2017年3月アーカイブ

私は広島県の備後に生まれ育ち、ネイティブな方言は広島弁(備後弁)なので、どうみても江戸っ子ではないが、それでも備後を経て、筑前、河内を経て25歳で江戸に出てきて、今に至るまで江戸に住み続けているので、江戸が一番しっくり来たりする。おっと、厳密には今住んでいる相模原市は、もともと江戸ではないが、概数計算で丸めると、江戸ということにしておく。

それで、よく江戸っ子は宵越しの銭はもたねぇ、などというが、私はその点江戸っ子とは真逆で、リスクを最小限にしようとする傾向があり、サラリーマンになって自分の生活費は自分で稼ぐようになると、薄給なりにあまり浪費しないようにし、確か、飲み会でたまたまうっかり持ち合わせがなかったような場合を除き、他人に借金したことはないはずである。まあ、家を買ったときのローンは仕方ないが、それもなるべく早めに繰り上げ返済した。

そんな私でも、なぜかパソコンだけは、一日単位でシャットダウン、あるいはログオフするようにしている。それは、会社勤務のとき、セキュリティ管理担当者をしていて、パソコンを消し忘れて帰宅することはセキュリティ違反だったからである。すくなくともセキュリティの責任者が違反をしては示しがつかない。

自宅は、会社のオフィスとは違うので、そんなに厳密にならなくてもいいはずだが、つい上記の癖がでてしまい、少なくとも寝る前はパソコンを閉じてしまう。要するに、江戸っ子じゃねぇが、宵越しのパソコンは使わねえぞ、てやんでえ、という次第である。

ところが、あるまとまった量の多倍長計算、より具体的にはLucas-Lehmerによるメルセンタ数素数判定プログラムを走らせようとすると、どうしても少なくとも数日に亘ってパソコンを走らせ続けなくてはならない、ということになった。

さて、私の自宅には3台のパソコンがある。私が使っているのは、機種はVAIOで、Intel Core i3-2350M 2.3GHz、主記憶4GB、64ビットのWindows 7。家内が使っているのは、Acerで、Intel Core i3-400SU 1.7GHz、主記憶4GB、64ビットのWindows 10。もう一台は、ASUSのタブレットタイプで、Intel Atom CPU Z3740 1.33GHz、主記憶2GB、32ビットのWindows 8.1。

こう書いてスペックを比較すると、どうしてもASUSのが見劣りするが、現時点で窓際扱なのはASUSのパソコンで、まあたまたま実際に、誰にも使われることなく窓際に置かれている。そこで、ASUSのパソコンに、Lucas-Lehmerの計算をしてもらうことにした。課題は、5から5000の間の素数pに対して、そのメルセンヌ数2p - 1の素数性を判定することである。今までの試行と、このパソコンのスペックを考慮すると、どうしても少なくとも一週間程度の連続運転になるだろうと覚悟した。

なんかASUSのパソコンが、ええっ、冗談じゃないっすよ、一週間程度の連続運転だなんて、労働基準法違反すよ、と叫んだような気がしたが、パソコンに労働基準法が適用されるという判例はないはずなので、ともかくコンパイルしたプログラムをコピーして実行させた。すると、普段干されていてたASUSのパソコンが、単純とはいえなにかジョブが与えられて喜んでいると思ったのは、飼い主?の思い過ごしだろうか。

計算は、p = 5, 7, 13, 17, 19, 31, 61, 89, 107, 127までは一気に進み、521から小考するようになり、607からは長考が目立つようになった。そしてなんとか一日目で1279に到達した。

ところがここからが中盤の難所で、次のp = 2203に到達するまで、ほぼ二日ほど要した。ただ、次の2281は近いので、比較的すぐに着いた。ああ、と私はここで少し気を引き締めたのは、ここまでのメルセンヌ素数は、私が生まれる前の1952年までに発見されたものだったからである。私はなんとか次の3217まで到達してほしいと思った。なぜなら、それは私が生まれた後の1957年に発見されたメルセンヌ素数に対応するからである。

私はp = 2281を正しく計算した時点で、とりあえず私の計算プログラムに決定的なバグはないと確信した。ただ、問題は、ASUSのパソコンがメモリ・リークその他の原因でハングする可能性である。そもそも、簡易なタブレット型パソコンである、このASUSのパソコンは長時間駆動向きに設計されていない。

そこから2日くらいかかって、なんとか3217に到達し、これで一応の目的を達したと思った。ASUSのパソコンに、非力ながらよくやったと褒めた。非力は余計だろう、と言われたような気がした。

そこからは余禄で、いけるところまで行ってほしいと思ったら、3日かかって4253、それから1日かかって4423を出力し、これはもう上出来で、ここから目標の5000まではメルセンヌ素数はないので、ここで終わってもいいのだが、とりあえずプログラムを最後まで実行してもらおうとおもった。ところが次の日、パソコンをみてみたら、知らないうちにハングしており、無事終了できなかった。

結局、全体の計算を終えるために8日くらい要したような気がするが、こういうのって、コンピュータ将棋ソフトのように、I/Oがほとんど関係なくてCPUだけを使う感じなので、CPUのクロックレートが直接効いてきそうな気がする。で、終えてみての反省点は次のとおりである。

  1. プログラムを完全に終えてから、全体の結果を書きだすようにしていたので、結局、途中ハングで結果レポートを出力できなかった。これはまずいので、少しずつ結果をコミットしたら部分的に出力するようにすべきである。
  2. プログラムは、私が会社で仕事しているときも寝ているときも、黙々と計算しているので、何時にどの段階まで処理したかあとでみても分からない。そこを、あまりコストをかけずに、後で確認可能にする。
  3. pがどのくらいなら、どれくらい時間がかかるかをある程度見積もれるようにする。計算時間はCPUなどの性能で違ってくるにしても、なにか比例定数のようなものを計算する目安がほしい。

徳川家康

user-pic
0

井伊直虎に関する本を読んだことで、木と森に書いたように、松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んでみた。徳川家康に関する話はあまりにも有名で、いまさらまとめるもなにもないものだが、専ら自分の勉強用に簡単に要約してみる。

さて、徳川家康は、1542年に三河の国、岡崎に生まれた。父は松平広忠、母は水野氏の於大である。ちなみに、井伊直虎が生まれたのは、1536年らしいから、直虎の方が8歳くらい年上ということになる。家康の幼名は、竹千代といった。

なお、家康が生まれた時代は、今川義元と武田信玄の力が強大で、織田氏が次第に力をつけてきていた。そんな時代にあって、竹千代が生まれた松平氏は弱小国で、周囲、特に今川義元に最大限に従順を誓って、なんとか生き残りを図っていた。このあたり井伊家とまったく同じである。

そんなとき、困ったことが起きた。竹千代の母の兄が、織田氏と通じているという噂が立ったのである。それが今川氏に対していらぬ嫌疑をもたらしてはと、広忠は於大の方を離縁した。事情が事情だけに、文句もいわずに於大は実家に帰った。

広忠は、後妻として戸田康光の娘を娶った。その後、織田信秀が攻めてきたので、広忠は、今川義元に、兵を出すよう依頼した。すると、今川義元は、その見返りに、竹千代を人質に出すように言ってきた。今川からの下知とあっては、是非もない。そこで竹千代の一行が船で駿府に向かっているはずが、船はなぜか謀られて、織田の領地に向かった。じつは、戸田康光が密かに織田信秀と通じていたのである。

こうして竹千代を手に入れた織田信秀は、松平広忠に付くように言った。しかし広忠は、涙を飲んでこの申し出を断った。竹千代が殺されることよりも、松平氏が今川に取り潰されることを大とみたのである。

ところが、織田信秀は意外に紳士で、竹千代を鄭重に扱った。竹千代が生母と会えるように取り計らったりもした。

一方、竹千代を奪われたにも拘わらず寝返らない広忠を意気に感じて、今川は兵を出してくれ、織田信秀を攻めることになった。

ところが、そんな折り、急に広忠が病死してしまった。ただ、これは病死でなく、近臣に謀殺されたというのが真相らしい。これに応じて今川は岡崎城を占領し、織田信秀が病死すると、今川は織田信秀の庶子、信広を包囲した。そこで一種の捕虜交換で、信広が解放され、一方、竹千代が今川に引き渡された。こうして、竹千代の駿府での長い人質生活が始まった。

結局、竹千代は、八歳から十九歳まで、人質として駿府に住んだ。竹千代は、武芸が得意で、学問を好み、優秀な子供だった。また、幼少の頃から苦労したせいか、冷静沈着で忍耐力もあった。

駿府で元服した竹千代は、松平元信と名乗り、後に元康と改名した。そのとき織田の当主は、信長になっていた。信長はとんでもないバカ殿だとの噂があったが、それは信長がわざと奇行をしていただけで、本当は天才的武将だった。

今川軍の一員として元康は、織田信長の軍勢と戦い、武勲を上げた。じつは元康の祖父の松平清康は有名な武将で、流石その孫と、松平譜代の家臣たちは感嘆した。

この頃元康は、関口親永の娘、築山殿を娶った。そして長男、信康が生まれた。

それから大事件が起きた。それは、上京の野望を抱いて終りに入った今川の軍勢が、桶狭間で織田信長らの奇襲に遭い、今川義元他主だった家臣が討ち死にしたのである。

それで岡崎城に駐留していた今川の家臣たちも慌てて駿府に戻り、こうして元康は晴れて岡崎城の城主となった。今川義元亡きあと、その息子の氏真が継いだが、その器量を頼りなく思い、寝返って織田信長と和議を結び、今川と絶縁した。このころ、家康と改名した。

三河を平定した家康は、姓を徳川に変えた。また、長男、信康は織田信長の娘、徳姫を娶った。ここから徳川家康と織田信長は、固い信頼関係で結ばれた。そして織田信長の協力もあって、徳川家康は三河と遠州二か国の領主となった。

そうやって次第に力をつけてきた家康だったが、武田信玄の軍が上洛の途中で三河遠江に入り込み、それを徳川家康の軍勢が迎撃した。しかし、聞きしに勝る武田軍の強さの前に徳川軍は大敗し、家康は九死に一生を得て城に戻った。

やがて、武田信玄が病死し、息子の勝頼が継いだが、依然として武田軍は強かった。そこで家康は信長と連合して、長篠で武田軍を待ち伏せた。そこでは信長が、鉄砲を駆使した陣形を組み、武田騎馬軍団を壊走させた。

大打撃を受けた勝頼だが、謀略を以て、家康の妻、築山殿を誑し込み、息子の信康をも味方に引き入れようとした。しかし、信康の妻、徳姫を通じて、そんな様子が信長に知れ、信長は家康に、信康を切腹させるよう申し立ててきた。愛息であった信康を切腹させるに忍びなかったが、力関係で信長の指示に従わないわけにはいかず、渋々信康を切腹させた。このことは家康にとって、生涯に亘って痛恨事だった。ともかく、敵と通じた築山殿も処刑された。

その後家康は、永井氏と結婚し、次男秀康、三男秀忠が生まれた。それから家康は、信長と協力して、武田を完全に滅ぼした。そして家康は駿河も配下に入れた。

ところが、1582年のことである。京都にいる信長に挨拶しようと家康は近臣たちと出かけたところ、本能寺の変を聞いた。それで、明智の軍勢に襲われる危険があるので、堺から急遽三河に帰った。途中治安が悪く、なんども危機に陥ったが、なんとか逃れた。

一方、明智光秀を討った羽柴秀吉は、実質的に信長を継いだかたちになり、急速に力をつけた。それに不満をもつ信長の家臣たちは秀吉に戦を挑んだが、ことごとく打ち破られた。

相手の資質を見抜くことに長けた家康は、秀吉のただならぬ器量を見てとった。そして、秀吉とまともに対抗するのは得策でないと判断して、下手に出ることにした。そして、大阪城に出かけて秀吉に挨拶して、次男を秀吉に人質に差し出したりした。

これをみて秀吉も、家康を家臣とみなすようになった。そして、小田原城攻略に当たっては、家康軍は、秀吉軍と行動を共にした。そして見事小田原城攻略を果たすと、家康は、秀吉の勧めて、江戸に城を築いて移ることにした。

ところが、家康はなんとも周到な人で、優秀な部下を責任者に任命して、江戸の開発に当たらせた。このときの綿密な計画が、その後の江戸、そして東京の繁栄の基礎となった。

一方、小田原城攻略でさらに野望を膨らませた秀吉は、今度は朝鮮に出兵した。これには家康も流石に反対したが、聞き入れられなかった。

しかし、秀吉が病死すると、秀吉は、秀頼に後を継がせること以外は、自分の死後の準備をほとんどしていなかったので、大変混乱した。そこで家康は、手腕を駆使して事態を収束させた。そして、徳川軍は、会津の上杉景勝の軍勢と戦うために出陣した。

その様子をみていた石田三成らは、徳川軍を討とうと、兵を挙げた。しかし、それは家康の誘いの隙で、カウンターで石田三成らを滅ぼそうとした。そのための根回しも周到で、石田三成の陣営の中にも裏切るものが出てきて、徳川の東軍の圧勝と思われたが、石田三成方の西軍には獅子奮迅の働きをする者もでてきて、意外に僅差の東軍の勝利だった。

こうして、問題分子を一掃した家康は、まるで鉢植えのように譜代や外様の大名を配置し、周到に支配体制をつくった。

盤石の基盤を固めた徳川家康は、一気に大阪城に攻め入るかと思ったら、形式上、秀頼に忠誠を尽くすふりをして、大阪城の面々を安心させた。よほど危機に陥った場合を除き、じっくり構えて、無理をしないのが家康のやり方である。

