2016年12月アーカイブ

なんとなく小田急相模原駅の駅ビルに入っている新刊本屋を覗いてみると、有馬哲夫「歴史問題の正解」新潮新書が目に付き、「真珠湾攻撃は「騙し討ち」ではない」と帯にあったので、おおよくぞ言ってくれた、と即買って、読み始めた。

この本は初対面のような気がしなかったのだが、有馬哲夫氏は、原発・正力・CIAの著者で、もう8年以上前に読んでいるのだった。

さて、この本は、以下の11章からなる。

  1. 「南京事件」はプロパガンダから生まれた
  2. 真珠湾攻撃は騙し討ちではなかった
  3. ヤルタ会談は戦後秩序を作らなかった
  4. 北方領土はこうして失われた
  5. ポツダム宣言に「日本の戦争は間違い」という文言は存在しない
  6. 日本は無条件降伏していない
  7. 原爆投下は必要なかった
  8. 天皇のインテリジェンスが國體を守った
  9. 現代中国の歴史は侵略の歴史である
  10. 日韓国交正常化の立役者は児玉誉士夫だった
  11. 尖閣諸島は間違いなく日本の領土である

一部のものはスキップするが、この各々に短いコメントを付してみる。まず、「南京事件」はプロパガンダから生まれたであるが、それは当然に中国によるプロパガンダだろうと思ったら、どうも違うらしい。すなわち、米国が日本に原爆を落としたことの非難を逃れるため、その犠牲者より大きい数の犠牲者が南京であった、みたいに作ったらしい。それを中国が流用しているらしい。なお、日本軍が南京で全く残虐行為をしなかったということはなく、確かにそれはあったのだが、中国の兵士が便衣兵として民間人に紛れ込んだこと、その前提として蒋介石の軍が兵士を置いて早々に逃げ出したことなど、さまざまな理由もある。なんにしても30万人という犠牲者の数にはならないはずである。

真珠湾攻撃は騙し討ちではなかった、という話はよく聞くし、私はルーズベルトが真珠湾攻撃を知っていて、わざとしらないふりをしたのだと思っているが、この本では、ルーズベルトが戦争を仕掛けたかったという文献は文献があったといっているだけで、真珠湾攻撃を察知していたという文献は知らないといっている、ちょっと羊頭狗肉では。

ヤルタ会談は戦後秩序を作らなかった、は、ヤルタ会談はたんにルーズベルトの選挙対策で、たんなる雑談できちんとした記録もとられなかったそうで、なんということ、と思った。

北方領土はこうして失われたは、実は米国高官でソ連のスパイがいたせいだという。これも、なんとも。なんにしても、プチーンは決して北方領土返還に言及しそうにない。

原爆投下は必要なかった、は確かにそうなんだけど、原爆投下の理由で述べたこと以上の知らない話があまり出てこなかった。

天皇のインテリジェンスが國體を守った、はここでのインテリジェンスは知性という意味ではなくて、情報収集の意味で、天皇はいろいろな人からの情報を集めて、降伏しても大丈夫だと確信したらしい。

現代中国の歴史は侵略の歴史である、はまあいいとして、日韓国交正常化の立役者は児玉誉士夫だった、にはへぇと思った。児玉誉士夫は子供の頃朝鮮に住んでいて、大変な苦労したが周囲にいた朝鮮人が助けてくれて、それで日本に帰って軍部とつながりをもつようになっても、朝鮮の人達と太いパイプがあったらしい。戦後は、莫大な資金をえて、政府高官ともつながりをもち、李承晩が日本政府の要人と会談したいと要望したときも、仲介したらしい。また、児玉誉士夫は、CIAともつながりがあって、大変な大物だった。そういう背景があったので、日韓国交正常化の立役者にもなれた。

尖閣諸島は間違いなく日本の領土である、は米国がそう決めたから、ということのようである。一方で、先日新聞で、井上清著、「「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明」という本の広告をみた。この本は歴史的に、尖閣諸島は中国領である、と主張する。ただ、その本に対するアマゾンでのあるコメントは、国際法学者・松井芳郎氏の『国際法学者がよむ尖閣問題:紛争解決への展望を拓く』(日本評論社、2014年)が論破している、という。ということで、いろいろ調べてみないとここで軽々しくいえない。

ともかく、11章は軽重はあるものの、とても勉強になった次第である。

三浦九段のことについて、会見で一応の解決をみたと思ったので、他の話題に移ろうとしていたところ、気になる記事をみつけた。なんと、渡辺竜王の、「告発は後悔していません。」という趣旨の記事がこの期に及んで週刊文春に掲載されたという。これに驚いたのは、つい先日知り合いと、三浦事件の顛末に関して週刊文春は謝罪記事を掲載すべきだよね、と話し合ったばかりだったからである。

そこで、何度も書いたような気がするが、自分の内部告発の経験についてまず記してみる。

私のことを知っている人は同意してくれると思うが、私は争いごとを好む性格ではない。むしろ、それでも男かと謗られるくらい怯懦だったりする。ただ一応母方の祖母から受け継いだ正義感はもっており、なによりも、有機ELにもちらっと述べたように、たまたま運命のめぐり合わせで部門全体を代表するような立場を十年近く経験し、スキルや責任感のある人材をどう育成するのか日々頭を悩ませていた。ともかく当時責任範囲が広くて、部門で一番懸命に働いていたという自負はある。

そういう立場にいると、後輩管理職に対して場合によりアドバイスし、また一緒に悩んだり、労力をかけたりするのは義務だと私は今でも思っている。それでもあまり先輩面するのは嫌われるので、どうしてもそれはおかしいだろうというときだけ意見を述べた。

すなわち、ある若手管理職があまりにも常識外れというか、ありえない言動をするので、私はまだ彼と同格の管理職だったとき、そんなことではこの部門を支える部門長にはなれないぞと叱った。しかし、彼は頑固で一切やり方を変えないし、もっというとマネジメントの初歩の手筋さえ学ぼうとしなかった。

それからいろいろあったがそれは省くとして、私があと定年まで数年というとき、あまりにも目に余る部門長の行動にきちんと抗議しようとFさんに提案されたとき、私はためらいながらも仲間に加わることにした。私以上に正義感が強いNさんも加勢してくれたし。三人は立場は違うが、私は元管理職として、おかしいことはおかしいと責任をもっていう義務があると改めて確認した。少なくとも会社の社内規則もそれを認めているというか、義務化している。

そういう意味で私は、渡辺竜王が、このままではまずいと感じた、という正義感は理解できる。

ただ問題は、渡辺竜王の動機である。われわれの場合、単に部門長に、そのやり方はまずいので改めてほしいと申し出ただけである。そしてそれが全く受け入れられないだけでなく逆にそんなことを言う奴は譴責だなどといってくるので、さらに上位組織に問題を伝えた。会社のルールに従った行動である。昇給、昇進など自分たちの利益を増す要求は何一つしていない。

ところが渡辺竜王の場合、このままでは三浦九段と指す気になれないと棋士として信じられない我儘を言い、そして竜王の地位を重んじたか将棋連盟の幹部は渡辺竜王の意向に従って挑戦者を入れ替え、結局渡辺竜王は竜王戦を防衛し、規定どおりの高額の賞金を得た。

一方、私たちはというと、私はリストラになり、Nさんは他部門に無理やり異動させられ、Fさんはというと、このことのストレスもあったと思うが、あまりにも残念にも、その1年後に突然亡くなってしまった。だからといって我々は、内部告発などしなければよかったなどとは一度も思わなかった。そこはまあ渡辺竜王と同じか。

あと、私は、どうしても埒があかないので、どこかのマスコミに相談して記事してもらおうかと考えたことがないでもない。もし私が早慶MARCHなど関東の有力私立大学出身なら、どこかのマスコミに知り合いがいたかもしれない。ところが私は、遠い地方大学の出身で、ましてや理系で非社交的な性格とあってはそんな知り合いもいるはずがない。

まあもしそういう知り合いがいてマスコミに相談したとしても、単なる外資系の知財部門の話題が記事にしてもらえるとは到底思えないが、ともかくマスコミに相談しなくてよかったと今では強く思う。マスコミの扇情的な体質は避けるべきである。そもそもマスコミは内部ではないので、字義的にも内部告発の定義を外れる。ただ、ロックアウト解雇のような労働争議的な話題ならマスコミもありかもしれないが。

ところが渡辺竜王は、意図的に週刊文春の知り合いの記者に情報を流し、記事を書かせた。これが功を奏し、三浦問題は一気に沸騰して社会の話題になった。陣屋事件なんてめじゃない、将棋の話題が世間でここまで盛り上がったことはちょっとないのではないか、ネガティブな意味でだが。

しかし、そのことは三浦九段とその家族に対して、過度のストレスと心痛を与えた。週刊文春のような有名週刊誌が書きたてると大抵の人は信じる。11月頃、ある将棋界のことはあまり知らない知り合いに三浦事件を知っているかと聞きたら、ああ、彼はクロにきまっている、と興味なげに応えたので、がっかりしたことがあった。

そして紆余曲折をへて会見で三浦九段の疑義は晴れ、将棋連盟はいまいち弥縫的ではあれ、救済措置もとることにした。

こうして前に向いて進み始めたとき、渡辺竜王の、「告発は後悔していません。」という趣旨の記事が週刊文春に載るとは一体どういうことだろう。それは高速道路の逆走ではないか。私はここは、誠意がまったくこもっていないかもしれないが口先だけでもとりあえず謝罪するのが社会の最低限のルールだと思うが、違うだろうか。それを逆走だなんて。王手飛車で飛車を逃げるなんて。

有機EL

user-pic
0

読売新聞の科学欄に、有機ELの紹介があったので、ああ、と思ってついいろいろ考えてしまった。考えたというよりも追憶に耽ったのかもしれないが、私が特許担当として長く勤務した外資系の会社の研究所にはかつて、液晶開発のグループがあって、しかし当時液晶技術で圧倒的優位にあったシャープにはなかなか対抗できず、結局液晶部門は、台湾の会社に売られてしまった。当時知財部門の部門長代行のような立場にいた私は、特許の譲渡手続きに関して、先方の担当者といろいろ交渉した。向こうはいい買い物だと思っていたようで、比較的好意的対応だった。

そんなシャープも、シャープ崩壊に記したような経緯を経て、鴻海に買収されたが、鴻海が、あのとき液晶部門を譲渡した台湾の会社と関連会社だと知って、まあ同じ台湾の会社だもんな、と苦笑した。

そういえば、私が勤務していた外資系の会社は、2009年にも台湾の別のディスプレイ・メーカーに、かなりの数の液晶関係の特許を譲渡したが、そのときは私は、最早管理職でなかったので、契約条件などの詳細にはタッチしていない。ただ、譲渡に関する実務には、一応のスペシャリストとして携わった。

私が勤務していた外資系の会社は、液晶の次の表示デバイスとして、有機ELの研究も細々としており、散発的に特許も出したが、結局ものにならなかった。つい、♪何が悪いのか、いまもわからない、誰のせいなのか、いまもわからない、涙で綴り終えたお別れの手紙♪という、由紀さおりの歌が思い出された。

さて、読売新聞の科学欄に戻って、有機ELとは、マイナス極から電子を運ぶ電子輸送層、プラス極から正孔を運ぶ正孔輸送層の間に発光層が挟まれた構造をもつというのだから、半導体レーザーと何が違うの、と思ったら、輸送層も発光層も、有機化合物だ、ということである。

そこが有機化合物だと何がいいのかというと、柔らかいので曲げたり丸めたりできる。山形大の硯里善幸准教授は、透明で曲がる有機EL材料を開発した。接着剤とフィルムを使って材料を保護し、1年以上の耐久性をもたせたという。今後、寿命を5、6年まで延ばして実用化をはかるという。透明だと、木目調の壁を光らせたり、ガラスの窓に情報文字を浮かび上がらせたりできる、という。

ちなみに、硯里善幸准教授は、特許庁のホームページで確認すると公開になっている範囲で、155件も特許を出している。最新のものは、発明の名称が有機エレクトロルミネッセンス素子の封止方法である特開2015-225785で、「有機エレクトロルミネッセンス素子上に、有機エレクトロルミネッセンス層溶出防止層を形成した後、フッ素系アルコールを溶媒として用いて塗布成膜により、無機酸化物からなる塗布型封止膜を形成する。」という技術である。

読売新聞の科学欄によると、有機ELの研究は、1980年代後半以降に始まったというのだから、液晶よりもかなり新しい。有機ELの光は、蛍光とリン光があるという。有機ELが光る原理は、発光層に輸送層から流入した電子と正孔が結合してエネルギーが高い状態になり、それが光となって放出されるというものだが、エネルギーの25%は、寿命が短い蛍光として発光する。残りの75%は光にならず熱として放出されていたが、有機分子にイリジウム、白金などの希少金属を組み込むことで、そこもリン光として取り出せるようになった。1999年頃のことである。しかし、発光ダイオードと同様に、青色をうまく発光できないという問題があった。

そこで九州大学の安達千波矢教授らは、リン光として発光していた多くのエネルギーを蛍光にまわせる有機材料の設計に成功し、2012年には、電気のエネルギーのほぼすべてを蛍光に変えて発光させることに成功した。

安達千波矢教授は、特許庁のホームページで確認すると公開になっている範囲で、279件も特許を出している。

上記2012年の発明とは、N-カルバゾリルジフェニルホスフィンオキサイド誘導体を用いるという、特開2015-201463のことだろうか。なにしろ、全く土地鑑のない技術分野なので当たりさえつけられない。

また、九州大学最先端有機エレクトロニクス研究センターと提携するかたちで、Kyuluxという会社が設立されている。安達千波矢教授は、そこの技術アドバイザーである。

ということで、今後次世代ディスプレイとして有機ELが注目されてくると思われる。

会見

user-pic
0

既報であるが、12月26日の第三者調査委員会の発表に続き、12月27日は、三浦九段と将棋連盟首脳部の会見があった。

まず、三浦九段の会見内容を産経新聞のウェブから抜粋する。

10台を超えるテレビカメラを含め50人以上の報道陣が詰めかけた会場。黒いスーツにネクタイ姿で現れた三浦九段は、不正の証拠は認められないとした調査委員会報告を受け「(出場できなかった)竜王戦のやり直しは難しいかもしれないが、元の状態に戻してほしい」と訴えた。また、「離席の事実がなかったとするが、それならそもそも疑惑自体がなかったのではないか」と話した。
その後、同席した弁護士が調査委の報告全体について「不正を認めるに足りる証拠はないとの判断は事実に相違なく評価できる」と話した。一方で、将棋連盟による出場停止処分について、「調査委がやむを得なかったと判断しているのは将棋連盟に寄り添ったもので、極めて不当。妥当性は微塵も認められない」とした。

三浦九段のこの応答は妥当だと思いつつも、調査委員会の報告内容の後段をあまり強く批判すると、今後の現役復帰に差し障りはないのかとちょっと懸念した。しかし、ここ2ヶ月あまりずっと辛い忍耐の日々だったわけで、溜まっていた憤懣が溢れてしまったのだろう。

ただ、私は第三者調査委員会を庇うつもりはないが、三浦九段の休場とその後の挑戦者の交代は、おそらく竜王戦の主催の読売新聞の意向に沿ったものだったと思われ、将棋連盟にとって最大のスポンサーである読売新聞の意向は、第三者調査委員会も尊重せざるを得なかったのだろう。

だったら、三浦九段のことを10月にあんなに騒がなければいい。将棋連盟の一部の者たちに騒がれて、読売新聞はともかく弥縫策としてあのようにするしかないと判断したのだろう。なので、読売新聞の記事でも、あれでよかったのだ、あれしかなかったのだ、という調子だった。

