棋士の一分

user-pic
0

ウェブで、あるブログをみていて、橋本崇載八段が最近、「棋士の一分 将棋界が変わるには」角川新書という本を出したのを知った。私がみていたブログは、アンチ渡辺でアンチ橋本なので、その本を紹介しつつも誰が買うか、みたいなニュアンスだった。

で、アンチ渡辺のある知り合いに、こんな本が出たらしいけど、買わないよね、みたいに聞いたところ、いや、そういう本こそ、きちんと読んで相手の意見を知ることが重要である、みたいに反応されて、自分の狭量さが恥ずかしくなった。それで本屋にいったついでに買って、早速読み始めた。なんのかんのといっても、どんな本なのか興味津々だったのである。

読み始めて、私は橋本八段を見直した。というのは、カール・ポパー流でいうなら、きちんと反論可能に自分の意見を開陳している。こんなことを書くとあきらかに物議を醸す可能性があるが、そのリスクをきちんと負おうというのである。なかなか男らしいではないか。

ただ、私は彼が主張するステートメントに必ずしも同意するわけではない。すなわち、橋本八段は徹底したアンチ・コンピュータ・ソフト派で、今のような棋士とコンピュータ・ソフトがズブズブの関係なのを実に嘆かわしいというか堕落していると思っているようである。なので、今回の三浦事件のことは、ほら見たことか、といいたいだろう。

そして、こうなったことの元凶は、故米長元会長にあるという。なぜなら、米長元会長は、私欲のため、対局料を稼ぐため、コンピュータ・ソフトとの対戦を引き入れたというが、いくらなんでも貧乏しているわけではないのに、しかも癌の末期で先が長くないことが分っているのに、米長が対局料に目がくらむだろうか。

まあでも、当時の絶対君主のような米長のところに、橋本が直談判しにいったという勇気は買う。

それはさておいて、橋本は、こうなるんだから、将棋連盟はコンピュータ・ソフトと距離を置くしかなかったというのだが、ボナンザがオープンソース化されて明らかに普通の棋士に匹敵するレベルになってきたとき、当然に世間は棋士との対局をみたいというだろう。それを、将棋連盟は人間が将棋を指す団体ですからコンピュータ・ソフトなんて関係ありません、と宣言したとして、それで、なるほどそれでこそ伝統技芸の団体だと感心する人は相当マイナーなのではあるまいか。

なので、今の将棋連盟のやり方がベストとは思えないが、なんらかのかたちで将棋連盟がコンピュータ・ソフトと付き合うのは必然だと思う。例えば、囲碁電王戦第3局で言及した、日本棋院と囲碁ソフトの公認的な関係はひとつの典例にならないだろうか。そこでは、囲碁ソフトは棋理を追求するツールとして位置づけられ、趙名誉名人は、囲碁ソフトから学ぶことでさらに囲碁の認識を深められる、とまでいう。

橋本は、人間対コンピュータの団体戦である電王戦を批判するが、あれがニコ生で放映されたから将棋人気が沸騰したのではないか。少なくとも、AlphaGoが現われるまでは国内で将棋人気は囲碁人気を上回っていたと思う。ミウミウも人気キャラだった。

それでも将棋が斜陽産業だというなら、それはIT化社会における価値の多様化のせいであり、コンピュータ・ソフトというかAIもIT化社会の重要なピースであってみれば、将棋界の没落も、エントロピーの増大のように仕方がないと思う。

ただ、橋本八段が、理事会選挙に立候補するに当たってのマニフェストの中にはなかなか注目すべきものもあったと思うが、結局理事会選挙で落選したのは、急進的すぎるという印象を与えてしまったのではあるまいか。少なくとも組織の運営者になるためにはバランス感覚が必要で、三浦事件の嚆矢となった劇的なツイッターについてとうとう説明も謝罪もないというのはいかがなものか。

また、棋士は各々が個人事業主であってみれば、余暇に何をしようと自由であるが、将棋バーや芸能界に比重を傾けた状態で将棋連盟に関する発言をしても、どうしても鼎の軽重を問われてしまうだろう。佐藤康光九段や行方八段のような将棋一途な人が発言すればまた違うかもしれないが。

それでも橋本八段が強かだと思うのは、将棋バーで経営的才能を磨き、芸能界に触れることで名前を売り、将棋連盟に頼らなくても生きていける方策を探れたことである。なかなか普通の棋士にはできないことだと思う。

そういえば、「棋士の一分 将棋界が変わるには」を読んだ直後に太宰治の「如是我聞」という評論を読み、なぜかふたつは同型のように感じた。そんなわけないと思うので、私が誤読しているのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4379

