渡辺竜王の弁明

user-pic
0

何気なくグーグル検索していたら、下記のようなスポーツ報知の記事がヒットして、ええっ、と思ってしまった。ソクラテスの弁明とは全く趣旨が違う、渡辺竜王の弁明である。

日本将棋連盟は31日、所属棋士を対象とした報告会を開き、三浦弘行九段(42)のコンピューターソフト不正使用疑惑を議題として意見交換した。終了後、渡辺明竜王(32)=棋王=が取材に応じ、今回の問題について公の場で初めて言及した。
 10月12日に連盟から出場停止処分を受けた(12月31日まで)三浦九段は、挑戦者として同15日開幕の竜王戦7番勝負に出場することが決まっていた。複数の報道では、タイトル保持者として迎え撃つ立場だった渡辺竜王が自ら主導し、三浦九段の処分を連盟側に強く進言したと伝えられてきた。
 これに対し、当の渡辺竜王は「三浦さんを処分してほしいとは全く言っていないですし、ファンの皆さんや棋士の間にも本意とは違う形で間違って伝わってしまっています」を否定。また「(三浦九段を処分しないなら)竜王戦は指さない(出場しない)。タイトルを剥奪されても構わない」などと発言したとされることについても、事実ではないとした。

ええっ、と思った理由は沢山あるが、そのうちの一つは、三浦九段クロ説を色濃く説く週刊文春の10月27日号が出たとき、すかさず羽生三冠は、あの記事に載った自分の発言をやんわり否定したのに、渡辺竜王からは何一つコメントがなかった。あの記事の主役の一人は渡辺竜王なのだから、何もコメントがないということは、内容を追認していることになる。

当該文春の記事には、つぎのようにある。

「これは間違いなく"クロ"だ」
そう確信した渡辺竜王の苦悩はここから始まった。
(中略)
渡辺竜王は内部告発の覚悟を決めた。

この記事が出て渡辺竜王は何もコメントがなかったので、おそらくそれは渡辺竜王の認識とはあまり違わないのだろう。すると、内部告発の覚悟を決めたということは、literallyには、三浦さんを処分してほしいとは全く言っていないですよ、ということなのか。へぇ、である。

また、渡辺竜王は、自身のブログで10月22日に、以下のように書いている。

今回の件、遅かれ早かれこの話が世に出た時には今と同じを立場を取っていたと思います。(棋譜を調べた観点から)

一方、橋本八段のツイッターには10月30日に以下のコメントがあった。

当アカウント、及び@SHOGIBARアカウントは、主にSHOGIBARの宣伝を目的に5年程前に当時のスタッフに作ってもらったものです。 この2つのアカウントにつきましては、これまでのスタッフとともにアカウントを共有しており、私が呟いたものもあればそうでないものもあります。
私が三浦弘行九段の不正を断定した。という事実はありません。そもそも、私はこの件の取材を一切断っています。また、私が将棋連盟に対し、三浦弘行九段の処分を求めた、という事実もありません。そもそも、騒動後に私が将棋会館に行ったのは対局の日以外には一切ありません。

すると、前の橋本八段のツイッターの下記の内容は、彼のスタッフが勝手に書いたのだろう。

ファンには酷な知らせと思うが、個人的にも1億%クロだと思っている。
奴が除名になるかどうかは知らないけど、俺は二度と戦う気しない。
以前からソフト指し、モラル、カンニング、再三警鐘を鳴らしてきたつもりだが、
最悪の形になりただただ残念だ。
これでも潔白を信じるという人はどうぞご自由に。

ともかく、この件については、私はこれ以上のコメントを避けて、単に目に付いた記事をスナップショットとして貼りつけておくに留める。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4341

コメント(2)

| コメントする
user-pic

 う~む、機会があれば、橋本プロの将棋バーに出向いてみようと思っていたところに、あのコメントで
すべてをひっくるめてユニークなやんちゃ青年と言う、高い好感度から一気に引いてしまったのですが・・・、
そうでしたか。しかし、ブログ確認遅すぎますね。
 渡辺竜王は、ご指摘の通り言外の言で実際には言っていたに違いないと、私も思っています。
だいたいリアルタイムで、他の棋士に指し手をいちいち調べさせるなどと、せこすぎて話しになりません。
 連盟の方針を受けたスタッフが調査し判明した結果に、これからの将棋界のあり方を踏まえ、
当該案件の処理をどうしたもんじゃろのうと、有り得ない有ってはならない疑惑に対策を思案する。
 古き良き伝統文化を謳いあげるなら、その程度の余裕、おっとり感があってもいいんじゃないかと感じてしまうのです。
スタッフが調査する前に、私に言わせれば、将棋界の最高峰と目される竜王位の棋士がせこせこと調べあげ状況証拠らしい結果を踏まえただけで、まさに鬼の首でもとったかのようにカンニングだ~インチキだ~と吼えた段階で、伝統から単なる勝敗ゲームに落っこちてしまった・・、
もしかするとそう言う感覚が、私にこの問題に過敏に反応させているのかも知れないです。持ち駒を聞かれて王様と答える将棋の小噺がありますが、囲碁や将棋は勝敗のことは当然ながら、もっとゆったりとした大河の流れのようなそうした土壌に開花した浮世離れした道楽の世界であって欲しいと願う私なんぞにはいけません。
明日の職団戦、誰がどんな挨拶をされるのか、出かけて見ますかねぇ。(笑)

user-pic

ねずげんたさん

> 明日の職団戦、誰がどんな挨拶をされるのか、出かけて見ますかねぇ。(笑)

ああ、明日は職団戦なのですか、懐かしい。前の会社にいたときは、レギュラーメンバーで何度も出場しました。私がいたチームは、ほぼA級に定着していたのですが、ときどきB級に降級して、流石にB級ではかなり勝ててました。

まあ挨拶は谷川会長でしょうね。どうせシレッ~と、当たり障りのない挨拶をするのでしょう。不利になってもそれを顔に出さないのが一流プロですから。

ところで渡辺竜王は、折角スポーツ報知で日和見的な発言をしたのに、やはりそれは本意ではないと、自分のブログでまた文春モードに戻ってしまいました。始末におえません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年11月 2日 05:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「舞姫」です。

次のブログ記事は「悪人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。