2017年2月アーカイブ

木と森

user-pic
0

よく、木を見て森を見ずとか、その逆に森を見て木を見ずとか、言われるが、どちらがましなのだろうか。

世間ではもしかして、とりあえず全体を知っておく方がいいという意味で、森を見て木を見ずの方がましかと思われているのだはないだろうか。でも本当にそうなのか、とつい思ったのは、大河ドラマで「女城主 直虎」を観て、井伊直虎に興味をもち、それから高殿円「剣と紅」文春文庫を買って読んでからである。

井伊直虎の波乱にとんだ人生は興味深いが、日本史において、例えば織田信長が線であり、徳川家康が面であるとすると、井伊直虎は点にすぎなくて、そこに留まっている限り、歴史的な広がりは特にないような気がする。

しかし、思うに、点にすぎない井伊直虎に興味をフォーカスしていくと、その周辺にいる今川義元や、織田信長、武田信玄や、徳川家康に次第に興味が波及していく。すると活きた興味となって、頭の中で関心が躍動する。

そう、ボトムアップで述べた、「細部にこだわることで全体が見えてくる」という、マイケル・ポランニーのステートメントがここでもあてはまる。

すなわち、森を見るというのは、飛行機に乗って上空から眺めることに対応し、どこに湖があるか、どこに川があるかを知るには有効だが、そこの住人とは誰一人として知り合いになれず、微細な知識は活性化されない。

一方、点にすぎない井伊直虎に興味をフォーカスする、ということは、飛行機からパラシュートで飛び降り、地上に降り立つことを意味する。そして、近所の住居を訪れ、水を一杯もらって、世間話をするようなものである。うまくいくと、隣の人を紹介してもらえて、次第にその地方に関する知識が増えていく。

そこでまず、高殿円の「剣と紅」文春文庫を読み終えた時点で、井伊家と極めて関係の深い、松本清張の「徳川家康」角川文庫を読むことにした。この本は小中学生向けに書かれたものらしいが、日本史の初心者の私には丁度いいだろう。そのあと、秋山駿「信長」新潮文庫を読むのもよい。

マイケル・ポランニーの指摘をまつまでもなく、ものごとを勉強して知識を深めていくにはこういう地道なアプローチは有効な方策のようである。

鉄人モード

user-pic
0

私は、元広島カープの衣笠祥雄氏を尊敬している。その野球の実績も然ることながら、その連続試合出場日本記録に真に敬意を表している。

なので、鉄人と呼ばれる衣笠氏に一歩でも近づこうと私が努力したことがあって、それは、なるべく病気でブレークダウンしないで、出勤することである。それには気力の充実が必須であるが、1995年1月に管理職に就いた私は、責任感を感じて、気合いを入れて勤務することで、2006年4月の末をもって管理職を降りるまで、風邪さえひかず、ほぼ毎日朝九時から、ほぼ夜11時まで働いた。

その間、休暇もほとんど取らなかったが、少なくとも部下にもそうすることは強いないようにした。なぜなら、特に管理職手当はないので俸給的に優遇されているわけではないにしても、特に私が勤務していた会社は、管理職の権限が大きく、課長レベルでも小さい会社の部長並みの権限があったからである。しかも私は、部門長代行として実質的に予算権限を握っていた。なので、人一倍働くのは当然だと思っていた。そういう気風が、後輩管理職たちに全く伝わらなかったのは、私の不徳の致すところである。

そうやって、病気でブレークダウンすることなく働き続けることを鉄人モードと呼ぶことにすると、管理職を降りた後も鉄人モードを2009年の3月まで続けたが、それが破れたのは、鹿島さんで述べた、難解な発明の特許明細書を書いたときである。そのときは、発明を理解するのに力尽きて、病に伏して会社を休んでしまったのだった。いつかは途切れるとは思っていたが、ついにその日が来たか、と嘆息した。

そこからまた鉄人モードを続けようとしたら、翌年また病に倒れてしまった。そのときは、ある古参の同僚社員が退職するので、別の古参同僚社員と話して、三人だけで送別会を催そうと相談した。実はあまり気が進まなかったのだが、流石に欠席するというのは私の律義さではありえない。

ところが、前日尿道炎で熱が出て、酒を飲むどころではなくなったので、会社を休み、結果的に送別会も欠席した。それで、すいませんが体調不調で送別会は出れませんと連絡したら、私が出席したくないので仮病を使ったと誤解したようで、私は長らく恨まれていた。ちょっとくらいの風邪なら出席するが、熱が39度もある尿道炎ならどうしようもない。しかし、言い訳しても仕方ないので恨まれるままにしておいた。

そこからまた鉄人モードを再開して、再就職した後も、なんとかつい最近まで7年間鉄人モードを続けたのだが、先日、出勤するため三鷹駅の改札を出たとき、どうも体調がおかしい。頭がふらふらして、歩くのさえやっとである。そういえば、クモ膜下出血の初期症状がそうだったか、いよいよ自分も寿命がここで尽きるのか、とふと思ったが、最近生きることに疲れている面もなくはないので、まあそうだったとしても仕方ないな、と意外にあまり深刻ではなかった。

そしてそもかく、オフィスに着くと、急に便意を催して、何度も下痢した。下痢だけでなく吐き気もして、朝食のほとんどを吐いた。そして、自席でウェブ検索して、クモ膜下出血で下痢や吐き気という症状はないので、流石にクモ膜下出血ではないだろうと安堵した。

安堵したのはいいが、依然として気分が悪くて、仕事どころではない。それから何度も下痢や嘔吐を繰り返し、これはノロウィルスかと別の懸念が出てきた。で、いまからノロウィルスの症状が出てくるなら、ともかく上司に申し出て休暇にして早く帰宅しなくては、と思うのだが、勤務先が自宅から比較的遠方なので、帰宅する体力もない。それで仕方なく席にいたら、仕事の問い合わせメールがきて、気分の悪さを我慢して必死で応答していると、仕事は案外体のクスリなのか、少し気分が戻ってきた。さらにメールがきて、そのリクエストにも応えていると、昼休み休憩になり、ここでしばし長考して、この日はなんとか歯を食いしばって定時まで勤務し、次の日を休暇に充てるのがベストと判断した。

そうやって夕方になると、かなり体力が回復していたので、これはノロウィルスではなく単なる食あたりだったかな、と少し楽観してきた。

そして帰りの電車の中で、別に生ものなど怪しいものは食べていないのになぜ食あたりになったのかと考えてみると、それはかなり疲れていたせいのようである。

さらに考えてみると、疲れている原因は、2月に入って結構日常業務がハードだったのに、休日に、多倍長計算ライブラリのような多倍長処理アルゴリズムをずっと考えていたからのようなのだった。寝ても覚めても考えていたので、最近では夜寝ていても、何度も計算アルゴリズムでうなされたりした。

実は、頭脳のコストとしては、難解な発明の特許明細書を書いたときと比べて、そんなに大きくないので大したことはないだろうと高をくくっていた。しかし、当時よりも遠距離通勤になったことと、歳をとったことで体力が落ち、昔なら平気だったことも、少しずつ体に障るようになってきた。

今回久々に鉄人モードが崩れたことは、そのあたりのリソース配分を考え直しなさいという警告と理解することにした。だからといって、多倍長計算アルゴリズムなどに頭脳リソースを投資することは止めるわけにはいかない。私の人生の無体財産だからである。一方で私は、無事これ名馬という言葉も好きである。これは鉄人モードにつながる。ようはバランスなのだった。

例年、将棋のA級順位戦の一斉対局の日である、将棋界の一番長い日は、一年のうちで一番盛り上がる日なのだが、今年はどうも盛り下がっていけない。原因は明らかで、虫も殺さぬ、温厚な性格の私でさえ、こうなった原因をつくった人々に、何度も怒鳴りたい気分になった。

それでも、あまり気が進まないまま、ウェブの名人戦速報と、AmebaTVを眺めていると、棋譜の進行に興味をそそられた。なんのかんのといっても、将棋連盟の常識外れの対応はさておいて、将棋そのものへの興味は失せていない。私が、老いたりといえども、若手アイドル歌手に、今更ときめくのと同じか。おっと、そういえばニコ生でも解説があったらしいのだが、見忘れたのは残念。

将棋界の一番長い日はちょっと疲れていて、午後9時には寝てしまったので、まったく、リアルタイムで観戦できなかった。それで今日の朝早く起きて、ウェブの名人戦速報でざっと棋譜を辿った。その感想を簡単にかいてみる。

まず、稲葉-森内。横歩取りから千日手になり、指し直しの後手番となった森内は、田中寅彦ばりのうそ矢倉を採用した。稲葉は、腰掛け銀に構えた。うそ矢倉の駒組みがいまいちぎこちなくて、中盤で稲葉が駒組勝ちになった。稲葉が1筋からあやをつけて、45歩と快調に攻めると、森内は53金打ちと順位戦らしく根性で受けた。ところがこれが意外に自陣を手厚くしていない。稲葉の攻めで局面は大差になってしまった。そして順位戦らしくもないどうしようもない終盤で、森内はあっさり投了した。こうして8勝1敗で稲葉があっさり名人挑戦を決めた。森内は、3勝6敗で降級の危機である。

次は、羽生-屋敷。先手番の羽生は矢倉に誘導したが、後手が屋敷なので、普通の矢倉にはならない。屋敷の攻めを羽生は、薄氷を踏むようにかわすのだが、羽生が屋敷に対して詰めろをかけたはずが詰めろになっておらず、ぽきっと折れるように羽生が投了。これで羽生は6勝3敗。屋敷は4勝5敗で残留を決めた。

次は、広瀬-佐藤。角換わりだが、広瀬は最近では珍しい棒銀を採った。プロの棋譜で棒銀で幸せになった棋譜をあまり見たことがないのだが、果たしてやはり、局面は、佐藤が馬をつくって先手の攻めを受け止め、広瀬が手をつくるのが大変になった。広瀬は、それでも2筋から懸命に手をつくるのだが、その攻撃を待って反攻するかたちで佐藤が8筋、9筋から攻めると、広瀬は受け切れなくなり、あっさり即詰みに討ち取られた。これで広瀬は6勝3敗。佐藤はぎりぎりの3勝6敗となったが、森内より順位が上のため、森内が降級し、皮一枚で残留を決めた。

次は、渡辺-行方。私は文句なく行方を応援した。局面は、角換り腰掛け銀に進んだが、行方は、玉を42に置いたままで、65歩と先攻する趣向を採った。これに対する渡辺の対応が憎らしい。すなわち、攻めさせるだけ攻めさせ、自陣の金銀が上ずったので、行方がじっと77金と置いてしがみつくと、69玉と寄って涼しい顔である。ここでは渡辺の持ち駒が豊富なので、検討陣も先手もちの人が多かったのだが、渡辺が攻め合うとぎりぎりになって、勝ちがあるかどうか怪しい。それで渡辺は、77金に当てるとともに、36の歩成を防いで、59角と自陣に手を戻した。これは77の金取りであるので、行方は68歩と打ち、渡辺の58玉に行方が35桂と打ったのが、当然の手のようでもしかして敗着で、ここは46銀と打っておけば行方が優勢だったらしい。終盤は渡辺が読み切りで行方玉を即詰みに討ち取った。渡辺は憎らしいが、憎らしいほど強いのも事実である。こうして渡辺は6勝3敗。行方は4勝5敗。挑戦にも降級にも全く関係ない対局ながら、本局が一番の好局だったと思う。

こうして、将棋界の一番長い日はそれなりに盛り上がって終わった。将棋連盟は巨大な負債を抱えたままであるが。

まあでも、とりあえず、佐藤天彦名人対稲葉八段のフレッシュな名人戦に期待することにしよう。

今年に入ってからの多倍長計算の若干の経験に基づき、多倍長計算ライブラリを作成してみた。一応、こちらにヘッダファイルの形式でソースコードを置いた。MLA2.hとなっているのは、MLA.hの初期版から何度か書き換えたからである。そのうち余裕があったら、C++のクラスに描き直す。きわめてナイーブな実装なので、使ってみたい人はいないと思うが、自分のメモ用として用意した関数の簡単な説明を与えてみる。ともかく、これらの関数群により、多倍長整数上で初等整数論を論じるための最低限の準備が整ったと思う。

まず、以下のように、基数を10000にした。このプログラムは、int *a_num; のように宣言して、次にa_num = new int[n];のようにヒープにメモリ配列を確保する。すると、配列の一つの要素は4バイトの整数なので、一つの要素で-2147483648 から +2147483647までの値を格納できる。これは約21億程度なので、基数を100000にしても平気のように思われる。すると、配列をn個確保すると、n*5桁までの多倍長数が表現できる。それで問題はないようだが、多倍長×多倍長の掛け算の計算をすると、一つの配列の値が最大100億になるので、オーバーフローしてしまう。それで仕方なく、基数を10000にした。これだと、一つの配列の値が最大10億で収まる。


int Radix = 10000;

int CLEAR(int n, int *a_num, int a)
これは、配列a_numを初期化する関数である。すべての配列に0を入れて、最下位の配列にaを格納する。特に意味がある値を返すわけではないので、voidでもよいかもしれないが、単に1を返す。

int COPY(int n, int *a_num, int *b_num)
これは、配列a_numに、配列b_numの値を代入する関数である。特に意味がある値を返すわけではないので、voidでもよいかもしれないが、単に1を返す。

int DISP(int n, int *a_num)
これは、配列a_numの値を表示する関数である。ファイルに書きだすように書き換えたりするのは容易であるが、ここでは、コマンドラインで、画面に表示するだけの実装である。特に意味がある値を返すわけではないので、voidでもよいかもしれないが、単に1を返す。

int MUL(int n, int *a_num, int a)
これは、配列a_numに、整数aを掛ける関数である。特に意味がある値を返すわけではないので、voidでもよいかもしれないが、単に1を返す。

int DIV(int n, int *a_num, int a)
これは、配列a_numを、整数aで割る関数である。a_numをaで割って、余りの値を返す。

int ADD(int n, int *a_num, int a)
これは、配列a_numに、整数aを足す関数である。特に意味がある値を返すわけではないので、voidでもよいかもしれないが、単に1を返す。

int SUB(int n, int *a_num, int a)
これは、配列a_numから、整数aを引く関数である。特に意味がある値を返すわけではないので、voidでもよいかもしれないが、単に1を返す。

int ISN(int n, int *a_num, int a)
これは、配列a_numが整数aに等しいかどうかを判断して、そうであれば1を返し、そうでなければ0を返す。配列a_numが整数aに等しい、というのは、配列の最下位の桁以外はすべて0で、最下位の桁がaに等しいという意味である。

