2016年11月アーカイブ

SRO Ⅵを読み終えて、あ~あ、とても面白かったSROも完結かと思ったら、「房子という女」中公文庫という別冊があるのを知って、これも読むことにした。富樫倫太郎は、万人受けするかどうか知らないが、少なくとも私には波長があうようである。誉田哲也の作品はまた富樫倫太郎とは違うが、やはり波長があうのを感じる。当然だが、私の読書スペクトルは複数のピークをもつ。

さて、「房子という女」は、時系列的にはSRO ⅤとSRO Ⅵの間に位置する。すなわち、SRO Ⅴでついに房子が逮捕されたが、その際に坊屋久美子の銃撃で重傷を負った房子は、東京拘置所医務部に収監されており、そこをSROの山根と芝原が事情聴取に訪れたのである。

ただ、まだ怪我が治っていないということもあって房子はなかなか応えようとしない。そこで山根は一計を案じた。すなわち、房子に生い立ちを話すように持ちかけたのである。すると、いろいろに意味で自己顕示欲の強い房子が自ら生い立ちを話し始めた。

房子は京都出身で、旧姓を大須賀といった。両親と姉、房子の四人家族である。ところがなんともひどい家庭で、父は酒ばかり飲んで暴力を振るうし、母は家事が嫌いで、父の目を盗んでは男をつくって遊び歩いている。そんな房子は、家庭では姉だけが頼りだった。

房子は学校では敏美という友達がいた。敏美は女らしくて弱気だったが、房子は男勝りで、虐めてくる男の子たちに逆襲するほどだった。

小学校の頃から房子は独特の冷酷さを発揮しており、あるとき敏美と一緒にいたとき、交通事故にあってとても助からない犬を介錯してあげた。それをみていた敏美は気味悪がって、しばらく房子に近寄らなかったほどである。

ところが房子に転機が訪れた。それは唯一頼りにしていた姉の自殺である。その原因が最初は分からなかったが、しばらくして父が性的いやがらせをしていたと知った房子は、巧妙な手口で、父を殺してしまった。ぱっと見殺人と分からない方法で、その頃から房子は悪知恵が働くのだった。

父が亡くなってほっとしていたら今度は母が堂々と自宅に若い男を銜え込むようになった。それがあまりに露骨で嫌なので、房子はその二人とも殺してしまうことにした。一度殺人を犯してすっかり慣れっこになってしまったのである。どうすれば自分が疑われないかその手口は必死で考えた。

それが成功するとついに房子は一人っきりになり、親戚に身を寄せることになった。しかし房子を受け入れたい親戚に不自由しなかった。なぜなら、房子は親の死亡保険金を握っていたからである。

房子は容姿に恵まれず、男にもてなかったが、勉強はできた。本質的に頭が働く女だった。それで大学は京大薬学部を目指してもおかしくないほどだった。しかし、たまたま京大は落ち、浪人して阪大薬学部を受け、そこは自信があったのだがなぜか落ち、結局京都薬科大に入った。そこも結構難関である。

ところが、薬科大は授業が忙しく、なかなかアルバイトもできない。それでも親の保険金だけでは底をつくので、知り合いと手を組んで美人局のような阿漕な商売に手を染めた。また成り行きで結婚詐欺のようなこともした。

ところが仕事のパートナーであれ、商売仇であれ、絡んできたり、存在が邪魔になると、は容赦なく相手を「この世から消す」のだった。何度もそれに手を染めているので、ほとんど心動かすことがない。

ところがそんな房子は悪事の報いか、悪性の子宮筋腫に罹ってしまった。これは駄目かと覚悟したが、手術して切ることでなんとか治った。そんな病気治療中に房子は、運命の出会いがあった。同じ大学に所属する近藤一郎との出会いである。二人は恋愛というよりも、悪事の波長があい、パートナーとして互いに求め合ったのである。

房子も近藤一郎も、なんとも残虐にも、ひと思いではなく次第に切り刻んで苦しめながら殺すことに異様な嗜好があった。その瞬間、自分が神のようだと錯覚するほど陶然となるのだった。

面白いのは、房子も近藤一郎も、性的には晩生で、あまり性に関心がないことである。房子は一郎と結婚するまで処女だったし、一郎の方もほとんど性的な経験がなかった。残虐性と性的関心は排他的なのだろうか。そういえば、ヒットラーもそうだったような気がする。

近藤一郎の実家は大変な資産家で、父親が亡くなってそれを相続した近藤一郎は、しがらみのある京都を離れ、薬剤師夫婦として世田谷に薬局を開いた。そこから、SRO Ⅰのドクターの事件につながるのだが、あまり期待しないで読んだ「房子という女」も意外に面白く、引き込まれた。

それにしても、富樫倫太郎は相当シリアルキラーのことをよく勉強しているらしい。房子も近藤一郎もきわめてリアリティに富むキャラクタに仕上がっている。まあ現実にしこんな人達と出会うのは御免蒙るが。

SROシリーズはそのうち続編が出るのかもしれないが、とりあえず完結なので、そのうち富樫倫太郎の本来の得意分野である歴史小説も読んでみようと思う。

特許調査をやっていて、ある微妙に異なるキーワードが、特許検索上等価なような気がして、ある実験をしてみた。

すなわち、Xというキーワードで検索した結果の集合をAとし、X'というキーワードで検索した結果の集合をBとしたとき、AとBのヒット件数が同じになったので、AとBの集合は同一であるといってよいのでないか、と思った。

しかし、ちょっと考えて、集合の要素が微妙に違うがヒット件数だけ同じということもありえるよね、と考えて、A∩Bと、A∪Bを計算してみたところ、そのヒット件数は、AとBのヒット件数と同じだった。ここまで確認すれば、A = Bと言ってよい。

それで一応話は終わりなのだが、ついでに余計なことを考えた。すなわち、一般的に2つの集合AとBがあって、
A∩B = A∪Bなら、A = Bと言えるか、と。

それに対して、そんなの当たり前じゃん、考える余地もないでしょと思ったら、どこからか、じゃ、証明してみよろ、10分で3級の5手詰だぜ、と声が聞こえたような気がした。

ええっ、うっとおしいなあ、と思いつつ証明を考えたら、15分考えてやっとわかった。次のとおりである。

先ず、一般的にA∩B ⊂ A∪Bであり、A∩B = A∪Bがいえるためには、A∩B ⊃ A∪Bも成立しなくてはならない。

さて、A∩B ⊃ A∪Bは、A ⊃ A∪B 且つ B ⊃ A∪Bという命題と等価だが、
A ⊃ A∪Bは、A ⊃ Bと等価で、B ⊃ A∪Bは、B ⊃ Aと等価である。

すると、A ⊃ B 且つ B ⊃ Aなので、A = B

いちいち、書き下してみるほどのこともないのだった。なお、逆にA = Bなら、A∩B = A∪Bが成立することは超自明である。

粗読み

user-pic
0

粗読みというのは、要するに本をざっと流し読むというもので、学者でもジャーナリストでも、みんなやっているに違いないのだが、不思議に私が勤務する職場の周囲にはそういう人はいなかった。いても気づかなかっただけかもしれないが。

私は、特許実務には粗読みが必須だと考えて、仕事に取り入れた。あまり誰かに相談しないで実施しているので我流といえば我流であるが、私は仕事のやり方の方法論みたいな本を読むのが好きなので、知らないうちにそこで学んだことを実践しているのだろう。

さて、粗読みがイニシエートされるのは、特許実務であまり知らない技術に出会ったときである。すると私はアマゾンで検索して、なるべく入門的な本を買う。ただ、アマゾンだと内容を眺めて買えないので、時間があれば大型書店にも行く。書店には申し訳ないが、高い本(私の基準だと5000円以上くらい)だと、その書名を記憶して自宅でアマゾンで中古の本を買う。少し前の時期の、あまり人気のない専門書だと、価格が2割くらいまで激減していたりすることがある。

私は基本的に投資はしないが、本というのは当たり外れが大きくて、買うこと自体、投資だと思っている。買って後悔した回数は限り知れない。それでも私は基本的に、仕事関係の本を図書館や誰かに借りたりしない。わからないけど、仕事で使う本なら、身銭を切って買うところに意味があると思っている。

そうやって身銭を切って買うと、あ、この本は外れだったと思ったときも、とりあえず粗読みをする。勿体ないので、もしかして300ページもある専門書を1時間程度で流し読んだりする。数式や演習問題があったりするのだが、いちいち理解していられない。下手したらキーワードだけ拾い読みするみたいな状態だったりする。読みながら、こんなことしていて何の意味があるのだろうという疑問が、何度粗読みしても拭えない。

粗読みの、より頻度の高い使用方法は、ともかくあまり時間がないけど、大急ぎで最低限の知識を仕入れなくてはならないときである。こんな粗読みでいいのかと自分でも怪訝になったのは、600ページもあるWebSphereのマニュアルをたった1時間で流し読んだときである。読むというより、ページめくりしかやっていなかったような記憶がある。

そして当然の疑問は、そんな粗読みに、読書としての意味というか効果があるのか、ということなのだが、意外に意味があるのだな、と感じたのは、特許明細書を書く際に、疑問がでてきたとき、ああそのことは、あの本のあのあたりに書いてあった、と思い至れることである。すると、粗読みは、キーワードや章立ての論理構造上の、一種のインデクシングだということになる。

さて、こういう粗読みは必要に迫られて行うので仕方ないのだが、粗読みだけだと知識の揮発性が高く、知らない間に雲散霧消する。完全に消え去るというよりも、一度細菌に感染したときの免疫程度に頭に残っていて、次に同様の分野の技術に出会ったとき、インデクシングの部分が甦るような気がするのだが、インデクシング先の知識がリンク切れになっているような微妙な状態になる。

なので、粗読みの補完として、知識を定着させるために、じっくり再読したり計算問題を解いたり、というプロセスも必要なのだが、そこをどうするか、そのノウハウがなくて困っている次第である。まあ、ノウハウというよりもスキルというか才能の不足か。

残酷な世界

user-pic
0

世界が残酷であるというのは法則といってよい。しかし、この場合はそういうことではなくて、知り合いから橘玲の「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」幻冬舎文庫というのを紹介されて、読み終えたので、例によって感想文を書こうと思ったのだが、このままのタイトルでは長すぎるので、短縮してみただけである。

そういえば橘玲は、「マネーロンダリング」幻冬舎文庫というのがあって、こちらはかなり長い間積読のままである。

さて、この本はまず、以下の自己啓発のステートメントを否定するところから始まる。

  1. 能力は開発できる
  2. わたしは変われる
  3. 他人を操れる
  4. 幸福になれる

この本は、これらのステートメントは正しいけれども間違っている、と論理矛盾のようなことをいうのであるが、私がそれを言い換えると、These statements are true only when it holds.という、意味のないトートロジーとなる。

ここまで書いてきて、私は、この本を要約するのでなくて、私の意見を述べることにした。その際、場合によりこの本を読んで知ったことを援用する。

まず、能力は開発できる、であるが、これは一応の才能以上のものがあるときのみ、正しい。一応の才能というのは、全然すごい才能ではない。やってみて嫌ではない、案外楽しい、これなら努力できる、くらいである。

私が自認している一応の才能は、歌を歌うこと、文章を書くこと、将棋を指すこと、プログラミング、数学の本を読むことくらいであり、囲碁となるともう微妙である。ともあれ、どれも全く卓越していない。なので私は平凡なサラリーマン以上ではない。

私にとって、一応の才能の補集合は、運動すること、車の運転をすること、絵を描くこと、道を間違えないで地図に従って目的地に着くこと、異性を口説くこと、など限りない。よって明らかに、私にとって一応の才能がザリスキー閉集合なのであり、私の駄目駄目スキルがザリスキー開集合なのである。

で、この本を読んで改めてそうなのかと思ったのは、知能は遺伝する、ということである。私は以前、身体スキルは遺伝するけど、知能的スキルはあまり遺伝しないといったが、最近観察していると、やはり知能も遺伝する。単なる環境のせいだけでなく、両親の学歴が高いときは子供もいい学校に受かったりする。そういう意味では、私は、一応の知能がある先祖がかなり手薄い。思い出してもせいぜい、村一番の秀才だったという母方の祖父くらいしかおらず、あとは大学に行った人さえほとんどいない。まあ村一番の秀才といったって、小さい島のことで知れている。それで私が試験が苦手なのかと最近言い訳しているのだが、どうなんだろう。

ともかく才能を欠く努力は無駄に終わる。結構いい高校を出て、駿台のような予備校に通っても、MARCHレベルに入れない人も結構いる。一方で、地方の田舎にいて、古本屋で買った一冊100円の問題集を何冊か解くだけで、京大に現役合格した人を知っている。

ただ、磨くというか努力は必須である。一応の才能があってそれなりに努力すれば、一流にはなれなくてもそれで食べていけるようになる。私は所詮一応の才能にすぎないが、特許関係の仕事に適性があって、少なくともあまり苦痛なく仕事ができる。

また所詮二流にすぎないが、コンピュータのプログラミングもなんとか実用的なアプリが書ける。ある知り合いの弁理士に、コンピュータのプログラミングなんて簡単だよ、と教えようとしたら、とても苦痛のようなので止めた。私にとってプログラミングより弁理士試験の方が100倍苦痛である。

ここまで書いたら、「わたしは変われる」というのも場合によって、ということになる。すなわち、私が蛾の蛹だとしたら、環境が整えば晴れて蛾になれるが、それは蛾になるポテンシャルがあるからであって、どんなに努力しても、コオロギにはなれない。ただ、STAP細胞のような概念は人間にもあって、ものすごい苦労をしたら、才能が開花するということはある。私は大学時代、コンピュータのプログラミングなんてクラスでも最低の成績だったが、数学の本を苦労して読むことで、数学そのものよりもプログラミングのスキルが開花した。

追記すると、努力するというのも才能の一部であって、全く駄目人間だったが、人一倍努力したら司法試験に受かったという人がいるが、それも才能があったのにすぎない。私は全く理解できないのに何時間も数学の本を眺めていることができる。それも才能か?違うような気がするが。

次に、他人を操れる、であるが、橘玲は、まるで将棋の手筋のように様々な他人を操るテクニックを紹介する。それは確かに営業マンや詐欺師やカルト教団などにとって有効であるが、それでもそういうテクニックを使うのにも一応の才能が必要である。例えば、将棋の手筋は将棋のルールを知っていれば誰でも使えるわけではなくて、ある程度の才能が必要である。ただ、先天的に他人を操るのが得意な人がいて、私の知るある人は、人生で出会った人のなかでもしかして一番仕事のできない人だと思ったが、それと相補的とでもいうべき他人を操る才能があって、ある意味その後者の能力だけで高い地位に就けるのだから、本当に世間は残酷なのかと問いたくなる。いや、だからこそ私には残酷か。

最後の「幸福になれる」であるが、これは私なりにいつも、最低限の健康と、最低限のお金があれば、なんとか幸福でいられる、というスキルのことをいつも考えている。私の一番の幸福のツールは読書というか、むしろ、読書してそれを面白いと感じる感性だろう。すなわち、感性こそが幸福のキーなのだが、勤務していた外資系の会社を辞めるちょっと前に、私なりに筋を通したのは、そうしないと楽しむ感性が汚れてしまうからである。妥協した方が多少金銭的に豊かになるということはあるかもしれないが、幸福の元となる感性を毀損してしまってはなんにもならない。本末顛倒である。あと私がギャンブルに手を出さないのは、激しい悦びが長い時間で積分したときに決して幸福感としては大きくないと知っているからである。なぜなら激しい悦びの後には激しい苦痛が襲ってきて、積分すると下手したらマイナスになりかねない。まあ刹那の楽しみこそが人生という考え方もあるだろう。単に私はそれに与しないだけである。

という、橘玲の著書とかなり独立な、私のモノローグなのであった。

SRO Ⅵ

user-pic
0

さいきんは、純文学と、ミステリーあるいは警察小説をalternateに読むのがリズムになっており、またSROを読むことにした。

SRO Ⅴが近藤房子の大活躍?でハラハラドキドキだったが、近藤房子が逮捕されたので、SROに平和が訪れるはずだ、と思い、続いてSRO Ⅵを読み始めたのであるが、なかなかSROに安息の日はこない。

