平凡パンチの三島由紀夫

user-pic
0

今更のように純文学づいてきた私は、古書店で、椎根和著、「平凡パンチの三島由紀夫」新潮文庫をみかけたとき、ん?と反応してとりあえず買った。

椎根和の「和」は、やまとと読ませる。あ、引退した女流棋士の高橋和と同じだと思った。そのことが案外大きかったか、「平凡パンチの三島由紀夫」をinstantlyに読み始めた。

椎根和は早大を卒業すると、「婦人生活」の編集者から、「平凡パンチ」に転職した。なんでも給料がよかったという単純な理由らしい。そして椎根は、三島由紀夫に取材交渉の電話をかけた。1968年、三島の死の3年前である。

そしたらなんと、三島本人が電話に出た。当然秘書が出ると思っていたので、意表をつかれた。なぜなら当時三島由紀夫はいまでいうキムタク並みのスーパースターだった。いや、キムタクは最早旬を過ぎている。いまなら、エグザイルか。

そんな三島はなぜかコーヒーハウスを好んだ。会うととてもダンディーな服装だった。なのに、ハンバーガー・ライスを頼んで、ライスとハンバーガーをごちゃまぜにして食べるのに意表をつかれた。意外に子供っぽい面もあるらしい。

そんな三島は、一度もCMに出演しなかった。まあ、映画は何度か出たが。

三島は、平凡パンチのオール日本ミスター・ダンディーの投票で一位だった。ミスター・インターナショナルでも2位。それだけではない、剣道四段でボディービルダー。1970年にはエククアイア誌の世界重要人物100人の一人に選ばれた。

そんな三島は本当は強い内向的性格だったが、無理してその逆にみせていた。やはり強い内向的性格の私には、無理してそうする理由がわからない。一種のダンディズムなのだろうか。

1968年、学生運動が一番盛んな頃だったが、三島は早大の大隈講堂で講演し、学生とも対話した。

三島は私的武力集団、楯の会を組織し、新宿でデモなどがあると、楯の会のメンバーを投入した。

三島は学生運動が好きで、観戦記を雑誌に書いたりした。東大の安田講堂の攻防戦では、学生を応援するふりをしつつ、軟禁されていた林健太郎文学部長にウイスキーを差し入れたりした。そんな三島は、安田講堂の攻防戦で一人の死者も出なかったことに怒りを顕わした。死して英雄視される、というストーリーが好きなのだろうか。

じつは三島が好きなストーリーは、学生の狼藉が手に負えなくなり、自衛隊の出動が要請され、とうとう東京に戒厳令が敷かれるというものだった。しかし、結局そういう事態にはならなかった。

そんな三島は時代の流れに乗り、ビートルズ、ジェームス・ディーンなど、その時代のスーパースターに憧れた。そして、「行動学入門」を、けっして高尚とはいえない平凡パンチに寄稿した。

また、2・26事件に深く共感し、2・26事件で刑死した兵士に憑依されたような感覚ももったという。このあたりから次第に怪しくなる。

そして、ボディビル、剣道、ボクシング、空手と肉体を鍛えることに時間を費やした。その一方で、写真と映像の世界にのめり込み、自分のヌード写真を撮らせたりした。

しかし、もともと作家として注目されたはずなのに、小説を書くことは次第に疎かになっていった。この本によると、その原因の一つは、満を持して書いた「鏡子の家」が文壇から沈黙を以て応対されたことにあるらしい。これは私は新聞で読んだのだが、三島由紀夫がある文学全集の編集委員をしていたとき、松本清張を入れるかどうかという議論になり、三島は、松本清張を入れるなら自分は編集委員を降りる、と頑といって聞かなかったそうである。それは単に、自分が純文学作家で松本清張が大衆小説作家である、という理由だけではないらしい。すなわち、なにかの書評で、三島の作品より清張の作品の方が記述にリアリティがあるというのをみたせいで、松本清張に対して強烈なコンプレックスを抱くようになったらしい。では純文学作家にはそうでないかというと、知り合いに教わったのだが、三島は太宰治にも文体の流麗さでコンプレックスを抱いていたという。ともかく三島は強烈な自尊心のもちぬしだった。

そして三島は、民間軍事部隊である楯の会を組織して、同志の若者を募った。楯の会の会員は無給だったが、制服など維持費はすべて三島が負担した。なんと年間2500万円もかかったという。

三島は、楯の会の仲間を連れだって、自衛隊のレンジャー部隊の訓練に体験入隊した。明らかに数年後の自衛隊乱入を意図していた。極めて暴力にみちた映画「憂国」をつくったのもその頃である。

