陸軍士官学校

user-pic
0

私はときどき散歩がてら、座間神社に参拝する。すると行程で右手に自衛隊の基地があり、入り口付近に警備の人が立っていて、通りがかると律義に挨拶してくるので、無愛想で不躾な私も仕方なく挨拶を返す。

実はその自衛隊の基地には昔、陸軍士官学校があった。陸軍士官学校といえば、大阪から東京に出てきて入社した会社の上司が元陸軍士官学校出身の少尉で、部門で飲み会があると必ず戦争で南方に行った話をするのだった。それで私が軍歌を歌うと、おお、いいぞと喜んでくれるのだが、調子に乗って別の軍歌も歌っていると、馬鹿野郎、それは海軍だ、と叱られたものである。

そういう記憶があるので、私はいかなる意味でもミリオタではないが、引っ越した地元に陸軍士官学校があったという事実を何かとうれしく思ったものである。そういう思いでいたら、読売新聞に、陸軍士官学校に関する短い記事があったので、私なりにまとめてみる。

1937年9月、陸軍の幹部養成校がこの地に移転してきて、約8年間に亘り、多くの若者が軍事を学び、やがて戦地で散っていった。その敷地は500ヘクタール以上で、校舎だけでなく、大講堂、馬場、剣術場、皇族用の宿舎などがあった。ある記録によると、卒業生は18,476人だという。陸軍兵士の数からいくとかなり少数で、陸軍士官学校の卒業生が相当なエリートであったことがわかる。

陸軍士官学校があった一帯は、昭和天皇が、陸軍士官学校の卒業式の際、「相武台」と名付け、これがそのまま現在に至るまでの地名となった。そこで学校側は、記念碑にふさわしい巨石を2年くらいかけて探し、「相武臺」と名付けて学校のシンボルとして大切にされた。

1945年に戦争が敗色濃厚になってくると、学校関係者は、記念碑が連合国によって破壊されるのを懼れて、地中に埋めた。戦後米軍はこれを掘り出して、元の位置に設置した。米軍はまた、陸軍士官学校の建物を接収して使用した。その生徒集会所は改修しつついまでも米軍が使用している。

陸軍士官学校の敷地内には、天皇陛下用の防空壕もあったが、その存在自体、生徒たちにも秘密にされていた。

戦況が悪化して、東京や横浜に対する爆撃が盛んになった1945年6月、陸軍士官学校は、長野県佐久市に移転し、その地で終焉を迎えた。移転した理由は、米軍の本土上陸作戦で、相模湾の上陸作戦の可能性が高まったので、難を逃れたのだった。

このため多くの備品が相武台から佐久市に運ばれ、比較的近年まで、陸軍士官学校の校長机が、長野県立望月高校の校長用机として使用されていたという。

こういう背景を知ると、座間神社参拝が少しだけ楽しくなる、というものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4450

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年2月18日 06:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実践快老生活」です。

次のブログ記事は「スキルの系統発生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。