というのは、尾形の家では息子が暴れて火の車だし、芝原は近藤房子から受けた傷が癒えず、自宅療養である。また、木戸沙織は入院したままだし、針谷は兄から警察なんか辞めて政治家になれ、と迫られている。針谷の父は与党の大物政治家なのである。

そんな中、まだ完全に元気になったわけではないが、とりあえず木戸が復帰して、山根室長が喜んだ。

そうしていると、東京と秋田で、トリカブトによる殺人事件が起きた。通報を受けたSROは直ちに出動したが、山根は、得意のプロファイリングにより、これはプロの犯行だと解析した。

そのプロとは、殺し屋の林葉秀秋である。高級マンションに住む富豪で、電話での依頼に応じて指定された人間を注文どおりに殺す。それにしても、ここで「林葉」という姓を使うかと苦笑した。

さて、林葉は練達の殺し屋なのだが、一つ欠点があった。それは異様に潔癖且つ完璧主義で、近くに無礼な者、身勝手な者がいると逆上して殺意を覚えてしまうことである。そのため、予定にない殺人を犯してしまい、それを手掛かりにして、本来は完璧だったはずの殺人が余計な捜査を受けることになった。

その後、芝原が復帰し、尾形は家庭がなんとか収まったのでやはり出勤した。こうしてようやく、SROの全メンバーが揃うことになった。芝原が復帰してマザーを駆使することができるようになったので、犯人が林葉だと身元が割れた。

すると、今度は厚木で凄惨な殺人事件があった。そこから林葉の指紋がみつかったので、林葉の犯行だと推定された。実は林葉は、予定にない殺人が余計で、そのため殺人の依頼者が追求される羽目に陥り、なんとしても林葉を殺そうと画策したことだった。しかし林葉の敏腕により、追手は返り討ちにあった。

実は林葉は四重人格で、今までは比較的大人し目のキャラが支配していたのだが、荒くれのキャラに切り替わり、追手を手配した者たちに逆襲しようと策を練った。

その逆襲をプロファイリングにより読んだSROは、先回りして林葉を待ち受けるのだが、知力を尽くした戦いはどうなるのだろう。ここからはストーリーのコアなので記述を省略するが、近藤房子は出てこないものの、林葉のプロの殺し屋ぶりは、なかなか迫力満点だった。

淡々としているようで個性溢れるキャラクタによる事件簿はとりあえずこれで終わりだが、また続編が出るのだろうか。期待したい。

森鴎外の「阿部一族・舞姫」新潮文庫で、「舞姫」と「阿部一族」は、いかにも代表作ぽいのでとりあえず読んで面白かったので、他の作品も読もうとふと思った。それで素直に考えるなら「舞姫」の次の「うたかたの記」なのだが、「うたかたの記」をちらっと読んでみて、どうも読みにくいというか、その世界に入り込めないのである。もちろんその擬古文調の文章も何ほどかの障壁なのだが、「舞姫」だって擬古文調なのにすっとその世界に没入できたので、どうも分からない。

でも、読みにくさの理由を考えている暇があったらまあ読もうと、とりあえず読み始めた。こういうとき、文庫本で20ページ程度の長さというのはありがたい。もしこの調子で300ページくらいあったら果たして読み通せるかどうか。

さて、「うたかたの記」の舞台はドイツのバイエルン地方である。もとの文章はバワリアとなっているので、自分に分かりやすいように書き換えた。そのバイエルン地方には有名な美術学校があって、ドイツ各地だけでなくギリシャ、イタリア、デンマークなどからも彫刻家や画家が沢山やってくる。

美術学校で学ぶ人達は、美術学校のそばにあるカフェ・ミネルワという店でコーヒーや酒を飲んで語るのが習慣になっている。

あるとき、カフェ・ミネルワの入り口に二人の男が立った。見た目はいかにも美術学生である。その二人がカフェ・ミネルワに入ると、「おう、エキステルじゃないか。いつ帰った?」とか、「まだ生きていたのか。」とかみな軽口をたたく。みなエキステルと知り合いらしい。そしてみなの視線は、エキステルに同伴している人に向かった。その人は今朝、ドレスデンから汽車で来たのだった。

カフェ・ミネルワ内にいる人達は、髪がぼさぼさだったり服装に無頓着だったりするけど、そこは美術学生、芸術家なのでなにほどか風情がある。まあでもがさつな男たちがほとんどなのだが、その中に紅一点、少女がいて、エキステルの同伴者と目をあわせて互いに驚いた。

少女が驚いたのは、この場には珍しい東洋人だったからである。一方、東洋人の側が驚いたのは、少女は歳は17か18なのだが、どことなく気品があって、通り一遍の人とは思われない。少女は、「ここには面白い人なんていません。まあこちらへいらっしゃい。」と二人を呼び寄せた。

エキステルは、「マリイに呼ばれて行かない法はないね。で、紹介する。私と一緒にいるのは、巨勢君といって、はるばる日本から来た画家だ。」といった。

すると、カフェにいる人で自己紹介する人もいた。巨勢はドレスデンにいる知り合いを訪ねてきて、画堂でエキステルに出会ったのだった。それでカフェにいる人たちは次々に巨勢に質問を浴びせたが、マリイは、「そう次々と質問を浴びせては迷惑よ。ちょっと静かにしたら。」と仕切った。なかなか気丈な女性のようである。

巨勢は、話した。「ミュンヘンに来たのはこれが初めてではなく、6年前にもこのあたりを歩いたことがある。そのときは「ビナコエテク」に掛る画をみただけで、美術学校の学生と知り合いになることはできなかった。それでこのたびも日本を発つとき、ドレスデンの画堂に行きたいと心が急いた。そして、再びここに来て、最初にこちらに来たときとの因縁の結びつきを感じた。」と。

巨勢は、続けた。「謝肉祭のことだった。「ビナコエテク」を出て「カフェ、ロリアン」に入ってみると、こみんな仮装していて、華やかだった。みんな舞踏場の開くのを待っていた。」

そこまで話したとき、ウェイトレスがビールが注がれた杯をもってきて、人々に渡し始めた。少女は、「こちら、こちら」と急かした。

巨勢は、さらに続けた。「カフェ、ロリアンで片隅に座って、賑やかな様を眺めていると、15歳くらいのみずほらしい格好の童がイタリア栗を売りに来た。その後ろには、12か13歳とみえる少女が続いた。古い頭巾を深々と被り、凍えて赤くなった手で籠をもっていた。その籠には、愛らしく結んだスミレの花が積んであり、「すみれ、召せ。」とうなだれる首をもたげて発するその声の清いこと、今でも忘れられない。栗売りと道連れとはおもえず、栗売りが店に入ったのをきっかけに入ってきたのであろう。」

巨勢が続けていうには、大学生が連れていた大型犬が栗売りのもつ栗箱に鼻を差し入れようとした。それを栗売りが払いのけようとすると、犬は驚いて後ろの少女に突き当たった。すると、少女の籠からスミレの花が落ち、犬がそれを踏みにじった。栗売りの童はさっさと逃げ出し、大学生は犬を叱ったが、少女は売り物のスミレの花が駄目になってしまい、泣きながら茫然と佇むのみだった。しかし人々は罵り笑うだけである。

少女がそれでも落ちたスミレの花を拾おうとしていると、誰かが通報したらしい、店の主人が出てきて、ここでは物売りは禁止だ、とっとと出ていけ、と叫ぶので、少女は黙って出て行った。誰一人同情する者はいない。

それをみていて巨勢は、さっさと支払を済ませると、少女を追った。泣きながら歩く少女に声をかけても、振り向かない。そこで、「いい子よ、スミレの代金を払うよ。」と声をかけたら初めて振り向いた。その美しい顔は憂いを帯びていて、心に沁み入った。少女にもっていたマルク貨幣を渡すと、驚いて何も言わず立ち去ったが、その顔が心に焼き付いていまでも忘れない。ドレスデンにいって名画をみても、少女の顔が思い出されて、画の鑑賞にならない。そこで少女を思い出してなんとしてもその絵を描き残したいと思うのだが、どうもイメージが湧かず、その絵を描きたい一心でミュンヘンまでやってきたのだ、と話した。

おお、よくもそこまで、と感嘆する者もいたが、エキステルはただ冷笑するだけであった。マリイは、話の半ばからじっと巨勢の唇をみていたが、杯をもつ手が震えていた。

そしてマリイが、巨勢に、「それで貴殿は、その後、その花売りに会いましたか。」と問うと、巨勢はしばし考えて、「いえ、その夕方にドレスデンを汽車で発ち、その後、花売りの噂も聞いたことはありません。」と応えた。

マリイは、「私こそはそのすみれ売り。貴殿の想いの報いはこのとおりよ。」と、机越しに伸びあがり、巨勢の額に口づけした。この騒ぎで、マリイの目の前の酒はこぼれ、テーブルの上を蛇のように流れていった。

これを観て面白がる人がいれば、自分たちは蚊帳の外だ詰まらないと不満を言う人達もいた。

マリイは、ときの美術作品を卑しめるかのような大演説をぶつのだが、その顔は、女神バワリアのような威厳にみちていた。そして、大股で出ていくと、みんなあっけにとられて、あれは狂人か、口々にいう。

エキステルが説明するところによれば、あの少女は、フロイライン・ハンスルといい、美術学校のモデルだという。その出自を知る者はいないが、教養があり、行いは正しく、容姿に優れるので、美術学校の生徒の間では人気があるという。

一週間後、エキステルの斡旋で巨勢がアトリエを借りると、件の少女がやってきた。巨勢が少女に、自分のロオレライの絵を見せて、これがすみれ売りの子の面影を忍んで描いたものだ。君の面影をもつ未完の人物にふさわしい。」というと少女は、「何を忘れている。私こそがロオレライの本家本元。先日も話したではないか。」と咎めた。

少女はさらにいう、「貴殿は私を信じていないのか、まあそれも無理もない、なにしろ世間は私を狂人と呼ぶ。」

巨勢は依然として半信半疑だったが、「あまり長く私を苦しめないでくれ。いまでも私の額で燃えているのは君の唇だ。所詮戯れだと思っていたので強いて忘れようとさえしなかったが、迷いはついに晴れなかった。どうか君の身の上を聞かせてほしい。」と依頼した。

そこで少女が語るのは以下のとおりである。美術学校にモデルとして登録するとき、ハンスルという名前を使ったが、本当は別の名前である。父はスイタンバハといい、国王に愛でられた画家だった。私が12のとき、王宮の宴に招かれ、両親にとともに私も出席した。

宴たけなわのとき、国王の姿が見えなくなった。みんなが捜していると、女の「助けて。」との叫び声が聞こえる。なんと、母だった。国王が母を捕まえようとしていた。父は慌てて母を助けよう向かったが、力の強い国王に組み敷かれてしまった。

王は狂人となってしまい、スタルンベルヒの湖に近い、ベルヒという城に幽閉された。王は狂人となる前にも、暴政を敷き、有為の人物を根拠なく死刑にしたりした。うわ言にマリイとつぶやいていたという。まさに、少女の母の名もマリイで、その美しさは宮廷内で有名だった。

ほどなくして父は病で亡くなった。蓄財しない父は亡くなったあと、ほとんど財産もなく、仕方ないので母と裏屋の二階を借りて、移り住んだ。しかし生活の苦労かそこで母も病に伏せた。仕方なく私は、すみれ売りになった。それで稼いだお金があったので、母が亡くなったときは葬式も出せた。

そうして身寄りがなくなって心細く思っていると、近所の裁縫師の家族が引き取ってくれた。そこには娘が二人いた。その家にはよく人が招かれて酒宴などするのだが、そこに来る男たちはどうにも恐ろしかった。

そうしていると、家族で、スタルンベルヒの湖水に行楽に出かけるという。あまり気が進まなかったが、渋々行くと応えると、いい子だねと褒められた。湖水に着くと、バワリアという座敷船でみんなで飲食した。連れの男は、座敷船がゼエスパウプトに着いたとき、小舟を借りてまた、漕ぎ出した。まだ13歳の私は、男の顔をみると怖くなって、水に飛び込んだ。それからの意識はないが、はっと気が付くと、湖畔に住む貧しい漁師夫婦に助けられていた。その漁師の名前がハンスルだった。

こうして漁師の娘になったが、か細い体で櫂を取ることもできず、イギリス人の小間使になった。その家には雇女教師がいて、大事にしてくれた。その教師には蔵書があり、その本を読むことで私はそれなりの教養を身に着けた。

そうしてイギリス人の一家が本国に帰ったのであるが、身元が漁師の娘なので、貴族の家に奉公することは許されず、こうして美術学校の鑑札を得てモデルになった次第である。私を名高きスタインバハの娘と知る人はいない。今は美術家に立ち交わって、それなりに楽しく暮らしているが、それにしても美術家という人達はなんと油断のならぬ人達か。それで用心深く距離を置いて付き合ううちに自分も狂人のようになってしまった

だいたい、多少の狂気がなければ、政もなしえないだろう。一方狂人でなくてもよい国王は狂人になってしまった。こんなことを縷々と語る私も狂気か。

この少女の物語りを聴くうちに巨勢は、まるで昔別れた妹に逢う兄の気持ちになったり、一人悩む彫刻家の心となったりし、次第に胸騒ぎ、身打ち震えて少女の前に跪いた。

少女は、はっと気づいたように突然言った。「まあ、この部屋はなんと暑いのでしょう。雨は止んだし、まだ校門も開いているので、スタルンベルヒに一緒に行きましょう。あなたとならば怖くはないわ。」

門前で馬車を雇い、走らせて停車場にくると、新聞の号外を売っていた。みると国王は容態が穏やかになったので、警護も緩んだらしい。それから馬車が1時間くらい走ると、スタルンベルヒに着いた。そこから、土地鑑にある少女の案内で、バワリアのホテルに着いた。そこには、カフェ・ミネルワで見かけた人がいたので、巨勢は行って挨拶しようとしたが、少女は、二人で来たので、彼らに会うべきでないと言った。

天気がよくないくて座敷船は出そうにないので、二人は馬車でレオニに向かった。雨が降ってきたので、御者が、幌をかけましょうかと問いかけたら、少女は、「いえ」と応え、巨勢に向かって、「まあなんと心地よい行楽でしょう。私が死ぬ間際までいったのがこの湖で、命助けられたのもこの湖。だから、私の身の上を貴殿に打ち明けて、こうしてこの思い出の地にやってきたのよ。カフェ、ロリアンで恥ずかしい目に遭ったとき、私を救ってくれた人にまた会いたいと思って幾年を過ごしたの。なので、ミネルワであなたの物語を聞いたときの嬉しさ。私はあなたを不埒な美術学生の仲間だと思っていたので、侮っていたけど、光陰矢のごとし、うれしいと思ったときは高らかに笑わないと後で後悔するわ。」そういう少女は金髪を風になびかせ、まるで駿馬のようだった。

しかし、雨は一層強く、それでも御者き馬車を急がせた。巨勢と少女は、激しい雨の中、心ここになく夢見心地だった。するとやっと雨は止み、レオニに着いた。ここらあたりは少女が小間使いしたイギリス人の家の傍で、養父の漁師の家も遠くない。

そこで突然少女は、暑いので船を漕ぎ出そうと巨勢に言った。巨勢が少女を乗せて漕ぎ出すと、なんと国王の一行がみえた。国王は少女を看止めると、陶然として「マリイ」と叫んで、浅瀬を歩いて船の方に向かってきた。それをみて少女は、「あっ」と叫んで気を失い、水に墜ちた。

一方、国王は、マリイの方に近づこうと浅瀬から沖合に進んでいくうちに足を取られて溺れた。

一方マリイは、杙で強く胸を打って沈むところを巨勢が懸命に引き上げた。そして船を漕ぎ陸地に着くと、漁師ハンスルの家と思われるところにマリイを連れていった。ハンスルの家で皆で懸命にマリイを介抱したが、とうとうマリイは蘇らなかった。

