2017年1月アーカイブ

ロリータ

user-pic
0

かなり前のことだと思うが、新聞の書評で若島正氏がナボコフに言及していた。文学の知識が乏しい私が、誰だろうと思ってウェブで調べてみると、なんでも小説家であり、またチェス・プロブレム作家でもあるという。おお、またチェス・プロブレム作家か、と若島正氏じしんがそうであることを思い出した。若島氏の書評にはたしか、ナボコフという小説のことも触れられており、若島氏がその小説にたいそう入れ込んでいることが推察された。それで、ナボコフとロリータという固有名詞が、私の、若島氏に対する関心とコリレートされていったん記憶のスタックの奥底にプッシュされた。

そして先日、たまたまブックオフをうろついていると、ナボコフの「ロリータ」大久保康雄訳、新潮文庫が100円均一コーナーをみかけて、一瞬迷ったが安いのでとりあえず買っておくことにした。迷った理由は、果たして読み通せるかどうか自信がなかったからである。

自宅に帰ってアマゾンのサイトで確認したら、若島正訳の版もあるらしい。ああ、知っていたらそっちを買ったのにと思いつつ、大久保康雄氏も有名な翻訳者なので、とりあえずこちらを読むことにした。

「ロリータ」は、短いはしがきから始まる。そこでは、ジョン・レイ・ジュニアという哲学博士(ようするに、PhDか)が、ハンバート・ハンバートというある事件の被疑者から「ロリータ」と題する手記を受け取り、最小限に体裁を整えて出版するのだ、ということが書かれている。こういう形式は、太宰治の「人間失格」でも採られているので、特に違和感はない。

ハンバート・ハンバートは、1910年にパリで生まれたが、早くに母を事故で亡くし、伯母に厳格な教育を受けた。

ハンバートは長じて、アナベルという女性と激しく愛し合ったが、結局アナベルは、発疹チフスで亡くなってしまった。後年ハンバートはロリータをアナベルの生まれ変わりと思ったりする。

ハンバートは大学で、精神医学の学位を取得しようとしたが果たせず、英文学に転向した。そのころ、ハンバートは、9歳から14歳までの少女にニンフのような魅力をかんじる自分を発見した。特にハンバートは、そういう少女をニンフェットと呼んだ。

ハンバートはそれから、フランスで気紛れな結婚をしたが、すぐに別れて、米国のニューヨークにやってきて文筆業で生活し始めた。そして紹介されるままに未亡人のシャーロット・ヘイズ女史のところに下宿し、その娘のドロシア・ヘイズを一目見て、一遍に魅せられた。ハンバートはドロシアをロリータとも、ローとも呼んだ。そしてここから、ハンバートとドロシアの長い付き合いが始まった。

ここまでで全体の四分の一くらいまで読んだことになるのだが、私は圧倒的な修辞の嵐に、息も絶え絶えになった。なんというか、一字一句に微妙な暗喩が織り込まれていて、それを理解しようとすると気が遠くなるので仕方がないがある程度流し読みすることにした。流し読みといっても、私が普通に小説を読む速度よりずっと遅い。

さて、ハンバートは、ヘイズ女史の目を盗んで、ドロシアの部屋に忍び込んだ。ドロシアもハンバートを憎からず思っているようで、その微妙な逢瀬にハンバートの想像力は燃え上がった。

それからハンバートは、ドロシアの関係を固定化するために、ヘイズ女史と偽装結婚し、ハンバートはドロシアの義理の父となった。しかし、ハンバートとドロシアの関係は今まで以上に濃厚になり、ハンバートはドロシアなしてば生きていけない、と思うほどになった。

ところが、そんな想いを綴った日記をたまたま妻に見られてしまい、当然に妻は激怒し、いよいよハンバートはヘイズ家に居られなくなった。その矢先である、妻が自宅を出たところを、通りがかった車に轢かれて事故死する、という事件があった。

そのとき丁度、ドロシアは寄宿舎に滞在しており、通り一遍の妻の葬式を済ませると、ハンバートは夢見心地で車でドロシアを迎えにいった。そのときハンバートは、ドロシアに母の死は知らせず、重い病気で入院している、ということにした。

ハンバートは迎えにいっても、まっすぐに帰宅せず、途中モーテルに滞在して、ドロシアとの愛の日々を誰に憚ることなく堪能した。

そして結局、しがらみが絡むヘイズ家を去って、ドロシアとの生活をやり直すために、カリフォルニアのビアズリーというところに移り住んだ。そしてドロシアを、厳しい校則で知られるビアズリー女学校に入れた。

ビアズリー女学校でドロシアは、演劇やテニスなどにも親しみ、それなりに楽しく青春を謳歌しているようにも思えたのだが、根っから我儘な性格のドロシアは、結局なじめず、そこを辞めた。

そこでも周囲との軋轢が高まり、ハンバートとドロシアは、アメリア中西部に向かってあてのない旅に出た。この頃は最早二人の間に初期の頃のようなロマンチックな雰囲気がなく、いわゆる倦怠期に陥りつつあり、ドロシアはハンバートとの関係にうんざりしつつあったが、ハンバートはドロシアを手放すなんて夢にも思わなかった。

ところがドロシアはある意味悧巧な少女で、ハンバートから離れる手はずを着々とつけつつあった。そして、ある日突然、ドロシアは失踪した。別の男に連絡して連れ去ってもらったのである。

茫然自失したハンバートは、必死でドロシアを捜しまわったが、結局みつけられず、なりゆきでリタというとても親切な女性と暮らし始めた。そうやってドロシアと別れて2年くらいたったころ、突然ドロシアから、手紙が届いた。なんでも、結婚して子供をみごもっているという。ハンバートには驚天動地だった。

ドロシアの手紙には、居所についてきわめて限られた手掛かりしか書かれていなかったが、密かにリタに別れを告げ、必死の推理でドロシアの居所に当たりをつけて、車で出かけていった。

ここからはミステリーぽい展開なので、ストーリーの展開の説明は省略するが、正直いって途中で何度も挫折しそうになり、森鴎外や樋口一葉の小説を読みこなした忍耐力で、なんとか読み通した、という次第である。

なんとか読み通せた理由は他にもあって、それはこの小説が、谷崎潤一郎の「痴人の愛」に似ているような気がしたからである。もしかして少女愛という表面的な類似しかなくて、私の文学初心者らしい皮相性がそこに顕れているかもしれないが、それでも私はとりあえず読み通せたことに満足している。そのうち若島氏の著書に拠って、この小説を深読みする手掛かりを学ぶとしよう。

なお、有名な話であるが、ロリータは当初、多くの出版社から出版を拒否され、出版されても発禁扱いを受けてきた。それは西欧のキリスト教的価値観では、幼い少女を愛するということが背徳だからなのであろうが、ナボコフはそもそもエロ小説のつもりでこの小説を書いたつもりはないようである。そもそもこの小説にはどきつい性的表現を見出すことが極めて困難である。

ともかくナボコフはロリータで、霊感と組み合わせの相互作用による美的芸術を描きたかっただけなのである。

あと、さいごに、ナボコフの驚くべき資質にも言及しておきたい。ナボコフは1899年の帝政ロシアに生まれた。要するに母国語はロシア語で、ロシア語でいくつか小説を書いた。ところが、ロシア革命で国を離れざるをえなくなり、英国に留学して動物学やフランス語を専攻し、紆余曲折があって1945年に米国に帰化した。

そこからロシア語でなく英語で小説を書こうと試みるのだが、母国語でなく学んだ言語で小説を書くことがどれほど大変なことか、想像を絶する。しかし、ナボコフは、そうやって書いた英語の小説で世界から絶賛されたのである。じっさいナボコフは、ロリータのあとがきのような箇所で、ロシア語でなく英語で小説を書くことのもどかしさについて述べている。

それだけではない、ナボコフは、蝶の研究でも専門家であり、且つチェス・プロブレム作家でもある。じっさい、ロリータにはチェスの対戦の記述もあるが、流石に妙にリアルである。このあたりのリアルさは、アマチュア将棋指しの私にはとてもしっくりくる。

もうすぐ引退することが決まった加藤一二三九段であるが、偉大な棋士であることは誰も否定しないだろうが、聞くところによると、空気を読まないというか、突然奇矯な行動をとったりするので、一部の棋士からかなり嫌われているらしい。私が知る限り、少なくとも大内九段がそのような発言をしていた。

じつは私も、加藤一二三九段ほどではないと思うが、周囲の空気を読まず、ちょっと引かれたりする行動をとることがある。それは、念には念を入れすぎるのである。強迫神経症的といってよい。例えば、出張して人に会うというとき、日時と場所が確定しているのにわざわざ前日、こうでしたよね、とメールで確認したりする。

いまから私が書くことも、どうみてもみんなに既知のことをわざわざ書き下すだけで、なんで今更書くの?と思われるかもしれないが、上記のような私の性格のせいなのだ、と言い訳して、将棋連盟の対応についてコメントしてみたい。

すなわち、ウェブの情報をみると、三浦事件に関して、渡辺竜王、久保九段、橋本八段、千田六段にきちんとペナルティを課すべきだという意見が横溢している。ウェブでは、随分露骨な表現もみたりしたので、あえて私の方で「きちんとペナルティを課すべきだ」と比較的穏当な言い方にしておいた。

その意見に対する私のコメントは、将棋連盟の理事たちは何が、何があっても決して上記四名の棋士に対して、びた一文もペナルティを課さないだろう、ということである。こうかきながらなぜか、私の頭の中で、クールファイブの「逢わずに愛して」の曲が流れている。

私がそう考える理由は自明であって、少しでもペナルティを課すと、タイトル戦を戦わせることに支障がでる。久保九段に罰を与えると、そんな棋士がタイトル戦で戦うことにケチがつき、王将戦にひびがはいる。千田六段がからむ棋王戦もそうである。渡辺竜王と橋本八段を処罰すると、竜王戦が遡及的に危機に陥る。なにしろ将棋連盟はいまや、薄氷の湖である。急に頭の中の曲が、「逢わずに愛して」から、Kinki Kidsの「硝子の少年」に切り換わった。

だから、将棋連盟は、硝子細工を扱うように、件の棋士たちに対応する。一方、件の棋士たちは開き直ってこう言う、「撃ちたければ撃てばいい、人質がどうなってもいいのか。」

刑事たちは、折角犯人たちを追い詰めたのに、撃てない。タイトル戦という人質も一緒に撃ってしまうからである。そしてみすみす、犯人が人質を伴って逃げていくのを黙ってみているよりない。

刑事たちは地団駄を踏んで悔しがるが、悔しがる理由は、犯人を逃がしたことだけではない。なんと刑事部長から直々に、人質のあるなしに拘わらず、犯人たちを撃ってはいけないと指示が出ているのである。上層部から政治的な関与があったらしい。

「課長、こ、こんなことが許されるんですか。」と若手の巡査部長が机を叩きながら呻くが、「・・・・・」と、課長は何も応えない。知らないうちに曲は、バーブ佐竹の「ネオン川」に切り換わっている。私の選曲は実にいい加減である。

三文警察小説モードから戻って、将棋連盟は、おそらく、一番の収入源であるタイトル戦のスポンサーと、件の棋士たちを護ることしか頭にない。「個々の将棋ファン?それが何だ!」刑事部長は怒鳴る。あらっ、また三文警察小説モードに戻った。

刑事部長が怒鳴るのもわかるような気もするのは、一応の将棋ファンである私という個人は、将棋世界なんて購読していないし、毎月500円のウェブ順位戦観戦料を払っているだけだからである。もちろん支部会員なんかじゃない。

きっと私レベルの将棋ファンは結構多いだろう。で、私の問いかけは、私のような、ほとんどお金を連盟に落とさない将棋ファンは、所詮烏合の衆なのか、ということである。私は一応IT業界にいるので、クラウド・ソーシングの本も読んだりした。大衆が数でものをいわせられないか。

そういえば、鳴り物入りで公開された映画「聖の青春」も、そのうち観に行こうと思っていたら、早々に上映が終わってしまった。きっと、あまり観客が来なかったのだろう。すると、私レベルの将棋ファンでさえ、世間では圧倒的少数なのだろう。だいいち去年、週刊将棋が休刊になったのも、読者が減ったからである。

で、自分に改めて問うてみた、お前は、新聞から将棋欄がなくなっても購読するか、と。すると私のインスタントな応えは、別に将棋欄なんかいらない、というものである。ウェブで観るもの。だいいち、読売新聞だからといって、観戦記にさりげなく渡辺竜王をポジティブに登場させて、サブリミナルを仕掛けないでほしい。

じゃ、タイトル戦がなくなっても平気かと聞かれると、私の感想は、ううん、新聞の将棋欄なんてどうでもいいけど、流石にタイトル戦がなくなると寂しいよなぁ、というものである。ウェブでさえ観戦できなくなる。

ここまで読んで、将棋連盟は、いまの人を食ったような対応をしているのだろうか、と考えてしまった。最後に流れる曲はなぜか、秋元順子の「テイ・アモ~風が吹いて~」である。

♪スマホの事件で疑惑が生まれ
三浦の心は苦悩に沈む
すべての疑惑は吹き飛ばされて
最後に残ったの、真実だけが
ミウラ、ミウラ、ミウラ、 一秒でも早く
ミウラ、ミウラ、ミウラ、 復帰したいんだ
竜王戦を指したかった、駒を抱きしめて
俺のプライド、ああ許せない♪

う~ん、ギズモさんのようにうまく作れないや。

かなり昔、講談社現代新書だったか、立花隆氏の「知のソフトウェア」という本を読んだことがあり、そのときは感心したような気がするが、内容は全く憶えていない。

それと対抗するつもりはまったくないが、「知のハードウェア」という題で雑文を書いてみたくなった。すると、複数のPCをネットワークで接続して並列計算させるのか、みたいに思ってもらえるのかもしれないが、そんな立派な話題ではなく、壮絶に?地味な話である。

さて私は、今世紀初頭、世間に百均というものがあらわれ始めたころから百均で小物を買い込むのが趣味である。たいていの人は同意してくれると思うが、特に初期のころは、ええっ、これが百円で買えるのかと感動したものである。そして、いつも仕事と遊びを融合させようとたくらんでいる私は、なんとか百均の小物を仕事に活用しようと工夫してみた。

私が仕事のために一番沢山買い込んだのは、A4サイズの透明ビニールのポーチである。ファスナーで閉められるようになっている。これに仕事の単位ごとに書類を入れる。典型的には、発明者から提出されたパワーポイントなどの資料を印刷して、いれておく。そのポーチには、発明者からPDFで送られた関連論文、自分で検索してみつかった特許公報なども印刷して入れる。

