をもっているので、どの棋士がどのアプリをいつ使ったかは調べれば分るが、そのようなアクセス履歴は、裁判所の決定がないと開示されないはずである。よほどの刑事事件でないかぎり、普通そんな申請は認められない。

将棋連盟が、もしそんな証拠をもっていたとしても、それで三浦九段を追い詰めるのは得策でない。三浦九段が怒って裁判沙汰にすると、対棋士ならともかく、対裁判官に、棋譜におけるコンピュータ・ソフト使用の蓋然性がどこまで説得力をもつか分からない。そんな判例もないはずである。そうやって紛糾すると、喧嘩両成敗ではないが、将棋連盟も三浦九段も失われるものが大きすぎるし、三浦九段も不本意な引退に追い込まれるかもしれない。

状況は全く違うが、もう15年くらい前だったか、囲碁の小林覚九段が、酔った場で、ついふざけて他の棋士を殴る真似をしたら、もっていたグラスが割れて、相手を傷つけたことがあった。それで小林覚九段は責任を感じて引退を申し出たが、山下敬吾とか有志が嘆願文を日本棋院に提出し、ともかく小林覚九段の引退は避けられた。いまの小林覚九段の活躍と、テレビの囲碁番組の名解説をみるにつけ、あのとき小林覚九段が引退しなくて本当によかったと思う。

実は私は、「三浦の矢倉研究」や「三浦・阿部健の居飛車研究」などの著書を通じて、三浦九段のファンである。将棋に対する態度と努力が真摯でいい。また、不屈の棋士では多くの棋士が、三浦九段対GPS将棋を、人間対コンピュータの象徴的なマイルストーンとして挙げる。三浦九段は負けはしたが、とても感動的な名局だった。

私は横山秀夫などの警察小説の大ファンなので、過去に不祥事があった警官が左遷され、あるいは復帰して、周囲の目に晒されながら懸命に生きていく様子のストーリーが好きである。そういえば、ローレンス・ブロックの小説に出てくるマッド・スカダーもそうだった。警官として誤って少女を射殺してしまったスカダーは、警官を辞めて悩んでアル中になったが、生きていくために探偵をやっている。

おっと、長くなってしまった。そういえば、橋本八段は、厳しい言葉で三浦九段を批判したが、もし三浦九段が復帰して、三浦九段との対局がついたらどうするのだろう。あと、直近では、10月23日の三浦九段対橋本八段のNHK杯がある。これはもう収録が終わっているはずだが、放送されるのだろうか。私は是非観たいのが、流石に放送されないのではと棋友が言っていた。

いろいろ書いていたらきりがないので、このあたりにしておく。

言うまでもないかもしれないが、私のブログの最大の読者は私自身なのであって、ときどき数年前の記事も読み返して懐かしがったりしている。

そのため私は、ブログに書く日付を可能な限り、昨日とか明後日とか相対指定しないで、20XX年X月X日のように絶対指定している。ただ、流石に年は分かるので、月と日だけにすることも多い。

そしてそれは、10月12日(水)の午後9時くらいだった。カラオケバトルを観ていたのだが、パソコンにWindows Updateをかけていたので、その進捗を確認しにパソコンのところに行ってみると、携帯にメールが来ていてた。確認すると、棋友からのもので、「三浦がスマホ利用疑惑で12月末まで対局停止。竜王戦挑戦権剥奪。」とあった。

私は、これに対して、いくらなんでもありえないと思い、「えっ、陰謀では」と返事した。

そもそも、確かにコンピュータ将棋は最近人間より強いと喧伝されているが、プロ棋士は基本的にコンピュータに対してカンニングなんかしないはずである。なぜなら、もしばれたら立ち上がれないくらい打撃を受けるし、そもそも断片的にコンピュータのアドバイスを仰いだからといって、そんなに局面を好転させられるわけがない。

一方、おかしいのは、三浦九段が疑惑に関して面談を受けたのに対して、三浦九段は単に自分はやっていない、無実であるとだけ言えばいいのに、そんな疑いを受けて将棋は指せないので休場する、と応じてしまったことである。

もっとおかしいのは、それに対して次の日に将棋連盟は、休場といっておきながら休場届を出さなかったので、直ちに、12月末まで対局停止、竜王戦挑戦権剥奪を宣言してしまったことである。

そんな拙速な対応はあまりにもおかしい。私は外資系の会社で管理職をしていたとき、問題社員が部下にいたりした。しかし、問題と思っても直ちに、お前おかしいだろう、白状しろ、なんて言えるものではない。地道に事前調査して、ある程度納得がいくような、かりに裁判に持ち込まれても、なんとかなる程度の証拠をきちんと集めて、それが揃ってから、本人と面談して、様子を聞く。そうしないと、パワハラで逆に訴えられかねない。

将棋連盟は、そのような悠長なことをしていたら、あと一週間後に竜王戦第1局が始まってしまう、と懸念したのだろうか。だとしても、根拠もなく相手を責めてはいけない。しかも相手の三浦九段は、A級である。

そもそもが、対局中に頻繁に席を立ったことで三浦九段がスマホ・カンニング疑惑に晒されたというが、棋士はもともとべたっと盤前にへばりついていることはありえず、特に相手が長考している間に別の対局を眺めたり、控室に行ったりするのは普通である。その控室では、当該の将棋を検討したりしていて、対局者が控室をたまたま訪れると、盤面を崩したりする。

また、ある局面でスマホの将棋アプリを使うことがそんな足しになるものだろうか。一旦将棋アプリ推奨の手を選んだら、その後も将棋アプリの読みを踏襲しなくてはならないが、流石に対局中にスマホの将棋アプリをずっと眺めているわけにはいかず、どうなんだろう。

三浦九段は、「全くのぬれぎぬで不正行為は行っていません」とコメントしているし、弁護士にも相談しているという。もし三浦九段が法的手段に訴えると、将棋連盟は対抗できないのではないか。しかし、法的手段を採ると、いよいよ将棋界で三浦九段は孤立し、村八分状態になるかも。

なんにしても将棋連盟の対応はまずい。きちんと識者に相談した結果とはとても思えない。どう収拾をつけるのだろう。

追加の情報をみると、三浦九段は、五人の棋士から疑われているという。8月以降対局したのは、畠山鎮七段、丸山九段、稲葉八段、佐藤康光九段、佐藤秀司七段、渡辺明竜王であるが、まさかこの中の五人なのか。あと、橋本崇載八段は、三浦九段は完全にクロみたいに言っている。いよいよ分からなくなってきたので、様子をみることにする。

あと、私は読売新聞を購読しているのだが、本来は今日から丸山対三浦の竜王戦挑戦決定戦第2局が掲載だったはずなのに唐突に、竜王戦6組の田丸九段対近藤四段の棋譜に切り替わった。週末から始まることを楽しみにしていた竜王戦の挑戦者も、既報のように丸山九段に差し替えられた。竜王戦を観る気がしなくなったのは私だけだろうか。そして、♪誰のせいでもありしゃしない、みんな三浦が悪いのさ♪なのだろうか。どうしてもそうとは思えないのだが。

SRO

user-pic
0

古書店で、富樫倫太郎「SRO警視庁広域捜査専任特別調査室」中公文庫をみたとき、直観的に面白そうに感じたので、即買った。

私は、過去のサラリーマン生活の履歴のせいか、内部告発ものと、吹き溜まり的な部門の話につい必要以上に感情移入してしまう癖があるが、この小説は多分、吹き溜まり的な方に属すると感じた。

なお、吹き溜まり的な部門に感情移入してしまうのは、私が外資系にいたとき、私も含めて、部門全体で一番地位が低い人達を寄せ集めたグループの課長だったからである。

しかし、私は、各人の得意なスキルを見抜き、100%力を発揮してもらったと信じる。じっさい、私の部下は、OA、会計処理、特許手続きの方式など深い知識をもち、私のグループは下手な専門職よりもよっぽど会社に貢献していたと思う。少なくとも私は、部下の前向きな行動を金づちで叩くような無粋な行動は採らなかった。

SROは、私が組織したグループと違い、東大を出て公務員試験の総合職を受かったキャリアが5人もいるエリート集団なのだった。いや、エリート集団というのは形式的なことにすぎない。なぜなら、室長の山根新九郎は、地位は警視長なのだが、昆虫が趣味で、FBIのプロファイリングを学んだ変わり種である。そもそも、SROは、山根が総理大臣にかけあって出来た特殊な組織であり、当然に警視庁で疎んじられた。