やがて、謀略で外濠を受め、着々と大阪城の守りを弱めてゆき、大阪側から攻めさせるようにした。流石の家康も、戦況を楽観したが、意外な伏兵がいた。それが真田幸村で、以前にも徳川軍は、真田軍に苦しめられたことがあった。

真田軍は智略を駆使して戦い、あるときは、家康が肝を冷やすほどまでに徳川軍に迫ったが、戦況の不利は覆い難く、ついに大阪方は滅びてしまった。

ここからは、幕藩体制の確立という壮大な物語が続くのだが、それはまた機会があったら別途勉強してみる。

ともかく、何度も絶体絶命の危機を乗り切り、華美を嫌い、質実剛健で制度をつくり、一度目のチャンスは見送る将棋の大山のような戦術を駆使する徳川家康は、知れば知るほど偉大なのだった。個人的にも、鷹狩と学問を好み、死ぬまで修練を怠らなかった。

家康の学問好きは、朱子学の分野での林家の重用にもつながり、このことは、徳川思想小史で述べた、壮大な徳川文化の礎ともなった。

ところで、家康は、源頼朝を尊敬しており、その治績を記した「吾妻鏡」をいつも読んでいたという。境遇に似たものを感じるからなのだろうか。そこで今度は源頼朝に関する本を読んでみることにする。歴史の知識に疎い私にとって、広い空間に一つずつ点を打って、少しでも埋めようとする作業に似ているな、と苦笑する。

私がビブリア古書堂の事件手帖(6)を読んだのは、ほぼ2年前のことだった。早く次が読みたくなるような終わり方だったので、待望した。そのときは、2015年の12月に発行されるという噂だったので、ときどきウェブで様子を検索したが、そのあたりの情報はまったく見当たらなかった。

そしてあれは去年の12月だったか、いよいよビブリア古書堂の事件手帖(7)が刊行されると知って、今年に入って何度もアマゾンで確認したが、2月25日に発行されると具体的な報知があったのは、1月の末頃だったと思う。私はすかさずアマゾンで予約した。

すると、2月24日に、アマゾンの配送に書いたように、「日本郵便ゆうパケットでお届けいたします。」というメールがきた。そして、ビブリア古書堂の事件手帖(7)は、2月25日の午前中に届いた。それで勿体をつけて、他の本をいくつか読んでから、しばらくして読むことにした。本は逃げも隠れもしない。

そして読み始めると、大輔が怪我による1ヶ月の休職のあと、ビブリア古書堂に出勤するシーンから始まる。大輔は、太宰治の「晩年」を巡る事件で怪我したのだった。2年の月日というのは意外に長いもので、あの頃は純文学はまず読まなかったが、今では、純文学も読書のローテーションに入っており、太宰治の「晩年」も、あああれか、とピンとくる。まだそれは読んでいないが。

読み始めると、栞子、大輔だけでなく、文香、坂口、志田など懐かしい名前が連綿と出てきた。ところで志田というと、つい、囲碁の志田七段を思い出す。いかにも陰気だが、強さは一流の若手である。いかにも前川清の歌が似合いそうである。

さて、ついに、「晩年」を久我山家から買い取ったという業者が、ビブリア古書堂を訪ねてきた。名前を吉原といい、頭が禿げた老人である。しかし油断ならない雰囲気で、「晩年」を売る、という。

どうも、ビブリア古書堂がどうしても「晩年」を必要とする、という事情をよく知っているようで、足もとをみるように値段を吊り上げてくるが、栞子は仕方なく受諾した。

吉原が帰ると、今度は、栞子の血がつながった祖母の夫という人が訪ねてきた。その人の依頼は、ある英語の本を買い戻してほしい、というもので、結局、あまり気が進まなかったが、祖母の家を訪問することになった。

祖母はもともと翻訳家で、その英語の本とは、シェイクスピアのものだという。その本はある事情でなんと、吉原の手に渡ってしまったのだという。

ここから、めくるめきシェイクスピアに関する薀蓄が滲みだして広がっていく。栞子は、本一般に詳しいが、どうしても外国書籍となると、日本の書籍ほどではない。

祖母に聞くと、そのシェイクスピアの本とは、シェイクスピアの本のファースト・フォリオのファクシミリ、すなわち写本なのだという。そして、吉原が祖母から入手した本を湘南の古書会館での古書交換会に出品すると聞いて、大輔と栞子はそこにいってみた。

すると吉原は例によって、策略により値段を吊り上げてきたが、普段の人徳で知り合いの古書店主たちに助けられて、栞子は、妥当な値段でシェイクスピアの本のファースト・フォリオのファクシミリを入手できた。

これで万事解決かというとさにあらず、ここから別のより価値の高いシェイクスピアの本のファースト・フォリオの話になるのだが、ストーリーのキーなので、これ以上書かない方がいいだろう。ともかく、栞子は大変な窮地に陥るのだが、意外な助っ人が現われるのだった。

そして、大輔と栞子はどうなるのか。それも読んでのお楽しみである。

ビブリア古書堂の事件手帖(7)は、前巻のようなアクションがあまりないので、最初はやや地味に感じたが、後半になるにつれ次第に手に汗握る展開になり、満足だった。

ただ、残念なことに、ビブリア古書堂の事件手帖はこれにて完結なのだという。こんなに売れているのになぜ?と思うのだが、多分であるが、本の薀蓄を駆使してストーリーを練り上げるのが大変で、作者の三上延さんは疲れたのかもしれない。

それでも番外編やスピンオフ、また映画化もなされるそうで、そちらを期待することにする。

それにしても、もし鎌倉にビブリア古書堂があったら私は、月に一回は、サザンの「鎌倉物語」を歌いながら、栞子さんに会いにビブリア古書堂に行ってみることだろう。しかし、行く度に栞子さんは不在で、大輔が、ああ、またこいつ来たのかという顔で私を見るんだろうな。

大相撲では、新横綱の稀勢の里が、怪我にもめげず根性で優勝したが、三浦九段は復帰後、なかなか初日が出ず、以下のとおり四連敗中である。

  • 竜王戦一組の羽生三冠戦
  • 王座戦二次予選の先崎九段戦
  • 棋聖戦決勝トーナメントの木村八段戦
  • 竜王戦一組の豊島八段戦

まさかもう、これをみて、三浦九段はコンピュータをカンニングしていたから勝てたのだ、いまはそうでないから勝てない、などというアホなことをいう人は流石にいないだろう。

三浦九段は、三か月の休場があまりにも大きいのである。しかも、その休場は、単なる病気というのとは違う。あらぬ嫌疑で誣告されたのである。その心理的ショックと苦悩は想像に余りある。

私も20代の後半に、やはり三か月程度休職したことがある。私はセクハラなどで誣告されたというわけではなくて、単純にA型肝炎という病気だったが、それでも瞬間的であれ結構重くて、劇症肝炎になる可能性があり、そうなるとアウトだった。

それで当分安静にしていたのだが、肝臓の数値が正常に戻っても、医師はなかなか退院を許してくれなかった。経過を観察していたのだろう。退院まできっち三か月かかった。ただ、不幸中の幸いだったのは、たまたま高校時代の友人の結婚式で地元に帰っていたとき、病状がひどくなったのだった。それで友人には連絡して、体調が悪いので結婚式は欠席させていただくと伝えて、用意していたお祝いは別途現金書留で送った。

ということで、病院にいったらひどい黄疸だったせいで即入院して、ときどき母親が病院に見舞いに来てくれて、なにかと助かった。そのときはまだ結婚していなかったので、母が頼りだった。実はその病気がきっかけとなって、母親は退院後私に見合いを勧めたのだった。こいつは不摂生でこのままだと長生きできないとおもったのだろう。

で、退院したあと、道を歩くと、まるで夢遊病のようにふらふらした。退院後自宅療養していたら退屈なので、退院後一週間程度で東京に戻って出勤することにした。そうやって仕事は少しずつリハビリしていった。

しばらくして、九州から将棋部の知り合いが上京してきたので、将棋を指したら、ええっと驚くほど弱くなっていた。もしかして大駒一枚くらい弱くなっていた。全く将棋にならないのである。ただでさえ弱いアマチュア四段程度なのだから、そこから大駒一枚くらい弱いとどうしようもない。悲惨なレベルといえる。結局、もとの棋力に戻るのに、そこから1年を要した。

三浦九段は、体の病気ではないが、誣告されていろいろひどいことも言われたのだから、その心痛は半端でない。歌の文句でいうなら、♪体の傷なら治せるけれど、心の痛みは治せやしない♪なのである。

もちろん、三浦九段は私より心身ともに私より頑健なので、完全復活に1年は要さないと思うが、それでも、心的トラウマのようなものはなかなか癒せないだろう。

こういうとき復活するために一番いいのは、信頼できる棋友とスパーリングというか、ぶつかり稽古することである。その相手として、以前にVSの戦いをしていた仲の屋敷九段が一番ふさわしいのではないか。今だと屋敷九段がしばらく連勝するかもしれないが、負け続けているうちに次第に三浦九段は感覚を取り戻すだろう。

実は三浦九段はもう独自のメニューで棋力復活へ向けて歩み始めているのかもしれない。ということで、私のように初日が出るのを心から待ち望んでいる人は少なくないと思うので、改めて三浦九段を応援したい。

私は昔からアマゾンで本を買うのが好きで、外資系に勤務していたときは、勤務している会社の事業所の住所を登録して、そこに届けてもらっていた。それは本当は会社の社内郵送係の人の手を煩わせるので、避けるべきことであるが、アマゾンで買う本のほとんどが、仕事に使う本で、オフィスの自分の席に置いておく本であるという理由で、なんとか納得してもらっていた。

実は会社の事業所の住所を登録した本当の理由は、自宅に送るようにすると、家内に、ええっ、また本を買ったの、と呆れられるということと、不在の場合、不在伝票を郵便受けに入れられて、宅急便の担当の人に電話して再配達してもらったり、また再配達の再配達はいくらなんでも避けるべきなので、かなり幅のある再配達の時間には家にいるようにしなくてはならない、というプレッシャがあるからなのだった。

ところが案の定だが、会社の総務部門から、アマゾンで買う私物の送り先を会社に登録することは避けてほしいとお達しがきた。それで困った私は、アマゾンで買う本をなるべく古本にするようにした。

すなわち、古本の方が当然に安いので、それで済むなら古本を選ぶのだけれども、本によっては下手したら古本の方が高くなる場合もあって、そういう場合にも古本で買うようにしたのである。そういう古本だと、宅急便で単にポスト・インなので、不在でも構わない。

そうはいっても、新刊で発売日と同時に買いたいという場合は、アマゾンで予約して買うことになる。どうしても買いたい本だから仕方ないか、と最近覚悟してアマゾンで予約して、発送メールをみると、日本郵便ゆうパケットとあって、12桁の数字の追跡番号が示されていた。

あれっ、クロネコヤマトじゃないのか、と怪訝になった。以前はアマゾンの新刊本の発送取扱い業者はほとんどがクロネコヤマトで、それだと朝アマゾンでオーダーすると、夕方には着いていた。まさに最速である。

ところが、日本郵便ゆうパケットの場合だと、朝アマゾンでオーダーしても、届くのは次の日の午前中である。ただ、ありがたいのは、日本郵便ゆうパケットの場合、ポスト・インなので、在宅を気にしなくてもいい、というメリットがあり、もし少なくとも新刊本の発送が日本郵便ゆうパケットであるなら、私にはありがたい。

ただ、日本郵便ゆうパケットは、コンパクトな本など限定され、雑貨やお惣菜などの注文には依然としてクロネコヤマトなのだろう。

あと、最近はアマゾンで買う人が増えて、クロネコヤマトの配達員が過重労働で困っているという話も聞いた。それでアマゾンは、少なくとも本などの軽量荷物を日本郵便ゆうパケットに切り替えたのだろうか。

まあともかく、私としては、なんでもアマゾンで買うというのは書店の売り上げや配達会社のワークロードに悪影響があるので、なるべく書店に出向くように心がけるつもりである。改めて考えると、書店で本を眺めていると、知らない本が一覧できてよい。こんな便利さは、アマゾンなどでは無理である。

といいつつ、買いたい本をピンポイントでピックアップできる便利さでは、どうしてもアマゾンに頼ってしまうのだった。

緊迫の状況のまま、猟奇犯罪捜査班5の続きで、「猟奇犯罪捜査班6」を読み始めた。すると、比奈子には危機が迫っているのだった。

すなわち、千代田区の「永遠の翼」に出かけて行った比奈子は消息を絶ってしまい、猟奇犯罪捜査班だけでなく、死神女史、中島保までがとても心配した。

それでともかくも、猟奇犯罪捜査班の清水と東海林が「永遠の翼」を訪ねてみると、幼稚園児らしき子供がいて、どうもここの次男らしい。また、なぜか長野県警の刑事の高山がきていた。実家が浅草で、帰省のついでに様子をみにきたらしい。

清水と東海林が建物の周囲を巡ってみると、比奈子の七味の缶がみつかり、ここに比奈子が来たことが確実になったが、それにしても一切比奈子と連絡のとれないことが不安を募らせた。

一方、栃木刑務所から脱走した佐藤都夜は、栃木と都内で連続殺人を犯していた。それはお金を奪うためだったり、衣装を手に入れるためだったりした。そうやって軍資金を手に入れて、都夜は、鈴木ひろしの許に向かう。そこには比奈子がいるはずなのである。

