将棋連盟の対応

user-pic
0

もうすぐ引退することが決まった加藤一二三九段であるが、偉大な棋士であることは誰も否定しないだろうが、聞くところによると、空気を読まないというか、突然奇矯な行動をとったりするので、一部の棋士からかなり嫌われているらしい。私が知る限り、少なくとも大内九段がそのような発言をしていた。

じつは私も、加藤一二三九段ほどではないと思うが、周囲の空気を読まず、ちょっと引かれたりする行動をとることがある。それは、念には念を入れすぎるのである。強迫神経症的といってよい。例えば、出張して人に会うというとき、日時と場所が確定しているのにわざわざ前日、こうでしたよね、とメールで確認したりする。

いまから私が書くことも、どうみてもみんなに既知のことをわざわざ書き下すだけで、なんで今更書くの?と思われるかもしれないが、上記のような私の性格のせいなのだ、と言い訳して、将棋連盟の対応についてコメントしてみたい。

すなわち、ウェブの情報をみると、三浦事件に関して、渡辺竜王、久保九段、橋本八段、千田六段にきちんとペナルティを課すべきだという意見が横溢している。ウェブでは、随分露骨な表現もみたりしたので、あえて私の方で「きちんとペナルティを課すべきだ」と比較的穏当な言い方にしておいた。

その意見に対する私のコメントは、将棋連盟の理事たちは何が、何があっても決して上記四名の棋士に対して、びた一文もペナルティを課さないだろう、ということである。こうかきながらなぜか、私の頭の中で、クールファイブの「逢わずに愛して」の曲が流れている。

私がそう考える理由は自明であって、少しでもペナルティを課すと、タイトル戦を戦わせることに支障がでる。久保九段に罰を与えると、そんな棋士がタイトル戦で戦うことにケチがつき、王将戦にひびがはいる。千田六段がからむ棋王戦もそうである。渡辺竜王と橋本八段を処罰すると、竜王戦が遡及的に危機に陥る。なにしろ将棋連盟はいまや、薄氷の湖である。急に頭の中の曲が、「逢わずに愛して」から、Kinki Kidsの「硝子の少年」に切り換わった。

だから、将棋連盟は、硝子細工を扱うように、件の棋士たちに対応する。一方、件の棋士たちは開き直ってこう言う、「撃ちたければ撃てばいい、人質がどうなってもいいのか。」

刑事たちは、折角犯人たちを追い詰めたのに、撃てない。タイトル戦という人質も一緒に撃ってしまうからである。そしてみすみす、犯人が人質を伴って逃げていくのを黙ってみているよりない。

刑事たちは地団駄を踏んで悔しがるが、悔しがる理由は、犯人を逃がしたことだけではない。なんと刑事部長から直々に、人質のあるなしに拘わらず、犯人たちを撃ってはいけないと指示が出ているのである。上層部から政治的な関与があったらしい。

「課長、こ、こんなことが許されるんですか。」と若手の巡査部長が机を叩きながら呻くが、「・・・・・」と、課長は何も応えない。知らないうちに曲は、バーブ佐竹の「ネオン川」に切り換わっている。私の選曲は実にいい加減である。

三文警察小説モードから戻って、将棋連盟は、おそらく、一番の収入源であるタイトル戦のスポンサーと、件の棋士たちを護ることしか頭にない。「個々の将棋ファン?それが何だ!」刑事部長は怒鳴る。あらっ、また三文警察小説モードに戻った。

刑事部長が怒鳴るのもわかるような気もするのは、一応の将棋ファンである私という個人は、将棋世界なんて購読していないし、毎月500円のウェブ順位戦観戦料を払っているだけだからである。もちろん支部会員なんかじゃない。

きっと私レベルの将棋ファンは結構多いだろう。で、私の問いかけは、私のような、ほとんどお金を連盟に落とさない将棋ファンは、所詮烏合の衆なのか、ということである。私は一応IT業界にいるので、クラウド・ソーシングの本も読んだりした。大衆が数でものをいわせられないか。