SROの他のメンバーは、警視正で、警察庁から出向の芝原麗子、勤務する警察署で署長に暴力を振るってしまった警視正の尾形洋輔、現場で誤って犯人を射殺してしまった針谷太一警視、そして埼玉県警でつい女性をストーカーしてしまい、それがばれて左遷された川久保純一警部である。以上がキャリアであり、他に経理部門から来た富田直次郎と、警備部門からきた事務担当の木戸沙織がいる。

芝原麗子は華麗な容姿でキャリアのエリートなのだが、プライベートには困った性癖があり、それを克服しないかぎり、多分結婚できない、というかどんな男も尻尾を巻いて逃げてしまうだろう。

そんな組織なので、誰一人として山根室長のいうことなんて聞かない。いや、SROを踏み台にして昇進するという野望がある芝原は、山根室長のある行動を支援しようとした。すなわち、山根室長は、広域捜査専任特別調査室という地位を利用して、県境をまたぐ犯罪を捜査しようとした。というのは山根室長は、東京の周囲の各県の山奥で、白骨死体が見つかったという一連の事件を、警視庁の特別犯罪データベースを検索して知ったのである。そこで、特にコンピュータの操作に詳しい芝原に協力を仰いだのだった。

芝原が犯罪データベースを調べていくうちに、山根は、これは特定のシリアルキラーの犯罪に違いないとプロファイリングして、その犯人を仮にドクターと呼んだ。死体を遺棄する前に指紋を消すために指を切り落とすなどの処置が特徴的だったからである。

山根は、骸骨を元に、科警研の知り合いの夏目研究員に、復顔手法を行うように依頼した。すなわち、コンピュータ処理を駆使して骸骨から生前の顔を復元する操作である。最初は渋っていた夏目だが、山根に同伴していた芝原があまりに美人なので、芝原にぞっこんになってしまい、復顔に全力を尽くした。

その様子を冷ややかに見ていた尾形は、次第に刑事の血が騒いできたか、針谷を伴って、現地の警察署を訪ねて必要な資料を入手する作業に協力するようになった。一方山根は、川久保を伴って同様のことをした。一方、芝原は、オフィスに居残ってひたすらデータベース検索を続けた。

こうしてファントムだったシリアルキラーのドクターが次第に現実味を帯びてくるのだが、ここからは佳境なので言及を避ける。

それにしても、こういうのをキャラ立ちの花?というのだろう、SROの各メンバーの陰影のある過去と強烈な個性と、ドクターとの対決など、手に汗握る記述で、上質のスープのようなコクのある味わいの警察小説を久々に堪能したのだった。富樫倫太郎、只者ではない。

読売新聞の科学欄に、今年のノーベル生理学・医学賞、ノーベル物理学賞とノーベル化学賞の概要の受賞内容のコンパクトな要約があった。ノーベル生理学・医学賞は一応こちらで触れたので、ノーベル物理学賞とノーベル化学賞について、この新聞記事に基づき私なりにまとめてみる。

まず、ノーベル物理学賞であるが、デービッド・サウレス、ワシントン大名誉教授と、マイケル・コスタリッツ、ブラウン大教授は、1970年に、相転移という物理現象にトポロジーの考え方を導入した。当時相転移は、原子が膜のように並んだ2次元の平面では起きないと考えられていた。しかし、二氏は、平面でも粒子の動きに規則性があることを、トポロジーの手法で発見した。個々の粒子の動きからは乱雑にしかみえない状態でも、トポロジーの視点で粒子の集団がつくる渦のようなパターンに着目すると、このパターンがある時に急変する。この新しい相転移の概念は量子力学に革命を起こした。ここらあたり、表面科学とも関係がありそうだが、私の狭くて浅い勉強の範囲ではトポロジーという概念はあらわれなかった。機会があったら調べてみる。

サウレス氏は、トポロジーの考え方を相転移以外にも適用し、半導体に磁力をかけたときに流れる電流が整数倍で変化する量子ホール効果がなぜ起こるのかも明らかにした。

もう一人の受賞者であるダンカン・ホールデン、プリンストン大教授も、特殊な磁性を理解するのにトポロジーが有効であることを示した。三人の理論は、省電力コンピュータの材料として期待されるトポロジカル絶縁体の開発につながっているという。

この機会に、ちょっと興味があったので、トポロジカル絶縁体というキーワードで、特許庁の検索サイトであるJ-PlatPatで特許検索してみた。すると、12件がヒットした。これは特許情報の観点ではかなり少ない。まだ新しい技術のようである。一例としては、国立研究開発法人産業技術総合研究所の特開2015-159211がある。これは、省電力化と高速演算とを両立しうるトポロジカル相変化論理ゲートを提供するというものである。

ここまで書いてきて、そういえば私は、河野俊丈「場の理論とトポロジー」岩波講座現代数学の展開、という本をもっていたことを思い出した。そこで急遽めくってみたが、どうもWittenのChern-Simonsゲージ理論による3次元多様体の不変量の構成などを契機として発展した、2次元の場の理論と3次元トポロジーの関係を扱う、とあるのだが、この本は高度に数学的で、私の理解レベルをはるかに超えている。なんでこんな本を買ったのか自分でも理解に苦しむ。ただ、デーン手術に対応する用語が出てきたりするので、確かにトポロジーが関係しているらしい、と分かる。

次に、ノーベル化学賞であるが、分子機械に関するもので、要するに人工合成した分子を電気や光、酸などを加えて動かす技術である。

受賞した、フランス・ストラスブール大のジャンピエール・ソバージュ名誉教授は、1983年、2つの輪が知恵の輪のように絡み合った「カテナン」という分子機械を作製した。これは、電気刺激などで、輪が回転する構造になっている。

米国ノースウェスタン大のフレーザー・ストダート教授は、ダンベルの軸に輪を通したような構造の「ロタキサン」という分子機械を合成し、1991年に酸の刺激で輪の部分を軸に沿って左右に動かすことに成功した。これ、筋肉のように伸び縮みする分子もつくった。

オランダ・フローニンゲン大のベルナルト・フェリンガ教授は、1999年、光を当てると一方向に回転する分子モータを世界で初めて作製した。このモータを使って作った「ナノカー」は、世界最小の自動車として知られている。

これらの分子機械は、組み合わせて別の複雑な分子機械を作るための基礎部品になりえる。新素材、エネルギー貯蔵システムなどの応用が想定されている。さらには分子機械を使った超小型コンピュータや体内のドラッグ・デリバリー・システムへの応用なども考慮されている。

ノーベル賞受賞者ではないが、日本では九大の新海征治・特別主幹教授が、1979年に、光に反応してピンセットのように動き、カリウムイオンを捕まえたり、離したりする分子機械の作成に成功した。時期的には今回の受賞者の研究より先で先駆的なので、新海氏がノーベル化学賞を受賞していてもおかしくなかった、という人もいる。

分子機械もJ-PlatPatで特許検索してみた。すると、111件がヒットした。流石にトポロジカル絶縁体よりは多い。例えば目につくものとして、浜松ホトニクス株式会社の特開2015-84756の「回転分子モーターの制御装置及び制御方法」がある。これは、「光を出力する光源と、光源から出力された光を入力して光渦を生成し出力する光渦生成部と、光渦生成部から出力された光渦を回転分子モーターに集光照射して回転分子モーターの回転軸に光渦の軌道角運動量に基づく回転トルクを与える対物レンズと、を備える、回転分子モーターの制御装置。」が要約である。これよりも国立研究開発法人物質・材料研究機構の特開2015-216706の方が「静的平面に取り付けられた分子軸と、第一の自由利用可能なエネルギー受容体を有し、分子軸に取り付けられた第一の平面と、第二の自由利用可能なエネルギー受容体を有し、分子軸に取り付けられた第二の平面と、分子構造自体のダイナミクスによって誘導された利用可能なエネルギー(kT)によって、第一の平面と第二の平面との間に振動エネルギーの勾配を作成する手段と、静的平面と第一または第二の平面の少なくとも一方との間の相対運動を生成する立体配座変化のシーケンスをトリガするための手段とを備える。」というもので、より分子機械ぽい。

ペリリュー・沖縄戦記(パート1)の続きであるが、ペリリュー島からパヴヴ島に戻ってきたスレッジと何人かの仲間は、つかの間の安息を楽しんだ。スレッジはその間、上位将校の面接を受け、もしや米国本国に戻れるかと期待したが、結局そういう話にはならなかった。一方で、また戦いの場に臨みたいような複雑な気持ちももった。その都度、死の恐怖に襲われるのに、である。人間心理は不条理である。