倉島と三木は、長野での事件の現場を訪れ、何かてかがりはないかと探った。こうして次第に容疑者は、「永遠の翼」関係者に絞られてきた。そこで猟奇犯罪捜査班は、容疑者をZEROと呼ぶことにした。それは、懸命のプロファイリングをした中島保の示唆によるものだった。

すなわち、容疑者は、ZEROからONEに昇格するために、獄中の佐藤都夜に手紙を書いたのだった。

中島保の懸命のプロファイリングは犯人を見事に浮かび上がらせ、その情報をもとに、猟奇犯罪捜査班のメンバーは犯人逮捕と、比奈子救出に向かい、ストーリーはクライマックスとなった。

それにしても、猟奇犯罪捜査班5と猟奇犯罪捜査班6は、それぞれがページ数が少なく、合せて一冊にしてもいいのではと思ったが、途中のいいところで一旦切れて続き、というのも話を盛り上げるのに意味があるのかもしれない。

ともかく、猟奇犯罪捜査班5と猟奇犯罪捜査班6は、いつもの猟奇の中にほのぼのさが漂うという、いい意味のたるみがなく、息もつかせぬ、SROなみの緊迫したストーリーだった。

整数論を勉強していると、フェルマーの小定理というのに出会う。それは、pを素数、aをpと互いに素な任意の整数とすると、ap-1 ≡ 1 (mod p)が成立する、というものである。

これの証明は、フェルマーの大定理(あまりに有名なので、その命題は書き下す必要はないだろう)よりはもちろんはるかに簡単だが、だからといってそんなに自明ではない。この証明はおそらく、ガウスの定理とも関係し、すると、オイラーでさえ証明できなかったほどの難しさということになる。いや、オイラーは、オイラー関数φ(n)を定義して、この定理を拡張しているのだから、この点は私の勘違いかもしれない。ここでいうガウスの定理は、より一般化した原始根の存在定理である。

さて、フェルマーの小定理を素数判定に使う場合の問題点があって、それは、pが素数のときは、aをpと互いに素な任意の整数とすると、ap-1 ≡ 1 (mod p)が必ず成立するが、逆に、aをpと互いに素な任意の整数として、ap-1 ≡ 1 (mod p)が成立するからといって、pが素数とは限らない、ということがある。

例えば、a = 2として、5 ≦ p ≦ 1000までの整数で、pは素数でなく、且つap-1 ≡ 1 (mod p)が成立するものという条件で探すと、p = 341, 561, 645の3個がある。意外に少ない。なお、この程度の計算でも、手計算でやるのは大変なので、簡単なPerlのスクリプトを書いた。そのコードは自明なので示さない。

ともかく、pと互いに素なaで以て、ap-1 ≡ 1 (mod p)をみたすpを概素数と呼ぶ。概素数には、本物の素数と、上記p = 341, 561, 645のような数の両方が含まれている。そこで、概素数から本物の素数を除いた補集合を、擬素数と呼ぶ。ただ、擬素数と呼ぶとき、それはどんなaを用いたかによるので、a = 2の場合の擬素数を2-PRPと呼ぶ。

そして、一般に概素数における擬素数の成分比はかなり小さいので、ap-1 ≡ 1 (mod p)を満たせば、pが本物の素数である可能性はかなり高い。例えば、上記の例だと、a = 2として、5 ≦ p ≦ 1000までの整数で概素数になるのは169個で、そのうち166個が本物の素数なのだから、本当に素数である確率は、98%以上もある。

しかし、ap-1 ≡ 1 (mod p)という計算の問題点は、pが大きいときの困難性である。例えば、a = 2として、p = 23217 - 1のような1000桁ちかくもあるpに対して、ナイーブに2p-1 ≡ 1 (mod p)を計算したら時間がいくらかかるかわからない。もしかして10800年くらいかかるかもしれず、何それ?ということになる。そこで、あるまとまった2nを計算しておいて加速するなどのテクニックを使うことになるが、それでもそんなに自明でない。

よって、整数論的には重要なフェルマーの小定理も、素数判定的には、擬素数判定の文脈で位置づけられるのであった。

多倍長計算ライブラリの大枠がほぼ出来たと思うので、そろそろ頭の切り替えをするために、「ZERO 猟奇犯罪捜査班5」を読み始めた。ミステリー小説を読んで気分をリセットして、また別のテーマの内容を熟考するのが、私のリズムである。

ところが読み始めて急に気が重くなった。というのは、猟奇犯罪捜査班2で、藤堂比奈子の捨て身の捜査で逮捕された、連続殺人犯である佐藤都夜が、栃木刑務所で、なにやら外部の支援者から手紙を受け取って、文通しているのである。これは、SRO Ⅲで、拘置所に留置されたいた近藤房子が、外部の支援者からの援助で脱走して、SROのメンバーに復讐した場面が浮かんできたからである。すると、比奈子も、脱走した佐藤都夜によって復讐されるのだろうか。

そんな懸念とは一旦独立に、都内で動物虐待事件が頻発した。鳥や猫などが惨殺されて放置されている、というのである。

一方で、都内の神社やお寺で、幼児の人骨らしきものが見つかったという猟奇事件が起こり、警視庁は捜査を始めた。

たまたま休暇をとって長野の実家に帰省していた比奈子は、地元の鬼無里地区にある神社でも人骨が見つかったという事件をテレビのニュースで聞いた。そうしていると死神女史から電話があり、中島保が倒れたと通知があり慌てたが、何やら新しい実験をしていたせいだと聞き、安堵した。なんにしても、おちおち休暇もとっていられないと、比奈子は慌てて東京に戻った。

すると、動物虐待事件と神社やお寺での人骨放置事件と、動物虐待事件とはリンクされているという。その詳細を聞いて、あまりのおぞましさに、猟奇には慣れているはずの、八王子西署の猟奇犯罪捜査班の面々でさえ、顔面蒼白になった。

捜査が進んで、上記の猟奇事件と幼児虐待問題との関係が示唆され、さらに調べると、被虐待児童カウンセリングのNPO法人との関係も浮かび上がってきた。

一方で比奈子は、死神女史のはからいで、中島保に、この一連の事件のプロファイリングを依頼することができた。その犯人像は、一見紳士で、行動範囲が狭く、何か神話的解釈を死体に残そうとする異常者らしい。

そうしているうちに、栃木刑務所から、佐藤都夜が脱走したという事件を聞き、八王子西署の猟奇犯罪捜査班だけでなく、警視庁全体で騒然としたが、ともかく栃木県警が追っているのだからということで、比奈子たちはくだんのNPO法人に聞き込みにいった。

しかし、比奈子は、予想もしていなかった危機に襲われたのだった。

というある意味クライマックスで「ZERO 猟奇犯罪捜査班5」は終わってしまった。もともとは「ZERO 猟奇犯罪捜査班5」の後は、また技術書か数学書を読もうと思っていたのに、これでは続編の「ONE 猟奇犯罪捜査班6」を続けて読むよりないではないか。

ねずげんたさんにコメント戴いた、Wの悲劇であるが、悲劇はダブルで終わらず、ついにトリプルに及んでしまった。

すなわち、三日目の3月23日の対戦で、DeepZenGoが井山九段に勝ち、なんと井山九段は三連敗で、最下位の四位になってしまった。

一方、韓国のパク・ジョンファン九段が中国のミ・ウィティン九段を破り、三戦全勝で優勝した。まとめると、以下のとおりである。

  1. パク・ジョンファン九段(韓国) 3勝0敗
  2. ミ・ウィティン九段(中国) 2勝1敗
  3. DeepZenGo(AI) 1勝2敗
  4. 井山裕太九段(日本) 0勝3敗

井山九段にとって残念な結果だったが、これはたまたまであって、実力ではないと信じる。なぜなら、井山九段はパク・ジョンファン九段にも、ミ・ウィティン九段にも優勢に進めていて逆転されたからである。普段の井山九段ならこんなことはほとんどなく、おそらく最近の連日の対局で疲れていたのだろう。それが決して単なる気休めで言っているわけでないのは、先日も井山九段は、世界トップランカーの柯潔九段に一勝一敗の五分だったからである。そもそも、井山九段は、誰と打っても、逆転することはしょっちゅうだが、逆転されることはめったにない。また、たしか井山九段はパク・ジョンファン九段にも、ミ・ウィティン九段にも、対戦成績は多くないが勝ち越しているはずである。

そもそも最近井山九段は対局が混んでいたし、ずっと六冠を維持しているのも相当疲れる。なので、DeepZenGoが井山九段に勝ったのは見事だが、本来の井山に勝ったわけではないと思う。

そういう意味では、今度の日曜の電聖戦で、一力七段と対戦して勝ってこそ、DeepZenGoは本物だし、もっというなら、パク・ジョンファン九段とミ・ウィティン九段の少なくともどちらかには勝ってほしかった。ただ、AIはこれからのプログラムの改良と機械学習でまだどんどん強くなるだろう。

井山九段も、百戦錬磨で、三連敗の痛手から速やかに回復し、また勝ち続けるだろう。高尾九段に名人位を取られたときも、そのあと他のタイトルは堅守した。結構レジリエントなのである。じゃないと多冠は維持できない、できるわけがない。

急に、♪春よ、遠き春よ~♪と頭の中を曲が流れてきた。

私は昔から、小室直樹氏のファンで、書店で目に付いたら、大抵買って読んできた。小室直樹氏は、その奇抜な言動から変人のように思われていたが、私のみるところ、氏の学問レベルは一線級である。例えば、「ソビエト帝国の崩壊」という本を私も読んだが、早くにソビエト帝国の崩壊を予言し、それは確かに当たった。

なので、最近古書店で、小室直樹氏の「世紀末・戦争の構造」徳間文庫を見つけたとき、迷わず買って、しばらくして読み始めた。

この本は、20世紀の末に、中東の湾岸戦争の意味を説明するために書かれたものである。それを説明するために先ず、キリスト教の本質が説かれる。私は以前から、なぜキリスト教の司祭に、道徳的に腐敗した人物が多いのか、疑問に思っていた。この本はそのことに対する説明を与えてくれる。

ともかく、この本が主張することは、キリスト教が近代の基礎を作った、ということである。趣旨としてはマックス・ヴェーバーのプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の主張と重なるものであるが、この本の方が論旨は粗いが、議論の版図は広い。以下、私の理解でまとめてみるが、この分野の私の知識レベルが低いので、まとめきれる自信はない。

さて、ヨーロッパでは、国ができる以前から国際社会が存在した。そこで国際法ができ、のちに世界がそれを採用した。なので、外交のプロトコルや国際法はヨーロッパを淵源とする。

ヨーロッパにあって、その国際社会を担ったのが、カトリック教会だった。カトリック教会こそは、近代国家の様相を呈していた。

ところで、正統的なキリスト教の本質は、カルケドン信条、すなわち、「イエス・キリストは完全な人であって、完全な神である。」というものである。それは、三位一体説を決定したニケア信条とも関連する。

理性的に考えるなら、イエスを神の代理人であり、人間である、とする方が妥当なような気がする。それで、アリオス派やネストリウス派は、カルケドン信条に反対したが、結局、反対派は迫害され駆逐され、実質的に舞台から消え去った。

ローマの国教は正統のキリスト教だったが、ローマを制服したゲルマン民族は、アリオス派やネストリウス派の異端のキリスト教だった。ところが、ゲルマン民族がフランク王国をつくると、正統のキリスト教に改宗した。

こうして、カトリックであれ、プロテスタントであれ、ギリシャ正教であれ、カルケドン信条に基づく、という意味では同じである。そのカルケドン信条の下では、イエスの言動を記した福音書が最高の啓典であるが、そこには戒律も規律も書かれていない。この点、イスラム教やユダヤ教とは全く異なる。

しかし、カソリック教会を組織し運営するためには、規律やルールが必要である。そこで、カソリック教会は、ローマ法の知識に基づき、独自の教会法を作成した。このような、カソリック教会が、近代法、近代国家の根源となった。

そんなカソリック教会は、「神の国」を地上において代表するものとされた。そうなると、カソリック教会の決定事項を吟味する者はなく、よってカソリック教会の組織上位のメンバーはやりたい放題で、腐敗極まりなかった。教会の権威はペテロに由来するので、客観的なものであり、聖職者個人の道徳的行動とは無関係である、とされた。

一方、イスラム教に基づくサラセン帝国は、侵攻した地でギリシャの文献を学び、ついにはギリシャ語にも熟達し、高い文化を誇った。プラトン、アリストテレスなどの文献がのちに西欧社会に伝わったのも、サラセン帝国のお蔭である。

イスラム教の、政教一体の教義も、当時にあっては時代に適合していたのかもしれない。それで統制された社会を築いたサラセン帝国は、発達した社会を享受したが、十字軍などの攻撃に悩まされた。それで、イスラム教の側もジハードの概念で反撃した。

ともかく、キリスト教国側は、幾多の宗教戦争を経て、人間行動における内外の峻別を確立した。すると、人間の外面行動に対しては絶対的権力を発揮しえるが内面的行動については指一本触れることができない、という基準を確立した。

また、封建制にあって、領主と農民の関係は、契約関係とされた。こういう内面の独立性と契約関係の重視は、のちの資本主義と自由主義のパラダイムにつながり、西欧世界の繁栄の根源となった。このあたり議論が粗すぎるが私の理解が足らな過ぎるので、仕方ない。