あと重要なのは、ノートも複数買い込み、1つのポーチに一冊入れる。メモをとるためである。複数の発明案件をもっていると、こういうポーチが多数必要になる。また、沢山の書類を入れると、ポーチが膨れ上がって、特にファスナーのところにテンションがかかるので、そこから破れたりする。なので常にポーチを買い足していたような気がする。

ポーチは発明評価会にももっていく。その際、複数の案件があるとポーチも複数になるので、主婦が使うような買い物袋も百均で買った。私はデザインとか気にしないので、買い物袋に花柄が入った少女的なのも使ったことがあり、それで失笑を買ったりしたが、まあ愛嬌である。

さて、発明評価会の審査の結果、特許出願することに決まると、基本的にほとんどの案件の特許明細書を自分で書く方針だった私は、特許明細書の全体の構図を思考する。私の場合まず、図面を構成から考える。そのやり方は、百均で買ったペーパーバインダに、印刷済みのコピー用紙の裏側を挟み、ああでもない、こうでもないとボールペンでいろいろ書いてみる。この作業は私にとって本質的で、3日くらい時間がかかったりした。

そうやって図面の構想が固まると、図面用のノートに図面を浄書していく。あるいは発明者が作成したパワーポイントの図面が使えるなら、印刷して切って貼り付ける。最初は百均で買った、百円で三冊のB5サイズのノートを使っていたのだが、私がメインで担当しているソフトウェアの発明では、フローチャートが複雑になって、書き込むにはB5サイズでは狭く感じるようになった。そこで、図面用のノートは、A4サイズのものを使うようにしたが、流石にこれは百均にはなく、仕方ないので文房具店で買い求めた。一冊250円程度とちょっと値が張るが仕方がない。

そして図面用のノートをみながら明細書を書き始めるのだが、図面の案を作る段階である程度特許明細書の構想ができあがっているので、どんどん書きすすめられる。もともと文章を書くのは比較的速い方である。その一方で、図面用のノートのコピーを図面作成担当の人に渡して、明細書作成と並行して特許図面を作成してもらう。こうすると、明細書を書上げたとき既に図面が仕上がっているということになり、全体のサイクルタイムが短縮される。

ちなみに、図面作成担当の人は、ベテランで図面作成スキルが高いだけでなく、長年来私の友人でもあり、私の意図をツーカーで読み取ってくれるので、微妙な間違いも指摘してくれたりした。私は特許調査のとき、たまたま私が書いた明細書が検索にヒットするとつい苦笑するのだが、そこで、ううん素晴らしい特許公報だと自画自賛するのは、文章でなく、その特許図面をみてのことである。

こうして特許明細書が出来上がると、透明ビニールのポーチの中の書類はすべてシュレッダーにかける。発明の内容など機密なので、一般ごみとしては捨てられない。そして、ポーチの中にはノートだけが残り、別の新規案件用にまた使うことになる。

このやり方はとても気に入っていて、いまの特許調査にもそのまま活用している。ただ特許調査の場合は、特許図面の作成はないので、メモ用のノートだけを使う。特許調査の場合は、検索でヒットした多数の特許公報から関係があるものを選ぶ作業が中心になるが、最初に2000件くらいの初期集合から120件くらいまで一次選別する作業は流石に特許検索システムのマーキング機能をつかう。しかし、そこから30件か40件程度に二次選別する作業は、丁寧に読んでいくことと、不用意にスキップしてしまわないように、一次選別した件数分の数字列を矩形にならべて印刷するツールを作成し、そうやって印刷した数字列を印刷し、切り取ってノートに貼り付け、終わったものに○をつけていく。

こうやって私は、百均グッズを趣味的に駆使して、余人の追随を許さない高いスループットで(本当か?)能率よく仕事をしているのに、周囲にいる誰一人として私のやり方を真似しようとせず、下手にパソコンとディスプレイだけを使って能率の悪いやり方で仕事をしている。

私が言いたいことは、人間の思考は、パソコンのツールやプログラミングで促進できるが、人間の身体は結局モノであり、思考と、モノである人間の身体の間をインターフェースするには別のモノを触媒として介在させる必要があり、そのモノとして百均グッズは工夫次第で素晴らしいコストパフォーマンスを発揮するということである。それを知のハードウェアと呼ぶことは、おそらく誤解を招くだろう、まあいいけど。

次世代電池

user-pic
0

数ヶ月前にサムスンのスマホが発火するという問題が発生した。それは使用しているリチウム・イオン電池の電解質に可燃性の有機溶媒が使用されているせいで、加熱すると有機溶媒が燃える可能性があり、また液漏れの可能性もあるせいだと読売新聞の科学欄にあった。そこでこの記事に基づき、この問題を解決するための次世代電池についてまとめてみる。

まず、この問題を解決するには電解質を含め素材全体を固体にした「全固体電池」にするというアイデアがある。すると液体を密閉しなくていいので構造を簡単化でき、小型化、量産化も進められる。電極と電解質を重ねて電圧を高めることもできる。ただ固体だと液体の電解質に比べてイオンが流れにくいという難点があるが、これを克服する新素材があらわれつつある。例えば、東工大の菅野了次教授は、自動車メーカーとの共同開発で、リチウム、ケイ素、リンなどからなるセラミックの電解質を開発した。リチウム・イオン電池の電解質に比べて、イオンの通りやすさを約2倍まで高めることに成功したという。

一方、リチウム・イオン電池の劣化を防ぐ工夫もなされている。すなわちリチウム・イオン電池の劣化は、充放電を繰り返すうちにリチウムなどが負極に析出することで起こり、電流が大きいほど析出が起こりやすい。そこで首都大東京の金村聖志教授は、正極と負極の接触を防ぐセパレータという素材を工夫した。ポリイミドに約300ナノメートルの細かな孔を規則正しくあけてセパレータにすることで、正極から負極に均一にイオンが流れるようにし、電極表面にむらが生じるのを防いだ。これにより、析出が起こりやすいためこれまで使えなかった素材も電極に使えるようになり、電池容量を倍近くまで増やせる可能性がてできたという。

さらに、リチウム・イオン電池におけるリチウムがレアメタルで資源の量が少ないということから、リチウムの代わりにナトリウムを使用したナトリウム・イオン電池も開発も試みられている。

周期律表でみるとナトリウムはリチウムの直下にあって、一応リチウムと同系列の元素であるが、ナトリウムを正極に使うと電解質が電気分解されやすく、数回の充放電で使えなくなるという問題があった。そこで東京理科大の駒場慎一教授は、電解質の不純物を取り除けば電解質の分解が起こりにくくなることを発見した。そしてこの方法により、100回充放電しても問題ないナトリウム・イオン電池を作製した。ナトリウムはなんといっても、資源としてきわめてありふれていて豊富というのが好ましい。

gigazine.netには次のような記事があった。

フランスの国立科学研究センター(CNRS)とRS2E networkの共同研究グループが、世界で初めてポータブルコンピューター用バッテリーの規格として最も普及している直径1.8センチメートル×長さ6.5センチメートルの円柱「18650」サイズに則したナトリウムイオン電池の開発に成功し、そのプロトタイプを公開しました。
ナトリウムイオン電池の開発では電極材料に何を用いるのかが大きなキーファクターであるところ、公開された18650ナトリウムイオン電池の電極材料は企業秘密のため詳細については伏せられましたが、重量エネルギー密度は90Wh/kgで充電可能回数は2000サイクル以上を実現しているとのこと。これは現在、主流のリチウムイオン電池の約半分の重量エネルギー密度ですが、リチウムイオン電池が市場に登場したときとほぼ同じ値であるため、立ち上がりとしてはまずまず優れた値だと評価されています。

ということで、ナトリウムイオン電池が緩やかに立ち上がることを期待するものである。

囲碁ソフト「Master」で述べたように、Masterは中国・韓国の一流棋士たちを相手にして、なんと60連勝という圧倒的な強さである。

それで、数字的には強さは分かったのであるが、具体的な棋譜はどうなっているのだろうと、理解する棋力もないくせにおもっていたところ、私が好きな囲碁棋士の一人で、まいにちブログを更新している白石六段が、Master対棋士の棋譜解説を5局に亘って解説された。まだ今後も続くらしい。

それをみて、具体的な手の良し悪しなんて私には理解できないが、ともかく圧倒されたのは、対戦相手の棋士は、日本の一流棋士も決して容易に勝てないような世界ランカーばかりなのに、中盤以降どんどん差をつけられて圧倒されているのである。まったく付け入る隙がないといってよい。

個々の手の質というか技のレベルの高さは、私なんて全く及びもつかないことは明白であるが、それにも拘わらず、圧倒され方が、私が自宅のパソコンで天頂の囲碁6に三子を置いて圧倒されているのと雰囲気が似ている。要するに、中盤あたりまでは五分か少しいいくらいなのだが、知らない間に不利になっており、挽回しようと無理して討ち死にするみたいな感じが同型なのである。

で、もしかして囲碁のトップ棋士は、Masterに対して二子(まさか三子はないだろう)の手合いなのでは、と推定した。というのは、それくらいの力の差でないと、なかなか60連敗ということにならない。

しかし、二子だとしても、それはアマチュア・トップと、プロ・トップの差であり、プロ的には大差であろう。なので、いくらMasterが強いといっても、人間の棋士が二子を置いて打つということにはならないだろう。そんなことしたら沽券にかかわる。

ところで、いまいち記憶に自信がないのだが、以前に羽生三冠が、もし将棋の神様と対戦するとしたら、香落ちでは歯が立たないが、流石に角落ちではないだろう、みたいに言っていたような気がする。

その言葉を反芻すると、羽生三冠が言っている手合いというのは囲碁でいえば二子に相当するのではないか、すると、Masterは最早棋神の強さなのだろうか、とつい考えてしまう。

一方で、冷静に考えると、囲碁ソフトの強さがMasterで飽和しているなんてことは考えられず、今後も囲碁ソフトは(もちろん、将棋ソフトもそうであるが)進化していくが、最早人間からみたらその強さは縮退していて、見分けがつかないのかもしれない。それは、将棋でいえば、A級棋士と、C級2組で引退間際の棋士では、対戦すればほぼA級棋士が勝つだろうが、名前を隠して棋譜をみたら、私程度では強さの違いがあまりわからないかもしれない、というのと似ている。

なんにしても、人間の棋士がやりにくい時代になったものである。

能ない鷹

user-pic
0

昔から、能ある鷹は爪を隠す、という諺があり、その意味はここに説明するまでもないだろう。確かに、特に私が東京に出てきて出会った何人かの超秀才は、謙虚というか淡々としており、爪を隠すというより、自分が鋭い爪をもっていることをあまり意識していない風であった。なので私のような小物に爪を振りかざすことももちろんない。

私はというと、自分でいうのもおかしいのだが、その諺とは違っていて、能ない鷹は爪を磨き、爪を隠さず、というところなのだった。すなわち、私はいつも自分の能力不足を感じているので、ピースミール努力により、あまり世間の他の人が注目しないようなマイナーな分野で努力することにより、自分の居場所をつくっている。すると、あまり他の人と競争にならないので問題が起きにくい。また私は、その分野ではっきり能力で勝てないと見切るととても謙虚に振る舞える。

すると、私がいくら爪を隠さずの方針でも、一般的にはあまり問題は起きないのだが、私が爪を出している分野で他人と衝突することがときどき起きる。それは、以下のような場合である。

  1. 私が努力している分野と重なる分野で、ある人物がそこそこの自信とプライドをもっている。
  2. しかも生憎、ピースミール努力を通じて、その人物よりも、当該分野で私の方がスキルが高い。

こういう場合、その人物は、私が爪を隠さない、すなわち謙虚にしていないことが居たたまれなくなって、不愉快を感じるようである。

実は私は、その人物が自分より地位が高くないなら、別に爪をひっこめてもいいと思っている。むしろ若い人とかが威張っていると、若いときの自分をみるようで応援したい気持ちになる。逆にいうと、自分より地位が高い、あるいは責任ある地位にあるような人がいたら、私は爪を見せることに容赦しない。私のメッセージは、只でさえ貴殿は私より地位が高いのだから、私がマイナーな分野で密かに爪を磨き、能力を高めている分野でちょっとくらい私に負けたからって、地位を使って私を貶めようとすることはないのではないか、ということである。

もっと具体的に言おう。例えば、コンピュータ・プログラミングの分野である。私が所属している部門は知財関係だったりするので、もともとそんなにコンピュータに詳しい人はあまりいない。ときどきソフトウェアの開発部門にもともといて知財部門にくる人がいたりするが、そういう場合は私はきちんとそのスキルに敬意を表するのであまり問題にならない。ところが、地位が高くてコンピュータも一応趣味という人がときどきいる。そんな人は私からみたら所詮旦那芸で、ちょっとVBやエクセルのマクロでプログラムが書けるだけだったりする。私ももちろん所詮旦那芸なのだが、一応C++やPerlなどで業務の根幹を支えてきた経験があるので、一応彼らより香一本はコンピュータに強かったりする。それが彼らのプライドに障り、我慢ならないようである。それで私の仕事でちょっとケアレスミスを見つけると、鬼の首を取ったようにミスを衝いてきて、私の他の仕事まで否定しようとする。

私が馬鹿なのは、そういう状態になったら、戦略的無能を装って負けたふりをすればいいのに、一層相手の神経を逆撫でするようなことを言ったりする。ここまでくると、将棋や囲碁でいうところの勝負の気合いで、例えば、△6七歩と垂らされたら▲6九歩と謝れば無事なのに、私は意地でも謝るものかと、△6七歩に▲3五歩と戦線を拡大して、結局△6八歩成と攻め合われて一手負けになったことは何度もある。しかしどうしても懲りない。

なぜ懲りないかというと、そういう勝負で気合負けすると、ピースミール努力による私のささやかなスキルの進歩が止まってしまうからである。

しかし冷静に考えると、そんな局所で気合負けしても、全体のバランスを考えると負けるが勝ちというやり方の方が正しいということもありえるのであって、結局私の大局観が悪かったということになる。

なので、こんなひどい大局観でよくここまでやってこれたな、というのがこの歳になって今更のように感じることなのだった。まったく、能ない鷹というのは始末におえない。

侵略の構造

user-pic
0

大学生だったとき、学問への夢と情熱をなくし、無気力な日々を送っていたことがある。そんなとき、あまりにも暇なので、囲碁でも勉強しようかと何冊かの囲碁の棋書を買って読んでいたら、将棋部の同僚が下宿を訪ねてきて、お前すごい本を読んでいるなあ、と笑うので、えっ?と手許をみたら、「侵略のテクニック」という本だった。なんのことはない、大模様に打ち込んでいって、地を荒らしたり、サバいたりする手筋を紹介する本なのだが、そういえば囲碁よりも激しいゲームだと思われる将棋の棋書で、あまり「侵略」という言葉をみたことがない。

