将棋界の一番長い日

user-pic
0

例年、将棋のA級順位戦の一斉対局の日である、将棋界の一番長い日は、一年のうちで一番盛り上がる日なのだが、今年はどうも盛り下がっていけない。原因は明らかで、虫も殺さぬ、温厚な性格の私でさえ、こうなった原因をつくった人々に、何度も怒鳴りたい気分になった。

それでも、あまり気が進まないまま、ウェブの名人戦速報と、AmebaTVを眺めていると、棋譜の進行に興味をそそられた。なんのかんのといっても、将棋連盟の常識外れの対応はさておいて、将棋そのものへの興味は失せていない。私が、老いたりといえども、若手アイドル歌手に、今更ときめくのと同じか。おっと、そういえばニコ生でも解説があったらしいのだが、見忘れたのは残念。

将棋界の一番長い日はちょっと疲れていて、午後9時には寝てしまったので、まったく、リアルタイムで観戦できなかった。それで今日の朝早く起きて、ウェブの名人戦速報でざっと棋譜を辿った。その感想を簡単にかいてみる。

まず、稲葉-森内。横歩取りから千日手になり、指し直しの後手番となった森内は、田中寅彦ばりのうそ矢倉を採用した。稲葉は、腰掛け銀に構えた。うそ矢倉の駒組みがいまいちぎこちなくて、中盤で稲葉が駒組勝ちになった。稲葉が1筋からあやをつけて、45歩と快調に攻めると、森内は53金打ちと順位戦らしく根性で受けた。ところがこれが意外に自陣を手厚くしていない。稲葉の攻めで局面は大差になってしまった。そして順位戦らしくもないどうしようもない終盤で、森内はあっさり投了した。こうして8勝1敗で稲葉があっさり名人挑戦を決めた。森内は、3勝6敗で降級の危機である。

次は、羽生-屋敷。先手番の羽生は矢倉に誘導したが、後手が屋敷なので、普通の矢倉にはならない。屋敷の攻めを羽生は、薄氷を踏むようにかわすのだが、羽生が屋敷に対して詰めろをかけたはずが詰めろになっておらず、ぽきっと折れるように羽生が投了。これで羽生は6勝3敗。屋敷は4勝5敗で残留を決めた。

次は、広瀬-佐藤。角換わりだが、広瀬は最近では珍しい棒銀を採った。プロの棋譜で棒銀で幸せになった棋譜をあまり見たことがないのだが、果たしてやはり、局面は、佐藤が馬をつくって先手の攻めを受け止め、広瀬が手をつくるのが大変になった。広瀬は、それでも2筋から懸命に手をつくるのだが、その攻撃を待って反攻するかたちで佐藤が8筋、9筋から攻めると、広瀬は受け切れなくなり、あっさり即詰みに討ち取られた。これで広瀬は6勝3敗。佐藤はぎりぎりの3勝6敗となったが、森内より順位が上のため、森内が降級し、皮一枚で残留を決めた。

次は、渡辺-行方。私は文句なく行方を応援した。局面は、角換り腰掛け銀に進んだが、行方は、玉を42に置いたままで、65歩と先攻する趣向を採った。これに対する渡辺の対応が憎らしい。すなわち、攻めさせるだけ攻めさせ、自陣の金銀が上ずったので、行方がじっと77金と置いてしがみつくと、69玉と寄って涼しい顔である。ここでは渡辺の持ち駒が豊富なので、検討陣も先手もちの人が多かったのだが、渡辺が攻め合うとぎりぎりになって、勝ちがあるかどうか怪しい。それで渡辺は、77金に当てるとともに、36の歩成を防いで、59角と自陣に手を戻した。これは77の金取りであるので、行方は68歩と打ち、渡辺の58玉に行方が35桂と打ったのが、当然の手のようでもしかして敗着で、ここは46銀と打っておけば行方が優勢だったらしい。終盤は渡辺が読み切りで行方玉を即詰みに討ち取った。渡辺は憎らしいが、憎らしいほど強いのも事実である。こうして渡辺は6勝3敗。行方は4勝5敗。挑戦にも降級にも全く関係ない対局ながら、本局が一番の好局だったと思う。

こうして、将棋界の一番長い日はそれなりに盛り上がって終わった。将棋連盟は巨大な負債を抱えたままであるが。

まあでも、とりあえず、佐藤天彦名人対稲葉八段のフレッシュな名人戦に期待することにしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4458

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年2月26日 07:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「多倍長計算ライブラリ」です。

次のブログ記事は「鉄人モード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。