一方、谷川会長の会見内容を、朝日新聞ウェブから引用する。

元検事総長の但木敬一弁護士が委員長を務める第三者委は26日、調査結果を発表。指摘された三浦九段とソフトとの指し手の一致率が「不正の根拠にはならない」とし、「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」と判断した。一方、出場停止処分については「やむを得なかった」との見解を示した。
処分に伴い、名人への挑戦権を争う第75期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)で、三浦九段は11月と12月の対局が不戦敗となった。不利益の救済策の一つとして、連盟は、来期もA級の地位を保証することを決定。当初、三浦九段が挑戦者だった第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)は、やり直さないという。
会見で谷川会長は「(処分の時点で)正確な情報を入手しておくべきだった」と不手際を認め、「今回のことで将棋ファン、棋戦主催者、何より三浦九段とそのご家族にご迷惑をおかけしたことをおわび致します」と語った。谷川会長、青野照市専務理事、島朗常務理事の3人の理事報酬10分の3(3カ月)の減給処分も決めた。(村瀬信也)

この内容についてコメントすると、将棋連盟は、読売新聞の手前、出場停止処分については、おかしかったとは死んでもいえないのだろう。

それにしても「不利益の救済策の一つとして、連盟は、来期もA級の地位を保証することを決定。」というが、すると、三浦九段については、復帰した後A級の残りをすべて負けても残留を許し、その代わりに、このままだと佐藤九段と森内九段のどちらかが落ちるということだろうか。もともと私は、三浦九段は、出場停止処分がなくても残留はかなり厳しいと思っていたのだが。それはそうとして、竜王戦関連の金銭的補償はどうなるのだろう。もしかして、理事職の減俸分が三浦九段に賠償されるのだろうか。

あと、将棋連盟内の処分は、谷川会長、青野照市専務理事、島朗常務理事の3人の理事報酬10分の3(3カ月)の減給処分だけなのだろうか。騒動のイニシエータやアジテータ、プロモータは不問なのだろうか。そんなことをしたら余計三浦九段の怒りを買わないか。

竜王戦の感想で述べたように、竜王戦が終わったので、そろそろ第三者委員会の結論が出るかと思ったが、年末ぎりぎりでなく12月26日の段階で発表があったのでやや意外に感じた。でも、12月26日を年末ぎりぎりと呼んでもおかしくはない。ともかく、竜王戦の主催紙である読売新聞の記事を引用する。

日本将棋連盟が第29期竜王戦の挑戦者に決まっていた三浦弘行九段(42)に下した年内の出場停止処分について、第三者調査委員会(委員長=但木敬一元検事総長)は26日、「(三浦九段が)不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」としたうえで、処分は「やむを得なかった」とする報告書を同連盟に提出した。
報告書の概要によると、三浦九段は今年7~10月に行われた4局の対局中にコンピュータの将棋ソフトを不正使用した疑惑が持たれ、いったん休場の意向を示したにもかかわらず休場届を提出しなかったことなどから、10月12日、年内いっぱいの出場停止処分を受けた。三浦九段が不正を否定する中、同連盟は同月27日、不正行為の有無、処分が妥当だったか、の2点について、第三者調査委員会に調査を委嘱していた。
三浦九段のソフト使用疑惑にあたっては、「不自然な離席が多い」「将棋ソフトとの指し手の一致率が非常に高い」などが根拠として挙げられていた。調査委員会で棋士からの聞き取り調査や対局映像などの分析を行った結果、離席については「不正行為に及んだことをうかがわせる痕跡は確認されなかった」などとし、「(一致率は)三浦九段の他の対局や他の棋士の指し手でも(同程度が)数多く認められた」などとした。
さらに、提出されたスマートフォンやパソコンなどを解析した結果も、「不正行為の痕跡はなかった」などとし、「疑惑の根拠として指摘された点はいずれも実質的な証拠価値に乏しい」と結論づけた。
一方で、三浦九段には処分当時、「ソフト指し疑惑が強く存在」し、「そのまま竜王戦七番勝負に出場させることとした場合、大きな混乱が生じることが必至」で「将棋連盟や将棋界に対する信頼や権威が傷つくことが容易に想像された」ことなどから、「出場停止処分を行う高い必要性・緊急性があった」とし、妥当性を認めた。竜王戦七番勝負は、対局規定に基づき、挑戦者を丸山忠久九段(46)に変更して実施した。

上記読売新聞の記事を読んでどうもしっくりこないものを多々感じるが、要するに、確たる証拠が見つからないので、三浦九段に対して、これ以上の処分には及ばないが、疑念を抱かせる行動または風評があったので、将棋連盟が三浦九段に対して採った処分も不当ではない、ということなのだろうか。

しかし、それで無事解決といかないのは、竜王戦の七番勝負に出れなかったことと、A級順位戦などで不戦敗になったことで三浦九段が重大な損害を負ったことである。上記読売新聞の記事には、三浦九段に対する今後の補償のようなことが書かれていないが、そこはどうなっているのだろう。すると、将棋ワンストップ・ニュースに、以下のような第三者委員会のコメントの引用があった。

・当委員会は不正の証拠はないという結論を示しました。将棋連盟は三浦棋士を正当に遇し、その実力をいかんなく発揮できるよう諸環境を整え、一刻も早く将棋界を正常化させるよう、強く要望するものであります。

すると、少なくとも谷川会長や渡辺竜王など、三浦九段の休場に至る原因をつくり、あるいはそのような決断をした当事者が正式に謝罪することは必要ではないか。1億%クロのツイッターを書いた御仁もである。名誉回復及び、口先だけでない補償も必要だろう。

このあとは、差し戻し判決のようなかたちで、将棋連盟の理事会がしかるべき結論を下すのだろうが、このあと将棋連盟にまかせていいのかとどうしても不信感が募る。

刑事の墓場

user-pic
0

数ヶ月前に、首藤瓜於の脳男、講談社文庫を読んだとき、私はあまり他の小説で読んだことのない新鮮な面白さを感じた。それで、先日古書店で首藤瓜於の「刑事の墓場」講談社文庫をみかけたときは、迷わず買って、比較的短い据え置き期間で読み始めた。

「刑事の墓場」は、その場所が、「脳男」の場所になった愛宕市のそばである以外は、「脳男」とはあまり関係ないし、ストーリーの傾向もがらっと異なっている。

「刑事の墓場」では、雨森という、コミカルにも響く冗談のような姓の刑事が主役であり、それは私は、あれっ、これは、東川篤哉の作品のようなユーモア・ミステリーなのかと思っていたら、どうも違う。

すなわち、雨森は、いわゆる高い偏差値の大学を卒業して民間企業に就職したが、どうもなかなか昇進できない。出世欲が強いタイプなのである。そこで思い切って採用試験を受けて警察官になった。すると知能犯担当の刑事となり活躍したので、県警のそこそこ地位のある人に認められ、腹心として指示を受けて仕事をしていたところ、特にミスをしたわけでもないのに、動坂署という、聞いたこともないような警察署に異動になって、ふてくさていれる、という次第である。

ふてくされる理由は、動坂署は、建物は古いし、署員が活気がなく、しかも何週間もたつのに、雨森に声をかけてくる職員もいない。なので誰とも打ち解けることができない。

そもそも、普通は警察署に必ず設置される独身者用の待機尞がなく、それでもアパートなんか借りる気がしないので、いつまでも当直の部屋に寝泊まりしているという次第である。

そしてある朝のこと、雨森が当直の部屋で寝ていると、巡査が雨森を呼びに来た。なんでも、近くで女性が男性に突き飛ばされたらしい。近所の人から通報があったのだった。そして女性を突き飛ばしたという男性を巡査が警察署に連れてきたので、雨森に刑事として取り調べしてくれ、という。

そこで渋々雨森が聞き込みしたが、男はまともに応答しないというか、ほとんど黙秘である。そもそも、傷害罪なら親告罪なのであるが、誰からも被害届が出ていないので、ともかくその男は解放した。

それから、通報した男の息子という人が警察署に来たので、説明を聞いて、少しずつ事情が分かってきた。どうやら女性を突き飛ばしたのは、付き合っていた男らしい。それで、雨森は暇なので、街中を歩き、いろいろな人から周辺の情報を聞くことにした。

そうしていると、突然、突き飛ばされたという女性が被害届をもって警察にやってきた。応対した雨森は、その女性があまりにも美人なのでびっくりした。なんでも名前は、小須田里香というらしい。その美貌に触発されて、まあ退屈しのぎもあるのだが、雨森は事件に入れ込んで、聞き込みを続けた。

ところが、聞き込みしている雨森を尾行している者がいることに雨森が気づいた。それは動坂署の巨漢の刑事、蝶堂なのだった。蝶堂は雨森がどこかの警察署からスパイとして送り込まれたと疑っているらしい。

さて、本当の事件はここからなのであって、雨森が小須田里香が住んているマンションを、個人的興味も半ばで訪ねてみると、なんと小須田里香が殺されていた。雨森が第一発見者である。それで当然雨森は、動坂署に通報したが、なんといきなり駆けつけてきたのは、となりの弥生署の刑事たちなのだった。

なんということだと怪訝になった雨森だが、さらに意外だったのは、県警の本庁から刑事や管理官などがやってきて、動坂署に捜査本部が設置されたことである。そもそも、今まで動坂署に捜査本部が設置されたことがなかったので、署長の桐山、刑事部長の鹿内など、準備に大童となった。

そうしているうちに、県警の本庁からやってきた管理官が捜査を仕切り、どうやら犯人の目星をつけたらしい。しかし、動坂署は完全に蚊帳の外に置かれたままである。

雨森は、最初は蝶堂と敵対していたが、喧嘩のあとの仲直りではないが、すっかり肝胆相照らす仲になって蝶堂から事情を聞き、動坂署の置かれた微妙な立場が分ってきた。このままでいくと動坂署が自然消滅の憂き目に遭うことも分かってきた。そして当初から小須田里香の件に関与していて事件の背景に詳しい雨森は、独自の推理で、本庁や弥生署が把握していない真犯人を割り出し、強引ともいえる行動力をもつ蝶堂と組んで、真犯人逮捕に邁進していった。

というなかなかlike no otherなストーリーで、私はとても面白く読んだのだが、ストーリーが跳びすぎていて、アマゾンの評価はどうもいまいちのようである。ただ、私はこの小説と脳男で、すっかり首藤瓜於のファンになってしまったのだった。

だいたい私は恋愛下手のくせに変に惚れっぽかったりするが、それは作家に対しても同様らしい。

今年の10月の初めころ、A級順位戦で三浦九段が渡辺竜王に完勝したとき、おおっ、この勢いで三浦九段が竜王位奪取もありえるね、と期待した。そして、竜王戦の七番勝負が始まったら、例によって毎局、王座戦第3局のような形式で盤面図付きで棋譜を辿ってみようと楽しみにした。

ところが、例の事件が勃発し、竜王戦に対する私の興味は、冷水をぶっかけられたように消沈した。

そして、三浦九段の代打で丸山九段が竜王戦の挑戦者で出場することが決まると、丸山九段には一切怨みはないが、今期の竜王戦の七番勝負なんて一秒たりとも観戦するものか、と心に誓ったりした。

とはいえ、竜王戦の七番勝負が始まってみると、つい流れてくる情報に興味をそそられたりした。例えば、丸山九段が今回の将棋連盟の決定に納得がいかず、その意趣返しか、第一局でA級順位戦で三浦九段が渡辺竜王に完勝したのと同じ戦法を採用したことで、おお、丸山やるじゃん、と思った。

そこで、今期の竜王戦の七番勝負なんて一秒たりとも観戦するものか、と誓ったことは忘れて、その将棋をざっと並べてみた。すると、丸山が勇躍▲32飛成と切ったあと、渡辺が△24角と出てからは一貫して渡辺が優勢で、結局丸山はいいところなく土俵を割った。

第二局は丸山の後手番で、伝家の宝刀?の一手損角換わり。しかし、以前に丸山が竜王戦で渡辺に一手損角換わりを採用してあまりいいこところなく敗れたのを知っているので、私はう~んとうなった。通用しないんじゃないの?という懸念である。

ともかく、第二局は、一手損角換わりから腰掛け銀模様で、渡辺が穴熊に入ろうとしたところを丸山が62金、73桂のかたちで△65歩と攻めていき、▲同歩、△同桂と進んだところで、渡辺は▲同銀とくいちぎり、△同銀に、▲63歩、△72金、▲64桂、△73金、▲62歩成と最近よくある形に進み、渡辺は▲62とを起点として丸山玉に迫っていった。しかし丸山は渡辺の穴熊にアヤをつけ、駒を溜めて、最後一気に即詰みに討ち取った。おっ、丸山やるじゃん、と思った。

第三局は、渡辺が後手番で珍しく角道を止める四間飛車を選び、ほとんど必然のように相穴熊になった。膠着状態から、やや丸山がミスしたか、打開した渡辺が少し良くなった。終盤の入口でも渡辺が優勢かと思ったが、渡辺が受け間違えて最後ははっきり丸山が一手勝ちになった。これで丸山が2勝1敗、先行したことで、もしや丸山の竜王奪取もありえるかと淡い夢を抱いた。なにしろ渡辺は三浦事件のことで流石にいろいろと責められているのかもしれなくて、普通の調子ではないように見受けられた。

第四局は丸山の後手番で、またしても一手損角換わりとなった。やはり腰掛け銀模様で、第二局を踏襲するかと思ったら、丸山は△62飛と変化した。そして13角と角を打って46を狙う手に命運をかけたが、渡辺に丁寧に受けられて、最後は反撃に転じた渡辺に押し切られてしまった。

第五局は渡辺が後手番で横歩取りに導いたが、△84飛でなく△85飛を選んだのが渡辺の工夫だった。丸山がうまく指し作戦勝ちかと思われたが、渡辺はあえて低い陣形で待機し、丸山の隙ができるのを窺った。果たして丸山が攻めていくと反撃し、丸山のミスを誘って攻め切った。

これで渡辺の3勝2敗。ああやっぱり防衛かと思った第六局は丸山の後手番でやはり一手損角換わりでしかも、腰掛け銀模様。いくらなんでもワンパターンすぎないか、と私は顔をしかめた。ところが△62飛としてから△65歩、▲同歩、△同銀、▲同銀、△同桂、▲66銀に△57桂成という単純な攻めで渡辺は困った。すなわち△57桂成には▲同金しかなく、そこで丸山は△65歩。これに▲77銀だと△39角で難しいが、やや丸山よしか。そこで渡辺は△65歩に▲24桂とぶち込んだが、普通に△66歩で後手よし。すると、やはり▲77銀の方が難解なのかもしれない。以下丸山が慎重に読みを入れて、最後は即詰みに討ち取った。なお、投了図からの即詰みは、実は19手詰めで私にはなかなか読み切れなくて困ってしまった。ともかく投了時点で2日目の午後2時過ぎであまりにも早い終局である。

そしてついに第七局まで来てしまった。最後は改めて振り駒で丸山の後手。そして丸山は最後も一手損角換わり。そして今まで指していなかった早繰り銀を選んだ。ううん、野球でクサい球をすべてファールにされて、いよいよ投げるコースと球種がなくなってしまったピッチャーのようである。丸山は、早繰り銀から棒銀にして9筋から端攻めしたが、われわれレベルの将棋ならともかく、プロでこのような単純な棒銀の攻めで幸せになった棋譜を私は知らない。果たして、丸山は攻めが単調になってしまい、早々に不利になってしまった。あとは渡辺の収束をみるばかりとなり、着実な寄せで15時53分に丸山の投了となった。結局終わってみれば予想どおりの渡辺の防衛となったが、正直いって、ニュアンスは違うかもしれないが、渡辺竜王も丸山九段もいまいちモチベーションが上がっていないように感じた。それは第六局と第七局の早い終局にも例示される。

こうして終わってみて顧みると、穿った見方かもしれないが、第六局は、ここで終わっては第三者委員会の結論がまだ出ていないので、渡辺が手抜きしたというわけではないが、なんとなく第七局まで引き延ばしたというように感じる。第七局まで引き延ばした、というのは、まあ勝とうと思えば勝てるみたいな渡辺の余裕を意味し、第七局の指し方はそれを例証しているようにも思える。