そんな昔のどうってことないことを今更思い出したのは、将棋連盟のホームページで渦中の棋士の今期の成績を確認したときである。以下に示す。

棋士勝数敗数勝率
渡辺 明21140.600
久保 利明22120.647
橋本 崇載12100.547
千田 翔太39100.796

私は勝敗のデータを眺めるのが趣味なので、各棋士のだいたいの成績の推移を通年で知っている。その私の知識によると、渡辺竜王の成績はこんなもんだし、橋本八段の成績も、例年から比べるとそんなに悪くない。勝率四割台だったこともけっこうあった。一方、久保九段と千田六段はどうみても例年より成績がよい。なにしろ、この二人ともタイトルに挑戦中である。

要するに、渦中の棋士たちの成績は、例年と比べてequal or betterで、なんなのこれは?とつぶやいてしまった。どういうことかというと、ウェブをみたら、これらの棋士に対する怨嗟の声に満ちている。ウェブなんていい加減であてにならないというかもしれないが、よくみると、中にはまともな議論も結構ある。そういってはなんだが、例の文春砲といわれた記事よりも格調の高いものもある。

そして文春砲は確実に三浦九段に痛撃を与えたが、ウェブの怨嗟はどうして渦中の棋士たちに届かないのだろう。不思議である。届かないどころか、むしろ渦中の棋士たちはパワーアップしている。こうして私は、侵略の構造という概念に思いを馳せる。

例えば、大学のサークルなどの飲み会で、男性が女性に酒を飲ませて、酔わせて性的狼藉をはたらいてしまう、という事件がときどき起きる。それはそうとうやってはいけないことのはずなのに、加害者はなんとなくうやむやにされ、被害女性だけが一方的に深い心の傷を負う。恋人に振られ、PTSDになり、その後鬱のように沈んで暮らし、なかなか希望が見いだせない。最悪の場合、自殺したりする。

それなのに、女性のほうに心の隙があったんだろう、女性の側から誘惑したんだろう、だいたいが男性関係が派手だという噂があった、などと余計なことをいう人もでてきたりする。例の、李下に冠を正さず、の間違った議論である。

別の例は、米国の9.11テロ事件である。あの事件がきっかけになり、米国はイラクが大量破壊兵器を保有しているとして、イラクに攻め込み、独裁的だが、それなりに統制のとれた国家だったイラクは荒廃し、アノミー状態になっていまでも混乱のままである。結局大量破壊兵器はみつからなかったが、米国が謝ったという話は聞かない。米国はその後、国内でそれぼど目立ったテロに遭うこともなく、派手な言動で物議をかもす大統領を選出して、それなりに盛り上がっている。

ここで私は、次元消滅という自分の記事を引用する。そこにあるように、時空の次元に意味を与えるためには集合に、位相の構造を与える必要があるが、それとの類推で、神は世界に意味を与えるために、世界に侵略の構造を与えたのではないか、と私は推定した。それは要するに、もてるパワーを駆使して弱い者いじめをすると、強者はさらに富み、弱者は滅亡へと追いやられる、という論理である。

すなわち、侵略の構造が入った世界では、偽旗作戦で火のないところに煙を立てる作戦が有力となる。三浦九段はそれで苦しみ、嫌疑は晴れたはずなのに、まだ将棋連盟に元の居場所を確保できていない。

それにしても、どうしてこのような構造の世界を神は造ったのだろう。今まで何度も問うたが、もちろんなんの返事もない。

例によって相模大野のブックファーストをうろついて、文庫本のコーナーに差し掛かったとき、文春文庫の青い背表紙のジェフリー・ディーヴァーのシリーズが目に付いた。その中で特に「シャドウ・ストーカー」を手にしたのは、ストーカー犯罪などを通じて、ストーカーに対する関心が高まっていたからだろう。そこで、「シャドウ・ストーカー」文春文庫、上下二巻、池田真紀子訳を買うと早速読み始めた。

そういえば、ジェフリー・ディーヴァーを前に読んだのは、バーニング・ワイヤー以来で、年に一冊というペースだとちょうど以前に読んだ記憶が薄れかかっていて、飽きなくていい。あと、好みは分れるかもしれないが私は、池田真紀子さんの、ややくだけた調子の翻訳が好きである。すらすら読めるというか、読んでいて疲れない。

さて、「シャドウ・ストーカー」は、リンカーン・ライム・シリーズでなく、キャサリン・ダンス・シリーズである。リンカーン・ライムが物証で犯人を追いつめるのに対して、キャサリン・ダンスは、ブラツク・コールの楯岡絵麻のように、訊問で容疑者を追い詰める。

ちなみに楯岡絵麻は、とても美人だが無茶苦茶性格が悪いという、外資系のキャリアウーマンあたりにいそうなタイプだが、キャサリン・ダンスはまあまあの美人で、性格は温厚である。キネクシス、すなわち身振りや動作で相手の心理を見抜くプロである。

そんなキャサリン・ダンスは、もともとミュージシャンを目指して努力した時期があったが、才能に限界を感じて、今では警察官をしている。しかし音楽を捨てたわけではなくて、余暇にソング・キャッチャー、すなわち演奏を高音質ディジタル録音し、それを自らのウェブ・サイトで有料配信する仕事もしている。それは、小遣い稼ぎのつもりよりも、知られていないミュージシャンを発掘する意図の方が大きい。

キャサリンが休暇をとってソング・キャッチャーをしていたとき、有名カントリー・シンガーのケイリー・タウンの身近な人が殺される、という事件が起き、それを聞いてキャサリンは衝撃を受け、休暇中ながら早速ケイリーのところに駆けつけた。キャサリンは音楽の趣味を通じてケイリーと友人関係にあり、また当然にケイリーの音楽のファンでもある。

ケイリー・タウンは華麗な容姿と、絶品の歌唱力と、ほとばしるような作詞・作曲の才能で絶大な人気を博しており、仕方がないことだが、その中にはストーカーめいたファンもいた。そんな中で一番ケイリーを悩ましたのは、エドウィン・シャープというストーカーである。なにしろ吐き気を催すような愛のメッセージを含む山ほどメールを送りつけてきたり、ツイッターに書き込んだりして、止むことがない。高いITスキルと情報収集能力をもち、メールアドレスを変えてもすぐに発見する。

なので、ケイリー・タウンの父でマネジャのような存在のビショップ・タウンは、ストーカー対策に弁護士とボディー・ガードを雇った。音楽が売れているので、セキュリティ対策に費用をかけることができる。

そんな状況でケイリー・タウンの身近なスタッフ、ボビー・プレスコットが殺されたので、当然にエドウィン・シャープが疑われた。そこで地元の警察はエドウィンの周囲を捜査したが、全く証拠らしきものが見つからず、犯人は別にいるのかという疑念に駆られた。

さて、キャサリン・ダンスが犯行現場に顔を出すと、当然に地元の警察は、お前は誰だと聞いてくる。そこでキャサリンがカリフォルニア州捜査官の身分を明かすと、地元の保安官事務所のマディガンという刑事部長が、自分たちの縄張りを荒らすのか、と絡んできた。警察小説でよくあるパターンである。

ところが、さらに殺人事件が起き、手かがりが見つからないで膠着状態に陥ると、溺れる者は藁をもつかむではないが、流石の硬派のマディガンもキャサリンに歩み寄ってきた。そしてキャサリンは、休暇中ながら半ば公認で捜査に加わることになった。

そんな捜査陣の努力にも拘わらず、ケイリー・タウンの別の身近な人が襲われるという事件が起きた。そこに居合わせたキャサリンは、もう駄目かと思うくらいぎりぎりの状況になったがなんとか被害者を救い、自らの怪我しつつ生還した。

そうやってキャサリンが襲われたのに、手かがりが全く得られず捜査陣が暗澹とした気持ちになっているとき、この上なく頼もしい助っ人が現われた。それはリンカーン・ライムとアメリア・サックスである。たまたまカリフォルニアでの講演依頼があってニューヨークからこちらにやってきており、その用件が終わったので旧知のキャサリンのところに立ち寄ったのである。

リンカーン・ライムは今までに得られた微細証拠を緻密に分析して、一歩一歩、事実を解明していった。そこから新たな犯罪の予兆を見出し、キャサリンと地元の警察は積極的に活動を始めた。ここからはストーリーのコアなので記述しないが、エドウィン・シャープに容疑と無実の可能性が重なったような、なかなかデコヒーレンスしないじれったい状態、別の事件が関与しているのかどうか、などのもやもや感と、ディーヴァー得意のどんでん返しを堪能した。

じつはこの小説を朝の通勤電車の中で読んでいたのだが、ストーリーに没頭しすぎて、新宿駅に着いたことにしばらく気づかないほどだった。ここまで小説に没入した記憶が最近はあまりない。そんな小説なのにアマゾンの評価は相当地味で、まあ世間の感想とは分からないものだと感じた。私の場合、ストーカーのことをいろいろ考えていたことが、この小説を読む上の薬味になっていることは確かである。

都市ガス

user-pic
0

私がいま住んでいる家を建ててそちらに移ったのはもう16年も前のことだが、それは、家付きで土地を買ったのだった。ただ、その家は大層古かったので、壊して建て直すことが前提で、なので、古い家を壊してそれを産業廃棄物として処分してもらう費用まで余分にかかった。

要するに建売でなかったのだが、私が住んている一角は、昔からの住宅地で、都市ガスがカバーする区域から離れて島のようになっているので、ガスはプロパンだった。

するとどうなるかというと、敷地の一部にプロパンのボンベを設置しなくてはならないのだが、うちの家の場合、どうしても駐車場のそばにボンベを設置せざるをえず、毎月のボンベの交換は、車のそばをボンベを担いだ係員が移動することになる。それをみていて、もし係員がちょっと足を踏み外したりしたら、車が傷つくといつもヒヤヒヤだった。

しかし、都市ガスの管は何百メートルも離れているので、工事を頼むと、おそらく何百万円もかかってしまう。それで仕方なくプロパンを使っていた。

ところが幸いに、自宅の近くに老人介護施設ができるということになって、そこは都市ガスなので、少しの工事費を払えば、都市ガスが引いてもらえることになった。それで近所の有志を募って共同でガス工事をしてもらうことになった。

こうなると、プロパンガスの業者はリプレースされるので仕事を失う。昔ある地域で一気にプロパンガスが都市ガスに切り替えられたので、そこを担当していたプロパンガスの会社がふて腐れて、ボンベを放置して取りに来なかった、ということがあったと聞いた。

しかし、私が契約していたプロパンガスの業者は、切り替えるというと多少対応がぎこちなかったが、結構紳士的に対応してくれたので安心した。

それで都市ガスに切り替えるに当たってこの際、コンロと給湯器も一新した。それで業者が来たのでいろいろ聞いてみると、ガス器具は随分安全になっていて、もしガス漏れがあっても自動的にガスの供給が止まるのだという。また、都市ガスはプロパンガスと違って空気より軽く、ガス漏れしてもガスが逃げるのでプロパンガスより安全である。

こうして便利に都市ガスが使えているのだった。ライフラインの一環としての都市ガスの有難味が改めて分かった。

先日、知り合いから、ついに加藤一二三九段の引退が決まったと聞いたが、趣味のように毎日、将棋の順位戦の星取リーグ表を眺めている私にはそのことになんの意外感もなく、ああついにその瞬間がきたか、と思っただけである。

むしろ、私が驚いたのは以下のニュースである。産経新聞のウェブから引用する。

現役引退が決まっている将棋の加藤一二三九段(77)が20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた第88期棋聖戦(産経新聞社主催)の2次予選で飯島栄治七段(37)に勝ち、77歳0カ月の最年長勝利記録を達成した。これまでの記録は、平成8年3月に故丸田祐三九段の76歳11カ月。

77歳0カ月の最年長勝利記録もすごいが、B級1組に属し、重厚な棋風で知られ簡単にラッキーパンチが入るような相手ではない飯島七段に勝つとは、流石ヒフミンは神武以来の天才である。そういえば読売新聞の紙面には、加藤九段が華麗に飯島七段を攻めつぶしたとあった。

プロ同士なのだから加藤九段が飯島七段に勝って何がおかしいと思われるかもしれない。しかし、加藤九段は昨年のC級2組の順位戦は10戦全敗だった。相手をみると、ピチピチの若手もいるが、普通に考えたら加藤九段が勝ってもおかしくないような、第一線から離れたような棋士も二人くらいいた。それで、流石にだめだこりゃ、と去年思った。そんな状態に鑑みると、飯島七段に勝つなんてかなりありえないのである。

ところが今期のC級2組の加藤九段の成績は1勝7敗。なんだそんな成績かと思われるかもしれないが、勝った相手が八代五段。有望若手で、昇級候補の一人である。で、思わず棋譜をみたら、加藤九段の完勝だった。なんでも加藤九段は最新定跡を必死で勉強しているらしい。

ただ、加藤九段は既に降級点を2回取っており、あと1回をとるとC級2組から降級となり、すると既に60歳という年齢制限をとっくに過ぎているので、即引退ということになる。

さて、加藤九段はC級2組の対戦があと2局あり、ベスト・エフォートでこれを2連勝して3勝7敗で終えたと仮定する。そして、現時点で2勝以下の棋士は、加藤九段を含め丁度10人である。降級点というのは下位10人に付く。一方、加藤九段の今期順位は下から7番目であり、2勝以下の10人の棋士の中で加藤九段が順位が一番低い。これは絶体絶命かとよくみたら、下から11番目に、加藤九段より順位が低い島本五段がいて、3勝している。おっ、可能的には島本五段より一つ上の、下から11番目にすべりこめるのかとよくみたら、2勝以下の10人の中で、既に2勝しており、加藤九段より順位がよく、しかも今から直接対戦がある大平六段と岡崎六段がいる。これらに鑑みると、降級点を逃れるすべはない。証明終わりである。順位がよければ、残る可能性もあったのだが。

ともかく、加藤九段と、数学者の志村五郎氏は、できるだけ長く現役を続けたい私には鑑のような尊敬できる人達である。人間に飽和点はないのである、飽和することはできるけど。なんかポルノグラフィティのアゲハチョウの歌詞みたいだが。

