引責のイミュニティ

user-pic
0

昔から不思議だよなあと思うことの一つに、例のポルポトが暗殺も戦死も獄死もせず、いわゆる、きちんと畳の上で死んだことである。あれだけ極悪非道なことをして恨まれていたので、どこからか弾が飛んできて頭蓋骨を砕いていてもおかしくなかったはずである。なのに、きちんと普通に寿命を全うしたのはなぜなんだろうか。

そんなのたまたまだよ、地球上には沢山人がいるんだから、そういうことがあってもおかしくないだろ、と言われたらそうなんだけど、私は腑に落ちないで、地獄の高利貸から運を借りるルートがあるんじゃないの?みたいな、聞く人が呆れて、その後口を聞いてくれなくなるようなことも考えたりする。

というのは、また前に勤務していた外資系の話であるが、リストラ盛んな頃、何も悪いことをしなくても、ちょっと業績が上がらないとか、ちょっと上司に生意気な口を聞いたくらいでリストラの候補になるのに、どうみても明らかなインシデントを起こして、即クビになるはずなのに、上司のお目こぼしを得て、なにを間違ったか、最高の業績評価で昇給さえする、という人がいたりしたからである。

また、私の周囲に、経費削減か何か知らないが、それをやってはお終いだろう、というありえないことを提案した人がいた。それが優れた施策だと嘯いて、米国本社に提案したら、なんと、それはいいアイデアだと米国本社の某管理職も同意し、承認した。

その施策に納得がいかない私は、その後も周囲の冷たい視線に耐えながら、将棋の端攻めをする要領で搦め手から手を作っていたら、他部門の人が私の意見に同意してくれて、結局、巡り巡って施策に同意した管理職は、なんであんなことを承認したんだと非難され、管理職を降ろされて左遷され、それから頑張ってなんとか再び昇進の階段を上ろうとしたらしいが、結局力尽きて会社を辞めたらしい。

その元管理職は、私が会社を辞めたとき、なんかhappy retirementみたいなメールを私に送ってきたことがあった。そのとき私はむっとして、なにがhappyだ、うぜえよ、と思ったが、大人げないので、無視せず適当に返事しておいた。その元管理職が会社を辞めたことを聞いて、その意趣返しで、ご苦労様メールを出そうと思ったが、なんか品がないようで、止めた。

で、おかしいのは、その非難のもととなる提案をした本人が未だに安泰であることで、そりゃ形式的には承認した瞬間に責任が上司に行って、提案した本人が免責になるのかもしれないが、世間というのはそういうものでなく、最低限、ありえない提案した本人も、左遷でなくてはおかしい。

そしてこの構図は、将棋連盟の三浦事件と同型だと思った次第である。すなわち、三浦事件は、渡辺竜王らが三浦九段を誣告して、それを理事たちが追認したことで、三浦九段が理不尽な休場と、タイトル挑戦権剥奪となった。それは後に無実と分かったことで、一部の理事が責任をとって辞めたが、渡辺竜王たちは何もお咎めがないだけでなく、将棋連盟のホームページにも、アイドル・アイコンとして登場し、アンチ渡辺の将棋ファンをして顔をしかめさせている。私も食欲がなくなる、というか酒が不味くなるので、なるべくあれは見ないようにしている。

しかし、もしこのまま渡辺竜王になんのお咎めもなく、今後もタイトルを防衛して繁栄を続けるなら、私はそれを、ポルポトではないにしても、やはり地獄から幸運を借金しているというか、幸運の30年ローンを組んでいるとしか思えない。

かと思うと、三浦九段のように、特に非難されることをしたわけでもないのに、勝手に幸運を奪われてしまう人もいる。そうやって奪われた幸運は、上記の人達に振る舞われるのだろうか。無意味に幸運を奪われる、というのは、霊格が高いということなんだろうか、と、この世の隠れたパラメータについて、ついいろいろ考えてしまう今日この頃だった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4442

コメント(7)

| コメントする

あやたろうさん
>地獄の高利貸から運を借りるルートがあるんじゃないの

運じゃなくて、ポルポトはもっと現実的に現世に保険をかけていたんです多分。
まず政敵を抹殺する。そして(理不尽に対してレジスタンスするはずの)インテリ階層を掃滅してしまったのです。
残されたのは傀儡と羊だけ。

かの有名な「カティンの森事件」ではスターリンがポーランドの軍人2万3千人を虐殺、その中に優秀な上級将校約5千人もいたことで本来は第二次世界大戦後のポーランドの戦後復興の担い手の
オピニオンリーダーになったはずの人材を根こそぎに近く抹殺しました。これは相当に意図的な虐殺だったわけです。

たとえば、空想ですが、戦後日本の独裁者的帝王となろうとした人物がいたとして、
太平洋戦争のどさくさを利用して、旧帝大生と旧制高等学校の学生全員を強制的に特攻隊員として戦死させちゃうという暴挙を犯す
というのと似たような戦略でしょうか。

大義名分を立てて暴挙を犯す・・・おや、今でもどっかの大統領がやってますよね。で、憎まれっ子は世にはばかるのであります。

user-pic

山椒魚さん

> 運じゃなくて、ポルポトはもっと現実的に現世に保険をかけていたんです多分。
> まず政敵を抹殺する。そして(理不尽に対してレジスタンスするはずの)インテリ階層を掃滅してしまったのです。
> 残されたのは傀儡と羊だけ。

ううん、そう説明して戴くと分るんですけど、でも、多少網目をくぐる人たちがいると思うんです。フランスに亡命するとか。そういう人が密かに集結して復讐を誓いそうなものですが、違うんですかね。

あやたろうさん
>そういう人が密かに集結して復讐を誓いそうなものですが、違う

ええ、長期的にはそういう展開になるとは思いますし
実際にクーデターで政権は壊滅したんですが、
それまでには非常に長期間、大量虐殺と暴政が継続しましたよね。
ただポルポトがベッドの上で大往生したかどうかは不明です。
一節によれば毒殺されたとか、最後の最後は結構みじめなだったらしいですよ。

user-pic

山椒魚さん

> ただポルポトがベッドの上で大往生したかどうかは不明です。
> 一節によれば毒殺されたとか、最後の最後は結構みじめなだったらしいですよ。

なるほど、まあそれくらいのことがないとおかしいです。もうちょっと早くそうなるべきでした。

user-pic

山椒魚さん、あやたろうさん

そんなこと言ったら、彼の「けざわ あずま」さん、
「かねなりせい」さんとか、「かねびはじめ」なんて、
大往生した上に、隣の2国では、
今でも崇拝の対象なんですけど・・・

user-pic

各位

「かねなりせい」さんではなく、「かねにちただし」さんでしたね。
済みません。

user-pic

南木さん、

> そんなこと言ったら、彼の「けざわ あずま」さん、

ああ、そうでした。ある意味、「けざわ あずま」に優る人はいませんね。

まあもっと北の国の、酢樽林さんも相当らしいですが。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年2月10日 05:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「警視庁公安J」です。

次のブログ記事は「テキスティエの矜持」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。