竜王戦が終わってしまうと、いよいよ第三者委員会の結論と三浦九段の帰趨を待つだけとなった。それは晴れて渡辺竜王が防衛したことを以て、うむ苦しゅうないぞと、玉虫色の結論になるのだろうか。

ところで、12月23日の読売新聞の37面に、「渡辺貫禄 急所逃さず」と、渡辺防衛の棋譜と総括の記事があったが、私が寧ろ注目したのはその記事の左下にあった「岩手中2同級生不処分」という記事である。これは岩手県の中学2年生がいじめを苦に自殺し、同級生が自殺した少年に対して暴力を振るったとして書類送検された事件の家裁の判決であるが、裁判長は「目撃者の証言に不合理な変遷がある」として「暴力を認定する証拠はない。」と結論づけたというのだが、これは三浦事件とあまりにも対応が違う。

すなわち、三浦九段は確たる目撃者もいないのに、何人かの棋士の直観とか気分だけで実質的に処分され、未だ休場を解かれていない。

私は小学校時代にいじめられっ子だったので、いじめられる側の心理に大いに共感できるし、今でも私を虐めた複数人の同級生を許す気持ちにはなれない。なので、上記のような裁判の判決には、自殺した中学生が不憫で、はらわたが煮えくり返る気持ちになるのだが、それでも「目撃者の証言に不合理な変遷がある」として処分までには至らなかったりするのがデュー・プロセスの重みである。

さて、法曹界の重鎮であるはずの第三者委員会の諸氏がどのような結論を出すのか、刮目して見届けたいものである。

娘は娘

user-pic
0

自分の部屋で本を探していたら、たまたまアガサ・クリテスティの「娘は娘」中村妙子訳、ハヤカワ文庫がみつかった。かなり前に買ったのは憶えているが、本の地層に沈んてしまっていた。ちらっとページをめくると、新装版で文字が大きくて私のような老眼に苦しむものにも目に優しい。そこで久々にアガサ・クリテスティの小説を読むことにした。

さて、「娘は娘」は、アガサ・クリテスティにしては珍しくミステリーではない。主人公は、未亡人のアン・プレンティスとその娘セアラ。そしてメイドのイーディス。

アンは、結婚してセアラを産んでから早くに夫を亡くし、その分愛情をセアラに注いできた。愛情が過ぎて、甘やかしている面がなくもない。メイドのイーディスは長くプレンティス家に仕えていて、家族も同然である。優秀なメイドなのだが、結構口うるさいところもあり、ときどきアンに、もっと娘を厳しく躾けるように苦情を言ったりする。

ともかくもセアラがいると家族の太陽で、アンもイーディスも振り回されているのだが、たまたまセアラがスイスに三週間の予定で修学旅行に行くことになった。それでセアラが出かけると、アンもイーディスも心にぽっかり空洞ができたみたいで淋しくなったが、せっかく時間の余裕ができたので、アンはボーイフレンドたちと会って食事することにし、イーディスは、普段はできない家の大掃除をすることにした。

アンは未亡人とはいえまだ四十代前半で、もともと美貌に恵まれていて、付き合う男性に不足していない。しかし、セアラのことがあるので、安易に再婚する気にはなれないでいた。

そんなアンは、公園を歩いていて、東洋帰りのリチャード・コールフィールドという男性とたまたま出逢い、一瞬で互いに一目ぼれした。リチャードは一度結婚したのだが、不幸にも、娘が産まれたときに妻の具合がよくなく、結局、妻も娘も亡くしてしまって、茫然とした日々を過ごし、最近ようやく立ち直ってきたところだった。

アンとリチャードは、出会っているうちに短期間で親密度を増し、ほぼ結婚の決意をするところまでいったが、アンの懸念はセアラだった。いまは不在のセアラは、自分が結婚すると愛情をそちらに奪われるのではないかと懸念して葛藤に苦しんだ。そして、信頼且尊敬できる友人で、精神科医のデーム・ローラ・ホイスタブルに相談したところ、自分の人生も大事にするようにアドバイスされ、結局、セアラに相談しないでリチャードとの結婚を決意した。

ところが、セアラが修学旅行から帰ってきて、アンがセアラをリチャードに引き合わせたところ、最初は互いに儀礼的に会話していたのだが、次第に互いの本音がぶつかって、セアラとリチャードが激しく言い争うようになった。アンは懸命に妥協点を見出そうとして、ホイスタブルにもさらに相談したのだが、結局、セアラを取ってリチャードを諦めた。そのことがアンの深いトラウマになった。

ホイスタブルは有名人で、講演や著作の依頼が絶えず、それで外遊して忙しい日々だったのだが、久々にイギリスに帰ってきてプレンティスを訪れてみるとなんと、アンはけばけばしく宝石や衣装で着飾って、社交に忙しそうだった。セアラはセアラでボーイフレンドたちと遊び回っている。ホイスタブルはセアラがすっかり女らしく、美しくなっていることに驚いた。

精神科医としてホイスタブルが観察していると、どうもアンとセアラの間に、以前のような細やかな愛情が感じられない。

それからしばらくしてセアラは、リッチでイケメンだが、女たらしでスキャンダルの噂のたえない、ジェリー・ロイドという男から求婚された。女の本能でその男に激しく惹かれるのだが、理性では、こんな結婚は幸せになれないと醒めているところもある。それで、アンに相談したのだが、アンは一切まともにアドバイスしようとせず、半ば切れて自棄でセアラはジェリーと結婚し、表面的には華やかだが次第に堕落していく日々を送るのだった。

ここからのストーリーの進展は記さないが、流石アガサ・クリテスティ、母と娘の間の感情を、リアルに描いていると感心した。

というのは、私は将棋と数学が好きで、論理的すぎるアスペのような感情が乏しい男だと思われていて、確かにそういう面はあるが、一方で異様なほど他人の心理に敏感で、なので両親や学友たちの心理を私なりに窺っていままで生きてきた。

そんな私の観察によると、親子だから、兄弟だから、肉親として互いに愛情をもって助け合うというのはYESでありNOで、むしろ肉親であるがゆえに激しく争うという場面にも多く出会った。表面的には平穏だった私と両親の関係も、一歩間違えると険悪になりそうな場面もあった。

ところで一般的に両親のどちらかが亡くなり再婚するということがあると、その新しい親と子供の間がうまくいくことはまずない。子供が経済的に独立しているとほぼ間違いなく縁遠くなるが、まだ成人になったばかりではどう折り合いをつけるか、あるいは折り合いがつかないか、そのあたりの心理描写がなんとも切ない小説であった。

そう書く私の描写がどことなく他人行儀なのは、私は片親を早くなくして再婚した義理と親との葛藤を感じたとか、そうでなくても親との壮絶なバトルがあったとか、そういう経験がないからである。それはそれで幸せなことなのだろう。

いくら私の人生経験が狭いといっても、世の中には、外人部隊の傭兵や、警官や、ビルの工事現場などいくらでも大変な仕事があり、私が今までやってきた特許の仕事なんて相対的には相当楽な部類だろう、ということは流石に知っている。

さて、特許の仕事といっても、典型的には特許訴訟、特許明細書作成、中間処理、特許調査があり、おそらくこの順に大変というのが世間の相場だと思う。要するに、特許調査が一番楽で誰でもできる、と理解されていると思うが、それを否定するつもりはない。

ただ私が特許の仕事を始めたとき、何かのパンフレットで特許関係の様々な仕事の紹介というのを読んだような気がするが、そこに、特許調査の仕事は、髪の毛が灰色になるほど地味で退屈な仕事だ、とあったような気がする。

私は長年特許明細書作成や中間処理を担当してきて、今は縁あって特許調査の仕事をしているのだが、周囲を見回してみると、特許調査の仕事をしている人で、明細書作成や中間処理をガチでしてきた経験がある人はそんなに多くないと思う。しかし、中間処理を担当したことがなくて特許調査を担当したとして、どうやってこの発明は進歩性があるとかないとか判断できるのだろうか。それって、野球をやったことがない人が野球の審判を務めるようなものではないか、と余計なことを思ってしまう。

で、例えば特許明細書の作成だと、かなり深く技術を理解しなくてはならないし、文章のレイアウトはある程度決まっているとはいえ、どういう内容を書くかということも構想力を要する。

特許調査も、ある程度技術を理解しなくてはいけないし、検索式の作成はそれになりに構想力を要するとはいえ、特許明細書作成ほどではない。なら楽勝ではないかと思うのだが、最近そうでもないと感じている。というのは、検索式を作ったあと、ヒットした特許を一々読んでいくのが大変なのである。

私の経験では、1日に千件の特許の請求項に目を通さなくてはならないことがあり、それを終えるとどっと疲れる。何しろ作業が比較的単調で気分転換を許さない。

それがどういう影響をもたらすかというと、特許調査の仕事は、特許明細書作成より体力か使わないかもしれないが、頭のエントロピーは増やしてしまう。おそらく、雑多な特許の内容を読まなくてはならないからだろう。

頭のエントロピーが増えるとどうなるかというと、数学、哲学などの比較的難解な本がどうも読めなくなる。低エントロピーの、頭が整理された状態でないとそういう分野の思考は働かないのだろう。

なので、以前に外資系にいた頃より確実に数学や哲学の本が読めなくなって、その分増えたのがミステリー小説である。不思議でもなんでもないかもしれないが、パターン化されたミステリー小説を読むと、頭が安心して、エントロピーが減るような気がする。そして頭のエントロピーが減ってくると、比較的難解な本を読む活力が湧く

頭の疲れと頭のエントロピーは別であるというのが最近気づいたことで、頭の疲れは眠ったり、音楽を聴いたりするのがよく、頭のエントロピーの増大には、ミステリー小説でなくてもよいが、自分にとって定番になっている本を読むのがよいようである。

そして特許調査の仕事はかなり頭のエントロピーを増加させるようである。やったことはないが、知らない人に次々に会う必要がある営業の仕事も頭のエントロピーを増加させるような気がするが、質が違うような気もする。すなわち、営業の仕事だと増えたエントロピーを減らすには、読書よりも酒でも飲むのがよいのかなと思ったりするが、そんなの人によるじゃん、と言われたらまあそれまでである。

特許調査の仕事の話をしようと思っていたのに、すっかり別の話になってしまった。

私はもう8年以上、ソーラー電波腕時計のユーザーだが、その電波受信状況をみていると、基本的にはほぼ毎日の深夜、正しく時刻合わせの電波を受信しているものの、だいたい数ヶ月に一度くらい、かなりの期間に亘ってまったく電波を正常に受信できないことがある。

私の記憶が正しければ、今から一年半くらい前に、3週間くらい全く電波が受信できなかった。それでももともと時計機能が比較的正確なのか、1秒も時間は狂っていなかったような気がする。

そして、私のソーラー電波腕時計は、最近では12月11日の0:02に受信したあと、12月20日の01:02まで電波が受信できなかった。なんでこんなことがあるのか不思議である。

多分であるが、地磁気の影響なのだろうと私は思っている。もっというと、太陽の黒点とか太陽風とか効いてくるのかと思ったりするのだが、そっちの知識があまりにもないので、議論を深められない。

あと、残念なのは、電波腕時計が何日電波が受信できないことがあっても、一切話題にならないことである。天気予報でも、今日は電波時計が受信しにくい予定です、みなさん、微妙な時間のずれに注意しましょう、なんて絶対いわない。どうでもいいからである。

ところで、長く電波時計が受信できないとき、パソコンの時刻を電波で飛ばして受信させるプログラムがあるらしい。そういうことはパソコンの時刻もかなり正確ということになる。

でも、パソコンの時刻がなぜ正確なんだ?と考えてみた。というのは私はシスタンやっていたころ、パソコンの時刻はいつもひどい誤差なので、仕方なく手動で設定していたものである。

でおそらく、今のパソコンは、定期的に時刻サーバに接続して標準時間を取得する機能があるのだろう。なので最近、時間が狂ったパソコンというのを見たことがない。

ということで、地味ながら世の中は進歩しているのだった。

ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 角川ホラー文庫は、最近感心したSROシリーズほどではないにしても、そこそこ気に入ったので、そのシリーズ第二巻「CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」も読むことにした。ところが、「CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」は新刊で買ったので、その帯をみて、このシリーズが今年の7月からフジテレビ系で既にテレビ・ドラマ化されていることを知って、あらら、と苦笑いしてしまった。

そういえば、今年の7月にブログに書いた横関大「再会」講談社文庫について、下記のように山椒魚さんからコメントを戴いた。

あれ?読んだことないのになんだか全部ストーリー知ってると思ったら4年前くらいにフジテレビでドラマになってました。
万季子役は常盤貴子でした。

するとどうも私は、無作為抽出で、テレビ・ドラマ化されそうな小説を選別できる感性がある、ということになるが、それは言い換えると私の感性が俗っぽい、ということを意味する。それは決して自慢できる側面ではないが、ともすれば偏屈で孤立しがちな自分の性格を緩和するように、そうやって自分でバランスをとっているのだと言い訳しておく。

ちなみに、テレビ・ドラマでは、藤堂比奈子役は、波瑠ということだが、ウェブで改めて波瑠の容姿を確認して、それ違うくね?美人すぎなくね?と疑問をもった。私の藤堂比奈子のイメージは、タレントでいうと柳原可奈子なのだが、流石に柳原可奈子を主人公にしたら、猟奇ミステリーでなくてコメディーか。

さて、「CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」は、比奈子が、勤務する八王子西署のストーカー犯罪相談会で、「背なカフェ」の店員、吉田佐和から相談を受けるところから始まる。それは佐和が勤務先で、お客として訪れてくるお金持ち風の男に、ストーカーされているという内容であるが、巧まざる話術の名手、比奈子は雑談で相手の心をつかみ、いろいろなことを聞きだしてしまう。

そんな雑談のなかで、ある和菓子屋の饅頭がおいしいと聞き、甘いものに目がない比奈子は、早速そこを訪ねてみた。するとその和菓子屋は年配の女性が一人で切り盛りしているのだが、なぜか託児所のように子供たちの溜まり場になっている。比奈子はそのフレンドリーな性格で、たちまち子供たちと打ち解けた。そして子供たちは夜、近所にある幽霊屋敷のような廃屋に、肝試しに行くのだという。そんな、子供たちだけでは不用心と思った比奈子は、子供たちの引率として肝試しに付き添うことにした。ところが、廃屋に行ってみると、比奈子は、えも言われぬ禍々しい臭いを感じたような気がした。

ところが、比奈子の直観は当たってしまった。すなわち、解体業者が市から依頼されて、当該の廃屋を解体しに来たところ、廃屋の中で、死体を発見してしまったのである。たちまち八王子西署のガンさんら、刑事のスタッフが現場に急行した。するとなんと、洋服を着せられ、体の一部が切り取られた死体が五体もあったのである。あきらかに猟奇殺人である。

また、死神女史こと、石上博士が呼ばれ、検死は大童となった。また、鑑識班も、なにしろ死体が五体もあるので、証拠の収集が大変だった。

こうして八王子西署には大規模な帳場が立ったが、まだ新米の比奈子は、聞き込みなどの捜査に加えさせてもらえず、食料買い出しなどの兵站を任された。そんな比奈子は、ふと思いつくことがあり、食料買い出しを他人に押し付けて、死神女史を訪れた。すると死神女史は、それを待っていたかのように、日本精神・神経医療研究センターに行くので、一緒に来てくれ、という。なんでも廃屋にあった死体に付いていた蛆虫その他の昆虫を、死体に群がる昆虫の研究者、すなわち昆虫法医学者に鑑定してもらうためだという。

ところが死神女史には別の意図があり、それは日本精神・神経医療研究センターに軟禁されている中島保に、比奈子を会わせることだった。中島保は「ON 猟奇犯罪捜査班」の事件で犯罪に関与していると推定されるのだが、明確な証拠がなく起訴猶予となった。しかしその特殊な才能は放置するにはあまりに危険なので、日本精神・神経医療研究センターに隔離されていてそこから出れないのだった。幸い比奈子は、中島保に再会でき、事件の概要を話して、犯人像のプロファイリングを依頼した。