で、私の粗い理解では、キリスト教は、数学でいうところの素の集合論のようなものなのかな、というものである。そこには位相も、算法も定義されておらず、矛盾が内包されいても放置されている。そういう自由な枠組みのところにカソリック教会が、ローマ法に基づき別の規則をつくった。そこでは、キリスト教は、教会を権威づける働きしかない。

キリスト教の外にある教会のアドホックな規則は、プロテスタントやピューリタンによって否定され、あるいは別のルールに書き換えられた。そのルールは、プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神で述べられているように、より資本的親和性の高いものであり、その後のヨーロッパ社会の経済的繁栄の基礎となった。

一方、当時の時代に適応したrigidな体系を用意したイスラム教は、その後の時代の変化に適応することに苦労した。

ただ、ユダヤ教もそうであるはずなのに、イスラエルがそれなりに繁栄しているのはなぜだろう。

などと、「世紀末・戦争の構造」から離れて、粗すぎる宗教論を夢想してみるのだった。

Wの悲劇

user-pic
0

私は昔からミステリーファンであるので、夏樹静子という作家の名前は当然に知っているのだが、なぜだかまだ読んだことがない。そのうち読もうかと思っていたら、囲碁番組で、夏樹静子さんが、目に優しいグリーン碁石を提案して、それを使った囲碁大会も主催していると観たことがある。それで、へぇ、囲碁も趣味なのかと思った次第である。

ということで、夏樹静子さんについては、そんなに強い印象をもっているわけではないが、たまたま古書店で「Wの悲劇」角川文庫をみかけたときは、読むべし、みたいな引き込みを感じて、とりあえず読んでみることにした。

なんでも、夏樹静子さんはエラリー・クイーンとも知り合いらしくて、そういう意味で「Wの悲劇」はエラリー・クイーンに対するオマージュらしいのだが、私がエラリー・クイーンの「Xの悲劇」と「Yの悲劇」を読んだのはもしかして40年近く前で、ほとんどストーリーが記憶にない。なので、予断せず「Wの悲劇」を読むことにした。

「Wの悲劇」は、劇作家の卵で、和辻摩子の家庭教師である一条春生が、正月早々、摩子とその親戚が滞在する山中湖の別荘を訪ねるところから始まる。

なぜ正月早々なのかというと、英文科の学生である摩子が卒論に追われており、それをサポートするために、春生が呼ばれた、という次第だった。

さて、摩子の大伯父の和辻与兵衛は、日本でも有数の製薬会社の会長で、別荘には、与兵衛の妻、みねと、弟の息子と、末弟の卓夫と、妹の娘夫婦の淑枝・道彦と、淑枝の娘の摩子がいた。これ以外に招待されたのが一条春生と、与兵衛のホームドクターの間崎鐘平である。

ところが、いきなり事件が起きた。摩子が与兵衛の部屋に呼ばれていったとき、好色で知られる与兵衛が、摩子に性的な乱暴を働こうとした。それに抵抗した摩子が、大伯父から性的暴力を受けたことにショックで、手許にあった刃物でいっそ死んでしまいたいと思っているとき、与兵衛ともみあいになり、つい摩子が与兵衛を刃物で刺し殺したかたちになってしまった。

それを知った与兵衛の親戚たちは、このままでは摩子が殺人犯になってしまい、摩子の将来が閉ざされてしまうと懸念して、一致協力して、外部から侵入した強盗が与兵衛を刺殺した体裁をつくることにした。

そうして通報でいよいよ、富士五湖署の中里刑事とその部下たちが別荘にやってきた。現場検証のためである。警察は綿密に現場検証したが、与兵衛の親戚が綿密に準備したので、警察は、外部からの侵入者の犯行だと認定した。

それを知って与兵衛の親戚たちは安堵したが、中里刑事たちは、別荘周辺の怪しい人物に関する聞き込みがあまりにも功を奏さないので、現場百回の原則にたちかえって、別荘内部を少し別の観点から微細に検証してみた。するとなんと、内部犯行を示唆するような証拠が次々と見つかった。

ここからの進展は、このストーリーのコアなので記述を省略するが、最近の動きの激しいミステリーに慣れた感性からするとちょっと地味に映るが、よく読むと、盛り込まれているトリックが奇抜で新しくて、流石夏樹静子さんは冴えていると感心した。

この本の末尾には、エラリー・クイーン自身による解説もあり、この小説は推理ドラマ化されるのに向いているとあるのだが、映画化された「Wの悲劇」は、原作とはかなり異なる脚色が施されているようで、それを知ってエラリー・クイーンは残念がったかもしれない。まあ、興行的に成功したようなので、それでいいのだろう。

囲碁AI大会

user-pic
0

日本棋院のホームページによると、コンピュータ囲碁同士の選手権である、囲碁AI大会で、中国のFine Art(絶芸)が、日本のDeepZenGoを抑えて優勝したという。以下、引用:

2016年に登場したGoogle DeepMind社開発の「アルファ碁」の影響で注目を集めているコンピュータ囲碁ソフト界で、コンピュータ囲碁プログラム同士の大会、第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会(主催:電気通信大学 エンターテイメントと認知科学研究ステーション、協賛:株式会社囲碁将棋チャンネル、協力:コンピュータ囲碁フォーラム、後援:公益財団法人日本棋院)が、2017年3月18日(土)、19日(日)に東京都調布市の「電気通信大学」で、国内外30チームが集まり行われた。(「アルファ碁」は不参加)

あらっ、「アルファ碁」は不参加なのか。尤も、アルファ碁 = Masterだとすると、日中韓のトップ・プロを相手に60連勝なのだから、最早人間は手合い違いといえる。あ、違った、今回の相手はコンピュータなのだった。なんにしても、今更戦うに値しないということか。

結果は決勝で、Fine Art/絶芸(中国:Tencent)が、DeepZenGo/ディープゼンゴ(日本:Team DeepZenGo)を、196手まで白番中押し勝ちを収め、初出場初優勝を飾った。なお準優勝のDeepZenGoは、3月21日(火)開幕の「ワールド碁チャンピオンシップ」に出場する。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップに書いたように、今回の成績に関係なく、DeepZenGoはワールド碁チャンピオンシップに出場するのだった。しかし、ワールド碁チャンピオンシップでの今回の相手は、井山裕太9段と、韓国ランキング1位パク・ジョンファン9段と、中国ランキング3位のミ・ウィティン9段。ミ・ウィティン9段は中国ランキング3位とはいえ、国内の選抜戦を勝ち抜いたので、実質国内1位と変わらない。すると各国の実質的なチャンピオンが出場するわけで、流石に、最早全盛期を過ぎた趙治勲9段より手強そうである。DeepZenGoは、昨年の11月24日の趙治勲との対戦のときよりどれくらい強くなっているのだろうか。

また、優勝したFineArt、準優勝のDeepZenGoは、3月26日(日)に行われる「第5回電聖戦」に出場し、一力遼七段と十九路盤にて互先で対戦する。世界最高峰のプログラムがどこまでプロ棋士に迫れるのか、こちらの対戦も注目される。

ああ、一力遼七段は確かに若手でも有望株であるが、FineArtに勝てるだろうか。これも注目である。

私はブログのタイトルに、トートロジーのようなことをときどき書く。今日の「方言のローカル性」も当たりまえで、何かいいたいの、あたりまえじゃん、ということになる。で、必ずしも当たりまえとはいえないということを説明してみる。

まず、私と家内は、田舎に帰ってお見合いしたということもあって、同郷である。家内が広島県尾道市の市街地の出身で、私が尾道市とはいえ、島の出身である。

で、結婚というのはいろいろ面倒で大変で、それをいちいちここに書いてもしかたない。ただ、夫婦が同郷だといいのは、自宅で方言が普通に使えることである。方言が関西弁だったら、関西弁は準標準語なので、職場でそのまま使ってもそんなに違和感はない。

しかし広島弁は、流石に広島県でないと普通に会社では使えない。どうしても不躾の感は否めない。だから、自宅で普通に広島弁が使えるというのは、ほっとするものがあるのは確かである。

それで私は、広島カープが日本シリーズで負けたとき、家内に、「カープは、よいよ、いけんのう。」と言った。それは、カープはどうもよくない、みたいな意味だろうか。「よいよ」というのはいろいろな意味がある広島方言の副詞である。

そうやって、家内に対して「よいよ」という方言を使っているのだが、あるとき急に家内から「よいよ」というのは、どういう意味?と聞かれた。少なくとも、尾道の市街地では使わないという。

ええっ、と私は逆に驚いた。「よいよ」は当然にふつうの広島弁で、広島県の人ならだれでもわかると思った。で、あまりに普通に使っているので、その意味を説明してほしいと聞かれて逆に戸惑ってしまった。後で冷静に考えると、英語でいえば、indeedみたいな意味かもしれない。

一方、改めて「よいよ」をウェブで調べてみると、確かにauthenticな広島方言である。それでも家内が聞いたことがないとしたら、家内は典型的な尾道弁で、私の出身の島は文化圏としては福山なので、福山弁に近い。それが微妙な語彙とアクセントの違いをもたらす。私は中学までは島内だったが、高校生になって尾道市に通うようになると、確かに微妙な方言の違いを感じた。基本的に通じない、ということはないのだが。

それでも、大きくみて、尾道弁と福山弁はどちらも備後弁に属するのだろう。そして広島県内でも、尾道や福山をカバーする備後弁と、広島市をカバーする安芸弁は、もうはっきり違う。こちらも基本的に通じないということはまずないが。

そして、他県とはいえ、備後弁は、安芸弁よりもむしろ岡山弁に近い。ところがである。岡山弁で、「こわい」ということを「きょうてい」という。そういう言い方を私は大学のとき、下宿の隣の部屋の岡山出身の人から教わった。この「きょうてい」という単語を、多分であるが、尾道や福山の人はほとんど知らないはずである。私も教わるまで知らなかった。

ここらあたりもザリスキー閉集合の考え方が適用できるのであって、近隣の方言の人とはほとんど至るところで理解可能なのだが、ザリスキー閉集合のように、ポツリ、ポツリと知らない単語がある。

また、こういう微妙な方言の違いに気づくのは、私が広島弁のネイティブな話者だからである。私はかなり不十分とはいえ博多弁と大阪弁がしゃべれるが、じゃあ、博多弁と小倉弁の違いや、大阪弁と神戸弁の違いが説明できるかというと、全く無理である。自分のそちらの方言は、あまりにも熟練度が低いのである。

また、普通の標準語の中の微妙な方言の香りを識別して喜ぶのも、ネイティブな話者である。例えば、Perfumeというと女性三人でテクノポップのグループであるが、広島出身で、普段から広島市をベースにしているせいか、どんなに標準語をしゃべっても、広島弁の色が消せない。それをMステのインタビューで察知して私はつい嬉しくなった。

あと、東京や横浜などの出身の人は、普通に話す言葉そのものが標準語にとても近くて、よほど訓練しないと地方の方言はしゃべれない。というか、しゃべる必要もない。なので、私のように三種類の方言?がしゃべれるとときどき珍しがられるのだが、じつは私は私で、東京にでてきて、普段標準語をしゃべるのも、英語を話すほどではないにしても、意外に結構大変だったりする。どこか微妙に無理している感じがなくもない。

すなわち、ネイティブな方言の話者にとって標準語を話すのはそれなりに修練を要するので、ほとんど島から出たことがない母方の祖母はとうとう広島方言しか話せなかった。なので祖母が靖国神社に参拝したいと上京してきたとき、本当にコテコテの方言で周囲の人に話しかけるので、ときどき私が通訳したりしていた。米国から仕事で担当者が日本にきたりして、下手な英語で通訳したことは何度かあるが、広島弁を通訳した経験は、祖母が東京に出てきたときだけだった。

という、あまり意味のない方言談義なのだった。

さいきんつい、疑似恋愛モードってあるよね、とおもった。で、一応ウェブで検索してみたら、例えば、「相手も自分に気があると勘違いして性的な行動に出る」みたいな意味らしくて、あちゃっ、するとこれからかく私のこの記事は誤解されてしまう、と少し後悔したが、まあ、却ってその方がこの記事に興味をもってもらう可能性が高まるか、とこのままにすることにした。

そこで私なりの、世間でまったく承認されていない疑似恋愛モードについて説明する。それは、心のはたらきの要素に、疑似恋愛モードという仮想クラスがあり、ほんものの恋愛も、その疑似恋愛モードから継承したものにすぎない、という、私の好きなオブジェクト指向プログラミングの原理に基づくものである。

さいきん、犬や猫などのペットを飼っている人をよくみかけるが、異性に対する恋愛とペットに対する愛情が、似たような感情のインスタンスである、といってもそんなに誤解はないだろう。まあ、なにここでインスタンスなどという用語をもちだすのだ、というコメントもあるかもしれないが。

じつは、私が疑似恋愛モードという用語に想到したのは、さいきん、多倍長計算や初等整数論を勉強してみて、である。例えば、多倍長計算で多倍長同士の割り算を実装しようとすると、所詮は紙の上での筆算をエミュレートすればいいのだから楽勝と思ってじっさいにやってみると、これが意外に大変で、もしかしてのべ一週間くらいの時間を費やしたかもしれない。その間、頭の思考のスレッドのうちの少なくとも何本かは、多倍長割り算に占有され、他のスレッドのリソースも消費するくらいで、苦しかったりした。そして、これって、多倍長計算に対する恋だよね、とおもった。要するに、心が多倍長計算に占有されて、そこから意識を遠ざけることが随意ではなくなるのである。