int CSET(int *a_num,char *i_num)
これは、配列に文字列で指定した値を格納する関数である。例えば、char i_num[] = "7646626262662626610992929"; のように指定してこの関数を呼び出すと、その数字列がa_numにセットされる。

int MADD(int n, int *a_num, int *b_num)
これは、多倍長数a_numとb_num同士の足し算である。足した結果は、a_numに入る。

int MSUB(int n, int *a_num, int *b_num)
これは、多倍長数a_numから多倍長数b_numを引く引き算である。引いた結果は、a_numに入る。なお、符号を実装していないので、a_num >= b_numでないと値が変になる。このあたりいかにもまだ、ナイーブ実装である。

int Collatz(int n, int *a_num)
これは、いかにも趣味的なのだが、多倍長数a_numのコラッツ数列の長さを返す関数である。

int DGN(int n, int *a_num)
これは、多倍長数a_numの桁数を返す関数である。

int CMP(int n, int *a_num, int *b_num)
これは、多倍長数a_numと倍長数b_numの大きさを比較し、a_numがb_numより大きいなら1を返し、a_numとb_numの大きさが等しいなら0を返し、a_numがb_numより小さいなら-1を返す。

int MMUL(int n, int *a_num, int *b_num, int *c_num)
これは、多倍長数a_numと多倍長数b_numの掛け算を計算して、その結果をc_numに格納する。しかし、全体の配列の長さをnと思っていて、すると、その掛け算した結果は2nの長さになりえるということは、本当はc_numは2nの配列として用意しなくてはならないのに、そんな配慮が全くなされていないのは、ナイーブすぎて話にならないのだが、妥当な桁数のa_numとb_numに対して、とりあえず動く。

int MDIV(int n,int *a_num, int *b_num, int *c_num, int *z_num )
これは、多倍長数a_numを多倍長数b_numで割って、その商をc_numに格納し、余りをz_numに格納する。なお、b_num = 0の場合はdivision by zeroエラーになるので、単に-1を返すようにした。じつは割り算ルーチンは、単に筆算の割り算処理をエミュレートしただけのものでそんなに難しくないと思っていたら、私のプアなプログラミング・スキルだと思ったより大変で、まずPerlでプロトタイプのブログラムを書いてみて、それを多倍長に書き換えるということで、とても大変だった。構想から仕上げまで少なくとも一週間はかかってしまった。

int MOD(int n, int *a_num, int a)
これは、多倍長数a_numを、整数aで割った余りを求める。

int MMOD(int n, int *a_num. int *b_num, int *z_num)

これは、多倍長数a_numを多倍長数b_numで割って、余りをz_numに格納する。MDIVを流用した。

int GCM(int n, int *a_num, int *b_num, int *z_num)

これは、MMOD()をもちいたユークリッド互除法により、多倍長数a_numと多倍長数b_numの最大公約数を計算して、その結果をz_numに格納する。

一応、以上のとおり最低限の機能のライブラリを用意してみたが、具体的なコーディングよりもむしろ、どういうライブラリにするか構想をたてるのに苦労した。ともあれ、完成ということはありえないので、気づいたら機能強化というか修正していきたい。

修正といえば、先日歌番組を観ていたら、HKT48が、「バグっていいじゃん」という歌を歌っていたので、おっ、と思ってしまった。確かに、間違いだらけ、失敗だらけでも明日はやってくる。でも、おっ、と思ったのは、やっぱり指原、可愛いよね、ということで、そっちかよ、と自己つっこみするのだった。こんなことでは私の多倍長ライブラリの完成度も知れているというものである。

先日、アマゾン内で本を適当に検索していたら、西森秀稔、大関真之著、「量子コンピュータが人工知能を加速する」日経BP社を見かけて、おっ、これは買いだ、と即注文した。

というのは、標準的な量子ゲートの量子コンピュータについては、宮野健次郎、古澤明著、「量子コンピュータ入門」日本評論社である程度勉強したものの、最近流行の量子アニーリングについては、この本には紹介がなく、ウェブでみつけた西森秀稔氏の量子アニーリングの英語の論文を読んで分かったようなつもりになっていたからである。

すなわち、あくまでも分かったようなつもりだけで、実はさっぱりわかっていないので、何かよい入門書を求めていた、という次第である。

この本は、2015年12月8日の、NASA、USRA、グーグルのD-Wave運用テストに関する記者会見の内容から始まった。そこで、彼らは、「D-Waveの量子コンピュータは、従来のコンピュータより一億倍速い。」と言ったそうなのだが、私はつい、「一億倍」に反応した。そして以下のように読み替えてしまった。

従来のコンピュータのユーザーには酷な知らせだと思うが、個人的にも一億倍速いと思っている。
従来のコンピュータが時代遅れになるかどうか知らないけど、俺は二度と使う気がしない。

量子コンピュータの本を読んでいても、三浦事件のことを思い出すのだから、よほど印象が強烈だったらしい。

戻って、この本に従い私なりに要約してみると、ここで従来のコンピュータというとき、普通のコンピュータのことを指し、とりあえず量子ゲート型のコンピュータのことではない。ただ、量子ゲート型のコンピュータは原理的には確立しているものの、実際に使うのはいろいろ課題があって、まだまだ実用的でない。

一方、D-Waveはというと、複数の量子ビットをもち、極低温で動作するチップを用意し、横磁場をかけることで量子ゆらぎを与える。そして複数の量子ビット間の相互作用を予めプログラミングしておくと、量子ビット間の相互作用に従って決まる最適な状態に落ち着く。その際、量子力学の原理によって、量子トンネル効果が起き、多様な状態をとりえる。

このような仕組みは、統計力学のイジング・モデルに従うものであり、組み合わせ最適化問題を解くのに使える。典型的な組み合わせ最適化問題として例えば巡回セールスマンの問題があり、最適化問題として定式化できる事例は多い。

量子ゲート型のコンピュータは最適化問題を解くのには向かないが、整数の素因数分解などを計算することには適合する。

2011年にD-Waveは2011年には16個の量子ビット、2013年に512個の16個の量子ビットを実現した。

なお、同様の動作は従来のコンピュータでは、シミュレーテッド・アニーリングと呼ばれるアルゴリズムで、ソフトウェア的に実現されていたが、解の収束が遅く、また解の正確性が十分ではなかった。D-Waveは、計算のためのアニーリングをハードウェア的に実現したのだった。

D-Waveの実際の動作では、数マイクロ秒で一回の計算とし、それを複数回行うようにしている。

ただ、D-Waveで量子ビット同士を結ぶ結線をキメグラフと呼ぶが、するとキメグラフで結ばれていない量子ビット同士には相互作用を設定できないという限界がある。

これに対処するために、グーグルなどキメグラフをもたない量子アニーリングのマシンを研究している。

ところで、最適化問題をどう量子ビットの間の相互作用としてプログラミングするかは結構難しく、そのため、1Qbitという会社が専用のソフトウェアを開発している。

グーグルには量子人工知能研究所があり、キメグラフをもたない量子アニーリングのマシンの他、量子ゲート型のコンピュータも研究している。解ける問題のタイプが違うからである。

なお、量子アニーリングのマシンは、最適化問題を量子ビットの間の相互作用として設定することにより解くだけでなく、答えが分っている場合に、どのように量子ビットの間の相互作用を決めればよいかという機械学習の問題にも応用できる。

以上、粗くメモしただけであり、私の知識不足もあって間違えたことを書いてしまっているかもしれないが、今後勉強しながら修正していきたい。

加藤一二三九段の引退ということで、ふと将棋の昭和の定跡に思いを巡らせていたら、急に昭和の小説が読みたくなった。

太宰治だって、川端康成だって、昭和の小説といえば定義的にそうだが、私の場合は昭和の小説といえば断然、松本清張で、積読しておいた「三面記事の男と女」角川文庫を読み始めた。

「三面記事の男と女」は短編集で、普通は短編集の全体の題名は、収められている作品の中の典型的な作品の題名を使うのであるが、この場合とくに「三面記事の男と女」という短編があるわけではなく、「たづたづし」、「危険な斜面」、「記念に」、「不在宴会」、「密宗律仙教」の五篇からなる。

「たづたづし」は、「夕闇は路たづたづし月待ちて 行かせわが背子その間にも見む」という万葉の歌だそうで、要するに、昔の習慣で、男が女に夜這いにきたのだが、帰り道がまだ暗くて心細いので、あなた、月が出るのを待ってお帰りなさいよ、その間はあなたのそばにいます、という意味らしい。

すなわち、この小説の主人公はエリートの経歴で、霞が関の官庁の課長に昇進したのをきっかけに浮気でもしてみようかと電車の中で魅力的な女性を見染め、声をかけて付き合い始めた。そしたら、その女性は郊外の一軒屋に住んでいるらしくて、それこそ男が夜這いのように夜訪れたりしたので、この歌の趣旨になったらしい。

そうやって高級役人の男がアバンチュールを愉しんでいたら、女がふと告白した。すなわち、女には夫がいて、いま刑務所に入っており、もうすぐ出所するのだという。

それで、もう女と縁を切るしかないかと思ったら、女は別れたくないので、二人で逃げたいという。そんな、前科のある男から逃げ切れるわけがないと思っても、女は離してくれない。

これはもう強引な手段で女と手を切るよりないと男が策略を巡らしたのだが、思わぬ展開になったのだった。

「危険な斜面」は、昔読んだことがあるかもしれないが、ストーリーはすっかり忘れている。この小説の主人公は、ある大企業の課長の男。あるきっかけで、その大企業のワンマン・オーナーの妾と仲良くなった。その妾のコネでワンマン・オーナーに働きかけてもらうことで部長にまで昇進したのだが、妾が男にぞっこんとなり、妾の地位を捨てて、一緒に暮らしたいという。そんなことしたら、ワンマン・オーナーが激怒して、会社の地位も家庭もふっとんでしまう。それで男は妾を密かに始末することになった。ところが、妾には片想いの若い男がいて、いろいろ調べまわるので、次第に男の様子がばれてくるのだった。

「記念に」は、離婚歴のある年上の女と付き合って、熟女の魅力で付き合っている若い男の話。そうはいっても、男は次第に女のことが負担になってくるし、肉親は早くきちんと結婚しろよ、そんな女とは別れろよ、しつこくいってくる。しかし、他に彼女はいないし、女がよく尽くしてくれるので、ついずるずる関係を続けている。

そんなとき、男にいい縁談が持ち込まれ、ついに婚約した。それを女に話したら、ああらよかったわ、と手放して喜んでくれたのだが。

「不在宴会」は、地方に視察にいった中央官庁の役人が、視察先の工場で宴会を用意してもらったものの、じつは、密かに女性同伴で、夜二人で泊まるので、宴会は欠席にして、一応出席してことにしてくれ、と妙なお願いをした。ところが、欠席なのに出たことにした宴会が後で問題になって、男は次第に追い込まれるのだった。高級官僚なのに、なぜか抜けている。

「密宗律仙教」は、印刷屋の渡り職人をしていた男が、一念発起して高野山で修行して新興宗教を起こす話。新興宗教の教祖といっても、男は異様に好色で、密教の中の理趣経を男女交合的に解釈し直して、女性をたぶらかし、信者とした。そうやって女性の家庭からお金を巻き上げていたのだが、それでもお金に困り、次第に教祖が追い詰められるという話なのだが、オーム真理教のような闇に満ちたものではなくて、あまり手が込んでいない教祖なのだった。

こうして久々に松本清張を読んだのだが、ちょっとストーリーがベタかな、と感じつつ、独特の読みやすい文体を堪能したのだった。また、ときどき垣間見える松本清張の文学や歴史の教養も味があっていい。流石昭和の代表的な作家のひとりの作品である。

大きい数

user-pic
0

多倍長計算をしていると、必然的に1000桁や10000桁の整数も平気で扱うことになるが、そんな数が現実的に使われるというシーンはまずありえない。国家予算だって1016以下であり、1050程度で宇宙全体の分子の数に匹敵する。

それでも、もっと大きい数を、と希求されるのは、素数の分野である。それは、世界最大の素数 で述べたとおりである。

今のところ、274207281-1が人類に知られている最大の素数らしいが、どうして大きい素数が2n-1のかたちのメルセンヌ数なのだろうと考えてみると、メルセンヌ数の場合、Lucas-Lehmer判定法が使えて、これがコンピュータの計算には便利だからなのであった。

すなわち、274207281-1は22338618桁なので、それより大きい任意の整数を乱数的に生成させて、それの素数性を判定すればよさそうなものであるが、そういう任意の大きい整数に対しては、計算合理的な素数判定が適用しにくいということだろう。

侵略の構造の続きであるが、くだんの棋士たちは依然として好調である。

まず、久保九段はB級1組で、あと一局を残して、A級への復帰を決めてしまった。

千田六段は、棋王戦のタイトルに挑戦し、渡辺棋王と接戦を戦っている。

渡辺竜王はというと、シレッとブログを再開した。そして平気で以下のようにブログに書いている。

私に対して厳しい意見があるのは重々承知していますが、そもそも「剥奪でも構わない」という意思はないし、そんな言葉は使っていません。発言された方のせいにしたくなかったので、10月からずっと否定せずにいましたが、最近になって思い切って聞いてみました。

「10月からずっと否定せずにいましたが、」ってどういうこと? 誤解を招くなら、10月の段階で即、きっちり否定しなくては。ここまで否定しないなら、それは同意しているのと同じである。歌の文句にも、♪いつまで待っても来ぬ人と、死んだ人とは同じこと♪とある。どうみても誠意が足りない。というか、誠意という単語は彼の辞書にないのではないだろうか。

そしてハッシーである。NHK杯戦で深浦九段と対戦して、終盤必敗の形勢かと思ったら、意外に難解だったか、深浦九段の一手の緩手に乗じて、一気に深浦玉を即詰みに討ち取ってしまった。

次のNHK杯戦の相手は久保九段。なんとなく、棋王戦の渡辺対千田的である。ここでもハッシーは終盤、どうみてもはっきり負けになったと思ったら、久保九段が楽観したのか、はっと気づくと久保九段が敗勢になっていた。

次はB級1組のハッシーの相手は、強豪、木村八段。これもなまくら四つみたいなはっきりしない指し方だったが、終盤ははっきりハッシーが優勢になっていた。

この三局をみて、ハッシーの念力、というと言い過ぎだろうか。しかし、私の知るかぎり、ハッシーが本格的な筋のよい将棋というのは誰も否定しないだろうが、あまり逆転が多い将棋ではない。むしろ、ちょっと淡泊なところがあって、不利になったらあっさり土俵を割っていたのではないだろうか。