一方で比奈子は、ガンさんと吉田佐和の周辺を聞き込みし、犯人を探った。そうしているうちに、中島保から犯人像のプロファイリングの情報も届き、次第に犯人が分ってくるというストーリーなのだが、猟奇的な出だしにも拘わらず、地道な謎解きのミステリーに仕上がっており、それでいて比奈子とその周囲の人達のほのぼのとした人情の組み合わせはなかなかいい味に仕上がっていると感じた次第である。

一気通貫ではないにせよ、猟奇犯罪捜査班も全巻読みそうな雰囲気である。

生命と自由

user-pic
0

何年前か忘れたが、渡辺慧「生命と自由」岩波新書を読んでとても感動し、自分のスピリチュアリズムに科学的根拠が与えられたような気がした。それで最近読み直そうとしたら、捨てたり古書店に売ったりした記憶はないのに、どうしても見つからない。それで仕方なくアマゾンで古本で買い直すことにしたら、なんと、出品しているのが、私が高校時代に通った尾道書房だった。これも何かの縁だろう。

それで、本が着くと直ぐに読み始めたのだが、余程記憶が悪いのかどうしても昔読んだ本の内容と違うような気がする。果たして別の著書だったのだろうか。まあ一回目だろうと二回目だろうと読書にかわりはないので、普通に読み始めた。

第一章では、「もの」としての生命、「こと」としての生命という題で、まず仏教の「無我」の概念が出てくる。粗く要約すると、「もの」としてみたとき、昨日と自分と今日の自分は入れ替わっているが、何かしら「こと」としてみたとき、なんとかそこに一貫性が見いだせるということだろうか。同様にバラモン教のブラハマンとアートマンも論じられる。

ギリシャでは、プラトンが「もの」としての生命、すなわち機械論でなく、「こと」としての生命、すなわち生気論者としてあらわれる。すなわち、魂がまずあって、それから物質が派生的に生じてきた、という次第である。

アリストテレスも生気論者であるが、プラトンとは少しニュアンスが異なる。ただ、アリストテレスも目的的な行動ということは唱えるわけで、それはマテリアリズムとは異なる。

次に比較的最近の生気論者して、ドリーシュが論じられるが、私の記憶が正しければ、科学史の文脈では、ドリーシュはまともな科学者として扱われていない。じっさい、ドリーシュのエンテレヒーの理論は、ある種の生理作用が物理化学的法則に帰着できないとするもので、彼は生涯をかけてその理論を説得力のあるものにしようとしたが、成功したかどうかは分からない。

第二章では、存在の基底としての生命と題して、何人かの哲学者の教説がとりあげられる。最初に出てくるのがショーペンハウアーで、意志としての自分と、身体という表象としての自分を分けたところに意義がある。ショーペンハウアーは仏教にも詳しくて、その影響を受けている。ともかく、ショーペンハウアーのいう意志は、生命の動力源と解釈される。

次に採り上げられるのは、ベルクソンである。ベルクソンは、純粋持続としての生命ということを説き、純粋持続の世界に自我があるという。ところで、現代物理学者は、たとえば超弦理論などからも見てとれるように、世界をエレガントに幾何学化することにより、万物の理論をうちたてようとするが、ご存じのようにそれは頓挫している。ベルクソンはそのような静的な世界の記述に反対するが、だとして、純粋持続をどう定式化するのか。そもそも定式化することが不可能だったとしたら、世界はなんらかの直観で理解するよりないのか。ともかく生命の哲学というとき、ベルクソンが重要な位置にあることはたしかである。

その他、無意識について、仏教の唯識説、ハルトマン、フロイト、ユンクが言及される。

第三章では、機械としての生命が論じられるが、これは要するに思い切って私の言葉で言い換えると、生命とその身体を、ロボット制御系のように理解することであろう。すなわち、生命がCPUと制御系であり、身体がアクチュエータである。機械というとき、ともすればアクチュエータの部分に注目がなされるが、CPUと制御系、すなわち情報機械も劣らず重要である。

面白いのは、量子力学の泰斗、ニールス・ボーアが量子力学からのアナロジで、機械としての生命にも相補性原理を説き、機械としての生命には物理化学的法則に帰着できないものがある、と述べたことである。それに対抗したわけでもあるまいが、シュレーディンガーは、「生命とはなにか」という小著で、生命の本質はネゲントロピーであると説いたことである。ネゲントロピーを持ち出すということは、生命と熱力学の法則との深い関係に留意しなくてはならないということである。

また、生命がCPUと制御系であるということから、ウィーナーのサイバネティクスとの関係も当然に考慮しなくてはならない。さらには散逸系のプリゴジンの研究も関連してくる。蓋し、生命科学は総合科学である。

一方で、生命には物理化学的法則に帰着できないものがある、としたとき浮かび上がるのは、非還元論である。生命が「もの」でなく「こと」であるとしたなら、非還元論への途が拓くが、そういってしまうと、当座の言い逃れになってしまい、きちんとした議論にもっていくには時間がかかる。それにしても、このことと、ウィトゲンシュタインが論理哲学論考で、世界は事実の総体であり、ものの総体ではない、と述べたこととどう関係があるのだろう。

第四章は、化学系としての生命であるが、これも前節に劣らず重要である。なぜなら、生命は酵素などの触媒をもちいて、植物が光合成により炭水化物に組み込んだエネルギーを極めて効率よく取り出しているからである。人工光合成のような研究がなされていきているけれども、ATPサイクルのような仕組みを人工的に実現するのははるかに困難であろう。

しかし、化学系としての生命として劣らず重要なのは、化学の文字で書かれた遺伝情報である。すなわち、分子遺伝学の研究が進むにつれて、特定の遺伝子の特定の部分が特定のたんぱく質の合成に対応するということが分ってきたが、現代のパラダイムでは、その還元的手法をどこまでも推し進めることで生命が解明されると楽観しすぎていないか。渡辺氏は、ニュートン力学の運動方程式を例に出して、遺伝子の情報は、その運動方程式の初期値、すなわち、初期位置と初速、そしてポテンシャル項なのではないかという。しかし、ニュートン力学が位置に関する時間の二階常微分連立方程式で解けるということの情報の方がはるかに大きい。生命においても、遺伝情報を解釈して生命活動をインプリメントする仕組みというか機構の方がはるかに重要なのではないだろうか。もしかして、誰もがそれに気づいているが、難し過ぎて手が出せないというところだろうか。

そして第五章はまとめで、自由追求としての生命であり、渡辺氏は以下のように簡潔にまとめる。

  1. 非決定性
  2. 価値追求性(未来指向性)
  3. 実行能力
  4. 脱物質性(変化を通じて自己同一性)

非決定性とは生命が自ら動く、あるいは動かないことであり、素朴にいうと、我が家が飼っている猫は、ほとんど毎日、寝る場所を変えるが、私が今日はここで寝るだろうと気を利かせて毛布を予め敷いておいても、大抵その予想は外れる。その程度のことでも非決定性があらわれている。

価値追求性(未来指向性)であるが、何かの目標をたてて、それを実現するように活動しない生物はいないだろう。

実行能力は説明の要もあるまい。

脱物質性(変化を通じて自己同一性)は、パンタ・レイ(παντα ρει)で述べたようなことがあっても、一応自己同一性を維持することから、自己同一性は物質に強くは依存していないことがわかる。弱く物質に依存しており、自己同一性も、数学における同値関係のようなものかもしれないが、同値関係はいくら連鎖しても同値だが、生命の場合は、時間が長く経過して時間が経過すると、どうみても同値ではなくなる。それでも、♪私以外、私じゃないの♪と当面言い張るのが生物なのだろう、まあそう強弁し続けられるうちは、であるが。

最後に、生命の神経系統には低エントロピー物質が多く介入してくるので、逆因果的過程が成立しているのではないかという渡辺氏の指摘も興味深い。逆因果的過程とはどのようなものかというと、例えば、コップの中にインクを一滴落とすと時間が経過して、インクはコップ全体に広がる。その段階で最初にどこにインクを落としたか全く分からない。ところが、その様子をビデオに録画しておいて時間を逆向きに進めると、あらよ不思議で一様に広がったインクが一点に収束する。それは、いろいろな場所で寝る可能性があったうちの猫が、今日はここ、と収束することに対応する。

多分であるが、無理やり心と肉体の二元論を想定してみても、心と肉体の両方に、因果関係と逆因果関係の両方が成立している。むしろ、因果関係と逆因果関係がエンタングルしているといってよい。さらに心と肉体もエンタングルしているとなると、それがどんなものか想像を絶する。Think non-linearly, non-reducibly, non-causallyである。ここから思考を出発しよう。

2016年5月にQoLミニマムに書いた冨田真由さんに対するストーカーによる刺傷事件であるが、警視庁が、冨田さんからの事前相談に対する不適切だったことを認めたという。以下、読売新聞のウェブ記事から引用する。

東京都小金井市で5月21日、タレントで大学生の冨田真由さん(21)がファンの男に刺された事件で、警視庁は16日、事件前の相談対応に関する検証結果を公表した。
「殺されるかもしれないとの恐怖心から相談に訪れた被害者の思いをくみ取れなかった」と対応が不適切だったことを認め、保護対策を徹底するなどの再発防止策を示した。冨田さんは弁護士を通じて、「危険性がないと判断されたのは今でも理解できない」とする同日付の手記を公表した。
同庁の発表によると、冨田さんは5月9日、知人と2人で同庁武蔵野署に相談に訪れた。冨田さんは署員に岩埼友宏被告(28)(殺人未遂罪などで起訴)の名前を伝え、「ツイッターへの執拗な書き込みをやめさせてほしい」と相談。書き込みを印刷した計約140枚の資料を提出した。

この警視庁の回答には一応の誠意を感じるが、ただ私の感想は複雑である。それは、冨田真由さんの側にも油断があったのではとかそういう意味では全くない。純粋にセキュリティ的懸念である。

例えば、警察が誠意をみせて、事件が起きたライブ会場に警備に来たとしよう。すると、警察がいるのを察知して、岩埼被告はその場は諦めて、次の機会を狙うかもしれない。あるいは、冨田さんの申し出に応答して警察が岩埼被告に任意同行を求めたとしても、ツイッターへの執拗な書き込みだけでは拘束できない。

こうして冨田さんはいつ襲われるか、ずっと見えない恐怖に怯えなくてはならない。これを完全に防ぐには、要人警護並みのガードが必要で、いろいろな意味で一個人にはそれは無理である。

私はたまたま趣味で沢山警察小説を読んできたが、そこから学んだことによると、重大事件に決定的な役割を果たす可能性があり、しかも身辺に危険が迫っている人物でないと、なかなか24時間体制で警察に警護してもらえないと思われる。

すなわち、なにか具体的に傷害などの事件を起こさないとストーカーを逮捕できないのだとすると、実に難しい。

それとも、ツイッターへの書き込みを基に、刑法234条の威力業務妨害罪が適用できるだろうか。このあたり遺憾ながら私は不勉強でわからない。

ところで、読売新聞の記事によると、冨田さんは一時意識不明だったが、9月に退院し、現在はリハビリ中だが、顔や腕などに傷跡が残り、視野狭窄やPTSDなどの症状があるという。失ったものはあまりにも大きい。なんとか復帰してほしいものである。

7年前島根で起きた女子大生死体遺棄事件について私は、自分のブログで、以下のように詳しく言及してきた。

ところが、この事件が今頃になって意外な展開をみせた。毎日新聞の記事を引用する。

2009年10月、島根県立大1年生だった平岡都さん(当時19歳)が同県浜田市で行方不明になり、11月に広島県北広島町の山中で遺体が見つかった事件で、平岡さんの遺体発見直後に交通事故で死亡した山口県下関市の当時30代の男の関係先から行方不明になった後の平岡さんの画像が見つかったことが、捜査関係者の話でわかった。島根・広島県警の合同捜査本部は20日午前、男を容疑者死亡のまま、殺人容疑で松江地検に書類送検する方針。
捜査関係者によると、男は当時、浜田市に隣接する島根県益田市に仕事のため1人で暮らしていたという。男は平岡さんが遺体で発見された2日後に、山口県内の高速道路で普通車を運転し、ガードレールにぶつかる単独事故で、車両が炎上。同乗していた当時50代の母親とともに死亡した。

すると要するに、平岡都さんを殺害した容疑のある男が、事件が発覚した直後に、高速道路で自損事故を起こし、同乗していた母親とともに死亡したというのか。それで直ちに、これで一応解決だと思えないのは、文字どうり私が推理小説の読み過ぎだからなのだろうか。そこで素朴な疑問を記してみる。

  1. そもそも、容疑者が亡くなって7年も経過して、どうして、またどういう経緯で今頃ひょっこりと、その男の関係先から行方不明になった後の平岡さんの画像が見つかったのか。これに関しては、読売新聞の朝刊をみると、捜査本部が容疑者の遺品のデジカメから平岡さんを写した画像データが見つかったのだという。そしてそれが屋内で、その背景が当時容疑者が住んでいた島根県益田市の自宅だったという。しかしどうして7年もたってから、という疑問は残る。
  2. どうして、その男が容疑者だと断定できるのか。真犯人が、その容疑者の仕業にみせるため、容疑者の持ち物に平岡さんの画像を潜ませたことをどうやって否定するのか。これは流石に上記読売新聞の記事の内容から納得することになるか。
  3. 容疑者は女性虐待の犯罪歴があるのか。近所の評判はどうか。
  4. 容疑者が島根県益田市から山口県に帰る帰路はどうなっているのか。
  5. これは単独犯なのか。

ともかく、あまりにも展開が推理小説的で、私にはどうしても、その容疑者が、身代わりの犯人としか思えない。そもそも、あのような事件を起こした直後に、のうのうと母親とドライブするという心理が分らない。普通なら、しばらくどこかに潜むのではないか。猟奇犯罪捜査班の野比先生こと中島保に意見を聞きたいところである。

だらけ

user-pic
0

だらけ、というのは普通ルーズというか、いい加減みたいな意味であるが、ここではちょっと違う単語で使ってみる。すなわち、永井荷風のぼく東綺譚を読んだとき、まっさきに思ったのは、あんな戦時中にもし日本の男子が永井荷風のような人だらけだったら、日本は鎧袖一触で負けているよね、ということである。最早日本が日本でなくなる。私も一応の愛国心はあるので、永井荷風だらけみたいな日本よりも、ペリリュー島や硫黄島で米軍に手痛い反撃を加えられる手強い日本の方がいい。少なくとも米国になめられないもの。

でも、戦時下で永井荷風のような一本筋が通った軟派がいることは、日本文化の厚みである、といえると思う。なので、日本の軍部も、いちゃもんつけて永井荷風を牢屋にぶち込むよりもむしろ、放置して遊ばせておいた、多分。

ところで、私が外資系の知的財産部門にいたとき、まさに部門は米国本社の方針で、弁理士だらけだった。上層部は、私のような非弁理士を駆逐するか、あるいは私が弁理士試験に受かるのを期待して、より一層弁理士だらけにすることを意図していた。

そんな私は、N人の弁理士がいるのに、N+1人目の弁理士になる数学的帰納法がどうしてもしっくりこなくて、まあ、実際はそっち方面の能力がなかったということだけなのだが、シスタンのような作業に没頭した。特許実務の傍ら、コンピュータと特許方式の勉強に精を出した。

努力したおかげで、錯覚かもしれないが私なりの居場所を見出し、ある程度の支持者をえた。そして、弁理士だらけになっても知財部は知財部のままだが、私だらけになったら、部門は最早知財部ではないよね、と自分に言い聞かせた。むしろ、孤立というか孤独を静かな楽しみとする日々となった。そして、自分だらけのような部門があったとしたら、それは最早知財部ではないね、でも一体何部だろう、社内ITサポート部門かな、それにしてはコンピュータに特に強いわけではないし。