クリスマスには七面鳥が振る舞われ、盛り上がったが、1945年2月になると、硫黄島の戦いのことを聞いた。すなわち、日本軍はペリリュー島での戦略を洗練させ、一層米軍を苦しめ、硫黄島での米軍の死傷者は、ペリリュー島の三倍にも達する激戦だった。

スレッジの所属する海兵隊の中隊は、ガダルカナルでの訓練を経て、3月27日、戦艦を含む大規模な船団として武装輸送艦で沖縄へと向かった。

沖縄へのDデイは1945年4月1日だった。慣例によりその朝は、ステーキと卵焼きが振る舞われた。上陸する海岸は嘉手納飛行場に面した海岸だった。例によって戦艦による激しい艦砲射撃の後の上陸となった。ペリリュー島での経験から、当然に水際での激しい攻撃を受けるものと覚悟していた部隊は、上陸時にほとんど何も攻撃がないことに拍子抜けした。

上陸時だけでない。スレッジの所属する中隊は、上陸してから約一か月も戦闘らしい戦闘も経験しないですごした。ふと、このまま戦争は終わるのかと錯覚するほどだった。しかしそれは、沖縄戦を指揮する牛島中将たちの深謀遠慮であって、敵を引きつけて叩くという縦深防御戦法だった。

5月1日、ついに中隊は戦闘に遭遇した。折から沖縄に豪雨が降り、中隊はぬかるんだ沼地のような大地に苦しめられた。激しい攻撃に、中隊は多数の死傷者を出した。

結局、米軍は膨大な死傷者を出しながらも、圧倒的な火器と物資の優位を利して、次第に占領地点を広げていった。5月15日の大名での戦闘は、ペリリュー島での戦闘に匹敵するくらい激しいものだった。ペリリュー島と違って、沖縄戦では米軍も死者を後方に連れ戻る余裕もなく、結局死者は当面放置された。

5月21日からはさらに激しい豪雨となり、高温と多湿は死者の体の腐敗を促進し、戦場には耐え難い悪臭が漂った。

5月29日になると、米軍は、日本軍の司令本部があった首里高地に攻め入り、沖縄戦は激しさを増した。しかし、6月中旬からの国吉丘陵の死闘こそが米軍にとっても最も厳しいものだった。死者が続出し、まさに敵や味方の屍とともに寝るような悪臭の沼地の劣悪な環境はベテランの歴戦の強者さえも発狂者を続出させるほどであった。スレッジが、肉体的にも精神的にも倒れないで発狂もしないでなんとか持ちこたえられたのは不思議である。スレッジは、後に本国に戻ってから大学の鳥類学の教授になるくらいだから、知性がある方なのだろうが、知性が発狂をふせいだのだろうか。だとしてもその理由は自明ではない。

ほぼ沖縄戦の収束がみえたとき、スレッジは、日本軍の残党を掃討するというとても嫌な仕事を命令された。それは洞窟に潜む日本兵を掃討することが主要な目的だったが、そこでは火炎放射器が威力を発揮した。恐れていたが、日本軍からの目だった反撃は最早なかった。

そして、6月21日、沖縄の日本軍が降伏して、沖縄戦は終わった。沖縄戦での米軍の死者・行方不明者は7613人で、精神を病んだ兵士は26221人にも及んだ。いかに沖縄戦が精神的にも辛いものであったかが分かる。

しかし、日本軍の沖縄戦での戦死者は、107539人で、米軍よりはるかに多く、さらに悲惨なのは、民間人の死者が42000人もいたことである。それはたまたま戦火に巻き込まれたというには多すぎる数であり、こうなることを懼れて、牛島中将は予め民間人を別の場所に移送しようとしたが、諸般の事情で移送しきれなかった。ともかく、ペリリュー島や硫黄島のような基地が戦地になるのに比べ、市街地が戦場になるのはあまりにも苛酷でなんとか避けなくてはならない。

なお、スレッジがここまで克明な戦闘記録を記憶にだけ頼って書けたのかと怪訝に思っていたところ、敬虔なるクリスチャンであるスレッジは、戦争に一冊の聖書を携えたという。それにことある毎に出来事をメモ書きしたらしいが、それは普通なら、血糊や豪雨で泥地で破損したはずのところ、ペリリュー島で戦死した日本軍の兵士がもっていた防水性のゴム袋を拝借して、それに聖書を入れていたのだという。それでなんとか最後までメモ書きが保てたということらしい。

なんにしても、ペリリュー島とそれに続く沖縄戦の激戦を生き抜くなど、通常の戦争の悲惨さ、残酷さを超えて神がかっているとしか言えない。

古書店で、ユージン・B・スレッジ「ペリリュー・沖縄戦記」伊藤真/曽田和子訳、講談社学術文庫を見かけたとき、とりあえず買ったのは、戦史好きな私の嗜好だが、一方で、なんかとても重そうで、数ヶ月放置していた。

ところが、リオ・オリンピックが終わってしばらくたつと、急にこの本を読みたくなった。なにか愛国心を鼓吹されたのだろうか。

さて、ユージン・B・スレッジは、マリオン・ミリタリ・インスティチュートに在籍していた1942年12月3日に、海兵隊への入隊を志願した。両親は、海兵隊に入ると砲弾の餌食になると心配したが、ユージンの決意は固く、結局海兵隊に入隊した。

海兵隊に入隊しても、すぐに訓練があるわけではなくて、ジョージア工科大学で授業を受けたりした。ところがある日、バスに乗ってサンディエゴに行くことになった。海兵隊のブートキャンプ、すなわち新兵訓練所である。そこで、ライフル、行軍、戦地の心構え、など徹底的に教育され、訓練された。所属は、第一海兵師団第五連隊第三大隊K中隊となった。

そこから、キャンプ・エリオットに移動し、最新兵器など学んだ。そこで実地訓練を受けたあと、ついに1944年2月28日、サンディエゴから輸送船で、ニューカレドニアに向かった。

ニューカレドニアでは、銃器訓練、上陸訓練、対日本軍の知識などを学んだ。1944年5月28日、軍用輸送船に乗り、ラッセル諸島へ向かった。ラッセル諸島では、第一海兵師団のあるパヴヴ島に滞在し、訓練を重ねた。そこでは日本軍がいかに悪辣か吹き込まれ、日本軍に対する憎しみを増幅した。

8月下旬には、パヴヴ島での訓練を終え、ガダルカナルに向かった。そしてそこでも上陸訓練など繰り返した。

そこで、行先が、ペリリュー島と聞いたが、どんなところか全く想像もつかなかった。ともかく小さい島で、日本軍がそれほど準備しているとも思われなかったので、米軍の首脳部は多少の犠牲は覚悟しなくてはならないが、三日もあれば制圧できるだろうと高をくくっていた。

そうしていると、ペリリュー島へのDデイである9月15日が迫ってきた。スレッジは、初陣であり、この闘いで死ぬ確率もかなり高いと考えると、不安で夜寝れなくなった。そして輸送艦でペリリュー島に近づき、9月15日の朝になると、Dデイの朝の恒例で、朝食はステーキと卵焼きだった。しかし、スレッジにとって不安でそんな朝食は砂を噛むようだった。

上陸する前に、米国海軍の戦艦は、ペリリュー島に激しい艦砲射撃を嵐を見舞った。それから、スレッジを含む海兵隊員たちは、アムトラックと呼ばれる輸送用車両で海岸から上陸していったのだが、予想どおり水際で激しい日本軍の攻撃があり、この時点でかなりの死傷者が出た。なお、この本では、日本軍はジャップではなくニップと呼ばれることが多い。Nipponをもじったのだろう。

日本軍の攻撃はあまりに激しいので、アムトラックでの追加の物資補給もままならなかった。ともかくスレッジたちは上陸して、ペリリュー島の空港の方へ向かった。空港を制圧して空路を確立することが喫緊の任務だったからである。

日本軍もそれを心得ているので、空港で激しい銃撃を行ってきた。それでも、海兵隊員たちは、銃弾の雨が降る中を、援護もなく空港を突破して走り抜けるように命令された。スレッジは、ペリリュー島と沖縄の戦闘を通じて、この空港突破ほど恐ろしい体験はなかったと告白する。じっさい、ここで多くの海兵隊員が死傷した。