そこで私は、「悪手は、とがめないと好手になる。」という将棋の格言を思い出した。渡辺、久保、橋本、千田が昨年の10月に採った行動が、少なくとも将棋連盟にとって悪手であったことは誰も否定しないだろう。しかし、今に至るまで悪手はとがめられておらず、よってハッシーは自らの悪手から力をもらっている、ということになる。それが道理から外れていることは誰の目にも明らかである。

さて、将棋連盟はいつ、だれの目からみても妥当な状態に落ち着くのだろうか。それとも、どさくさに紛れて、いまの状態を既成の事実として確定させてしまうのだろうか、玉の早逃げ、八手の得、とばかりに。

♪どこまで続くぬかるみぞ、三日二夜を食もなく♪

井伊直虎

user-pic
0

私は歴史一般に知識も興味も乏しいが、それでも、日本史と世界史とを比べると、まだしも世界史の知識のほうがましだろう。相当に一応であるが、大学入試の社会の選択は世界史だった。

それでも、明治以降の日本の戦史に関してはそこそこ本を読んだので、そこだけはなんとか日本人の平均レベルかとおもっている。それ以前となると、せいぜいが司馬遼太郎の小説を何冊か読んだだけだったりして、かなり貧困である。

そんな司馬遼太郎の小説のうち、「城塞」だったか、大阪城の落城と豊臣家の崩壊を描いた小説をとくに興味をもって読んだ記憶がある。そのなかで、真田幸村が寡兵よく獅子奮迅の戦いで徳川方を苦しめたシーンが印象的だった。

私は基本的にNHKの大河ドラマはあまり観ないのだが、そんな印象が残っているので、昨年の「真田丸」は毎週、面白く観た。その興味をそのまま次に始まった「井伊直虎」に持ち越して観ると、これもなかなか面白い。すっかり俄か時代劇ファンになったかのようである。

なにしろ井伊直虎は女ながらに領主だというのだから、ハプスブルグ王朝のマリア・テレジアみたいな人なのかと想像した。そこで、ストーリーの進行を待ちきれなくなり、何か井伊直虎に関する小説を読んでみようとアマゾンで検索してみた。そして結局、高殿円「剣と紅」文春文庫を買ってよみ始めてみると、これが思いの外、力作でついストーリーに引き込まれた。そこで、なんとかあまり長くならないように留意しながら、要約してみる。

さて、徳川時代に四天王とも呼ばれた井伊家は、遠州井伊谷の名門で、井伊直平には直宗、南渓、直満、直義、直元という息子があった。南渓は息子の中で一番の度量に富んでいたがなぜか出家して禅僧になった。しかし、南渓は井伊家を巡る攻防でキーパーソンであり続ける。

直平が老齢になったので一線から引き、長男の直宗が井伊家の当主になった。井伊家は名門とはいえ、勢力を拡大した今川に対抗できず、今川の属国状態だった。そんな今川から出陣の下知が出ると井伊家はノーといえず、直宗が出陣し、結局討ち死にしてしまった。

そこで直宗の息子の直盛が井伊家の当主を継いだ。すると、そのうち直盛の跡取りも考えなくてはならないが、あいにく直盛には娘しかなく、なんとか娘を然るべき男と結婚させて、当主の候補を用意しなくては、というのが直満だけでなく井伊家の意図であった。そして直盛の娘、香こそ後の直虎だった。一方、香には許婚がおり、それが直満の息子、亀之丞で、のちの井伊直親である。

ところが井伊家の問題は、家臣の小野政直の存在である。小野政直は、今川とのコネを太くして、駿府との間を何度も行き来し、今川義元の下知を取り付けて、井伊家を恣にコントロールしようとする。なので、井伊家のほぼ全員から嫌われ、恨まれる存在だったが、今川の後ろ盾があるので表だって反抗できず、みんな切歯扼腕だったが、どうしようない。一歩間違えると、井伊家は今川に取り潰されてしまう。

そんなとき、井伊家に大事件が起きた。駿府に出かけた直満と直義が、駿府の今川の城で死に追いやられたのである。じつは武田信玄によって今川に追い出された、信玄の父、信虎が、家臣に、無断で井伊の地を支配させていた。これを知った直平は、直満と直義と、信虎らの家臣を討伐する計画をたてていた。これを知った小野政直は、直満と直義が今川に対する謀反を企んでいると、今川方に讒言した。そこで今川義元は、直満と直義を駿府に呼び出し、追求して生害に追い込んだのだった。

それを知った井伊家の全員が激怒し、たちまち小野政直の仕業と見抜いた。そして、気の荒い直平は、政直を叩き斬るといきまいたが、そんなことをしたらいよいよ井伊家はとり潰しになるので周囲は懸命に押しとどめた。

それから追加の下知が今川義元から来た。それはなんと、直満の息子の亀之丞を亡き者にすることと、小野政直の息子の政次を香と許婚にするように、とのものだった。

そこで当主の直盛は、南渓と相談して、南渓の知り合いの信州伊那谷に亀之丞を逃がした。小野政直が手配した追手から逃れる懸命の逃避行だった。

香は逃げられず、政次と婚約せざるをえない事態が近づいた。意外にも香は政次が嫌いではなかった。しかし、どうしても結婚してはならないという胸騒ぎがした。懸命に苦慮した香は思案の挙句、突然断髪し、出家することにした。

この奇抜な行動に井伊家も小野家もびっくりしたが、香の独特のキャラや、狡知に長けた南渓の策略でなんとか乗り切った。

亀之丞は、伊那谷にいる間に、きぬという大変美しい神官の娘と深い仲になり、息子まで生まれた。しかし、いつかは井伊谷に帰る予定の亀之丞は、きぬと一緒になるわけにはいかなかった。

そんな亀之丞に井伊谷に帰るチャンスが訪れた。井伊谷に武田の軍勢が攻め寄せてくるという情報がもたらされ、騒然となった。そのどさくさに紛れて亀之丞はなんとか井伊谷に逃げ帰り、亀之丞が去ったあと、伊那谷は焼野原になった。しかし、きぬは避難してなんとか生き延びた。

亀之丞が戻ったあと、当主の直盛は、亀之丞を養子にして、直親と改名し、跡継に据えた。もともとは香と夫婦になるはずだったが、時代は変わり、直盛は、奥山朝利の次女、日夜と結婚し、念願の息子、虎松をえた。直親を慕って伊那谷から井伊谷にやってきたきぬは、虎松の乳母となった。

そんな頃、今川は、織田征伐に兵を出すことになり、井伊からは、直盛を含む、主だった武将が動員された。直盛は今川の本隊に組み込まれた。ところがである、今川軍が桶狭間に差し掛かったとき、織田軍の奇襲を受け、今川義元とその側近、井伊直盛など多くの今川軍のメンバーが戦死した。

当主を失った井伊家は大変意気消沈したが、ともかくも直親を当主として出直すことになった。まだ若い直親を、南渓、奥山朝利などが懸命に支援した。

一方、義元を失った今川は、息子の氏真が継いだが、氏真が当主の器量がなく今川は混乱を極めてきた。そんな様子をみていた直親は、密かに徳川と通じて、同盟を結ぶことを探った。ところが、その様子を察知した小野政直は、今川に密告し、直親を謀殺した。さらには虎松を殺すようにとの下知が今川から出されるに及び、香と南渓は、懸命の計略により、虎松を、徳川に嫁入りした親戚に預けた。

さて、小野家は政直から政次の代になり、父にも優る謀略家の政次は、奥山家に対する待ち伏せ攻撃などにより、政敵を駆逐していった。

武将を務められる人材の不足に苦しむ井伊家は、苦肉の策で、祐圓尼として出家している香が、女ながら、井伊家の当主である地頭職に就き、直虎と名乗った。虎松の養母となった。

当主となった直虎は、南渓などの親戚をサポートを受けながら、獅子奮迅の努力で、井伊家とその領地を収めた。また、徳川家康の正室である瀬名姫が井伊谷出身であることから、親戚関係を駆使して、直虎は、虎松が、徳川家の小姓として取り立てられることを可能にした。なんとか細い攻めを繋げたのである。

しかし、直虎の力もそこまでだった。小野但馬守政次の暗躍で、井伊は今川に領地を召し上げられ、直虎は地頭職を追われ、ついに井伊家は消滅した。井伊谷は、小野但馬守政次が領主となった。

こうして徳川、武田、今川という三大勢力のパワーバランスに、井伊は生き残れなかった。まさに、ポーランド状態である。

そして、今川は徳川と戦争になり、井伊谷に徳川軍が侵攻してきた。その徳川軍に小野但馬守政次らは壊走し、結局捉えられて息子共々刑死した。

徳川の後、今度は武田が井伊谷に侵攻してきて、井伊谷はペンペン草が生えないくらい荒廃した。ほどなくして武田軍は信玄の病死で勢力を弱め、今川も次第に弱体化してきて、徳川が三河や駿府に対する支配権を強めた。

一方、徳川家では、虎松は家康に気に入られ、万千代という名前を与えれ、長篠の合戦に小姓として従軍し、その後の武勲により二万石の大名となり、井伊家譜代の家臣の中野越後守直之、奥山六左衛門が奉公するようになった。この様子を知って直虎こと香は、自分の意図が達成され、思い残すことはないと思った。

さて、香の壮年は激動の時期だったが、晩年は穏やかな日々だった。それでも、既に徳川譜代の有力大名になっていた万千代、こと井伊直政に相談して、小野政次の弟の息子たちの奉公を頼んだりした。小野家は、井伊家にあって獅子中の虫のように井伊家に仇名し、ほとんどの井伊の家臣に蛇蝎のごとく嫌われたが、不思議に香は小野政次に恨みを抱かなかった。

香は、44歳のとき、母安佐を亡くし、その頃から体調を崩してほぼ寝たきりになった。そして、織田信長が明智光秀に本能寺で討たれた年、47歳で亡くなった。生涯一度も結婚せず、子も産まなかった。少し早いように思われるが、井伊家を絶やさぬための努力のため根が尽きてしまったのだろうか。

例えば、学校や受験勉強などで、○○はもうだいたいマスターしたので、次に△△をやっている、みたいな言い方をする。○○を将棋の初段とすると、△△は将棋の二段のようなものである。

そして段位というものは基本的に下がることはないので、よほどの必要に駆られないかぎり、遡って初歩から努力し直すことはまずない。

ところが、歳のせいか、あるいは単にコンピュータで仮名漢字変換で文章を書いているせいか、さいきんとみに漢字が手書きできなくなった。べつに仮名漢字変換があるから書けなくていい、読めればいいという意見もあるかもしれない。

また、たまたま何かのお金の額を計算しようとして、手許に電卓がなかったので、仕方なく紙に筆算してみたら、まあなんと小学校レベルの三桁同士の掛け算の筆算ができなくなっていた。できないというか、計算が面倒で途中でうんざりしてしまったのである。それも、電卓やパソコン・ソフトを使えばいいという意見もあるかもしれない。

しかし、今更に書いたように、プリミティブなスキルの重要性に目覚めた私は、漢字に関してはまず、小学校レベルの漢字のドリルを解いてみた。すると、あらまあ、書けない漢字がぞろぞろある。それでがっかりしながら、紙に何度も漢字を書く練習をした。

また、筆算についても、簡単な問題を作って、計算してみた。そして、電卓で検算してみたら、あらまあ結構な確率で計算間違いする。それで、これもがっかりしながら、何問も筆算問題を解いてみた。

じつは、そんなことしてなんになるのかと自分でも怪訝だったが、しばらくたって効果があった。まず、漢字の書き取りであるが、不思議に以前よりも、本を読んで、以前より内容がよく理解できるようになった。

また、筆算問題を解くうちに、今まで手に負えなくて読み飛ばしていた数学セミナーの記事が、理解できるとはいわないが、じっくり考え込むことができるようになった。それで、なるほど、といくつか式の変形の過程が認識できたりした。

そして、スキルの系統発生という言葉に想到した。どういうことかというと、人間は朝起きたら、初歩的なスキルから始めて、次第に高度なスキルを脳内のキャッシュのようなことろからロードしなくてはならない。そのとき、あるスキルが不十分だと、スキルの系統発生、あるいはスキルのブートストラップが止まってしまう。すると、そのスキルについて不十分なまま過ごさなくてはならない。

上記の漢字の書き取りや筆算の練習はおそらく、スキルのブートストラップを促す。そして、練習したスキルが初歩的であっても、より高度にところまでブートストラップできるようになる。

こういう現実があるので、将棋のプロは、簡単な詰将棋を解く訓練を欠かさない。簡単であれば却って、ブランクがあくと能力の低下が大きい。

要するに、スキルの個体発生は、系統発生を繰り返すのである。そう書いてしまうと却って、何がいいたいのかわからくなってしまうが。

私はときどき散歩がてら、座間神社に参拝する。すると行程で右手に自衛隊の基地があり、入り口付近に警備の人が立っていて、通りがかると律義に挨拶してくるので、無愛想で不躾な私も仕方なく挨拶を返す。

実はその自衛隊の基地には昔、陸軍士官学校があった。陸軍士官学校といえば、大阪から東京に出てきて入社した会社の上司が元陸軍士官学校出身の少尉で、部門で飲み会があると必ず戦争で南方に行った話をするのだった。それで私が軍歌を歌うと、おお、いいぞと喜んでくれるのだが、調子に乗って別の軍歌も歌っていると、馬鹿野郎、それは海軍だ、と叱られたものである。

そういう記憶があるので、私はいかなる意味でもミリオタではないが、引っ越した地元に陸軍士官学校があったという事実を何かとうれしく思ったものである。そういう思いでいたら、読売新聞に、陸軍士官学校に関する短い記事があったので、私なりにまとめてみる。

1937年9月、陸軍の幹部養成校がこの地に移転してきて、約8年間に亘り、多くの若者が軍事を学び、やがて戦地で散っていった。その敷地は500ヘクタール以上で、校舎だけでなく、大講堂、馬場、剣術場、皇族用の宿舎などがあった。ある記録によると、卒業生は18,476人だという。陸軍兵士の数からいくとかなり少数で、陸軍士官学校の卒業生が相当なエリートであったことがわかる。

陸軍士官学校があった一帯は、昭和天皇が、陸軍士官学校の卒業式の際、「相武台」と名付け、これがそのまま現在に至るまでの地名となった。そこで学校側は、記念碑にふさわしい巨石を2年くらいかけて探し、「相武臺」と名付けて学校のシンボルとして大切にされた。

1945年に戦争が敗色濃厚になってくると、学校関係者は、記念碑が連合国によって破壊されるのを懼れて、地中に埋めた。戦後米軍はこれを掘り出して、元の位置に設置した。米軍はまた、陸軍士官学校の建物を接収して使用した。その生徒集会所は改修しつついまでも米軍が使用している。