直木賞

user-pic
0

私は基本的に、芥川賞とか直木賞などあまり興味がないが、読売新聞の朝刊を読んでいて、内心で思わずおおっ、と思ったのは、私の好きな作家の一人である恩田陸さんが直木賞を受賞したことが書かれていたからである。以下、読売新聞のウェブ記事を引用する。

第156回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日夜、東京・築地の料亭・新喜楽で開かれ、芥川賞に山下澄人さん(50)の「しんせかい」(新潮七月号)、直木賞に恩田陸さん(52)の「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎刊)が決まった。
副賞100万円。贈呈式は、2月下旬に行われる。
山下さんは、神戸市生まれ。同市立神戸商業高(現・六甲アイランド高校)を卒業後、北海道で脚本家の倉本聰さんが主宰する富良野塾の2期生となり、1996年から劇団を主宰。2012年の「緑のさる」で野間文芸新人賞。4回目の候補で芥川賞を射止めた。
受賞作は、19歳の「スミト」が富良野塾をモデルにした演劇塾で学ぶ姿を、私小説とは異なる語り口で描く。単行本の題字は倉本さんが書いた。吉田修一選考委員は「王道の青春小説として面白い」と語った。
恩田さんは、仙台市出身。早稲田大学卒。1992年、「六番目の小夜子」でデビュー。2005年、「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞を受賞。07年に「中庭の出来事」で山本周五郎賞。直木賞は6回目の候補だった。
受賞作は、ピアノコンクールを描いた長編。家にピアノがないのに圧倒的な演奏を披露する天才少年や、母の死以来、長くピアノが弾けなかった20歳の女性ら4人を中心にした群像劇。浅田次郎選考委員は「音楽、才能というものに独自の言葉で迫った」と評価した。

上記で恩田陸さんのことを、私の好きな作家の一人である、とかいたが、実は恩田陸さんの作品はまだ、ユージニアしか読んだことがない。それでよく好きな作家とかいうよね、と自分で嗤うのだが、ユージニアが私にとって藪の中のような強烈な印象の作品であるのはたしかである。じつは私の目の前に、もう数年前に買った、山本周五郎賞の「中庭の出来事」が積んであるのだが、実験小説的色合いが濃くてちょっと引けるのでまだ読んでいない。直木賞受賞を触媒にして読んでみようかしらん。

ところで、上記ウェブ記事にはかかれていないが、新聞記事には、好きなものは、年間300冊は読む本と、いつまでも飲んでいられるビール、とあったのでつい笑ってしまった。あるいみ哲学的な、幻想的な小説も書くのに、この庶民性がおもしろい。

それにしても年間300冊とはかなりな読書量であるが、たしかサマセット・モームだったか、作家というのはあまりよい読者ではない、という意味のことをかいていた。それはおそらく、小説を書くほうで忙しいのだと私は解釈したのだが、年間300冊も読みつつ、よく書く暇があるよね、と考えてみると、私も主として通勤時間を駆使して年間100冊は読むが、仕事時間は別なので、それを読書と執筆にあてると考えるとそんな無理なはなしでもない。

一方、芥川賞のほうはどうしても興味がもてないので、あいにく山下澄人さんの「しんせかい」も読まないと思うが、それにしても芥川賞を吉田修一選考委員が選考するんだ、へぇ、と思ってしまった。というのは、私は怒りや、悪人などの作品を通じて吉田修一氏の小説のファンなのであるが、これらが生粋のミステリやハードボイルドではないにしても、流石に純文学の範疇には入らないだろう。すると、芥川賞が、あきらかにミステリーやSFなどのカテゴリに入るものは除いて、将棋のプロ四段のような新人作家の登竜門であるのに対して、直木賞が、将棋でいえば少なくとも朝日杯オープンレベルの、ベテランも頑張ってやっともらえるような賞なのかな、ということになる。あ、そのことは、私の直木賞という記事のコメントに対して、山椒魚さんが論じているところなのだった。

あと、芥川賞のほうはどうしても興味がもてないので、とはいったが、私はお笑いが好きなので、又吉直樹さんの「火花」はそのうち読んでみたいと思っているし、村田沙耶香さんの「コンビニ人間」も文庫本になったら買って読みたい。通勤電車の読書がメインなので、どうしても文庫本という形式を偏愛してしまう。

たまたま、スウェーデンのミステリ作家でヨハン・テオリンという人がいるのを知った。なんでも有名な賞をもらった作品があるらしい。

そういえば私は、スティーグ・ラーソンのミレニアム・シリーズ、カミラ・レックバリの人魚姫、カーリン・アルヴテーゲンの裏切りマルティン・ベック・シリーズ、ヘニング・マンケルの殺人者の顔など、決して数多くとはいえないが、複数のスウェーデン・ミステリ小説を読み、そのレベルの高さに堪能してきた。

それで、ほとんど迷わず、ヨハン・テオリンの長編デビュー作である「黄昏に眠る秋」三角和代訳、ハヤカワ文庫を読むことにした。

「黄昏に眠る秋」の主人公は、ユリア・ダーヴィドソンといい、6歳の息子、イェンスがいる。夫とは別れて、シングル・マザーである。看護師として生活費を稼いでいる。そしてあるとき、故郷のエーランド島に、父親のイェルロフ、母親のエラと一緒に住んでいた。

ある日、ユリアは用事があって出かけた。元船長のイェルロフは海に様子をみに出かけた。エラは具合が悪くて寝ていた。すると、イェンスは保護者の目がなくなって、開放感を感じて塀を越え、外に出た。外は広々とした石灰平原だが、霧が濃かった。イェンスが歩いていると、ニルス・カントと自称する大柄な男と出会った。

ところがそれから、イェンスは帰ってこず、行方不明になった。それを知ってユリアは半狂乱になった。警察や島民は必死で捜索したが、とうとうイェンスは見つからず、海に落ちて溺れて、流されたのではないかともいわれた。

それから20年が経過し、ユリアはエーランド島を離れ、ひとりでヨーテボリに住んでいる。しかし、依然としてイェンスのことが諦められず、精神科に通ったり、ワインを飲まないと眠れなかったりしている。

その間、エラは亡くなり、イェルロフはすっかり体が弱って、老人ホームに入っている。そんなイェルロフにある日、子供の片方の靴が差出人不明で郵便で届けられた。イェルロフは直観で、それが孫のイェンスのものだと思った。また誰が送ってきたかも想像がついた。そこで、靴を見せるため、ユリアを呼び寄せることにした。

なんとか都合をつけて車でやってきたユリアは、靴をみて、確かにイェンスのものだと認めた。そこからイェルロフの独自の犯人捜しのための推理が始まった。イェルロフは、友人で石工のエルンストと会い、いろいろ聞いた。エルンストはなにか情報を握っているらしい。

ところが、エルンストは、何者かに殺されてしまった。そして、ニルス・カントの噂が甦った。

ニルス・カントは、大地主の家で生まれ、母親のヴィラ・カントに育てられた。財産はあったはずだが、次第に没落しつつあった。ニルス・カントは粗暴で、周囲の者から嫌われていたが、母親はそんなニルスを大事にしていた。馬鹿な子ほどかわいいということだろうか。

戦争が終わった直後、ドイツの敗残兵がエーランド島に逃げてきたことがあった。石灰平原を歩いていて、ドイツの敗残兵を殺して、もっていた宝石らしきものを奪い、秘密の場所に埋めた。しかし、敗残兵の死体がみつかり、ニルス・カントが疑われた。

ニルス・カントは、このままでは逮捕されると、エーランド島から逃亡を図ったが、警官に見つかってしまった。そこでもっていた銃で警官を撃ち殺し、紆余曲折をへて南米に逃亡した。

そんなニルス・カントは、南米で死んだらしくて、その後、南米からニルス・カントの死体が格納された柩が移送されてきた。しかし、エーランド島では、実はニルス・カントは生きているという噂が絶えなかった。

イェルロフは、エルンストから引き継いだ情報を、ユリアの助けを借りつつ追求していくうちに、次第に真犯人像がみえてきた。

ところがそんなイェルロフの活動を犯人は観察していて、いよいよ真相に至ろうとするとき、ついにイェルロフに忍び寄ってきた。

ここからはストーリーのコアなので記述を避けるが、正直いって読み始めたときは、淡々とした出だしだったので、興味をつなぐのに少し苦労した。いきなり掴みで読ませるというストーリーではない。

しかし、後半になってくると、前半に溜めておいたポテンシャルを一気に解放するようにストーリーが加速してきて、息もつかせぬ面白さになった。そして、流石にスウェーデン小説だと納得した。

そしてアマゾンの書評にもあったが、緻密な推理の積み重ねが、なんとなく松本清張を彷彿とさせた。強いてその作品を挙げると、「砂の器」というあたりである。

会長辞任

user-pic
0

開き直りも恋のうちの続きであるが、ついに渡辺竜王が竜王就位式の挨拶で正式に詫びた。スポーツ報知のホームページから引用する。

皆様、本日はお忙しいところをお集まりいただきまして誠にありがとうございます。まず始めに、今回の件では7番勝負の直前というタイミングでメディアの取材に応じたことにより、三浦九段、読売新聞社さま、また将棋ファンの皆様方にご迷惑をお掛けしました。お騒がせしたことを申し訳なく思いますし、今後はこのようなことがないように将棋連盟の一員として将棋界の発展に努力して参ります。

渡辺竜王は殊勝に詫びているようだが、具体的になにかペナルティを負ったわけではなく、しかも上記の挨拶のあと、七番勝負の中身の話に移り、結局詫びたといっても、単に話のマクラ程度だったことがわがる。

と思ったら1月18日、将棋連盟の谷川会長が辞任の意を表明した。やはり、スポーツ報知のホームページから引用する。

謹んでご報告申し上げます。この度、会長を辞任させて頂くことと致しました。
第三者調査委員会から報告書を頂き、年末年始をはさんでいろいろと考えた結果、将棋ファンの皆様、主催社・協賛社の皆様、そして三浦弘行九段に誠意をお伝えするには、会長が辞任するのが一番、という結論に至りました。
加えて、昨年の10月以降、対応に苦慮する中で心身ともに不調をきたすようになってしまいました。このような状況の中で責任ある立場を続けるのは、将棋連盟にも迷惑がかかると考えました。

心身ともに不調と仰るが、谷川先生、昨年の11月からB級1組順位戦で3連勝である。本当に心身ともに不調なんだろうか。普段はもっと勝てるといいたんだろうか。確か去年はぎりぎり残留したと思うが。

そもそも、谷川会長が第三者委員会の発表のあと直ちに辞任しなかったのは、竜王就位式できちんと挨拶してからにしたかった、ということらしい。すなわち、おそらく全ては竜王戦のため、読売新聞のため、渡辺竜王のため、ということのようである。終戦後、自分はなにがあっても天皇陛下はお護りしたいといった東条英機を思い出させる。

また、以下の毎日新聞ウェブの記事にあるように島理事も辞任するらしい。

日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)は18日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で記者会見し、辞任を正式に表明した。昨秋以降、将棋界を揺るがせた将棋ソフトの不正使用疑惑で混乱を招いた責任を取った。この問題を担当していた島朗(あきら)常務理事(53)も19日に辞任を表明する見通し。

谷川会長と島理事の辞任は何も意外ではなく、もっと早くそうすべきであったろう。それにしても、騒動を引き起こした渡辺竜王その他の棋士は何も沙汰はないのだろうか。将棋ファンはみんなそれを気にしているのに、なんとかしてほしいものである。

もしかして数年ぶりかもしれないが、加藤和也・黒川信重・斎藤毅著、「数論Ⅰ」岩波書店を眺めてみた。すると、前にも見たはずであるが忘れてしまっている「フェルマーの直角三角形」の命題があり、それは「辺の長さが自然数である直角三角形の面積は平方数にならない。」というものである。

それでいろいろ考えてみた。すなわち、3辺の長さをそれぞれa,b,cとすると、a2+b2=c2が成立するが、そのとき直角三角形の面積s = ab/2であり、sが平方数であるためには、tとuを自然数として、例えばa=2t2,b=u2とすればよい。

すると、ピタゴラスの定理を改めてあてはめると、4t4+u4=c2 フェルマーはこれに整数解がないことを証明したというのだが、なんか底知れぬ深さを感じて息苦しくなった。

フェルマーはこれのバリエーションとして、x,y,zを整数としてx4+y4=z4に整数解がないことを証明したが、これはフェルマーの定理のn = 4の場合なのだった。

そこで、x4+y4=z4の両辺にz2/y6を掛け、改めてz2/y2 = x, x2z/y2 = yとおくと、y2 = x3 - xとなり、これは現代数学の花形の一つ、楕円曲線の一変形である。

ちなみに、有理数体Q上の楕円曲線とは、a,b,c∈Qとして、y2 = x3 + ax2 + bx + cで重根をもたないのものなのだった。

付け加えると、フェルマーの直角三角形の式の場合は、dを整数として、y2 = x3 - d2xと変形される。なので、フェルマーの定理のn = 4と場合とフェルマーの直角三角形の式は、ある意味同じ族に属する。

そして楕円曲線上の整数解、あるいは有理数解はまた、現代数学の精華である。ディオファントスからフェルマーを経て現代数学に至る流れに圧倒されて、つい頭を抱えてしまったのだった。

NHK杯戦は、先週が橋本八段対深浦九段、今週は佐藤名人対渡辺竜王と、渦中の二人が相次いで登場し、やや不穏な空気が流れた。

そんな中で橋本八段は、深浦九段からの厳しい寄せでどうみても一手負けは逃れられないと思ったが、おそらく終盤のぎりぎりで深浦が間違えて、最後は橋本が深浦玉を即詰みに討ち取った。当然に深浦を応援していた私はがっかりした。ただ、収録のタイミングではこの対局は、例の第三者委員会の発表前だろう。その時点では結論がわからないので橋本が渋い顔をしていたような気がする。

一方、佐藤名人対渡辺竜王もやはり第三者委員会の発表前だろう。なので渡辺竜王もやや緊張の面持ちだったが、相手が親しい佐藤名人なので、渡辺竜王は幾分リラックスしているようにもみえた。

将棋は、渡辺竜王が後手番でよく試みるごきげん中飛車になった。そして、示し合わせたように相穴熊になったが、少し佐藤名人が有利になり、自陣に駒を投入して固めた佐藤名人が、がっちり受けて最後は完勝となった。これで私は多少溜飲を下げた。

そういえば新聞で竜王戦の観戦記を読んでいた時、渡辺竜王はやはり、最近あまり研究できない、と言っているようであった。そんな心理面から、渡辺竜王も本調子でないようだった。相穴熊で攻め合い負けしたというと、丸山との竜王戦の第3局を思い出した。あの将棋もいまいち渡辺らしくなかった。