これとほぼ時を同じくして、国王が溺死した。1886年6月13日の午後7時のことである。

ここ数日、巨勢の行方が知れないことを、ただエキステルのみが心配した。そして、アトリエに行ってみると、巨勢は、げっそりと痩せて「ロオレライ」の絵の下に跪いていた。

バイエルン国王の横死は遍く報じられたが、同じ時刻に漁師ハンスルの娘が亡くなったことなど知る者はいなかった。


以上、私なりに森鴎外のを現代文になおして、要約して書き下そうしたのだが、この要約の圧縮率の低さはなんなんだろう。ほとんど逐語訳ではないか。

しかも、よく理解できない箇所は適当に誤魔化して端折っていて、そのあたりもかなりの非可逆圧縮(lossy compression)になってしまっている。まあでも、こうやって丁寧に書き下してみると、「うたかたの記」のストーリー性が身に沁みた。

一時は興味を失いそうになった第2回囲碁電王戦であるが、第2局でDeepZenGoが勝って一勝一敗になったことで俄然興味が復活し、勤労感謝の日の第3局は、満を持してニコ生にログインした。

さて、第1局はDeepZenGoの先番で、第2局は趙名誉名人の先番。そこで第3局は改めて握りで趙名誉名人の先番となった。

本局の解説は、井山六冠の解説と吉原由香里六段の聞き手という、日本棋院が用意したベストの布陣だった。立ち合いの小林覚九段もそうかもしれない。

第1局と第2局は、趙名誉名人は、作戦として余り普段打たないけれどもDeepZenGoも経験が浅いと思われる目外しを敢えて選んだが、本局は趙名誉名人は、普段の対局と全く同じの中国流を選んだ。

途中まで井山六冠も、まあプロでもよくある布石ですね、という進行だったが、DeepZenGoは序盤、一手ちょっと場違いなところに打ち、すかさず趙名誉名人にポイントを稼がれた。

結局DeepZenGoは、右上の石を捨てて、厚みを築き、得意の模様の碁にした。すると当然ながら、趙名誉名人は左上の星の位置にある白石に付けて、模様を削減することを図ってきた。井山六冠がなんとなく趙名誉名人の方がいい、みたいなニュアンスで言うので、そうなのかなと思ってみていると、突然プレミア会員が入ってきて、追い出された。あれっ、まだ追い出されるほど沢山観戦者がいないのにな、と思って、何度も再度ログインしようとしても入れない。困ってしばらく考えて、マイケル・レドモンド九段とアンティ・トルマネン初段が解説している英語モードのチャンネルにログインした。こちらは流石に観戦者が多くないので、追い出されなかったが、どうしても英語だとあまり理解できない。それでもbetter than nothingで観ていると、どうも少しずつDeepZenGoが損をして形勢が悪化しているようである。なのにDeepZenGoの形勢判断は随分自分に有利なように判断しており、いくらなんでもそれは違うんじゃないの、と私でさえ思った。

それで所用があって一旦パソコンを閉じて、しばらくして日本語の解説の方にログインしてみたら不思議にログインできた。そして井山六冠は、よく分からないけど、趙先生の方が少し形勢がいいんじゃないですかね、と自信がなさそうにいう。ちなみに、井山六冠は、趙名誉名人と酒を飲んだり、カラオケに行ったりするような仲らしい。趙先生のカラオケは善悪を超えていると笑う。

さて、ただでさえ趙名誉名人の方が少し形勢がよさそうなのに、DeepZenGoはヨセで詰まらないミスを重ねて、井山六冠が目算したところ、ううん、趙先生の方が盤面10目くらいいいですかね、と言いにくそうにいう。井山六冠がそういうならもう駄目かと観念していたら、趙名誉名人が引導を渡すような手を打ち、応手に窮して、DeepZenGoはそこで投了してしまった。

私は観ていてなんか脱力した。当然かもしれないが、DeepZenGoはまだまだAlphaGoに及ばないな、と思ってしまった。

ただ、終了後の趙名誉名人のコメントが面白かった。すなわち、序盤は強いが、つまらないミスもするし、そこが人間臭くて面白い、というものだった。また、模様の碁を打つが、武宮九段とは違って、メイエンさんの碁みたいだと笑う。しかし、DeepZenGoがメイエンさんに似ているのは全く偶然ではなくて、メイエン九段はZenの初期の頃からその開発にアドバイスしてきて、まるで息子のように思い入れが深いのである。なので、メイエンさんは第2局でDeepZenGoが趙名誉名人に勝ったのを目を細めて喜んだことだろう。

さらに趙名誉名人で興味深かったのは、DeepZenGoでもAlphaGoでも、不利になったとき、あちこちに勝負手を仕掛けるということがないので大変助かる、という。実際のプロの対局では確かに、不利になると局面を複雑化し、あちこちにワナを仕掛けてくるので、正しく応接するのは大変である。そういうのって、コンピュータ囲碁に実装するのは大変なのだろうか。そういえばコンピュータ将棋はどうだったっけ? なんか勝負手を繰り出すというのはやるような、やらないような。

あと、将棋ソフトと違って囲碁ソフトというのはとてもディープラーニングが馴染むようで、またディープラーニングは特に布石で人間らしい手を生成するが、私のみるところ将棋ソフトは強くなるほど、手が人間から乖離していくようである。

最後に、日本棋院と囲碁ソフトの関係は、まるで両親の公認で付き合っているカップルみたいで、一方日本将棋連盟と将棋ソフトの関係は、まるで親に隠れて付き合って、それがばれて仕方なく条件付きで、あるいはできちゃった婚で親に認めてもらった関係のようだな、と苦笑いした。きっとAplhaGoが圧倒的な存在感で彗星のごとく囲碁界に現れて、それで有無を言わせず存在を認めさせたのだろう。

ともかく、次回の囲碁電王戦では、Zenが少なくとも勝ち越してほしいのものである。そうしないと、AlphaGoを乗り越えるなどという話には永遠にならないからである。

SRO Ⅴ

user-pic
0

私が最近すっかり気に入っているSROが、第5巻でいよいよ佳境に入ってきた。すなわち、第4巻で昆虫好き少年のシリアルキラーというちょっと地味で玄人好みの展開から、一転して真打ち、そう、キラークイーンこと、近藤房子の再登場である。

近藤房子は、伊勢原での新たな殺人を伴って上京し、再びマスコミの脚光を浴びた。その意図は、SROの山根所長と、芝原副所長への復讐である。

ところで、SRO Ⅲで、相棒であり尊敬する先輩である門奈を、近藤房子との戦闘で死なせてしまった坊屋久美子は、捜査一課で完全に干されてしまい、書類整理程度の雑用しかやらせてもらえなかった。なので思い極まってSROへの異動を山根に打診したが、いかに山根でもそんな人事を通す力はなく、保留になった。ところが瓢箪から駒のように坊屋のSROへの異動が叶ったのは、近藤房子の跳梁のせいだった。なにしろ法務大臣レベルで、近藤房子を逮捕しろとの命令が下り、近藤房子のことを熟知するSROの強化は肝要だったのである。

さて、近藤房子は、SROをおびき寄せるにはどうするか考え、無差別殺人を次々に行うことにした。そうすると、マスコミの注意が集まり、嫌でもSROが動かざるを得ない。本来は近藤房子の好むターゲットは若い女性なのだが、ここは敢えてターゲットを、いかにも前科がありそうな男にした。すると、反撃されるリスクがあるが、そこはそれ、近藤房子は変装の名人であり、老婆に化けて、よぼよぼと歩けば、相手が油断する。そして隙をみてナイフでぐさりである。

そうやって悪い奴を殺し回っていると、果たして近藤房子は、必殺仕掛人みたいな正義の味方と誤認されて、ウェブでもキラークイーンと呼ばれ、再び英雄視された。もともとあまり望むターゲットでなかったが、そうやって持てはやされることに房子は悪い気がしなかった。

ところが、近藤房子の報道に触れれば触れるほど、悲痛な思いに縛られるのが、SRO副所長の芝原だった。なにしろ、SRO Ⅲで、近藤房子に自分のマンションの一室に忍び込まれ、あやうく殺されそうになったり、目の前でバラバラ殺人の現場を見せつけられたりと、あまりにもひどい経験で、PTSDに陥った。当然に心療内科には通うのだが、それだけでは不安は収まらず、マダム・キャサリンと称する占い師にも相談したりした。

一方で、依然として近藤房子の連続殺人が止む様子がないことに怒りを増幅させた警視庁の刑事部長は、なんとSROの山根に、芝原を囮として使うよう命令してきた。それは、PTSDに苦しみ、完全に病人状態である芝原を死の危険に晒すことで、絶対に同意できないと跳ねつけたが、捜査一課との関係もあって、山根は芝原を、最小のリスクで囮に仕立て上げる綿密な計画をたてた。ここで芝原もプロ意識を発揮し、不安を必死の思いで抑えて、囮の役割を務めた。

ここからはストーリーのコアなので、記述を省くが、針谷とともに射撃の名手である坊屋が貴重な戦力になった。

それにしてもプロファイリングやシリアルキラーの属性などの薀蓄と、個性溢れすぎるともいえるSROの面々のキャラクタがストーリーを興味深くして、SROはすっかりマイブームになったのだった。

渡辺と橋本

user-pic
0

渡辺と橋本と書いたのは、渡辺竜王と橋本八段のことだが、今更二人を揶揄しようというのではない。

11月17日(木)に羽生三冠対渡辺竜王のA級順位戦があり、これは羽生三冠が勝った。さらに11月18日(金)に豊島七段対橋本八段のB級1組順位戦があり、これは橋本八段が勝った。これらの棋譜を並べてみて、雑感を記す。

まず、羽生三冠対渡辺竜王のA級順位戦。先手羽生三冠で、後手の渡辺竜王は、裏芸のごきげん中飛車を採用した。羽生三冠は超速。銀が46と44で睨みあう形になり、これは相穴熊になるかと思った。もしかして穴熊好きの渡辺もそれを期待したのかもしれないが、羽生は▲7七銀からの急戦を選んだ。なんとこれは、「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」マイナビのテーマ21図ではないか。

しかし、羽生が早目に▲3七桂と飛んで、▲4五銀とぶつけることで早々にテーマ21図からは乖離した。結局、▲4五桂が残り、5三の利きをどう後手が処理するかが焦点になった。結局、先手は飛金交換に甘んじ、その間に▲2二歩と打って桂馬を取る展開になった。

▲3三成桂にあてて、後手が△3九飛と下したとき、普通は▲4三成桂と後手の飛車に当てて寄るところだが、そうしないで羽生があえて△4一金に当てて▲4二歩と打ったのが好手だった。そのあと羽生は金を取って自陣に金を打ち、固めた。そこで渡辺がじっと△1三香と逃げたのが渋い好手で、分らなくなった。

ところが、羽生が▲5一銀、△6一金、▲4二と、△5四飛、▲5六歩と、自陣の角に活を入れたのが好手だった。ここでは知らないうちに?羽生が一手勝ちになっているようである。結局、渡辺はかたちをつくって投了した。竜王戦の第3局もそうだったが、ぎりぎりのところで渡辺の終盤が淡泊になっているようである。やはり微妙に不調なのかもしれない。

次は、豊島七段対橋本八段のB級1組順位戦。豊島七段の先手で、橋本八段は横歩取りを選んだ。特に橋本八段が選んだのは、△7二銀早上がりで、なんとこれは「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」マイナビのテーマ8図である。「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」の最新将棋網羅性(nowness)を例証する。

ところが、豊島七段は、後手玉が△5一のままの状態で、▲3三角成、△同桂、▲2一角と攻めていった。なんと、斎藤六段が不利と指摘する変化である。ただ、前例との違いは、▲5八玉と△1四歩の交換が入っているところである。その違いがあるので、豊島七段は、研究でこの仕掛が成立すると判断したのだろう。

▲2一角以下は、△4二玉、▲3二角成、△同玉、▲4二金、△同玉、▲2二飛成、△3二歩、▲1一龍と進んだ。ここで普通は△4五桂で後手良しなのだが、▲5八玉と△1四歩の交換が入っているので後手は△2四飛とし、先手は▲2八歩と受けた。

そこから後手は飛車と銀桂香の三枚換えとなり、駒割りだけなら先手がいいはずだが、形勢は難解なままである。しかし、橋本は豊富な持ち駒で豊島の左方から迫り、豊島からの猛反撃に左方に逃げて、ぎりぎり即詰みを逃れて余した。大激戦だった。

棋譜をみた私の感想は、流石に渡辺竜王と橋本八段は筋金入りのプロで、いろいろなスカーミッシュがあっても、指し手はそんなにぶれていないと思った。ただ結果が分れたのは、渡辺竜王の相手が羽生三冠で当然ながら強く、橋本八段の相手の豊島七段がやや不調だったというところなのだろうか。

それにしても豊島七段は、もともと佐藤天彦名人や稲葉八段に実績で先行していたはずなのに、知らないうちに追い抜かれてしまったのはなぜなのだろう。今期は流石にA級昇級だよねと思っていたら、ここにきて2連敗して3敗目を喫してしまい、昇級は黄信号になった。一ファンとして、なんかもどかしい。突然、大橋恵里子の「恋に大接近」の♪あの人注意信号、いえいえ危険信号♪という歌詞が頭に響いた。流石に場違いか。

私が社会的地位や将棋などの勝負の実績等にほとんどみるべきものがないのは、要するに才能がないといってしまえばそうなのだが、より具体的には、駄目そうでも粘るとか、諦めないで手を尽くすという側面があまりに乏しいというのも大きい。

そんな私なので、囲碁電王戦第1局でDeepZenGoが序盤と中盤で優勢を築きながら、終盤の乱れで趙名誉名人に負けてしまったとき、ああ今回はDeepZenGoは趙名誉名人に三連敗だな、DeepZenGoが囲碁のプロ棋士に勝つのは多分来年のことだな。まああと1年あればなんとかなるだろう、と思ってしまった。そして、もし今回DeepZenGoは趙名誉名人に三連敗になったら、残りの2局は、独立したブログ記事でなく、囲碁電王戦第1局の記事の自己レスで簡単に触れる程度に留めようと思ったりした。

それでも、日曜の午後、特に用事がなかったので、ニコ生にログインして囲碁電王戦第2局を観戦した。本局はDeepZenGoの先番で、まるで武宮九段のような大模様を張った。しかし、趙名誉名人といえば、大模様にドカンと打ち込んで絶妙に凌いでしまう、名手。果たして上辺に打ち込んで居直ってしまった。

さて、本局の解説は先日井山から名人位を奪取したばかりの高尾名人で、聞き手は吉原由香里六段。昨日の万波奈穂三段も美人だけど、由香里さんはやっぱり華があっていい。そして、高尾名人も誠実な人柄があらわれて、解説がなかなか味がある。

そんな高尾名人が、DeepZenGoの打ち手に対してどうもいい顔をしない。打ち込まれた趙名誉名人の白石に対する追求が、プロ的にみて甘いというか、ここからDeepZenGoの方をもってあまり勝てる気がしないという。そういえば、趙名誉名人の様子をみていても、どことなく余裕があるというか、真剣に手を読んでいるのだが、一方、DeepZenGoの応手がプロ的でないというか一貫性を欠いている。

ところが、DeepZenGoは、そんな囲いがそのまま地になるわけないだろうという手で虚妄の?大模様を張り、相手は模様荒らしの達人、趙治勲である。その趙治勲がいよいよ、DeepZenGoが張った大模様に入ってきた。それに対するDeepZenGoの応手が生硬で、高尾名人が疑問を呈するので、なんか私は居たたまれなくなって、ちょっと散歩にいった。実はつたやでCDを借りていて、歩いて返しにいっただけである。

私は歩きながら、ううん、DeepZenGoはまだ天下の趙治勲と互先を打つなんて10年早いとはいはないが、1年は早いかと考えた。そして散歩か帰ってくると、もう終わっているではないか。

ええっ、と画面をみていると、DeepZenGo開発チームの加藤さんがインタビューに応えており、一方の趙名誉名人は沈黙している。いくら勘が鈍いといっても私は流石に、DeepZenGoが勝ったんだと察知した。

そして投了図をみるとなんと、凌ぎの名手、趙治勲の大石が、DeepZenGoが張った模様の中で死んでいた。そんなことがあるのか。

加藤さんがいうには、第1局の敗戦を反省して、DeepZenGoの考慮時間を長くとるように設定変更したのだという。それでDeepZenGoの凡ミスが減ったのかもしれない。

