アルファ碁VSイ・セドル

user-pic
0

先日、アマゾンで検索していたら、アルファ碁VSイ・セドルの本が出版されているらしい。これは買いだと、週末に行きつけの相模大野のブックファーストに行ってみた。すると、あまり冊数はなかったが、とりあえず囲碁・将棋の本のコーナーに平積みされていたので、売り切れになる前に迷わず買った。

それは、正式には、「人工知能は碁盤の夢を見るのか? アルファ碁VSイ・セドル」ホン・ミンビョ/キム・ジノ著、ホン・ミンファ訳、東京創元社であり、原著は韓国内で出版された韓国語の本であるが、日本語訳されたものである。なお、ここで仮名表記した韓国人の名前は、この本では漢字表記されているが、一部うまく仮名漢字変換できないものもあるので、私の方で仮名表記に統一させて戴いた。

イ・セドルは説明不要と思うが、ホン・ミンビョは韓国棋院の九段で、アルファ碁対イ・セドルの対戦を解説した。対戦の後、イ・セドルと打ち手について議論したりたので、最も身近でアルファ碁VSイ・セドルの対戦とその雰囲気を知る一人である。

キム・ジノは、ソウル大学を卒業したあと、米国の名門大学の一つ、ペンシルベニア大学で経営学修士号と博士号を取得し、現在はソウル総合科学大学院教授である。人工知能やコンピュータ囲碁に詳しく、去年アルファ碁が中国出身のプロ棋士に圧勝したことを聞くと、直ちに関連の論文を熟読し、その論文の共著者の過去の論文までも調べた。そして、その調査に基づきアルファ碁VSイ・セドルは、アルファ碁が完勝すると予想した唯一の人物だった。結果はキム・ジノの予想どおりだったことは、最早周知である。

訳者のホン・ミンファは、東京生まれというから、日本語がネイティブの能力があるとおもわれる。韓国外務省勤務の父の仕事の関係で、アフリカ、ヨーロッパ、南米、日本で様々な経験を積んだ。小学校のときから囲碁に親しみ、韓国外国語大学のとき、大学囲碁選手権で優勝したというから、韓国語はもちろんのこと、日本語も囲碁も詳しい。なので、ベストの翻訳者だとおもわれる。

そこでまず、キム・ジノによるアルファ碁についての解説を私なりに要約してみる。アルファ碁は、政策網(指導学習+機会学習)と評価網の深層人工神経網、モンテカルロ・シミュレーションからなる。深層人工神経網は13層あるらしい。

政策網(指導学習+機会学習)の深層人工神経網は、次の手の候補を予測するためのものである。指導学習の最初のステップは、ヨーロッパのアマ高段者が打った16万局の対局から、2940万の盤面を抽出して、どこの位置に着手するかを学習した。

そうやってモデルをつくると、自己対戦を数百万局打つことで機械学習した。これによりモデルを改良していった。

次のステップは、打っている対局の状況で、選んだ手の候補手がどれだけ有利なのかを、評価網の深層人工神経網と、モンテカルロ・シミュレーションとで評価する。評価網の深層人工神経網は精度は高いが計算に時間がかかる。モンテカルロ・シミュレーションは計算は速いが、アマ高段者程度の強さしかない。アルファ碁の特徴は、この二つの方法を駆使して次の手を評価することである。

この段階ではアルファ碁はヨーロッパのアマ高段者の棋譜しか学習していないのに、ヨーロッパチャンピオンのファンフィ二段に圧勝した。しかし、この段階ではイ・セドルに勝てないとハサビスは想定して、次の3つの手段を講じたとおもわれる。

  1. 数千万局の自己対局によるモデルの強化。
  2. アジアのトップ棋士の棋譜の学習。アルファ碁は、コミ7目半の中国ルールにあわせて作られているので、中国ルールに基づく棋譜を多数入手し、約3千万の盤面を学習した。
  3. 実戦スパーリング。イ・セドルと同等の棋力の中国棋士と実戦練習したはずであるが、その氏名は明らかにされていない。ただ、イ・セドル自身の棋譜は入手可能であるのに学習に使われていないという。理由は、その棋譜はコミ6目半の韓国ルールの棋譜なので、参考にできないからなのだという。

以下は、アルファ碁VSイ・セドルの第1局から第5局までの棋譜解説であり、主としてホン・ミンビョ九段によるものである。この棋譜解説はかなり専門的な内容なのだが、私は愕然としてしまった。というのは、これは素晴らしい手である、疑問手ある、悪手である、と説明用盤面を丁寧に用意してホン・ミンビョ九段が解説してくれるのだが、私の囲碁の棋力が低すぎて、全く解説が理解できなかったからである。