一方で私は、1月10日の渡辺竜王対深浦九段のA級順位戦をネットで観戦した。これももちろん深浦九段を応援したのだが、渡辺竜王の軽妙な差し回しに、深浦九段が翻弄されているかのようだった。NHK杯戦とは持ち時間など条件が違うのでそのままでは比較できないが、なんとなくA級順位戦の方が渡辺竜王が伸び伸び指しているような気がした。三浦九段の嫌疑が晴れたのだから、渡辺竜王は悔しがるべきと思ったのだが、寧ろ、三浦九段のことはともかく、将棋連盟の措置が妥当だったという第三者委員会の発表に、渡辺竜王が肯定的に応答したではないかと思った。

そんなことなので橋本八段も渡辺竜王も一切謝らない。そもそも将棋連盟首脳部が措置を決断したのだから、自分たちはなんの責任もない、と開き直るつもりなのだろう。しかも棋連盟首脳部も減俸処分を甘受している、ということで責任とった?わけだし。

しかしここまでくると、開き直りも恋のうちであり、何に対する恋かというと、竜王位と自分の面子だろう。死んでも謝るものかと場違いな勝負師根性を発揮しているのだろう。

そういえば、amatalawさんから教えて戴いたギズモさんは、渡辺竜王などの策動を嫌って、NHK杯戦は当面観ないとおっしゃっている。私はというと、連盟悪(にく)んで将棋悪まずということで、将棋は普通に観ようと思うが、それでも例年の関心を将棋に注げないでいる。

話題は変わるが、囲碁の棋聖戦第一局で、井山棋聖は、石が競った局面で積極的な手を打ったはいいが、平凡に目を取りにこられる手をうっかりしていた。井山棋聖にしては信じられないようなポカだった。まあ、前向きすぎたということで、うっかりポカも恋のうち、なのだった。しかしこちらのポカは、棋聖位に対する恋でなく、棋理に対する恋なので救いがある。♪さよならが、さよならが、棋理にむせぶ夜♪なのだった。

面識はないのだが、ある一流企業に入社して頑張っている人のことを一応知っていた。そして当然にばりばり頑張っていると思っていたら、最近、風の便りで聞いたことには、鬱病になって休職し、ついに退職してしまったという。

そういう人ではないと思っていたので、その話を聞いてとても意外な感に捉われたのだが、いろいろ考えているうちに、「スキルの地雷」という言葉が浮かんだ。

それを説明する前提で、自分の一応の才能という記事を一旦引用する。その記事によれば、一応の才能があれば、卓越していないかもしれないが、とりあえずそんなに苦痛なくこなすことができる。

スキルの地雷というのは、一応の才能の双対のようなスキルで、それをやっていると苦痛で仕方がなく、できれば避けたいと思うようなことである。前にも述べたが、私だったら車の運転、営業の仕事、対人交渉の仕事、傭兵のような仕事、スパイのような仕事、など他にも沢山あるが代表例を掲げておく。

自分で選べるなら、誰でもスキルの地雷を生業にはしない。ところが、サラリーマンになると、入社時に一応面接で希望は伝えるかもしれないが、配置転換などで、あるいは他の社員との関係で、仕事が回ってきて、それがスキルの地雷を踏んでしまうかもしれない。

仕事を廻す側は、スキルの地雷だなんて想像もしない。普通に、普通の仕事を依頼するだけである。依頼する側の管理職だって、今までずっと普通に自分でやってきたことである。

ところが、囲碁の格言だったか、好手の隣に敗着がある、というのがある。すると、一応の才能の隣に、密かにスキルの地雷が潜んでいたりする。

スキルの地雷に該当する仕事がアサインされると、動悸が激しくなり、不整脈がでて、夜寝ると、寝汗をかいて、生々しい夢を見る。そして人生がつまらなく感じる。なにもやる気がしなくなる。

なら、上司に、できませんと訴えるか、いっそ会社を辞めてしまえばいいではないかと思われるが、ロックインされて、スキルの地雷から蟻地獄のように逃れられない。そもそもいまの時代、そんなに簡単に次の仕事がみつからない。それなら、嫌でも今の仕事を続けるしかない。泉谷しげるの歌にあるように、三年たったら、楽になれるのかもしれない。

しかし、嫌な仕事を我慢する三年は長すぎる。到底忍耐力が続かない。こうして次第に鬱病スパライルに陥ってしまう。

私のように、心にスキルの地雷を沢山もっている人間が、地雷を踏まなかったのは、運がよかったとしかいえない。それにしてもどうして人間は、自分が一応の才能をもつ分野で、他人が地雷を踏むかもしれないと想像できないのだろうか。

先日の読売新聞の一面に、三島由紀夫の未発表テープが発見された、という記事があったので、私なりに要約してみる。平凡パンチの三島由紀夫エリート作家に書いたように、私は三島由紀夫の人となりと作品に一通りの興味がある。

テープは、三島由紀夫が自決する約9ヶ月前、イギリスの翻訳家、ジョン・ベスター氏と日本語で行った対談を収めたもので、赤坂のTBSの社屋内でみつかったという。ダビングされたものがロッカーに保管されていたのを社員がみつけた。放送禁止扱いにされていたという。

TBSによると、対談は三島が書く予定のエッセーをベスター氏が行うにあたり、海外の読者に三島を紹介する手助けになるとして出版社が取り持ったとみられるというが、それがなぜ出版社でなくTBSにあるのか不思議である。TBSは、いつか放送に使おうとして、出版社からダビングしたものを受け取っていたのだろうか。出版社に記録が残っていないらしくて細かい経緯はわからない。

新聞記事は、三島由紀夫の発言のポイントを以下のように要約する。

  • 人生や思想でなく、言葉が小説のマテーリアル(素材)である。
  • 漢文の古典の素養がなくなってから、日本人の文章はだらしなくなった。
  • 私の小説は、構成が劇的過ぎるのが欠点だ。
  • 死が、肉体の外から中に入ってきた気がする。
  • 戦後、日本では偽善がひどくなった。その元は平和憲法だ。

「人生や思想でなく、言葉が小説のマテーリアル(素材)である。」というのは、私が純文学は表現の美というか修辞の芸だと考えていることに対応するが、こういう文学観はいろいろ議論があるだろう。

「漢文の古典の素養がなくなってから、日本人の文章はだらしなくなった。」は、まあそうなんだろうけど、私じしん、漢文の古典の素養なんて皆無なので、なにもいえない。

「私の小説は、構成が劇的過ぎるのが欠点だ。」というのは、私が読んだ数少ない三島作品で感じたことはあるが、なにしろ私が、はるかに劇的なミステリー小説のファンなので、それも一つの個性では、くらいにしか感じなかった。私は文学論を語るには素養が薄すぎる。

三島は対談のなかで、川端康成の文章は、怖いくらいにジャンプする。自分はああいう文章は怖くて書けない、といっているらしいが、私が読んだ川端康成の作品は少なすぎて、まったく思い当たらない。また自分の文章の一文が長すぎるのを、学んだドイツ語やドイツ文学の影響だという。さらに小説の組み立ては、東大法学部で学んだ訴訟法などの論理構造が役に立ったという。私は数学の勉強を通じて論理構造の組み立てを学んだので、人それぞれだなと思う。

「死が、肉体の外から中に入ってきた気がする。」みたいな発言は、平凡パンチの三島由紀夫で何度もでてきた。私はつい、二・二六事件で処刑になった兵士の霊が三島に乗り移ったのかと思ってしまった。「死が、肉体の外から中に入ってきた気がする。」はある種の憑依を示唆する。

「戦後、日本では偽善がひどくなった。その元は平和憲法だ。」はあるいみ同意なんだけど、でも戦前の体制をどうしても私は美化できないので、思考は停止してしまう。マッカーサー体制がどうして固着してしまったのかわからないでいる。

新聞には、1968年、川端康成のノーベル文学賞受賞のお祝いに三島由紀夫が駆けつけた写真が掲載されている。これは三島の自決の2年前である。三島は1963年にノーベル文学賞の候補になったが、その後の極度に右傾化した発言が三島をノーベル文学賞から完全に遠ざけてしまった。盟友の川端康成のノーベル文学賞受賞は、三島の自決にどう影を落としているのだろうか。

さいきん、いわやる純文学といわれるものも読むようになってきて、初心者としてちょっと感じたことがあって、その分野の通の人には当たり前なのだが、自分用のメモとして記してみる。

すると、極めて当たり前かもしれないが、純文学にはエリート作家というべき人達がいる、ということである。どんな分野でもエリートはいるだろう、当たり前ではないかということになるが、ともかく私の観察した範囲で、純文学のエリート作家の属性を挙げてみると、以下のとおりである。

  1. 東大卒または中退である。
  2. 資産家というか、子供の頃から生活にあまり苦労していない。
  3. 何か有名な文学賞を貰っている。あるいは、文豪と呼ばれている。

私のみるところ、それに該当するのは森鴎外、芥川龍之介、志賀直哉、川端康成、三島由紀夫あたりであるが、もしかして大江健三郎は、ノーベル文学賞受賞者なのに、エリート作家ではないのかもしれない。「資産家というか、子供の頃から生活にあまり苦労していない。」に該当しないからである。

東大卒または中退の作家として外せないのは、夏目漱石と太宰治である。しかし多分、彼らもエリート作家ではない。なぜなら、エリート作家のコミュニティーから、仲間と見なされていなからである。

しかし例えば、川端康成の作品はとても有名だし、「伊豆の踊子」も「雪国」も才能煌めく絶品だと私でさえ感じるが、あるいみ高踏的というか、大衆に広く人気を博することはない。大衆は、作家から日常的な生活の苦労の経験を嗅ぎ取り、汗や苦悩の匂いのしない作家になかなか親しみを感じられない。だから国民作家と呼ばれるのは夏目漱石であって、川端康成ではない。

ところで、エリート作家の典型的な挙動があって、それは、同業であっても、また文才が感じられても、決して非エリート作家を評価しない。場合により、露骨にこき下ろしたりする。

その典型的な挙動を私は、三島由紀夫にみる。私は三島由紀夫はとても人間臭くて嫌いではないが、しかし例えば、川端康成の作品を新潮文庫で読むと、ほとんど三島由紀夫が解説を書いているのに私は少し顔をしかめる。確かにそれは名文なのだが、私が感じる感想とはずれていて、どうもミスリードされているように感じる。なんというか、エリート・コミュニティにあって、おだてているようなこそばゆさを感じる。

三島由紀夫はまた、森鴎外を絶賛する。森鴎外は確かに偉大な作家なので絶賛に値するが、それにしては私は三島由紀夫が、森鴎外と並び称される明治の文豪である夏目漱石を絶賛した文章を読んだことがない。単に私が知らないだけなのだろうか。

あと、三島由紀夫は太宰治と松本清張が嫌いだったという。なんでも、密かに彼らの才能に嫉妬していたらしい。まあたしかに、太宰治と松本清張はエリート作家とはいえない。しかし、大衆には絶大な人気がある。

最後に蛇足のようなことを書く(というか、この文章全体が蛇足以外の何物でもないが)。それは、東大卒の学歴は、実質的には、作家にはなにも有意に効いてこないということである。なぜなら作家という仕事は、感性の仕事だからである。私のみるところ、東大の学歴というか、その才能は東大の中の東大で述べたように、理系、特に数理的な分野で一番発揮され、あとはかなり違うニュアンスで、ハンモック・ナンバー的に官僚の世界で権威がある。

純文学ではないのだが、例えば東大卒の藤原伊織の作品は、東大卒ではないが藤原伊織とかなり似た経歴の逢坂剛の作品にどうしても敵わないような気がする。どうみてもエリートから遠い私のやっかみだろうか。

メモリ・リークというのは、最近歳とって記憶力が低下し、最近あったこともすぐに忘れてしまう、という意味ではない。あるいはそういう意味もあるのかもしれないが、ここではコンピュータ用語として使っている。

私はもう何十年も前から、MS-DOSやWindowsの環境で、トイ・プログラムを書いてきた。すると、場合によりどうしても主記憶に所望の領域を確保し、いらなくなると解放する、という手続きが必要になる。

例えば、C言語だと、malloc()という関数を使う。malloc(512);のように呼び出すと、512バイトの領域が主記憶に確保されて、voidのポインタが返されるので、例えば、char *p;と宣言しておいて、p = (char *)malloc(512);のようにキャストして代入する。そして、作業が終わって確保した領域が要らなくなると、free(p);で解放する。

これだけみると単純な話だが、MS-DOSや初期のWindowsには重大なバグがあった。それは、malloc()でメモリ領域を確保するのはいいが、その後free()してもメモリが解放されないのである。

これがいかに致命的な欠陥か、少し考えたらわかる。すなわち、街のサラ金があって、気前よくお金を貸すのだが、その後貸したお金を一切回収できない。しかも、サラ金の資金は潤沢でない。なのでサラ金はあっという間に焦げ付く。

MS-DOSのあと、Windows 95、Windows 98になっても所詮カーネルの一部はMS-DOSを共有しているので、このバグは全く解消されていなかった。すると、アプリケーションを立ち上げて終わるということを繰り返す度にどんどん利用可能な主記憶の領域が減っていき、システムはついにハングする。

私は、純正32ビットOSのWindows NTだと、流石にこれが解消されていると期待した。なぜなら、建前上、Windows NTは、デービット・カトラーのチームが、スクラッチから書上げてきたことになっているからである。MS-DOSの悪しきレガシーはもはや存在しないはず。

じつは私はWindows NTそのものは使ったことがなく、使い始めたのはその後継であるWindows 2000からである。そこでWindows 2000ではメモリ・リークのバグが直っていることを期待した。ところがWindows 2000でも、アプリケーションを沢山立ち上げたり、終わったりすることを繰り返すと、やはりシステムの動作が不安定になってしまう。それで、ううんやはり、メモリ・リークのバグは直っていないのかと落胆した。たしかに以前よりハングしにくくはなっているのだが、それは一つには搭載されているメモリが増えたせいだと思う。

その後、LinuxというオープンソースのOSが登場したが、万事晩生の私はとうとうLinuxを使う機会をもたないでいる。ただLinuxそのものは使ったことがないが、自宅にあるHumaxというケーブルテレビのセットトップボックスは、Linuxが使われているらしい。