陸軍士官学校の敷地内には、天皇陛下用の防空壕もあったが、その存在自体、生徒たちにも秘密にされていた。

戦況が悪化して、東京や横浜に対する爆撃が盛んになった1945年6月、陸軍士官学校は、長野県佐久市に移転し、その地で終焉を迎えた。移転した理由は、米軍の本土上陸作戦で、相模湾の上陸作戦の可能性が高まったので、難を逃れたのだった。

このため多くの備品が相武台から佐久市に運ばれ、比較的近年まで、陸軍士官学校の校長机が、長野県立望月高校の校長用机として使用されていたという。

こういう背景を知ると、座間神社参拝が少しだけ楽しくなる、というものである。

私は、自分が老人の入り口に立っていることを意識していて、老人としての先達の、五木寛之氏、曽野綾子氏、外山滋比古氏などの著書を参考にしてきた。それであくまでも主観であるが、私には外山滋比古氏の著書がいちばんしっくりくるというか、参考になるような気がした。

その乗りで、書店で渡部昇一氏の「実践快老生活」PHP新書を見かけたとき、即買って読み始めた。すると、昔読んだ「知的生活の方法」からの方針を継承しているので、あまり違和感なく読み始めることができた。とはいえ、「知的生活の方法」とは少しずつ変化している点があり、場合により違和感を感じる箇所もあった。

まず、夏目漱石の小説であるが、渡部氏は、昔感心した漱石の小説を読み返してみると、むしろ違和感を感じる、という。ううん、漱石の小説って、歳をとりすぎると違和感を感じるようなものなんだろうか、私にはわからない、とちょっと考えてしまった。むしろ、文学初心者の私は、最近ようやく漱石が面白くなってきたところで、このあたりは人生経験の違いとしかいえない。

ただ、私として心強いのは、85歳になっても渡部氏がむしろ記憶力を強化していることで、ああ訓練すれば維持できるんだと、うれしくなった。

あと、渡部氏が古典を読むことを勧めているのは納得なのだが、そこで文系の古典は古びないけれども理系は先端のところで古びるのではと仰っているが、それもかなり場合による。例えば、古典統計力学のボルツマンの理論は、深層学習にも採用されており、量子力学のエンタングルはまだ全く説明がついていない。また典型的には数論がある。なので、理系でも有意義な古典というのがかなりありえる。

ところで、私が最大に疑問に感じるのは、渡部氏が老人の一番の幸福を、家族、すなわち妻、子、孫などにおいていることである。それは渡部氏がそういう家族に恵まれているから当然といえばそうなんだろうけど、世の中をみていると、いろいろな事情があって結婚していない人、結婚したけど離婚してしまった人、配偶者などが早目に亡くなってしまった人、子供がうまれない人などいろいろいらっしゃって、そこを基準にすると、ある人達は、そんなありきたりの幸福はないものと思うしかなくなってしまう。

「知的生活の方法」はそのあたりニュートラルで、結婚することもさまざまな是非があり、孤独で知的に生きる生き方も是認されていたような気がする。そこが変節といえば変節だが、まあ仕方ないか。

あと、渡部氏について驚くのは、77歳のときに2億円のローンを組んで家を建て直し、書庫を充実させたということで、それは沢山本を書いているからできることで、普通の年金生活だと2億円のローンなんて、よほどの財産がなければ確実に暴挙である。

それ以外は「知的生活の方法」とほぼ同じであるが、クリエイティブに生きる細かい工夫という意味で、どうしても外山滋比古氏の著書に比べて粗いというか、やや自画自賛的になっているのを感じる。

まあでも、多少自画自賛というか我儘でも、自分にあった生き方をすればいいではないではないかと緩くアドバイスしてくれているような気もするので、そんなに悪い本でもないと思い直したりした次第である。

外資系で、豊洲の事業所に勤務していた頃である。朝早く会社に着いて、ついトイレで小用を足していると、掃除のおばさんが掃除にやってきた。だいたい、用を足しているとき掃除に来られるとあまりうれしくない。なのに、なにかのきっかけで、その掃除のおばさんと雑談してなぜか話が弾んでしまった。

それで、朝トイレで掃除のおばさんと2分くらい話すのを私はとても楽しみにするようになった。向こうもそうらしくて、たまたま休暇をとって休んだ日の次の日に会社いくと、掃除のおばさんが、あら昨日は休みだったのね、と少し寂しそうにいう。

こう書くと、いかにも何かの艶聞のように勘違いしてもらえるかもしれないが、そんなわけでは全くなくて、こんな私でも、年齢に関係なく話が弾む女性がいる、というだけの話なのだった。強いていうと、そのおばさんは、私の故郷の島の雰囲気があって、懐かしさを漂わせていた。なので、会社をリストラになったとき、掃除のおばさんになんの挨拶もなく去ってしまったのをとてももうしわけなく思っている。

なぜこんなことを今更思い出したかというと、私はWindows Updateについてに書いたようにWindows Updateフリークなのであって、最初は面倒で嫌だった月一度のWindows Updateが最近ではすっかり楽しみになったからである。だとしても、Windows Updateを掃除のおばさんとの会話に喩えるのはまあ、いかにも変ではあるが。

そんな私は流石に、Windows Updateが毎月第2水曜日だと知っていて、なので今月は、2月8日に、こんちわ、Windows Update来てますよね、とPC上で打診しに行った。すると空を切ったので、あれっ、と思ってWindows Updateのスケジュールをウェブで確認すると、今月は2月15日らしい。そこで2月15日の朝改めてWindows Updateを打診したが、やはりなにも来ない。

そこで、さらにウェブ検索すると、どうもマイクロソフトの方で2月15日用のWindows Updateのモジュールにバグがあり、このまま導入すると悪影響があるので導入するのを見送ることにしたらしい。

へぇ、そんなことがあるんだ。今までもWindows Updateを実行してしまうと、パソコンの調子が却って悪くなったという話を聞いたことがあるが、マイクロソフトの方でWindows Updateそのものを見送っただなんて、初めて聞いた。

ただ、Windowsのコードが枯れてきたのか、あるいは単にマイクロソフトが疲れてきたのか、最近ではWindows Updateはすっかり小ぶりになっていたのは確かである。

大丈夫か、マイクロソフト。なんかグーグルに押されているぞ、ずっと前からであるが。

私は新聞の書評などをよく眺めるのだが、そこで養老孟司さんが、森田真生という人の「数学する身体」新潮社をとても肯定的に紹介していたので、一数楽者として興味をもった。私にとってあまり本質的でないが、小林秀雄賞ももらっているという。そこで早速、「数学する身体」をアマゾンで注文して、読み始めた。

すると、「数学する身体」は、そのタイトルどおり、数字を指で数えることと関連付け、さらには考えるハードウェアとしての脳ももちだして数学の基礎としようとする。たしかにそういうアプローチはあるというか、普通だと思うのだけれども、それなら、身体だけでなく土木の測量にも言及してほしかった。すくなくとも身体に関わっているかぎり、ピタゴラスの定理はでてこないはずである。

あと、こういう帰納的に数学を基礎づけようとする試みは、心理学などでもそうかもしれなくて、世間に受け入れられているのかもしれないが、生粋の?プラトニストを自称する私にはやや不満である。すなわち、イデアの世界というか、数学的概念が乱舞する仮想的な世界が宇宙に埋め込まれていて、そこと交信するのが数学的思惟だとおもっている私にとって、身体というか肉体は、確かにこの世にあって、イデアの世界からの射影をうけとる媒体であるのだが、所詮媒体というか数学でいうところの媒介変数であって、恣意性の高いものであるというのが私の意見である。

そういう違和感をもちつつ読んでいたら、この本の記述は俄かに身体からテイクオフして、数学史の記述に入った。私の数学史の知識は粗いので、なるほどそうだったのかと感心する点もいくつかあったのだが、大枠は私の既知の範囲だった。なぜここで数学史の話がてできたのかとかんがえてみると、どうも計算の概念、アルゴリズムの概念、そして計算する機械、そして私がコンピュータと数学証明支援系として興味をもっている、コンピュータによる数学の世界につなげられ、うれしくなった。

ところが、そこで様々な議論が出てくるのかと思ったら、アラン・チューリングの話になった。私は、チューリングについても相当な感心をもち、もっと勉強したいとおもっているので、それも興味深かったが、ただ、現代のコンピュータはチューリングの考えたアイデアよりむしろ、フォン・ノイマンのそれに基づくものなので、一言でもフォン・ノイマンに言及すべきではないか、と思った次第である。

そこから急ハンドルを切ったように、記述は岡潔に移る。かなり木に竹を継いだような感触は否めないのだが、著者が相当に影響をうけた数学者だということらしい。じっさい私も岡潔のファンであり、岡潔文庫岡潔の広島事件などの記述もまとめてみたりした。

私は岡潔の偉大さをまだよく知らないので、それを垣間見ようとして、大沢健夫「岡潔 多変数関数論の建設」現代数学社を買い置いてあり、そのうち読もうと思っているのだが、岡潔に対する小さな不満は、68歳くらいで実質数学の研究を止め、ある意味文学的な著作に専念したことである。もしかして生涯を通じて徹底的に数学を考え抜いたので、グロタンディークのように燃え尽きてしまったのだろうか。現役性で言及した平松豊一さんは、思考のリソース配分により若いうちに燃え尽きることなく、80歳近くになっても、第一線の数学研究に取り組んでいるのだろうか、といろいろ考える。

おっと、「数学する身体」からつい離れてしまったが、森田真生さんに戻ると、現代数学の棘の途に入り込んで彷徨うためには、東大の中の東大のようなディシプリンが必要であるところ、それを経ないで数学の独立研究者として生きていくことの苦悩について最後の方で少し語られているが、もう少し具体的にその記述を展開してほしかった。

それはもしかして、最近の著作の「数学する人生」にあるのかと思ったら、これは岡潔に関する本らしい。ただ、これは岡潔に関する知られざる側面を描く著作らしくて、それはそれで面白いので是非ともそのうち読んでみよう。

拾った女

user-pic
0

ある日、例によって新聞の書籍広告欄を眺めていたら、チャールズ・ウィルフォード「拾った女」浜野アキオ訳、扶桑社ミステリー文庫というのが目に付いた。それで普通ならすぐにアマゾンで注文するのだが、急に気が変わって、行きつけの小田急相模原の新刊本屋まで歩くことにした。そうしないと私はつい、部屋にこもりがちになってしまう。

本屋に着いたら早速、本棚を探したが、どうしても目当ての本が見つからない。すると、本を並べている店員が目の前にいたので、予め書き留めておいたメモをみせた。それをみて、店員は流石プロで面倒がりもせず、レジの隣にあるパソコンで在庫を探してくれ、ありませんね、と応えてくれた。そこで一分くらい考えて、本を書店で注文することにした。アマゾンが普及してからもう10年くらい本屋で本を注文したことがなかったので、なんかてれくさい思いをしながら、指定された用紙に、本の書名、名前、住所、電話番号、メールアドレスを書き記した。10日くらいかかりますよ、と言っていたが、幸い、4日くらいで、本が届きました、とメールがきたので、そのメールを印刷して、書店に向かった。

そうやって多少手間をかけて手に入れた本は妙に存在感がある。なので、あまり間を置かないで早速読み始めた。

ストーリーは、第二次大戦が終わって何年かしかたっていない頃のサンフランシスコ、とあるカフェでハリー・ジョーダンという男が、調理係の仕事をしていた。すると、終店間際の時間に、女が入ってきて、コーヒーがほしいというので、早速淹れた。とても美しい女だったので、ハリーは気になった。ところが、コーヒーを飲み終わったとき女は、お金がないという。なんでも、酔っぱらって、財布を入れたバッグをどこかのロッカーに入れっぱなしだが、場所が思い出せないという。

それで、店が終わるとハリーは、女と一緒に外に出て、バッグを探してあげた。どうしてもみつからないので、ホテルを探して、女を部屋に入れ、ホテル代を払ってあげて、自分はアパートに戻った。下心がないわけではないが、ハリーはとても真面目な男で、決してホテルに女と安易に入ったりはしない。

それで、心残りはあったが、もうあの女と出会うこともないだろうとハリーは一旦は諦めた。ところが、次の日も例の女は、ハリーの店にやってきた。バッグが見つかったので、ハリーにお金を返したいのだという。女も意外に律義なのだった。それで店が終わると意気投合して、女と飲みに行った。女はアル中だったが、ハリーもアル中一歩手前だった。

飲んだあと、女は最早ホテルに泊まるお金もないので、ハリーのアパートに転げ込むことになった。ハリーはしばらく女気がない生活で、しかもこんな美しい女と同棲できるなんて、と有頂天になった。そして夢中で女と愛し合った。

一緒に暮らすようになって、二人は生い立ちを話し合った。女の名前はヘレン・メレディス、33歳。一応結婚しているが、夫とは10年も会っていない。人生で辛いことがあってすっかり酒浸りでアル中になってしまった。

ハリーは元々、美術学校で絵を勉強していた時期があり、兵役のときも、軍務で戦争絵を描いていた。戦後は美術学校の講師のようなこともやっていたのだが、自分の才能に絶望してサンフランシスコに流れてきて、カフェの店員で、なんの希望もない日々を送っていた。なので、ヘレンと暮らす日々はやっと人生に希望が見いだせたような気がした。

そうして夫婦のように暮らし、アパートの大家さんにもそのようにヘレンを紹介したのだが、ヘレンがなぜか、肖像画を描いてほしいと懇願してきた。絵のブランクが長いハリーは渋ったが、ヘレンの願いとあっては折れて、二人で画材を買い込んで、ついに肖像画をアパートの部屋に籠って描くことになった。

絵はいいのだが、ハリーはヘレンとの時間を大事にするために仕事を辞めてしまったため、また、画材に費用がかかったので、いよいよ生活が困窮してきた。それで仕方なくハリーは仕事を探しに出かけたのだが、出かけている間にアル中のヘレンが出かけて、大変困ったことをしでかすので、ハリーは頭を抱えた。すなわち、蜜月の日もわずかで、二人は次第に生きる希望を失っていった。

ここから次第に、この小説本来のノワールな深みに沈んでいくのだが、なんとこの小説は、ミステリー通でもある若島正推薦の作品でもあるのだった。若島氏は、この小説を「直球ど真ん中のノワールと見せかけて実は読者の手元で変化する曲球」と評するのだが、私は意外にも、山なりのスローボールのように思えた。すなわち、簡単に打てそうなのだが、計算されたスローボールで、ミートしにくくてなかなかヒットにならない。