しかも、夜になると、日本軍は得意の夜襲を仕掛けてくるので、塹壕でおちおち眠れない。ガダルカナルの戦闘で日本軍は無駄な自滅攻撃を行ったと批判されたが、ペリリュー島の日本軍はそういう反省も含めて訓練され、ずっと洗練されていた。個々の兵士の練度も高く、無駄弾を撃ってくることもない。追い込まれてもバンザイ攻撃のようなただ徒に命を無駄にする行動は採らなかった。

しかもペリリュー島は熱帯にあって、日中気温はなんと45℃にもなる。飲み水の補給もままならず、スレッジは塩の錠剤を飲んで耐えた。どの海兵隊員も激しい渇きと不潔と死の不安に慄いていた。とても生還できるとは思えなかった。しかしスレッジは、空耳のように「お前は生還できる。」という声を聞いた。周囲の誰も反応しないので、やはり自分だけに聞こえた空耳だったのだろう。しかし神の声だとしても不思議だった。

ところで、意外だったのは、米軍は、どんなに激しい戦闘であっても味方の死傷者を後方に運ぼうとすることである。日本軍は担架を担ぐ人達に対しても銃撃を容赦しないが、激しい戦闘なので仕方ないだろう。日本軍は基本的に味方の死者は放置していたが、それは兵力が不足しているので余裕がなく、やむを得ずそうしていたのだと思う。可能なら誰だって味方は救護したいはずである。

米軍首脳部の甘い予断では三日でペリリュー島は制圧できるということだったのだが、9月18日の時点で既に海兵隊は膨大な被害を受けており、戦局の見込みは立たなかった。

それでも圧倒的な物資と人員に優る米軍は、最初の一週間の戦いで、ペリリュー島の戦略的に重要な地点はすべて占領し終えていた。その代償は、3946人の死傷者だった。しかし、日本軍の人的被害の方がはるかに多い。

やはり物量と人員の優位には、どんな戦意も戦略も練度も、ある時間を経ると敵わない。なにしろ、米軍は損害を受けても、海路と空路を介して陸続と補給があるのである。補給といえば、スレッジの記述で、ええっと思ったのは、米軍は一定期間戦うと、後方から交代部隊がやってきて、後方に引き下がって休息がとれることである。そこで睡眠と食料を与えられて十分英気を養ってからまた前線に出ていく。こんなシステムをとっている米軍に対して、日本軍が士気と練度と戦略でいくら優っていても、ある有限の時間のうちに負かされてしまうだろう。なにしろ日本軍には補給もなければ交代要員もいない。時間が経つと必ず疲弊し物資は尽きてしまう。まさに戦略のε-δ論法である。

そういう意味では、十分な物資と交代要員をもちながら、米国海兵隊員の疲労と不安と苦痛は人間の限界を超えていた。すると、物資に欠乏する日本軍の兵士たちの苦痛や耐え忍ぶべき困難はどれほどであったろう。ちょっと想像もつかない。

さて、スレッジはある種の偶然と幸運により、膨大な被害をうけた海兵隊にあって、なんとか生き延び、ペリリュー島の戦いはまだ終わっていないが、9月15日のDデイから約50日ほど経過した10月29日にパヴヴ島に無事帰還した。

ここからは沖縄戦になるが、長くなったので稿を一旦打ち切り、あとはパート2とする。

パウリ効果

user-pic
0

ハイゼンベルクの盟友だったヴォルフガング・パウリは、あるいみハイゼンベルク以上に才気煥発で超有名な理論物理学者で、パウリの排他原理とともに、おおよそ物理学を勉強したことがある人で知らない人はいないが、パウリ効果というのも、パウリその人と同じくらい有名である。

私は大学時代に、物理学科の同級生からこのことを教わった。すなわち、パウリは理論物理学者なので物理実験が苦手で、学生時代に物理実験の授業でよく装置を壊したらしい。しかし、偉い理論物理学者ともなると流石に違うなと思うのは、なんとパウリほどになると、触らなくて近づくだけで実験装置が壊れたこともあるらしくて、それを周囲の人が揶揄してパウリ効果と呼んだという次第である。

私がパウリ効果の寓話に複雑な思いであるのは、もしかして私自身、パウリに劣るとも優らないくらい不器用で、物理実験も苦手だからである。そんなに不器用なのに、私は数学や理論物理も全然得意でなくて、どうみても割が合わない。まあそういう割の合わなさというのは世間にあまりにもありふれていて、ここで今更話題にするほどでもないのだが。

ともかく私は、折り畳み傘を、一旦開くときれいに折り畳めないくらい不器用なのであって、先日も会社で別のフロアに引っ越すために荷造りしていたのだが、他の人が要領よくパッキングしているのに、私だけごちゃごちゃしていて、箱からパソコンのケーブルの端がはみ出たりしている。荷物の行先のラベルも曲がっているし、微妙に皺になっていたりする。

それにしても、とまた外資系の時代のシス担であった時代を思い出した。今がこんなに不器用なのだが、そのときも不器用さは同じである。なのに、パソコンにカードを差し込んだり、ディップスイッチを設定したり、当時よくやっていたものだ、と今更汗顔の至りである。なにしろ、力づくでカードを押し込んで壊してしまったことも一度ではない。でも誰もやめとけ、とは言ってくれなかった。なぜなら、私に下手にやめとけ、というと、じゃパソコンのセットアップを自分でやってね、と押し付けられるからである。

じゃ、パウリ効果の類推で、私が変な念力でパソコンを壊しまくったか、というとそうでもない。なぜなら、パウリは物理実験が大嫌いで、そのせいで負の念力で障りもしないのに実験装置を壊したかもしれないが、私には少なくともパソコンへの愛があった。

それで、部内の人がパソコンが立ち上がらなくなると私はシス担として、おかしいから見てくれと呼ばれるのだが、パソコンを触ってみる前に私は、パソコンに向かうと、ミスター・マリックように両手の掌を開き、力を籠めて、「念力~っ」と叫ぶ。すると、あら不思議、それで触りもしないのにパソコンが立ち上がるようになることが結構な頻度で起きた。

それで私はシス担として、それなりに人気を博するということはないしても、重宝はされたのだった。

してみると、私が物理学でさっぱり振るわなかったのは、結局、才能だけでなく愛も足らなかったということになる。ならやっぱり、当初の予定どおり、大学では物理学ではなく情報工学を勉強すべきだったかな、と思うのだが、今更何いうてんねん、ということなのだった。

井山、とりあえず凌ぐで言及した王座戦第3局の棋譜をたどってみる。もともと私は三タテを予想していて、そのとおりになったのだが、いまの羽生は盤石感が漂っており、こんな状態で春の名人戦を佐藤天彦と闘ってほしかったと思うのは私だけだろうか。

さて、先手番の羽生は、矢倉に導いた。「糸谷・斎藤の現代将棋解体新書」マイナビによると、糸谷は矢倉の先番で優位に立つことが難しいと思っており、一方後手番の矢倉はそうでないようである。意外なのだが、他でもない独特の理論家の糸谷なので、そういうものなのだろう。そして矢倉に追従したのだが、糸谷だと普通の矢倉にはならず、力戦形の矢倉中飛車になった。33手まで一気に進める。

【図1】 33手目▲7八玉まで
持ち駒:△糸谷=歩



持ち駒:▲羽生=歩2
このあたりはまだあまり緊迫感はない。といいつつ、糸谷に△3五歩と突かれたので、羽生は▲4六銀と受け、以下△3六歩,▲2二歩,△3七歩成,▲同銀,△2二金,▲6五歩,△4四歩,▲6六銀,△4三銀,▲5五歩,△5三銀,▲4六歩,△3二飛,▲5八金,△8五歩,▲9六歩,△9四歩,▲4七金,△5二金,▲3八飛,△9三角,▲3六銀,△8四角と進んだ。完全な力戦形のようだが、途中まで1990年の▲米長-△谷川戦の前例があるらしい。

【図2】 59手目▲3五歩まで
持ち駒:△糸谷=歩3



持ち駒:▲羽生=なし
ここで羽生の▲3五歩はあまり気が利かない手だが、後手だって△2二金が威張れたかたちではない。糸谷はここで、△9五歩,▲同歩,△9六歩と端から手をつけた。これに対して羽生も▲4五歩,△同歩と攻め合いに持ち込んだ。以下、▲3七桂,△4四銀に▲5四歩が好手である。△同銀に羽生が▲9六香と一歩補充して、ここらあたり最早羽生が模様がいいのではないか。なので糸谷は△7三角と紛れをもとめるが、▲6四歩が急所の突き捨て。△同角なら、▲6五銀,△同銀,▲4四角でもいいし、▲5五歩,△4三銀,▲5六金右と力をためてもいい。なので▲6四歩に糸谷は△5五歩と辛抱したが、▲5三歩,△同金,▲5六歩,△8二飛,▲5五歩,△4三銀と羽生は、一歩一歩優勢を積み上げていった。