そのHumaxのSTBで最近、リモコンのボタンを押しても急にチャンネルが正しく選択できなくなった。なぜか、BSのチャンネルだけはちゃんと選べる。で、困って、J-COMにサポートの電話をしてみたら、混んでいるようでずっと待たされる。20分たっても、順番にお繋ぎしています、というアナウンスが出るだけである。そこで焦れて電話サポートを諦め、J-COMのサポートサイトをブラウザでみてみた。するとどうやら、STBをリセットすればよいらしい。ガイドによると前面パネルに蓋があり、そこを開けるとリセットボタンがあった。それを押すと、一分くらいかかったが、リセットされてチャンネルの選択が正しく行われるようになった。それで、これも結局はLinuxのメモリ・リークなのかとつい考えてしまった。恥ずかしいことに私は、メモリ・リーク以外に、OSが経時的に不安定になる要因を思いつかない。まあメモリ・リークだとしても、少なくとも数ヶ月の間、リセットというかリブートしないで動作できるのだから、LinuxはWindowsよりはるかに堅牢ということになる。

考えてみたら、メモリ・リークが全くないOSなんてありえるんだろうか。そういえば、会社で使っている富士ゼロックスだったかのコピー機は、一日に一度自動的にシステムをリセットしているのだった。

太宰治の人間失格を岩波文庫で読んだとき、その本に収められていた「グッド・バイ」を読もうと思いつつ、気まぐれで他の本に移った。しかし、ポアンカレの回帰定理によれば、有限の時間のうちに回帰してくるのであって、ただその有限の時間が人間の実人生の時間より短いという保証がないだけの話である。

回帰が比較的早かったのは、どこかのウェブ記事で、「グッド・バイ」は太宰の最後の、且つ未完の作品だが、本当はあの時点で死ぬつもりはなく、心中相手の山崎富栄に強引に押し切られたのだと書かれているのをみて、えっそうなのかと「グッド・バイ」に対する興味が高まったからである。

「グッド・バイ」は、ある老大家の作家の葬式の帰り、雑誌「オベリスク」の編集長、田島周二が、知り合いの文士に「全部やめるつもりでいるんです。」と告白するところから始まる。

じつは田島は、表向きは雑誌の編集長であるが、闇市の取引でしこたま稼いでおり、酒は浴びるほどの飲むし、囲っている女も十人くらいいる。なにしろイケメンでお金があるので、もてる。それでいてちゃんと妻もいる。田島はようするに、まだ三十代だが、そういう生活に疲れたのだろう。

もんだいは、「全部やめるつもりでいるんです。」というけど、どうやって女と別れるかである。少なくとも田島は、あっさり女との縁を一方的に切れるほど非情ではない。

そう思案しながら田島が歩いていると、カラス声のヤミ屋の女があらわれた。田島とは仕事の関係の付き合いがある。名前を永井キヌ子という。キヌ子はいつも地味な格好で、声もカラス声というかだみ声なのだが、よくみると絶世の美人なのだった。それで田島にいいアイデアが浮かんだ。キヌ子を連れて、付き合っていた女のところへいって、新しい恋人ができたので別れてくれといえば、キヌ子の容姿をみて、女は何もいえないだろう、という算段である。

謝礼ははずむから、という条件でキヌ子に話したら、受けてくれた。それで最初にキヌ子を連れてある女のところに行って、新しい恋人ができたと話したら、女は泣き崩れるばかりで何もいえない。田島は手厚い手切れ金を渡して首尾よく別れた。

この調子で次々に付き合っていた女のところにいけばいいはずなのだが、田島に妙な欲が出た。それは、折角の絶世の美人なのだから、キヌ子もものにしてしまえ、ということである。なに、自分のプレイボーイの手練手管をつかえば、なんとかなるだろうと楽観して、キヌ子のアパートの部屋に行った。いってみると、部屋の中があまりに乱雑なので驚いたが、ともかくキヌ子に酒を勧められ、ツマミも振る舞われ、その都度大金をせびられる。結局、キヌ子は田島よりも一枚も二枚も役者が上手で、口説くなんてとんでもないのだった。

それでキヌ子を口説くのは諦めて、次の女のところに行くことにした。ただ、その女には問題があって、満州から帰還した、元軍人の兄がいる。どうも屈強そうで、女に別れを切り出して泣かれると、その兄が出てきて、軟派な田島では対抗するすべもない。しかし実はキヌ子は下手な男は顔負けするくらいの怪力の持ち主で、重い闇物品もほいほい担ぐ。なので、そこらあたりの事情も話してまたキヌ子に頼もうと、キヌ子にていねいな言葉でものをいうようになっていた。

と、これから面白くなるというところで、未完のまま終わってしまって甚だ残念なのだが、どうみても、これから女と心中しようという人が書いたものとは思えない、極め付きの明るい調子の小説で、少なくともこの作品は書上げようと思っていたのではあるまいか。まあ私は行間というか書かれていることの裏の意図を読み取ることが極めて苦手なのだが、よく読めば暗い意図がわかるのだろうか。

あと、この本にあった解説によれば、「グッド・バイ」は八十回の連載の予定で、最後は、露思わなかった自分の女房にグッドバイされてしまう、というオチが構想されていたという。八十回というとかなりな中篇である。

ともかく興味は、太宰と一緒に亡くなった山崎富栄はどんな人だったか、というところに移る。その興味を、ポアンカレの回帰定理に委ねることにする。

翻訳読本

user-pic
0

私は自分の部屋で本の整理はほとんどしないので、乱雑なままであり、よって、あれっ、あの本はどこにあるかな、と探すことは稀ではない。そして多くの場合、目的の本は見つからなくて、その代わりに、あれっ、こんな本がここにあるのかと、意外に驚いたりすることがある。

そうやって見つけた本に、別宮貞徳、「翻訳読本」講談社現代新書がある。仕事で特許翻訳を何年もやっていた関係で翻訳にはひとかた興味があり、この本はかなり昔読んだはずなのだが、細かい内容はほとんど忘れている。そこで、今更の原則により、改めて読んでみることにした。

まず最初に著者は、最近では翻訳の仕事を志す若者が多いというのだが、この本は1979年刊であり、流石に今の時代には適用できないだろう。そもそも、AIにより、かなり自然な機械翻訳ができることも期待されており、今では当時ほど翻訳の仕事が魅力的とは思われていないような気がする。

それでも書店に行ってみると、外国の著者のものが多くて、それは当然に外国語を日本語に翻訳したものだから、翻訳という仕事はいまでもメジャーに違いない。そして、AIが頑張っても人間の役割というか介在は必須だと思う。

そして、この本の内容に戻ると、翻訳は学校の英語の授業の英文解釈の延長程度に理解されており、自分は学校で英語の成績がよかったので、翻訳くらいできるだろうと安易に思われているというが、これは今でもそうかもしれない。そもそも、そうやって安易に翻訳を認識しているので、機械翻訳でいいのだくらいに思うのだろう。

じっさい、英語の授業では、"This is a pen."を、「これはペンです。」と訳せば満点だが、そんな翻訳はまずありえないと著者はいう。すなわち、誰がどんな状況でしゃべっているかによって言い回しが変わってくるので、文脈や背景に考慮する必要がある。

一方で、日本には、漢文を返り点などを打って読んできた伝統がある。なので、明治の初期のころは、英語も返り点を打つようにして解釈されたのだという。ただ、それをそのまま書き下したら、恐ろしく読みにくい文章になってしまう。そこは明治の賢人たちは考えたもので、一旦書き下し文をつくったら、そこから自らの言葉で、自然な日本語に書き換えた。そういえば先日、古書店で、森林太郎、すなわち森鴎外の「ファウスト」岩波文庫を買ったが、ちらっと読むと流石鴎外、格調が高い。当然に、たんなる直訳なわけがない。

しかし、そこから揺り戻しがあり、直訳調こそが日本語に新しい可能性をもたらすのだと言い出す人達があらわれブームになった。まあ確かに、明治の初期の頃は、societyという訳語もいちいち考えなくてはならないのだから、自然な意訳なんていってられない。また、「何か私をそうさせた。」みたいな言い方は直訳調を借用したものである。

さらに直訳調こそが原文に忠実な正しい翻訳だという意見が世間にあり、それはいまでもはびこっているので、直訳調の読みにくい翻訳の本は本屋から根絶されることはないが、読んで意味がとれない翻訳は正しい翻訳でさえないと著者は指摘する。その分野でネイティブな日本人が書くような日本語で書かないなら翻訳とはいえない。ただ、そうするためには、代名詞は何をあらわすかとかきちんと解釈しなくてはならず、すると間違えるリスクはあるが、世の中にリスクのない行為はないのであり、ただ機械的に直訳調で書き下しても意味はない。それなら最初から英語で読めばいい。

それから各論で、翻訳する際の注意点として、代名詞の省略、代名詞をもとの名詞で置き換えること、なるべく頭から訳すこと、関係代名詞を、~のところの、などと訳さないこと、名詞を動詞的に訳すこと、木よりも森をみること、想像力を働かせること、特に駄洒落系の翻訳はそのまま訳すのはまず無理で、相当ドラスチックな置き換えが必要であることなど、基本手筋が説かれる。

ところで、あと3年で65歳というひとつの節目を迎える私は、そこで、仕事から完全に引退するか、特許調査の仕事を続けるか、特許翻訳の仕事を始めるかという分岐点にたち、この本を読んで、特許翻訳の仕事をまたやってみたいなとふと感じたのだが、まあ特許翻訳の仕事もそれはそれで大変だな、とやる前から引いてしまう私は、どうも弱気でいけない。ただ、文芸的センスを欠く私は間違っても、文学書の翻訳を試みるつもりはない。私には場の量子論を理解するレベルで難しそうだし、そもそも誰が私なんぞにそういう仕事を依頼するだろうか。

古書店で波多野 誼余夫、稲垣 佳世子著「無気力の心理学」中公新書をみかけて、とりあえず買った。この本を読むとは思えなかったが、最近のランダマイズ戦略でとりあえず取り上げてページをめくったら、意外にもなかなか面白かった。それで斜め読みだが最後まで目を通したので、理解できた範囲で要約してみる。

まず最初に、なるほどと思ったのは、乳児が産まれてしばらくすると、お腹がすいたとか、おしっこが出て気持ち悪いとか、いろいろな理由で泣くのだが、そういうときに親または周囲にいる人は、なるべく早めに反応してだっこしたりしてあげなくてはならないのだという。

というのは、泣いてもあまりにも無視され続けると、乳児は、泣いても仕方ないのだと諦めてしまう。それを、物分りがいい子になったのだと喜んではいけない。そういう幼児体験は将来の無気力な子供につながる、という。

逆に、泣いたとき周囲の人に比較的頻繁にかまってもらえると、乳児は、環境に能動的に反応することを学習する。その積み重ねが将来の創意工夫とか、何か困難に出会ったときに努力してそれを乗り越える気力を身に着ける。

そういえば、会社で管理職をやっていたとき、私はリーダーシップも指導力も人望もないB級管理職だったのでせめて、部下の苦情を聞くことは厭わなかった。ただ、聞いても私は実行力がないので、部下の苦情はなかなか功を奏さなかったが、いちおう言いたいことを私にいうとすっきりすることもあるようで、ともかく部下の人達は自発的に仕事に工夫してくれた。私も人並みの工夫力はあるので、部下のアイデアに一枚噛んだりした。

戻って、何か困難に出会ったときに努力してそれを乗り越える気力であるが、この本の著者によると、やってみたができなかったとき、才能が足らないのではなく、努力が足りないと思う傾向が大きい方がいいらしい。すぐ才能のせいにして諦めてしまう私は、心しなくては。

たた、ひたすら努力主義で突っ走っていると、残酷な世界にぶち当たって挫折してしまうことがある。そのためには、少なくとも自分が一応の才能を発揮できる分野を選ばなくてはならないという意味のメタ認知能力を要する。これは、何度もトライ&エラーを繰り返して到達する世界なので、結構難しい。

そういえば、環境に能動的に反応することであるが、コンピュータのプログラムに馴染むと、自分が作った小宇宙で、プログラミングにより神のような振る舞いができることが分かり、とても楽しかった。こういう経験は心的平安にとって悪くない。

あと、著者は金銭や報酬で動機付けると、報酬が下がると却ってパフォーマンスが下がるので逆効果というのだが、プロ野球などは相当動機指向だがみんな頑張っている。これはもともとそういう職業だと認識されているからなのだろうか。

さらに、無気力から救うには、自分が意思決定の主体という意識をもつこと、すなわち、失敗しても自己責任と認識することと、仲間と助け合うという意識が重要のようである。能力主義もパフォーマンス向上には重要だが、相互に教え合う姿勢がないと息詰まる。

そういえば、私自身は、エピクテトスなどのストア派の哲学の本を読んで、内面満足を重視し、自分の因果関係の外にあることでの不幸を仕方ないと耐え忍ぶことを学んだ。といいつつまだまだその方面での修行は、あまりにも不十分である。

夜桜お七

user-pic
0

私は二年前からふるさと納税に微妙にはまっていて、それで去年の6月も岡山県のとある市にぶどうを頼んだのだが、なんと送られてきたのは、惑星の絵が入った瓶ビールのセットだった。わざわざクール宅急便で送られてきた。

それで、おかしい、ビールでなくぶどうを頼んだはずだが、とその市の担当者に電話してみたら、どうも手違いでビールが送られたらしい。それで返送しましょうかといったら、担当者は、いえ、手違いで送ったので、こちらのミスでして、どうぞそのままお飲みください、とえらくあっさり言う。

なら、とお言葉に甘えてビールを飲んでみると、これが普通のメジャーなメーカーのビールとは一味違う地ビールで、なかなか絶品なのだった。

もちろん1ヶ月後にちゃんとぶどうも送られてきた。そのときはもうビールは飲み尽くしていて、また飲みたくなったので、前回間違えて送られてきたときの箱に入っていたオーダー用の用紙に記入してFAXで送り、注文した。

そして注文したあと、もしかしてわざと間違えて送ったようなふりをして、あれはマーケッティング戦略だったのかもしれないと思った。じっさい、そうかもしれないのは私は年末にも、その酒造会社に、日本酒のセットを依頼したからである。しらないうちにすっかりお得意様になってしまった。

注文したのは、吟醸酒と、原酒のにごり酒の一升瓶のセットである。そこで、正月に原酒のにごり酒をコップに二杯ぐいっと飲んで、YouTubeで、最近気に入っている坂本冬美の「夜桜お七」を聴き始めた。すると、意識が朦朧としてきて、さびの、♪さくら、さくら、いつまで待っても来ぬ人は♪のところで、桜吹雪が目の前に舞い、そこの歌詞が、♪さくら、さくら、いつまで指しても勝てぬひとと、死んだひととはおなじこと♪が正しいような気が一瞬して、考え直して、それは違うだろ!と意識を取り戻した。