じっさい、私のように振る舞うことは、やればやるほどじり貧みたいな損なことであり、ほとんど私に追随する人はあらわれなかった。なので、だらけなんてとんでもない話である。

私は、投資的な関心がゼロに近いので、世界が私だらけだと、資本主義そのものが成立しない。

私はほとんど女性から関心をもたれないので、私だらけになったら、人類は滅びるだろうか。私しかいなかったら仕方なく私を選ぶのだろうか。それとも私とカップルになるくらいなら死んだ方がましということになるのだろうか。

私は喧嘩が極めて弱いので、私だらけになったらあまり紛争は起きないかもしれないが、それでも戦争はゼロにならないだろう。

ともかく、決して自分だらけになりそうもない自分でいるように努力することが私の生き方になった。それにしてはあまり個性や特徴のない、地味な生き方なのだった。

そして最後に一言。どんな人であろうとも、どんな生物であろうとも、どんな言語であろうとも、だらけは歓迎しない。世界の多様性に万歳。

かのように

user-pic
0

私は、あまり特定のジャンルの小説を特別視しないように、ある程度多様性に意識して読む本を選んでいるつもりだが、どうしても多少偏ってしまうのはやむをえない。そんななかで最近比較的好んで読んでいるものの一つに森鴎外の作品がある。を最初に読んで、鴎外の世界も意外に親しみやすいではないか、とまずなじんだ。

次に樋口一葉のたけくらべを読んで、その擬古文調の文体に、まるでガロア理論の本を読むような取りつきにくさを感じたが、それを乗り越えるとひとつ世界が拓け、舞姫で鴎外の世界に魅せられた。そんな乗りで「かのように」を読んでみたら、これがなんとも不思議な小説なのだった。以下、例によって私の言葉でストーリーをたどってみる。

五条子爵の息子、秀麿は、学習院から文科大学、すなわち東大文学部に歴史学、特に国史を専攻した。しかし、卒業論文を書く段になって、国史は自分の生涯の研究テーマなので、いまは手をつけないと、あえて「カニシカ王と仏典結集」という専門外のテーマを選んだ。

すると、凝り性の秀麿は、どうしてもサンスクリットが学びたくなって、その分野が専門の先生に教えを請うたりしたが、どんな分野でもそうであるが、にわか勉強でどうなるというような安易なものではない。

それであまりに思い詰めて勉強するので、ノイローゼになるのではないかと家族が心配したが、なんとか論文を仕上げ、トップではないにしろ、優等の成績で卒業できた。

官費留学できるほど上位の成績ではなかったが、幸い五条家には十分な資産があったので、秀麿はドイツのベルリンに私費留学することができた。親思いの真面目な秀麿は、ベルリン大学で受講した内容を逐一父に手紙で知らせた。

その受講内容は、歴史だけでなく、神学、心理学など多様な分野に及び、ある意味まとまりがないともいえたが、五条子爵はもともと息子を学者にするつもりはなく、一般教養を身に着けて五条家を支える人物に育ってほしいと思っていたので、それでよいと考えていた。

そんな、息子に理解のある子爵なのだが、流石に息子が、神学者、ルドルフ・ハルナックの教説に盛んに言及するのには違和感をもった。すなわち、ドイツでは、宗教が政治の基礎となって国体を支えている。さらにはドイツでは、教養のある人達も、信仰はしないまでも宗教の必要性はきちんと認めている。宗教などどうでもいいというような者は危険思想家である、とまで断言している。

その息子の手紙を読んだ子爵は、血は争えないというか、秀麿と似た真面目さを発揮し、自分のことを顧みた。すると、形式的には神道だの祀ったり、儀式をとり行うのであるが、そこで本当に神仏を信じているかというと甚だあやしい。もし信仰をテストして信仰心のない者は危険思想家だと逮捕するようなことがあると世の中は大変混乱するが、とまでも考えたが、穏健な子爵はそんな懸念を息子に伝えることなどしない。

そんな父の反応を忖度して、秀麿は、当たり障りのないようなことしか父に書いてよこさなくなった。そうして三年の留学をへて日本に帰ってくると、家族は立派に成長した様子をみて喜んだ。

ところが、秀麿はベルリンでは学友たちと楽しく青春を謳歌する日々だったらしいのだが、日本に帰ってくると深く沈思し、家族に何か聞かれても、通り一遍のことしか応えなくなった。なにか内心の懊悩を抱えている様子だと子爵はみてとったが、そのことで息子と議論する気にはなれなかった。

秀麿の考えていたのは、日本国の神話と歴史の限界をはっきりさせ、そこをベースに国史を極めていくという構想だったが、それはある意味天皇家に対する挑戦のようになり、到底父に許されることではあるまいということだった。

秀麿は、家族の中で唯一、小間使いの女性、雪を憎からず思って心をゆるし、雪は秀麿をいたく崇拝しているとまでいえるほどなのだが、女性に消極的な秀麿なので、なんら発展しない。

そんなとき、秀麿の友人の一人、綾小路が訪ねてきた。綾小路は、学習院時代から秀麿の友人なのだが、なぜか学習院を卒業すると大学へは進学せず、画家になった。

秀麿は綾小路に、つい日々悩んでいることを話した。そしてどうしても父には打ち明けられないのだと吐露すると、綾小路は、「そんなの、言えばいいではないか。」と、一体秀麿が何を悩んでいるのかさえ理解できない様子だった。

というストーリーなのだが、ある意味取りとめのない、ある意味深い小説なのだった。

私はというと、人間はたんなる物質ではなく、ある意味霊的存在でもあるので、特定の宗教には与しなくても、信仰は必要だと思っている。なので、逆に秀麿の、そしておそらく鴎外自身の悩みの意味が理解できないのだが、そこに明治初期の政治的・宗教的背景があるのだろう、とくらいは微妙に推察できるだけである。

SROが私にとって望外に面白かったので、二匹目のドジョウを狙ってアマゾンを彷徨っていると、内藤了「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」角川ホラー文庫というのが目に付いた。最初は、なんだこりゃと思ったのだが、アマゾンの評価はそこそこ高いし、角川ホラー文庫というと、私が畢竟の名作ホラー小説と信じる、貴志祐介の「黒い家」が入っている文庫で、まあこりゃ買いだな、と読むことにした。ちなみに、私における本の「買い」というのはかなり閾値が低い。

ただ、「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」はシリーズものなので、Wikiで内藤了の作品リストをきちんと調べて、その第一巻の「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」をちゃんと買った。トンデモを自認する?私もときどき合理的行動をとる。そして、届くと、いきなり読み始めた。そのとき疲れていたので、心が癒しを求めていたのである。

藤堂比奈子は長野出身で、まだ24歳の女性警官で、八王子西署の刑事犯罪組織課に所属するが、まだ新米なので、実際の捜査を担当させてもらえず、日々内勤で書類仕事を担当する傍ら、過去の犯罪記録を読んでいる。

だいたいこの手の小説で女性警官というのは、誉田哲也の小説に出てくる姫川玲子のような美人だったり、男勝りの気の強さがあったり、武道の達人だったりするが、比奈子は十人並みの容姿で、剣道や空手の有段者というわけでもなく、大人しい性格である。なので、先輩刑事からは却って可愛がられている。亡き母から勧められた故郷の唐辛子を持ち歩くのが趣味で、これを何にでもふりかけて食べる。それが元気の素となっている。

ただ、比奈子は一度みた書類をイメージのように記憶して忘れないという特技があった。なので、例えばある人物に言及されると聞かれると、ああそれは、過去の○○事件の被疑者ですね、とたちどころに言い当てたりして重宝されていた。

あるとき、管内で殺人事件があり、先輩刑事のガンさんこと原田は、指導も兼ねて比奈子を現場に連れていった。マル害は宮原秋雄といって、性犯罪を重ねてきた札付きのワルだったが、だからといって警察官は、殺されてざまあみろという訳にはいかない。それにしてもあまりにも凄惨な殺人現場なので、まだ死体をみたことさえなかった比奈子は卒倒しそうになったが、唐辛子を味わってなんとか凌いだ。

原田刑事は、これは性犯罪の被害者の関係者が報復でやったのだろうと思ったりした。現場には鑑識課員の三木や、検視官で東大法医学の教授である石上妙子も駆けつけた。石上は超ベテランの検死官で、凄惨な死体をみると、その検視が楽しくてたまらず、夜死体のそばで寝ることも厭わないという変人で、死神と仇名されていた。

ところが、そんな死神先生の懸命の検視は、これはどうみても自分で自分を傷つけたとしか思えないというもので、先生自らその結果に怪訝となった。一方、三木鑑識課員の鑑識結果もマル害以外の指紋が発見されなかったということで、これはどうみても自殺としか思えないという意外な結果だった。

もちろん、ガンさんも、比奈子も誰一人そんな結論に納得しない。ところが、それからしばらくして、東京拘置所に拘置されていた死刑囚の鮫島が、やはり自殺としか思えない方法で惨たらしい死に方をしたという事件があり、比奈子は当然に、宮原の事件と類似性に着目し、検死を担当した死神先生に、こういうことが本当に自殺でありえるのかと聞いた。流石に死神先生は二度も続くと、過去の事例や論文を探し、比奈子に犯罪者に犯罪を誘導できる可能性を示唆する論文をみせた。

だからといって、その論文も自殺まで誘導できるとはいっていない。悩んだ比奈子は、東京拘置所に心理カウンセラーで来ている中島保という人と知り合い、そういう心理操作のことを相談してみた。すると中島はまた別の知見があって、比奈子は感心した。そして中島の真面目な人格に次第に惹かれていった。

ところが、比奈子の一番の親友の女性刑事である鈴木仁美が、暗い夜道で何者かに惨殺されるという事件があり、比奈子は立ち上がれないくらいのショックを受けた。そして、その心の傷を癒してもらうために中島保が勤めるクリニックに通うようになり、そこからストーリーは大きく展開していった。

極度に脳科学的というか、心理操作的なストーリーはちょっとついていけないものも感じたが、それと比奈子のゆるキャラが相俟ってなかなかいい味がでて、like no otherな小説に仕上がっていると感じた次第である。

私は以前からアルクのEnglish Journalを購読しているが、すると、それについてくるCDを聴くというのが英語の聞き取りの勉強になる。それで私は、今から10年以上も前に、どこのメーカーだったか忘れたが、CDを聴くためにmp3プレーヤーを買った。当時4000円くらいだったような気がする。

mp3プレーヤーというのは基本的にはUSBメモリに演奏機能がついているようなものであるが、10年以上も前はまだ新しい商品で、私の周囲にもっている人はあまりいなかった。

mp3プレーヤーというのはパソコンの機能に強く依存する商品で、CDをパソコンのCDまたはDVDドライブに挿入し、WindowsのMedia Playerでパソコンのハードディスク上にmp3またはWindows media audio型式で取り込む。

あとは、mp3プレーヤー上で、パソコンのExplorerの機能を使って適当なフォルダを作成し、そこにパソコンから、取り込んだ音楽ファイルをコピーする。

ところが私が買ったmp3プレーヤーは、比較的初期の製品だったためか2年くらいで壊れてしまった。それで次もmp3プレーヤーを買えばいいのに、何を思ったか、急にUSBタイプのソニーのウォークマンを買った。

ウォークマンだと、CDからの取り込みが、Media Playerではなく、付属の専用アプリとなる。それはいいのだが、English JournalのCDだと、要するに取り込み順に再生してほしいのに、どうしてもウォークマンが再生順序をランダマイズしてしまう。すると、解説本を読みながら聴くというのがほぼ困難になって、努力してもなかなかランダマイズ地獄から脱出できないので、仕方なくCDをそのまま再生する大型のウォークマンを買った。

するとランダマイズ地獄からは脱出できたのだが、今度はサイズの大きさがネックとなった。すなわち、CDをそのまま再生するウォークマンはポケットに納めるには大きすぎる。

こうしてEnglish Journalを聴くのは諦めてしまったのだが、購読は中止しないので、虚しくバックナンバーが溜まるばかりで、あるとき自分に対して、English Journalの購読を中止するか、なんとか聴くの二択を迫り、長考して後者を選んだ。

そこで適当な音楽プレーヤーを求めてヨドバシカメラにいって、mp3プレーヤーを再発見した。しかもである、ムーアの法則でメモリが安くなっていて、8GBのメモリをもつmp3プレーヤーがなんと3000円台で買える。せこい私は、グリーンハウスという、最安のメーカーのものを買った。確か税込で2600円くらいで、それでいてFMラジオの機能もついている。結構嬉しいのは、充電でなく乾電池仕様であることで、単四電池一本で20時間ももつ。こうしてグリーンハウスのmp3プレーヤーはすっかり私の通勤の友になったのだった。ただ、ちょっとした工夫を要するのは、USBメモリ上でどうフォルダ構造を切るかであるが、ここは長年の経験があってなんとでもなる。

例えば、パソコン側のハードディスク上で適当のフォルダを切ってそこにmp3ファイルを格納しておき、BUNBACKUPなどのコピーツールで一気にmp3プレーヤーにコピーできる。

ところで、工学書読みなどの雑学を介して、最近ではmp4 alsなどの無損失圧縮の高品質なオーディオ・ファイルのフォーマットがあるのは知っていて、mp3は最早旧いのかもしれないが、生憎というか幸いというか私の音感はかなり杜撰なので、mp3でも特に不満は感じない。ともかくmp3程度だと圧縮率が高くてよい。例えばmp3だと、CD一枚のオーディオファイルがだいたい、70MB程度に圧縮されるので、8GBだと100枚くらいCDの内容が格納できる。

それで、つたやに行くと、新譜でもなんでも、1000円で4枚借りられるので、週末になるとつたやに通って、Jポップスだの、オールディーズだの、演歌だの借りてきてせっせとmp3に変換している次第である。まあ仕方ないが、演歌はどうしても手薄で、私の好きな森山愛子のとかが置いてない。そういえば、アマゾンでみかけて早速買ったのだが、ルービンシュタインのショパンのCD 10枚組がなんと2000円くらいで、お得感一杯だったりした。

ということで、なぜmp3プレーヤーに当分気が付かなかったのか謎である。

時限病棟

user-pic
0

町田をうろついていて、ふと久々に有隣堂に行ってみた。そして店内で本を見回っていると、知念実希人の「時限病棟」実業之日本社文庫というのが平積みになっていた。ああ、仮面病棟の続編か、と思い、買うことにした。「仮面病棟」のアマゾンの評価はいまいちピリッとしないが、私は面白く読んだ記憶がある。私が病院ミステリーを偏愛するとしたら、それは明らかに幼児体験に基づく。なにしろ、3歳で結核になり親許から引き離されて結核療養所に隔離されていたという体験はあまり一般的とは思えない。たまたまそこでみかけた、壮絶に血を吐いて死に瀕していたご婦人の強烈な印象がいまでも忘れられない。ちなみに私がそのときいた病院は、今では独立行政法人国立病院機構 東広島医療センターになっているようである。当然に建物は一新されているが、ウェブでみる周囲の風景は今でも当時を忍ばせるものがある。

さて、「時限病棟」は、看護師の倉田梓が突然病院のベッドに寝かされていることに気づくところから始まる。そもそもなぜこんなところにいるのか記憶にまったくないし、病院着に着かえさせられ、剰え下着も脱がされて、紙おむつを穿かされている。誰がそんなことをしたのかと想像するだけで羞恥心が沸騰しそうになった。しかし、性的暴力をうけた形跡は感じないので、そこは一応安心した。

そこで、ベッドのそばにあった洋服に着替えて、あたりをうろついていると、なんと自分と同じ境遇の人を発見した。聞いてみると、月村一生という知らない男性である。なんでも景葉医大附属病院の外科教授で、拉致されてきたのだと本人はいう。そうなのか、と倉田は考えた。

ところが他にも拉致されてきた人達がいて、小早川賢一、南陽医大世田谷病院の腹部外科医。七海香、青藍病院の麻酔科医。桜庭和子、派遣社員。都合五人で、桜庭以外みんな医療関係者である。

