攻めること

user-pic
0

攻撃は最大の防御という諺があるが、本当にそうか、と思う。まあ確かに将棋において、「攻撃は最大の防御」というニュアンスが分らないでもない。なぜなら、例えば相矢倉で、一方的に攻めていたら、相手は受け一方になり、こちらが攻めつぶして自陣手つかずという将棋はそんなに少なくないからである。

しかし、いつも将棋というものはそうだと思っていたら大間違いである。いい気になって攻めていたら、受け切られてどうしようもなくなることも少なくない。そういう場合、攻撃は最大の防御どころか、攻撃は最大の敗因になってしまう。

なので、特に大山十五世名人の将棋をみていると、攻撃は最大の防御というよりも、防御は最大の攻撃なのではないかと思う。そういう場合、攻めというよりも責めに近い。

もっというと、一般的に攻めは確実にリソースを激しく消耗する。ボクシングなどで打ち疲れなどという。受ける側は、攻める方が疲れ果てるのを待てばよい。

私の経験でいうと、外資系にいたころの最後の方で、仲間と協働して、駄目な上司を追い詰めて責任を取らせようとしたことがあったが、そのとき、攻めるというか、責めることがリソースや運気を激しく消耗することだと知った。

特に組織内で相手の方が権限が強いと、一層責める方は苦しくなる。酔っ払い事件は、上司を吊し上げた一週間後のことであり、責めることで運気も体力のリソースも払底した状態で起きたのだった。

さて、前置きはこれくらいにして、そろそろ本当に言いたいことに移る。妥当な理由があったのかどうか今でも闇だが、渡辺竜王や久保九段等が三浦九段の挙動に疑義を発して、紆余曲折を経て三浦九段が竜王戦の挑戦権剥奪と意図しない休場という目に遭ったのは事実である。そしていくら渡辺竜王や久保九段等が否定しても、彼らが三浦九段を責めるきっかけをつくったという事実は流石になかったとはとてもいえない。

その結果どうなったか。久保九段は叡王戦で遅刻で不戦敗という前代未聞のミスをし、渡辺竜王は王将戦で久保九段と羽生三冠に負けて2敗を喫し、竜王戦でも丸山九段に1勝2敗と負け越している。連敗が少なく、安定した成績の渡辺竜王にしては珍しい不調だといえる。

そしてこれも、三浦九段を責めたことによる運気の低下である。別に三浦の呪いというわけではなくて、責めると運気が下がるという、勝負の普遍的性質である。もし渡辺竜王が、三浦さんすいません、私が曖昧な根拠で追求しすぎました、と口に出して言わなくてもよいが、内心で謙虚に反省しないと、このまズルズルと丸山九段に竜王を獲られてしまうだろう。

そういう運気の流れを見透かすかのように、11月7日に、三浦九段から改めて疑惑を否定する文書が提出された。その内容によると、三浦九段は独自に自分のスマホを然るべき会社で解析してもらい、ソフトの使用がなかったことを示唆する解析結果を得たという。

これがどれくらい信頼に足りるかはいまの段階では判断できないが、その文書の下記の部分は特に、三浦九段の心情が吐露されていると思われる。

出場停止処分を下されてから、毎日不安に押し潰されそうです。満足に眠ることすらできません。このような精神状態で、以前のように将棋を指すことができるか不安でなりません。私の棋士生命は、刻一刻と失われつつあります。私は棋士です。私には将棋しかないのです。どうか私から将棋を奪わないでください。

すなわち、三浦九段の出場停止処分を続けるかぎり、三浦九段が苦しむだけでなく、渡辺竜王の運気も下がり続け、結果的に喧嘩両成敗のようになって誰も得しない状態になるのではないかと私には思われる。

思うに、渡辺竜王の正解手は、三浦九段の行動に疑念をもってもそのまま竜王戦で三浦九段と指し続けることだった。そして、疑念は含みに残し、その利き筋で相手にプレッシャをかけ優位に立てばよいのである。すると竜王位も楽に防衛できたろう。それが万事丸く収まる好手だった。渡辺竜王が疑念を新聞社や週刊誌に漏らさなければ、新聞社や週刊誌独自に動くことはなかったと思われる。

多分であるが、地獄への道は善意、あるいは正義で舗装されている、みたいなニュアンスがあてはまる事例である。ここでいう正義とはもちろん、自分の直観を信じて、あいつはクロだと決めつけ、それに邁進したことである。

それでも渡辺竜王、♪今なら間に合う終列車♪なのでは。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4348

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年11月 9日 05:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「足痛の因果関係」です。

次のブログ記事は「米国大統領選」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。