それで、さらに後で思い直して、♪さくら、さくら、いつまで指しても勝てぬひとと、死んだひととは同じこと♪は確かに変だが、♪さくら、さくら、いつまで指しても勝てぬひとと、AI将棋はおなじこと♪なら辻褄あうよね、と考えたのだが、それで?みたいにつまらないじゃん、と自己つっこみした。

それにしても、大して飲んでないのに急に酔ったのはなぜ?と思って原酒のにごり酒のラベルをみると、なんとアルコール度数が20度もあって、日本酒としては最高レベルだった。ううん、すると焼酎を全く割らないで飲むのと同じかと分かったので、次からはにごり酒を飲むときは、ちびりちびりと飲むようにした。

すると最早幻覚は起きないのだが、それでも流石に、坂本冬美の「夜桜お七」は素晴らしい。円熟の魅力である。

囲碁の高尾名人というと、大橋拓文六段などと比較すると、必ずしも囲碁ソフト事情通というわけでもないのだが、以下のようなブログ記事をみて驚いた。

昨年末、ネット囲碁界に現れた「Master」。
結局は、昨年3月、イ・セドル九段を負かした
「AlphaGo」のバージョンアップしたソフトと判明。

人間に多少不利な条件だったとは言え、
日中韓台のトップ棋士が60連敗した事は、
最早、人間が勝てなくなったと言われても仕方がない。

しかし、棋士達に悲壮感は無いように思えました。
それより、レベルの高い碁を見ることができ、
楽しみや喜びの方が大きいのです。

私は50連敗したところまでは知っていたのだが、さらに60連敗まで伸びているとは。

しかし私が驚いているのはその点ではない。「棋士達に悲壮感は無いように思えました。」というくだりである。典型的には棋士の一分に書かれたような将棋の棋士の反応と天と地ほども違う。例えば、羽生や渡辺などトップ棋士がponanzaなどに挑んで60連敗しても嬉々としているシーンなんて想像できるだろうか。少なくとも私はできない。

ところで、大橋拓文六段のブログによると、中国の柯潔九段や韓国の朴廷桓九段がMasterに挑戦しており、白石六段のブログによると、中国の黄雲嵩五段も戦っていたり、まさにトップ棋士が闘っている。

また、大橋拓文六段のブログによると、中国には刑天という囲碁ソフトがあり、「世界のトッププレイヤーが束になって襲い掛かっていますが、刑天は20局打って勝率は8割」とのことで、Masterには及ばないものの、DeepZenGoよりかなり先行している。なんとかキャッチアップしてほしい。

猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子シリーズは、それなりに気に入ってはいるのだが、流石に続けては読む気がしなくて、「CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」を読んだあと2週間くらいのブランクを経て、シリーズ第3巻の「AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」を読み始めた。

すると、死神こと石上女史がなんと、結構やばそうな病気で入院していて、それでは事件が起きたら誰が検視するのだろうと懸念していたら、本当に事件が起きてしまった。

すなわち、公園の外れに駐車していた車の中で男が死亡していたのだが、死後体が腐敗したのか、ゴムまりのように体が膨張していた。

しかもさらに異常性を増したのは、死体の様子を定期的にカメラで撮影してウェブに自動的にアップロードする仕組みが用意されていた。

そこで例によって八王子西署の面々が出動したのだが、今回目立ったのは鑑識課の新人警官、月岡真紀である。あまりにもおぞましい死体に真紀は顔面蒼白になったが、それを、今や先輩になった藤堂比奈子が励ますのだった。

さて、八王子西署の検視によって、死体は自殺と分かったが、鑑識課の三木捜査官は、その持ち前のネットのスキルを活用して、自殺サイトや、そこに投稿された同期セミのタイトルや、ナスティテルメス(シロアリの女王)というハンドルネームのメールなどが発見され、怪しさ芬々だった。

すると今度は、パラコートという農薬を飲んで人前で自殺する人があらわれ、しかもその人はAIDというキーワードを残していた。

そこで、三木捜査官は、囮捜査の乗りで、自殺志望者を騙って、AID関連をサイトに深く潜入したのだが、そこで不用意に扇動するようなメッセージを発してしまったので、不埒なネット族を刺激してしまい、三木捜査官は拉致されてしまった。

そこで、八王子西署は総出で懸命に捜査したが、どうしても行方が分からない。ただ、捜査の過程で意外な容疑者として浮かび上がってきた。

なお、今までの藤堂比奈子シリーズは、前半に大きな事件が次々と起こり、後半でそれの謎解きをするのだが、この小説では、前半に少し事件が起こり、それから局面が落ち着くのでどうなるのだろうと懸念していたら果たして後半で一気に盛り上がった。

そういえば自殺サイトがからむミステリー小説としてはプラ・バロックを思い出すが、それに比べるとちょっと本作は幻想性が足らないかな、と思われるのだが、もともと藤堂比奈子が猟奇の中の普通っぽいキャラが売りなので、仕方ないのだった。

1月5日、例によって早く会社に着いて、缶コーヒーを飲みながらぼうっとしていると、知り合いからメールをもらった。なんと、渡辺竜王の師匠の所司七段の自宅が全焼して、所司七段自身も火傷したらしい。以下、朝日新聞のウェブから引用する。

4日午後9時40分ごろ、千葉県船橋市八木が谷2丁目の所司和晴さん(55)宅から出火、木造2階建て住宅が全焼した。隣接する住宅とアパートなどにも延焼し、一部が焼けた。県警船橋東署によると、所司さんは顔にやけどを負ったが、命に別条はないという。
署によると、所司さんは母(86)、兄(58)、弟(49)の4人暮らし。出火時は4人とも在宅しており、所司さんの弟も煙を吸って病院に運ばれたが、命に別条はないという。目撃証言などから、同署は室内から出火したとみて調べている。
所司さんは将棋棋士七段で、「永世竜王」を名乗る資格を持つ渡辺明竜王(32)の師匠。戦法を解説した書籍を多数出版していることでも知られる。

私は、年末の糸魚川の大火事の印象が強かったので、一瞬、時空を超えて風に煽られて火の子が糸魚川から所司七段の自宅に飛び火したような錯覚を感じた。もちろん、そんなことがありえるわけがない。

しかし、もっとありえないのは、弟子の因果が師匠に報いたという解釈である。というのはいまネットでは、三浦事件の帰趨に関して、渡辺明竜王に対するバッシングが喧しい。2chでは、「弟子が社会的に炎上して師匠が物理的に炎上する」みたいに書かれたりしているけど、それは流石に言い過ぎ。

ただ、86歳の母がいて、息子三人が同居、というパターンは結構珍しい。普通は少なくとも一人は結婚して別のところに所帯もっているはず。なのでいろいろ憶測はあるが、特にそれも書かないでおく。

ところで、渡辺明竜王は、火傷で入院した師匠を見舞っただろうか。そうなら、師弟でどんな会話があったのだろうか。「師匠、災難でしたね。」「ああ、でも渡辺君も別の意味で大変だよな。」「いえ僕は後悔してませんから。」「・・・・。」みたいな感じだろうか。

あと、1月5日の銀河戦の高野六段と島本五段の将棋をみていたら解説が所司七段だった。銀河戦は当然に何週間も前に先撮りなので問題ないのだが、なんとなく違和感が募る。

ともかく将棋界にとって多難な年になることを示唆するような事件だった。

長年特許の分野の仕事をしてきた私はつい、新規性だの進歩性だの考えてしまう。そして、このブログを書く際にもできれば進歩性は無理としても、新規性は出したいよねと思いつつ、それさえもそんなに容易でないことに気づくのにあまり時間は要さない。

もうちょっと蛇足で補足すると、ここていう新規性というのは、ともかくある組み合わせのようなことを考えて、その組み合わせが普通の常識ではあまり聞いたことないよね、というレベルでいい。例えば、ラーメンにたっぷり蜂蜜をかけるというのは少なくとも私は聞いたことがなくて新規である可能性がある。ただ、進歩性をいうためには、そういう組み合わせに有意義な効果が必要で、ラーメンにたっぷり蜂蜜をかけると意外においしいではないか、ということにならなくてはならないが、そうである可能性は低い。

さらに余談をいうなら、ここは別に特許出願ではないので、新規性といっても、必死でグーグル検索した結果でなく、一般人の思い込み程度の範囲でいい。それでも、進歩性の効果は、きわめて特殊な嗜好の人向けでなく、普通の趣味の一般人に支持されなくてはならない。

こういう前提で、あまりにも新規性を欠く命題と自覚しつつ、カラオケ・バトルという番組を観ていて考えたことは、カラオケ・バトルって、将棋でいえば詰将棋解答選手権だよね、ということである。

これも私の思いこみかもしれないが、カラオケ・バトルという番組はもしかして初期の頃は、やらせというか、コンピュータの採点を裏で操作していたこともあったかもしれないが、番組が成功して人気が出ると、下手な操作は止めて、「筋書きのないドラマ性」を前面に出すようにしたと思われる。

そして、なぜカラオケ・バトルが詰将棋解答選手権なのかというと、詰将棋解答選手権に出るくらいの人は、基本的に将棋の棋力もプロ並みだったりするが、逆に将棋の強さがA級レベルであっても、詰将棋解答選手権で上位にいけるとは限らないということと、将棋の強さそのものは相手によって苦手の人がいたりして、なかなかきちんとした数値であらわしにくいのに、詰将棋解答選手権ではその点数が極めて短時間でわかるということ、などである。

要するに、詰将棋解答選手権の得点というか詰将棋が解けるということは、将棋の強さの一つの指標にすぎず、必ずしも将棋の強さをあらわすよいバロメータとは限らない、ということである。なので、そんなに多くの棋士が詰将棋解答選手権に参加することはない。

ところが、カラオケ・バトルとなると、オペラ、民謡、ジャズ、歌劇、声楽、演歌などそれこそ日本でトップクラスのような人々が参加するので驚いてしまう。そして、本当にトップクラスだなと信じてしまうのは、歌唱力が圧倒的で、私だけでなくレギュラーのコメンテータたちも一様に聞き惚れ、感動していたりする。なのに、カラオケマシンの採点的にはせいぜい98点台で、平気で99点台を叩き出すカラオケオタクのアマチュア青年や、歌うま小学生に負けたりする。それって将棋のA級八段が、詰将棋マニアや頭の回転の速い小学生に詰将棋解答選手権で負けるようなもので、屈辱ではないのだろうか。

これも私の思いこみだが、カラオケ・バトルは初期の頃は、番組を盛り上げるために、スタッフは各界の有名ミュージシャンに出場を請うたはずである。ところが、そういうのをテレビでみて人気を博しているのを観た他のライバルのミュージシャンが、じゃあ私もと出てくるのだが、どうしてもカラオケで得点を取る歌い方は、厳格な音程正確性など、いわゆる芸術的な歌い方とは違うので、特殊な練習を要し、有名ミュージシャンといえども簡単には勝てない。それでも陸続と有名ミュージシャンがカラオケ・バトルに参戦するのは、きっとギャラがいいのと、特殊な世界だけでなくて世間一般にも有名になれるからだろう。

しかしカラオケ用に練習することは、声楽のプロにとって本来の歌い方に悪影響を及ぼさないのだろうか、といろいろ考えながら観ていると意外に興味は尽きない。

ところで、先日知り合いとカラオケに行ったとき、ああ結構うまく歌えたなと自己満足した曲があった。ところがたまたま採点モードがオフになっていなくて、出た得点が60点台で愕然とした。それをみた知り合いは、憐れんで、採点モードをオフにしてくれたのだが、それで私は、歌は好きでカラオケも好きでそこそこレパートリーもあると自負していても、カラオケ・バトルの出場者とは二枚落ちの手合いだな、と痛感した次第。

健康オタク

user-pic
0

私は特に健康オタクのつもりはないのだが、ときどきそうだと他の人からからかわれる。その理由は、サプリとか健康食品の類が好きで、それで黙っていればいいのに他人に吹聴したりするので、からからかわれる、という自業自得である。

そのサプリは何かというと、何年もの試行錯誤をへて、やずやと、アサヒグループ食品のものに落ち着いた。

やずやは、「香醋」と「青魚の知恵」である。

アサヒグループ食品は、「アミノ マルチビタミン&ミネラル」と「ノコギリヤシ」である。

なんだ随分多いではないかと思われてしまうかもしれないが、「ノコギリヤシ」以外は普通の食品の補助だと私は思っている。

「ノコギリヤシ」は、こちらに書いたように、1年半くらい前から飲み始めた。飲み始めてからしばらくはあまり効果がなく、むしろ悪化したような気がして何度も止めようと思ったが、半年目くらいから次第に効いてきて、最近では随分尿の切れがよくなり、残尿感が減り、トイレに行く頻度が減った。それにしても随分遅延して効くのだなと苦笑した。ただ、そういう効き方は漢方的というか、むしろ信頼性を感じる。

私の食品へのこだわりはこれだけではなく、ともかく野菜を沢山食べるようにし、一日に一度は野菜のドレッシングとして、オメガ3のアマニ油かエゴマ油をふりかける。また、朝の食パンには、ココナッツ・オイルを塗る。

さらに食物の非可換性で述べたような配慮をする。

そしてトリは、黒にんにくであり、野球でいえばクローザーだと思っている。あ、いかん、今期の日本シリーズで、広島カープの自慢のクローザー陣が打たれてしまったことを思い出した。ともかく私が黒にんにくに期待するのはガンを抑える効果である。

ただ、健康オタクとはいえ、そんな努力の効果はかなり限定的であることを私はよく知っているつもりである。例えば、将棋を指していて、どんなに形よく、筋よく指していても場合によっては頓死することもある。頓死が絶対に防げる戦法なんてない。病気になる原因は多くの場合、医師にも分からない。だから私が健康オタクの努力虚しく、ガンとかその他の重篤な病気になるかもしれないが、それは仕方ないと諦めるよりない。

私が目指しているのは、将棋でいう玉飛接近すべからず、みたいな格言的対応である。筋よく食べて、あまり飲み過ぎず、それで病気になったら仕方ない、というものである。

一方で、私がおかしいと思うのは、私の健康オタクを嗤う人達が、医薬を盲信していたりすることである。全く疑いなく、コレステロールを下げる薬を飲み続けたりする。サプリを疑うなら、服用している薬の副作用の方をもっと疑わなくてはいけない。少なくとも健康オタクには分かりやすい副作用はみえない。食品の延長である。

ただ、何かの病気になったとき、副作用なんて言っていられなくなって薬に頼るしかない局面もあろう。終盤は駒の損得より速度というわけである。まあぶっちゃけ、健康オタクといっても、羽生と将棋を指すようなもので、どこかで必ず詰まされてしまうのであるが、手数を長くというよりも寧ろ、最後まで形よく指したいものである。