みんな拉致されてきたことに不安と憤懣を感じており当然にここを早く脱出したいのだが、部屋は施錠されており、このままでは出れない。すると、よくみると壁に、「襟をただし、真実をみつめるための鍵をさがせ クラウン」とスプレー缶で書きなぐってあった。ちなみに、クラウンというのはピエロのような外観であるが、サーカスで芸をする道化師のことらしい。

なんだこれは、とみんな怪訝になったが一人だけ、倉田梓だけが比較的冷静だった。なぜなら、彼女は、リアル脱出ゲームが趣味で、こういう閉鎖状況から脱出のヒントを得て、外に出るゲームの経験が豊富だった。

そんな状況だと倉田梓が、他のメンバーから、お前が俺たちを陥れたのかと責められたが、そうはいってもリアル脱出ゲームは倉田しかないので、無事脱出するためには倉田の知恵が必須で、責めてばかりもいられない。

ともかく倉田の機転で下の階に降りてみると、ガソリン缶が沢山置いてあり、タイマーがカウントダウンしており、そこにあるメッセージによると、カウントダウンが終わるとガソリン缶に引火して建物全体に火が回り、建物の中にいる全員が焼死することになっていると分かった。

そこで五人は協力して、なんとか時間内に建物から脱出することを必死で試みた。ともかくそうして協力していくうちに次第に他のメンバーの素性や背景が明らかになってきた。そして、五人全員が、ある事件に関連して亡くなった医師の関係者だと判明してきた。するとこれは、その亡くなった医師の遺族または知り合いが仕組んだ罠か、だとしたらその意図は、と不安と猜疑心が錯綜しているうちに院内で新たな事件が起きた。

ここからはストーリーのコアなので記述を省くが、仮面病棟よりもトリックの仕掛けがソフィスティケートされており、島田荘司ライクで結構楽しく読むことができた。

ただ、あまり頭の構造が複雑でないせいか、私としては仮面病棟の方がしっくりきたような気がする。まあこのあたり好みが分かれるだろう。

そういえば有隣堂の平積みの本のそばに、知念実希人の色紙のようなものがあったが、するともしかして本のサイン会のため知念氏は町田くんだりまで来たのだろうか。だとすると東京近辺の主要な書店をキャンペーンで回っているということになるが、流行作家となるといろいろ大変だよね。それと当然に新作の執筆もあり、医者としての本業と両立させるのは大変ではないかと思ってしまった。でも医者兼作家という人って結構多い。異様に筆が早いとか、体力があるとか、そういうのかなと、サラリーマン生活だけで疲れてしまい、余暇になにもする気力のない私は、うらやましいのであった。

溝の口のラビリンスのコメントにも書いたのだが、悔しいので後で溝の口に行き直して、そのついでに近所の古本屋で何冊か本を買った。

そのうちの一冊が、斎藤純「テニス、そして殺人者のタンゴ」講談社文庫だったが、一応買ったものの、なぜかこれほど私の読書欲を刺激しない本もないよね、と積読の地層の下の方に放置しておいた。

ところが、広島カープが日本シリーズで負けたのをきっかけとして、しばらくして私の中の天邪鬼が蠢き、あの本を読め、と指定してきたのが、なぜか「テニス、そして殺人者のタンゴ」なのだった。

普通はそんな内心の声なんて聞かないのだが、会社で、ちょっと仕事が増えてきたので、なんとかしてほしいという要望をあっさり上司が聞いて仕事を少し減らしてくれたのが嬉しくて、「テニス、そして殺人者のタンゴ」を読み始めた。たかがミステリー小説一冊読むのに自分ってなんて面倒くさい奴なのだろう。

ところが意外にも、たかがミステリー小説でもなかったのである。

「テニス、そして殺人者のタンゴ」の主人公は、盛岡のデパートで企画の仕事をしている中島。勤めているデパートの本社は東京にあり、もともと中島は本社勤務だったのだが、社内の権力争いのとばっちりを食って、盛岡に左遷された。

そんな中島に、ブリック・レコードの千倉から連絡があった。なんでも、もう何年も前に亡くなった天才ピアニスト、伊豆田敏郎の演奏の録音テープがみつかったのだという。

それで中島は、カリスマ音楽評論家の菅野に電話した。菅野は、天竺茶屋というプロ好みのジャズ喫茶を経営している。なので中島は、車で菅野を拾って、伊豆田敏郎の演奏のテープを聴く場である仙台のホテルに向かった。

ブリック・レコードは、自社レーベルで伊豆田敏郎の演奏を売り出そうとしている。海外大手のレコード会社、ガルダ・レコードの副社長、ジョン・アーティランダーも来ている。

ところが夜、菅野がホテルの千倉の部屋に行ったきり行方不明になり、千倉は菅野の部屋で殺されているのがみつかった。すると菅野が最重要容疑者になってしまった。

その後、菅野から中島に電話があったので、中島は、とりあえず警察に行くように勧めた。しかし、結局菅野は鉄道自殺してしまい、事件は終焉したかにみえた。

中島はしかし納得しない。親友で南部テレビのディレクター、柏葉一征とコンタクトして相談した。

ところで中島は、音楽評論が玄人はだしなのだが、酒が好きで、女が好きで、しかもテニス狂で、クラシックなスボーツカーに目がない。なので、音楽、テニス、車の薀蓄がどんどん出てくるかと思えば、酒を飲んで美女とホテルにしけこむ。

そういうのって私に全く縁がないことばかりなので、いい加減うんざりしてしまいそうなものだが、なぜかこの本は、そういうのを嫌味に感じさせない不思議な人徳?がある。

そして、そこから、毬子という中島のガールフレンドを基点として中島は事件の解決へと向かうのだった。

それにしても、ガルダ・レコードの副社長、ジョン・アーティランダーも、伊豆田の彼女だった相馬林理絵も、元一流テニス・プレーヤーだったというのだが、みんなテニス・プレーヤーことがキャラクタに全く効いていなくて、そういう無駄さがなんか贅沢で、これは確かにミステリー小説なのだが、ミステリー小説ぽくないさわやかな読後感なのだった。

そんな、ある意味なかなか絶妙の小説なのに、この本のアマゾンの評価はゼロで、でもこの小説は斎藤純がデビューする起点になった小説なのでまあやっぱりポテンシャルあるよね、といろいろ考えるのだった。

なんでもそうなのだが、自分が少なくとも中級者程度のスキルがあるということと、他人に教えられるということは別物である。厳密にいうと別物というよりも、教えるためには中級者程度のスキルがあるということは流石に必要条件なのだが、それを土台にして教えるというのは教えるための独自のノウハウを必要とするということである。

そういう私なのだが、初心者指導で述べたように、年に一度公民館で将棋の先生をしたり、やはり年に一度近くの中学校で生徒たちに囲碁・将棋を教えるというコーナーを任されたりしている。そういうとき、自分が囲碁や将棋の系統的な指導方法をまったく知らないという現実にいつも愕然とする。それで、私以外の適任者がいれば喜んで交代する。現実に、担当の方にそういう言い方もする。しかし、あいにく、ボランティアで囲碁や将棋を教えようという人がなぜか、少なくとも私が住んでいる地域の近辺にあまり多くないようで、専ら私が行かせてもらっている。

そういう経緯で、先日も中学校に出かけたのだが、なにしろ私一人しか指導者がおらず、いままで会ったこともない中学生が10人くらい適当にがやがややっているだけなので、私が介在できる余地は極めて少ない。それで私は様子をみていて、質問やリクエストを受けるようにしている。駒の動かし方を聞かれるようなナイーブな質問にももちろん臆さない。

そんな私がぐっと構えるのは、なにか真剣に迫ってこられることである。といってももちろん中学生から告白されるなんてことはないのであって、要するに、ルールは全く知らないけれど、囲碁や将棋を教えてほしいと真剣に見つめられることである。すると、ううん、時間は45分しかないし大変だなあ、でもなんとかしようとつい考えてしまう。

45分というのは、前半45分、後半45分の併せて90分が私の持ち時間である。先日の前半は、囲碁のルールを全く知らない男女の中学生から、それでも囲碁を打ってみたいといわれて、ううんこれはチャレンジだと頭を抱えたが、ともかく思考を巡らして、具体的に二人で打ってもらいながら、教えることにした。

とりあえず隅から打つんだよ、と星や小目などを指定したら、そこはすぐ分ってくれて適当に隅を占めるように打った。そこから辺に展開する打ち方を教えつつ、地の概念を説明して、地というものを教えた。そうしつつ、石を取るという概念を教えて、あとは好きなように打ってもらい、ありえない手だけ修正して、終盤までなんとか囲碁っぽく引っ張ってこれた。そして、一応終局までいって、どうやって地を計算するかも説明した。対局した二人が満足そうなので、ほっとした。それにしても、囲碁を全く知らない人に囲碁を打った気持ちに浸ってもらうのはなかなか私にはチャレンジであった。

それでほっとして一息ついていたら、後半で今度は真剣な目で将棋を教えてほしいという女子中学生が現われた。ルールは全く知らないというので、ううんまたか、と悩んだが、流石に私は囲碁より将棋の方が文字どおり頭の中の持ち駒が多いので、工夫の余地がある。

そこでまず私は、駒の並べ方を説明して、駒の動かし方を一通り説明した。もちろんそれで完全に憶えてもらえるなんて期待しない。そこから私が仮想手順で相手の駒も動かして対戦することにした。なりゆきで戦法は、相掛にした。

そこからが私の工夫で、指しながら、急に立ち止まって説明する。さあ、ここではこの銀と金が頑張りたいよ、と叫んでいる。彼らに活躍させる手はどう? そう聞いても最初なのでもちろん分からない。そこで活用するとはどういうことか、と銀を繰り出す手をみせてあげたら、ああ、と頷く。

すると次に金を活用しなくてはならない場面で、どう金に活躍してもらう?と聞いたら、悩み始めた。そこで私は、将棋を覚えたばかりの人も、羽生さんも、盤面をみてどう指すかということで悩むのは同じなんだよ、と説明した。すると、なんと5分くらい長考して、本当に金を動かす正解の手を指したので、私は感動した。

私は、分らなくても延々と悩んで考えるのが重要なんだ、と説明した。中学校にいるということで、いっぱしの教育者気取りだった。

そうやって急所、急所でヒントを与えながら、手の候補を示唆していると、私が示唆した手ではないのに、玉の早逃げを独自に考えて指したので、将棋を20分前に知ったばかりの女子中学生がそんな手を指すのかと、むしろ当惑するほどだった。

そうやって相手に好手を指すように誘導したこともあって、相手側の方が必勝になっていた。時間が迫ってきたので、ここでそちらに決め手があるよ、独自に考えてごらんといったら、本当に長考しはじめ、なんと本当に独力で決め手を選んできた。

時間がきたので終わったが、女子中学生が満足そうだったのでほっとした。こんな調子で毎日教えていたら、1年で初段までもっていくのも夢ではないよね、と思ったのだが、そんなシステムが学校にはないし、私もいまのところ余裕ないので、とりあえずはこの程度である。

ただ、もし将来中学校から将棋部をつくるので指導者をやってほしいといわれたら、みんな初心者の部員ばっかりでも、神奈川県予選を突破して全国中学団体戦に出れるように努力してみたいような気もするが、流石に私にはそんなこと無理かなとやってみないうちから引いてしまうのが私の悪い癖である。ともかく、将棋の効率的な指導法というのはきちんと学ぶに値する。私はその方面で、もしかしたら一応の才能はあるかもしれない。

棋士の一分

user-pic
0

ウェブで、あるブログをみていて、橋本崇載八段が最近、「棋士の一分 将棋界が変わるには」角川新書という本を出したのを知った。私がみていたブログは、アンチ渡辺でアンチ橋本なので、その本を紹介しつつも誰が買うか、みたいなニュアンスだった。

で、アンチ渡辺のある知り合いに、こんな本が出たらしいけど、買わないよね、みたいに聞いたところ、いや、そういう本こそ、きちんと読んで相手の意見を知ることが重要である、みたいに反応されて、自分の狭量さが恥ずかしくなった。それで本屋にいったついでに買って、早速読み始めた。なんのかんのといっても、どんな本なのか興味津々だったのである。

読み始めて、私は橋本八段を見直した。というのは、カール・ポパー流でいうなら、きちんと反論可能に自分の意見を開陳している。こんなことを書くとあきらかに物議を醸す可能性があるが、そのリスクをきちんと負おうというのである。なかなか男らしいではないか。

ただ、私は彼が主張するステートメントに必ずしも同意するわけではない。すなわち、橋本八段は徹底したアンチ・コンピュータ・ソフト派で、今のような棋士とコンピュータ・ソフトがズブズブの関係なのを実に嘆かわしいというか堕落していると思っているようである。なので、今回の三浦事件のことは、ほら見たことか、といいたいだろう。

そして、こうなったことの元凶は、故米長元会長にあるという。なぜなら、米長元会長は、私欲のため、対局料を稼ぐため、コンピュータ・ソフトとの対戦を引き入れたというが、いくらなんでも貧乏しているわけではないのに、しかも癌の末期で先が長くないことが分っているのに、米長が対局料に目がくらむだろうか。

まあでも、当時の絶対君主のような米長のところに、橋本が直談判しにいったという勇気は買う。

それはさておいて、橋本は、こうなるんだから、将棋連盟はコンピュータ・ソフトと距離を置くしかなかったというのだが、ボナンザがオープンソース化されて明らかに普通の棋士に匹敵するレベルになってきたとき、当然に世間は棋士との対局をみたいというだろう。それを、将棋連盟は人間が将棋を指す団体ですからコンピュータ・ソフトなんて関係ありません、と宣言したとして、それで、なるほどそれでこそ伝統技芸の団体だと感心する人は相当マイナーなのではあるまいか。

なので、今の将棋連盟のやり方がベストとは思えないが、なんらかのかたちで将棋連盟がコンピュータ・ソフトと付き合うのは必然だと思う。例えば、囲碁電王戦第3局で言及した、日本棋院と囲碁ソフトの公認的な関係はひとつの典例にならないだろうか。そこでは、囲碁ソフトは棋理を追求するツールとして位置づけられ、趙名誉名人は、囲碁ソフトから学ぶことでさらに囲碁の認識を深められる、とまでいう。

橋本は、人間対コンピュータの団体戦である電王戦を批判するが、あれがニコ生で放映されたから将棋人気が沸騰したのではないか。少なくとも、AlphaGoが現われるまでは国内で将棋人気は囲碁人気を上回っていたと思う。ミウミウも人気キャラだった。

それでも将棋が斜陽産業だというなら、それはIT化社会における価値の多様化のせいであり、コンピュータ・ソフトというかAIもIT化社会の重要なピースであってみれば、将棋界の没落も、エントロピーの増大のように仕方がないと思う。

ただ、橋本八段が、理事会選挙に立候補するに当たってのマニフェストの中にはなかなか注目すべきものもあったと思うが、結局理事会選挙で落選したのは、急進的すぎるという印象を与えてしまったのではあるまいか。少なくとも組織の運営者になるためにはバランス感覚が必要で、三浦事件の嚆矢となった劇的なツイッターについてとうとう説明も謝罪もないというのはいかがなものか。

また、棋士は各々が個人事業主であってみれば、余暇に何をしようと自由であるが、将棋バーや芸能界に比重を傾けた状態で将棋連盟に関する発言をしても、どうしても鼎の軽重を問われてしまうだろう。佐藤康光九段や行方八段のような将棋一途な人が発言すればまた違うかもしれないが。

それでも橋本八段が強かだと思うのは、将棋バーで経営的才能を磨き、芸能界に触れることで名前を売り、将棋連盟に頼らなくても生きていける方策を探れたことである。なかなか普通の棋士にはできないことだと思う。

そういえば、「棋士の一分 将棋界が変わるには」を読んだ直後に太宰治の「如是我聞」という評論を読み、なぜかふたつは同型のように感じた。そんなわけないと思うので、私が誤読しているのだろう。