思想的にはもともと三島は、ギリシャ精神、特にプラトンに傾倒した。「禁色」という作品はその反映だろう。そこから、プルースト、ベルクソン、ユンク、ジャン・コクトーと変遷していき、ヒットラーにも共感した。一時はノーベル文学賞も喧伝された三島であるが、ヒットラーに対する関心は確実にノーベル文学賞から遠ざけられるものだった。また、「聖セバスチャンの殉教」への傾倒は、三島事件につながるものだった。

この椎根氏の本には、三島事件そのものの記述もあるが、あまりに有名な事件なので、ここには記さない。といいつつ、私はよく知らないので、また別途適当な別の本に当たることにする。それにしても、三島は、27歳で感受性を捨てたといい、41歳で自分には無意識がない、と公言したという。それは要するに作家的な知的リソースが涸渇したという意味なのだろうか。私にはそうとしか思えないのだが。

そういいつつ、三島は、死ぬ間際まで、「豊穣の海」シリーズを執筆していた。ある三島ファンの知り合いは、「豊穣の海」シリーズは読む気がしないという。何かが足らないと見抜いているのだろうか。

それにしても、少なくとも三島が亡くなるまでの数年はどうみても病的なというか、あぶない状態だった。酒や薬物、貧困、異性関係などで次第に精神的に壊れていくという作家は珍しくないが、反社会的傾向を強めていく作家というのは珍しい。何かのリソースの欠乏が精神状態のカオスになるというのが私の理論であるが、そのリソースの欠乏が作家的想像力だとしても、それだけで説明するのは弱すぎるだろう。

あと、へぇと思ったのは、三島の没後20年くらいたった1989年に、椎根氏は、未亡人の瑤子さん、長女の紀子さんと会食したのだという。なんでも、瑤子さんが埼玉県にタイ料理の店を出すというので、それを止めるよう説得してほしいという依頼だったらしいが、椎根氏が三島家の家族からそんな風に信頼されているのが興味深かった。

そういえば、出版社の三島由紀夫担当の編集者というのは、椎根氏以外にも、他社にも何人かいたが、三島はそれらの人々を親戚のように遇していたという。椎根氏が結婚したときは、当時超有名人だった三島がわざわざ結婚式で立派なスピーチをしてくれ、立派な記念品もプレゼントしてくれたという。三島の律義な人柄がしのばれて微笑ましい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4357

コメント(2)

| コメントする
user-pic

あやたろうさん

「平凡パンチ」懐かしいですね、ずいぶんと前に、休刊(廃刊)になりましたね。

ライバルだった「週刊プレイボーイ」は残っているようですが…。

平凡パンチの三島由紀夫とは、一寸ずれますが、ご容赦ください。

若い頃は、グラビアのヌード写真を目的に買ってましたが、
これをお読みの男性各位からは、ご非難はないかと存じます。

三島由紀夫さんの小説を、若い頃に、何冊か読んだことがあります。

素晴らしい文才を認めましたが、例えて言えば、私にとって、
「バターを丸のみするにも等しいほど」重くて、それから読んでません。

最近は、老眼が酷いので、仕事以外の小説なんか、読みたくもありませんけどね。

反対に、ノーベル賞候補の村上さんの本ですが、
デビュー作は、素晴らしいと思いましたが、
そのあとの作品は、「味噌汁が飲みたいのに、お澄ましが出された」という感じで、
私には、ストーリーはともかく、文体があっさりしすぎていて、
どうも私には合いません。

彼が、ノーベル賞候補になったのは、翻訳家に恵まれたのが、
彼自身の才能を、世界に発信するにあたって、非常に大きな要素だったのでしょう。

user-pic

南木さん

> 素晴らしい文才を認めましたが、例えて言えば、私にとって、
>「バターを丸のみするにも等しいほど」重くて、それから読んでません。

彼は作品が多いので、ちょっとミステリーぽいのもあります。なので、そんなに重さを感じないのもあると思います。

> 彼が、ノーベル賞候補になったのは、翻訳家に恵まれたのが、
> 彼自身の才能を、世界に発信するにあたって、非常に大きな要素だったのでしょう。

村上春樹の翻訳者は、日本に留学してきて、日本のことも、村上春樹自身のこともよく知っている米国人のようです。それがよかったのでしょうね。私はボブディランは好きですが、まだしも村上春樹に賞が与えられてほしかったです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年11月18日 05:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白光」です。

次のブログ記事は「SRO Ⅳ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。