コメント(6)

| コメントする
user-pic

おはようございます。
そんな本が出てたとは。読んでみます。

user-pic

はれほれさん

> そんな本が出てたとは。読んでみます。

はい、一読に値すると思います。

あやたろうさん
>直後に太宰治の「如是我聞」という評論を読み

あ、これねえ、太宰さんは、優しい人なんですがね、
あんまり志賀直哉が太宰をこき下ろすので、仕方なく書いたんじゃないかなあと思うのです。正当防衛かもしれませんよ。

私は志賀直哉の方が悪いと思っています。
某雑誌社の座談会で、川端康成と一緒になって、太宰文学の悪口言いたい放題でした。相当に「エラソーな口調で」

要約すれば(実際にはこういう表現は使ってないけど)、「太宰なんて田舎者の三文文士じゃんか、僕らみたいな都会育ちと違って洗練されとらんからねえ、斜陽なんて小説書いても貴族の言葉遣いなんて知らん癖に無理しとるわい。おまけに小説の初めから落ちがわかっちゃうようなストーリーだから実につまらん」とまあ、こういう調子でした。私には志賀直哉の人格すら?マークなんですよ。

志賀直哉の代表作「暗夜行路」も太宰治の「人間失格」も妻の不貞(結果的であって実は被害者的立場なんですが)が発端となって
主人公が苦しむといった展開なんでしょうが、志賀直哉の方がはるかにイージーな解消をしていますし物足りません。太宰としてもそこを突っ込んでいるんでしょうけど。

>なぜかふたつは同型のように感じた

まあ、同業者同士の痴話喧嘩という趣きで、同型といえば言えますかね(笑)

user-pic

山椒魚さん

> 私は志賀直哉の方が悪いと思っています。
> 某雑誌社の座談会で、川端康成と一緒になって、太宰文学の悪口言いたい放題でした。相当に「エラソーな口調で」

志賀直哉と川端康成は、才能がある後輩を潰そうとしたのではないでしょうか。というのは私は、最近川端康成の才能も分かるのですが、太宰の「晩年」という短編集を少し読んで、この感性は余人にないものだと感心しました。

将棋でも羽生は最初から先輩から一目置かれてましたが、なんか才能があっても、例えば佐藤大五郎のように目の仇にされる棋士もいます。なにが違うんでしょうね。

user-pic

あやたろうさん

将棋のことを、よく知らずに書いております。ご容赦のほどを。

将棋は、欧米のチェスに比べると、複雑で洗練されたゲームだと思っておりました。

しかし、タイトル戦の棋士が、将棋ソフトの使用を疑われる程になるとは、
10年前には、少なくとも、日本人に、想像もできなかった事態です。

それでも、将棋は、地球上の実世界の事象に比べたら、
10の乗数で言ったら、少なくともアカラ(数字の単位、あの将棋ソフト「あから」(囲碁でしたっけ?))に、
10^18を掛けたぐらいは単純です(18に根拠はありません、大体そのぐらいかなっと思います)。
様々なビジネスは、殆ど全部、各モデルに沿っていますので、ビジネスごとの事象は、
その10の何分かの1乗(例えば、10^8とか、この8にも根拠なし)かに単純になるでしょう。

そしたら、人的要素が介入しうる、この世のすべてのビジネスは、
今の「あから」の10^12~14倍(この12~14にも根拠なし)の性能を有する、
ネットで繋がれた数兆のコンピュータに取って代わられ得るという、
SFでさんざんに言われてきたことが、私が生きていられる丁度、
そのぐらいの未来に来てしまう気がします。

それで、人類がどうなるかは、私が知り得ない未来となるのでしょうね。

その、試金石として、将棋などのボードゲームの対戦ソフトの開発は、
とても大切で、重要だと、私は、思ってます。

user-pic

南木さん

> それでも、将棋は、地球上の実世界の事象に比べたら、
> 10の乗数で言ったら、少なくともアカラ(数字の単位、あの将棋ソフト「あから」(囲碁でしたっけ?))に、
>10^18を掛けたぐらいは単純です(18に根拠はありません、大体そのぐらいかなっと思います)。

確かに将棋は実世界よりはるかに場合の数が少ないですが、だからといって将棋の方が実世界より単純とはいえません。それは整数論と大域的な幾何学との対比に似ています。整数論はもしかして加算無限程度を相手にしていて、大域的な幾何学は実無限を相手にしているのかもしれませんが、フェルマーの定理がそうであるように決して幾何学より簡単ではありません。あと、古典力学と統計力学のアナロジもあります。古典力学の多体問題よりも統計力学の問題のほうがざっくりとした解は求めやすいです。

> それで、人類がどうなるかは、私が知り得ない未来となるのでしょうね。

なんか、user interfaceというかuser interactionがからむと、よくわかりません。コンピュータに解ける世界とは別のところに人類が生きているような気がしますし。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年12月10日 05:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ピースミール努力」です。

次のブログ記事は「囲碁と将棋の指導」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。