じっさいの恋愛でも、その不随意性が問題で、じぶんでもその気持ちに捉われて脱出できないから次第に疲弊してきて、「お医者様でも、草津の湯でも」などと言われるのである。

さて、人間に対する愛でも、ペットに対する愛でも、可能的には相手から愛し返されるということはありえるわけだが、数学などに対する疑似恋愛モードは、いちいちいうのも変であるが、少なくとも本物の愛のような態様では愛し返されるということはありえない。なのでそれを絶対的片想いモードと呼んでも、定義的にはおかしくないだろう。そして、絶対的片想いモードを、必然的失恋モードと呼んでも、そんなに違和感はないだろう(本当か?)。

しかし、あらためて考えてみると、例えば数学に対する愛が絶対的片想いモードであり、必然的失恋モードであるとしても、それが問題なのだろうか。ようするに、数学の問題を解いたり、考えたりしていること自体が楽しいのであり、理解したことが次の深まった理解の呼び水になるとしたら、絶対的片想いモードも閉塞していないことになる。

で、最近の私は、必ずしも数学でなくてもよく、将棋でも囲碁でも、その他科学技術、小説であってもよいのだが、必ずしも対人間でない疑似恋愛モードのプロセスというかスレッドを複数立ち上げて、走らせていたいと思う。よく歌の歌詞で、一人を想い続けるみたいな内容のものがあるが、恋愛が本質的にそうだとしても、一方で、浮気し、複数の相手を天秤にかけ、あるいは二股かけれるのもまた人間である。

なので、私は生きているかぎり、恋をし続けたいと思うのである。それはおそらく、世間一般のように必ずしも異性に対するものではなく、数学や将棋その他の趣味である方がメインだと思うが、マルチタスク化はどうしても必要であろう。なぜなら、プロセスは走らせているうちに次第に変質し、劣化する。なにもメモリ・リークは、コンピュータに固有の属性ではないのである。そして、メモリ・リークが起きたらリブートし、新たなプロセスを走らせなくてはならない。

ただ、マリー・アントワネットに対するフェルゼンの愛のような、生涯変わらぬ愛は一体なんなんだろうとふと、恋する少女のようにおもったりもする。還暦をすぎたおっさんが恋する少女のよう、なんてなんと気持ち悪いのだろう。

私が勤務している会社のオフィスのそばには古書店があるのだが、ここ数ヶ月行っていなかった。理由は、かなり仕事が忙しかったからで、基本的に残業しないという方針の勤務形態では、忙しいと実質的に早朝と昼休みを仕事にあてることになる。

それで久々にその古書店にいってみて、100円均一コーナーを眺めていたら、川瀬七緒の「よろずのことに気をつけよ」講談社文庫が目に付いた。なんかインパクトのないタイトルだなあと、やや脱力したが、裏表紙をみて、江戸川乱歩賞受賞作とあったので、とりあえず買うことにした。比較的最近の受賞作であり、昔はともかく、最近では江戸川乱歩賞受賞作はまあまあなのではという思い込みがある。

そして江戸川乱歩賞への信頼感から、というか、川瀬七緒という知らない作家への信頼感から、直ちに読み始めた。すると、あまり類のないミステリーで、ぐいぐい引き込まれた。あまり類のない、というのは呪術をメイン・テーマにしているのである。そういうミステリーは少なくないはずなのだが、ここまで呪いが色濃い作品も珍しい。

事件は、孫と二人で暮らす老人が、自宅で惨殺されたというものだった。たんなる惨殺ではなく、遺体は舌を切られ、心臓を抉られたという例のない酷いものだった。しかも、縁の下からは「不離怨願、あたご様、五郎子」という呪術符が見つかった。

事件に対して当然に警察の捜査が始まったのだが、健一郎という老人と同居していた孫である砂倉真由という女子大生が、警察だけには任せられないと、伝手を頼って、仲澤大輔という、呪術の系譜を研究する学者にコンタクトした。

仲澤は研究分野が特殊すぎて、大学でまともなポストが得られなくて、中野のお化け屋敷のようなあばら家に賃貸している。そこに訪ねてきた真由は、あまりに部屋がぼろいのと本が多いのに驚きつつ、祖父が殺された原因の手掛かりを得たくて、溺れる者が藁をも掴む気持ちで、自宅の縁の下からみつかった呪術符の写真をみせつつ、質問を浴びせた。

すると、仲澤は、その呪術符から感じられるあまりにも深い怨念にたじろくほどだった。仲澤は、霊能力はないが、呪術の研究から、呪いのレベルの勘が働く。そしてこれは、奈良時代に公務で呪術を研究した呪禁師の流れを汲むものではないかと推察した。

その呪禁師であるが、安倍晴明らによる陰陽師によってとって代わられ、廃れた。ただ、呪禁師たちはどこかへ流れていったらしい。

さて、砂倉の自宅から呪いの身代わり人形が見つかったことを受けて、仲澤は、知り合いの占い師の湯山に呪術符の写真を見せて相談した。すると湯山は、籠められた呪いの深さと、呪術符の作り方の定跡外れに驚愕した。湯山はもともと、秋葉神社の家に生まれたのだが、神社は妹婿にまかせて、家を出た次第である。ということで、神社によるお祓いにも詳しい。そこで、愛宕神社の系列ではないかと湯山は示唆した。

しかし分からないのは、殺しの現場から、タンチョウヅルの血が見つかったことである。湯山といえども、タンチョウヅルの意味は分からなかったので、仲澤は、湯山から、鳥類に詳しいホームレスの野呂を紹介してもらった。そして野呂から、出雲の修験道の行者が鳥の内臓供物の儀式をもっていることを教わった。

一方、仲澤と真由の調査で、健一郎の行動に不審な点があることが分かった。すなわち、家族に内緒で病院の教育サポートのボランティアをしたり、密かに京都の愛宕神社を訪れていたことが分かった。

そして、仲澤と真由が健一郎の行動の後を追跡することで、京都から高知、そして東北の山奥に至り、ついに呪術師たちの一団に迫ることができた。そこからはストーリーのコアなので記述を省略するが、呪術に関する深い薀蓄を含む、興味深いプロットだった。

ところで、仲澤と真由とは不思議な名コンビで、この組み合わせでシリーズ作があるのかと思ったら、この組み合わせは本作限りで、川瀬七緒はこの後、昆虫法医学捜査官シリーズを書いているようで、なかなかユニークな作風だといえる。

胡蝶の夢に書いたように、私が住んでいる校区にある県立高校が中高一貫になって、たいそうレベルが上がったとは聞いていたのだが、新聞のちらしで、公立中等教育学校への入試対策を謳う学習塾の学習メニューをみて、気が重くなってしまった。

なぜなら、私には公立の中高一貫校が、私立名門校をエミュレートしているにすぎない、としか思えなかったからである。そして、東大やその他有名大学に多数合格させる名門高校ならもう十分足りているのではないか、なにを屋上屋を、と思えてならない。

ここで急に特許調査の話を例に出してみる。特許サーチャーとして私は、日常的に検索式を作成しているのであるが、そのとき苦労するのは、特許分類をどう選ぶかである。すなわち、ふつうキーワードだけではうまくしぼりきれないので、特許分類も指定することはほぼ必須なのだが、特許分類というのはあまりにも広汎でその全貌を知る人はほとんどいない。なので、何年検索業務をしていも、特許分類には迷う。

ただ、典型的な特許分類というのはあって、コンピュータ関係ならだいたいG06Fで始まる分類で足りるが、機械学習などがからむとG06N、ビジネス特許だとG06Qも入ってきたりする。画像処理ならG06T、音声認識や音声合成ならG10L、ディジタル通信もからむと、H04Lが関与する。

普通はそこで分類に対する配慮は終わるのだが、私は多様性について考え過ぎてしまうので、そこから、キーワードだけの仮検索式を作成してその検索集合を特許分類で集計して件数で降順ソートすると、意外な特許分類が浮かび上がってきたりする。その上位にくる特許分類も追加で足したりして、結果の検索集合を徒に肥大させたりしている。

なにがいいたいかいうと、なんの新鮮味もないトピックだが、それでも記述すると、少年たちを選別する受験システムが選別検索式だとすると、いまの有名進学校を模範とする教育システムは、ある種の狭い属性というか分類で予め絞っていないか、絞りすぎていないかということである。

そしてその絞った結果の集合で多様性を求めようとしているが、母集団がすでに、かなり均一化されすぎているのではないか。

ようするに、いまの中学や高校の勉強というのが、あまりにも受験向きに、沢山の知識を要領よくマスターして、短時間でペーパーテストに知識を吐き出すことに指向されすぎていないか。短時間で要領よく問題を解くことが苦手な私は、センター試験の話題がでる度に暗澹とした気持ちになる。

それでも私の頃は、国立大学にまだセンター試験のようなものがなく一発受験だったから、まぐれで受かることができた。もしセンター試験で足切りされていたら、私のような者は綾なしだった。大学時代に知り合った人達は、結構試験に苦手意識がない者が多くて、ふつうに考えたら自分は、こういう人達と同僚になれるなんて無理だよね、と何度も思った。

ただ、完全に負け惜しみだが、私はどんな試験をしても周囲の同僚には負けるだろうが、なんというか、思考のオリジナリティと発想力ではそんなに遜色がなくて、そういうのってなかなか試験では測れないよねと、むりやり自分を慰めていた。

で、私は、サラリーマンになった後も、秀才たちに対抗しては勝負にならないので、ニッチな領域で努力して居場所を作ってきたのだが、管理職にたまたまなって一番私が頼りにした部下の人達は、みんな高卒で、経理、IT、特許の方式などの知識とセンスが秀逸だった。そういう人達こそが、私のスキルと相補的だったりした。もちろん普通の学校秀才の能力も必要だったが、そういうのは周囲にありふれているのでコモディティ化していた。

なので、公立の中高一貫校をつくっても、コモディティ化したスキルの人達を養成することがメインになりそうな気もするが、典型的には医師と弁護士のように、そもそもがコモディティ化したスキルを前提にしないと進めない分野が沢山あるので仕方ないのだろうか。

世の中には受験勉強が嫌いで苦手で、でもなんとなく知識欲はあってじっくり考えることは好きという人達は案外いると思うのだけど、そういう人がいたら本音を語り合いたいとふと思ったりするのだった。

先日、Lucas-Lehmer判定法に触れたが、Lucas-Lehmer判定法といえども結構コストがかかるので、もっとコストの少ない方法で2p-1が合成数だと判別できたら、メルセンヌ素数の判定も少しは楽になるのにと思って、Chris K. Caldwell編著、SOJIN編訳「素数大百科」共立出版、2004のページをめくっていたら、次のようなオイラーの定理が載っていた。

すなわち、素数pについて、k > 1の整数として、p = 4k + 3且つ2p + 1が素数なら、2p - 1は合成数。

そこで、5以上100000以下の素数9591個について、この条件を満たすpの個数を調べたところ、なんと580個しかなかった。そして、このpに対して確かに2p - 1は合成数は合成数になるのだが、2p - 1が合成数だからpがこの条件を満たすとは限らないので、Lucas-Lehmer判定法のコスト節約にはあまり貢献しないのだった。

それでは、以下に示す、Bateman、Selfridge、Wagstaffによる以下の予想(BSW89)はどうだろうか。すなわち、pを奇数の自然数とすると、以下の2つが成立すると、のこりの一つも同時に成り立つ。

  1. p = 2k±1または、p = 4k±3
  2. 2p-1は、メルセンヌ素数
  3. (2p+1)/3は素数

これの第1の式は、扱いが容易だが、他の2つの式は面倒である。で、ともかく第1の式は、メルセンヌ素数の事前判定に使えそうである。この式を満たす素数pで、2p-1は、メルセンヌ素数であると(あくまでも予想であるが)一応言えるのではないだろうか。

そこで、例によって5以上100000以下の素数について、第1の式に該当するものをみると、5 7 13 17 19 31 61 67 127 257 1021 4093 4099 8191 16381 65537 65539の17個で、このうち、5 7 13 17 19 31 61まではちゃんと2p-1がメルセンヌ素数になる場合のpに対応していて、跳んで127もそうなのだが、あとはメルセンヌ素数に該当せず、しかも、メルセンヌ素数に該当する89 107 521 607 1279 2203 2281 3217 4253 4423 9689 9941 11213 19937 21701 23209 44497 86243がどれも含まれていないという疎漏ぶりなのだった。

しかし、そんな指摘はいちゃもんなのであって、(2p+1)/3は素数という条件を使っていないし、そもそもこの式でメルセンヌ素数をみたすpを網羅するなんてどこにも書いていない。

ということで、安易にメルセンヌ素数の事前判定なんて考えてはいけないのだった。

虞美人草

user-pic
0

もしかして高校生の頃かもしれないが、私は夏目漱石の「坊っちゃん」を読んでとても面白かった、という記憶がある。そこでその勢いで、「吾輩は猫である」を読んでみたところ、「坊っちゃん」のようなストーリーの軽快さがなく、途中で退屈になり挫折した。

最近になって、「三四郎」、「門」、「それから」、「こころ」と結構面白く漱石の作品が読めたので、久々に「吾輩は猫である」を読もうと、買い置いてある新潮文庫を手に取ろうとして、なぜかその隣にあった角川文庫版「虞美人草」の方を手に取ってしまった。いつもぎりぎりの自分の気紛れには困ってしまう。

