会見

user-pic
0

既報であるが、12月26日の第三者調査委員会の発表に続き、12月27日は、三浦九段と将棋連盟首脳部の会見があった。

まず、三浦九段の会見内容を産経新聞のウェブから抜粋する。

10台を超えるテレビカメラを含め50人以上の報道陣が詰めかけた会場。黒いスーツにネクタイ姿で現れた三浦九段は、不正の証拠は認められないとした調査委員会報告を受け「(出場できなかった)竜王戦のやり直しは難しいかもしれないが、元の状態に戻してほしい」と訴えた。また、「離席の事実がなかったとするが、それならそもそも疑惑自体がなかったのではないか」と話した。
その後、同席した弁護士が調査委の報告全体について「不正を認めるに足りる証拠はないとの判断は事実に相違なく評価できる」と話した。一方で、将棋連盟による出場停止処分について、「調査委がやむを得なかったと判断しているのは将棋連盟に寄り添ったもので、極めて不当。妥当性は微塵も認められない」とした。

三浦九段のこの応答は妥当だと思いつつも、調査委員会の報告内容の後段をあまり強く批判すると、今後の現役復帰に差し障りはないのかとちょっと懸念した。しかし、ここ2ヶ月あまりずっと辛い忍耐の日々だったわけで、溜まっていた憤懣が溢れてしまったのだろう。

ただ、私は第三者調査委員会を庇うつもりはないが、三浦九段の休場とその後の挑戦者の交代は、おそらく竜王戦の主催の読売新聞の意向に沿ったものだったと思われ、将棋連盟にとって最大のスポンサーである読売新聞の意向は、第三者調査委員会も尊重せざるを得なかったのだろう。

だったら、三浦九段のことを10月にあんなに騒がなければいい。将棋連盟の一部の者たちに騒がれて、読売新聞はともかく弥縫策としてあのようにするしかないと判断したのだろう。なので、読売新聞の記事でも、あれでよかったのだ、あれしかなかったのだ、という調子だった。

一方、谷川会長の会見内容を、朝日新聞ウェブから引用する。

元検事総長の但木敬一弁護士が委員長を務める第三者委は26日、調査結果を発表。指摘された三浦九段とソフトとの指し手の一致率が「不正の根拠にはならない」とし、「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」と判断した。一方、出場停止処分については「やむを得なかった」との見解を示した。
処分に伴い、名人への挑戦権を争う第75期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)で、三浦九段は11月と12月の対局が不戦敗となった。不利益の救済策の一つとして、連盟は、来期もA級の地位を保証することを決定。当初、三浦九段が挑戦者だった第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)は、やり直さないという。
会見で谷川会長は「(処分の時点で)正確な情報を入手しておくべきだった」と不手際を認め、「今回のことで将棋ファン、棋戦主催者、何より三浦九段とそのご家族にご迷惑をおかけしたことをおわび致します」と語った。谷川会長、青野照市専務理事、島朗常務理事の3人の理事報酬10分の3(3カ月)の減給処分も決めた。(村瀬信也)

この内容についてコメントすると、将棋連盟は、読売新聞の手前、出場停止処分については、おかしかったとは死んでもいえないのだろう。

それにしても「不利益の救済策の一つとして、連盟は、来期もA級の地位を保証することを決定。」というが、すると、三浦九段については、復帰した後A級の残りをすべて負けても残留を許し、その代わりに、このままだと佐藤九段と森内九段のどちらかが落ちるということだろうか。もともと私は、三浦九段は、出場停止処分がなくても残留はかなり厳しいと思っていたのだが。それはそうとして、竜王戦関連の金銭的補償はどうなるのだろう。もしかして、理事職の減俸分が三浦九段に賠償されるのだろうか。

あと、将棋連盟内の処分は、谷川会長、青野照市専務理事、島朗常務理事の3人の理事報酬10分の3(3カ月)の減給処分だけなのだろうか。騒動のイニシエータやアジテータ、プロモータは不問なのだろうか。そんなことをしたら余計三浦九段の怒りを買わないか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4397

コメント(4)

| コメントする
user-pic

おはようございます。
ちょうど今、テレビ朝日グッドモーニングで三浦九段の悲しみと悔しさと言い難いもどかしさが感じられる会見が放映されました。
なんともやるせないですねぇ。真実と正義を希求する社会の公器たる大新聞読売がこの冤罪に関わっていたとするなら全く持って情けない話です。
1手を指す決断に信じられないほどの時間と集中力を投入するプロ棋士が、こんなに軽率な決断を下したことが、智慧の無さが情けなくなります。
それほどまでに信用されていたであろう渡辺竜王は自らの罪の重さを改めて自覚すべきです。
棋界の恥とも言える出来事を週刊誌にリークする愚かさも含め猛省を求めます。
贈る言葉『恥じて死ぬべし、もし汝人間性の勝利得ずんば。』

user-pic

ねずげんたさん

> それほどまでに信用されていたであろう渡辺竜王は自らの罪の重さを改めて自覚すべきです。

その渡辺竜王ですが、この期に及んで、週刊文春に、「告訴したことは後悔してません」という手記を発表しているらしいです。最早信じられない厚顔無恥としかいえません。

user-pic

おはようございます。
三浦九段、本当にお気の毒です。「第三者委員会」などと言っていますが、連盟が推薦した人間で構成されており連盟寄りの結論になるのは当然です。連盟派、三浦派どちらの意見の代弁者もいれてやらないと公平ではないでしょう。

渡辺竜王は告発に至った経緯やだれがメディアに疑惑をチクったのかをきちんと説明すべきでしょう。

昨日OB会がありました。九棋も復刊してますよ。

user-pic

はれほれさん

私とまったく同じ意見であるようで、心強いです。

> 渡辺竜王は告発に至った経緯やだれがメディアに疑惑をチクったのかをきちんと説明すべきでしょう。

まさにそうですね。そのことを書いた記事をいまからアップしようとしていたところです。

> 昨日OB会がありました。九棋も復刊してますよ。

はい、九棋は早速入手し、ざっと読みましたが、ずいぶんしっかりした作りで感心しました。でも最近の若者はなんというか、われわれの時代のように、ナンセンスな冗談を織り交ぜたりみたいな、揺れというか雑音がないのですね。まあ時代の流れなのでしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年12月28日 05:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三浦事件の決着」です。

次のブログ記事は「有機EL」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。