ウェブを確認していたら、日本将棋連盟によって無断でキャンセルされていたYAMADAこども将棋大会に三浦九段がサプライズで登場して挨拶したという。スポーツ報知の記事から引用する。

将棋の三浦弘行九段(42)が3日、地元の群馬県高崎市で行われた「第13回YAMADAこども将棋大会」の開会前にあいさつした。 昨年10月に対局中のスマートフォン不正使用疑惑の騒動が起きてから、三浦九段がファンの前に姿を見せるのは初めて。事前に告知されていないサプライズ出演となったため、小中学生のファンたちで埋まった会場からは大きな拍手が起きた。 三浦九段は、昨年末の第三者委員会による調査結果で「不正行為の証拠なし」と発表されたばかり。「YAMADAこども将棋大会」には地元の棋士として毎年出演しており、今回も出場停止処分の解除後の開催で、例年通りの出演を予定していたが、日本将棋連盟によって無断でキャンセルされたと訴えていた。

この出来事は私にもサプライズで、思わず目頭が熱くなった。続けて引用すると、

笑顔で登壇した三浦九段は「人がいっぱいいると緊張しますね...。ヤマダ電機様にはずっと自分の事を信じていただきました。大きな企業は個人より組織を守るものですが、ヤマダ電機様は三浦でいくんだと言っていただいて、本当に有り難かった。本当にありがとうございます」と緊張で声を震わせながら話した。

ともかく私としては、三浦九段が少しずつ失地回復しているようでうれしい。急に、張栩九段の勝利は10%から積み上げるという本を思い出したのだった。将棋連盟でなく、スポンサーに支持されたというのも吉兆である。

行きつけの新刊書店に行って、文庫本小説のところを眺めていたら、深町秋生の「猫に知られるなかれ」ハルキ文庫が目に付いたが、なんとなく引いてしまったのは、「猫に知られるなかれ」という題が、深町秋生よりもむしろ、新津きよみの方に相応しいと思ったからである。

それでも結局この本を買ってすぐに読み始めたのは、深町の八神瑛子シリーズの印象がとてもポジティブだったからだろう。それだけではない、ダメ押しのように本の帯に「間違いなく著者の最高傑作」とある。まあそんな宣伝文句に流石に私は反応しないが。

すると、小説の舞台というか時代は、日本の戦後、GHQが日本を仕切っていた頃なのだった。

さて、陸軍中野学校を卒業して、大陸で調略活動に従事していた藤江忠吾は戦時中から米軍にマークされており、戦争が終わって日本に帰ってきたとき、港で米軍のMPに取り囲まれ、折角作った偽の身分証明書もあっさり見破られ、東京に連行された。戦時中に大陸で画策したことに鑑みると、戦犯で処刑されても文句はいえない。実際、連行されてからは米軍の将校に暴力も振るわれた。

ところが、ふと気づくと、目の前に日本人がおり、なんと陸軍中野学校の創始者の岩畔元少将と、緒方元大臣である。恐縮していると、藤江は、CATという特務機関の仕事をしないかと誘われた。CATというのは、猫でなくて、Cedant arma togae、すなわち「武器はトーガ(平服)に従うべし。」というラテン語らしい。その趣旨は、GHQに協力して、日本が平和国家として離陸するのを助けるということらしいが、反米教育をうけてきた藤江は、米軍に協力なんてとんでもないと最初は激しく抵抗した。しかし、緒方と岩畔の度量に押し切られてしまった。

そして藤江は、CATのメンバーの候補を探して、GIに変装して池袋に行った。そこでは、元香港憲兵隊にいた永倉一馬が、持ち前の腕力を活かして、ヤクザの用心棒のような生活をしていた。藤江は、まともな暴力では勝てないが、得意の調略で永倉を誑かし、緒方のアジトに永倉を連れてきた。そこで緒方は永倉に、CATの趣旨を説明して協力してくれるよう説得したが、当然に永倉も激しく抵抗した。しかし、のらりくらりと躱す緒方に、結局はいいように言いくるめられてしまった。

こうして、CATの実働メンバーは、藤江、永倉、そして運転手兼スナイパーで東北訛りの新田の三人となった。

たった三人の寡兵というか少数精鋭だが、CHQのキーパーソンの暗殺を狙う元軍人の国粋主義者や、シベリア抑留帰りのソ連のスパイや、インパールの生き残りで、武器を密輸して大陸でまた一旗あげようとする元将校、旧陸軍の危険物質を横流しにし悪だくみする元陸軍関係者など、あちこちに事件に対応するので大童なのだった。

そのとき、藤江や永倉は、悪辣な敵には容赦がないが、追い詰める相手が、旧軍人の人脈での知り合いだったりしたら、粋な計らいというか、それなりに元同士としての思いやりもみせるのだった。

またあるときは、CATのメンバーは密かに、時の総理大臣、吉田茂にも会ったりした。確かに吉田茂はGHQと協力して日本を再興したのだったし、「秘録 陸軍中野学校」畠山清行著、保阪正康編、新潮文庫には、陸軍中野学校の卒業生が、吉田茂を護衛した、みたいな記載もあった。なので、CATと吉田茂が縁があるみたいな記述は、そんなに非現実でもないのだった。

そして、そういう戦後の特務機関に目をつけた深町の構想はなかなか秀逸で、深町得意なバイオレンスは抑制気味なものの、新たな境地を拓く新作であると感嘆した次第である。

次元消滅

user-pic
0

もう10年以上も定期購読しているが、数学セミナーという雑誌は私にはおそろしく難解な記事にみちており、岩にぶつかるように理解を阻まれることが多いが、それでもガロアやリーマンの記事などは興味深く読んだ記憶がある。

それにしても2017年1月号は、「目に見えない図形を扱うには」という特集号で、なにその題名は?とほとんど興味を引かれることなく惰性でページをめくっているうちに、ん?という記述に出会った。

それは、愛媛大学理学部の藤田博司氏の「位相の考えかた」という記事である。集合論の基礎で、整数と有理数の個数が等しい、すなわち、それらの集合の間に全単射が存在する、という定理は有名であるが、この記事で改めて、実数Rと、平面R2の間に全単射が存在すると指摘されて、あ、そうか、と連続体濃度の集合にもその議論が成立することに今まで気づいていなかった。

そして、R~R2ということは、任意の自然数Nを以て、R~RNが成立することになる。このことをカントールは1878年に証明して、その結果に自らとても驚いたという。なぜなら、空間の次元Nという概念がその根拠を失った、と考えたからである。しかしわれわれの日常で、平面と空間が区別されないなんてことはありえない。

そこでカントールは尊敬する友人の数学者、デデキントにこのことを相談した。すると流石デデキント、慎重に思考を重ね、R~RNの全単射は連続性を欠いているのではないか、と指摘した。

なるほど、と納得したカントールは、連続な全単射の対応の下で次元は保たれる、という命題を証明しようと努力したが相当難しくて、それを完成したのは、20年後、不動点定理で有名なブラウワーによってであったという。

さて、素の集合というものを考えたとき、俗にいってしまえば、そこでは連続もへったくれもない。そこで連続性を導入するには、近傍という概念を集合に入れる必要がある。そのための方法としてこれが唯一のやり方とは思わないが、伝統的に数学で採られているのは、開集合族を定義すること、すなわち、位相空間を定義することである。

なお、近傍、すなわち近さというとき、ここから新宿まで30Kmのように、どうしても距離空間を想定してしまいそうになるが、別に距離空間である必要はなくて、まったく直観的でないが、位相空間の公理をみたす任意の開集合族を選んであげると、近傍を考えることができるようになって、次元が保てるという次第である。実際、どんな開集合族を入れても、直線と平面が同相、ということには決してならないはずである。本当かと問われたら、なんか自信がなくなりそうになるが。

そこで私の空想は、宇宙の存在で述べた、テグマークの「考え得る限りの数学的構造をもった宇宙」に思いを馳せる。すなわち、普通の宇宙論では距離空間がベースになっているが、距離空間でない位相空間の宇宙というものを考えると、突然、いくら想像力をかき集めても私にはそれがどんなものか分からなくなる。

しかしテグマークはまだまだ甘い、と笑うかもしれない。すなわち、開集合族さえ外して、次元をなくせばよいではないか、と。しかし次元が関係ない宇宙とは何なのか、私は茫然とたちすくむよりない。

そんな想いで、マックス・テグマーク著、「数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めて」谷本真幸訳、講談社を読むと面白いかもしれない、まだ買ってないけど。

雪国

user-pic
0

さいきんの私は、電車の中でmp3プレーヤーで音楽や英会話を聴くのがマイブームで、先日も吉幾三の「雪国」を聴いて悦に入っていたらふと、約一年前の1月に越後湯沢にバス旅行に行ったことを思い出した。そしてさらに思い出したのは、そういえば川端康成の「雪国」を買って積読コーナーに積んであるよね、ということである。それで数日後、川端康成の「雪国」新潮文庫を読み始めたら、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」というイントロに、いきなり演歌の名曲のサビのところを聴いたようでうれしくなった。

「雪国」の主人公は、島村という男性。東京に住んでいて、妻子もあるようなのだが、その背景はほとんど説明されることがない。島村の行先はまさに、越後湯沢あたりの温泉宿で、それで汽車に乗って国境の長いトンネルを抜けた、というわけなのだが、温泉宿に行く理由は単なる湯治や観光ではなく、以前温泉宿で知り合った駒子という若い女性に逢いに行く、という次第なのだった。おお、隅に置けないね、ということになるのだろう。

ところが島村は、汽車の中の隣の席にいた若い女性が気になって仕方がない。とても魅力的だったのである。ところが生憎、連れの男がいる。夫婦なのか、と思った。男は具合が悪そうで、女性はその男を甲斐甲斐しく世話している。

途中の信号所で汽車が停まると、若い女性は、そこの駅長と知り合いらしい、少し会話していた。その会話を聞いて、島村は、女性が葉子という名前だと知った。

再び汽車が出発すると、外が夕景色となった。ところが、その夕景色と葉子の顔が重なってその顔に野火のともし火がともったようにみえて、その得もいわれぬ美しさに島村は胸が顫えた。

ところがさらに驚くことがあった。目的地に着いて島村が汽車を降りると、なんと葉子とその連れの男も降りるではないか。

そして、島村がいつもの温泉宿に泊まっていると、駒子がいた。以前島村が来たときに、深く愛し合ったはずなのに、駒子は喜んで駆け寄ってくるでもない。それで島村の方から駆け寄ると、駒子は笑おうとして却って泣き面になった。

島村は、深く駒子を愛しているはずなのに、以前に会って東京に帰ってからかなり時間がたつのに、手紙も出さず、なにも連絡しないできた。駒子はそのことを咎めるふうでもない。

駒子は温泉宿で、宴会に呼ばれて三味線を弾いたり踊ったり、すなわち芸者をしている。酒を勧められたら飲むのでひどく酔っぱらったりする。駒子はそんな宴会が終わると、住まいに帰らないで、島村のいる部屋にやってくる。そして言いたいことを言って拗ねたり甘えたり、酔ったまま寝込んだりする。深夜急に帰るといって島村を慌てさせたり、いえ、まだいるわと反対のことを言う。朝になると、東京に早く帰りなさいよ、といったり、まだいてよとか矛盾したことをいって島村を困らせる。ただ、島村も慣れたもので、当惑しないで普通に流している。

そういえば、と私は読みながら自分を顧みた。以前に、曽野綾子さんが「二次方程式なんて、なんの役にも立たない。」と言ったという記事を書いたが、果たして私は、曽野綾子さんが二次方程式にたいしてもっている程度の認識を女性心理にもっているだろうか、と自問して苦笑した。じゃ君は、女性にもっと甘えられて拗ねられて困ってみたかったのかと聞かれると、ううん、わからないというしかない。

戻って、駒子は半ば無理やり、島村を自分の住まいに連れていった。すると、島村が驚いたのは、そこに葉子がいたのである。しかしもちろん島村は駒子に、葉子に会ったことがあるなんて知らせない。

一方駒子は、葉子と特に親しそうでもないが、険悪でもなさそうで、普通に会話している。葉子は、島村の顔は知っているはずなのに、完全に島村のことは無視している。けっきょく、駒子と葉子がどういう関係なのかわからない。

さて、島村の趣味の一つに山歩きがあり、山に登るとちょっと疲れた。すると按摩の女性に出会ったので、揉んでもらうことにした。その按摩の女性が話すには、葉子が面倒をみている男は行雄といい、踊りの師匠の息子なのだという。東京で腸結核に罹り、もう助からない状態なのでせめて故郷に戻ってきたらしい。駒子は行雄と許婚だったのだが、なぜかそういう話はなくなって、今は葉子が行雄の面倒をみている。ところが、駒子が芸者をしているのは、行雄の治療費を稼ぐためらしい。

そんな話を駒子から聞いたことがなかったので、島村は驚いた。それであるとき、それは事実かと駒子に確認したら、駒子が異様に不機嫌になったので、島村は追求を止めた。ただ、ぽつりぽつりと駒子が告白するところによると、踊りの師匠が駒子を息子の嫁に、と思っていたことがあるのはたしからしい。ただ、駒子がその気がなくてその話はなくなった。なのに、駒子が行雄の治療費を稼ぐため芸者をしているのは確からしい。で、島村はいよいよ訳がわからなくなった。

さらに訳がわからなくなることがあった。すなわち島村と駒子が一緒いたとき、葉子が慌てて駒子を呼びに来た。なんでも、行雄の容態がいよいよ危なくなってきたらしい。なのに駒子は、私は行かないわよ、と平気でいう。ところが葉子もそれを咎める様子もない。

それから島村が東京に帰り、再び温泉宿にやってきたときのことである。島村と駒子が一緒にいるとき、火事が発生した。なんでも繭倉で映写会が行われて、近所の人達や子供たちが映画鑑賞に行っていたとき、映写機から火がついて火事になったという。

それで島村と駒子は火事の現場に急行したが、なんと繭倉には葉子もいて、駒子が狂ったように取り乱した。

そこでストーリーは唐突に終わるのだが、私は一片の怪訝さと深い感動に包まれた。怪訝さというのは、例えば、この本の後にあった伊藤整の解説を引くことで分る。伊藤整は、「初歩の読者はそこに特有の難解さを感じるであろうし、」というが、まさに純文学というか川端の初歩の読者である私は、たしかに難解さを感じた。それでもなんとか共感できたのは、平板だが一応還暦過ぎまで生きた私の人生経験ゆえだろう。

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。