趙名誉名人は、DeepZenGoについての感想を聞かれて、ひたすら自分の打ち手の反省点を述べるばかりだった。そして、負けるつもりはなかった、とも言った。もしかして、前日の勝利で少し気が緩んだのだろうか。歴戦の勇がそんなはずはないと思うが。

ともかくこれで勝負は一気に盛り上がった。それが証拠に、今回の囲碁電王戦を観戦していて、今までニコ生から追い出されないできたが、DeepZenGoが勝った直後から、急に追い出されてしまった。

これは勤労感謝の日の第3局は必見である。

第2回囲碁電王戦であるが、第1局は、趙治勲名誉名人が勝利した。北海道新聞社のホームページから引用する。

囲碁プロ棋士の趙治勲名誉名人(60)とコンピューターソフト「DeepZenGo」の3番勝負、第2回囲碁電王戦の第1局は19日、東京都内のホテルで打たれ、趙名誉名人が223手で黒番中押し勝ちし先勝した。
趙名誉名人は、七大タイトルを含む棋戦優勝が歴代最多の74を数える実力者。一方のDeepZenGoは、日本では最強と目されるソフト。
対局は公式戦に使用される19路盤、ハンディなしで行われ、接戦となったが終盤で趙名誉名人が抜け出した。公の場でプロ棋士とソフトが19路盤、ハンディなしで対戦するのは国内では初めて。

私は最初の方からニコ生で観戦していたのだが、将棋の電王戦ほど観戦者が多くなくて、とうとう追い出されることはなかった。

さて、DeepZenGoであるが、序盤から中盤にかけて、解説の一力七段も感心するほど手が冴えていた。途中で解説にやってきた立ち合いの張栩九段も、リップサービスもあるかもしれないが、DeepZenGoは自分より強いと絶賛していた。

じっさい、趙名誉名人もいかにも苦しそうにぼやきまくっていた。一力七段は、このままDeepZenGoが圧勝するのでは、と形勢判断していた。

ところが中盤を過ぎたあたりから、一力七段がときどき解説に窮して黙ってしまうほど、DeepZenGoの打ち手が乱れてきた。手の一貫性を欠き、部分的にはいい手を打つのだが、次は変な手を打ち、一力七段の目算で、黒の趙名誉名人がかなりいいのではと解説していたとき、私は所用でちょっと席を外し、戻ってみると知らない間に対局が終わっていた。

それにしても、一力七段はまだ二十歳になっていないのに、解説は絶妙を極めた。私のみるところ、結城聡九段と双璧である。例えば河野臨九段はそんなに解説が巧みではないので強さと解説の上手さは必ずしも相関がないが、それでも、あの解説をみていて、井山六冠の最大のライバルになるのは一力七段だと印象付けられた。

で結局、第2回囲碁電王戦での、趙名誉名人の方が厚いのでは、という私の予想は当たったということになる。

ところで、DeepZenGoの今のレーティングは3000くらいだという。それがどの程度のレベルなのか私にはわからないが、井山六冠のレーティングは3600程度だという。するとどうみても、趙名誉名人も井山六冠のレーティングとそんなに違わないはずで、冷静にみて、まだDeepZenGoが趙名誉名人に勝つのは難しいのでは、ということになる。

別の見方では、今のDeepZenGoは、AlphaGoが昨年、ヨーロッパチャンピオンのFan Hui氏に勝ったときと同程度の強さだということで、今年の3月よりもさらにパワーアップしたというAlphaGoがどの程度か知らないが、まだまだAlphaGoには及ばないレベル、ということになる。

ということで、今回の囲碁電王戦の対戦は、DeepZenGoが少しでもAlphaGoの域に近づくための発展途上で、トッププロとの差を見極めるために趙名誉名人の胸を借りるのだ、ということになる。そう理解してしまうと、次の第2局、第3局を観戦するモチベーションがちょっと下がるが、特に御用とお急ぎがなかったらまた観戦してみることにする。面白いことは面白いので。

SRO Ⅳ

user-pic
0

何を思ったか、急に量子コンピュータの本を読み始めたら、難しいというかその概念についていけなというか、本当にお前は物理学科卒なのかと自問した。しかし、物理学科卒かどうかなんてどうでもいい、ただ学生時代真面目に勉強しなかったということだけが真実である。

そうやって夢でうなされた。こう書くと、何が夢で何が現実なのか分からないので補足すると、量子コンピュータの本を読み始めたのは現実で、それが難しくて困ったというのも現実だが、それによる脳の疲れでうなされたというのが夢の中のことである。

脳の疲れは事実で、仕事の疲れも溜まっていたのだろうけど、何も考える気がしなくなって、そうだ、SROを読もうと、買い置いていた富樫倫太郎の「SRO Ⅳ - 黒い羊」中公文庫を手にした。

正直いってSROが、新宿鮫シリーズよりも、百舌シリーズよりも名作だなんて思わない。食べ物でいうともしかしてB級グルメかもしれない。しかし、疲れたときの気分転換にSROほど効くものはない。シリアスなような能天気なような雰囲気がいい。

さて、SRO Ⅳの主人公は、太刀川遼一という、元昆虫好き少年である。このあたり、私も共感をかんじる。しかし、ただの昆虫好きではなく、蛾の幼虫を偏愛し、それが成長して蛾になるのを見るのが無上の楽しみである。

遼一が蛾の幼虫を偏愛するのはいくつかの理由があった。その一つは、遼一には生まれつき顔に痣があって、そのせいで学校で虐められた。蛾の幼虫に入れ込むのは、蛾の幼虫は醜いが、孵化するとそれなりに美しくなるからである。

別の理由は、遼一の家族関係である。遼一は、祖父、両親、妹との五人家族だったが、遼一以外はみんな優秀で立派で、両親は厳格だった。両親はどうみても妹を偏愛していた。そんな遼一は蛾の幼虫を飼うことだけが救いであり、生き甲斐だった。

ところが、遼一が飼っていた蛾が籠から逃げて家の中を飛び回ったことがあった。それで家族は迷惑し、厳格な父は怒って、遼一の飼っていた蛾やその幼虫をすべて焼き殺してしまった。そのことが遼一の犯罪性にスイッチを入れた。すなわち、遼一は祖父、両親、妹を皆殺しにし、各々を寝袋に入れてその傍に佇んだ。そうしておくと、死者が蛾の幼虫のように孵化すると信じたのである。このように厳格な親から寧ろ犯罪者が生まれることを黒い羊と呼ぶ。また、少年が蛾のサナギが好きだったので、メディアはこの事件を、クリサリス(サナギ)マーダーと扇情的に呼んだ。

遼一は当時14歳だったので、刑務所には入れられず、精神を病んでいるとして医療少年院で治療された。そこでの態度がきちんとしていたので、21歳のとき医療少年院を出て、富良野のペンションで働き始めた。ペンションのオーナーが理解がある人だった。

そこで極めて真面目に働いていたのだが、安政学院大学の学生サークルの一行が自転車のツーリングでペンションに泊まりにきてから、転機が生じた。

すなわち、遼一はあるきっかけから、学生サークルの中の上原絢子という女性と親しくなった。ところが、上原絢子は学生サークルの中の元橋康平という男が長く片想いの女性で、当然に元橋は面白くないので、遼一に嫌がらせをした。そのことをきっかけとして先ず遼一が、そしてしばらくして元橋が連絡がとれなくなり、特にいろいろな意味で問題の人物である太刀川遼一が行方不明であることを憂慮して、法務省は、警視庁の刑事部長を介してSROの山根所長に協力要請してきた。通常の警察捜査では、情報がもれやすいと憂慮したのである。しかもそもそもまだ犯罪性が明確でないので、建前上警察は、捜査を開始できない。

そこでともかく、山根と針谷が北海道の富良野に行き、尾形と川久保が東京にある安政学院大学を訪れ、元橋が所属する学生サークルの関係者に聞き込みをした。

ここからはストーリーのコアなのでこれ以上の詳しい記述は割愛するが、遼一の黒い羊ぶりと、元橋の几帳面さが相俟って、事件は複雑に絡み合っていくのだった。

SROの他の巻と同様に、SRO Ⅳでも、富樫倫太郎の犯罪心理学とプロファイリングの知見がとても興味深く、ストーリーも後半になるに従って盛り上がった。そして読み終えてみると頭がリフレッシュして、また量子コンピュータに立ち向かう元気が回復した。

今更のように純文学づいてきた私は、古書店で、椎根和著、「平凡パンチの三島由紀夫」新潮文庫をみかけたとき、ん?と反応してとりあえず買った。

椎根和の「和」は、やまとと読ませる。あ、引退した女流棋士の高橋和と同じだと思った。そのことが案外大きかったか、「平凡パンチの三島由紀夫」をinstantlyに読み始めた。

椎根和は早大を卒業すると、「婦人生活」の編集者から、「平凡パンチ」に転職した。なんでも給料がよかったという単純な理由らしい。そして椎根は、三島由紀夫に取材交渉の電話をかけた。1968年、三島の死の3年前である。

そしたらなんと、三島本人が電話に出た。当然秘書が出ると思っていたので、意表をつかれた。なぜなら当時三島由紀夫はいまでいうキムタク並みのスーパースターだった。いや、キムタクは最早旬を過ぎている。いまなら、エグザイルか。

そんな三島はなぜかコーヒーハウスを好んだ。会うととてもダンディーな服装だった。なのに、ハンバーガー・ライスを頼んで、ライスとハンバーガーをごちゃまぜにして食べるのに意表をつかれた。意外に子供っぽい面もあるらしい。

そんな三島は、一度もCMに出演しなかった。まあ、映画は何度か出たが。

三島は、平凡パンチのオール日本ミスター・ダンディーの投票で一位だった。ミスター・インターナショナルでも2位。それだけではない、剣道四段でボディービルダー。1970年にはエククアイア誌の世界重要人物100人の一人に選ばれた。

そんな三島は本当は強い内向的性格だったが、無理してその逆にみせていた。やはり強い内向的性格の私には、無理してそうする理由がわからない。一種のダンディズムなのだろうか。

1968年、学生運動が一番盛んな頃だったが、三島は早大の大隈講堂で講演し、学生とも対話した。

三島は私的武力集団、楯の会を組織し、新宿でデモなどがあると、楯の会のメンバーを投入した。

三島は学生運動が好きで、観戦記を雑誌に書いたりした。東大の安田講堂の攻防戦では、学生を応援するふりをしつつ、軟禁されていた林健太郎文学部長にウイスキーを差し入れたりした。そんな三島は、安田講堂の攻防戦で一人の死者も出なかったことに怒りを顕わした。死して英雄視される、というストーリーが好きなのだろうか。

じつは三島が好きなストーリーは、学生の狼藉が手に負えなくなり、自衛隊の出動が要請され、とうとう東京に戒厳令が敷かれるというものだった。しかし、結局そういう事態にはならなかった。

そんな三島は時代の流れに乗り、ビートルズ、ジェームス・ディーンなど、その時代のスーパースターに憧れた。そして、「行動学入門」を、けっして高尚とはいえない平凡パンチに寄稿した。

また、2・26事件に深く共感し、2・26事件で刑死した兵士に憑依されたような感覚ももったという。このあたりから次第に怪しくなる。

そして、ボディビル、剣道、ボクシング、空手と肉体を鍛えることに時間を費やした。その一方で、写真と映像の世界にのめり込み、自分のヌード写真を撮らせたりした。

しかし、もともと作家として注目されたはずなのに、小説を書くことは次第に疎かになっていった。この本によると、その原因の一つは、満を持して書いた「鏡子の家」が文壇から沈黙を以て応対されたことにあるらしい。これは私は新聞で読んだのだが、三島由紀夫がある文学全集の編集委員をしていたとき、松本清張を入れるかどうかという議論になり、三島は、松本清張を入れるなら自分は編集委員を降りる、と頑といって聞かなかったそうである。それは単に、自分が純文学作家で松本清張が大衆小説作家である、という理由だけではないらしい。すなわち、なにかの書評で、三島の作品より清張の作品の方が記述にリアリティがあるというのをみたせいで、松本清張に対して強烈なコンプレックスを抱くようになったらしい。では純文学作家にはそうでないかというと、知り合いに教わったのだが、三島は太宰治にも文体の流麗さでコンプレックスを抱いていたという。ともかく三島は強烈な自尊心のもちぬしだった。

そして三島は、民間軍事部隊である楯の会を組織して、同志の若者を募った。楯の会の会員は無給だったが、制服など維持費はすべて三島が負担した。なんと年間2500万円もかかったという。

三島は、楯の会の仲間を連れだって、自衛隊のレンジャー部隊の訓練に体験入隊した。明らかに数年後の自衛隊乱入を意図していた。極めて暴力にみちた映画「憂国」をつくったのもその頃である。

思想的にはもともと三島は、ギリシャ精神、特にプラトンに傾倒した。「禁色」という作品はその反映だろう。そこから、プルースト、ベルクソン、ユンク、ジャン・コクトーと変遷していき、ヒットラーにも共感した。一時はノーベル文学賞も喧伝された三島であるが、ヒットラーに対する関心は確実にノーベル文学賞から遠ざけられるものだった。また、「聖セバスチャンの殉教」への傾倒は、三島事件につながるものだった。

この椎根氏の本には、三島事件そのものの記述もあるが、あまりに有名な事件なので、ここには記さない。といいつつ、私はよく知らないので、また別途適当な別の本に当たることにする。それにしても、三島は、27歳で感受性を捨てたといい、41歳で自分には無意識がない、と公言したという。それは要するに作家的な知的リソースが涸渇したという意味なのだろうか。私にはそうとしか思えないのだが。

そういいつつ、三島は、死ぬ間際まで、「豊穣の海」シリーズを執筆していた。ある三島ファンの知り合いは、「豊穣の海」シリーズは読む気がしないという。何かが足らないと見抜いているのだろうか。

それにしても、少なくとも三島が亡くなるまでの数年はどうみても病的なというか、あぶない状態だった。酒や薬物、貧困、異性関係などで次第に精神的に壊れていくという作家は珍しくないが、反社会的傾向を強めていく作家というのは珍しい。何かのリソースの欠乏が精神状態のカオスになるというのが私の理論であるが、そのリソースの欠乏が作家的想像力だとしても、それだけで説明するのは弱すぎるだろう。

あと、へぇと思ったのは、三島の没後20年くらいたった1989年に、椎根氏は、未亡人の瑤子さん、長女の紀子さんと会食したのだという。なんでも、瑤子さんが埼玉県にタイ料理の店を出すというので、それを止めるよう説得してほしいという依頼だったらしいが、椎根氏が三島家の家族からそんな風に信頼されているのが興味深かった。

そういえば、出版社の三島由紀夫担当の編集者というのは、椎根氏以外にも、他社にも何人かいたが、三島はそれらの人々を親戚のように遇していたという。椎根氏が結婚したときは、当時超有名人だった三島がわざわざ結婚式で立派なスピーチをしてくれ、立派な記念品もプレゼントしてくれたという。三島の律義な人柄がしのばれて微笑ましい。

白光

user-pic
0

連城三紀彦のことを知ったきっかけは、新聞記事で、それでとりあえず黄昏のベルリンを読んでみたのだが、その印象は、確かに力量のある作家だな、というもので、ただいまいち感情移入できないで終わってしまったところはあった。

次に読んだのが、造花の蜜で、これもトリックの構想には感心したが、「この追わり方の不完全燃焼はやはり、これもリドル・ストーリーなのではないか、と思った。」という感想だった。

ううん、正直いってあまりポジティブな印象ではない。それでもなんというか、才能の冴えは否定できないので、古書店で「白光」光文社文庫をみつけて買い、数ヶ月の積読ののち読み始めた。

「白光」の出だしは、ある75歳の桂造という老人の回想から始まる。太平洋戦争で召集され、南の島に赴任した。老人は戦争に行く前、既に結婚しており、娘がいた。しかし、出征の日になんと妻から、娘はあなたの子供ではないと告白され、大変ショックを受けた気持ちで戦地に赴いた。戦地は激戦で部隊はほとんど全滅だったが、桂造は奇跡的に生き残った数少ない人員の一人だった。桂造は、ジャングルを逃げ惑ううち、ついある現地の少女を殺してしまった。異常な状況だったので仕方ないと思うしかない。それから桂造は米軍の捕虜になり、終戦から2年たって帰国した。