【図3】 79手目▲4五桂まで
持ち駒:△糸谷=歩4



持ち駒:▲羽生=歩2
そしてシンプルに▲4五桂が金取りの急所で、後手陣の危機である。仕方ない△5二金に羽生は▲5四歩と自然に攻めて好調である。糸谷は手を拱いていられないので、△8六歩,▲同歩,△8七歩,▲7七角,△6四角と反撃したが、羽生は▲5三歩成,△同金,▲同桂成,△同銀,▲5五銀と堂々と攻めた。

【図4】 92手目△8六角まで
持ち駒:△糸谷=桂歩6



持ち駒:▲羽生=金歩3
そうはいっても糸谷の△8六角は、次の△8八歩成をみて結構厳しい。羽生、どうするのかとみていると、▲同角,△同飛,▲9七角と強気に攻め合いである。以下、△8八歩成,▲6八玉,△7九角,▲5九玉,△8五飛と引かれてみると、飛車で抜かれるため、羽生は単純には▲5三角成とはできない。

【図5】 101手目▲6六金まで
持ち駒:△糸谷=桂歩6



持ち駒:▲羽生=金歩3
ここで▲6六金といったん受けるようでは羽生変調かという声も聞かれたが。以下、△8六歩,▲7七桂,△8二飛,▲6五桂,△4四銀右のとき羽生は▲8三歩と叩き、△同飛,▲4四銀,△同銀,▲4三金,△3二金,▲4四金,△4三歩,▲5三桂成,△4四歩,▲4三歩,△3一玉と進んだ。

【図6】 119手目▲4一銀まで
持ち駒:△糸谷=金銀桂歩5



持ち駒:▲羽生=銀歩
そしてここで、私でさえぱっと見える決め手があった。それが▲4一銀である。これが明らかな詰めろであり、一方先手陣は結構広い。最早大勢は決した。それでも糸谷は△1四歩と懸命に粘る。先手を私がもったら逆転されるかもしれないが、プロ棋士なら誰が指してもここから間違えないだろう。ましてや先手は羽生である。以下、▲3二銀成,△同玉,▲4二歩成,△2二玉,▲3一銀,△1二玉,▲2四歩,△同歩,▲3二と,△1三銀と進行した。

【図7】 投了図 131手目▲8八角まで
持ち駒:△糸谷=金銀桂歩6



持ち駒:▲羽生=金歩
ここで羽生の▲8八角が最後の華麗なる決め手である。この手でなくても、普通に▲2二金,△同銀,▲同と,△1三玉,▲3四銀で必至である。そこで△1五歩と開けても、▲2三と,△1四玉,▲2四と,△同玉,▲2八飛以下の詰みである。ともかく▲8八角で角の入手が必至で、先手に迫る手が全くないので、糸谷はここで投了した。

さて、糸谷の敗着は何だろう。全く自信はないのだが、【図2】で△9五歩,▲同歩,△9六歩としたのは、歩切れの先手に歩を渡して指し過ぎだったか。だとしても、代わりに後手がどうするのかも難しい。△9五歩の代わりに単に△7三桂だろうか。

ともかく、棋聖戦、王位戦とどちらもフルセットで、一時は大丈夫かと懸念した羽生だが、ここでの三タテからみてとれるようにすっかり復調したようで、A級順位戦も期待できそうである。

数日前の記事だが、ノーベル物理学賞は以下のとおりだった。読売新聞のウェブ記事から引用する。

スウェーデン王立科学アカデミーは4日、電気抵抗がゼロになる超伝導など物質の特異な状態が起きる新たな仕組みを数学理論で解明した米大学の3氏にノーベル物理学賞を授与すると発表した。
3氏は、米ワシントン大のデービッド・サウレス名誉教授、米プリンストン大のダンカン・ホールデン教授、米ブラウン大のマイケル・コスタリッツ教授。電子工学や超伝導研究の可能性を広げたことが評価された。
授賞理由は「物質のトポロジカル相とトポロジカル相転移の理論的発見」。
物質では、温度によって、気体、液体、固体というように大きく状態が変わる「相転移」と呼ばれる現象が起きる。低い温度に下げると超伝導の状態になる。

この記事をみたときの最初の印象は、えっ、重力波の観測じゃないんだ、というものだった。どういうことかというと、今年の2月に重力波という記事で触れたように、ついに重力波が直接観察されたというニュースに触れたとき、個人的にはアインシュタインの一般相対論の方程式からの重力波の式の導出にかなり牽強付会性があって、納得はしていないものの(なので、重力波の変で揶揄してみた。ちょっと大人げなかったか。)、世間の流れとしては、満場一致で重力波の観測が一目散にノーベル物理学賞だと思った。

でもよく考えたら、ノーベル賞委員会は将棋の大山流なのであって、要するに少なくとも一回目のチャンスは見送る。なので、iPS細胞の山中教授も、ヒッグス粒子のピーター・ヒッグスも、ガチのノーベル賞候補と喧伝されながら、待ちぼうけをくった。

それは措いといても、今回のノーベル物理学賞の対象理論は私には興味深い。なぜなら最近たまたま、黒田耕嗣著「秩序・無秩序の世界 - イジング・モデルと相転移のはなし」丸善というのを読んだからである。この本は1987年刊とかなり古いが、相転移を数学の確率モデルで記述するというもので、私には目新しくて興味深かった。

そして、確率モデルでさえも私は、ほう、と感心したのに、「物質のトポロジカル相とトポロジカル相転移の理論的発見」と、トポロジーが相転移に関与するって、どういうこと?と一瞬目が点になった。

私の素朴な想像力では、統計的状態を記述するパラメータに代数的性質があって、そこになにかガロア理論のようなものが適用できて、相転移が説明できるというならまだ分るのだが、トポロジーとはね、と思う。

そういえば、純粋にトポロジー的な問題だと認識されていたポアンカレ予想に、ペレリマンは微分幾何学の道具立てを使用したが、今回は物理学の問題にトポロジーとは、これは何かの意趣返しなのかね、と苦笑した。ここでの「意趣返し」という用語の使い方は明らかに間違えているのだが、なんとなくこの場合しっくりくるような気がして、あえてこのままにしておく。

ともかく、今回の相転移とトポロジーのテーマは、明らかにそのうち数学セミナーで記事になるだろう。そのときを期待して待つことにする。ポルノグラフィティの歌でいえば、♪いつかまた会いましょう、その日までさようなら恋心よ♪である。どうみてもしっくりこないな。

七冠崩壊の危機の続きであるが、名人戦でなんとか井山が一勝を返して、とりあえずまだ七冠は維持されている。以下、日本棋院のホームページから引用する。

井山裕太名人に高尾紳路九段が挑戦する第41期名人戦挑戦手合七番勝負【主催:朝日新聞社】の第4局が10月4日(火)、5日(水)に兵庫県宝塚市「宝塚ホテル」で行われた。
結果は181手までで黒番の井山裕太名人が中押し勝ちをおさめ、シリーズ対戦成績を1勝3敗としカド番をしのいだ。終局は18時3分、持時間各8時間のうち残り時間は黒番の井山が4分、白番の高尾が38分だった。
第5局は10月12日(水)、13日(木)に静岡県熱海市「あたみ石亭」で行われる。

私はいくらなんでも井山が四連敗でタイトルを失うことはあるまいと思っていたが、しかし七冠の重圧に晒されている今の井山なら、そうもいえないかと思案した。なのでとりあえず一勝して安心である。

そういえば、私は、毎日更新されている囲碁の白石六段のブログが好きで、いつも見ているのだが、本局の序盤を評して、白石六段は、次のようにコメントしていた。

井山名人は勝ち負けだけでなく、観戦者を楽しませる事も意識していると思います。
しかし本局は流石に勝負に徹する構えなのでしょう。
世界的に流行している布石を選んで非常に堅実です。
また、知っている布石だとあまり時間も使わず済みます。

なるほど流石に井山も人の子、三連敗するとどうしても萎縮して堅実に打っているのかとつい思ってしまった。しかし、堅実なのは序盤だけで、中盤以降は本来の井山に戻って、戦っていった。

