mp3プレーヤー

user-pic
0

私は以前からアルクのEnglish Journalを購読しているが、すると、それについてくるCDを聴くというのが英語の聞き取りの勉強になる。それで私は、今から10年以上も前に、どこのメーカーだったか忘れたが、CDを聴くためにmp3プレーヤーを買った。当時4000円くらいだったような気がする。

mp3プレーヤーというのは基本的にはUSBメモリに演奏機能がついているようなものであるが、10年以上も前はまだ新しい商品で、私の周囲にもっている人はあまりいなかった。

mp3プレーヤーというのはパソコンの機能に強く依存する商品で、CDをパソコンのCDまたはDVDドライブに挿入し、WindowsのMedia Playerでパソコンのハードディスク上にmp3またはWindows media audio型式で取り込む。

あとは、mp3プレーヤー上で、パソコンのExplorerの機能を使って適当なフォルダを作成し、そこにパソコンから、取り込んだ音楽ファイルをコピーする。

ところが私が買ったmp3プレーヤーは、比較的初期の製品だったためか2年くらいで壊れてしまった。それで次もmp3プレーヤーを買えばいいのに、何を思ったか、急にUSBタイプのソニーのウォークマンを買った。

ウォークマンだと、CDからの取り込みが、Media Playerではなく、付属の専用アプリとなる。それはいいのだが、English JournalのCDだと、要するに取り込み順に再生してほしいのに、どうしてもウォークマンが再生順序をランダマイズしてしまう。すると、解説本を読みながら聴くというのがほぼ困難になって、努力してもなかなかランダマイズ地獄から脱出できないので、仕方なくCDをそのまま再生する大型のウォークマンを買った。

するとランダマイズ地獄からは脱出できたのだが、今度はサイズの大きさがネックとなった。すなわち、CDをそのまま再生するウォークマンはポケットに納めるには大きすぎる。

こうしてEnglish Journalを聴くのは諦めてしまったのだが、購読は中止しないので、虚しくバックナンバーが溜まるばかりで、あるとき自分に対して、English Journalの購読を中止するか、なんとか聴くの二択を迫り、長考して後者を選んだ。

そこで適当な音楽プレーヤーを求めてヨドバシカメラにいって、mp3プレーヤーを再発見した。しかもである、ムーアの法則でメモリが安くなっていて、8GBのメモリをもつmp3プレーヤーがなんと3000円台で買える。せこい私は、グリーンハウスという、最安のメーカーのものを買った。確か税込で2600円くらいで、それでいてFMラジオの機能もついている。結構嬉しいのは、充電でなく乾電池仕様であることで、単四電池一本で20時間ももつ。こうしてグリーンハウスのmp3プレーヤーはすっかり私の通勤の友になったのだった。ただ、ちょっとした工夫を要するのは、USBメモリ上でどうフォルダ構造を切るかであるが、ここは長年の経験があってなんとでもなる。

例えば、パソコン側のハードディスク上で適当のフォルダを切ってそこにmp3ファイルを格納しておき、BUNBACKUPなどのコピーツールで一気にmp3プレーヤーにコピーできる。

ところで、工学書読みなどの雑学を介して、最近ではmp4 alsなどの無損失圧縮の高品質なオーディオ・ファイルのフォーマットがあるのは知っていて、mp3は最早旧いのかもしれないが、生憎というか幸いというか私の音感はかなり杜撰なので、mp3でも特に不満は感じない。ともかくmp3程度だと圧縮率が高くてよい。例えばmp3だと、CD一枚のオーディオファイルがだいたい、70MB程度に圧縮されるので、8GBだと100枚くらいCDの内容が格納できる。

それで、つたやに行くと、新譜でもなんでも、1000円で4枚借りられるので、週末になるとつたやに通って、Jポップスだの、オールディーズだの、演歌だの借りてきてせっせとmp3に変換している次第である。まあ仕方ないが、演歌はどうしても手薄で、私の好きな森山愛子のとかが置いてない。そういえば、アマゾンでみかけて早速買ったのだが、ルービンシュタインのショパンのCD 10枚組がなんと2000円くらいで、お得感一杯だったりした。

ということで、なぜmp3プレーヤーに当分気が付かなかったのか謎である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4383

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年12月14日 06:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時限病棟」です。

次のブログ記事は「猟奇犯罪捜査班」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。