ところが帰国してみると、妻子は空襲で亡くなっていた。それで仕方ないので、学校の教師をしていた昭世という女性と結婚した。すると、立介という息子が生まれた。

立介は大人になって、聡子という女性と結婚し、桂造の家に同居した。気が強い女性であった昭世は、聡子とも結構うまくつきあった。互いに譲歩していたのかもしれない。そのうち聡子に佳代という娘が生まれ、桂造と昭世は、初孫なので可愛がった。

聡子には幸子という妹がいた。大人しい聡子と違って、派手で男好きな幸子は艶聞が絶えなかった。学校教師である昭世には、武彦という教え子がいて、見合いではないが、昭世の取り持ちを経て自然の流れで、二人は結婚した。しかし、真面目な武彦とプレイガール幸子はどうみてもお似合いではなかった。それでも二人の間には直子という娘が生まれた。

それから時を経て、佳代も直子も成長し、一方昭世は、癌で亡くなった。桂造は妻を亡くして次第に痴呆の症状を呈してきた。

さて、幸子は結婚した後も、浮気が絶えなかった。それでカルチャーセンターに通うと称して、姉の聡子に直子を預けて、遊び呆けた。そのことを聡子は薄々知っていたが、とりあえず直子を預かった。佳代と楽しく遊ぶからである。

ある日のこと、聡子は例によって直子を預かったが、佳代と歯科医に行く予定があった。もちろん、直子を連れていってもいいのだが、その日はなんとなく直子を連れて行く気がせず、桂造に直子を託して、聡子と佳代で歯医者にいった

ところが、歯医者から帰ってみると、直子が見当たらない。桂造に聞いても、呆けていて、意味不明のことをつぶやいて埒があかない。それで裏庭の方を探していると、土が掘り返されたあとがある。それを掘ってみるとなんと直子が埋められていた。明らかに亡くなっている。刑事事件の勃発である。

当然に桂造が疑われたが、やってきた刑事が近所に聞き込みしたところ、なんと若い男が数人、家に出入りしたのだのを近所の人がみかけたのだという。刑事は当然、その若い男が犯人だと想定して捜査した。

ところがである。幸子の夫、聡子の夫、幸子自身、幸子の浮気相手の大学生、さらには聡子自身までが、直子の死に責任があると告白する。告白するだけでなく、自分が犯人ですと警察に自首する者まであらわれる。しかし、流石の警察も、他の人の供述と明らかに矛盾する供述を素直には信じない。頭がおかしいのか、誰かを庇っているのかと推量する。

こうして状況は次第に、藪の中状態の混迷に陥っていくのだが、藪の中と違って、多襄丸のようなコアの被疑者はいない。むしろ、誰もが被疑者で、誰もが単なる現場発見者のようでもある。

さらにこの小説を不気味にしているのは、マル害である直子のことを誰も真剣に悼んだり、悲しんだりしていないように思えたりすることである。むしろ、直子をネタにして、自虐の哀しみに酔ったり、あるいは誰かに報復のように心痛を与えようとする。

こうしてストーリーは夢幻のように収束を迎える。それは藪の中よりも寧ろ、ユージニアに近い。

このような、いろいろな登場人物の状態の重ねあわせからなるストーリーは、どちらかというと量子コンピュータに似ている。量子コンピュータと違うのは、重ねあわせの状態の中から、目的とする結果に相当する状態だけが残るようにする篩い分けの操作(operation)が存在しないことである。なお、この文脈では、操作(operation)を捜査(investigation)と呼んでも同じである。

このような量子コンピュータ的小説は、藪の中ユージニア以外に、中井英夫の「虚無への供物」などあまり多くない。よって、天才のみが書きえる小説といってよい。

ただ、それが読んで面白いのかどうか、天才からはるかに遠い凡才の私にはどうもよく分からない。

阿部一族

user-pic
0

前に書いたように、森鴎外の「阿部一族・舞姫」新潮文庫という短編集を買って、まず「舞姫」を読んだのだが、次にどれを読もうかと思って選んだのが、「阿部一族」である。とりあえず有名どころを読んておこうという、自分のベタさというか俗っぽさは我ながら苦笑するよりない。

で、何の予備知識もなく読み始めた「阿部一族」なのだが、読み始めてちょっと引いたのは、これは時代小説で殉死の話なのであって、ううん暗いなと、別の小説に乗り換えそうになったが、ともかく読み進めた。

時代は、徳川時代の比較的初期のころ、すなわち幕府が天草四郎の乱を平定してから3年くらい後のことである。その乱の平定に大変な武功があった、肥後藩の大名、細川忠利は、参勤交代で江戸に上ろうと準備していた。ところが図らずも忠利は体調を壊してしまった。それで様子をみているうちに日に日に病が嵩じ、仕方なく参勤交代の延期を伝える飛脚を江戸に走らせた。

ときの将軍は家光で、天草四郎の乱のあと、細川忠利の大功を重くみて、その扱いは鄭重を極めた。なので、忠利が病に伏したと聞くと、家光は京都の有名な名医を肥後に差し向けようとした。

しかし、家光の手筈も間に合わないほどに忠利の病状は俄かに悪化して、忠利は56歳でとうとう亡くなってしまった。ときに寛永十八年三月十七日のことである。今の時代なら少し早いのかもしれないが、人生五十年といわれた当時なら、特に早世でもないだろう。

当時は、大名などの地位の高い人が亡くなると、そのごく近しい側近たちは殉死するという風習があった。殉死といっても、要するに死ぬのだから、そんなの嫌だというのは今の感覚で、殉死するというのは大変名誉なことである、というのが当時の習慣であった。

なので、ごく近しい側近たちは、大名が病の床に就くと、世話をしつつ、大名から、死後殉死することの許可を得ようとする。すると大名は、側近のうち寵愛している者、親しい関係にある者には許可を与えたが、そうではない者、あるいは実務的に生き残って跡継ぎを支えてほしい者には、許可を与えなかった。

そうやって忠利から、明確に殉死を拒否された者として、阿部弥一右衛門通信がいた。弥一右衛門は側近として優秀で仕事ぶりは的確で忠利から信頼を得ていたが、弥一右衛門は忠利と相性がよくなく、どことなく嫌われていた。ただ周囲からは近しい側近の一人と見なされていた。

ともかく、忠利が亡くなると、とくに近い側近十八人が相次いで殉死した。忠利の後、息子として肥後藩を継いだ光尚は、殉死した側近十八人の家に、生前と同じ扶持を与えることを約束し、丁重に扱った。それが当時の習慣であった。殉死した側近の家族も、少なくとも表向きは、名誉なことと慶んだ。

なお、殉死というのは、予め介錯してもらう友人に頼んでおき、決まった日時に馴染みのお寺に行き、そこで切腹し、介錯してもらう。そして、そのお寺で葬ってもらうというのがしきたりだった。

また、正式な殉死は大名からきちんと許可をえた者という決まりになっているものの、殉死した側近十八人のうちには、本当にきちんと許可を得たかどうか分からないものもいた。なにしろ、忠利も亡くなる数日前は人事不省で意識がなく、明確な意思表示をえることができなかった。なので、あの人なら確かに忠利様から許可を得たに違いないという思いこみで周囲から納得された者もいた。これも人徳であろうか。

さて、阿部弥一右衛門である。生前忠利から、お前は生きて藩に尽くせ、殉死することはならん、と命令されていたので、その命を守って、忠利が亡くなっても殉死の列には加わらなかった。

ところが世間というのは酷薄なもので、弥一右衛門はあれほどの側近だったのにまだ生きているぞ。どうも命が惜しいらしい。意気地なしめ、みたいな悪口の風評が耳に入ってくる。本人は、もともと殉死するつもりだったのに許されず、仕方なく肥後藩にこの身を捧げて尽くそうと思っているのになんたる言いざま、と怒りの気持ちが高ぶって、ついに勝手に殉死することとした。そして、死ぬ前に息子たちを集め、儂が死んだら世間はいろいろややこしいことを言うかもしれないし、艱難もあるかもしれないが、兄弟が結束してことに当たれ、といい遺した。

が、弥一右衛門の死後、阿部一族に対する取扱いは大変不合理なものだった。すなわち、当主が殉死すると、当時の風習では、跡取りが生前の扶持を継ぐものであるが、肥後藩の大目付役の林外記は、阿部一族に対して含むところがあったか、勝手に殉死したのだから正統な殉死ではないとして、弥一右衛門の兄弟の間で扶持を均等割りした。これは、弥一右衛門の長男、権兵衛だけでなく、阿部一族に対する大変な侮辱だった。もとより、最初の十八人の殉死者の中にも勝手に殉死した者はいたのであり、しかしそれはきちんと忠利の跡取りの光尚に追認された。してみると、阿部一族は、なにかと細川家とそりが悪かったのだろうか。

そして、忠利の一周忌がきた。もと側近の一人として、阿部権兵衛も列席した。しかし権兵衛は、焼香の番が来ると、自分の髷を切って位牌に添えた。極めて異例の行為で周囲は驚いて、権兵衛を拘留した。権兵衛としては、父の殉死に対して阿部家があのような扱いを受けては、最早武士たりえない、という懸命の訴えであった。

阿部家の市太夫は、伝手を介して懸命に権兵衛の釈放を請うたが、容れられず、ついに権兵衛は、縛り首となった。それを聞いて阿部一族は激怒した。切腹ならまだしも、盗人と同じ扱いの縛り首とは、と。

屋敷に結束した阿部一族は、盛大な酒宴をして盛り上がった。酒宴が終わると、老人と女はみな自害し、子供達は刺殺された。死体は予め掘ってあった穴に投げ込まれ、荼毘に付された。そして、屈強の男たちだけが阿部一族に残った。残った男たちは槍や刀を集め、来る闘いに備えた。

その様子を知った光尚は、阿部一族討伐の部隊を組織した。その討伐の部隊の指名された者に、竹内数馬がいた。竹内数馬を指名したのは林外記である。実は竹内数馬も、殉死を許されなかったことで不満をもつ一人で、この機会に是非とも討ち死にしようと決心した。

竹内数馬は、阿部家屋敷の表門から攻め入るという名誉を得た。裏門が、高橋権右衛門である。結局、竹内数馬は決意どおりに討ち死にし、阿部一族は玉砕した。高橋権右衛門は生き残って、光尚に戦闘の報告をした。一番の武功は、阿部家の隣家であり、阿部一族と親しい関係にもあった、槍の名手、柄本又七郎だった。親しい隣人を槍で刺殺するのはなにかと複雑な思いであったろう。

ともかく、ちょっとしたボタンを掛け違いのようなことから、大きな悲劇につながったのが阿部一族の事件であるが、いかにも肥後もっこすらしいともいえる。私は自分が軟弱なだけに一層、こういう武士魂に憧れたりする。

日本棋院のホームページで、以下のようなアナウンスをみて、ええっ、と驚いた。以下引用する。

株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、今年3月に始動した世界トップレベルの囲碁AIの開発を目指す日本発のプロジェクト「DeepZenGoプロジェクト」の進捗状況および今後の展開について、以下の通り発表しました。
公益財団法人日本棋院(東京都千代田区、理事長: 團宏明)では今回のプロジェクトに協力しております。
同プロジェクトが手掛けるコンピュータ囲碁ソフト『DeepZenGo』において、開発着手から約半年後の9月時点で、棋力の指標となるレーティングが2400~2500から3000(※)へと大幅に向上し、プロ棋士と対局できるレベルに達しました。
これを受け、囲碁AIと人間の対局「第2回囲碁電王戦」を11月19日(土)・20日(日)・23日(水・祝)に開催することを決定。DeepZenGoがプロ棋士の趙治勲名誉名人とハンデなしの互先で三番勝負を行います。DeepZenGoは対局直前まで開発を続けて棋力向上を図り、トップ棋士との真剣勝負に挑みます。
なお、全対局の模様は、「ニコニコ生放送」にて完全中継されます。また、この対局は、日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

ええっ、と驚いた理由は、今年の3月23日に第4回電聖戦でZenが、三子で小林名誉棋聖に勝ったばかりで、あれからまだ7ヶ月しかたっておらず、それでいてもうプロ棋士と互先なのか、ということである。

ただ、驚きも中くらいなのは、言わずと知れたAlphaGo対イ・セドル今年の3月9日から3月15日かけてあったからで、その後の第4回電聖戦は、ウオッカの後でビールを飲むようないまいち間の抜けたものだったかもしれない。

別の側面の疑問は、プロ棋士に互先とかいうDeepZenGoは、普通にパソコンで動作するのだろうかということである。私がもっている囲碁ソフト天頂の囲碁6が確か、小林名誉棋聖に三子で勝ったZenと同じ思考エンジンのはずで、それは普通のパソコンで動く。

一方AlphaGoのプラットフォームは、コンピュータサイエンスの専門家が駆使するようなハイエンドで、IT企業や大学でないと使えないようなものだった。もしDeepZenGoが普通にパソコンで動いて、製品化されるなら、プロ棋士もアマチュア棋士もこぞって買い、たちまち囲碁界を席巻するだろう。すると囲碁界でも、そのうちにスマホにも搭載されて、いま将棋界を騒がせているような問題が起きえるが、囲碁のプロ棋士は、将棋連盟の失態を他山の石として流石に同じ轍は踏まないだろう。

ただ、DeepZenGoがもし普通のPCベースだとすると、どうしてもAlphaGoのような棋力は発揮しえず、趙治勲名誉名人に少し厚いのではないだろうか。なにしろ趙治勲は還暦とはいえ意気盛んで、ばりばりのトッププロの一人である。

ということで、いろいろな面で注目なのだった。私の別の懸念は、「ニコニコ生放送」で観戦しようとしたらまた、人数が多すぎるので追い出されるのだろうな、ということである。だったら、プレミアム会員になれっちゅうに。

SRO Ⅲ

user-pic
0

富樫倫太郎のSROシリーズが面白いので、つい「SRO Ⅲ」も読むことにした。すると、ストーリーは、「ドクター」の主犯たる、近藤房子の取り調べのシーンから始まった。その取り調べは、東京拘置所で検事によって行われている。

しかし、近藤房子は、黙秘するか関係ないことを雑談するかで、全く肝心なことをしゃべらないので、全く進展しない。さまざまな証人の証言があるので公判を維持できるかもしれないが、なにしろ近藤房子は未発見の多くの殺人事件に関与している疑いがあり、少しでも自白してもらいたいと検察は思っている。

そんなとき、近藤房子は、SROの山根室長と会えたら自白してもいいと漏らしていた。それを聞いて検察は、近藤房子を東京地検に護送することになった。そこで山根室長が取り調べに関与するということである。

ところが、何者かが護送経路を事前に知り、その経路で意図的に交通事故を起こして混乱させた。そしてその混乱に乗じて近藤房子を逃がした。その何者とは氷室舜一と、桐野宗介の二人。ふたりはオレオレ詐欺などの知能犯罪に身を染めて、巨額の資金を蓄積した。氷室は、今までは人生が順調だったが、独特の風水理論によって、こんな幸運は続かないと知っていた。そこで近藤房子の身柄を奪うことで、近藤房子の悪人的強運を手に入れようとしたのだった。

しかし、氷室は、近藤房子を甘くみていた。すなわち、近藤房子の逃亡に手を貸すことは、地獄から悪魔を呼び寄せるに等しいことだった。

早速その災いが、氷室と桐野に襲いかかった。それは、氷室が近藤房子を逃亡させるために実行した計画が、犯罪仲間のシマを荒らすことにつながり、結果的に商売の邪魔をすることになってしまったからである。

追い詰められた氷室と桐野に、近藤房子がキラークイーンぶりを発揮して、奸計を授けた。ところが結果的に氷室と桐野は、犯罪仲間から一層逃げ回るよりなくなった。

もちろん近藤房子と、氷室と桐野は、犯罪仲間のギャングだけでなく、警察からも必死で追求されている。絶体絶命である。

そんな氷室と桐野の混乱をものともせず、キラークイーンは、行きがけの駄賃のように、SROのメンバーに痛烈な復讐のパンチを浴びせ、流石のSROのメンバーも這う這うの体となった。