それでいて、太宰治の「人間失格」、島田荘司の「異邦の騎士」、そして私の独身時代のデカダンスの経験(といっても大したことないか)などがわあっと思い出されて、さいごには、シャネル・ファイブの「稚内ブルース」までが頭の中で響く有様だった。

じつは私の鈍重なセンスではチャールズ・ウィルフォードの真価を垣間見たとさえいえない。とりあえず「マイアミ・ポリス」あたりを読んでみることにする。

前に作成した多倍長コードをもとに、コラッツの問題の多倍長版を書いてみた。下記にソースコードを示すのは、21000+1にコラッツの問題を適用するもので、数列の長さは、7248になる。

特に工夫はないが、一応ライブラリとして、よく使う関数を定義してみた。

それにしても、Wikiでは、コラッツの問題は、コンピュータを用いた計算により、5 × 260までには反例がないことが確かめられている、とあるのだが、どうしてそんなに小さい?数に留まっているのか、不思議である。

// MLA4.cpp

#include <stdio.h>

// サブルーチンの中からも見えるように大域変数にする
int n = 100000;
int *a_num;

int DISP(void); // 表示ルーチン
int MUL(int a); // 掛け算ルーチン
int DIV(int a); // 割り算ルーチン
int ADD(int a); // 加算ルーチン
int ISN(int a); // 数値判定ルーチン

int main()   {
int i,j,k;

a_num = new int[n];

// まず初期化
for ( i = 0; i < n; i++ )  {
   if ( i == 0 )   {
    a_num[i] = 1;
   } else          {
    a_num[i] = 0;	
   }
}

// 2の1000乗を計算
for ( k = 0; k < 1000; k++ )     {
 MUL(2);
}

ADD(1);  // 1を足す

DISP();

j = 1;
while ( ISN(1) != 1 )    { // 1になったら停止
 if (( a_num[0] % 2) == 0 )   {  // 偶数か
   DIV(2);   // 2で割る
 } else                       {  // そうでないなら
	MUL(3); ADD(1);    // 3倍して1を足す
 }
 printf("STEP %d: ---------------------------------------------------------\n",j++);
 DISP();
}

delete[] a_num;
return 1; 
}

int DISP(void)   {

int i;
int disp = 0;
int first = 1;

for ( i = n - 1; i >= 0; i-- )     {
 if ( a_num[i] != 0 )  disp = 1;
 if ( disp == 1 )     {
	if ( first == 1 )  {
		printf("%d",a_num[i]);
		first = 0;
    } else             {
		printf("%05d",a_num[i]);
	}
  }
}

printf("\n");	
return 1;
}

int MUL(int a)     {
int i,j;
	
  for ( i = 0; i < n; i++ )
   a_num[i] = (a * a_num[i]);  // a倍する
  // 桁揃え
  for ( j = 0; j < n - 1; j++ )  {
	a_num[j+1] += (a_num[j] / 100000); // 桁上がり
	a_num[j] = (a_num[j] % 100000);  // 10万進法	
  }	

return 1;

}

int DIV(int a)     {

int i,j;

   for ( i = n-1; i >= 0; i-- )     {
	 if ( i >= 1 )
	  a_num[i-1] += (a_num[i]%a)*100000;
	  a_num[i] = a_num[i]/a;   // aで割る
   }
  // 桁揃え
  for ( j = 0; j < n - 1; j++ )  {
	a_num[j+1] += (a_num[j] / 100000); // 桁上がり
	a_num[j] = (a_num[j] % 100000);  // 10万進法	
  }
 
 return a_num[0] % a;
}

int ADD(int a)      {
int j;

a_num[0] += a;

  // 桁揃え
  for ( j = 0; j < n - 1; j++ )  {
	a_num[j+1] += (a_num[j] / 100000); // 桁上がり
	a_num[j] = (a_num[j] % 100000);  // 10万進法	
  }	

return 1;
}

int ISN(int a)      {
int i;

for (i = n-1; i > 0; i-- )   {
  if ( a_num[i] != 0 ) return 0; 
}

 if ( a_num[0] == a ) return 1;
 else return 0;
 
}

漢和辞典

user-pic
0

最近の私は、初心に帰る一環で、国語辞典だの、四字熟語辞典など買い集めて、通勤電車の中で眺めている。国語辞典はもちろん自宅にあるのだが、サイズが大きいので通勤鞄に入れるのには向かず、わざわざハンディなものを買い直したりしている。

ハンディな国語辞典といっても馬鹿にならない。大学を卒業してサラリーマンになったとき、私は講談社の文庫本サイズの国語辞典を買い、暇さえあればそれを引くようにした。すると、ついには国語辞典がボロボロになってしまった。それで将棋でいえば、香一本くらい国語力が上がったような気がした。しかし、そのあとフォローしなかったので、いま程度の文章力に留まっている。

そんな気持ちで初心を新たにして国語辞典を読んでいるのだが、一方で、どうも自分は漢字を知らないというか、自明なはずの漢字も書けなかったりする。それで、ハンディ漢和辞典も買おうと、アマゾンでいろいろ調べてみたのだが、漢和辞典を調べているはずなのになぜか、円満字二郎著、「漢和辞典に訊け!」ちくま文庫がヒットした。

よく考えたら私は、今まで何冊も漢和辞典を買ったはずだが、まともに引いた記憶がない。その理由は明らかで、私は漢和辞典の機能や引き方をほとんど知らないのだった。「漢和辞典に訊け!」にはそのあたりが説明されているらしい。これは「漢和辞典に訊け!」を買う一手だと即断し、アマゾンで注文し、届くと即読み始めた。

そしていきなり感心したのは、まず音訓索引を使って知っている漢字を調べてみましょう、とある。なるほど、と私は手許にある、鎌田正、米山寅太郎「新版 漢語林」大修館書店を開いた。

そしてさらにガイドとして嬉しいのは、音訓索引というけれども、音の方は同じ音の漢字が沢山あるので、なるべく訓で引きましょうという示唆である。いちいち納得。そして訓に拘ると、今度は同訓異義の世界がみえてくる。「新版 漢語林」には同訓異義一覧というページもあって、例えば「わらう」だと、呵、笑、嗤、哂、などがある。

音読みに戻ると、漢和辞典の個々の漢字に、呉音、漢音、あるいは唐音などの区別があり、それは中国から漢字が伝わった時代と地方の発音が示されている。恥ずかしい話だが、こんな話、還暦をすぎて初めて聞いた。例えば、脚という漢字は、呉音でカク、漢音はキャクだが、カクは脚気にしか使われない。だいたい呉音は医学用語でよく使われる。

あと、新字体と旧字体がある。例えば、芥川龍之介の龍は、新字体では竜だが、芥川竜之介では変である。しかし新字体しか使えない教科書では、芥川竜之介を使うという話があった。

また、新字体や旧字体の議論で、異字体というのもある。例えば、円という漢字は、圓の他、その口のところがムになっている異字体もある。すなわち、異字体といえばこれら三つはすべて異字体なのだが、当用漢字に認定されているのが新字体で、それ以前に正しいと認知さていたのが旧字体ということらしい。その他大勢が異字体。

このように、漢和辞典は多数の異字体を含み、それらの中にはコンピュータ用のフォントあるいは文字コードでカバーされていないものもあるので、漢和辞典の原稿の一部は必然的に手書きになるという。なんとも大変な世界である。

あと、漢字の成り立ちに関する基礎知識として、「象形」、「指事」、「会意」、「形声」という四つのパターンが説かれる。「象形」とは、山、月など絵文字に由来するもの、「指事」とは上、中、下のように抽象的な概念をあらわすもの、「会意」とは二つの漢字をくみあわせてつくられたもの、「形声」は発声をベースにつくられたものである。これ以外に「仮借」という当て字がある。これらの概念は、後漢時代の儒学者・文字学者である許慎によってつくられた。

また、読み方が分からない漢字を漢和辞典で引くには画数や部首に依存するよりないと、この本にあったが、画数は意外に自明でなく、部首も意外なところが部首だったりして難しかったりする。

さいごに、この本で、漢和辞典には『鉄道」も「試験」も「恋愛」も、熟語としてリストされていないと知って、とても意外だった。うむ、確かに手許の漢和辞典に載ってない。すると、漢和辞典はなんのためにある?という素朴な疑問はわく。

ともかく、折に触れて漢和辞典を読むことは、折に触れて国語辞典を読むよりも自明ではないが、なにほどか言語感覚を磨くには意味があると思われる。

私が勤務している職場では最近、ディスプレイを会社に買ってもらうのがはやっている。すなわち、仕事の能率を上げるため、もう一台のディスプレイを買って接続するか、大画面のディスプレイと交換するのだという。

そんな様子を私は横目でみて、何やってんの、と距離を置いていたら、先日上司がやってきて、ディスプレイがもう一台ほしくないかと私に聞くので、もう一台のディスプレイでどうやって仕事の能率上げるんですか、とつい聞き返してしまった。

するとそんな言い方をされるとは思っていなかったようで、ちょっと戸惑いながら、いや、一方のディスプレイにエクセルを表示し、もう一方にワードを表示して、見比べながら仕事をするんだという。

で、私も愛想がないなあと自分でも思うのだが、自分はツールで処理するので、ディスプレイは最低レベルのがあればいいんです、と言ってしまった。こうやってまた私はみんなに敬遠されるのだろう。

でも私はテキスティエなのであって、その矜持にかけて、仕事の能率をディスプレイに委ねるわけにはいかない。

なぜなら、すべての仕事の文章はまずテキスト・エディタで書き下す。あとは、PerlでもC++でも、なんでもいいのだが、エクセルに貼り付けるならcsvかtsvに変換し、ワードに貼り付けるならHTMLに変換する。

こういうやり方だと、テキストファイルをPerlなどで加工し終わった時点で勝負はついており、ディスプレイはそれをエクセルかワードに貼り付けたあと、ちらっと内容を確認するにすぎない。

そもそも私が以前いた外資系でも、会社から支給されたパソコンはノート型でディスプレイが15インチしかなかったので、能率が悪いとわざわざ大容量の外付けディプレイを買って付けていた人がいたが、そうやって能率が上がったのをみたことがない。私に言わせれば、たんに机の上がディスフレイで占有され、手狭になっていただけである。

私はディスフレイを置くスペースがあったら、辞書とか技術書とか仕事に役立ちそうなものを置く。そういうことを心の中で思うだけでなく口に出していうので、だから私は敬遠される。テキスティエは、ロンリー・ソルジャーなのであった。

昔から不思議だよなあと思うことの一つに、例のポルポトが暗殺も戦死も獄死もせず、いわゆる、きちんと畳の上で死んだことである。あれだけ極悪非道なことをして恨まれていたので、どこからか弾が飛んできて頭蓋骨を砕いていてもおかしくなかったはずである。なのに、きちんと普通に寿命を全うしたのはなぜなんだろうか。

そんなのたまたまだよ、地球上には沢山人がいるんだから、そういうことがあってもおかしくないだろ、と言われたらそうなんだけど、私は腑に落ちないで、地獄の高利貸から運を借りるルートがあるんじゃないの?みたいな、聞く人が呆れて、その後口を聞いてくれなくなるようなことも考えたりする。

というのは、また前に勤務していた外資系の話であるが、リストラ盛んな頃、何も悪いことをしなくても、ちょっと業績が上がらないとか、ちょっと上司に生意気な口を聞いたくらいでリストラの候補になるのに、どうみても明らかなインシデントを起こして、即クビになるはずなのに、上司のお目こぼしを得て、なにを間違ったか、最高の業績評価で昇給さえする、という人がいたりしたからである。

また、私の周囲に、経費削減か何か知らないが、それをやってはお終いだろう、というありえないことを提案した人がいた。それが優れた施策だと嘯いて、米国本社に提案したら、なんと、それはいいアイデアだと米国本社の某管理職も同意し、承認した。

その施策に納得がいかない私は、その後も周囲の冷たい視線に耐えながら、将棋の端攻めをする要領で搦め手から手を作っていたら、他部門の人が私の意見に同意してくれて、結局、巡り巡って施策に同意した管理職は、なんであんなことを承認したんだと非難され、管理職を降ろされて左遷され、それから頑張ってなんとか再び昇進の階段を上ろうとしたらしいが、結局力尽きて会社を辞めたらしい。

その元管理職は、私が会社を辞めたとき、なんかhappy retirementみたいなメールを私に送ってきたことがあった。そのとき私はむっとして、なにがhappyだ、うぜえよ、と思ったが、大人げないので、無視せず適当に返事しておいた。その元管理職が会社を辞めたことを聞いて、その意趣返しで、ご苦労様メールを出そうと思ったが、なんか品がないようで、止めた。

で、おかしいのは、その非難のもととなる提案をした本人が未だに安泰であることで、そりゃ形式的には承認した瞬間に責任が上司に行って、提案した本人が免責になるのかもしれないが、世間というのはそういうものでなく、最低限、ありえない提案した本人も、左遷でなくてはおかしい。

そしてこの構図は、将棋連盟の三浦事件と同型だと思った次第である。すなわち、三浦事件は、渡辺竜王らが三浦九段を誣告して、それを理事たちが追認したことで、三浦九段が理不尽な休場と、タイトル挑戦権剥奪となった。それは後に無実と分かったことで、一部の理事が責任をとって辞めたが、渡辺竜王たちは何もお咎めがないだけでなく、将棋連盟のホームページにも、アイドル・アイコンとして登場し、アンチ渡辺の将棋ファンをして顔をしかめさせている。私も食欲がなくなる、というか酒が不味くなるので、なるべくあれは見ないようにしている。

しかし、もしこのまま渡辺竜王になんのお咎めもなく、今後もタイトルを防衛して繁栄を続けるなら、私はそれを、ポルポトではないにしても、やはり地獄から幸運を借金しているというか、幸運の30年ローンを組んでいるとしか思えない。

かと思うと、三浦九段のように、特に非難されることをしたわけでもないのに、勝手に幸運を奪われてしまう人もいる。そうやって奪われた幸運は、上記の人達に振る舞われるのだろうか。無意味に幸運を奪われる、というのは、霊格が高いということなんだろうか、と、この世の隠れたパラメータについて、ついいろいろ考えてしまう今日この頃だった。

例によって新聞の書籍広告を眺めていたら、鈴峯紅也「サンパキータ」中公文庫が目に付いた。明らかに私がまだ読んだことがない作家だが、いかにもペンネームが格好いい。しかも警察小説らしい。そこで私は、「サンパキータ」でなく、鈴峯紅也の別の作品をアマゾンで探して、「警視庁公安J」中公文庫というのを注文し、着いたらしばらくして読み始めた。すると、なかなか意表の前提なのだった。

