三浦事件の決着

user-pic
0

竜王戦の感想で述べたように、竜王戦が終わったので、そろそろ第三者委員会の結論が出るかと思ったが、年末ぎりぎりでなく12月26日の段階で発表があったのでやや意外に感じた。でも、12月26日を年末ぎりぎりと呼んでもおかしくはない。ともかく、竜王戦の主催紙である読売新聞の記事を引用する。

日本将棋連盟が第29期竜王戦の挑戦者に決まっていた三浦弘行九段(42)に下した年内の出場停止処分について、第三者調査委員会(委員長=但木敬一元検事総長)は26日、「(三浦九段が)不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」としたうえで、処分は「やむを得なかった」とする報告書を同連盟に提出した。
報告書の概要によると、三浦九段は今年7~10月に行われた4局の対局中にコンピュータの将棋ソフトを不正使用した疑惑が持たれ、いったん休場の意向を示したにもかかわらず休場届を提出しなかったことなどから、10月12日、年内いっぱいの出場停止処分を受けた。三浦九段が不正を否定する中、同連盟は同月27日、不正行為の有無、処分が妥当だったか、の2点について、第三者調査委員会に調査を委嘱していた。
三浦九段のソフト使用疑惑にあたっては、「不自然な離席が多い」「将棋ソフトとの指し手の一致率が非常に高い」などが根拠として挙げられていた。調査委員会で棋士からの聞き取り調査や対局映像などの分析を行った結果、離席については「不正行為に及んだことをうかがわせる痕跡は確認されなかった」などとし、「(一致率は)三浦九段の他の対局や他の棋士の指し手でも(同程度が)数多く認められた」などとした。
さらに、提出されたスマートフォンやパソコンなどを解析した結果も、「不正行為の痕跡はなかった」などとし、「疑惑の根拠として指摘された点はいずれも実質的な証拠価値に乏しい」と結論づけた。
一方で、三浦九段には処分当時、「ソフト指し疑惑が強く存在」し、「そのまま竜王戦七番勝負に出場させることとした場合、大きな混乱が生じることが必至」で「将棋連盟や将棋界に対する信頼や権威が傷つくことが容易に想像された」ことなどから、「出場停止処分を行う高い必要性・緊急性があった」とし、妥当性を認めた。竜王戦七番勝負は、対局規定に基づき、挑戦者を丸山忠久九段(46)に変更して実施した。

上記読売新聞の記事を読んでどうもしっくりこないものを多々感じるが、要するに、確たる証拠が見つからないので、三浦九段に対して、これ以上の処分には及ばないが、疑念を抱かせる行動または風評があったので、将棋連盟が三浦九段に対して採った処分も不当ではない、ということなのだろうか。

しかし、それで無事解決といかないのは、竜王戦の七番勝負に出れなかったことと、A級順位戦などで不戦敗になったことで三浦九段が重大な損害を負ったことである。上記読売新聞の記事には、三浦九段に対する今後の補償のようなことが書かれていないが、そこはどうなっているのだろう。すると、将棋ワンストップ・ニュースに、以下のような第三者委員会のコメントの引用があった。

・当委員会は不正の証拠はないという結論を示しました。将棋連盟は三浦棋士を正当に遇し、その実力をいかんなく発揮できるよう諸環境を整え、一刻も早く将棋界を正常化させるよう、強く要望するものであります。

すると、少なくとも谷川会長や渡辺竜王など、三浦九段の休場に至る原因をつくり、あるいはそのような決断をした当事者が正式に謝罪することは必要ではないか。1億%クロのツイッターを書いた御仁もである。名誉回復及び、口先だけでない補償も必要だろう。

このあとは、差し戻し判決のようなかたちで、将棋連盟の理事会がしかるべき結論を下すのだろうが、このあと将棋連盟にまかせていいのかとどうしても不信感が募る。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4396

