井伊直虎

user-pic
0

私は歴史一般に知識も興味も乏しいが、それでも、日本史と世界史とを比べると、まだしも世界史の知識のほうがましだろう。相当に一応であるが、大学入試の社会の選択は世界史だった。

それでも、明治以降の日本の戦史に関してはそこそこ本を読んだので、そこだけはなんとか日本人の平均レベルかとおもっている。それ以前となると、せいぜいが司馬遼太郎の小説を何冊か読んだだけだったりして、かなり貧困である。

そんな司馬遼太郎の小説のうち、「城塞」だったか、大阪城の落城と豊臣家の崩壊を描いた小説をとくに興味をもって読んだ記憶がある。そのなかで、真田幸村が寡兵よく獅子奮迅の戦いで徳川方を苦しめたシーンが印象的だった。

私は基本的にNHKの大河ドラマはあまり観ないのだが、そんな印象が残っているので、昨年の「真田丸」は毎週、面白く観た。その興味をそのまま次に始まった「井伊直虎」に持ち越して観ると、これもなかなか面白い。すっかり俄か時代劇ファンになったかのようである。

なにしろ井伊直虎は女ながらに領主だというのだから、ハプスブルグ王朝のマリア・テレジアみたいな人なのかと想像した。そこで、ストーリーの進行を待ちきれなくなり、何か井伊直虎に関する小説を読んでみようとアマゾンで検索してみた。そして結局、高殿円「剣と紅」文春文庫を買ってよみ始めてみると、これが思いの外、力作でついストーリーに引き込まれた。そこで、なんとかあまり長くならないように留意しながら、要約してみる。

さて、徳川時代に四天王とも呼ばれた井伊家は、遠州井伊谷の名門で、井伊直平には直宗、南渓、直満、直義、直元という息子があった。南渓は息子の中で一番の度量に富んでいたがなぜか出家して禅僧になった。しかし、南渓は井伊家を巡る攻防でキーパーソンであり続ける。

直平が老齢になったので一線から引き、長男の直宗が井伊家の当主になった。井伊家は名門とはいえ、勢力を拡大した今川に対抗できず、今川の属国状態だった。そんな今川から出陣の下知が出ると井伊家はノーといえず、直宗が出陣し、結局討ち死にしてしまった。

そこで直宗の息子の直盛が井伊家の当主を継いだ。すると、そのうち直盛の跡取りも考えなくてはならないが、あいにく直盛には娘しかなく、なんとか娘を然るべき男と結婚させて、当主の候補を用意しなくては、というのが直満だけでなく井伊家の意図であった。そして直盛の娘、香こそ後の直虎だった。一方、香には許婚がおり、それが直満の息子、亀之丞で、のちの井伊直親である。

ところが井伊家の問題は、家臣の小野政直の存在である。小野政直は、今川とのコネを太くして、駿府との間を何度も行き来し、今川義元の下知を取り付けて、井伊家を恣にコントロールしようとする。なので、井伊家のほぼ全員から嫌われ、恨まれる存在だったが、今川の後ろ盾があるので表だって反抗できず、みんな切歯扼腕だったが、どうしようない。一歩間違えると、井伊家は今川に取り潰されてしまう。

そんなとき、井伊家に大事件が起きた。駿府に出かけた直満と直義が、駿府の今川の城で死に追いやられたのである。じつは武田信玄によって今川に追い出された、信玄の父、信虎が、家臣に、無断で井伊の地を支配させていた。これを知った直平は、直満と直義と、信虎らの家臣を討伐する計画をたてていた。これを知った小野政直は、直満と直義が今川に対する謀反を企んでいると、今川方に讒言した。そこで今川義元は、直満と直義を駿府に呼び出し、追求して生害に追い込んだのだった。

それを知った井伊家の全員が激怒し、たちまち小野政直の仕業と見抜いた。そして、気の荒い直平は、政直を叩き斬るといきまいたが、そんなことをしたらいよいよ井伊家はとり潰しになるので周囲は懸命に押しとどめた。

それから追加の下知が今川義元から来た。それはなんと、直満の息子の亀之丞を亡き者にすることと、小野政直の息子の政次を香と許婚にするように、とのものだった。

そこで当主の直盛は、南渓と相談して、南渓の知り合いの信州伊那谷に亀之丞を逃がした。小野政直が手配した追手から逃れる懸命の逃避行だった。

香は逃げられず、政次と婚約せざるをえない事態が近づいた。意外にも香は政次が嫌いではなかった。しかし、どうしても結婚してはならないという胸騒ぎがした。懸命に苦慮した香は思案の挙句、突然断髪し、出家することにした。