ここからはストーリーの佳境なので記述を省略するが、私は近藤房子のキャラクタをみていて、ジェフリー・ディーヴァーのスリーピング・ドールに出てくるカルトの首領、ダニエル・ペルを彷彿とさせた。

すなわち、厳重な警備なのに不思議に留置所を脱走し、捕まりそうになっても悪運で紙一重で捕まらない。こういうのは所詮小説だと思われるかもしれないが、現実世界でもヒットラーは、何度も、暗殺計画をまるで超能力を駆使するかのように逃れたのだった。

それを私は、ある種の悪人たちは、地獄から幸運を前借できるのだと思った。しかし、かなり選ばれた悪人たちに限られ、近藤房子はそういう幸運のローンを受ける資格を認定され、氷室達中途半端な悪人はそうではない。そこに地獄のde-qualification(反資格認定)があると思われるのだが、常人にはそれは窺い知れない。

それにしても、「SRO」は、逢坂剛の百舌シリーズに匹敵する面白さだと感じる次第である。

山椒魚

user-pic
0

古書店で、井伏鱒二の「山椒魚・遥拝隊長 他七篇」岩波文庫というのをみかけたとき、とりあえず買ったのは、私のブログにコメントを下さる山椒魚さんのことをある程度意識したのかもしれない。

そこでまず、「山椒魚」を読み始めた。すると、自分の棲家の岩屋で成長しすぎて、外に出れなくなった山椒魚の話らしい。岩屋は、出入り口の穴の直径があまり大きくないのだろう。

山椒魚は、出ようと思っても頭が穴につっかえて外に出れないことを大変悲しんだ。ただ、嘆き続けていても仕方ないので、穴から外を眺めることにした。すると、外をメダカたちが気持ちよさそうに泳いでいる。

ある夜、小エビがうっかり山椒魚の住まいに入り込んできて、山椒魚の横腹に卵を産み付けた。どうも山椒魚を岩かなにかだと勘違いしたらしい。それで急に山椒魚は情けなくなって猛然と岩屋から出ようとしたが、結局どうしても出ることができなかった。

次第に山椒魚は、我慢できないで精神的に変調をきたしてきた。そして岩屋に迷い込んできた蛙を悪意で外に出れないようにした。そして山椒魚と蛙は互いに罵りあった。とうとう、蛙は空腹のあまり参ってしまったようなのだが、意外にも山椒魚のことは恨んでいないらしい。

というストーリーなのだが、私は読後困ってしまった。なぜなら、話の落としどころがどうしても分からないのである。私が読んだ芥川龍之介や森鴎外のいくつかの短編はあまりにも豊富な語彙にやや理解に苦しむことはあったが、ストーリーの起承転結にはきちんとついていけていた。

ところがこの、井伏鱒二の代表作の一つであるという「山椒魚」は、どういう趣旨の寓話なのかどうしても理解できず、自分が岩屋に幽閉された山椒魚になってような気にちょっとなったのだった。

そこで、岩屋から脱出した山椒魚のつもりになって、次の「鯉」という短編を読んでみた。それは作者が、青木南八という友人からもらった白い鯉を下宿の池に放って、引っ越す度に、その白い鯉を釣り上げて洗面器に入れて連れていった。そうして鯉は転々としてついには早稲田のプールに放たれた、という話だが、これを読んで私は、主人公が人間であって山椒魚ではないので、少しだけシュールな世界に共感できたような気がした。

SRO Ⅱ

user-pic
0

アマチュア将棋指しの、文字どうり端くれである私は、将棋で負けた数はそれこそ星の数ほどあるが、意外に負けず嫌いの私は、本当は自分の方が強いとか、ああすれば勝ちだったとか、なかなか素直に負けを認めようとしない。

しかし、どんなに強がりを言おうと、圧倒的な才能の差を思い知るという機会も少なくない。大阪にいるときもそうだったが、東京に出てくるとそういう機会がさらに増えた。そういう才能負けのパターンには大きく分けて二つあり、その一つは、どんどん攻められてまったくいいところなく負けるというものであり、もう一つは、なんかこちらの言い分も聞いてもらえて、あまり手ごたえがないのだが、そのまま終盤になって、なぜかどうしても一手たらないというものである。

そして、あとで堪えるというか、絶対に勝てない気になるのは後者の負け方である。私が先日読んだ、富樫倫太郎の「SRO警視庁広域捜査専任特別調査室」中公文庫という本は後者かもしれない。というのは、読み始めていきなりぐいっと引き込まれるということもなく、淡々と読んでいるうちに、次第に面白くなってくる、というものだからである。

そして「SRO警視庁広域捜査専任特別調査室」を読んでしばらくして、「SRO Ⅱ」中公文庫も読むことにした。なおこれは、「死の天使」という副題をもつ。

一応解決したとはいえ、前の「ドクター」の事件の不手際のせいで、ほとんど懲戒免職に近い扱いになったSROのメンバーは、警視庁内の特別調査室から一歩も出てはいけない、と刑事部長から命じられた。それで仕方なく、全国から寄せられる投書を読んでいた。

そんな投書の中に、栃木県の下野東方病院というところに勤務していて辞めさせられたある看護師からの投書があった。それは、周囲で患者の不審な死が多いというものだった。

それでSROの室長の山根と、その部下の川久保は、看護協会というところに、何か苦情が上がっていないか聞きに行ったら、調査課の亀井という元看護師が対応してくれた。

さらに山根と川久保は、下野東方病院の管轄である鹿沼警察署を訪ねて、その足で下野東方病院に行ってみるとともに、投書した看護師にも会って話した。しかし流石に刑事事件の匂いまではしなかった。ただ、なにか怪しいという直観は残った。

なので、その後も聞き込みを続けようとしたのだが、鹿沼警察署を訪ねたことが刑事部長にばれてしまい、それ以上の捜査活動を実質的に禁止されてしまった。

そのとき看護協会の亀井が、痔の治療の名目で下野東方病院に潜入入院したことを山根が知り、奥の手として、SROのメンバーで、もともとかなり健康的に問題がある、富田をやはり治療目的で下野東方病院に潜入されることにした。それは看護学校で亀井の後輩で、いまは下野東方病院の看護部長をしている伊藤の協力によるものだった。伊藤はその立場から、病院内の怪しい傾向を感じていた。すなわち、末期の患者が、唐突に院内感染で亡くなるのである。そのような事例があまりにも多い。まるで都市伝説のように、それは院内の「死の天使」のせいだと噂されていた。

ところが、「死の天使」は本当にいたのである。下野東方病院の医師で要職にある人物が、その宗教的信念に基づき、癌の末期などで助かりそうにない患者の要望を聞いて、あの世に送ってあげる。その手口は、多剤耐性菌などを密かに体に注入して感染させる。すると癌などで弱った体は、感染症で多臓器不全を起こし、亡くなってしまう。もともと癌と言っても実質的にはその死因はほとんどが多臓器不全といわれたりしているので、表面的には死因が問題であるとは分からない。死後厳密に調べれば露見するかもしれないが、なにしろ病院を仕切っている管理職の立場なので、そういうことの隠蔽はなんとかできる。

これは広い意味では安楽死なので、どれだけ倫理的に問題かは議論が分かれるところで、米国では医師による安楽死が合法的である州もある。しかし、日本の刑法では、安楽死は違法は免れない。

ともかく、看護協会の亀井と、SROの富田が病院に潜入入院してきたことで焦り、「死の天使」は、常軌を逸した行動に出てきた。なんと、亀井や富田に、危害を加えることを意図してきたのである。

それでSROの尾形、針谷、川久保の三人は、富田と連絡がつかなくなったことを危惧して急遽下野東方病院に駆けつけてきたのだが、果たして間に合うだろうか。

以下はストーリーのコアなので省略するが、それにしても「死の天使」の神の名を借りた発言を、中世の異端審問官だと指摘したSROのメンバーの指摘はなかなか深いと思った。アウシュビッツ収容所のヘス所長の印象にも通じる。

なお、この小説のテーマは、螺鈿迷宮とも通じるものがあり、医学倫理的に本質的なもののひとつである。

ともかくSROシリーズは、なかなか読ませる。私にとって最近の掘り出し物である。

私は去年の1月に車を買い替えて、ハイブリッド車にした。なにしろ買い替えたのは12年ぶりなので、その間の技術革新により、随分乗り心地が快適になったが、そういうヒューマン・インターフェースも然ることながら、なんと言っても一番ありがたいのは燃費である。

すなわち、以前はどうみても1ヶ月に5000円くらいガソリン代がかかっていたのに、今ではそもそも2ヶ月に3000円くらいしかガソリン代がかかっていなような気がする。

私の勘違いもあるかもしれないので、流石に燃費が三分の一ということはないと思うのだが、どう贔屓目にみても燃費は半分以下であり、しかも最近行きかう車をみていると、ほとんどが静かなモーターの唸り音がしていて、どうもハイブリッド車らしい。するともしかしてガソリンスタンドの売り上げは以前の半分近くまで下がっているということがありえるね、と思っていたが、それでも私の行きつけのガソリンスタンドは、ちゃんと営業していて、きっと凄まじい経営合理化で生き残っているんだな、と密かに感心していた。

ところが、先月だったか、行きつけのガソリンスタンドに行ってみると、なんとブルドーザが作業していて、ガソリンスタンドは跡形もない。それをみてあちゃー、ついにここも潰れてしまったかとがっかりして仕方なく、ちょっとだけ遠いが以前によく行っていた別のガソリンスタンドにいってみた。すると、そこにはほとんど従業員はおらず、セルフのガソリンスタンドになってしまっていた。

私は、溝の口のラビリンスにも書いたように、何をやっても不器用で、なのでセルフのガソリンスタンドというのもなんかついうっかりガソリンをこぼしてしまいそうで、好きではない。しかし、近くに別のガソリンスタンドのあてもないので、仕方なく、案内板の操作指示に従い自分でガソリンを車に入れたが、どうもおっかなびっくりだった。

それにしても、例えばラーメン屋があって、一日百杯売れていたのが、何かの理由で五十杯に下がってしまったとしよう。すると売上は激減で、普通では経営は維持できない。ガソリンスタンドも同様で、売上が仮に半分になってしまったら、セルフ化くらいではおっつかず、結局ガソリンスタンドは閉鎖するよりない。

それで困るのはドライバたちである。すなわち、ちょっと車に給油しようとしても、なかなか近場にガソリンスタンドはない。ええと、たしかあそこにあったよね、と車で行ってみると、私が経験したようにガソリンスタンドは既に閉鎖になっていたりする。

それを防ぐには、ガソリンスタンドが利益が上がるようにしなくてはならないが、ガソリンの単価を勝手に値上げるわけにもいかず、まあ強いていうと救いは、ガソリンスタンドの数が減ったので、以前よりは利用客が少しは増えることは期待できるだろうか。すると確実に需要はあるので、ガソリンスタンドの数の減少はどこかで下げ止まるということになる。

あとは副業として、コンビニを併設するか。私としてはむしろ、近くのコンビニにガソリンスタンドを併設してほしいのだが、おそらく消防法かなにかで、あまり民家に近いところではガソリンスタンドを設置できないという規則があったような気がする。

それ以外には、ガソリンの宅配というのは駄目だろうか。すなわち電話すると、すなわち小型のタンクローリーみたいなのが自宅にやってきて、ガレージにある車に給油する。しかし、これが安いコストで済むとは思えず、あまりいいアイデアではないようである。

そういえば、たまたま車で有人?ガソリン・スタンドのそばを通ったら、ガソリンの値段がリッターあたり、セルフよりも5円も高かった。これはいくらなんでもセルフに行く。

ということでガソリンスタンドには厳しい日々が続くが、確実にガソリンの需要はあるので、月並みであるが、経営努力を続けて頑張ってほしいものである。

予想に反して、期待に反して、米国大統領選はトランプ氏が勝利したが、私は今年の4月くらいから米国大統領選のヒラリーの勝利を疑ったことがなかった。その理由は、当時、ベンジャミン・フルフォードが次期大統領はヒラリーだと宣言していたからである。

ええっ、お前はベンジャミン・フルフォードがいうことを額面どおりに信じるのかと言われると私も困るのだが、私は少なくともベンジャミン・フルフォードが9・11疑惑について書いていた本を読んで、ベンジャミン・フルフォードのファンになった。

しかし、次期大統領がヒラリーだと信じたのはそれだけではない。ヒラリーの対抗馬のトランプが、わざと失笑を買うような、道化を演じていたからであり、それをみて私は、ああトランプは、ヒラリーを大統領にするための当て馬、あるいは道化にすぎないとみくびった。

私がベンジャミン・フルフォードの言説を信じた他の理由に、クライシス・アクターのことがある。すなわち、こちらに書いたTIMEの記事は、クライシス・アクターの存在を隠喩的に私に訴えるもので、フルフォードの妥当性を感じさせた。

そうやって形勢を楽観していたので、TIMEに取り上げられるヒラリーのメール問題、ヒラリーの悲劇のヒロイン性、ヒラリーのinherentな不人気の記事もいまいち真面目に読まなかった。まったく、私が何百回、いや何千回と繰り返した、形勢の楽観による大局観の誤りである。

流石に私も、終盤トランプの人気が高まってきたのは分かっていたが、メディアはヒラリーの優勢を予想していたし、米国発の女性大統領が登場するのは間違いないと確信していた。

まあでも、トランプが大統領に決まってしまった以上、改めて米国の状況を勉強するよりない。さしあたっては、次のTIMEを精読することにしよう。日本の新聞記事より一歩踏み込んでいるので。

攻めること

user-pic
0

攻撃は最大の防御という諺があるが、本当にそうか、と思う。まあ確かに将棋において、「攻撃は最大の防御」というニュアンスが分らないでもない。なぜなら、例えば相矢倉で、一方的に攻めていたら、相手は受け一方になり、こちらが攻めつぶして自陣手つかずという将棋はそんなに少なくないからである。

しかし、いつも将棋というものはそうだと思っていたら大間違いである。いい気になって攻めていたら、受け切られてどうしようもなくなることも少なくない。そういう場合、攻撃は最大の防御どころか、攻撃は最大の敗因になってしまう。

なので、特に大山十五世名人の将棋をみていると、攻撃は最大の防御というよりも、防御は最大の攻撃なのではないかと思う。そういう場合、攻めというよりも責めに近い。

もっというと、一般的に攻めは確実にリソースを激しく消耗する。ボクシングなどで打ち疲れなどという。受ける側は、攻める方が疲れ果てるのを待てばよい。

私の経験でいうと、外資系にいたころの最後の方で、仲間と協働して、駄目な上司を追い詰めて責任を取らせようとしたことがあったが、そのとき、攻めるというか、責めることがリソースや運気を激しく消耗することだと知った。

特に組織内で相手の方が権限が強いと、一層責める方は苦しくなる。酔っ払い事件は、上司を吊し上げた一週間後のことであり、責めることで運気も体力のリソースも払底した状態で起きたのだった。

さて、前置きはこれくらいにして、そろそろ本当に言いたいことに移る。妥当な理由があったのかどうか今でも闇だが、渡辺竜王や久保九段等が三浦九段の挙動に疑義を発して、紆余曲折を経て三浦九段が竜王戦の挑戦権剥奪と意図しない休場という目に遭ったのは事実である。そしていくら渡辺竜王や久保九段等が否定しても、彼らが三浦九段を責めるきっかけをつくったという事実は流石になかったとはとてもいえない。

その結果どうなったか。久保九段は叡王戦で遅刻で不戦敗という前代未聞のミスをし、渡辺竜王は王将戦で久保九段と羽生三冠に負けて2敗を喫し、竜王戦でも丸山九段に1勝2敗と負け越している。連敗が少なく、安定した成績の渡辺竜王にしては珍しい不調だといえる。

そしてこれも、三浦九段を責めたことによる運気の低下である。別に三浦の呪いというわけではなくて、責めると運気が下がるという、勝負の普遍的性質である。もし渡辺竜王が、三浦さんすいません、私が曖昧な根拠で追求しすぎました、と口に出して言わなくてもよいが、内心で謙虚に反省しないと、このまズルズルと丸山九段に竜王を獲られてしまうだろう。

