侵略の構造

user-pic
0

大学生だったとき、学問への夢と情熱をなくし、無気力な日々を送っていたことがある。そんなとき、あまりにも暇なので、囲碁でも勉強しようかと何冊かの囲碁の棋書を買って読んでいたら、将棋部の同僚が下宿を訪ねてきて、お前すごい本を読んでいるなあ、と笑うので、えっ?と手許をみたら、「侵略のテクニック」という本だった。なんのことはない、大模様に打ち込んでいって、地を荒らしたり、サバいたりする手筋を紹介する本なのだが、そういえば囲碁よりも激しいゲームだと思われる将棋の棋書で、あまり「侵略」という言葉をみたことがない。

そんな昔のどうってことないことを今更思い出したのは、将棋連盟のホームページで渦中の棋士の今期の成績を確認したときである。以下に示す。

棋士勝数敗数勝率
渡辺 明21140.600
久保 利明22120.647
橋本 崇載12100.547
千田 翔太39100.796

私は勝敗のデータを眺めるのが趣味なので、各棋士のだいたいの成績の推移を通年で知っている。その私の知識によると、渡辺竜王の成績はこんなもんだし、橋本八段の成績も、例年から比べるとそんなに悪くない。勝率四割台だったこともけっこうあった。一方、久保九段と千田六段はどうみても例年より成績がよい。なにしろ、この二人ともタイトルに挑戦中である。

要するに、渦中の棋士たちの成績は、例年と比べてequal or betterで、なんなのこれは?とつぶやいてしまった。どういうことかというと、ウェブをみたら、これらの棋士に対する怨嗟の声に満ちている。ウェブなんていい加減であてにならないというかもしれないが、よくみると、中にはまともな議論も結構ある。そういってはなんだが、例の文春砲といわれた記事よりも格調の高いものもある。

そして文春砲は確実に三浦九段に痛撃を与えたが、ウェブの怨嗟はどうして渦中の棋士たちに届かないのだろう。不思議である。届かないどころか、むしろ渦中の棋士たちはパワーアップしている。こうして私は、侵略の構造という概念に思いを馳せる。

例えば、大学のサークルなどの飲み会で、男性が女性に酒を飲ませて、酔わせて性的狼藉をはたらいてしまう、という事件がときどき起きる。それはそうとうやってはいけないことのはずなのに、加害者はなんとなくうやむやにされ、被害女性だけが一方的に深い心の傷を負う。恋人に振られ、PTSDになり、その後鬱のように沈んで暮らし、なかなか希望が見いだせない。最悪の場合、自殺したりする。

それなのに、女性のほうに心の隙があったんだろう、女性の側から誘惑したんだろう、だいたいが男性関係が派手だという噂があった、などと余計なことをいう人もでてきたりする。例の、李下に冠を正さず、の間違った議論である。

別の例は、米国の9.11テロ事件である。あの事件がきっかけになり、米国はイラクが大量破壊兵器を保有しているとして、イラクに攻め込み、独裁的だが、それなりに統制のとれた国家だったイラクは荒廃し、アノミー状態になっていまでも混乱のままである。結局大量破壊兵器はみつからなかったが、米国が謝ったという話は聞かない。米国はその後、国内でそれぼど目立ったテロに遭うこともなく、派手な言動で物議をかもす大統領を選出して、それなりに盛り上がっている。

ここで私は、次元消滅という自分の記事を引用する。そこにあるように、時空の次元に意味を与えるためには集合に、位相の構造を与える必要があるが、それとの類推で、神は世界に意味を与えるために、世界に侵略の構造を与えたのではないか、と私は推定した。それは要するに、もてるパワーを駆使して弱い者いじめをすると、強者はさらに富み、弱者は滅亡へと追いやられる、という論理である。

すなわち、侵略の構造が入った世界では、偽旗作戦で火のないところに煙を立てる作戦が有力となる。三浦九段はそれで苦しみ、嫌疑は晴れたはずなのに、まだ将棋連盟に元の居場所を確保できていない。

それにしても、どうしてこのような構造の世界を神は造ったのだろう。今まで何度も問うたが、もちろんなんの返事もない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4426

コメント(2)

| コメントする
user-pic

こんばんは。
そうなんだ~と思わず頷いております。侵略者は確信犯だからぶれないんですねぇ。
とは言え、必ず天誅は下されるだろうと信じています。神がだめなら仏にすがるのみ。(笑)

user-pic

ねずげんたさん

> 侵略者は確信犯だからぶれないんですねぇ。

あ、なるほど。そういう観点に気づきませんでした。

> とは言え、必ず天誅は下されるだろうと信じています。

私はよほど人生経験が狭いのか、悪い奴に天誅が下されるのを、怪獣映画と刑事ドラマでしかみたことがありません。実世界では、悪は益々栄えるで、私もその一味になろうかと、ふと心が動いたことがなきにしもあらずですが、どうも私はそっち方面も才能がなかったです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年1月25日 05:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シャドウ・ストーカー」です。

次のブログ記事は「能ない鷹」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。