それで、ちょっと戸惑いながらも、「虞美人草」を読み始めた。すると、漢文調の記述が押し寄せてきて、圧倒されそうになった。数年前の自分ならここで確実に挫折していただろう。ところが、読むペースは遅いが、ローギヤの読書を旨とする最近の私は、砕氷船が流氷を砕くように遅々と読み進めていった。すると、宗近君という人と、甲野さんという人が京都見物するシーンになった。

宗近君はエネルギッシュなのだが、甲野さんはあまり元気がない。どこか悪いのだろうか。そんな二人が京都のとある宿に泊まったら、琴の音が聴こえてきて、それを弾いている人もみえた。なかなか美人で、ふたりはつい見入った。奇遇なのだが、その女性とは、あとに出てくる小夜子なのだった。

一方、甲野さんの東京の実家には、藤尾という妹がいて、こちらも大層美人である。美人だけでなく、詩心があり才気煥発である。甲野さんの父親が外交官なのだが、外国に滞在しているとき、病気で客死してしまった。それで甲野家はとてもがっかりしたのだが、昔の民法で、長男の甲野さん、すなわち欽吾さんが父親の財産をそっくり相続した。

甲野さんは母親と同居しているのだが、甲野さんと母親は血がつながっていない。というのは実の母親が亡くなった後の後妻なのだった。そして、藤尾は後妻の娘なので、甲野さんと藤尾も血のつながりがない。

さて、甲野さんは哲学者であって、ほとんど世を捨てているので、財産はすべて藤尾に与えて、自分は家を出たいといつも言っている。すると、母親も藤尾もそれを密かに期待している。

実は、甲野さんの友達の宗近君と藤尾は、本人同士というよりも親同士がかってに決めたこととはいえ、一応許婚のような関係なのだった。しかし、藤尾はどうしても宗近君が好きになれない。なぜなら、藤尾は詩や文学が好きなのだが、宗近君はまったくそっち方面は駄目なのだった。

宗近君は外交官志望なのだが、あまり真面目に勉強しないので、毎年のように外交官試験に落ちている。

そんな藤尾には意中の人がいた。小野さんである。小野さんは、大学卒業時に天皇陛下から銀時計を賜るほどの秀才なのだが、大学では文学の専攻で、詩心がある。そこに藤尾は感応するのである。

藤尾が小野さんに入れ込む理由はそれだけではない。小野さんは藤尾のことが好きで、我儘を聞いてくれる。要するに藤尾が好きなように操れるのである。愛されるだけで、愛を返す必要がない。そういう一方的な女王のような関係が藤尾は好きだった。

しかし、小野さんにネックがあった。それは、貧乏学生だった小野さんは、京都にいたころ、井上孤堂という人に大変お世話になった。孤堂先生がいなければ大学を卒業することさえままならないほどだった。

いまや東京で頑張っている小野さんは、孤堂先生から物理的に離れてしまったが、なんでも孤堂先生が、娘の小夜子を連れて、東京に出てくるらしい。それを知って小野さんは気が重くなった。

すなわち、小野さんと藤尾には構想があった。それを記すと、甲野さんが財産を藤尾に譲り、家を出ていく。すると、老いた母をみる必要から、藤尾は養子をもらう必要がある。それには、貧乏で藤尾の財産をあてにしている小野さんがぴったりである。問題は上京してきた孤堂先生とその娘である。孤堂先生は、体が弱ってきたので、早く小野さんと小夜子を結婚させて、安心しようという腹である。育ての親のような自分を小野さんは裏切れないだろうという期待がある。

小野さんと藤尾はそこのところは、早く結婚して既成事実をつくってしまえば、あとはなんとでもいいくるめられると楽観した。そして、着々と計画を進めていたのだが、そこで強烈な横槍が入った。それは、ようやく外交官試験に受かって肩の荷が下りた宗近君と、その妹の糸子である。

流石外交官の卵である宗近君は、糸子も使って、甲野さん、小野さん、孤堂先生を動かして、むりやり正義に従って、小野さんと小夜子を婚約ざせてしまった。こうなっては梯子を外されたのは藤尾である。立場をなくした藤尾はプライドにいたく障って、憤死してしまった。

読み終えて私は、藤尾が不憫でならなかった。なぜなら、多少美貌と才能が鼻につくにしても、あの程度の我儘さはよくあることである。それを、宗近君の策略で、寄ってたかって藤尾を虐めるとはなんたることか。漱石は、藤尾を悪者として描いたようであるが、この程度が悪者であるわけがない。状況は違うにしても、私はつい三浦事件を思い出し、宗近君を渡辺竜王に、藤尾を三浦九段に喩えてしまった。

そして、情けないのは小野さんである。師の義理を裏切って、藤尾を愛するなら、宗近君や甲野さんの裏をかいて、二人で駆け落ちすればいいではないか。それでも万事休したら、二人で情死すればよいではないか。少なくとも藤尾一人を死なせるよりもずっとましであろう。

そもそも、漱石の後の小説では、じっさいに駆け落ちして友も親戚との関係も失った夫婦がよく出てくる。初期の作品なので、どういうストーリーにしようか漱石も迷ったのだろうか。

まあ、私が小野さんだったら、淡々と小夜子と結婚しただろう。そうすると孤堂先生も喜んでくれて、恩返しになる。そもそも、私のような女性の縁が乏しい者にとって、請われて結婚するというのは大変幸せなことである。ただそれは、詩心のない人間である私だからで、白蓮さんなどの生涯をみていると、詩心、歌心の才能は、恋する情熱の強さに相関するのだろうか、とつい思ってしまう。物理学者で歌人の石原純もそうである。それはまた別途ブログのテーマとする。

ただ、私には小野さんや藤尾の心の葛藤がとても切実で、面白く読んだ次第である。すくなくとも粗削りな、上質な鰹節のような味わいがある。

さあ、次は「吾輩は猫である」かな。

胡蝶の夢

user-pic
0

私は、高校二年のときだったか、なにをやってもうまくいかなくて、人生がとても詰まらなくなった。今にして思えば、人生が楽しくてたまらないという方がむしろ異常かもしれないが、それで、気分を癒すために、漢文の授業で知った荘子の入門書を読んだりした。そのとき、胡蝶の夢という寓話が記憶に残っていて、いまでも折に触れて思い出したりする。

さて最近、私が住んでいる場所から比較的近いところにある進学校が、県立なのに中高一貫になって随分レベルを上げ、合格するのが大変になったと聞いた。そんな話を聞いて会社からの帰りに駅を降りて歩くと、高校進学塾専用の駐輪場があって、小中学生が雑談していたりする。それをみて、君達も大変だよね、とつい同情した。私が受験勉強が苦手なので、そういう発想になってしまう。

そうやって小中学生に同情していると、そんな、他人に同情している場合ではないぞ、とどこからか声が聞こえた。すなわち、今までの人生がじつは夢で、私は実はまだ大学生のままで、しかも卒業するまでまだかなり単位を取らなくてはならない。いやあ、冗談じゃないぜ、といいつつ講義で課題として出された本を読むのだが、さっばり頭に入らず、いよいよこれでは単位はとれない、と苦悩に沈んだ。

すると、目が覚めて、ああ夢だったのか、よかったと安堵した。確かにリアルな夢だったが、胡蝶の夢モードではなく、現実と夢の境はまだまだはっきりしすぎている。

それにしても、普通は大学生に戻って青春をやり直せるなら、普通は浮き浮きするのではないだろうか。例えば、今度こそ真面目に勉強して大学院に進学し、学者を目指すとか、いろいろやりたいことがある。素敵な恋に出会えるかもしれないし(まあ、ありえないが)。

なのに、夢とはいえ大学生に戻れて落胆するとは。といっても、私はもうあまり生きたくないかとそういうわけでもなくて、流石に癌などであと半年とか言われると、まちがいなく焦って苦悩する。で、いよいよ一体なにがしたいのか分からなくなってきた。

そもそも私は、荘子モードの生き方に憧れたにしても、ぜんぜん荘子モードで生きていなくて、例えば、無用の用の教えに反して能力を維持することに汲々として、こき使われることに寧ろ喜びを見出している。

こうしていよいよ、六十過ぎて惑うのだった。

将棋の対話棋書とは、あまり一般的にいわれている言い方ではないが、意味は明らかであろう。すなわち、二人の棋士が対話しながら、特定の戦法や局面を論じるという形式で棋書が構成されている、というもので、私の知るかぎり、以下の三冊が刊行されている。出版社はいずれもマイナビである。

  1. 「久保&菅井の振り飛車研究」久保利明・菅井竜也著、2015年1月31日刊
  2. 「三浦&阿部健の居飛車研究」三浦弘行・阿部健治郎著、2015年10月31日刊
  3. 「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」糸谷哲郎・斎藤慎太郎著、2016年8月31日刊

最初に「久保&菅井の振り飛車研究」を買ったときは、なんか手抜きの本だな、と感じた。要するに、あまり準備もせず、振り飛車のいろいろな局面をみて、久保九段と菅井五段(当時)が適当にごちゃごちゃ雑談して、それを書き留めただけではないか、と思ってしまった。それで適当に流し読みしたが、まるで仲のいい師弟のように心置きなく言いたいことをいう関係はそれなりに面白かった。

その後、本屋でみつけて「三浦&阿部健の居飛車研究」を買って読み始めてみると、うわ~、めちゃくちゃ真面目な内容の本だな、とちょっと引くほどだった。すなわち、三浦九段と阿部健治郎五段(当時)が、どちらが先輩とか後輩とか関係なく、惜しみなく時間を使って最善手を探ろうと懸命になっている。その気迫がひしひしと伝わる本だと感じた。そして、「久保&菅井の振り飛車研究」よりも内容が濃いと思ったのだが、三浦九段は、「久保&菅井の振り飛車研究」のことを、気楽にみえる内容だが、決してそうではない、あれだけの内容をまとめるのは大変なのだ、と擁護していた。「久保&菅井の振り飛車研究」を最近再読して、たしかに、気楽な対話のようでも随所にかなり深く考えた手の記述がみてとれるようになった。あと、久保&菅井で面白いのは二人とも今期の順位戦で昇級したことである。三浦事件はともかくとして、久保九段が将棋に対して真摯なのはいえるとおもう。

「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」は、上記二冊からの惰性で買った本だが、これは完全に主導権は斎藤慎太郎六段(当時)にあり、糸谷八段はそれに対するコメンテータのような立場にある本だとみてとった。上記二冊がそれぞれ、振飛車、居飛車に立脚した本であるのに対して、この本はそういう区別をつけず、ともかく現代将棋のおいしそうな?ところをつまみ食いして、場合により深い変化まで研究するものとなっている。といってもおそるべき深い変化を開陳するのは斎藤慎太郎なのであり、ううむ、この棋士は半端ではないなと思ったら、案の定今期の順位戦でB1に昇級し、次期はいよいよこの二人が順位戦で激突することになった。糸谷は昇級戦線からは遠かったが、豊島をA級に送り出すアシストをした。きっと豊島はこの恩を忘れないだろう、たぶんだけど。

もどって、ここに挙げた六人の棋士のうち、三浦&阿部健は、昇級戦線にからんでもいないし、他人の昇級をアシストもしていない。まあ強制的に休場させられた三浦にそんなことをいうのは酷である。阿部健は決して三浦事件の影響を受けたわけではなく、むしろ去年の11月から順位戦で4連勝しており、発奮したか。ともかく最終戦も勝って時期につなげてほしい。

さて、次も将棋の対話棋書は出るだろうか。もう出ないような気もするが、もし出すならマイナビにお願いしたのは、「永瀬&青嶋の現代将棋の視点」のような本で、この二人は今期C級1組でぎりぎり昇級できないかもしれないが、その強さとセンスの良さは誰もが認めるところだろう。安恵門下として一冊出してほしいものである。

自家製の多倍長計算ライブラリを利用して、いろいろ初等整数論的なことを試しているのだが、折角なので、いい意味でベタな、メルセンヌ素数の判定に関する、Lucas-Lehmer判定法を実装してみようと思い、手許にあるChris K. Caldwell編著、SOJIN編訳「素数大百科」共立出版、2004を眺めてみた。

まず、メルセンヌ数とは、pを自然数として、2p - 1であらわされる数であるが、それが素数であるためには、pも素数であることが必要条件である。
なぜなら、p = rsなら、2p - 1 = (2r - 1)Σi=1r2 s(r-i)と分解される。
pが素数であるだけでは十分条件でないのは、例えば、211 - 1が、23×89で合成数であることからもわかる。2p - 1のかたちの素数をメルセンヌ素数と呼ぶ。

世界最大の素数でも述べたように、近年、最大の素数はメルセンヌ素数として計算される傾向にある。それは、メルセンヌ素数の素数判定のアルゴリズムが比較的システマチックに実装できるからだろう。

「素数大百科」によると、メルセンヌ素数の素数判定のアルゴリズムである、Lucas-Lehmer判定法を疑似コードでかくと、以下のとおりである。
s := 4;
for i from 3 to p do s := (s2 - 2) mod (2p - 1)
if s == 0 then
  2p - 1は素数;
else
  2p - 1は合成数;

この疑似コードを、私の多倍長計算ライブラリで記述するのは容易であって、実際に動くC++のコードを下記に示す。

また、これの実行結果は、以下のとおりである。

  1. 23 - 1 は、素数
  2. 25 - 1 は、素数
  3. 27 - 1 は、素数
  4. 213 - 1 は、素数
  5. 217 - 1 は、素数
  6. 219 - 1 は、素数
  7. 231 - 1 は、素数
  8. 261 - 1 は、素数
  9. 289 - 1 は、素数
  10. 2107 - 1 は、素数
  11. 2127 - 1 は、素数
  12. 2521 - 1 は、素数
  13. 2607 - 1 は、素数
  14. 21279 - 1 は、素数

