内部告発について

user-pic
0

三浦九段のことについて、会見で一応の解決をみたと思ったので、他の話題に移ろうとしていたところ、気になる記事をみつけた。なんと、渡辺竜王の、「告発は後悔していません。」という趣旨の記事がこの期に及んで週刊文春に掲載されたという。これに驚いたのは、つい先日知り合いと、三浦事件の顛末に関して週刊文春は謝罪記事を掲載すべきだよね、と話し合ったばかりだったからである。

そこで、何度も書いたような気がするが、自分の内部告発の経験についてまず記してみる。

私のことを知っている人は同意してくれると思うが、私は争いごとを好む性格ではない。むしろ、それでも男かと謗られるくらい怯懦だったりする。ただ一応母方の祖母から受け継いだ正義感はもっており、なによりも、有機ELにもちらっと述べたように、たまたま運命のめぐり合わせで部門全体を代表するような立場を十年近く経験し、スキルや責任感のある人材をどう育成するのか日々頭を悩ませていた。ともかく当時責任範囲が広くて、部門で一番懸命に働いていたという自負はある。

そういう立場にいると、後輩管理職に対して場合によりアドバイスし、また一緒に悩んだり、労力をかけたりするのは義務だと私は今でも思っている。それでもあまり先輩面するのは嫌われるので、どうしてもそれはおかしいだろうというときだけ意見を述べた。

すなわち、ある若手管理職があまりにも常識外れというか、ありえない言動をするので、私はまだ彼と同格の管理職だったとき、そんなことではこの部門を支える部門長にはなれないぞと叱った。しかし、彼は頑固で一切やり方を変えないし、もっというとマネジメントの初歩の手筋さえ学ぼうとしなかった。

それからいろいろあったがそれは省くとして、私があと定年まで数年というとき、あまりにも目に余る部門長の行動にきちんと抗議しようとFさんに提案されたとき、私はためらいながらも仲間に加わることにした。私以上に正義感が強いNさんも加勢してくれたし。三人は立場は違うが、私は元管理職として、おかしいことはおかしいと責任をもっていう義務があると改めて確認した。少なくとも会社の社内規則もそれを認めているというか、義務化している。

そういう意味で私は、渡辺竜王が、このままではまずいと感じた、という正義感は理解できる。

ただ問題は、渡辺竜王の動機である。われわれの場合、単に部門長に、そのやり方はまずいので改めてほしいと申し出ただけである。そしてそれが全く受け入れられないだけでなく逆にそんなことを言う奴は譴責だなどといってくるので、さらに上位組織に問題を伝えた。会社のルールに従った行動である。昇給、昇進など自分たちの利益を増す要求は何一つしていない。

ところが渡辺竜王の場合、このままでは三浦九段と指す気になれないと棋士として信じられない我儘を言い、そして竜王の地位を重んじたか将棋連盟の幹部は渡辺竜王の意向に従って挑戦者を入れ替え、結局渡辺竜王は竜王戦を防衛し、規定どおりの高額の賞金を得た。

一方、私たちはというと、私はリストラになり、Nさんは他部門に無理やり異動させられ、Fさんはというと、このことのストレスもあったと思うが、あまりにも残念にも、その1年後に突然亡くなってしまった。だからといって我々は、内部告発などしなければよかったなどとは一度も思わなかった。そこはまあ渡辺竜王と同じか。

あと、私は、どうしても埒があかないので、どこかのマスコミに相談して記事してもらおうかと考えたことがないでもない。もし私が早慶MARCHなど関東の有力私立大学出身なら、どこかのマスコミに知り合いがいたかもしれない。ところが私は、遠い地方大学の出身で、ましてや理系で非社交的な性格とあってはそんな知り合いもいるはずがない。

まあもしそういう知り合いがいてマスコミに相談したとしても、単なる外資系の知財部門の話題が記事にしてもらえるとは到底思えないが、ともかくマスコミに相談しなくてよかったと今では強く思う。マスコミの扇情的な体質は避けるべきである。そもそもマスコミは内部ではないので、字義的にも内部告発の定義を外れる。ただ、ロックアウト解雇のような労働争議的な話題ならマスコミもありかもしれないが。

ところが渡辺竜王は、意図的に週刊文春の知り合いの記者に情報を流し、記事を書かせた。これが功を奏し、三浦問題は一気に沸騰して社会の話題になった。陣屋事件なんてめじゃない、将棋の話題が世間でここまで盛り上がったことはちょっとないのではないか、ネガティブな意味でだが。

しかし、そのことは三浦九段とその家族に対して、過度のストレスと心痛を与えた。週刊文春のような有名週刊誌が書きたてると大抵の人は信じる。11月頃、ある将棋界のことはあまり知らない知り合いに三浦事件を知っているかと聞きたら、ああ、彼はクロにきまっている、と興味なげに応えたので、がっかりしたことがあった。

そして紆余曲折をへて会見で三浦九段の疑義は晴れ、将棋連盟はいまいち弥縫的ではあれ、救済措置もとることにした。

こうして前に向いて進み始めたとき、渡辺竜王の、「告発は後悔していません。」という趣旨の記事が週刊文春に載るとは一体どういうことだろう。それは高速道路の逆走ではないか。私はここは、誠意がまったくこもっていないかもしれないが口先だけでもとりあえず謝罪するのが社会の最低限のルールだと思うが、違うだろうか。それを逆走だなんて。王手飛車で飛車を逃げるなんて。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4399

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年12月30日 06:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「有機EL」です。

次のブログ記事は「歴史問題の正解」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。