すなわち、あくまでも自称なのだが、私の将棋は多分実質的にアマ四段、囲碁はかなり大甘の評価でアマ三段。すると表面的には棋力はどちらもあまり違わないではないか、ということになるのだが、そのキャリアと経験は圧倒的に将棋が厚い。すなわち、私程度の将棋の棋力で、将棋のプロ棋士の棋譜が理解できるとはとてもいえないが、少なくとも妙手であるとか、悪手であるとかいわれると、ある程度仮想手順を頭の中で組み立てて、その意味を理解できることもある。

しかし囲碁となると、全く闇のように手の善悪や感覚がわからない。なので、ホン・ミンビョ九段の解説に、あっそうなの?と感心することしかできなかったことを告白する。多分私の囲碁は、私の将棋の領域にまで達しないうちに私の人生が終わる可能性が高いが、それもまた人生であろう。

さて、第一局では、イ・セドルが先番で、いきなり見慣れぬ手を打ったのはアルファ碁ではなくイ・セドルだった。一方のアルファ碁も、普通プロ棋士が損なので打たないはずの手を平気で選んできて、ホン・ミンビョ九段を含む解説陣を驚愕させた。

次にアルファ碁は、いきなりボウシしてイ・セドルの石を攻めてきた。それにイ・セドルが軽く捌こうとしたら、武骨なノゾキでアルファ碁は戦いを挑んできた。

そして、アルファ碁が石を捨ててかたちを整える手を打ってきたので、まるで人間の手のようだと解説陣を感心させた。その後アルファ碁は、計算に基づく最大限に簡明な打ち方を選び、優勢を維持した。じつはアルファ碁には定石も感覚もなく、ただ勝利期待値を50%より高く維持することしか関心がないのだった。

しかし、アルファ碁とて棋神ではなく、その後いくつかミスをした。解説陣はイ・セドルがよくなる変化を示してみせた。イ・セドルがはっきり優勢と判断していい局面もあった。しかし、イ・セドルは限られた時間で決め手をつかめなかった。

そしてアルファ碁に、敵陣にただ打ち込んでみるだけのような一見無意味な手が出た。しかしこれは解説陣が検討すればするほど、神のような手だった。広島カープ流では、神ってる手、ということになる。

その後もアルファ碁はミスをしたが、結局、イ・セドルに付け入る隙を与えず、完勝した。それは衝撃の結末だったが、まだイ・セドルは次からなんとかなると思っていた。

第2局ではアルファ碁の先番。なんとアルファ碁に四線の石にカタツキするという感覚破壊の手がでて、またしてもイ・セドルを破った。流石にイ・セドルはショックを隠し切れなかった。

第3局はイ・セドルの先番。ここではアルファ碁が、コウに全く弱点がないことを見せつけてイ・セドルを抜き去った。

そして第4局はアルファ碁の先番。ここでついに、イ・セドルに神の一手が出た。ワリコミである。ここからアルファ碁は、バグったかのように崩れ、あえなく投了した。歴史的なイ・セドルの一勝だった。

ともかくこの一勝で、第5局はイ・セドルは自信をもって臨んだ。イ・セドルは、コミ7目半では少し不利とされる先番をあえて選んだ。するとアルファ碁は、いきなり、小目のケイマしまりにつけるという、新型を打ってきた。この形はたちまちプロ棋士で流行になり、いまでもNHK杯などでよく見かける。さらにはアルファ碁は、大規模な捨石作戦で厚みを築くという戦略に出た。

ところが、アルファ碁は決定的によくなる変化を逃し、イ・セドルが読み勝った。しかしイ・セドルが優勢を意識して安全な手を選んだので、長期戦となった。

イ・セドルは実利で得して、優勢になった。しかし中央の攻防でアルファ碁は優位に立つと、巧妙なヨセで勝利を不動のものにした。

結局敗れたイ・セドルは、第5局が一番悔しいといった。イ・セドルは、実力的に人間が人工知能よりも実力が下だとは思わないが、心理的な面で人間の弱点を克服するのが最大の課題だと付け加えた。

ただ、私には、将棋の電王戦などをみていて、疲れないし緊張もしないというコンピュータの性質は想像以上に侮れないと感じる。ともかく、柯潔九段が年内にアルファ碁と対戦するというということなので、どうなるか楽しみである。どんな棋士を以てしてもアルファ碁に勝つのは容易ではないが、柯潔なら別の個性を発揮するだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4329

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年10月21日 05:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三浦九段の件のさらなる追記」です。

次のブログ記事は「井山、快調」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。