すなわち、「警視庁公安J」の主人公は、小日向純也。父はもともと国家公務員で、小日向和臣。母は元女優でトルコ人とのハーフ、香織。

純也が3歳のとき、父が外務省に出向し、一等書記官として一家でカタールに駐在した。ところが、純也が6歳のとき、湾岸協力会議の報復の同時多発テロに巻き込まれ、母が死亡、駐在武官の矢崎啓介が負傷、純也は爆発の衝撃で短期記憶喪失になり、その結果行方不明になった。

そして純也が10歳のとき、PKOでカンボジアに駐在していた自衛隊の矢崎啓介一等陸佐が純也を発見して日本に連れて帰った。行方不明の間、純也が何をしていたか不明だが、フランスの外人部隊と行動を共にし、戦闘行為をしていたらしい。しかもその外人部隊にいたダニエル・ガロアは、国際テロリストらしい。

そんな経緯で、日本に帰った純也は、まるでテロリストの仲間のように、警察の公安に監視され続けた。すなわち、純也はそういう監視の下で学校に通い、勉強ができたので東大法学部に進学し、卒業すると国家公務員I種に合格し、警察庁に入った。

実は純也の父の小日向和臣は現職の総理大臣であり、息子とはいえ何をしでかすか分からない純也を警戒して、決して要職には就けないようプレッシャをかけてきた。

また、純也が警察庁に入ったのは別の理由もあって、それは戦争行為のトラウマの結果PTSDになったあと、それを克服してPTGになったものの、常に闘っていないと精神状態の平安が保てなくなってしまったのだった。なので警官として現場で捜査したり、容疑者と戦うことが生きがいなのだった。

そこで総理大臣である父の小日向和臣に掛け合って、警視庁の公安部に、分室をつくつてもらい、そこの分室長となった。ここらあたり、SROの山根と似ていなくもない。

しかし、純也の部下は、昔から純也を行確してきた公安刑事の鳥居洋輔、猿丸俊彦、犬丸健二の三人なのだった。まるで桃太郎である。その三人の刑事は行確しているつもりが、逆に純也にすっかり行確されており、個人生活の窮状まですっかり見破られ、経済的支援を受けて助けられた。というのは、純也は、外人部隊で闘ったときの給料だけでなく、母の親戚が亡くなったことで株式の配当金がかなりあり、資産は半端ない額に達している。

こうして三人の部下を駆使して事件に当たるのが純也なのだった。ところがあるとき、純也のガールフレンド、木内夕佳が殺されるという事件があった。個人的にも怒りに駆られて、部下三人と事件に臨んだら、なんと天敬会という新興宗教と、「北」の謀略の絡む複雑な案件に絡み取られ、純也は上司の公安部長まで巻き込んで事件解決を図った。

という設定で、「北」の謀略が出てきた段階から、SROよりもむしろ、逢坂剛の百舌シリーズのような緊迫を呈してきて、最後まで面白く読めたのだった。

なのに、SROとも百舌シリーズとも違って、警視庁公安Jは単発なのだった。不思議である。

多倍長計算

user-pic
0

コンピュータはもともと、数字を計算する道具のはずだが、最近では、ゲームやメール、チャットなどに使われることが多く、計算といってもエクセルで経理計算するくらいだったりする。

しかし私がコンピュータを勉強し始めた一番の動機は、πなどの多倍長計算や、常微分方程式を解かせたりすることだった。それでマーチンの公式でπを10万桁まで計算するプログラムを書いたのはもう15年くらい前のことだが、そのとき計算を完了して、ウェブでπの値をダウンロードとして答え合わせしたら、8万桁台以降が間違えていて、目を皿のようにソースコードを調べたが、どうしてもバグが分らず、当時管理職だったこともあって忙しくてそのまま放置して、今に至ってしまった。

それで最近なぜか急に多倍長計算を再開しようと思い立ったのだが、いきなりπの計算は難しいので、肩慣らしとして、例えば31000のような計算をしてみることにした。

すると、比較的簡単にプログラムを書けたので、以下にソースコードを示す。ところで昔は、多倍長計算の計算のために、int N[1000];のように配列宣言していたのだが、すると、スタックに配列を積み上げることになるので、あまり大きい配列宣言を与えることができない。

それで、ウェブ上にあったC++の入門講座をみて、int *a_num;のように整数変数へのポインタを宣言し、a_num = new int[n];で、メモリ領域を確保することにした。こうすると、スタックでなくヒープに領域がとれるので、かなり大きい配列も確保できる。ここでnは、配列の大きさである。

ところで、C++の整数は4バイトなので、1つの整数で42億程度、符号付きなら21億程度の数まで表現できる。そこで、ちょっと贅沢な使い方だが、10万進法を採用することにした。こうすると、5桁ずつ区切れるので、なんとなく10進法とも馴染みがよいような気がする。

下記のソースコードでは、とりあえず100000個の整数配列を確保したので、50万桁まで表現できる。100000個の整数配列といっても、ヒープ上で占有するメモリはたった400Kバイトにすぎない。もし1億個の整数配列だとしても400MBなので、4GBのメモリを積んだ普通のパソコンでもなんとかなりそうである。それで5億桁の整数計算ができ、3の10億乗の計算が表現できることになる。ただ、10億乗のところでかなりコンピュータを走らせっぱなしにする必要があり、時間は相当かかる。まあそこはナイーブに累乗を計算するのでなくて、いろいろ工夫の余地がある。

ともかく、下記のプログラムでは、31000 =
132207081948080663689045525975214436596542203275214816766492036822682859734670
489954077831385060806196390977769687258235595095458210061891186534272525795367
402762022519832080387801477422896484127439040011758861804112894781562309443806
156617305408667449050617812548034440554705439703889581746536825491613622083026
856377858229022841639830788789691855640408489893760937324217184635993869551676
501894058810906042608967143886410281435038564874716583201061436613217310276890
2855220001と簡単に計算できる。

この程度の計算でも私は楽しくてたまらず、数字の列を眺めるだけで飽きないのだが、こういう楽しさというのはなかなか共有できる人がいなくてやや寂しかったりする。

// MLA1.cpp

#include <stdio.h>

int main()   {
int i,j,k;
int n = 100000;
int *a_num;
int disp = 0;  // 表示フラグ
int first = 1; // 桁先頭フラグ

a_num = new int[n];

// まず初期化
for ( i = 0; i < n; i++ )  {
   if ( i == 0 )   {
    a_num[i] = 1;
   } else          {
    a_num[i] = 0;	
   }
}

// 3の1000乗を計算
for ( k = 0; k < 1000; k++ )     {
  for ( i = 0; i < n; i++ )
   a_num[i] = (3 * a_num[i]);  // 3倍する
  // 桁揃え
  for ( j = 0; j < n - 1; j++ )  {
	a_num[j+1] += (a_num[j] / 100000); // 桁上がり
	a_num[j] = (a_num[j] % 100000);  // 10万進法	
  }
}

// 桁表示処理

for ( i = n - 1; i >= 0; i-- )     {
 if ( a_num[i] != 0 )  disp = 1;
 if ( disp == 1 )     {
	if ( first == 1 )  {
		printf("%d",a_num[i]);
		first = 0;
    } else             {
		printf("%05d",a_num[i]);
	}
  }
}

printf("\n");

delete[] a_num;
return 1; 
}

トランプ大統領が、難民や中東・アフリカからの入国禁止の大統領令を出したときは、なんたる暴挙と驚いたが、とりあえず連邦地裁で差し止められ、続いて連邦控訴裁も司法省の不服の提訴を退け、一応私は安堵した。朝日新聞ウェブの記事を引用する。

トランプ氏は4日朝、3日の地裁の決定についてツイッターで「法律執行を実質的に我が国から奪う、いわゆる裁判官の決定はばかばかしく、覆される」と発信。決定を出した裁判官に対し、正当性に疑問を投げかけた。
4日午後には「裁判官が国土安全のための入国禁止を止めることができ、悪意を持った人を含め、誰でも米国に入国できるようになるとは、どうなっているのか」と発信し、今度は司法が行政の決定を止めたことを問題とした。米国は憲法で三権分立を定めており、大統領が個別の裁判所の決定や判決を批判することはあっても、裁判官の資質を問題にしたり、司法と行政の関係を疑問視したりすることは極めて異例だ。

トランプ大統領を見ていると、私は外資系に勤務していたときの馬鹿な上司のことを思い出す。すなわち、日本のローカルな事情を全く考慮せず、エキセントリックな指示を繰り出して、私を含む部下をてんてこ舞いさせた。

あまりに馬鹿な指示で、ローカルの仕事のプロセスを破壊するので、私は部下に、あまり真面目にいうことを聞いてはいけない、と指示した。何かあったら、自分が責任をとる、と。

そしたら案の定、上司は真っ赤な顔をして、私を呼びつけ、自分の部屋のドアを閉め、厳しい調子で私を叱責するので、普段は弱気だが、開き直るとそれなりにタフな私も、流石に追い込まれた気持ちになった。それで仕方なく、指示に従うと約束した。

こう書くと、私がいつも上司に反抗してばっかりの反骨人間のように思われてしまうかもしれないが、その上司は米国で10人くらいの部下をもつ管理職をしていたとき、そのエキセントリックな性格により、部下全員から総スカンくらい、部下のいない専門職になって、窓際の日々だった。

ところが、よほど人材がいないのか、あるいは日本なんてどうでもいいのか、上位管理職がなぜかその人物を管理職として日本に差し向けたのだった。

で、トランプの入国禁止に戻って、やはり三権分立はいいよね、モンテスキューは偉いよねと思うのは、連邦地裁の一介の判事が、憲法に基づき、最高権力者であるトランプ大統領の命令を差し止めたことである。江戸の仇を長崎で、ではないが、10年前に外資系で酷い目にあった仇を少しだけとったような気になり、軽くガッツポーズした。

なにしろ会社組織というのは民主主義でも三権分立でもなく、馬鹿な上司の指示に反抗を貫くとリストラも覚悟しなくてはならないので、きちんと手続きに従い、理不尽な決定を却下できるというのは羨ましい。

とはいえ、民主主義でも三権分立でもないといっても、会社組織にもそれなりに安全弁が必要であり、その一つがやり過ごしである。それが利かなくなる組織というのは、エンジンオイルの切れた車のようにまずい。

そもそもが、トランプの入国禁止は、米国がいろいろな外国からの移民の才能でもっているという現実を忘れてしまっている。例えば、いろいろな先端技術や科学の英語の論文を眺めると、インド系、アラブ系、アジア系の名前で溢れており、いかにもアメリカ人ぽい名前をみつけること方が稀だったりする。

だから、グーグルもマイクロソフトも、トランプの入国禁止に反対である。外国からの優秀な移民の才能でそういう会社は保っている。

一方で、W.C. Skousenの"The Naked Capitalist"などを読んでみると、トランプの無茶な施策は、何かしら計画された愚かさのような気がしてならない。あまりにもわざとらしいのである。しかも、変な言い方だが、わざとらしさがわざとらしくて、おい、早く俺の裏の意図を読めよ、と言われているような気がする。喩えていえば、わざと馬脚がみえるように振る舞う9.11のようであるともいえる。

ということで、トランプの行状を静観しつつ、今後の帰趨を見極めたい。

「ウイルスは生きている」中屋敷均著、講談社現代新書を一応読んでから、いわゆるウイルス学の梗概のようなものも眺めておこうと思って、随分昔に買っておいた、野本明男・西山幸廣[編集]「ウイルス研究の現在と展望」、共立出版「蛋白質 核酸 酵素」 2007年8月号増刊号を読み始めて、その「序」の、「中心的、基本的な課題はいまなおウイルスの構造と増殖であり、ウイルス感染に対する細胞応答、宿主応答であろう。」という箇所まで読んだとき、ああ、「ウイルスは生きている」で重要なことを書きもらしていたな、と思い出し、「ウイルス研究の現在と展望」に入っていくまえに補足しておこうと思い立った。

それは、オープンソースの創始者の一人、エリック・レイモンドが提唱した「伽藍のバザール」という意味での、ウイルスのバザール性である。

私が以前勤務していた外資系企業は、おそらくproprietaryなソフトでデ・ファクトな圧倒的強みを構築してしまったマイクロソフトの一角を切り崩すため、オープンソースの概念を世間に広めようとしていた。それがどの程度成功したか評価は分かれるところだが、ともすれば以前勤務していた外資系企業に対して辛口の評価をしてしまう私からみても、まあ成功したとみてよいとおもう。ただ、その成功が限定的といわざるをえないのは、あえて英語でかくと、followed by consecutive massive layoffsだからなのであるが、いまはそのことにフォーカスするつもりはない。

さて、私が以前勤務していた外資系企業で、上記のような経緯から、メインの仕事の一つにオープンソースの観点でのソフトウェアのレビューがあった。すなわち、開発者がソフトウェアを書くとき、すべてのコードをスクラッチから書くということはほとんどなく、たいていの場合、既存のコードやライブラリを利用する。そこで問題は、既存のコードやライブラリにかなりの頻度でオープンソースが含まれており、もっというと、そのようなオープンソースには、典型的にはリチャード・ストールマン主催のフリーソフトウェア財団(Free Software Foundation)が策定したGPLという、複雑怪奇で面倒な契約条項がからんでおり、業界人は頭を悩まされることになった。

というのは、GPLは、そのコードを含む、あるいは静的リンクする全体のソフトウェアにGPLを適用することを要求するのであって、どういうことかというと、プログラムの実行、プログラムの動作を調べ、それを改変すること、複製物の再頒布、プログラムを改良し、改良を公衆にリリースする権利を留保しなくてはならないのだから、GPLのプログラムを有料で販売することは禁止されないものの、少なくともソフトウェアの独占性は散逸してしまう。なので、商用ソフトにオープンソースが入り込むことはなるべく避けなくてはならないのであって、オープンソースの観点でのソフトウェアのレビューも、そこのところを中心に行われた。オープンソースが入り込むことで、全体のソフトウェアにオープンソース契約条項が適用されることをviral effectと呼んだ。ここでウイルスが出てきたので、また病原体としてのウイルスに戻ることにする。なお、コンピュータ・ソフトにおけるviral effectは、コンピュータに感染して悪さするコンピュータ・ウイルスとは全く関係がない。

戻って、ウイルスのバザール性であるが、世界にはソフトウェアのオープンソースなんてめじゃない、膨大なウイルスと、ウイルスたちが生成したコードがひしめいている。めじゃないのは当たり前で、なにしろ数十億年の歴史がある。いや、地球外生命体に鑑みると、数十億年よりはるかに長い歴史なのかもしれないが、そんなのどんな想像も超える。

