クランⅣ

user-pic
0

新刊書店でたまたま沢村鐵の「クランⅣ」を見かけたとき、クランⅢを読んだのがいつだろうと記憶を辿って、ストーリーも思い出してみた。

そして、「クランⅢ」からどうストーリーが展開するのか興味をもって「クランⅣ」を読んでみることにした。すると小娘だと思っていた捜査支援センターの上郷奈津美が、AKB48風にいうなら、急にセンターを占めて、全体を仕切るのだった。そして、晴山、岩沢、綾織にそれぞれ指示を出した。

晴山への指示は、ある病院に行って精密検査を受け、「神」によって受けた処方の痕跡を探ることだった。

岩沢への指示は、渋谷をテリトリーとする足ヶ瀬巡査とともに渋谷を調べることだった。その調査のうちに、足ヶ瀬巡査の驚くべき出生が明らかになってきた。

綾織への指示は、洞泉鑑識課長を説得してクランの側に引き入れることだった。

しかしそうしている間も、クランの首魁?というべき千徳首席監査官と、FBI捜査官のダンカン・ワイズは行方不明なままである。

クランのメンバーの一人で公安に属する区界は、独自の人脈とスキルを駆使して、他のメンバーを後方から支援する黒幕を務めている。

そして次第に明らかになってきたのは、クランのコア・メンバーが、千徳、区界、上郷の三人であるということで、少なくともこの三人は、畳の上で死ねないことの覚悟はしている。

そんな上郷が、「神」をシミュレートし、「神」の神経を逆撫でするような行動を採った。果たして快挙なのか暴挙なのか。

そこでクランⅣは終わるのであるが、「神」の正体がおぼろげながら見えてきたので、今年の6月頃出るであろうクランⅤで完結すると思われる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4433

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年2月 1日 05:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロリータ」です。

次のブログ記事は「レトロ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。