そういえば、鳴り物入りで公開された映画「聖の青春」も、そのうち観に行こうと思っていたら、早々に上映が終わってしまった。きっと、あまり観客が来なかったのだろう。すると、私レベルの将棋ファンでさえ、世間では圧倒的少数なのだろう。だいいち去年、週刊将棋が休刊になったのも、読者が減ったからである。

で、自分に改めて問うてみた、お前は、新聞から将棋欄がなくなっても購読するか、と。すると私のインスタントな応えは、別に将棋欄なんかいらない、というものである。ウェブで観るもの。だいいち、読売新聞だからといって、観戦記にさりげなく渡辺竜王をポジティブに登場させて、サブリミナルを仕掛けないでほしい。

じゃ、タイトル戦がなくなっても平気かと聞かれると、私の感想は、ううん、新聞の将棋欄なんてどうでもいいけど、流石にタイトル戦がなくなると寂しいよなぁ、というものである。ウェブでさえ観戦できなくなる。

ここまで読んで、将棋連盟は、いまの人を食ったような対応をしているのだろうか、と考えてしまった。最後に流れる曲はなぜか、秋元順子の「テイ・アモ~風が吹いて~」である。

♪スマホの事件で疑惑が生まれ
三浦の心は苦悩に沈む
すべての疑惑は吹き飛ばされて
最後に残ったの、真実だけが
ミウラ、ミウラ、ミウラ、 一秒でも早く
ミウラ、ミウラ、ミウラ、 復帰したいんだ
竜王戦を指したかった、駒を抱きしめて
俺のプライド、ああ許せない♪

う~ん、ギズモさんのようにうまく作れないや。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4431

コメント(8)

| コメントする

あやたろうさん
>若手の巡査部長が机を叩きながら呻くが、「・・・・・」と、課

毎週日曜日の9時からNHKで「刑事フォイル」というのをやって
やってましてね、
実は昨晩、似たような事がおきまして
犯人Aは外交官特権で逮捕不可、犯人BとCは、軍需産業の開発部門で喫緊の開発課題のキーマンだったから免責にしろと
軍部からの強圧があり立件不可、というわけで
フォイル氏(刑事とはいえ警視正なのです)は警察トップから
逮捕差し止めを食らいました。

で、昨晩は犯人逮捕を3人とも断念した結果
フォイルは警察トップに「辞表」をたたきつけましたよ。
「私の仕事はありませーん」というのが辞職理由でした。

大義名分さえあれば、どんなルールも曲げられるし、強いもん勝ち
ってことでしょうかね。

user-pic

山椒魚さん

> 大義名分さえあれば、どんなルールも曲げられるし、強いもん勝ち
> ってことでしょうかね。

そうですね、将棋連盟にあっては、ともかく新聞社に契約を打ち切られないことが至上命題なのでしょうね。
急に、島津ゆたかの「ホテル」の替え歌で、♪そのために三浦、泣かしてもいい♪が頭に浮かびました。


user-pic

こんばんは。2日ほどネット環境外に居ました。
勧善懲悪番組の基本構成は3/4までは悪が天下を牛耳り、仕上げの1/4で遠山桜が花を咲かせ、葵の御紋が輝きます。
将棋連盟の3/4もそろそろではないでしょうか。単なる商売人の世界なら兎も角、知の世界・智慧の世界の住人であるべき輩が、
世間にここまで褌を晒して何を今更語れるのか・・。仕上げの1/4に現れるヒーローは一体誰なのか実に楽しみです。
棋連盟倒すべし!!返り血も流れ弾も当たらない安全地帯で私は叫んでおります。
頭の中に流れる曲は・・・、谷村新司 昴 ♪ああ砕け散る将棋連盟よ~せめて鮮やかにその身を終われよ♪