さて、不思議なことにウイルスたちが生成したコードは、RNAやDNAで書かれている。これ以外にもPNA(ぺプチド核酸)や、TNA(トレオース核酸)だの、ありえるらしいが、ウイルスの文脈では聞いたことがない。初期にはあったが、RNAやDNAとは互換性がなくて、駆逐されたのだろうか、コンピュータ・システムにおける、最早誰にも顧みられることがないレガシー・コードたちのように。

ともかく、単細胞生物であれ、多細胞生物であれ、この世に生きていると、膨大なウイルスのバザールに晒される。そして免疫を使っていくら頑張っても、感染は防げない。感染すると、ウイルスのコードの一部は核に入りこみ、宿主の遺伝子そのものを書き換える。

ウイルスの感染によって宿主は、例えばスペイン風邪のように、凄まじく死滅したりするが、ウイルスはそこまでやるつもりはなかったというか、宿主に全滅されては困るので、どこかでごめんと謝って、生き残った宿主は次第に寛解する。その被害に鑑みると、ごめんで済むかということになるが、将棋連盟の某棋士たちのように全く謝らないのよりはましである。

ウイルスに感染することが宿主にとって災難かというと、yes and noである。すなわち、ウイルスに感染するとゲノムにウイルスに由来する遺伝子が組み込まれ、「ウイルスは生きている」で述べたように、合胞体性栄養膜のような生命に極めて本質的な働きをするタンパク質が生成されたりする。

このような例をみると、ウイルスに感染するということは、Windows Updateのように、新規モジュールが追加されて、機能強化される面もある。これをさらに拡大すると、生命機能というのは、多くのウイルスたちをcontributorsとした、Linuxのようなオープンソースのオペレーティング・システムのようなものということになる。リーナスに当たるのが誰かは知らないが。

そしてもし、生命機能がウイルスたちの寄与によって大幅な影響を受けるとなると、ダーウィン的な適者生存のスキームは、フェイルしないまでも大幅に修正を迫られる。そもそも、適者生存というよりも、適者のもつ遺伝子コードが、GTA(gene transfer agent)のような仕組みで他の生物に伝達されるので、ちょっと今西錦司めいてくる。

いまふと思ったのだが、ノーベル化学賞で述べたDNA修復機構もウイルスのオープンソフトによる貢献なのだろうか。そんなOSのカーネルのような機能がまさかウイルスのオープンソフトなわけないだろうと思うのだが。しかし、DNA修復機構のようなコドンの誤り訂正処理は、いかにもウイルスの得意技である。

ということで、ウイルスのオープンソフト性を頭の片隅に置きながら、state-of-artであり且つconventionalな野本明男・西山幸廣[編集]「ウイルス研究の現在と展望」を読んでみることにする。

IBMの特許管理という記事を1年以上も前に書いて、特に誰からもコメントはないが、少なくとも「IBMの特許管理」とGoogle検索すると常に上位に出てくるので、それなりに記事としての希少価値はあるのだろうと勝手に自己満足している。

まず、日経BPのITProの下記の記事を引用する。

特許関連の情報サービスを手がける米IFI CLAIMS Patent Servicesは現地時間2017年1月6日、米特許商標局(USPTO)が発行した特許件数のランキングを発表した。2016年の米国特許取得件数は米IBMが最も多く、24年連続で首位の座を維持した。
2016年の米国特許発行件数は30万4126件で2015年と比べ約10%多く、1年間の発行件数として過去最多を記録した。
IBMが2016年に取得した特許は8088件で、前年の7355件を9.8%上回った。2位は韓国Samsung Electronicsの5518件(前年比8.8%増)、3位はキヤノンの3665件(同11.3%減)、4位は米Qualcommの2897件(同0.1%減)、5位は米Googleの2835件(同横ばい)と、トップ5の顔ぶれは前年と同じだった。

これに対して、IBMは米国特許No.1を維持する方針を全く変える気はないのだね、と私は苦笑するだけである。少なくとも私の辞書では、こういうのを「ぶれない」とは呼ばない。迷走と呼びたいところだが、流石に不適切か。2位のサムスンも、肉薄あるいは超えようと思えばできるけどそんな気はさらさらなく、はいはい、どうぞ勝手におやりください、と哂っているとしか思えない。

さて、IBMの、今世紀に入ってからの日本における公開件数を調べてみた。以下にグラフで示す。

このグラフからは、IBMの日本における公開件数、すなわち出願件数がここ数年急速に低下していることがみてとれる。多国籍企業たるIBMが、ここまで日本出願を減らしていいのだろうか。しかし、一方で、限られた予算の範囲で米国特許No.1を維持するためには、米国以外の出願を削って、米国出願に差し向ける必要があり、背に腹は代えられないのだろう。じっさい、IBMの著しい出願件数の減少傾向は、中国でも欧州でも窺える。欧州出願など、日本における数よりもさらにずっと少なくて、消え入りそうである。

それだけではない、たまたまIBMで去年日本で公開された出願のうち、日本優先権の出願をみてみたところ、1件を除き、他のすべてが、2014年12月31日以前出願のものだった。その1件も分割出願だったので、親出願は2014年12月31日以前出願である。出願から18ヶ月で公開になるという原則によれば、2015年1月1日から2015年6月30日までに出願された日本優先権の出願があれば、それは2016年中に日本で公開になるはずであるが、それが確認できないということは、2015年1月1日から2015年6月30日までに出願された日本優先権のIBM出願はない、ということになるが、半年も日本で出てきた発明を日本で出願しないというのは、日本でビジネスを進める上で相当考えにくい。

そういえば先日、中央線の電車内の動画広告で、IBMがIT技術を駆使して、ホンダのIoTを支援するという広告をみた。いかにもわざとらしいWatsonの広告よりも、こちらの方がずっと好感度がもてる。しかし、IoTというと旬な技術で、通信技術、セキュリティ技術、デバイス技術の粋で特許の宝庫なので、共同開発、あるいは技術支援するうちに出てきた発明を日本で特許出願しておかない、というのは考えにくい。すると2015年1月1日から2015年6月30日までの間はなにかの特殊な例外で、今では普通に日本出願するように戻ったのだろうか。それとも、ともかく米国の特許件数命なので、日本での活動を特許で保護するなんてどうでもよくて、日本で出てきた発明は米国では出願するが、日本では出願しないという方針なのだろうか。なんとなく後者っぽいのである。

いまでも年に何度か、IBMの知財管理のことを講演して回っている方がいらっしゃるようだが、このあたりどう説明し、あるいは説明しないで済んでいるのだろうか。

白蓮

user-pic
0

自分でもよく分からないのだが、私はあまり恋愛小説というのが好きではない。おそらく、数少ない恋愛経験で苦い思い出しかないからなのだろう。なのに、古書店で永畑道子「恋の華 白蓮事件」文春文庫をみかけたとき、なぜか惹かれるものを感じて、つい買った。

やはり案の定、「恋の華 白蓮事件」はしばらく積読状態におかれた。ところが、太宰治の情死事件のことで、山崎富栄に関する本を買うと、天邪鬼の気持ちが動き、山崎富栄でなく、白蓮の本を読み始めた。どうも自分の気持ちというのが把握できない。

「恋の華 白蓮事件」は、白蓮こと柳原燁子の人生で一番劇的な出奔事件から始まっているのだが、編集というほどでもないが、この本の内容に沿いつつも、私の方でクロノロジカルに配列して簡単にまとめてみる。

さて、燁子の母は、おりょうといった。父は幕臣の新見豊前守正興。母は大久保彦左衛門の家系。おりょうは三人姉妹の三女。長女は北海道に嫁に行き、次女はゑつ。

世が世ならゑつも、おりょうも幕臣の娘とて裕福な暮らしを享受できたはずだが、幕府が官軍に滅ぼされ、家は凋落し、ゑつと、おりょうは、柳橋の芸者となった。ゑつと、おりょうは、華やかな柳橋の世界でも、道行く人が振り向くほどの容姿に恵まれていた。

ゑつは、吉原の顔役のような人と結婚し、花柳界の総元締めのような立場になった。

一方のおりょうは、その美貌ゆえ、伊藤博文と、華族の柳原前光の両方から口説かれた。落籍して妾になることを請われたのである。ところが、新政府で飛ぶ鳥を落とす勢いの伊藤博文を、おりょうは断った。理由は明らかで、苟も幕臣の娘、薩長の者になんぞ身を任せるなどとんでもない。そこで、柳原前光に身を寄せた。

ところが、柳原前光には正妻の初子だけでなく、内妾の梅がいた。梅は天皇家から紹介された妾で、美人であるとともに、天皇家とのコネもあって、初子は梅に頭が上がらなかった。

そんなわけで、おりょうは、外妾として、柳原前光の屋敷の近くに住まいを与えられた。おりょうを寵愛する前光は、初子や梅が嫉妬するほど足繁くおりょうのところに通い、生まれたのが燁子だった。1885年のことである。

それをみて、梅は燁子を養子にしようとした。初子には一男一女があったが、梅はどうしても子供が産まれなかったからである。しかし、知略に富む初子は機先を制し、すかさず燁子が生まれてから7日目におりょうを引き取り、養子縁組した。

そして華族の習慣として、燁子は、前光の知り合いで品川の増山くにところに里親に出された。増山くにはたまたま女の子を産んだばかりで、乳が溢れており、燁子もその乳を飲むことができた。そして、7歳になるまで燁子は、増山家で庶民的ではあるが大事に育てられた。後年燁子は、その頃が一番幸せだったと回想することになる。

なお、おりょうは、燁子を引き離された哀しみもあったか、燁子と別れて三年後に病死した。幸せ薄い人生だった。

柳原家に戻された燁子は、小学校に数年通った段階で、北小路家に養子に出された。北小路家の長男の資武と結婚する準備である。ところが燁子は、資武が嫌いで仕方がなかった。資武は素行が悪すぎた。それでもともかく華族女学校に通い、16歳になったとき、無理やり資武と結婚させられた。

結婚というのは、あまり好きでなくても一緒に暮らしていれば次第に馴染むということもあるが、燁子の場合、余程資武が生理的に受け入れられなかったのだろう、毎日が地獄のような日々だった。それでも結婚の翌年、長男、功光が生まれた。子供ができても嫌な気持ちは改善されず、とうとう五年目に別れて実家に帰った。

帰ってきた燁子は、柳原家と北小路家の面子を潰したとして、初子の隠居所に幽閉され、鬱々とした日々を送った。そのとき、燁子のことを不憫に思う知り合いが、古典文学の本を沢山もってきてくれた。すると燁子は、憑かれたように次々と本を読み、古典文学の教養を身につけていった。この勉強が後年の歌人の基礎となった。また、辛い気持ちのときは読書に逃避するという習慣をこのとき身に着けた。

燁子は、24歳にして念願の東洋英和女学校に通うことができた。そこで佐佐木信綱と知り合い、竹柏会という歌会に参加して、本格的に短歌を学び始めた。後年師の佐佐木信綱から白蓮の号を与えられることになる。

東洋英和女学校は、学問好きな燁子にとってとても楽しい時だったが、そんな時は続かない。そもそも柳原家は、出戻り娘の燁子にいつまでも居座られることを歓迎せず、なんとか再婚させたいと画策した。そして選ばれた相手が、福岡の石炭王、伊藤伝右衛門だった。伊藤伝右衛門は資産百億円ともいわれ、大事業主で商才に恵まれていたが、貧しい家庭の出身でまともな教育を受けていなかった。そして教育がないことにコンプレックスを抱いていた。そんなところに、学問好きで華族である燁子が嫁に来てうまくいくとは考えにくい。伝右衛門も本当のところ、あまり気が進まなかったという話もあるが、一方で、華族という高い身分と、大正三美人の一人ともいわれる燁子の容姿に惹かれなかったといったら嘘になろう。

ともかく最初は、燁子もよい妻になろうと努力した。ただ、仕切りたがる勝気な燁子は、富豪とはいえ庶民的な伝右衛門の家庭を華族風に染めようとした。よかれと思ってのことだろうが、次第に周囲の者たちの心は離れていった。

一方、伝右衛門は亭主関白ぶりを発揮するというよりもむしろ、燁子の我儘を聞いたり、気を使ったりして、胃潰瘍になったらしい。その気を紛らすためか、一層花柳界で女性に傾倒した。もともと女好きである。

最初は燁子は、そんな伝右衛門と、夜の付き合いも合せようと努力したようなのだが、浮気が過ぎるのに次第についていけなくなり、次第に疎遠になっていった。それを補うように、燁子は、花柳界でよさそうな女性を見つけると、落籍させて伝右衛門の世話をさせた。妙なことをすると思われるが、それは華族の習慣でもあった。

それで日々鬱勃たる気持ちが溜まってくる燁子は、短歌に没頭した。また、伝右衛門との間が冷えているといっても実は燁子は恋多き女で、知り合った男たちに和歌を含む恋文を書いた。男たちも燁子に夢中になった。美貌も知性も溢れる燁子にとって、男を籠絡することなど、赤子の手を捻るようなものだった。

それでも、恋多き燁子が一線を超えなかったのは、伝右衛門の逆鱗に触れ、追い出されると生活に困るのでは、という不安があるからなのだった。

といいつつ、ブレークスルーは突然やってきた。東大生の宮崎竜介が、ある出版社から頼まれて燁子に原稿を依頼にやってきた。燁子は年下の竜介をみたとき、現代流にいうなら、ビビッときた、というのだろうか、一目ぼれした。ところが意外にも竜介の方は最初はあまり強い印象をもたなかったという。

しかし、燁子と手紙のやりとりをするうちに竜介も次第に燁子に心惹かれ、二人は伝右衛門に内緒で逢瀬を重ねるようになった。燁子は竜介に情熱的に愛され、36歳にして初めて女としての悦びをしった。そして竜介の子を身ごもった。

燁子は月のものが止まり、後戻りできないことを覚悟した。そして商用で伝右衛門と上京する機会を利用して出奔しようと決心した。竜介の父は社会革命家で有名な宮崎滔天。そんな父をみて育っているので、竜介は社会に掉さすようなことを敢行することにあまり抵抗がなかった。

東京で商用を終え、伝右衛門が九州に帰るとき、燁子はちょっと知り合いのところに寄ってから帰るので先に帰ってほしいと伝えた。伝右衛門はなんの疑いももたなかった。ところが、突然東京の朝日新聞に、燁子から伝右衛門への絶縁状が掲載された。伝右衛門は寝耳に水で真に驚いた。そしてもちろん世間は騒然となった。