そういう運気の流れを見透かすかのように、11月7日に、三浦九段から改めて疑惑を否定する文書が提出された。その内容によると、三浦九段は独自に自分のスマホを然るべき会社で解析してもらい、ソフトの使用がなかったことを示唆する解析結果を得たという。

これがどれくらい信頼に足りるかはいまの段階では判断できないが、その文書の下記の部分は特に、三浦九段の心情が吐露されていると思われる。

出場停止処分を下されてから、毎日不安に押し潰されそうです。満足に眠ることすらできません。このような精神状態で、以前のように将棋を指すことができるか不安でなりません。私の棋士生命は、刻一刻と失われつつあります。私は棋士です。私には将棋しかないのです。どうか私から将棋を奪わないでください。

すなわち、三浦九段の出場停止処分を続けるかぎり、三浦九段が苦しむだけでなく、渡辺竜王の運気も下がり続け、結果的に喧嘩両成敗のようになって誰も得しない状態になるのではないかと私には思われる。

思うに、渡辺竜王の正解手は、三浦九段の行動に疑念をもってもそのまま竜王戦で三浦九段と指し続けることだった。そして、疑念は含みに残し、その利き筋で相手にプレッシャをかけ優位に立てばよいのである。すると竜王位も楽に防衛できたろう。それが万事丸く収まる好手だった。渡辺竜王が疑念を新聞社や週刊誌に漏らさなければ、新聞社や週刊誌独自に動くことはなかったと思われる。

多分であるが、地獄への道は善意、あるいは正義で舗装されている、みたいなニュアンスがあてはまる事例である。ここでいう正義とはもちろん、自分の直観を信じて、あいつはクロだと決めつけ、それに邁進したことである。

それでも渡辺竜王、♪今なら間に合う終列車♪なのでは。

左足の不調に書いたように、今年は初夏の頃から足痛に悩まされたが、特に足を酷使した記憶もないので、怪訝で仕方なかった。

ところが、左足のふくらはぎの痛みが癒えないうちに、今度は右足の関節が痛くなってきた。階段を上ると関節に負担がかかった。これは、関節に効くというグルコサンミンというサプリを摂るしかないのかと考えたが、私はサプリはもう飽和状態でいくらなんでも追加でサプリを摂る気はしない。

で、足の痛みに対処するのを一旦は諦めたのだが、そうやって他の体の箇所に注意を向けると、どうも口の中が気持ちが悪い。去年詰めたプラスチックのインレーの箇所が何箇所も取れて、食べ物が詰まる。それで歯を磨く度に歯間ブラシも駆使しているような気がする。

それでも歯の間の食べかすを除ききれなくて、仕方なく歯科を予約することにした。約一年ぶりである。

すると歯科医の先生がいうには、私は噛む力が強いのだという。そういえばいつも歯ぎしりしているような気がする。それで、プラスチックのインレーだと直ぐに壊れるので、金属の型を取って入れましょうかと先生がいうので、いえ、と断った。

金属の型は費用もかかるし歯科に通う回数も増える。ともかく私は早く歯科に通うのを終わりたいのである。で、私はインレーを将棋の囲いだと思うことにした。要するに、将棋のどんな囲いだって崩れるし、穴熊囲いだと思えば、はがれたらまた足せばいいのである。

なんか知らないうちに詰め物が取れた箇所は沢山あったみたいで、何回も通っているうちに私の口内の穴熊囲いは着々と修復されていった。そして、習慣のようにビールを飲む日だったが、ある日、歯科から帰ったあと疲れていたのか、ビールも飲まないで早く寝た。そして朝起きて、あらっと驚いた。数ヶ月に亘って悩まされた両足の痛みが嘘のように治っていた。

そういえば冷静に考えてみると、数週間前に、歯が悪いと全身に毒が回って、内臓などにも悪影響が出るとテレビ番組でみた。すると両足の痛みはどうも歯が原因だったと考えるのが正解かもしれない。なにしろ詰め物が欠けてきたのは今年の5月くらいで、あのあたりから歯の神経から体に毒が回り始めていたのだろう。そして酒を飲んだタイミングで肝臓が弱り、毒が足の神経に悪影響を与えたのだろう。道理で、なにも足を酷使したわけではないのに痛くなったはずである。

ということで、今度また足が痛くなったら、歯を疑うことにする。

私は、高橋昌一郎氏の理性の限界知性の限界などの著書を通じて氏のファンになり、また、本屋でみかけた「反オカルト論」光文社新書も、上記の著書に基づく氏に対する信頼感と、その最初に引用されていた東大数学科のパンフレットの記述からつい買ってしまったが、はてこの著書はどうだったか。

以下、高橋昌一郎氏を著者と呼ぶことにする。この本をざっと通してみると、いかにも反オカルト論のタイトルどうりに先ず、スピリチュアリズムを徹底的に批判というか、こき下ろすところから始まる。

すなわち、スピリチュアリズムは交霊会から始まったが、手品の名手が巧妙な手口で騙したもので、有名な物理学者もうっかり信じてしまったのだという。確かに私もスピリチュアリズムの初期にそういう不埒な例が沢山あったのを知っている。むしろ良心的なスピリチュアリストは、手品の関与する余地のある交霊会を忌避している。なので、シルバーバーチの霊訓などによると、高級霊がある人に憑依して、語らせるというかたちをとった。そして、憑依という現象の存在を信じるかどうかはともかくとして、高級霊の語る内容を聞き、各人の理性にまかせるというかたちをとった。すると、これはどう考えてもなにか罠にはめようというのではない。私はというと、シルバーバーチの霊訓の内容がすばらしく合理的なので信頼しているという次第である。ただ、シルバーバーチの霊訓を読んでいない人は、いったい何をいうのだと当惑するだろうが。

要するに著者は、きわめてレベルの低い事例を集めて、それをもってスピリチュアリズムの全体を否定しようとする。この論法はこの著書で極めて頻繁に用いられる。しかし、シルバーバーチなどのスピリチュアリズムの合理的側面について、知らないかあるいはわざと無視しようとする。私にはまともな論理学者のすることとは思えないのだが。

さて、この本ではSTAP細胞のスキャンダルや小保方さんのことが次に出てくる。そしてSTAP細胞のスキャンダルがオカルトに喩えられるのだが、私にはSTAP細胞のスキャンダルは、科学政治的な主題であって、オカルトとは違うと思うのだが。

なぜ唐突にSTAP細胞のスキャンダルに著者が言及するかというと、私の推察では、STAP細胞のスキャンダルは世論が確立されたスキャンダルであって、それを批判している分には誰からも叩かれることがないからである。しかし著者はオーバーランしてSTAP細胞そのものを否定しようとする。それも論理学者として「指しすぎ」だろう。なぜなら、STAP細胞のスキャンダルから言えることは、小保方さんがSTAP細胞を作製しなかっただろうということだけで、STAP細胞そのものがありえないということは科学的に示されない。

同様に著者は、常温核融合のスキャンダルに言及するが、どっこい常温核融合は最近の研究でリバイバルし、特許も出始めている。君、拙速な判断を下すことなかれ。

また、著者は青森のイタコをわずかな事例から否定しようとするが、どう考えてもなにか霊の交信がないと説明がつかない事例というのを聞いたことがある。なのでこれも、正しいかどうかわからないというのが正解ではないだろうか。

さらに、著者は、東大医学部の矢作直樹さんを、なにか嘘つきだと批判している。そういう事例もあったのかもしれないが、救急救命医として日々に人の死に直面するうちになにかスピリチュアルな事象に出会ったというのが矢作さんがスピリチュアルに関心をもったきっかけらしくて、他の医師もその意見に同意する人も結構いるようである。著者はどうしてそういう職業的背景に言及しないのだろうか。

もっというと、著者は当然に西洋におけるプラトニズムとそれに続くネオプラトニズム、あるいは神秘主義の系譜を熟知しているだろう。そして、科学者なるものもそういう神秘主義から分派したものであるという解釈もなりたつのではないか。そして、現代物理学の先端のところと、スピリチュアリズムの類似性を感じる理論物理学者もいる。物理学者がスピリチュアリズムに与するのは手品師のインチキの交霊会に出席したせいとは限らないのである。

すると著者はさいごに言い訳のように、「最後にお断りしておきたいのは、私が「反オカルト論」を主張しているからといって、あらゆる神秘を否定しているわけではないのである。」と付け加える。そして、「自分の知る多くの科学者や研究者は、このような「神秘」に直面して自分が無知であることを認め、むしろ「神秘」に畏敬の念を抱いている。」という。なにか知り合いの研究者複数にアンケートでもしたのだろうか。なにか物差しがあって、まともな研究者とそうでない人をきちんと二分できるのだろうか。また、「あらゆる神秘を否定しているわけではないのである。」というとき、怪しい神秘とまっとうな神秘をきちんと区別できると思っているのだろうか。議論がナイーブすぎないか。例えば、世間では重力波の議論も、叩けば結構埃が出そうなのに、なし崩しに正しいことにされようとしている。

なのでこの著書は、私からみて、肉の脂身だけかき集めて、こんなもの脂ぎっていて食べられたものではないと文句いっているようにしか思えないのである。

それにしても、どうして私がかつて尊敬した高橋昌一郎氏がこんな粗い、粗すぎる論理の本を出すのだろうか。不思議で仕方ない。それそのものがオカルトだといっても過言ではあるまい。

電波時計に書いたように、ソーラー電波ウォッチを買ったのは丁度8年前のことである。

その後、電波時計の不調に書いたようなことはあったものの、採光に注意を払うようにして充電不足が起きないように留意したので、今に至るまで不具合らしい不具合には遭わないできた。

ところが先日、知り合いと飲んでいるとき、おっと店に入って何時間たったかなと腕時計をみたら、ガーンとなってしまった。なんと腕時計の秒針の動きが止まって、ディジタル表示も消えている。ちょっとショックだったが、携帯をみて時間を調べた。また、いちいちここで腕時計の不具合に言及するのもどうかと知り合いには黙っておいた。

そして、飲み会が終わって知り合いと別れてから、まあ買って8年もたつのだから、そろそろ買い替えてもいいよねと思いつつ、いろいろいじっているうちに、なぜか動き出したのだが、長針と短針のアナログ表示とディジタル表示が完全に狂ってしまっている。ディジタル表示の方は、電波受信で正しくセットできるのだが、その表示にアナログ表示が全く対応してくれないのである。

そこで、次の朝起きて、私が使っているQ&Qというソーラー電波ウォッチのマニュアルをみてみたが、手動でアナログ表示とディジタル表示を合せる方法が書かれていない。だいいち、ディジタル表示は完全に正しいのだから、それにあわせてアナログ表示が合ってくれればそれでいいのであって、手動でアナログ表示をあわせなくてはならないなんて、意味がわからない。

そういえば思い出した。今使っているソーラー電波ウォッチを買ったのは、自宅の近くのホームセンターだった。で、ディジタル人間である私は当然にディジタル表示のソーラー電波ウォッチを買うつもりだったのだが、時計売り場は申し訳程度にあるだけなので、アナログ表示とディジタル表示併用、またはアナログ表示のみのソーラー電波ウォッチが置かれておらず、仕方なくアナログ表示とディジタル表示併用のを買ったという次第である。

で、決心したのは、この機会に完全ディジタル表示のソーラー電波ウォッチに買い替えることである。そもそも、ウェブで調べても、完全ディジタル表示のソーラー電波ウォッチの方がアナログ表示をもつソーラー電波ウォッチよりも3割方安い。それも当然で、アナログ表示だと、針を駆動するのにステップモーターを内蔵しておかなくてはならない。しかも電波を受信して時間をあわせるために、わざわざ針を一周させたりする。

ただ、世間一般では腕時計というものはアナログが普通ということになっているようで、コンピュータ好きの私の知り合いも、腕時計にディジタルはちょっと、という。安物感というか玩具感が漂うのかもしれない。

ええ、いいですよ、いいですよ、どうせ私は小学校で習った時計の見方もしらないので長針と短針で時間が分らないですよ(まあ、流石にそんなことはないが)、どうせ私はディジタル人間ですよ、アスペですよ、安物買いの銭失いですよ、と必要以上にいじけるのは、次第に私も老害人間になってきている、ということだろう。

でもともかく、ヨドバシカメニラのウオッチ・コーナーにいって、完全ディジタル表示のソーラー電波ウォッチをみていると、ローエンドの6000円クラスのものはベルトがプラスチックだし、なんとなく安っぽい。係員に聞くと、プラスチックのベルトはやや耐用年数が劣るという。それは販売戦略だったのかもしれないが、あまり早目にベルトに亀裂が入ってもなあと思い直して、結局、15000円クラスのカシオのG-SHOCKというのを買った。カシオのG-SHOCKは売れ筋の一つで、衝撃や海水にも強いなど、スポーツマン、登山家、冒険家にも適する豊富なモデルが揃っており、私のような非スポーツマン、非登山者で、1Gの世界にしか生きていない者が携えるのはまるで、駒の動かし方さえおぼつかない将棋の初心者が柘植の彫り駒を使うようなものだと思ったが、ともかくデザインが格好いいので、嬉しくなった次第である。

ある休日、散歩がてら新刊本屋に入って、新書コーナーを眺めていると、高橋昌一郎「反オカルト論」光文社新書というのを見かけた。

一応自称スピリチュアリストである私は、またスピリチュアリズムを批判するのだなと苦笑いしたが、もちろんそういう記載もあるが、知性があるはずの学者でさえなぜ騙されるのか不正を行うのかという倫理的側面にも言及しているので、面白そうなのでとりあえず買ってみた。

すると、その最初の方に東大理学部数学科の進学ガイドブックの文章が掲載されていたので、孫引きであるが、以下引用させて戴く。

東京大学理学部数学科
「数学科に進学することは人生の多くのものを諦めるということである。言わずと知れた東大数学科の院試の難しさ、就職率の悪さ、学生間の関係の希薄さは言うまでもないが、加えて人間的な余裕も諦めなくてはならない。数学の抽象度は日ごとに増し、数学科生は日夜数学のことを考えながら生きていくことを強いられる。某教授に言わせれば、『数学を考えようと思っているうちは二流である。無意識の夢の中でも考えられるようになって初めて一流である。』だそう。そのような生活の果てにあるのは疲れ切った頭脳と荒廃した精神のみである」

数学に関して、所詮アマチュアの好事家にすぎない私は、この文章を読んで、う~ん、数学を究めるって本当に大変なんだ、と唸るよりない。そもそも東大理Iで入試を突破するだけでも私からみるとはるかな高嶺の花なのだが、そこから進振りで数学科に進むというのはかなり大変そうである。ただ、ちょっと東大進振りのサイトをみると、最近では数学科より物理学科の方が点数が高いこともあるみたいである。これはきっと最近のノーベル賞受賞の影響なのかもしれない。

ただ、物理学科には実験系があり、いわゆる数理的才能以外の才能も駆使できる。純粋悟性だけで勝負しなくてはならない数学は、大学院に進学してそこで学会的に意味がある論文を書くというのは本当に大変そうである。同様のことは物理学科の理論物理にもいえる。

そこで独断と偏見だが、東大の数学科や物理学科の理論物理コースを卒業して大学院に進学し、独創的な理論で学会に独自の地位を築けるような人を、東大の中の東大と呼びたい。例えば、数学では数論の加藤和也氏、物理では立川裕二氏などである。

そういう人は他にも沢山いらっしゃるに違いないのだが、私の知識不足で他の人達をうまく挙げられない。ともかく、数物系で卓越した才能を発揮するというのは、単なる入試的秀才では無理で、公務員試験や司法試験とはまったく質と成功の歩留りが違うと思われる。

それでいて、卓越した数学の才能があっても、かならずしも地位や高い給与などの現世的利得に恵まれるわけではなく、むしろ数学を勉強し過ぎたことによる性格の偏りから世間から疎外されることもあるかもしれないので、上記パンフレットにあるように、数学科に来るなら心せられよ、と警鐘を発するのだろう。

ただ、パンフレットにはあえて書かれていないが、数学科に進学しても妥協する手はいくらでもある。例えば、情報科学、経済学、金融工学、アクチュアリなどに鞍替えする、などで、数学とは別の才能だと思うが、コンピュータ・プログラマになる手もある。そこでは、数学プロパーなひとたちから尊敬されないかもしれないが、やはり数学科で鍛えた数学力は他分野で威力を発揮するだろう。特にAIやビッグデータなどの統計解析などである。