井山が一勝を返したとはいえ、当然にまだ高尾九段の方が有利で、私は4-2くらいで高尾九段が名人位を奪取すると信じているのだが、高尾九段は高尾九段で、一勝を返されたことで、今まで井山に何度も痛い目に遭わされた過去が蘇って、不安に駆られるかもしれない。

ところで、つい先日、私の予想どおり羽生が糸谷を三タテにして王座を防衛したが、すると今回の井山の勝利と相俟って、井山・羽生の排他原理はあっさり破れたことになる。しかしそれは望むところで、私は立てた命題が否定されるのをあえて期待して、頓珍漢な命題を提示することがある。多冠理論もそうでないとはいえない。

ともかく、囲碁名人戦の今後の帰趨は注目である。

既に報道されているように、今年のノーベル生理学・医学賞は、東京工業大の大隅良典栄誉教授が受賞した。以下、読売新聞のウェブ記事から引用する。

スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル生理学・医学賞を、細胞が自らたんぱく質などを分解してリサイクル(再利用)する「細胞自食作用(オートファジー)」の仕組みを見つけた東京工業大の大隅良典栄誉教授(71)に授与すると発表した。
酵母から人間まで共通する細胞内の根源的な生命現象を遺伝子レベルで明らかにし、がんや神経疾患の治療研究に道を開いたことが評価された。

実は私は、何年も前からオートファジーに興味があって、大隅名誉教授の一番弟子とでもいうべき水島昇東京医科歯科大教授が書いた、「細胞が自分を食べるオートファジーの謎」PHPサイエンスワールド新書を折に触れて読んできた。その経緯から、当然に大隅名誉教授はノーベル賞候補の筆頭の一人と信じてきたのだが、ガチの候補が案外何年も受賞できないのがこの世界だったりするので、諦めの早い私は、もう無理なのかもと何度も思った。なので、意外に早く大隅名誉教授が受賞できたことを慶びたいとおもう。

折角なので、「細胞が自分を食べるオートファジーの謎」PHPサイエンスワールド新書に基づき、オートファジーについて粗くまとめてみる。

まず、オートファジーとは原則としてランダムに細胞質タンパク質を分解する乱暴な行為であるが、なぜか、酵母のような単細胞生物から人間に至るまで、すべての真核生物はオートファジーの機能をもっている。進化の過程で、この機能を捨てることがなかった。

オートファジーの基本的な役割は、飢餓に耐えることである。すなわち、現在は一部の人類は飽食を享受しているが、生物は基本的に飢餓に苦しめられてきたのであり、多少の飢餓でも細胞や体全体が餓えないようにしておく必要がある。そして、細胞が外部から十分な栄養が摂取できないときオートファジーが起きる。

もちろんオートファジーは飢餓対策だけではない。発生の過程で細胞内を大規模に入れ替えないといけないときにも起きる。例えば、受精卵が着床するまでにその中身を変化させる必要があり、このときもオートファジーが使われる。

他にもオートファジーの役割は、細胞の中を浄化することである。神経細胞、肝臓や心臓の細胞などで、細胞内にゴミが溜まらないようにすることは重要であり、その浄化がうまくいかないと、神経変性を起こしたり、腫瘍形成を招いたりする。浄化の不備はパーキンソン病の原因ともいわれている。長寿とオートファジーも関係があるといわれている。

さらに、オートファジーは、細胞の自己成分以外の、細菌やウィルスなども分解する。なので、細菌やウィルスは、オートファジーから逃れようと努力している。

オートファジーはまた、抗原提示という免疫を成立させるためにも必要であることがわかってきている。

とはいえ、過ぎたるは及ばざるがごとしで、オートファジーが働き過ぎると、細胞を損傷したりする。

ここまでみた範囲では、オートファジーは免疫とも似ているようであるが、免疫が古くから研究されているのに対して、オートファジーは、比較的最近になってわかってきた機能である。

ということで、「細胞が自分を食べるオートファジーの謎」PHPサイエンスワールド新書をちゃんと精読することで、オートファジーについてもう少し詳しく勉強してみたい。ノーベル賞の受賞がなかったら、この本も流し読みで放置されたに違いないので、私も現金高島田である。

理由はよく分からないが、今勤務している会社で、前職も含め、今まで担当した仕事のリストを提出するように言われた。それで、リストの一つとして、アジアにおける特許管理の統括、と書き下したとき、頭の中を、パフィーの「アジアの純真」のメロディーが流れた。

それは20年以上も前のことである。一特許実務担当者であった私は、年末にあるとき、突然上司に呼ばれて、新年から管理職を務めることになった。それは確かに昇進なので喜ぶべきなのかもしれないが、私は暗澹とした気持ちになった。なぜなら、管理職になると好きな特許実務ができなくなるし、うるさい部下に突き上げられて、日々じっと手をみる生活になることがみえている。それでもノーといえない私は渋々管理職を拝命した。

さて、私の管理職としての責任範囲は、日本国内の業務管理と、アジアの特許管理だった。日本国内の業務管理の方は、当時私は電子出願手続きの権威のような存在だったので、まあなんとかなると高をくくっていた(実際は、そんな簡単なものではなかった)。

しかし問題はアジアの特許管理だった。私は、アジア関係の特許実務を全く担当したことがなく、不安だった。それで、今までアジアの特許管理を担当していた二人の部下に教えてもらうため会議をセットアップすることを考えていたら、なんと、二人とも会社を辞めるという。折から、辞めたら退職金を割り増しするというキャンペーンが走っていて、これを機会にトラバーユしようとしていたのかもしない。

そこでこれを補うために他部門から二人補充して私の部下として、アジアの特許管理を担当してもらうことになった。ところが、当然に特許のことなどなにも知らない部下だし、私もアジア特許は無知もいいところである。それでともかく、黒瀬弁理士のアジア特許の本を買って、みんなで読むことにした。当時は市販のアジア特許の本というとこれくらいしかなかった。

そうやって、海図も磁石もない航海のようなおぼつかない仕事ぶりだったが、事態をさらに悪化させたのは、当時のインド人の上司が部下を奴隷のように使う困った人で、私は本当に病気になりそうだった。

それでも半年くらい頑張っていると、部下と私の三人ともそれなりにアジア特許のことをきちんと議論できるようになっていた。なんのかんのといっても、ポテンシャルはあるよね、と自画自賛した。

当時はアジアは台湾だけ独立した特許部門があっただけなのだが、韓国にも特許部門ができることになり、アジア特許の統括責任者として、私が直接韓国にいってサポートすることにした。

すると、そのとき自覚したのは、私はサポートが結構得意ということである。サポートしながら相手の要望を読んで、次の手が打てる。そして、人間的にも信頼関係を築く。自分にこんな面があるとは気づかなかったが、なにしろ戦時中に日本軍がアジアで狼藉を働いたという面もあり、私はそういう旧日本軍と同一視されることを懼れた。しかしそれは杞憂だった。

こうして韓国の特許部門を成功裡に立ち上げると、今度は中国のサポートも担当することになった。中国は当座、韓国よりも少人数で、大丈夫かと心配したが、素晴らしいスキルの持ち主で、私が伝えたことは一を聞いて十を知る、だった。

そして、韓国と中国のスタートアップを成功裡に導いたことで、私は米国本社から高く評価された。ナイーブな性格の私が傲慢な気持ちにならなかったといったら嘘になる。

それで続いてインドの特許部門を立ち上げる役割を担った。インドは、採用した担当者が特許の素人だったので苦労した。そこで特許実務については、後に私と盟友になるNさんにお願いして指導してもらった。Nさんはある意味私以上に親切なサポートをする人で安心した。

が、ここがアジアの純真のピークで、米国本社は次第に重心をアジアから米国国内に切り替えていった。私はというと、新任の上司との相性が悪く、日に日に会社における立場が悪化していった。

結局、じり貧のように管理職から降り、それから数年して退職し、今の会社に拾われたのだが、複雑な思いはあるにせよ、パフィーのアジアの純真を聴く度に、自分の絶頂期を楽しく思い出すのは確かである。

清水書院のセンチュリーブックス、人と思想というシリーズがあって、値段が手ごろなことから、古書店で見つけるととりあえず買っておくようにして、そのシリーズがもしかして十冊くらい溜まったかもしれない。