user-pic

ねずげんたさん

> 将棋連盟の3/4もそろそろではないでしょうか。

たしかに、ここまで乱暴狼藉してなにもお咎めなかったら、あまりにもおかしいです。

> 頭の中に流れる曲は・・・、谷村新司 昴 ♪ああ砕け散る将棋連盟よ~せめて鮮やかにその身を終われよ♪

これもぴったりですね。

user-pic

ぽんちゃん

> 谷川兄が、署名を集めています。
> 私も早速やってきました。

おっ、そうでしたか。私も参加しようかしらん。それにしても、将棋連盟は、トランプ並みですね。

ごぶさたです、amatalawです。

ほんとうに、おかしいですね。

「日本将棋連盟の異常感覚にはあきれる、とにかく、いますぐ、三浦九段に金を払え!!!」

会長が谷川九段から佐藤九段に代わり、
三浦九段も2月13日に、4ヶ月ぶりに、竜王戦予選で羽生三冠と対局する、
三浦問題も収束に向かいつつあるかに見えるが、、、

冗談じゃない、三浦九段が潔白なら、当然のこと、失った名誉云々の前に、
竜王戦の賞金相当、そして名誉毀損相当の、補償金を、日本将棋連盟が、三浦九段に払ってしかるべきだろう!

それが世間の常識であり、ルールであって、秩序である。
損害が生じたのだから、損害は賠償されなければならない。

なぜ、それをしないのか、しないままで済むと思っているのか。

多くの週刊誌でも、繰り返し、そのような記事が掲載されている。

私の感覚でも、そうである。

そして、その金額は、週刊誌が言うように、私も5千万円から1億円の間であると思う。


確かに、今でも地方のお年寄りなどは、何より事を荒立てたくないからと言って、
交通事故があっても、補修を口にせずに、うやむやになってしまうケースもある。


しかし、事は、日本の最もおおやけの場で生じた不祥事なのであり、
事情もおおやけになっている話である。


日本将棋連盟の幹部達は、本当に世の中の常識をわかっているのだろうか。

なにごとも、後手後手で、まわりの騒ぎが大きくなって、世間に背中を押されて補償するというのでは、恥の上塗りという事態になってしまう。


日本将棋連盟の幹部達は、本当にバカなのか、

それとも、もっと背景があるのか、
例えば、三浦九段は、実はカンニングをやっていたというのが真相であって、
それを攻めるのは可哀想だから、特別に無実という扱いにしてやっている、
三浦九段と幹部との間で、そのように手加減をしてあげた、
だから、三浦九段は、金銭的な補償は要求しない、などという背景である。


わからない、とにかく、私が過去生きてきた世界の常識とは、
日本将棋連盟の常識は異なっている、それだけは言える。

それとも、これから補償の問題を進めるのか、
そのつもりなら、これから払う予定なんですよと公言すべきである。


あきれて、モノも言えません!!!


とまあ、ひとのサイトに長文でアップして、申しわけありませんでした。

user-pic

amatalawさん

お久しぶりです。

> 冗談じゃない、三浦九段が潔白なら、当然のこと、失った名誉云々の前に、
> 竜王戦の賞金相当、そして名誉毀損相当の、補償金を、日本将棋連盟が、三浦九段に払ってしかるべきだろう!

そうなんですよ、何も具体的な損害賠償がないのはあまりにもおかしいです。裏で密かに進んでいるにしても、そのことを世間にむけて発表すべきです。

> それとも、もっと背景があるのか、

背景は要するに裏で新聞社、とくに読売新聞が暗躍しているのでしょう。なにしろ将棋連盟にとって最大のスポンサーなので、将棋連盟は逆らえません。そこにつけこんで、アンチ三浦の棋士たちも枕を高くして、安心して対局に臨んでいるので、普段よりも却って好成績なのでしょう。

将棋連盟はこのまま三浦事件に対する世間の関心が風化して、忘れ去られることを期待して、何も手を打たないのだと思います。なんとか打開策はないのかとふと考えます。まあ長期的にみたら、将棋連盟の没落は早まりましたが、今すぐにというわけではないので、将棋連盟には響かないのでしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年1月30日 05:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知のハードウェア」です。

次のブログ記事は「ロリータ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。