ハッシーの念力

user-pic
0

侵略の構造の続きであるが、くだんの棋士たちは依然として好調である。

まず、久保九段はB級1組で、あと一局を残して、A級への復帰を決めてしまった。

千田六段は、棋王戦のタイトルに挑戦し、渡辺棋王と接戦を戦っている。

渡辺竜王はというと、シレッとブログを再開した。そして平気で以下のようにブログに書いている。

私に対して厳しい意見があるのは重々承知していますが、そもそも「剥奪でも構わない」という意思はないし、そんな言葉は使っていません。発言された方のせいにしたくなかったので、10月からずっと否定せずにいましたが、最近になって思い切って聞いてみました。

「10月からずっと否定せずにいましたが、」ってどういうこと? 誤解を招くなら、10月の段階で即、きっちり否定しなくては。ここまで否定しないなら、それは同意しているのと同じである。歌の文句にも、♪いつまで待っても来ぬ人と、死んだ人とは同じこと♪とある。どうみても誠意が足りない。というか、誠意という単語は彼の辞書にないのではないだろうか。

そしてハッシーである。NHK杯戦で深浦九段と対戦して、終盤必敗の形勢かと思ったら、意外に難解だったか、深浦九段の一手の緩手に乗じて、一気に深浦玉を即詰みに討ち取ってしまった。

次のNHK杯戦の相手は久保九段。なんとなく、棋王戦の渡辺対千田的である。ここでもハッシーは終盤、どうみてもはっきり負けになったと思ったら、久保九段が楽観したのか、はっと気づくと久保九段が敗勢になっていた。

次はB級1組のハッシーの相手は、強豪、木村八段。これもなまくら四つみたいなはっきりしない指し方だったが、終盤ははっきりハッシーが優勢になっていた。

この三局をみて、ハッシーの念力、というと言い過ぎだろうか。しかし、私の知るかぎり、ハッシーが本格的な筋のよい将棋というのは誰も否定しないだろうが、あまり逆転が多い将棋ではない。むしろ、ちょっと淡泊なところがあって、不利になったらあっさり土俵を割っていたのではないだろうか。

そこで私は、「悪手は、とがめないと好手になる。」という将棋の格言を思い出した。渡辺、久保、橋本、千田が昨年の10月に採った行動が、少なくとも将棋連盟にとって悪手であったことは誰も否定しないだろう。しかし、今に至るまで悪手はとがめられておらず、よってハッシーは自らの悪手から力をもらっている、ということになる。それが道理から外れていることは誰の目にも明らかである。

さて、将棋連盟はいつ、だれの目からみても妥当な状態に落ち着くのだろうか。それとも、どさくさに紛れて、いまの状態を既成の事実として確定させてしまうのだろうか、玉の早逃げ、八手の得、とばかりに。

♪どこまで続くぬかるみぞ、三日二夜を食もなく♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4453

コメント(3)

| コメントする
user-pic

 こんばんは。ハッシーの念力恐るべしですね。(笑)
この間、谷川兄の署名活動に署名したほか、田丸九段のブログに書き込みをしました。
しかも2度も書き込んでしまいました。(爆) 
山椒魚さんの名前での投稿もありましたが、たぶん山椒魚さんだろうと(笑)
今後、解任も除名も謹慎もない結果に終わるとするなら想像以上に腐った組織ですね。
構うのも鬱陶しいので、そろそろ囲碁の世界に転居しようかなと思う今日この頃です。


 

ねずげんたさん
>たぶん山椒魚さんだろうと

うっそおお~?いくら準高齢者で万年二日酔いだろうと
自分が投稿したかしないかくらいはまだ認知できると思っていましたが。

その投稿者は私ではありません。
でも偶然ペンネームが同名なのか?
まあ、ちょいと違うけどまったく異論ではないし。

不思議なことがあるものですね。

user-pic

ねずげんたさん

> こんばんは。ハッシーの念力恐るべしですね。(笑)

そうなんですよ。テレビを観ていて、なにか悪い霊が憑いているのではないか(笑)と思えるくらい鬼気迫ってました。

> 今後、解任も除名も謹慎もない結果に終わるとするなら想像以上に腐った組織ですね。

おそらく、そうなるんだと思います。スポンサーのいうことを聞いていれば、ファンなんて無視しても構わないとおもっているようです。おそらく想像力の著しい欠如です。そもそも、あれだけ反発買っている渡辺竜王を、連盟のホームページにあれほど頻繁に登場させますし。ほとんど、ファンに喧嘩売っているとしか思えません。

> 構うのも鬱陶しいので、そろそろ囲碁の世界に転居しようかなと思う今日この頃です。

先日、ある本屋の棋書コーナーにいってみたら、急に囲碁の棋書の新刊が増えていました。きっと日本棋院は、将棋連盟の不始末に乗じて、将棋ファンを囲碁の方に取り込むつもりだと思います。そんなことも将連盟の理事たちは気づかないで、安穏としているのでしょう。江戸幕府の末期よりもっとひどいです。


山椒魚さん

> でも偶然ペンネームが同名なのか?

すくなくとも、私のペンネームのあやたろうより、ありふれていますので、まあ仕方ないのでは。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年2月21日 05:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「井伊直虎」です。

次のブログ記事は「大きい数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。