しかし、私にはよくあることなのだが、どうもセンチュリーブックスを読む気がしなくて、何年も積読のまま放置していた。

ところが、センチュリーブックスの「ヘーゲル」澤田章著というのを古書店で買い、一種の天邪鬼でこの本を寝っころがって読み始めたら、なんと意外に読みやすい。ヘーゲルのいくつかの主著の紹介もあるのだが、その難解な思想の中身にあえて入り込まないのがありがたかった。なので、最後まで比較的すんなり読めた。まあ、ヘーゲルの思想のもっと詳しいところは興味に応じて別の本に当たればよいということだろう。

そこで、この勢いで、随分前に買ってあったセンチュリーブックスの「ハイゼンベルク」小出昭一郎著を読むことにした。そういえば私が大学に入って最初に読んだ量子力学の本が、裳華房の小出昭一郎著のものだった。

ただ、一応大学で物理を学んだ者として、ヘーゲルと違って、ハイゼンベルクのことはある程度知っているという思いこみがあった。しかし、この本を読んでみると、ううんそうなのか、といかに既知感があてにならないか改めて痛感するのだった。小池重明と同様である。まあ、流石にハイゼンベルクと小池重明をごっちゃにする人なんてまず世間にいないだろう。ともかくこの本に従い、私なりにハイゼンベルクについてまとめてみる。

ヴェルナー・ハイゼンベルクは、1901年12月5日にヴェルツブルクで生まれた。父はミュンヘン大学のギリシャ語の教授、母はギムナジウムの校長の娘だった。要するに教育者一家である。一家はヴェルナーが8歳のときミュンヘンに引っ越した。

ヴェルナーは子供のときからピアノなどの音楽演奏に才能を発揮した。しかし、数学や理科の成績も神童と呼ぶに値するものだった。しかも父の影響で、ギリシャ古典の造詣も深かった。まさに完璧な秀才である。

しかし、騒然とした世相で、ヴェルナー(以下、ハイゼンベルクと称することにする)がギムナジウムから大学に入学するまでの間に第一次世界大戦が起こった。ハイゼンベルクは戦争を憎悪しつつも、それなりに愛国心もあった。なので、ハイゼンベルクは農家での労働奉仕に志願し、重労働にも耐えた。たんなる青白い秀才ではないのである。

さらに、ミュンヘンで革命が起きると、反革命軍に加わった。そうしつつも、プラトンのティマイオスを読み、その元素の記述を不合理だと思った。

ミュンヘン大学に入学したとき、たまたま病気になってしまい、その療養のかたわら、ヘルマン・ワイルの「空間・時間・物質」という著書を読み、数学者を志した。ところが、πが超越数であることを証明したリンデマンのゼミに出席しようとしたところ、断られてしまい、結局数学者への途は断念した。湯川秀樹がそうだったように、数学の過度の形式性が肌にあわなかったのだろう。

ところが幸いにも、ゾンマーフェルトのゼミには受け入れられて、こうしてハイゼンベルクは理論物理学者への道を歩むことになった。まるで、ランダウのいうところのtheoretical minimumのようにハイゼンベルクは流体力学にも興味をもち、論文を書いたりした。

しかしより幸いだったのは、ゾンマーフェルトのゼミでは、量子論や相対論の先端的議論がなされていたことである。そこには、天才理論物理学者のパウリもいて、ハイゼンベルクはパウリと友人になった。パウリはなにしろ、ギムナジウムのときに一般相対論の論文を書いていたほどの早熟の天才だった。この論文は、のちにこの分野の基礎論文とみなされるほどだった。

ハイゼンベルクは、ゾンマーフェルトから、原子スペクトルの異常ゼーマン効果の研究を課題として与えられた。そして、紆余曲折をへてなんとか論文を仕上げ、ハイゼンベルクは、なんとか原子物理学者として認められるようになった。

ときに、1922年のことである。デンマークの高名な物理学者であるニールス・ボーアがゲッチンゲン大学に来たとき、ハイゼンベルクはその講義を聴きに行き、大いに感化された。

その一方で、ドイツにはヒットラーが台頭し、ユダヤ人に対する迫害も始まりつつあった。アインシュタインも、ユダヤ人として身の危険を感じつつあった。

そんな機運のなかで、アインシュタインの一般相対性理論を、ユダヤ人の理論だと批判するビラが貼られるようになった。それを書いたのが、有名な実験物理学者のレーナルトだと知って、ハイゼンベルクはショックを受けた。

ハイゼンベルクはゲッチンゲン大学に移り、マックス・ボルンの助手を務めたりした。それからゾンマーフェルトの許に戻り、流体力学の論文を仕上げた。そして、諮問で実験系物理学者からの手厳しい査定を受けたのにもかかわらず、なんとかかろうじて物理学の学位試験に合格した。ハイゼンベルクは、パウリほどではないにしても、物理実験が苦手だった。

ともかく学位をえたハイゼンベルクは、再びゲッチンゲン大学に行き、改めてマックス・ボルンに師事した。それからついに、ニールス・ボーアの許に留学するという幸運を得た。ボーアのところには世界中から俊英が集まり、まさに量子論のメッカだった。ハイゼンベルクはボーアやその他の専門家と議論することで多くのものを得た。

それからゲッチンゲン大学に戻って、ハイゼンベルクはついに、量子論の行列力学のアイデアに想到した。そしてその論文を発表すると、ハイゼンベルクは一躍量子論の寵児となった。そしてハイゼンベルクは、ベルリン大学に招待されて量子論の講義をした。そこでアインシュタインに量子力学を説明する、という幸運をえた。

一方、イギリスのディラックがハイゼンベルクの論文を読み、ハイゼンベルクの理論をより数学的にエレガントな形式に描き直した。

さらにはフランスのド・ブロイが物質波の概念を提唱した。さらには、シュレーディンガーが波動方程式を完成させた。この波動方程式は、のちにハイゼンベルクの行列力学と等価であることが証明されるのだが、行列力学よりも扱いやすく、このため、ハイゼンベルクはシュレーディンガーに大いなるライバル意識を感じた。

しかし、波動方程式にも問題があった。その波動解をどう解釈していいのか、どう物理現象に結び付けるのか、全く自明ではないのである。結局、量子力学構築の業績で、ハイゼンベルクと、シュレーディンガーと、ディラックの三人がノーベル賞をもらったが、波動方程式の解釈は、マックス・ボルンのものと、ニールス・ボーアによるものがあった。結局主流になったのはニールス・ボーアによるもので、それはコペンハーゲン解釈と呼ばれた。

ともかくハイゼンベルクはその業績でライプチヒ大学の教授に就き、パウリもチューリヒ大学の教授になった。

ところがヒットラーのユダヤ人迫害が激化し、多くのユダヤ人学者が国外に逃亡した。それでも、ユダヤ人でないとして追放されなかったハイゼンベルク、ゾンマーフェルト、デバイ、ゲルラッハ、ラウエなどがドイツ内に留まった。ハイゼンベルクは愛国心から、なんとかドイツの物理学界を支えたかったのである。

そんな中で一般相対論などを排除した、ドイツ物理学なるものが台頭してきたが、ハイゼンベルクは、愛国者ではあっても、学問的誠実性から、ドイツ物理学なるものが許容できず、親戚の伝手を頼って、ヒムラーにドイツ物理学なるものを受け入れないように申し立てた。それは随分危険な賭けのようにも思われるが、意外にもヒムラーはハイゼンベルクの申し出をあっさり受け入れた。もともと、ナチスはドイツ物理学なるものを評価していなかったようである。

一方、このような暗い世相にあって、ハイゼンベルクの研究意欲は益々盛んで、1929年にパウリと共同で場の量子論の論文を書き、1932年には原子核構造論の論文を書いた。それだけでなく、ハイゼンベルクは、量子電磁力学、ベータ崩壊の理論、核力の理論と陸続と重要な仕事をなしとげた。

戦争が激化するにつれて、ハイゼンベルクは再三、米国のコロンビア大学から教授として招聘されたが、ハイゼンベルクは大いに悩みつつ、結局愛国者的信念に基づき、ドイツに留まることにした。

そしてついにハイゼンベルクはナチスから、原子爆弾の研究を命じられた。ナチスの方針に内心不満をもつハイゼンベルクがどれだけ本気で研究したのかわからないが、結局原子爆弾は完成しなかった。そもそも、原子爆弾をつくるには、ウラン同位元素の濃縮などの高度な工学的インフラが必要であるが、それを当時のドイツに求めることは無理だろう。また、本質的に理論物理学者であるハイゼンベルクは、工学者でも実験屋でさえもなく、原子爆弾を設計するのは無理なのではないか。少なくともフェルミなどのような実際的技能を要するだろう。