よってあのパンフレットは、そういう社会的に成功しやすい支流に流れないで、困難な数学の本流で成功してほしいという切なる願いでもあるのだろう。私としても、アルファ碁を開発したような天才人工知能学者もあらまほしであるが、やはり日本に世界的な数論学者、代数幾何学者、微分幾何学者、作用素環論学者等がもっといてほしいと思う。

朝日新聞のホームページをみて、ついに来るべきものがきたことを知った。以下引用する。

第41期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第7局は3日、甲府市の常磐ホテルで2日目が打ち継がれ、午後6時59分、挑戦者の高尾紳路九段(40)が七冠の井山裕太名人(27)に251手までで白番2目半勝ち。高尾九段は4勝3敗でシリーズを制し、10期ぶりに名人に返り咲いた。井山名人は4連覇を逃した。

実はこの対局の事前の高尾九段のブログをみて、以下のように随分弱気な発言だったので、流れからして井山が勝つと思っていたのだが。

3連勝後、3連敗となりましたが
最終局まで行けただけでも儲けもの(?)と思い、
力の限りを尽くして、頑張りたいと思います。

まあ、勝負師がわざと弱気な発言をしたときほど気合いが入っているというのがこの世界なのだが。

さて、七冠崩壊の危機に書いたように、羽生の七冠は167日続いたのだが、井山はどうだろうか。改めて計算してみると、井山の場合は198日で井山の方が長い。ちなみに、私は七冠崩壊の危機で10月5日までの七冠の期間を133日と計算したが、それは単純な計算ミスで、その段階まででも既に169日で羽生より長い。

それにしても、井山、三連勝の最後で、

ともかく目標は、井山名人位防衛、カープ日本シリーズ制覇、そして三浦九段無事復帰である。それがすべて果たされたら、♪その日にゃ泣こうぜ、うれし泣き。♪
と書いたのだが、最初の2つがあっさり潰えて、うれし泣きが、悔し泣きになってしまったのだった。

それにしても三つ目の「三浦九段無事復帰」はどうなるのだろう。そもそも復帰できたとしても、それが「無事」復帰なのかどうか誰にも分からないのであった。

悪人

user-pic
0

吉田修一は、怒りを読んでなかなか面白かったので、その後古書店で、「悪人」上下二巻、朝日文庫をみつけたとき、迷わず買った。

ただ、なんとなく惰性で数ヶ月放置し、やっと読み始めてみると、評判どおり面白いのだが、その面白さというのは果たして普遍的なのだろうかとつい苦笑してしまった。というのは、記述に、私が大学に入ったころ下宿していた福岡市南区や大学教養部の近くの大濠公園などでてきて、つい懐かしさにまみれてしまったからである。

さて、この小説のストーリーの骨子は、長崎市の郊外に住む土木作業員、清水祐一が、福岡市に住む保険の外交員、石橋佳乃を殺害して遺棄したという事件である。

その石橋佳乃であるが、決して清純とか真面目というわけでなく、積極的に出会いサイトにログインし、男を漁っていた。そしてホテルで男と関係をもち金員を受け取っていた、というのだから、かなり際どいことをしていた、ということになる。

その佳乃は、同じ保険会社に勤務する沙理と眞子という仲間がいて、当然に男の噂もするのだが、その話題の中心は、大学生の増尾圭吾で、イケメンで多くの女性の憧れだった。そんな増尾に佳乃は、一度だけメールをもらったことがあるのだが、付き合ったことはない。しかし、見栄っ張りの佳乃は、増尾と付き合っていると沙理と眞子に言いふらしていた。

そこで登場するのが、上記した清水祐一。出会い系サイトを通じて一度だけホテルに行き、佳乃と関係をもったのだが、祐一はあまりにも地味で田舎者くさい垢抜けない性格で、その後佳乃とは会ってもらえないでいた。

しかし、佳乃は一度だけ祐一会う理由があった。それは前回の「支払い」を受けていなかったので、払ってくれるよう頼む必要があったのである。

実は、佳乃の身に悲劇が起きたのは、佳乃と、増尾と、祐一の三人が交錯する場面がたまたま生じてしまったからである。そこでこの三人がある経緯から、幽霊が出るという噂がある淋しいところにある三瀬峠に行き、そこで、紆余曲折をへて祐一が佳乃を殺してしまったのは確かである。しかし、増尾もかなり後ろめたい行動を採ったので、増尾はこの事件のあとしばらく雲隠れし、そのことが増尾の嫌疑を深めた。

ともかく祐一は事件の後実家に帰ってきたのだが、真面目で思い詰める性格の祐一は、事件のことが気になって仕方がない。まあ当然である。

ところで祐一はとても不器用で純粋な男なのであって、ファッションヘルスにいた金子美穂という女性に入れ込み、毎日のように通って、一緒に住もうと思い勝手にアパートまで借りていたのだが、そんな思い込みが負担になり、美穂はファッションヘルスを辞めて、祐一から姿をくらました。

祐一が女性に不器用でありつつ、その愛を渇望するのには理由があって、子供の頃母親に捨てられ、祖母に育てられてからである。なので一種人間不信が祐一にはある。

そんな祐一に、出会いサイトを通じて恋人ができた。呉服チェーンの店員をしている馬込光代である。祐一は会っていきなり光代をラブホテルに誘った。そこで断らなかった光代は何ほどか祐一との相性があるのだろう。というか光代もある意味愛に飢える女で、二人は互いを貪り合うように深い関係に陥っていった。

そうしていると増尾が警察に捕まり、それで警察に増尾が話した内容から、実は増尾は殺人犯でないことが判明してしまった。すると、いよいよい矛先が祐一に向かうのだが、あるきっかけで祐一は光代に、実は自分が殺人犯なのだと告白した。あまりにも大きすぎる衝撃。しかし、冷静にそれを受け止め、光代は祐一とともに警察に出頭しようとする。

ところが、土壇場で踵を返すよう祐一に提案したのも光代であって、二人はあてのない逃避行となった。

その間、小説には、様々な人のモノローグやインタビューなどが挿入される。すなわち、佳乃の友人たち、出会い系サイトで佳乃と付き合った塾の講師、増尾、増尾の一番の友人、鶴田。光代の妹。祐一の祖母。傷心に暮れる佳乃の両親。

光代は祐一を信じきっていたのだが、警察においつめられるうちに祐一が信じられない行動にでて、光代は当惑する。

そして、さまざまな登場人物の裏と表を投影して、勧善懲悪とは遠い落としどころでこの小説のストーリーは終わる。

う~ん、このはっきりしなさはなんなんだろう。多くの登場人物が個別に語るところはユージニアに似ているが、それにしても登場人物の人間性に、救いを見出していいのかそうでないのかさえ分からない。こういうのは、漱石のこころなど、純文学的問いにも通じるのだった。

あと蛇足だが、たまたまテレビで、島津亜矢の「帰らんちゃよか」という熊本弁の方言で歌う歌を聴いて、ふと涙ぐんでしまったのは、亡き両親を思い出したのもあるが、この小説を読んだせいもある。「悪人」は、私の九州時代の思い出を色濃く再生してくれたのだった。

何気なくグーグル検索していたら、下記のようなスポーツ報知の記事がヒットして、ええっ、と思ってしまった。ソクラテスの弁明とは全く趣旨が違う、渡辺竜王の弁明である。

日本将棋連盟は31日、所属棋士を対象とした報告会を開き、三浦弘行九段(42)のコンピューターソフト不正使用疑惑を議題として意見交換した。終了後、渡辺明竜王(32)=棋王=が取材に応じ、今回の問題について公の場で初めて言及した。
 10月12日に連盟から出場停止処分を受けた(12月31日まで)三浦九段は、挑戦者として同15日開幕の竜王戦7番勝負に出場することが決まっていた。複数の報道では、タイトル保持者として迎え撃つ立場だった渡辺竜王が自ら主導し、三浦九段の処分を連盟側に強く進言したと伝えられてきた。
 これに対し、当の渡辺竜王は「三浦さんを処分してほしいとは全く言っていないですし、ファンの皆さんや棋士の間にも本意とは違う形で間違って伝わってしまっています」を否定。また「(三浦九段を処分しないなら)竜王戦は指さない(出場しない)。タイトルを剥奪されても構わない」などと発言したとされることについても、事実ではないとした。

ええっ、と思った理由は沢山あるが、そのうちの一つは、三浦九段クロ説を色濃く説く週刊文春の10月27日号が出たとき、すかさず羽生三冠は、あの記事に載った自分の発言をやんわり否定したのに、渡辺竜王からは何一つコメントがなかった。あの記事の主役の一人は渡辺竜王なのだから、何もコメントがないということは、内容を追認していることになる。

当該文春の記事には、つぎのようにある。

「これは間違いなく"クロ"だ」
そう確信した渡辺竜王の苦悩はここから始まった。
(中略)
渡辺竜王は内部告発の覚悟を決めた。

この記事が出て渡辺竜王は何もコメントがなかったので、おそらくそれは渡辺竜王の認識とはあまり違わないのだろう。すると、内部告発の覚悟を決めたということは、literallyには、三浦さんを処分してほしいとは全く言っていないですよ、ということなのか。へぇ、である。

また、渡辺竜王は、自身のブログで10月22日に、以下のように書いている。

今回の件、遅かれ早かれこの話が世に出た時には今と同じを立場を取っていたと思います。(棋譜を調べた観点から)

一方、橋本八段のツイッターには10月30日に以下のコメントがあった。

当アカウント、及び@SHOGIBARアカウントは、主にSHOGIBARの宣伝を目的に5年程前に当時のスタッフに作ってもらったものです。 この2つのアカウントにつきましては、これまでのスタッフとともにアカウントを共有しており、私が呟いたものもあればそうでないものもあります。
私が三浦弘行九段の不正を断定した。という事実はありません。そもそも、私はこの件の取材を一切断っています。また、私が将棋連盟に対し、三浦弘行九段の処分を求めた、という事実もありません。そもそも、騒動後に私が将棋会館に行ったのは対局の日以外には一切ありません。

すると、前の橋本八段のツイッターの下記の内容は、彼のスタッフが勝手に書いたのだろう。

ファンには酷な知らせと思うが、個人的にも1億%クロだと思っている。
奴が除名になるかどうかは知らないけど、俺は二度と戦う気しない。
以前からソフト指し、モラル、カンニング、再三警鐘を鳴らしてきたつもりだが、
最悪の形になりただただ残念だ。
これでも潔白を信じるという人はどうぞご自由に。

ともかく、この件については、私はこれ以上のコメントを避けて、単に目に付いた記事をスナップショットとして貼りつけておくに留める。

舞姫

user-pic
0

自分に課した純文学入門コースは一応卒業したつもりで、よってどの本を読んでもいいのだが、以来、急に森鴎外を読みたくなって、「阿部一族・舞姫」と題する新潮文庫を手に取った。

それにしてもこの本は随分黄ばんでいて、装丁もかなり傷んでいるが、まあブックオフで100円で買ったのだから、贅沢はいえない。そして、とりあえず、最初の「舞姫」から読むことにした。

「舞姫」の時代背景は明治の比較的初期の頃で、主人公は、太田豊太郎。早くに父を亡くし、母に育てられ、その母に報いるため粉骨報効努力し、学校では常に首席を通し、大学の法学部を卒業すると、官僚になり、そこでも一生懸命働いたので認められ、ついにドイツに留学するという栄誉をえた。

ところが豊太郎は、ベルリンにあって大学に通い、法律を勉強するのだが、次第に法律よりも次第に歴史文学に惹かれていく自分を見出すのだった。このあたり鴎外自身の気持ちの投影も大きいかも。ともかく、そのせいだけではないのだが、豊太郎はどうも日本からの他の留学生との付き合いが悪く、罵られたり、妬まれたりということが絶えない。他の者のように気楽に歓楽街に繰り出す勇気もない。

そこで所在無げにウンター・デン・リンデンあたりを歩いていると、とある古寺の前を通りがかった。ふとみると、若い女が、古寺の扉にもたれかかって泣いている。女は歳にして16か17。その可憐さに心奪われ、泣く訳を聞いてみると、父が亡くなり、母がいるが、家に1マルクのお金もなく、明日からの生活もままならない、という。

そこで不躾とは思ったが、つい女の家に付いていき、その母親にも会った。女の名前はエリスといった。そして、手許のお金をとりあえず与えた。これをきっかけに豊太郎はエリスの家に足繁く通うようになり、自然にエリスと深い関係になった。

ところが、折角留学したのに素性の知れないドイツ女に入れ込むとはけしからんと、豊太郎は公務員の地位を免官となってしまった。こうなると、給与もなくなるので、たちまち生活に困る。

この様をみていたのが友人の相沢謙吉で、豊太郎に新聞社の仕事を探してきてくれた。すなわち、ベルリンにあって、そのニュースを取材し、それを記事にして日本の新聞社に送るのである。そういうジャーナリスティックな仕事に従事していると、給与は低く、学問を荒んできたが、それでもエリスとのささやかな生活は満ち足りていた。

そしてある日、エリスが妊娠していることを知った。それを知って豊太郎は慌てた。そんなとき相沢謙吉がベルリンに訪ねてきて、相沢謙吉にロシアに随行するように指示した。なんでも、ある日本の大臣に伴っての仕事で、これで大臣に認められれば、日本に戻って出世も夢ではないという。

ともかく豊太郎に行き、フランス語の通訳や翻訳などに活躍した。もとよりドイツ語だけでなくフランス語も得意なのである。この活躍は、豊太郎の存在をいたく大臣に印象づけた。

そして、十分な給金をもって豊太郎がエリスの許に戻ってくると、エリスは狂喜した。そして、生まれてくる子供を優しく包むための白布の準備もみせてくれた。

ところが二三日すると、豊太郎は大臣から呼ばれた。行ってみると、豊太郎には前途洋洋たる地位と未来が約束されているのだった。但し、その条件は日本に帰国することである。すると、まさかエリスとその母を日本に連れていくわけにもいかないので、エリスを捨てなくてはならない。

その葛藤に悩みぬき、街をさまよい歩き、豊太郎は重い病人のように青ざめた顔でエリスの家に帰ると倒れ込み、数週間人事不省になった。エリスは懸命に介抱した。

ところが、豊太郎が病に伏している間、相沢謙吉がエリスの家を訪ねてきて、豊太郎が日本の帰国して栄達するのだという事情をすべてエリスに話してしまった。それを聞いたエリスは、豊太郎が自分を裏切ったのだと思い、罵り、あたりの物を投げ散らかしたり暴れたりして、とうとう強いパラノイアに陥り、廃人になってしまった。

こうなっては豊太郎に、廃人のエリスとともにドイツに残るという選択肢はない。仕方なく豊太郎は、エリスの母に、お金を渡して生まれてくる子供とエリスの世話を頼むと、傷心帰国の途についた。

そして、豊太郎は自分に栄達の道を拓いてくれた相沢に感謝の気持ちはあるものの、エリスに勝手に事情を話し、結局エリスを廃人にさせてしまった相沢への恨みも消せないのだった。

というストーリーなのだが、文庫本でわずか30ページのこの小説が、こんなにずっしり重いとは、としばらく感慨に耽った。それにしても、相沢がエリスの許にやってきて事実を話さなかったなら、豊太郎はエリスとともにベルリンの地に埋没したのだろうか。しかし、もし相沢に見放されたら、豊太郎は一体独力でどんな仕事をドイツで見つけることができるのだろうか。結局貧困にあえぎ、豊太郎とエリスは斃れてしまうのではないだろうか、といろいろ想像は巡る。

一方で、これはかなり矛盾した言い方かもしれないが、日本男児なら、損得など捨てて愛に生きんかい、いったん情を交わした女なら責任を最後まで取らんかい、という思いもある。

そしてつい不謹慎にも、私の好きな歌謡曲の「四谷三丁目」の替え歌を思いついた。すなわち、♪ブランデンブルグ門あたりで言ったじゃない、俺は愛に生きるって、ランランラララン、ランランラララン、ウンター・デン・リンデン三丁目♪

こんなふざけた歌を歌っていたら、鴎外先生にどやされるに違いない。

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。