あるブログをみていたら、いかにも理系的教養が溢れていて面白いのだが、ときどきちょっと論法が強引だねと感じさせるものだった。こういうブログの書き手というのは多分、学歴的にはエリートで自信あふれる人生を送ってきたに違いないと感じていたら、果たして、そのブログの著者は、中高一貫の筑波大付属のような名門校の出身だと示唆していたので、おそらく大学も東大で、一流企業か政府機関で研究員だったりしたのだろうと思った。

で、その著者が若いとき名門高校できちんとした教育を受けるのは極めて有効であり、意義が大きいと当然のようなことをいう。以前なら、やっかみから私は、いや田中角栄などそうでない例はいくらでもあるぞと反発したかもしれないが、最近では東大の中の東大で書いたような趣旨で、受験エリートのなかにはきちんと本物の知的エリートが有意な割合で含まれている、と中高一貫の名門校に敬意を払うようになった。

そして中高一貫の名門校の人が書いた本を読んだり、話に聞いたりしてみると、そういう進学校では、教育システムが確立していて、がり勉しなくても、普通にやっていれば東大・京大などの大学に自然に合格できるのだ、すなわち受験一色の灰色の日々ではなく、学園祭などの行事も十分にエンジョイできる、みたいに自賛したりする。

一方で、中高一貫の名門校の出身で、学園生活は受験一色で灰色だったと顔をしかめる人もいる。そういう人も、進学校の教育システムの意義はとりあえず認めているようである。

ただ、私からみていると、中高一貫の名門校の進学校の教育システムというけど、要するに才能がある子供たちを集めて競争させれば、方法論はどうあれ、みんな伸びるんじゃないのと思ってしまう。それは将棋の奨励会のアナロジーである。

将棋を例にとると、中高の時代にきちんとした知的修行をするということは一定以上のレベルに到達するために極めて重要で、それを逃すと、例えば20代になって同様の努力をしても、到達するレベルは知れているので、学問もそういう面はあるのだろうとつい考える。

そして自分の例をとると、小学校の間は勉強らしい勉強はせず、よって田舎の小学校にあってさえ成績は平均レベルで、中学と高校のときも、学習塾、家庭教師、予備校の類の教育を受ける機会が全くなく、ひたすら農作業のように効率の悪い方法で独学するしかなかった私が今程度の知的レベルに留まっているのも仕方ないかな、と諦めている。それにしても両親や親戚の知的レベルをみても、私が遺伝で引き継いだ知的才能も相当限られていることが当然に推定される。なのでいい教育を受けたってたかが知れているともいえる。

それでも地方国立大学にたまたまラッキーで受かったときは、ここから必死で努力すれば、なんとか知的エリートたちの末席を汚すことができるかなと勘違いしたこともあったが、そこがいい先生や優秀な同僚と切磋琢磨して勉強する最後のチャンスだったのに、下手で効率の悪い独学を続けてしまい結局自滅した。

意識したわけではないが、そんな私でも社会に出て生きていく方策として編み出したのが、ピースミール努力である。ずるいというか勇気がないというか、周囲の優秀な人達と分野的にかぶらない領域を選び、ともかくこつこつ勉強する。勉強といっても、本屋で目に付いた本を買い、ただ読んで、ときどきメモをとる程度なので、本当にナイーブな勉強方法であるが、そんなやり方で、この東京でなんとかここまで生き延びてこられたのは運がよかったとしかいえない。

ピースミール努力というのは、レーザー光でいえば強度が低く、波長が長い光をずっと照射し続けることである。しかし、固体物性の初歩の理論をみれば分るように、物質に光をあてて電子を放出させるには、エネルギー量子がある程度大きい、波長の短いレーザー光を照射する必要があり、低波長のピースミール努力では偉大な成果などなにひとつ達成されない。

すなわちそんな波長の長い光を延々と放出し続けてもほとんど電子は放出されないが、それでも、少しは物質が暖まり、緩アニーリングみたいな効果はあるだろう、と最近、西森秀稔氏の量子アニーリングの論文を読んでいておもった。

なので、病気や怪我などで精神的努力ができなくならない限り、死ぬまでピースミール努力を続けるつもりなのだが、ピースミール努力にもインセンティブはあってそれは、ときどきウサギとカメのカメの気分が味わえることである。すなわち、知的エリートたちも疲れるというか地位と名声、あるいは過去の栄光に甘んじて努力が停滞することがあるので、ピースミール努力で彼らの一歩先に行くことができることもある。ただ、だからといって間違ってもガッツポーズしたりしてはいけない。知的エリートを刺激して得なことは何一つない。また、たまたまマイナーな分野で僥倖で勝てただけだったりする。

だいたいもともと、ピースミール努力というのは誰かに勝つためにやるものではない。世界認識を広げて、死んだあとで閻魔様に現世に関するレポートをまとめて提出するためなのだが、どうせ閻魔様に不合格くらってまた地獄に送られるのだろう。いうまでもないが、地獄に送られるというのは、現世に戻される、すなわち生まれ変わるということである。そしてまたシジフォスのような勉強が始まる。

といういかにも屈折した勉強論なのであった。

user-pic
0

森鴎外の「阿部一族・舞姫」と題する新潮文庫に、「鶏」と題する短編が収められているので、これも読んでみることにした。なにしろ、この小説に収められている「舞姫」、「うたかたの記」、「阿部一族」がすべてすばらしい絶品なので、「鶏」にも期待した。そもそも、鴎外の鳥一文字の題名の小説で、も、男女の機微の情緒あふれる人情話だった。

一方で、逢坂剛の百舌の叫ぶ夜では鳥がつく姓の人物のほとんどが悪者として描かれており、逢坂剛は鳥になにか怨みがあるのかと推察されるのだが、それはまあ鴎外には関係ないことである。そもそも森鴎外は、ペンネームに鳥の名前が入っている。

さて、「鶏」は、石田小介という軍人が少佐参謀となって小倉に赴任してきたことから始まる。鴎外も軍医として小倉にいたことがあるので、石田は鴎外自身がモデルになっているのだろうか。ともかく軍隊というところはしきたりがきちんとしているので、大尉参謀がきちんと出迎えてきた。

そして石田は、鍛治町というところに借家を借りた。そこには従卒、下女、別当の三人が住んで石田の面倒をみる。別当というと私には野球の監督だった別当しか思い至らないのであるが、ここでは多分、馬の面倒をみたり、家政を切り盛りする責任者のことなのだろう。

さらに食事の支度をしてくれる女中を雇った。あれっ、すると下女は何をするのだろう。洗濯と掃除か。ともかく、女中は五十ばかりの婆さんにした。石田は、若い色気がある人を避けたがる。最近妻を亡くしたばかりらしいので、思い出すからだろうか。

そうしていると、軍司令部時代の部下だった麻生という者が挨拶にきた。兵站の仕事をしていた。石田は中国にいたときに、部下に中国人のものを徴発などと称して勝手に召し上げてはいかんと厳命した。それで、麻生はそれをきちんと守ったので、日本に帰るとき荷物を調べられても肩身の狭い思いをしないで済んだ。そんな麻生は、なんと生きた鶏を石田に差し入れた。絞め殺して食べたらいいでしょう、という趣旨である。

ところが石田は、無駄な殺生が嫌いなのかどうか知らないが、鶏は生かしておけと指示した。また石田は超俗なところがあって、物の値段を知らない。なので言われた値段で払う。また土産は基本的に受け取らない。まあなぜか鶏は受け取ったのだが。

そんな様子をみていて女中の婆さんは、内心で、この人はケチで馬鹿だ、と軽蔑した。

貰った鶏が雄鶏だったので、石田は牝鶏を一羽買った。番にしたかったのかもしれない。ところが別当が変わった男で、それに対抗するようになんと牝鶏を二羽連れてきて、それで都合鶏は四羽になった。

女中の婆さんは、別当さんは、どの鶏が卵を産んでも、自分の鶏が産んだと言い張り、自分で卵を食べると石田に告げ口した。しかし石田は関知せず、卵なんぞ買って食べればよいというだけである。

さて、ある日のことである。石田が庭にいると、自分の家の鶏の一羽がこちらに逃げ帰ってきて、その後から女の怒鳴る声が聞こえる。石田は九州出身ではないので、小倉弁が完全に理解できるわけではない。ただ、よく聞いてみると、飼っている鶏が隣の畑の作物を食い荒らしていて、それを怒っているらしい。が、石田が全く反論しないので、女はせいがないと思ったか、こんど鶏が入ってきたら絞め殺す、と捨て台詞を吐いて行ってしまった。九州の女は気が強いのである。

また別の日、連隊の石田の同僚が話して聞かせるには、その同僚の妻が、石田の借家から老婆が大きい風呂敷包みを抱えて出ていくのをみかけたという。それを聞いた石田は、女中の老婆は盗癖があるのかもと推察して、若い女中と交代させることにした。

そこで担当のお上さんのところに行って相談すると、あらまあ、じゃ若くて美人の女中を手配致しますとお上さんがいうので、石田は、いや美人は困る、ともかく若くて丈夫なのがいいと依頼した。

そこで、春という名前の、随分精悍な女中が来たが、着物がいかにも古くて汗臭い。そこで石田はたまりかねて、一枚浴衣をあげた。

ところが石田のところにいた下女がたまたま春と話をして、春よりも給料が安いことを知り、師団長の下女で行ってしまった。それでお上さんは申し訳ながって、うちの娘を遣りますといって、お久という娘がきたが、これがどうも気が利かなすぎて石田は嫌で、お久はすぐに返した。それでまたお上さんに会うと、お上さんは、あら、それならいっそお妾さんでも置きなすったらとからかう。いやいやと石田はともかく次の下女を探すように頼んだがなかなか見つからない。

そうしていると、鶏の雛が孵化して、日に日に成長していく。石田が餌をやっていると雛は石田に懐いて後をついてくるので、それが可愛くてたまらない。仕事から帰ってきてから、雛に会うのが石田の楽しみになった。

そして、石田はあるとき、米櫃に、余分に米が入っているとことに気付いたが、どうもその原因が分からない。ところが、春がそれをよく見ていて、石田に報告してくれたところによると、別当が自分の米を米櫃に入れて、しかも勝手にそこから米を出して使っているのだという。どれだけ入れてどれだけ出しているのか分からないのだから、インチキもし放題である。で、石田が気づいたのは、鶏を自分で連れてきて、石田の鶏と混ぜ、卵をすべて自分で取ってしまうのもそれと同じ論理なのだった。

そこで石田は、別当を呼びつけていった。「私の米櫃にお前の米が入っているときいた。もう自分は自分のを使うから、今までのはすべてくれてやる。鶏もすべてやる。」

別当が何か反論しようとしたので、石田は一切聞かなかった。しかし不思議に別当はクビにならなかった。石田も不思議な男である。別当は、せめて石田が可愛がっている雛は置いていきましょうかと打診してきたが、石田はそれもいらんと断った。なんとも筋が通りすぎた欲のない男なのだった。

という、「舞姫」とも「うたかたの記」とも比べてあまりにも地味なストーリーであるが、石田のキャラクタがいかにもストレートすぎて面白い。鴎外の実キャラクタとどれだけ似ているのかは分からない。そういう文学研究の論文はあるのだろうか。

ともかく、確実に言えそうなことは、森鴎外が鳥類が好きなことである。

人面瘡

user-pic
0

横溝正史の不死蝶角川文庫を読んだのだが、そこに「人面瘡」という中編小説も収められていたので、おまけのつもりで読んでみることにした。そしたらなかなかどうして、「不死蝶」にひけをとらない佳作なのだった。

この小説は、難事件を解決した金田一耕助が休養がてら、馴染みのある岡山にやってきて、旧知の磯川警部と、薬師の湯という温泉宿にくつろぎにやってきたのだった。しかし、金田一耕助は磁石のように事件をひきつける。

金田一耕助はたまたま厠にいって外を見たとき、月の光の下、歳は26から27の妙齢の女性が、ふらふらとさまようように歩くのを眺めて、異様な気持ちになった。なにしろ、行く手には稚児が淵という深い淵がある。大丈夫かとおもったが、あまり余計なことを言ってもと思い、そのままにしておいた。

そして、寝入っていると、磯川警部に起こされた。なんでも、宿の松代という女中が睡眠薬自殺をはかったらしい。それは警部が適切に対応したので、一命は取り留めたが、驚くべきなのは、腋のしたに女の顔のような腫物がある。それは、人面瘡とでもいうべきもので、それを確認させるために警部は金田一を呼んだのである。

ところで、宿には、松代の妹で由紀子という女性もいる。なんでも、宿の主人のお柳の一人息子で、貞二と男女関係にあるらしい。

松代が薬師の湯にやってきたのは、戦時中のことである。なんでも、神戸の空襲で焼け出されて、頼るところもないので、薬師の湯にやってきた。当時薬師の湯には傷病兵が多数滞在していて、お柳は多忙で、猫の手も借りたいくらいで、松代を渡りに船で女中として採用した。すると大変真面目に働く女中で、お柳は次第に息子の貞二と娶せて後を継がせようと思った。そのとき問題は、松代の素性が知れないことである。

ところが、松代が岡山の有名な和菓子屋の娘だと分かった。その和菓子屋は戦時中の砂糖不足で商売が続けられなくなり、店を畳んだ。松代は神戸にでて奉公するうちに、奉公先の息子と夫婦同然で暮らし始めた。しかし、松代の淫蕩な妹である由紀子は、何でも姉のものを奪うという悪癖がある。なので姉のところにやってきて、夫を誘惑して奪った。そして奇妙な三人暮らししていたが、折からの空襲で焼け出され、故郷の岡山に逃げ帰った。夫と妹は空襲で死んだのかと思っていた。

しかし果たして由紀子は生きていて、今度は薬師の湯にやってきて、今度は貞二に色目を使って籠絡した。それでメロメロになった貞二はすっかり堕落したので、お柳は困り果てた。それだけではない、由紀子の元カレの田代という男がやってきて由紀子につきまとうのだった。そんなことが重なって松代はノイローゼ状態になり、夢遊病になって、自殺未遂までした。

そんな折に由紀子が突然行方不明になった。そして、稚児が淵に一糸まとわぬ姿で死体で浮かんでいるのがみつかり、金田一耕助が懸命の推理をするのだった。

こうして事件が解決すると、松代の人面瘡の謎も解明された。なんとも怪奇性にみちた、ある意味「不死蝶」よりも特異性の高いストーリーであった。

先月、米国大統領選でドナルド・トランプが勝利したことに私は当惑の色を隠せなかったが、冷静に考えてみて、そんなに嘆くべきことかな、と最近感じつつある。

例えば、私はTPP亡国論に書いたように、アンチTPP論者であるが、トランプも反TPPであって、今後締結について見直すという。

また、私はオバマが米国大統領で初めて広島を訪れて原爆について言及してくれたことを広島県出身の者としてとても嬉しく思っている。そもそも2008年にオバマが米国大統領選挙で勝利したとき、米国の知り合いの黒人のJから、これは慶賀すべきことだというメールをもらって盛り上がったものである。

しかし、オバマが大統領になってから、私が勤務していた外資系の会社の劣化が目を覆うほどになってきた。それは偶然であって、オバマの施策の影響はないのだろうか。

それはオバマのせいではないにしても、少なくとも私が勤務していた外資系の会社は、オバマが大統領になった頃、インドや中国へのビジネス・シフトを加速し、世間で悪名を馳せるほどひどいリストラを敢行した。また、あるいみ私が勤務していた外資系の会社の経営の根幹の一つであったオピニオン・サーベイが廃止されたのもオバマが大統領になった頃である。そのことが大いに貢献して、私が勤務していた外資系の会社では、粗悪な管理職が横行した。