上記の実行結果は、(2を除く)2000以下の素数pについて、2p - 1の素数判定を行った結果である。3から2000までの302個の素数pについて、2p - 1の素数判定を行ったものである。ここから分るのは、3から2000までの302個の素数pについて、2p - 1が素数になるpは、14個しかないということである。しかも、pを増やしていくと、メルセンヌ素数はどんどん疎らになる。メルセンヌ素数は無限にあると予想されているらしいが、信じがたい。このあたり、オイラーの無限和とも似ている。

今回、とりあえず3から2000までの302個の素数pについての計算に留めたのは、計算に膨大な時間がかかるからである。一応、nの数を、計算に足りるだけの妥当な最小値になるように抑えることで計算時間を最適化したものの、特にMMOD(n,s_num,a_num,z_num)の割り算が、筆算的なナイーブ実装であるのがイタい。結局、下記のプログラムの実行完了まで、約2時間半かかってしまった。なお、参考までに私のPCの環境は、ソニーVAIO、Windows 7 Professional、Intel Core i3-2350M、2.3GHz、メモリ4GBと、極めてconventionalである。

専門家は、メルセンヌ数が2の累乗のかたちであることをうまく利用して、ビットシフトを利用しているらしいが、私のプアなプログラミング・スキルでは、それをどう記述するのかさえ思いつかない。勉強してみる。

なお、p = 9941の場合にnを妥当にスケーリングしてメルセンヌ素数判定を計算してみたところ、なんとこの単一の計算に、3時間半くらいかかってしまった。それで、巨大素数の世界記録に挑むことがいかに大変か、想像して気が遠くなった。少なくとも、このナイーブ実装ライブラリで世界記録に挑もうとしたら、ジャージとサンダルの組み合わせでエベレストに登ろうとするくらい暴挙だろう。

メルセンヌ素数判定に時間がかかる別の理由として、素数pに対してのメルセンヌ素数判定のほとんどが無駄弾になってしまう、ということがある。それでいて、素数判定には、きっちりp回ループを廻さなくてはならず、途中で合成数だと分ってループを脱出するということができない。なので、例えばRabin法などの確率的素数判定で予めメルセンヌ数が合成数だとわかったものを事前に弾けるのではないかとも考えたが、そもそもRabin法の計算がLucas-Lehmer判定法よりコストが低いのかどうかも疑問である。

ともかく、素数を勉強する初心者をprimerと呼ぶことにすると、私ってなれそう、ねっprimer、と時代遅れの歌を歌ったりするのだった。


// 実際に動くC++のコード
#include "MLA2.h"

int n = 400;
int *s_num;
int *a_num;
int *b_num;
int *z_num;
int *k_num;

int Lucas(int p);

int main()   {
int p;
FILE *fi,*fo;

s_num = new int[n];
a_num = new int[n];
b_num = new int[n];
z_num = new int[n];
k_num = new int[n];

// primex.txtは、1000000以下の78498個の素数を列挙した、簡易素数バンク
if (( fi = fopen("primex.txt","rt")) == NULL ) return -1;
if (( fo = fopen("Lucas.txt","wt")) == NULL ) return -1;

while ( fscanf(fi,"%d",&p) != EOF )     {
 if ( p >= 3 )    {
  if ( Lucas(p) == 1 )   {
     fprintf(fo,"2<sup>%d</sup> - 1 は、素数<br>\n",p);
  }
 }
 if ( p > 2000 ) break;
}
fclose(fi);

delete[] s_num;
delete[] a_num;
delete[] b_num;
delete[] z_num;
delete[] k_num;
return 1;
}

int Lucas(int p)       {
int i;

// 2^p - 1のセット
CLEAR(n,a_num,1);
for ( i = 0; i < p; i++ )  {
  MUL(n,a_num,2);
}
SUB(n,a_num,1);

// 以下、Lucas-Lehrmer判定
CLEAR(n,s_num,4);
for ( i = 3; i <= p; i++ )   {
 MMUL(n,s_num,s_num,b_num);
 COPY(n,s_num,b_num);
 SUB(n,s_num,2);
 MMOD(n,s_num,a_num,z_num);
 COPY(n,s_num,z_num);
}

if ( ISN(n,s_num,0) == 1 )   {  // 割り切れたか
 return 1;   // 素数である
}
 return 0;   // 合成数である
}

三浦事件で将棋連盟が激震真っ最中の頃、安次嶺隆幸著、「将棋に学ぶ」東洋館出版社という本が出た。この本は、「未来の一流を創る最強の教育だ」という趣旨で、羽生善治、谷川浩司、森内俊之という三人の永世名人資格保持者がどのように育ったか、将棋を通じてどのような力が伸ばせるか、のような記載があるらしい。らしい、というのは読んでいないからである。先日も、書店に行ったとき、この本が棋書コーナーにあったが、手にとってみることさえしなかった。やはり三浦事件のトラウマがあまりに大きいのである。

あえていちゃもんをつけるようなことをいうと、「未来の一流を創る最強の教育だ」というけど、そうやって創られた一流の人達がなぜに、三浦事件に対して、慌てふためくような、あるいはひたすら静観するような、けっして褒められない対応をしたのか、ということである。

もっとはっきりと言おう、将棋を学んで得られるものは、将棋の強さだけだ、と。

そんなことはない、将棋を学ぶと、礼儀正しさ、我慢する気持ち、努力する楽しさなど、学ぶことは沢山ある、というかもしれない。私はそれを否定しない。私も仕事の中で将棋的な考えを活用している。しかし、それは余禄というか、滲み出してくるものであって、あまり期待してはいけない、というのが私の最近の意見である。

そこであえて、次のような命題を提示する。それは、○○を学んで得られることは、○○に熟達することだけである、という命題である。

ある理系大学院で、学生のレベルが下がってきたという評判に対して、大学院の入試を難しくしようという意見がでてきた。そのとき、数学の教授の深谷賢治氏は、そんなことをしても、単に試験に強い学生が増えるだけだ、と言ったという。これが強い能力主義である。

ここでいう「強い」は、将棋が強いというときの「強い」とは違い、むしろ数学の集合論的な意味かもしれない。「厳密な」と言い換えた方が通りやすい。その命題を敷衍すると、大学入試で高得点をとる勉強は、単に試験が強くなるだけだ、ということになる。

それに対して、そんなことはないだろう、という反論は沢山でてくるだろう。しかし、そういう反論はあえて黙殺して、とりあえず強い能力主義で、スキル空間というか能力空間を直和分割する作業を続ける。

こうして、スキル空間が個別スキルのタイルで敷き詰められると、互いに意外に遠方にある個別スキル同士が、量子力学のように、エンタングルすることがあることが分る。エンタングルは、うまい言い方が分からないが、一方が光ると他方も光るようなポジティブなエンタングルと、一方が光ると他方は消えるようなネガティブなエンタングルがある。

分からないけど、おそらく他分野とエンタングルを起こさない勉強だと、先が伸びないだろう。それでも学歴がバウチャーになって、就職に有利なら、それはそれで意味があるのだろう。それでいいのかどうか知らないが。

また、あたかも対称性の保存則のように、スキルは必ず、ネガティブなエンタングルを引き起こすアンチ・スキル、あるいはスキルの地雷と対となる。なのでベクトルが揃った人材を集めると恐ろしい。人材多様性が必須である所以である。

まだ粗い試論なのでうまく結論づけられないが、一旦きちんと強い能力主義を貫いて、そこから他分野対するポジティブ・エンタングルとネガティブ・エンタングルを考慮しないと、将棋を勉強したら、人間的にも立派になりますよ、では一切実りある議論にならない。

さらに、強い能力主義は時間減衰も考慮しなくてはならない。なぜなら、体でなく頭で学んだことは急速に忘れる。下手したら数年で無に帰す。

こういう分野限定性、時間減衰性があるがゆえに、人間は逆にスキルを、学歴や資格やカリスマなどでラベル化しようとする。それは多くの場合、幻想である。岸田秀によれば、人間の本能は壊れているというから、壊れた本能に貼る護符としてラベルが必要、という見方もできる。

先月は、いまどきのWindows Updateに書いたように、Windows Updateは実質的にパスだった。それで今月は流石にきちんとWindows Updateが来ると期待したら、なんとまあ、Windows 7のそれは、単一のファイルがあっただけで、それもオプション扱いだった。しかも導入しても再起動もない。なんとも軽い。

Windows 8.1も同様で、Windows 10に至っては、アップテートなしである。ある意味枯れたWindows 7でほとんどアップテートがないのは分るが、Windows 10はまだまだ枯れていなはずである。マイクロソフト、どうしたのだろう。

とおもったら、私が日常的に使っているWindows 7マシンのマウスがおかしくなった。カーソルが動かない。そういう場合は、USBを指し直すか、パソコンを立ち上げ直すと直るのだが、それも効かないので、これは壊れてしまった、と判断することにした。

折角気に入っていた青色LEDマウスだったのに残念である。でも、3年くらい使ったので、もう寿命だったのかも。それでマウスを買い替える必要があるのだが、そういえば、百均のダイソーで、マウスを売っていることを思い出した。なんでも300円 + 税金という廉価版らしいが、ネットの評判はそんなに悪くない。そこで会社からの帰りに、ダイソーでマウスを買った。一応、赤色LEDと、青色LEDのがあるが、青色LEDの方を買った。

百均でマウスを売っているのはありがたいが、私はこの300円を特に安いとは思わないのは、少し前からバッファローの光マウスが500円程度で買えるからである。まあちょっと前までは少しいいマウスが2000円くらいしたものだが、すっかりマウスがコモディティ化したのだなあ、と時代の流れを感じた。

あと、USB HDDやUSBメモリもすっかり安くなり、意外に安くならないのがパソコン本体であり、むしろ値上がったのは、C++などのコンパイラである。すなわち、20,000円程度の入門版だと何かと機能が制約されていて、DVDがついておらずダウンロード版であり、普通にDVDがついてくる中級者版が一気に10万とか20万円くらいする。なんか、C++で本格的なプログラムを書きたいという人が減ったんだよなあとつくづく思う。

そう考えると、マウスのコモディティ化くらいで喜んでいられない。それにしても来月はまともなWindows Updateがきてほしいものである。

あっそうそう、個人的には、ハッシーが三浦九段に謝ったことで、私は随分ほっとして、将棋に対する興味がだいぶ回復した。それで昨日の夜もB級1組の将棋の山崎-阿久津戦を観戦していたのだが、みたところ山崎が不利のようだがと思いつつ、私は朝が早いので寝てしまった。そしたら、知り合いからメールで、山崎は力尽きてしまい、またもA級昇級を逃したと知った。残念であるが、私が好きな棋士の一人である豊島が頭ハネで昇級したようで、こちらはうれしい。

新聞に、首都圏の住みたい街ランキングというのがあったので、引用してみる。

  1. 吉祥寺
  2. 恵比寿
  3. 横浜
  4. 目黒
  5. 品川
  6. 武蔵小杉
  7. 池袋
  8. 中目黒
  9. 東京
  10. 渋谷

これみて私は、無茶苦茶じゃん、と嘆く。というのは、異なる階層というか粒度の場所が並置されているのである。だって、吉祥寺というのは、武蔵野市の一部にすぎず、一方で横浜って、どこよ?ということになる。だって、横浜というけど、緑区と保土ヶ谷区、みなとみらいでは全然雰囲気が違う。もっとひどいのは東京というのがあることで、目黒だって品川だって東京じゃん、ということになる。

まあでも、数年前なら、吉祥寺?そんなの知るか、とそっぽを向けたが、いまの私は違う。というのは、数年前、いろいろな経緯で定年より少し早く外資系を辞めたはいいが、なかなか次の就職先がない。それで困っていたとき、私を拾ってくれたのが、三鷹駅の北口の武蔵野市中町というところにある会社である。拾った女ならぬ、拾われた男である。

そんな私は、一ヶ月に一度よりやや低い頻度で、武蔵野にある研究所に特許調査の打ち合わせに行く。そのとき、吉祥寺の住宅街の中を歩く。するとなるほど、行き交う人達が、どことなく、私が住んでいる相模原市より、トッカータと風雅ニ短調である。ベビーカーを押す若い婦人につい見惚れたりする。しかし、仕事時間中なので見惚れている場合ではないと視線をそらす。

で、たしかに吉祥寺の住宅街は、どことなく優雅な雰囲気はあるが、果たして住みたい街だろうか、と自問して、う~ん、と考え込んでしまう。なんというか、私が雨だとすると、吉祥寺は、撥水性の壁面のように、私を弾いてしまい、私は水玉になってしまう。私は決して吉祥寺に沁みこめない。まあ、水玉になるのも悪くはないのだが、そこに馴染むというのとは違う。

どちらかというと私は中央林間とか、江東区とかが馴染むのだが、よく考えたら誰も私に首都圏の住みたい街なんて訊かない。だから私なんぞ、ひっそりと相模原市に住んでいればいいのである。

でも、相模原市が、首都圏の住みたい街のランキングの上位に入ることは絶対ない。もともとそんなに順位が高くないところにもってきて、去年の事件で決定的に順位を下げてしまった。

