足痛の因果関係

user-pic
0

左足の不調に書いたように、今年は初夏の頃から足痛に悩まされたが、特に足を酷使した記憶もないので、怪訝で仕方なかった。

ところが、左足のふくらはぎの痛みが癒えないうちに、今度は右足の関節が痛くなってきた。階段を上ると関節に負担がかかった。これは、関節に効くというグルコサンミンというサプリを摂るしかないのかと考えたが、私はサプリはもう飽和状態でいくらなんでも追加でサプリを摂る気はしない。

で、足の痛みに対処するのを一旦は諦めたのだが、そうやって他の体の箇所に注意を向けると、どうも口の中が気持ちが悪い。去年詰めたプラスチックのインレーの箇所が何箇所も取れて、食べ物が詰まる。それで歯を磨く度に歯間ブラシも駆使しているような気がする。

それでも歯の間の食べかすを除ききれなくて、仕方なく歯科を予約することにした。約一年ぶりである。

すると歯科医の先生がいうには、私は噛む力が強いのだという。そういえばいつも歯ぎしりしているような気がする。それで、プラスチックのインレーだと直ぐに壊れるので、金属の型を取って入れましょうかと先生がいうので、いえ、と断った。

金属の型は費用もかかるし歯科に通う回数も増える。ともかく私は早く歯科に通うのを終わりたいのである。で、私はインレーを将棋の囲いだと思うことにした。要するに、将棋のどんな囲いだって崩れるし、穴熊囲いだと思えば、はがれたらまた足せばいいのである。

なんか知らないうちに詰め物が取れた箇所は沢山あったみたいで、何回も通っているうちに私の口内の穴熊囲いは着々と修復されていった。そして、習慣のようにビールを飲む日だったが、ある日、歯科から帰ったあと疲れていたのか、ビールも飲まないで早く寝た。そして朝起きて、あらっと驚いた。数ヶ月に亘って悩まされた両足の痛みが嘘のように治っていた。

そういえば冷静に考えてみると、数週間前に、歯が悪いと全身に毒が回って、内臓などにも悪影響が出るとテレビ番組でみた。すると両足の痛みはどうも歯が原因だったと考えるのが正解かもしれない。なにしろ詰め物が欠けてきたのは今年の5月くらいで、あのあたりから歯の神経から体に毒が回り始めていたのだろう。そして酒を飲んだタイミングで肝臓が弱り、毒が足の神経に悪影響を与えたのだろう。道理で、なにも足を酷使したわけではないのに痛くなったはずである。

ということで、今度また足が痛くなったら、歯を疑うことにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4347

コメント(2)

| コメントする

あやたろうさん
>左足のふくらはぎの痛みが癒えないうちに、今度は右足の関節が>痛くなってきた

それは左足を無意識にかばうことから右足に負荷がかかった帰結ですよ、たぶん。

左足のふくらはぎが痛むのは「うつ病の危険信号」という話もありますし、糖尿病、血行障害、という場合もあります。
どっちにしても調べた方が無難だと思いますよ。

user-pic

山椒魚さん

> 左足のふくらはぎが痛むのは「うつ病の危険信号」という話もありますし、糖尿病、血行障害、という場合もあります。
> どっちにしても調べた方が無難だと思いますよ。

YouTubeで流行歌を聴いて能天気に歌ったりしているので、流石に鬱病ではないと思うのですが、ただ、健康診断で微妙に血糖値が上がっていたので注意しなくては、と思っています。

ともかく一応痛みは収まったので、暇をみて歩くようにしています。歩くのが一番の健康だと言われていますから。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年11月 8日 05:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「反オカルト論」です。

次のブログ記事は「攻めること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。