この奇抜な行動に井伊家も小野家もびっくりしたが、香の独特のキャラや、狡知に長けた南渓の策略でなんとか乗り切った。

亀之丞は、伊那谷にいる間に、きぬという大変美しい神官の娘と深い仲になり、息子まで生まれた。しかし、いつかは井伊谷に帰る予定の亀之丞は、きぬと一緒になるわけにはいかなかった。

そんな亀之丞に井伊谷に帰るチャンスが訪れた。井伊谷に武田の軍勢が攻め寄せてくるという情報がもたらされ、騒然となった。そのどさくさに紛れて亀之丞はなんとか井伊谷に逃げ帰り、亀之丞が去ったあと、伊那谷は焼野原になった。しかし、きぬは避難してなんとか生き延びた。

亀之丞が戻ったあと、当主の直盛は、亀之丞を養子にして、直親と改名し、跡継に据えた。もともとは香と夫婦になるはずだったが、時代は変わり、直盛は、奥山朝利の次女、日夜と結婚し、念願の息子、虎松をえた。直親を慕って伊那谷から井伊谷にやってきたきぬは、虎松の乳母となった。

そんな頃、今川は、織田征伐に兵を出すことになり、井伊からは、直盛を含む、主だった武将が動員された。直盛は今川の本隊に組み込まれた。ところがである、今川軍が桶狭間に差し掛かったとき、織田軍の奇襲を受け、今川義元とその側近、井伊直盛など多くの今川軍のメンバーが戦死した。

当主を失った井伊家は大変意気消沈したが、ともかくも直親を当主として出直すことになった。まだ若い直親を、南渓、奥山朝利などが懸命に支援した。

一方、義元を失った今川は、息子の氏真が継いだが、氏真が当主の器量がなく今川は混乱を極めてきた。そんな様子をみていた直親は、密かに徳川と通じて、同盟を結ぶことを探った。ところが、その様子を察知した小野政直は、今川に密告し、直親を謀殺した。さらには虎松を殺すようにとの下知が今川から出されるに及び、香と南渓は、懸命の計略により、虎松を、徳川に嫁入りした親戚に預けた。

さて、小野家は政直から政次の代になり、父にも優る謀略家の政次は、奥山家に対する待ち伏せ攻撃などにより、政敵を駆逐していった。

武将を務められる人材の不足に苦しむ井伊家は、苦肉の策で、祐圓尼として出家している香が、女ながら、井伊家の当主である地頭職に就き、直虎と名乗った。虎松の養母となった。

当主となった直虎は、南渓などの親戚をサポートを受けながら、獅子奮迅の努力で、井伊家とその領地を収めた。また、徳川家康の正室である瀬名姫が井伊谷出身であることから、親戚関係を駆使して、直虎は、虎松が、徳川家の小姓として取り立てられることを可能にした。なんとか細い攻めを繋げたのである。

しかし、直虎の力もそこまでだった。小野但馬守政次の暗躍で、井伊は今川に領地を召し上げられ、直虎は地頭職を追われ、ついに井伊家は消滅した。井伊谷は、小野但馬守政次が領主となった。

こうして徳川、武田、今川という三大勢力のパワーバランスに、井伊は生き残れなかった。まさに、ポーランド状態である。

そして、今川は徳川と戦争になり、井伊谷に徳川軍が侵攻してきた。その徳川軍に小野但馬守政次らは壊走し、結局捉えられて息子共々刑死した。

徳川の後、今度は武田が井伊谷に侵攻してきて、井伊谷はペンペン草が生えないくらい荒廃した。ほどなくして武田軍は信玄の病死で勢力を弱め、今川も次第に弱体化してきて、徳川が三河や駿府に対する支配権を強めた。

一方、徳川家では、虎松は家康に気に入られ、万千代という名前を与えれ、長篠の合戦に小姓として従軍し、その後の武勲により二万石の大名となり、井伊家譜代の家臣の中野越後守直之、奥山六左衛門が奉公するようになった。この様子を知って直虎こと香は、自分の意図が達成され、思い残すことはないと思った。

さて、香の壮年は激動の時期だったが、晩年は穏やかな日々だった。それでも、既に徳川譜代の有力大名になっていた万千代、こと井伊直政に相談して、小野政次の弟の息子たちの奉公を頼んだりした。小野家は、井伊家にあって獅子中の虫のように井伊家に仇名し、ほとんどの井伊の家臣に蛇蝎のごとく嫌われたが、不思議に香は小野政次に恨みを抱かなかった。

香は、44歳のとき、母安佐を亡くし、その頃から体調を崩してほぼ寝たきりになった。そして、織田信長が明智光秀に本能寺で討たれた年、47歳で亡くなった。生涯一度も結婚せず、子も産まなかった。少し早いように思われるが、井伊家を絶やさぬための努力のため根が尽きてしまったのだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4452

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年2月20日 05:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スキルの系統発生」です。

次のブログ記事は「ハッシーの念力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。