燁子は歌集の出版などの文筆業の仕事を通じて、新聞社に知り合いがたくさんいた。燁子のために一肌脱ごうと思っている担当者を燁子は目ざとくマークしておいた。美人は得である。

東京の朝日新聞に特ダネを抜かれた、ライバルの大阪毎日は焦った。そこで、伝右衛門の反論の手記を掲載した。こうして燁子の出奔、すなわち白蓮事件は世間の一等の話題となった。

こんな様子を知って、伝右衛門の部下の荒くれ炭鉱夫たちはいきりたった。もともと任侠の気風の強い土地柄である。竜介と燁子をまとめてたたっ斬ってやりましょうかと伝右衛門の許に詰め寄ったが、伝右衛門は抑えた。かりにも世間で名が知れた大企業である。そんなことをされたら却って汚名を負う。しかし、当時は刑法に姦通罪があり、これは親告罪なので伝右衛門が訴える必要があるが、そうなれば竜介も燁子も投獄は必至である。普通はそれくらいのことはしそうなものである。

しかし、伝右衛門ははらわたが煮え返るような悔しさを抑えて沈黙を守った。それは、燁子の義兄で貴族院議員の柳原義光と伝右衛門との間の交渉があったせいだといわれている。流石に一流会社のオーナーの伝右衛門は、天皇家につながる華族に弓を引くようなことはできなかった。

が、柳原義光は義妹のスキャンダルに責任を感じて貴族院議員を辞した。義母の初子は、こうなるくらいならいっそ竜介と情死してくれた方がよっぽどましだったと激怒した。そして燁子を自らの避難所に幽閉した。燁子はもちろん竜介に会わせてもらえないだけではなく、折角出産した竜介との間の子、男の子で香織と名付けられた、も引き離され、会うことができなかった。

ところで、竜介の父の宮崎滔天も、息子が燁子と通じたことを喜ばなかったそうである。平等主義の社会運動家にとって、華族の嫁は歓迎すべき人ではない。

そうしていると、関東大震災がおき、建物が倒壊するなど大混乱になったが、とりあえず燁子は無事だった。その混乱に紛れて、宮崎家の使いがやってきて、燁子と香織を引き取っていった。流石、孫文達を支援して、辛亥革命を支えた革命家、こういうときの胆力というか行動力は抜群である。

こうして晴れて宮崎家に同居できたものの、滔天は亡くなり、大した財産はなく、剰え、竜介が結核で病にふせてしまい、燁子は困窮した。そこで救いだったのは、姑の槌子が度量の広い女傑で、家事と育児の面倒をみてくれるなど、理解と支援をしてくれたことである。そうしてともかく燁子は稼がなくてはならないので、売文業に専念した。平凡パンチの三島由紀夫で述べたように、三島由紀夫もある時期から売文に徹したが、燁子の方がより切実であった。なぜならほとんど財産がないところに多くの客人が押し寄せてきて、食わせなくてはならなかったからである。

燁子は、宮崎家にきて、民主化や社会活動にも関心をもつようになった。ときどき多くの人の前で演説したこともあった。

1928年には、竜介との間に長女、蕗苳子が産まれた。しかし、日中戦争がはじまり、弾圧が厳しくなると、燁子も、書き物や発言の内容に気をつけなくてはならなくなった。

日本が米国に宣戦布告することで太平洋戦争がはじまり、戦局が悪化したころ、早稲田の学生だった息子の香織が学徒出陣した。そして、香織は鹿児島の鹿屋特攻隊基地にいたところを空襲をうけて戦死してしまった。最愛の息子を失った燁子は底知れぬ悲嘆に暮れた。

それでも燁子は気を取り直して戦後、平和運動に参加し、世界連邦婦人部の中心的存在になった。

こうして活躍していた燁子だが、次第に弱ってきて、1967年2月22日に、竜介に看取られて亡くなった。享年81歳だった。竜介は、燁子の遺骨を、息子の香織の遺骨とともに、相模湖の裏の石老山にある顕鏡寺に納めた。ウェブの地図でみると確かに相模湖の東南に石老山があり、山奥の相模湖病院のそばに顕鏡寺がある。

じつは私は詩心も歌心もまったくないので、詩人にも歌人にもあまり興味がもてず、最初は、白蓮さんについては、いわゆる白蓮事件を中心に簡単なメモとしてブログを書くつもりであったが、こんなに長くなるとは、うたかたの記と同様、不思議である。なので私はときどき、ブログを自発的ではなく、どこからかの指示というか示唆で書かされている気になったりするのである。相模原市といってもここから決して近くないので、流石に相模湖の裏は関係ないとおもうけど。

ウイルスの起源で述べたように、「生命のからくり」中屋敷均著、講談社現代新書を読んで感銘したので、古書店で「ウイルスは生きている」中屋敷均著、講談社現代新書を見かけて、あまり迷わず買った。そして買って数週間で読み始めたのだが、これもなかなか気合いの入った好著なのだった。

この本はいきなり、合胞体性栄養膜の記述から始まる。聞いたことがない用語なのでなんだろうと思っていると、なんでも子宮内の胎児に母親の免疫システムが悪影響を及ぼさないようにする仕組みなのだという。なぜそれが必要なのかというと、例えば母親の血液型がA型で、胎児の血液型がB型ということはありえる。すると、B型の血液型が母親の免疫システムから攻撃を受けると胎児は生きていけないことになる。それを合胞体性栄養膜が護っているのだという。

そこにウイルスがどう関係するのかということなのだが、その膜の形成に必要なシンシチンというタンパク質が、ヒトゲノムに潜むウイルスに由来する遺伝子に依存するのだという。要するに、過去のある段階で、シンシチンというタンパク質をもつウイルスに感染しなかったら、ヒトは今と全く異なる胎児育成システムを構築しなくてはならなかったはずで、こんにちのような繁栄を享受できたかどうかわからない。

次の話題は、20世紀の初頭に、もしかして1億人以上の死者をもたらしたかもしれない、スペイン風邪である。これは、現代の科学者がウイルスの遺伝子を解明したところ、H1N1型の鳥インフルエンザだったらしい。このように鳥が罹るインフルエンザが人間に感染するようになることをホストジャンプと呼ぶ。

ホストジャンプが起きる理由は、ウイルスの遺伝子の急速な変異にある。ただ、なぜかウイルスの遺伝子は宿主に対する毒性を緩和する方向に向かうという。なぜなら、宿主をどんどん殺しては、ウイルスも増えることができないからである。

さて、ウイルスの発見者は複数いるが、著者がいうには、一番気合いが入っているウイルスの発見者は、マルティヌス・ベイエリングで、ものすごい集中力で濾過性病原体を発見し、それが細菌とは異なる病原体であることを突き止めた。

その後継の研究として、1936年にボーデンとピリエが、ウイルスが95%のタンパク質と5%のRNAから構成されていることを同定した。ところがウイルスは、純化するとタンパク質と核酸の結晶になってしまう、生きた宿主の体に入るとあたかも生命のように増殖して進化する、ということで、ウイルスが生物なのかどうか議論が分かれたが、いまの学会ではウイルスは生物ではない、とされる。

ところでウイルスは基本的にはキャプシドとエンベロープの組み合わせをもつ。キャプシドには核酸が含まれるが、バリエーションがあって、RNAだったりDNAだったり、一本鎖だったり二本鎖だったり、線状であったり環状であったりする。

またウイルスと似て非なるものに転移因子(トランスポゾン)があって、細胞内においてゲノム上の位置を転移する。ウイルスとトランスポゾンの違いは、エンベロープを作る機能を担うenvがあるかないか、である。

さらにキャプシドをもたないウイルスもある。

興味深いのは、ウイルスと宿主の共生であって、例えば、寄生バチと共生しているポリドナウイルスは、寄生バチの寄主の核にDNAを移行させ、寄主のゲノムDNAに入り込んでいく。それによって産生されるタンパク質は、寄生バチの卵に対する、寄主の免疫反応を抑制する。これは、ヒトゲノムに潜むウイルスに由来する遺伝子によって産生されるシンシチンによって、合胞体性栄養膜が形成されることに似ていなくもない。

ポリドナウイルスはさらに、寄主の変態も阻止する。寄生バチの卵が孵化して脱出するのを補助するためである。しかしポリドナウイルスは、文節ゲノムをもつものの、増殖する遺伝情報をもっていない。そこは寄生バチから供給されるタンパク質を利用している。

なお、上記の寄生バチの攻撃に対して、寄主も手を拱いていない。例えば、アブラムシを寄生バチから保護する働きをもつ、ハミルトネラという共生細菌がおり、ハミルトネラが出す毒素が寄生バチの卵を殺すのであるが、それはハミルトネラAPSEファージというウイルスに感染することによって産生される。

このほかにも、ヘルペスウイルスなど、感染によって宿主にメリットを与えるウイルスがいる。

また、ファージには、獲得免疫を運ぶものがいる。すなわち、ある細菌が薬剤耐性を獲得し、それにファージが感染して増殖し、他の細菌に感染すると、感染した細菌がやはり薬剤耐性を得たりする。

さらに、ファージに似たGTA(genom transfer agent)と呼ばれるものも知られている。これは細胞がもつ遺伝子を運び出して、他の生物に水平移行させる働きがある。すなわち遺伝子は、親から子に垂直に移行されるだけではない。

最後にウイルスのアウトソーシングの話題にも触れる。そもそも細菌であれば当然自前でATP合成酵素をもっているはずであるが、なんとATP合成酵素をもたず、宿主細胞に寄生して、必要な代謝物を宿主細胞から得ているファイトプラズマ・アステリスのような細菌もいる。

そうしてみると、宿主細胞に感染して、さまざまな機能をそこから借用して増殖するウイルスがなぜ生物であっていけないか、という議論にもなる。

ところで、生命と自由の文脈でウイルスが生命かどうか判断するためその要件を書きだしてみる。

  1. 非決定性
  2. 価値追求性(未来指向性)
  3. 実行能力
  4. 脱物質性(変化を通じて自己同一性)

すると、ウイルスも何か目的をもっているようなので、価値追求性(未来指向性)はいえるだろうか。あとは、どうもよく分からない。

これに答えるには明らかに私は勉強不足である。

レトロ

user-pic
0

私は未だにガラケーを使っていて、スマホを使いまわしている知り合いから馬鹿にされるどころか、まともに相手にされないレベルなのだが、年寄りの頑固なのか、別にそれでいいじゃん、と開き直ってあまり気にしない。ただ流石にいまのガラケーが壊れたら、仕方なくスマホにするかもしれないが、それでも、メールと電話くらいしか使わないかもしれない。

そういう方針はどうみても時代逆行というかレトロなのだが、私なりに言い分もあって、それは電車の中でも道端でも、ずっと憑かれたようにスマホを操作している人をみかけるにつれ、やりすぎでは、と思ってしまうからである。

私は特許調査という仕事柄もあるが、新技術や時代の流れの情報にそんなに疎い方ではないと自負している。なので、自宅でパソコンに向かっているときは、かなりな頻度でウェブ検索している。だからこそ、通勤時間など、パソコンを離れてまで、ウェブ検索しようとは思わない。

むしろその時間こそ、本を読んで、必要に応じてメモをとってじっくり考えたい。例えば私は、電車の中で、思いついてノートに数式を書きつけ、簡単な計算をしたりすることがあるが、そんなことがスマホで気軽にできるとは思えない。

電車の中で英語の雑誌を読むとき、以前は電子辞書を用いていたが、最近ではなぜか本の辞書に回帰した。本の辞書だと、引きたい単語の周囲の単語も目に入って、それをついでに読むのがなんとなく知的な気がする。

ただ、通勤鞄に大型の辞書を入れることは困難があるので、ポケットタイプの英和辞典を買った。三省堂でなかなかいいものがある。英和辞典を買ってみると、国語辞典もほしくなり、やはり三省堂の国語辞典を買った。恥ずかしながら、本を読んでいて知らない語彙に出会うことがそんなに少なくないからである。そもそも最近はどんどん簡単な漢字も書けなくなっているので、電車の中でノートに漢字の書き取り練習をしたりしている。

また、自分でもそこまでやるかと苦笑したことがある。それは、アマゾンでほとんどワンクリックで本が注文できるのに、あえて、自宅から歩いて20分くらいのところにある新刊書店でときどき本を注文するようにしたことである。すると、申込用紙に本の題名を書いたり、自分のメールアドレスや電話番号を記入してりしなくてはならなかったり、本を入手できるまで、一週間くらいかかったりする。そんなことして何が嬉しいのか自分でもわからないのだが、ともかくそうすると、嫌でも本屋に出向くし、ついでに他の本も眺める。出不精の私は、いろいろ外出する理由をつくらなくてはならない。

こうして私は、特にこの歳になると、レトロと最新技術の勉強のバランスをとらなくてはならないと正当化している。といいつつ、その最適な比率を私は知らない。気の向くままにやっているだけである。

クランⅣ

user-pic
0

新刊書店でたまたま沢村鐵の「クランⅣ」を見かけたとき、クランⅢを読んだのがいつだろうと記憶を辿って、ストーリーも思い出してみた。

そして、「クランⅢ」からどうストーリーが展開するのか興味をもって「クランⅣ」を読んでみることにした。すると小娘だと思っていた捜査支援センターの上郷奈津美が、AKB48風にいうなら、急にセンターを占めて、全体を仕切るのだった。そして、晴山、岩沢、綾織にそれぞれ指示を出した。

晴山への指示は、ある病院に行って精密検査を受け、「神」によって受けた処方の痕跡を探ることだった。

岩沢への指示は、渋谷をテリトリーとする足ヶ瀬巡査とともに渋谷を調べることだった。その調査のうちに、足ヶ瀬巡査の驚くべき出生が明らかになってきた。

綾織への指示は、洞泉鑑識課長を説得してクランの側に引き入れることだった。

しかしそうしている間も、クランの首魁?というべき千徳首席監査官と、FBI捜査官のダンカン・ワイズは行方不明なままである。

クランのメンバーの一人で公安に属する区界は、独自の人脈とスキルを駆使して、他のメンバーを後方から支援する黒幕を務めている。

そして次第に明らかになってきたのは、クランのコア・メンバーが、千徳、区界、上郷の三人であるということで、少なくともこの三人は、畳の上で死ねないことの覚悟はしている。

そんな上郷が、「神」をシミュレートし、「神」の神経を逆撫でするような行動を採った。果たして快挙なのか暴挙なのか。

そこでクランⅣは終わるのであるが、「神」の正体がおぼろげながら見えてきたので、今年の6月頃出るであろうクランⅤで完結すると思われる。

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。