コメント(7)

| コメントする
user-pic

おはようございます。やはりでしたか。理事会は解散した方が良いと、僕は思います。
 本来ソフトの指し手がトッププロに近づいて来ているのであって、トッププロの指し手がソフトに一致している率が高いから怪しいなどと・・・。
 アマチュアじゃ有るまいし本末転倒です。そして、少なくとも谷川会長は辞任したほうが良いです。
 棋士としては大大大ファンですが、責任を取るべきと思います。
 又、告発者の渡辺棋士は謝罪さえしないかも知れませんが、竜王位を返上するか三浦九段と再戦するのが筋と思います。
カンニングしてると吼えた段階でアマチュアの思考回路しか持ち合わせないこう言う手合いがタイトル保持者とは・・・。
ただ単に将棋だけが強い優秀な技能者と捉える思考回路には中々なれません。

委員会>一刻も早く将棋界を正常化させるよう
この勧告は当を得ていますね。もともと谷川さんは会長向きじゃありませんし。

ねずげんたさん>竜王位を返上するか三浦九段と再戦するのが筋

委員会が>必要性・緊急性があった」とし、妥当性を認めた。と判断した以上、さすがにそこまでは無理でしょうけど、
少なくとも竜王戦以外の不戦敗とくに、12月までの順位戦の不戦敗2局は撤回して、きちんと再戦?させるべきですね。

総じて、商売柄か(笑)、理事会を代表とする棋士達はぶったたくのは得意だけど、他人の痛みに鈍感だなあと感じています。

user-pic

ねずげんたさん

私も一時は三浦九段はやはりクロかと気持ちが萎えそうになりましたが、何度も私のブログに肯定的なコメントを戴き、ありがとうございます。なんか勝訴を勝ち取った原告団の気持ちです。

山椒魚さん

> 棋士達はぶったたくのは得意だけど、他人の痛みに鈍感だなあと感じています。

棋士の職業病だと思います。相手を負かすことにいちいち痛みを感じていてはこの世界、生き残れません。

user-pic

今夜のNHKニュースによると、テレビカメラを入れない記者会見が行われ、会長以下の連盟幹部の処分は、減給だけのようですね。
思わず「なんじゃそりゃ❗」と声を上げてしまいました。
あまりに甘い責任の取り方で、呆れました。

個人的には、ねずげんたさんが仰るように、渡辺氏は竜王位を返上すべきだと思いますが、そうはならないのでしょうね。

来期A級順位戦は、11人での争いになるんでしょうが、竜王戦七番勝負はやり直さないと、谷川会長が言及したようです。

user-pic

ぼんちゃん

> あまりに甘い責任の取り方で、呆れました。

そうなんですよ、会社組織なら総辞職でしょうね。

> 個人的には、ねずげんたさんが仰るように、渡辺氏は竜王位を返上すべきだと思いますが、そうはならないのでしょうね。

主催紙に気を使っているのだと思います。新聞社あっての将棋連盟なので。

user-pic

閉ざされた社会で自分達がろくに調べもせずに一方的な結論を出し、一人の人間を抹殺しようとしました。棋士にとっては、殺人もしくは殺人未遂に匹敵します。不明なことを世の中に公開し、致命傷を与えたわけです。その責任のあるものは、それなりの罰は当然負わなければなりません。罰や責任など何もなければ、将棋界や将棋連盟自体に対する世の中の不信は募るばかりです。今回の事件で一番罪が重いのは、将棋連盟と処分を決定した理事たちです。理事は全員総辞職の上、今後将棋に携わることがないようにすべきです。TVや雑誌他のマスコミに公開し、罪を負わせた償いはそのくらい重い。個人的には将棋は大好きですが、連盟責任者及び同様の発言をした棋士は、三浦九段と同じ程度の処分を受けるべきです。

user-pic

いっぽいっぽさん

コメント、戴きありがとうございます。基本的に私も同意です。

> 連盟責任者及び同様の発言をした棋士は、三浦九段と同じ程度の処分を受けるべきです。

本当は連盟責任者及び同様の発言をした棋士は、三浦九段よりかなり重い処罰を受ける必要があると思いますが、具体的にどのような処罰であるべきか分かりません。流石に棋士を辞めるまではいかないと思いますが。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年12月27日 05:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「刑事の墓場」です。

次のブログ記事は「会見」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。