ところがトランプは少なくとも、米国企業がビジネス拠点を米国外にシフトすることに反対している。私が勤務していた外資系の会社は今後、その方針を転換するだろろうか。

まったく話は変わるが、ぼんちゃんは、私のうたかたの記に関する記事へのコメントで、吉田拓郎の「舞姫」という曲に言及されていたが、同様の?趣旨で私が思い出したのは、吉田拓郎の「トランプ」という曲である。この曲は大学時代に同じ下宿にいた友人が、ギターで弾いて歌っていたので憶えたのだが、♪トランプを切ってみたの、あなたの名前の数だけ♪ではじまる、とても小粋な小品で、ドナルド・トランプには全く関係ないが、私の好きな曲の一つである。なので先日、知り合いとカラオケに行った際に歌おうしたら、この曲がカラオケにないので落胆した。

まあともかく、私のドナルド・トランプに対する印象は意外にもnot so badなのだった。

定値効果

user-pic
0

数年前に、定値バイアスという記事を書いた。今回の三浦九段の件に関して、その応用事例みたいな記事を書いてみたくなった。

三浦九段の件に関する私の初出の記事は、三浦九段とスマホだった。それは、三浦九段に対する疑惑がディジタル信号処理における階段関数のように急速に立ち上がったものだった。

それから三浦九段の件の補足という記事で私は事件をどう理解していいか戸惑っていた。

そして井山、復調あたりから次第に私は三浦寄りの発言をするようになってきた。三浦九段の件のさらなる追記も同様の趣旨である。

井山、快調では、三浦九段を擁護する声の高まりを感じて、三浦九段の早期復帰もありえるのでは、と少し楽観した。

渡辺竜王の弁明では、渡辺城の陥落も間近かと私は気をよくした。

ところが、三浦九段を擁護する意見はその後もあちこちから聞こえたが、所詮はインパルス応答にすぎず、定値階段関数はその都度微妙に揺らいだが、将棋連盟寄りの第三者委員会の設立で定値階段関数の定値性がreinforceされ、その結果どうなったか。

一時は明らかな動揺で負けが混んだ渡辺竜王も、定値階段関数によってempowerされ、渡辺と橋本でみたように次第に元気を取り戻し、一時は危ぶまれたが竜王位も防衛しそうである。

一方の三浦九段はどうか。その気力も棋力も、また財力も定値階段関数によるネガティブ効果でbleedし続け、出血多量で青褪めているのではないか。

真に恐ろしいのは、証拠不十分で気分のように導入されたはずのインパルス応答が定値階段関数となって一方を元気づけ、片や他方を苦しめ続け、その間トランプが大統領選挙で意表で当選したり、韓国の朴大統領のスキャンダルがあったりして、三浦事件に次第に世間は関心を失いつつあることである。

しかしこれでは、もし来年から恩赦のように復帰が赦されても、三浦九段は、約3ヵ月×定数Cという定値バイアスの積分値の負債を負い続ける。それは補償されるのか。それとも、三浦九段はその巨大な負債を背負ったまま今後の棋士生活を送らざるをえないのか。そんなのありか。

知り合いからたまたま、A.J.クィネルの「パーフェクト・キル」新潮文庫というのをもらった。私の全く知らない作家だが、知り合いによるとハードボイルド小説で有名な作家だという。ミステリー系の日本の作家はある程度知っているつもりだが、外国作家となると極端に知識が薄いので、そうですかととりあえず頷くよりない。

普通はこういうかたちで貰った本というのは、少なくとも一ヶ月は放置しておくのだが、比較的すぐに読み始めたのは、仕事でストレスがたまっていて、何か爽快なエンタメ小説を希求していたからだと思う。すぐに「パーフェクト・キル」を読み始めて、Wikiをみると、A.J.クィネルというのはイギリスの作家らしくて、すると前提の説明が冗長かな、とちょっと覚悟したが、そうでもなくて比較的すんなりと小説の世界に入れた。

「パーフェクト・キル」の主人公は、クリーシィ。元傭兵である。傭兵時代に神がかり的な強さを発揮し、傭兵を引退した今もそのスキルを維持するための鍛練を欠かさない。傭兵というと一匹狼的な響きがあるが、少なくともクリーシィは、命を懸けて戦った仲間の元傭兵たちと今でも強い信頼感と連帯感をもっている。

そんなクリーシィは、傭兵を引退したあと、マルタ島のゴッツォという田舎で暮らしており、田舎ならではの地元の人達との濃い人間関係を楽しんでいる。そんなマルタ島での暮らしの中で、ナディアという女性と知り合い、結婚してジュリアという娘が生まれた。長年感情を押し殺して闘ってきたクリーシィにとって、生まれて初めての愛情に満ちた暮らしだった。ところがそんな幸福な暮らしに終止符を打つ事件が起きた。なんとナディアとジュリアが乗った航空機、パンナム103にテロリストが爆弾を仕掛けて、航空機が墜落し、ナディアもジュリアも即死してしまったのである。

そのことに打ちひしがれたクリーシィは、ただ落胆するのでなく、元傭兵として冷静に行動を開始した。それはまず、パンナム103の乗客者名簿を入手することだった。そして、そのリストの中に、米国上院議員のジム・グレンジャーの妻がいることを見出したクリーシィは、グレンジャーにコンタクトして共同戦線を張ることにした。グレンジャーは最初、見知らぬ男にコンタクトされて当惑したが、テロリストに敵討ちしたいという共通の目的に共鳴して、米国上院議員の地位とコネを使って、FBIやCIAの情報提供をすることを申し出た。クリーシィは、こういう政治的な駆け引きも得意なのである。

その結果、パンナム103爆破テロの首謀者が、パレスチナ人民解放戦線総司令部派議長のアハメド・ジブリルであることが突き止められた。そこからクリーシィの遠大な計画が開始された。

その一歩はまず、ゴッツォの孤児院を訪れて、孤児たちの様子を眺めることである。クリーシィは、孤児院でサッカーに興じていたマイケルという少年に目をつけた。マイケルが抜群の運動神経をもつことを見抜いた。しかも、様子を聞くと、孤独で冷静な性格で、アラビア語も話せるらしい。そこでマイケルを養子として引き取ることに決めたが、そのためには妻が必要である。

そこでイギリスに飛んで、女性を募集することにした。「妻」の役割をしてもらう。その結果、応募してきた女性の中からクリーシィは、レオーニという女優を選んだ。レオーニはたまたま仕事がなくて、マンションの住まいのローンの支払いに苦労していた。なので、クリーシィが提示した支払金の額が魅力だった。

こうして法的には有効であるが、仮想的な結婚生活をレオーニは、クリーシィ、マイケルとゴッツォで送るようになったのだが、レオーニの日々は砂を噛むようだった。なにしろ、クリーシィは一緒のベッドに寝ても一指たりとも触れてこないし、マイケルはまともに口を聞いてくれない。

レオーニは、女優をしているくらいなので相当に魅力的な容姿の女性なのだが、クリーシィは、契約結婚なので性的関係を強要していけないと割り切っているのである。一流の傭兵ともなると、性欲、食欲、睡眠欲なども強固にコントロールできる。

そして、クリーシィは日々、マイケルにプールで泳がせて鍛えたり、ゴッツォの警備隊の隊長のジョージ・ザミットにマイケルを預けて、射撃訓練をさせたりしている。

そうやって蚊帳の外に置かれていたレオーニだが、次第にゴッツォの島民の濃厚な人間関係に馴染んていった。また、クリーシィやマイケルも次第にレオーニに心開いてきた。

そして、クリーシィは、マイケルの修行の仕上げに、グルカの狙撃兵、ランバハドゥル・ライを呼び寄せた。ランバハドゥルはクリーシィも一目置く伝説の狙撃兵で、なにしろ何日も動かないでじっと敵を待ち伏せできる。もちろん数々の武勲もある。こうしてランバハドゥルは、訓練を施したあと、マイケルに合格を認定した。クリーシィと同等の射撃の腕前ということである。ただ問題は、マイケルの実戦経験のなさであるが。

こうしていよいよ、クリーシィとマイケルは、アハメド・ジブリル討伐のため、ダマスカスへと旅立った。そこでは、クリーシィと同志が、武器と、滞在用の住まいを用意してくれていた。ここからはクライマックなので記述を省略するが、それにしても、どうしても気になるのはクリーシィと、スティーヴン・ハンターの小説に出てくるボブ・リー・スワガーの類似点である。すなわち、どちらも極め付きのプロで、日々の鍛練と情報収集を欠かさないが、特にリスク分散とバックアップ戦略の用意である。ある施策が駄目なら次を用意している。

ただ、クリーシィの方が有利だと思うのは、主としての傭兵の時代の人的ネットワークが豊富ということである。スワガーは完全に孤立しているわけではないが、ヘルプを請う人材がどうしても少ない。

といいつつ私は、スティーヴン・ハンターの作品も、A.J.クィネルもまだ一冊ずつしか読んでいないので、比較云々は時期尚早なのだった。

不死蝶

user-pic
0

コンピュータ将棋ソフトの指し手選択ルーチンではないが、私はときどき自分の気持ちをとりあえず無視して、自分の部屋にある本の群れの中から、あえてあまり読むきがしないものを選ぶ。とはいえ、完全にランダムということもなくてやはり意向は入っていて、その疑似乱数性がどの程度のものかわからないのだが、最近、そうして選んだ本が、横溝正史の「不死蝶」角川文庫なのだった。

もともと大学時代に、松本清張とならんで横溝正史も愛読書の一つだった。そして大学の期末試験が終わってほっとしたときに、気分転換として読むのはなぜか横溝正史なのだった。おそらく私の出身地の田舎の雰囲気の幻想性が醸し出されていると感じたからなのだろう。

そして、久しぶりに横溝正史の「不死蝶」を読み始めてみると、舞台設定の素朴さに案の定少し引いたが、金田一耕助が登場すると、旧友に何十年かぶりに会ったような気になって気分が次第に盛り上がってきた。

この物語は、金田一耕助が信州の射水というところにいる人から招待される、というところから始まる。ちなみに、射水という地名をしらないので、Googleでみてみると、長野県ではなく富山県西部に位置する市だそうで、ああ実在するんだと思った。そういうのは、以前読んだ「八ッ墓村」は流石に仮想の村だったからである。

射水には矢部家と玉造家という二つの旧家があり、金田一耕助を招待したのは、矢部家の当主、杢衛なのだった。もう70歳を超えているが、まだ矍鑠としている。杢衛の長男が慎一郎でその妻が峯子。都という娘がいる。

杢衛には、英二という次男がいたが、23年前に鍾乳洞の中で殺されてしまった。犯人は挙がっていないが、杢衛は、ライバルの玉造家の朋子だと踏んでいる。すなわち、23年前に慎一郎と朋子が恋仲になったが、杢衛はそんな恋など許すつもりは全くない。それでも慎一郎と朋子は密かに鍾乳洞の中で逢引きしようとするので、杢衛は慎一郎を幽閉して、代わりに英二を鍾乳洞に差し向けた。そこで朋子に殺され、朋子は鍾乳洞の中にある底なし井戸に身を投げたとされているが、多くの人は、朋子は鍾乳洞を抜け出してどこかで生きていると信じている。金田一耕助はそのことの調査を依頼されたという次第である。

なお、ややこしいことに矢部家には、古林徹三と、宮田文蔵という同居人がいた。どちらも戦争が終わって外地から引き揚げてきた。古林徹三は、その母親が杢衛の叔父と従兄という遠い親戚、宮田文蔵は峯子の兄であるが、どちらも一癖も二癖もありそうである。

一方、玉造家には、客人がいた。ブラジルのコーヒー王、アルフォンソ・ゴンザレスの養女、鮎川マリとその母の鮎川君江、そして家庭教師の河野朝子と、ボディーガードのカンポである。

ところが鮎川君江をたまたま見かけた村人がいて、あれは朋子に違いないと噂した。なので、玉造家が近隣の人を招待する宴会を開いたとき、杢衛は朋子かどうか見極めようと、勇んでやってきた。

ところが宴会の途中で鮎川君江が鍾乳洞の中に入っていって行方不明になったので、玉造家と矢部家の面々、警察官などが捜索隊を組織して、君江を探しにいくうちに鍾乳洞の中で殺人が起きたという次第である。ここからは金田一耕助の推理が次第に真相を解明していくのだが、ちょっとベタながら日本の田舎を舞台にした古典的な設定のミステリーも悪くないと思った次第である。

先日、日本棋院のホームページをみていたら、ええっと思うことがあった。その内容を私なりにまとめてみると、以下のとおりである。

すなわち、日本棋院は、ワールド碁チャンピオンシップと称して、2017年3月21日(火)~23日(木)に日本棋院関西総本部で、日本、中国、韓国のトップ棋士を集めて囲碁を打つのであるが、そこに囲碁AIも参加するのだという。

その囲碁AIというところに先ず驚いたのだが、それが日本棋院推薦で、DeepZenGoだというのだからまた驚いてしまった。なぜなら、DeepZenGoは、趙名誉名人との囲碁電王戦をみるかぎり、まだトップ棋士に勝つには力が不十分と思われたからである。

そして勝負の世界では一般的に、今は実力がいまいちだが、数ヶ月あればキャッチアップできるはずだから、という前提で手合いを組むことはまずない。なので違和感があるのだが、そういえばアルファ碁VSイ・セドルも、アルファ碁が数ヶ月でキャッチアップする前提で手合いが組まれ、アルファ碁は見事その期待に応えたのだった。

だからといって、DeepZenGoが同じことができるという保証はまったくない。DeepZenGo開発チーム代表の加藤さんは、アルファ碁の論文に書かれていることを辿るつもりはない、と先日のインタビューで応えていた。その独自の工夫が、あと数ヶ月でどう実るかがみものである。

ところで、日本、中国、韓国のトップ棋士というとき、日本代表は井山六冠が決まっていて、これは誰も文句のないところだろう。韓国は、韓国ランキング1位、朴廷桓九段か。そして中国は、世界トップランカーの柯潔九段か。ともかくDeepZenGoを抜きにしても興味深い(抜きにしないでくれ、と加藤さんに言われそうである)。

そういえば、アルファ碁対柯潔の対戦はいつなのだろう。そして、それがあった後のワールド碁チャンピオンシップだとすると、前にも用いた私の下手な比喩で、ウオッカの後のビールにならないのだろうか。

食物において一番注目されるのは総カロリーであって、要するに食べた食物のカロリーの合計であり、どの食べ物から食べ始めたかなんて配慮されない。

一方、文書のトピック解析などに関するトピックモデルにおいて、bag-of-wordsという概念が使用される。要するに、文書において単語の並びに関する情報を無視して出現頻度だけに着目する。

すなわち、どの食べ物から食べ始めたかなんて配慮されないという視点は、bag-of-wordsではなく、bag-of-foodsと表記できよう。

しかし、黄昏の健康診断で述べたように、食べ物は明らかに食べる順序で、体の様子が異なる。典型的には酒を飲むときで、特にウオッカなどの強い酒を飲むときは、前もってバターなどを食べておくんです、と大学時代のロシア語の先生が話していた。これを最初にウオッカを飲んで、あとでバターを食べてもあまり効果がない。

これはまあ分かりやすいのだが、血糖値スパイクに関連して推奨される食べる順序の非互換性は、要するに炭水化物を最後に食べるようにする、ということである。言い換えるとタンパク質や野菜を最初に食べる。

そんな指示を最初に聞いたら、そんなのどうでもいいじゃんと誰でも思うだろう。どうみてもウオッカとバターの組み合わせのようなクリティカリティは感じられない。それでも私は騙されたと思って、ともかく炭水化物を食事の最後に食べるようにした。すると決して自明でないいくつかの効果があった。

まず最初に、空腹になりにくくなった。すなわち、あまり食べなくてもお腹のもちがよくなった。それから、昼食後の昼休み後、眠くなりにくくなった。するといいことづくめのようであるが、少し問題なのは、便通が少し悪くなった。それは決して便秘というわけではないのだが、便意が以前より数時間遅くあらわれる。

この結果、酒も以前より少なくて済むようになったし、まあやはり著効というよりは微妙な効果か。

体調に影響する食べ物の順序というのは、これ以外のバリエーションもありそうだが、とくに食通とかでないので、あまり思考を深めることができないという次第である。

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。