鉄人モード

user-pic
0

私は、元広島カープの衣笠祥雄氏を尊敬している。その野球の実績も然ることながら、その連続試合出場日本記録に真に敬意を表している。

なので、鉄人と呼ばれる衣笠氏に一歩でも近づこうと私が努力したことがあって、それは、なるべく病気でブレークダウンしないで、出勤することである。それには気力の充実が必須であるが、1995年1月に管理職に就いた私は、責任感を感じて、気合いを入れて勤務することで、2006年4月の末をもって管理職を降りるまで、風邪さえひかず、ほぼ毎日朝九時から、ほぼ夜11時まで働いた。

その間、休暇もほとんど取らなかったが、少なくとも部下にもそうすることは強いないようにした。なぜなら、特に管理職手当はないので俸給的に優遇されているわけではないにしても、特に私が勤務していた会社は、管理職の権限が大きく、課長レベルでも小さい会社の部長並みの権限があったからである。しかも私は、部門長代行として実質的に予算権限を握っていた。なので、人一倍働くのは当然だと思っていた。そういう気風が、後輩管理職たちに全く伝わらなかったのは、私の不徳の致すところである。

そうやって、病気でブレークダウンすることなく働き続けることを鉄人モードと呼ぶことにすると、管理職を降りた後も鉄人モードを2009年の3月まで続けたが、それが破れたのは、鹿島さんで述べた、難解な発明の特許明細書を書いたときである。そのときは、発明を理解するのに力尽きて、病に伏して会社を休んでしまったのだった。いつかは途切れるとは思っていたが、ついにその日が来たか、と嘆息した。

そこからまた鉄人モードを続けようとしたら、翌年また病に倒れてしまった。そのときは、ある古参の同僚社員が退職するので、別の古参同僚社員と話して、三人だけで送別会を催そうと相談した。実はあまり気が進まなかったのだが、流石に欠席するというのは私の律義さではありえない。

ところが、前日尿道炎で熱が出て、酒を飲むどころではなくなったので、会社を休み、結果的に送別会も欠席した。それで、すいませんが体調不調で送別会は出れませんと連絡したら、私が出席したくないので仮病を使ったと誤解したようで、私は長らく恨まれていた。ちょっとくらいの風邪なら出席するが、熱が39度もある尿道炎ならどうしようもない。しかし、言い訳しても仕方ないので恨まれるままにしておいた。

そこからまた鉄人モードを再開して、再就職した後も、なんとかつい最近まで7年間鉄人モードを続けたのだが、先日、出勤するため三鷹駅の改札を出たとき、どうも体調がおかしい。頭がふらふらして、歩くのさえやっとである。そういえば、クモ膜下出血の初期症状がそうだったか、いよいよ自分も寿命がここで尽きるのか、とふと思ったが、最近生きることに疲れている面もなくはないので、まあそうだったとしても仕方ないな、と意外にあまり深刻ではなかった。

そしてそもかく、オフィスに着くと、急に便意を催して、何度も下痢した。下痢だけでなく吐き気もして、朝食のほとんどを吐いた。そして、自席でウェブ検索して、クモ膜下出血で下痢や吐き気という症状はないので、流石にクモ膜下出血ではないだろうと安堵した。

安堵したのはいいが、依然として気分が悪くて、仕事どころではない。それから何度も下痢や嘔吐を繰り返し、これはノロウィルスかと別の懸念が出てきた。で、いまからノロウィルスの症状が出てくるなら、ともかく上司に申し出て休暇にして早く帰宅しなくては、と思うのだが、勤務先が自宅から比較的遠方なので、帰宅する体力もない。それで仕方なく席にいたら、仕事の問い合わせメールがきて、気分の悪さを我慢して必死で応答していると、仕事は案外体のクスリなのか、少し気分が戻ってきた。さらにメールがきて、そのリクエストにも応えていると、昼休み休憩になり、ここでしばし長考して、この日はなんとか歯を食いしばって定時まで勤務し、次の日を休暇に充てるのがベストと判断した。

そうやって夕方になると、かなり体力が回復していたので、これはノロウィルスではなく単なる食あたりだったかな、と少し楽観してきた。

そして帰りの電車の中で、別に生ものなど怪しいものは食べていないのになぜ食あたりになったのかと考えてみると、それはかなり疲れていたせいのようである。

さらに考えてみると、疲れている原因は、2月に入って結構日常業務がハードだったのに、休日に、多倍長計算ライブラリのような多倍長処理アルゴリズムをずっと考えていたからのようなのだった。寝ても覚めても考えていたので、最近では夜寝ていても、何度も計算アルゴリズムでうなされたりした。

実は、頭脳のコストとしては、難解な発明の特許明細書を書いたときと比べて、そんなに大きくないので大したことはないだろうと高をくくっていた。しかし、当時よりも遠距離通勤になったことと、歳をとったことで体力が落ち、昔なら平気だったことも、少しずつ体に障るようになってきた。

今回久々に鉄人モードが崩れたことは、そのあたりのリソース配分を考え直しなさいという警告と理解することにした。だからといって、多倍長計算アルゴリズムなどに頭脳リソースを投資することは止めるわけにはいかない。私の人生の無体財産だからである。一方で私は、無事これ名馬という言葉も好きである。これは鉄人モードにつながる。ようはバランスなのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4459

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年2月27日 05:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「将棋界の一番長い日」です。

次のブログ記事は「木と森」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。