ともかく、ハイゼンベルクが原子爆弾の研究に手を染めたことで、師匠のような存在のニールス・ボーアとは完全に関係が断絶してしまった。ボーアは大のナチス嫌いだった。この関係の悪化は、戦争が終わっても修復されることがなかった。

ドイツが連合軍に降伏したとき、ハイゼンベルクは、カイザー・ヴィルヘルム研究所長の地位にあり、米国からきた兵士たちに身柄を拘束され、イギリスに連行された。そして、広島と長崎に原爆が落とされたことを知ると、ドイツが原子爆弾の研究で後れをとったことの悔しさと、自分たちが打ち建てた原子核の理論が大量殺戮に悪用されたことに大変ショックを受けた。

ほどなく解放されてドイツに帰国すると、ハイゼンベルクは、S行列の理論、超伝導の理論、乱流の理論、宇宙線の理論など意欲的に研究した。そしてマックス・プランク物理学研究所の所長を努めた。

晩年は統一理論を研究し、「素粒子の統一場理論」片山泰久訳、みすず書房などからその内容を知ることができるが、結局学会にあまり受け入れられなかった。

なお、ハイゼンベルクの有名な言葉として、「数学は人間より賢い」というものがある。これはどうも、神の数式で述べたような、自然法則を記述する数式のエレガントさが、正しさにつながる、のような思想だと思われる。ハイゼンベルクは、ティマイオスを批判したが、それにも拘わらずプラトニストなのだった。

竜星戦と銀河戦で言及した、王位戦第7局の棋譜をたどってみる。

王位戦第5局、第6局と、手将棋(そんなの私以外の誰も言っていないので、私の思いこみにすぎない可能性もある)でカド番を凌いだ羽生だったが、9月26日(月)に会社から帰って第7局の封じ手の局面をみたとき私は、眉間に皺を寄せた。あっ、これは手将棋ではないという思いである。その局面を【図1】として示す。

【図1】 40手目△7六歩まで
持ち駒:△木村=歩



持ち駒:▲羽生=歩4
私が眉間に皺を寄せたのは、単に横歩取りの定跡形であるというだけではない。木村の△7六歩が厳しい手だからである。応手が難しい。すなわち、▲3三角成とすると△同桂が先手の飛車に当たる。といって、▲6六角は論外である。そこで羽生は、▲5五角と、アクロバチックに対応した。以下、▲5五角,△5五同角,▲同飛,△3三桂,▲5六飛,△6四角,▲3七桂,△2五桂,▲4五桂,△6二金,▲4六歩,△7五飛,▲2六歩,△4五飛,▲同歩と進行したが、木村の玉頭が狙われているのが気になる。どうも木村の攻めはあまり功を奏さなかったようである。

【図2】 56手目△1九角成まで
持ち駒:△木村=桂香歩2



持ち駒:▲羽生=飛角歩3
ともかく木村は△1九角成と香を取ったが、ここで羽生の▲4四歩が急所の攻めである。木村はこれに対して△4六桂と反撃してくるが、これには▲同飛,△同馬とあっさり飛車を切って、▲4三歩成が厳しい。仕方ない△同金に、羽生は▲4四歩,△同金を利かした。あとで△5五馬と引かれて2二に紐をつける手を避けた。

【図3】 65手目▲2一飛まで
持ち駒:△木村=飛香歩4



持ち駒:▲羽生=角香歩3
ここでの羽生の▲2一飛には、木村は当然の△1三馬だが、▲5六桂がまたまた厳しい。これに対して△3四金などとすると▲4四歩で玉がいかにも狭いので、木村は△5五金だが、▲4四桂,△4三玉,▲3二角,△3四玉と羽生は後手玉を追った。先手の右方に沢山駒が控えているので、入玉されるおそれはあまりない。

【図4】 73手目▲4一飛成まで
持ち駒:△木村=飛香歩4



持ち駒:▲羽生=歩3
そして▲4一飛成となってみると最早、木村の方にあまり芳しい手がないようである。木村は開き直って△1八飛と攻め合いに活路を見出そうとしたが、以下▲4三角成,△4五玉,▲3二桂成,△3八飛成,▲6五馬,△4四歩,▲3八馬と作ったような手順で、折角の龍を抜かれてはいかにも苦しい。以下、△3七歩,▲2七馬,△1七金,▲4九馬,△2八金,▲4二飛,△5四金,▲2二成桂,△3八歩成としがみつくのだが。

【図5】 91手目▲4七銀まで
持ち駒:△木村=香歩2



持ち駒:▲羽生=銀歩3
▲4七銀がぴったりで、木村は△4九ととかたちをつくるよりない。

【図6】 投了図 93手目▲5六銀打まで
持ち駒:△木村=角香歩2



持ち駒:▲羽生=歩3
そして自明ながら、▲5六銀打で簡単な即詰みである。すなわち以下△3四玉の一手で▲3二飛成,△3三歩,▲4三龍引,△2四玉,▲3三龍引,△1四玉,▲1三龍,△同香,▲3二角以下である。

本局は、どれが敗着というより、木村が作戦負けからそのまま負けたという感じだった。要するに羽生が一度優位を掴んだら、そのまま押し切ったという感じである。

ということで、フルセットにはなったが、結果的に羽生の危なげない防衛だった。この分だと、糸谷との王座戦もストレート防衛のような気がする。あとは羽生がA級で名人に挑戦できるかどうかが今後の焦点である。

メンドーサ

user-pic
0

私くらいの年代の男性で、ホセ・メンドーサという名前を知らなかったらもぐりであろう。言うまでなく、明日のジョーの主人公、矢吹丈のライバルの一人である。

しかし、この記事でホセ・メンドーサに言及したのは、特に明日のジョーのことを語るためではなく、人生って面倒だよね、でも面倒なことって意外に大事だよね、という議論をするためのマクラにすぎない。

私は、外資系に勤務していた晩年は特許実務に精を出していたが、そこを退職して、縁あって別の伝統的日本企業に就職してからは、あまり気が進まなかったが、特許調査を担当することになった。なにしろ、他に就職できなかったのだから、贅沢はいえない。

あと、偏見なのだが、特許調査という仕事は、どうしても特許実務より一段低くみられていて、そのあたりもプライド的にちょっと障るものもあったが、人生を半分リタイヤーした身であってみれば、心掛けにパラダイム変換を要するということである。

しかし、当たり前だが、どんな仕事でも、ちゃんとやろうとすると大変なのだった。すなわち、特許調査というのは、場合により数千件の特許の少なくとも請求項のところを、三日くらいかけて読んで、関連がありそうなものをリストしたりする必要があり、そういう意味の煩わしさというか面倒さは、特許実務にはない。

また、そうやって調べた結果をきちんとフォーマットしてエクセルの表にしたり、さらにはパワーポイントのグラフにしたりする必要があり、マイクロソフト系のソフトが苦手な私は何度もパニックになりそうになった。

ただ、そういう努力を続けていると、頭の回路が少し整理されてきたような気がした。マイクロソフト系のソフトも多少は慣れた。そして、個々の手続きはあまり知能を要しないような、ある意味退屈な作業の集まりが意外に頭にいいのではと感じるようになった。

その際、必要なのは、なるべく他人の助けを借りないで、まとまったレポートのような完結したかたちで仕上げることである。中途半端は意味がない。

そういう意味では、相談役のようなかたちで会社にきて、何か意見を求められたら、過去の経験に照らして、尤もらしいコメントを与えるのは、本人のプライドは満たすかもしれないが、脳にとってはとても退屈で、刺激にならないし、会社の方もそんな中途半端な意見が役にたつことはあまりないと思われる。

それを意味があるものにするには、相談役だとしても、きちんと課題を与えられ、自分でインターネットや書物を調べて、場合によっては別の専門家に聞き、一個のwritten reportに仕上げないと意味がないだろう。

囲碁や将棋の解説者でも、ただ気分で、これは先手が良さそうですね、と感覚でコメントする人がいるが、そういう解説は聞いててイライラするというか役に立たない。優れた解説者は、どういう手順で先手が良くなるかきちんと変化を示してくれるし、この駒が遊んでいて、一方この角が急所に利いているので、とあくまでも具体的である。

だから私は、雑用であっても面倒なことを厭わない、具体的な成果として提示するということを忘れないようにしようと思っている次第である。ホセ・メンドーサには勝てなくても、なんとか張り合わなくてはならない。

このアーカイブについて

このページには、2016年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年9月です。

次のアーカイブは2016年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。