そういえば、昔、泉谷しげるの歌で、♪明日相模原まで、出刃包丁を買いにいこう♪という歌詞があったが、あれはいったいどういう意味なのだろうか。

まあ、どこであれ、住めば都、入れば穴熊囲い、ということにしておこう。

自家製の多倍長計算ライブラリを作成したので、卑近な?適用例として、いろいろな数のコラッツ数列を長さを計算してみた。

上記ライブラリを使用すると自明なので、計算に用いたソースコードは、特に示さない。

まず、21000+1(桁数:302)のコラッツ数列の長さ = 7249。これは、2の階乗から1を引くのではなくて、1を足すので、メルセンヌ数ではない。そのコラッツ数列の長さが7249だと言われたら、私でさえも、ああ、そう?と生返事するよりない。

次に、210000+1(桁数:3011)のコラッツ数列の長さ = 72379。これは、上のケースの累乗の数を10倍に増やしただけだが、すると、コラッツ数列の長さもほぼ10倍になるのね、という当たり前の結果である。なぜなら、コラッツ数列の長さは、2で割れるときは割って減らしていくということで決まるものだからである。

次は、210000-1(桁数:3011)のコラッツ数列の長さ = 134405。これは由緒正しいメルセンヌ数(この場合、いうまでもなくメルセンヌ素数ではない)なのだが、すると、210000+1よりも大きさはたった2減ったばかりなのに、コラッツ数列の長さは、倍近くなる。2の累乗への類似度ではほぼ同じなのに、実に不思議である。

次は、31000(桁数:478)のコラッツ数列の長さ = 11727。21000+1と比べて長くなるのは、2の累乗への類似度が減るので当然か。

次は、21000+31000(桁数:478)のコラッツ数列の長さ = 11241。これで面白いのは、31000に21000を足すと、2の累乗への類似度が高まって、長さが減ることである。

31000-21000(桁数:478)のコラッツ数列の長さ = 12120。これは、31000から21000を引くと、2の累乗への類似度が減って?31000の場合より長くなることが興味深い。

1000!(桁数:2568)のコラッツ数列の長さ = 56399。これは、階乗の数のコラッツ数列の長さを求めてみました、というだけのことである。

1000!+210000(桁数:3011)のコラッツ数列の長さ = 65366。これも、階乗の数と累乗の数を足してみた数のコラッツ数列の長さを求めてみました、というだけのことである。

なお、上記の計算はかなり時間がかかりそうなものだが、コラッツ数列の計算は、素数判定の計算や、フェルマ小定理の計算と比べても、多倍長の数の計算としては例外的にというか、圧倒的に高速で、全部あわせても40分以内に終わってしまう。それは2で割っていく処理が強力だからだろう。

こういう話題って、数学が好きな人や、数論が好きな人でさえ、それで?みたいな反応で、なかなか面白いとは思わないような気がする。なので、数学が好きではない人に対して、間違っても話題に出さないようにしよう。そうしないと、二度と飲み会に呼んでもらえなくなるかもしれない。

樋口有介の「枯葉色グッドバイ」文春文庫は、かなり前から買い置いていたはずなのであるが、なぜかなかなか読み始めなかった。その理由はよく分からなくて、私に言わせれば、本を読み始めないことには特に理由はなくて、読もうと思うことだけに理由がある。

じゃ、なぜ読もうと思ったの?と自問しても、まあなんとなくで特に理由があるわけではない。人生の多くの局面で、そうではないだろうか。

さて、「枯葉色グッドバイ」の主人公は、椎葉明郎。元辣腕の刑事なのだが、なんでも不祥事があって、警察を辞めたらしい。その辞め方が悲惨である。というのは、たまたま運よく美人の女性と結婚して楽しく暮らしており、刑事としても実績を挙げて順調に昇進していたのであるが、自宅で車を車庫に入れるときに、そばにいた妻の不注意もあるのだが、うっかり近くにいた愛娘を轢いて結局亡くなってしまった。それで結局、家庭生活がぎくしゃくして離婚し、警察も辞めてしまい、椎葉は、どこかで警備員でもするかとおもったら、行方をくらましてしまった。

そして、椎葉はそれなりにホームレスに馴染んで、必ずしも楽しく、でもないかもしれないが、一応アルバイトめいたこともして、糊口をしのいでいた。そんなとき、市井では大事件があった。それは、羽田空港のそばのマンションの一家で、一家四人のうち三人が何者かに惨殺され、長女はたまたま外出していて助かった。

まるで世田谷の一家四人殺人事件のようである。その事件を担当した刑事の一人に、吹石夕子巡査部長がいた。この事件は、犯行現場に容疑者のものと思われる物的証拠が沢山残されており、事件の解決は時間の問題だと思われていた。そもそも、たまたま助かったという長女が犯行当時不在だったのは、本当にたまたまだったのかという議論もなされた。なぜなら、長女は親とあまりうまくいかず、不良っぽいという噂があった。

ところが初期の見込みと違って、見込んだ聞き込みはすべて空を切り、数ヶ月たって早くも、迷宮入りのような諦念が捜査本部を覆い、捜査員は縮小された。吹石は鬱屈の日々となった。

そのとき、もしかしてブレークスルーとなるかもしれない事件が起きた。それは、代々木公園内のホームレスが屯するそばで、女子高校生が深夜、殺されたのである。当然に一家三人殺人事件との関連性が疑われ、吹石は所轄外であるが、その事件の担当警察署を情報収集で訪れ、公園内の現場にも行ってみた。するとホームレスたちが胡散臭そうにみるのに閉口したが、吹石はホームレスの中に意外に人をみつけた。それは、警察学校で逮捕術を教わった椎葉だった。椎葉は優秀な警察官として有名だったが、なにかの事情で警察を辞めたとは聞いていた。まさか本人とはと、確認してみるとまさにそうだった。

そこで、吹石は、ありえない挙動をとった。それは、ホームレスの椎葉を、一家三人殺人事件の捜査の助手として雇うことである。事件が膠着状態なので、溺れる者の藁の心境だった。吹石は、女性とはいえ、というか女性であるがゆえにかもしれないが、警察内で出世欲が強くて、実績を挙げて本庁の刑事になりたいという夢があった。しかし、椎葉を助手にしたことがばれたら確実に左遷であって、夢は潰えてしまう。なので、これは勝負手というか賭けだった。

椎葉は、警察から隠遁した身で、その申し出に気が進まなかったが、吹石が提示する日当に目がくらんだ。なにしろ椎葉はお金に困っている。日当は当然に警察の経費として認められるわけがなく、吹石の自腹である。

こうして椎葉は、私立探偵という触れ込みで、吹石の依頼で聞き込みした。ところが、何日も風呂に入っておらず、コートも古くて臭いとあっては、聞き込みにも苦労する。そこで吹石は、新しいコートも買い与えた。

椎葉は臭いし、酒浸りだし、吹石に対して小じわが目立つね、とか余計なことを平気でいうので、最初は吹石は椎葉を嫌っていたのだが、日当を払い、いろいろ面倒をみているうちに次第に情が移ってきた。そして、ときどきであるが、捜査の進捗の相談と称して一緒に飲みにいくまでになった。もちろん吹石の奢りであるが。

ところで、話は戻るが、代々木公園内で殺された高校生と、一家三人殺人事件の生き残りの長女、美亜という名前である、とはたまたま知り合いだった。そこで椎葉は美亜に聞き込みしたが、当然に美亜は心を開かない。なにしろもともと不良少女であるし、家族を殺されたトラウマが強い。ところが、椎葉は、押したり引いたり、話術を駆使して、次第に美亜の心を開いてゆき、打ち解けてきた。

そんな様子をみて、吹石は密かに妬けたりする。じゃ椎葉は、ホームレスなのに両手に花なのかというと、そうでもないのだが、ともかく刑事コロンボのように聞き込みし、ときには手荒なことも敢えてし、次第に事件の核心に近づく。ただ、流石に椎葉は、金田一耕介ではないので、沢山、試行錯誤もある。

ここからはストーリーの佳境なので省略するが、ホームレスで酔っ払いの探偵の椎葉が捜査するというのは、レイモンド・チャンドラーが描くフィリップ・マーロウのようで、それとは似て非なる、なかなか魅力的なキャラに仕上がっている。

また、吹石のキャラもいい。もともと学校時代は女番長みたいな存在だったらしく、性格的に硬派なのだが、意外に女らしいところもあり、分かりやすい美人ではないのだが、ときどき先輩の警察官に食事に誘われたりするので、見方によっては美人なのかもしれない。しかし、彼氏いない歴が随分長い。

さらに、椎葉と美亜の関係も、一歩間違えるとロリータなのだが、そういうきわどさも、面白いのだった。あ、別に私はそういう趣味はない。言い訳すると却ってあやしいか。

私は運転免許を取得して30年くらいになるが、一向に運転がうまくならず、いまだに初心者に毛が生えた程度である。またスキル全般に、長年やっていれば誰でも上達するという安易なスキルはないはずである。

そういえば、私が運転免許を取得した頃はまだオートマチックが一般的でなく、オートマチックだと何かの拍子に車が暴走してしまうという迷信?があったので、私はマニュアル車を買った。

しかし、不器用な私にはクラッチ操作はとても難しくて、特に坂道発進はいつもヒヤヒヤだった。あるとき、二日酔いで運転していたとき、ぼうっとして、坂道に発進しようとして車が下がってうしろの車に当たってしまった。かなりな衝撃があって、当然に後ろに乗っていたドライバーに強く叱られたが、どうもまっすぐにバンパーに当たって車に傷がなかったので、名刺を渡して、何かあったら電話下さいと言い残した。実は後ろの車のドライバーは若い女性で、電話があればいいなあとちょっと思ったりしていたが、まあそういう電話なんてないほうがいいに決まっている。

おっと、話は読書のロー・ギヤのことだった。私はサラリーマンの平均よりは本を読んでいるはずなので、慣れという意味で、本を読む速さも、まあ平均より速いと自負している。

読書論のある本によると、本は、どんな本でもじっくり味わうように読むのがいいのだとあって、そういえば私は、読むのが比較的速いけど、ちょっと読み飛ばしているというか粗いかな、という思いもあった。そうはいっても、一種の浅薄な成果主義で、読んだ冊数で充実感を感じるみたいな面も引き摺っていたりする。

そんな私なのだが、最近、気分転換に読む警察小説でさえも、読む速度がかなり遅くなったような気がする。これは呆けの兆候なのかと自問してみた。もちろん、歳なのでそういう面もあるのかもしれないが、言い訳のように考えたのは、多分これが正解である。

すなわち、さいきんでは読書の帯域を広げるため、樋口一葉や、泉鏡花、森鴎外などの比較的古い小説も読むようになったが、そういう小説はどうしても難解なので、じっくりしか読めない。車の運転でいえば、山道や悪路でロー・ギヤに入れるようなものである。

そして、山道から普通の平坦な舗装された道に出ると当然にもとのギヤに戻すのであるが、私の読書はなぜか、ロー・ギヤから戻せなくなってしまったようである。

例えば、比較的軽いミステリーの文庫本なら、今までは通勤の片道で100ページくらいは読めていた。そのペースだと400ページくらいの中編のミステリーが通勤時間だけを費やして、二日くらいで読了できる。ところが最近はどうだろう、今読んでいるミステリは、通勤で丸二日費やしたのに、まだ189ページしか読めていない。往時の半分以下の速度である。

それをまずいと嘆くのも自然かもしれないが、冷静に自分に、それで何か損しているか?と問うてみた。すると、いや別に、としかいえない。そもそも丸二日で、189ページというのは普通に私が、そんなに難解でない純文学の小説を読む速度である。

そういえば、難解で知られるロリータをなんとか読了できたのも、ロー・ギヤから戻せないという状態が幸いした。というのは、以前のように読書のギヤ・シフトが容易だと、ロリータを読んでいる最中にギヤが高い方に切り換わってしまい、私の読書力ではそんなギヤでは、ロリータ山は越えられない。なので、ロリータのまま、というのも悪くない。

そうはいっても、仕事柄、特許公報などを沢山、速く読む必要がある場合がある。そういう場合はどうするかというと、読む場所を限定して、そこをロー・ギヤで通る。そうやって、ロー・ギヤのままでなんとかなる。そもそも読書は、道路を車で通るのとは違い、トロトロ進んでも後ろからクラクションを鳴らされることもない。

なので、どんな本でもロー・ギヤのままの遅読でよいのだが、それにしても、最近では電車の中で辞書を引くのが好きになって、先日も、どうってことないミステリー小説を読んでいる最中に知らない熟語がでてきたので、つい国語辞典を引いて確かめているうちに、ストーリーの流れが中断したようになり、やや興ざめした。

ということで、緩急自在な読書を目指したいな、と贅沢言っている次第である。

コンピュータの本とか、純文学とか、ウィルスの本とか読んでいるうちに、ふと藤堂比奈子に会いたくて、買い置いている「LEAK 猟奇犯罪捜査班4」を読み始めた。

猟奇犯罪捜査班4は、元商社マンで、親の介護で仕事を休み過ぎてリストラになった男が、その後再就職もできないで、ついにはホームレスになったことから始まる。

そのホームレスが道を歩いていると、なんとお金が落ちいていた。それを辿ると、公園に行きついた。そして、死体がお札を咥えているのを発見して仰天し、上野署に通報した。

管轄外だが、たまたま私用で現場付近にいた三木鑑識官は、知り合いの鑑識官がいたので、現場に臨検させてもらえた。すると、死体の体内は多量の硬貨を含んでいて、異様に重い。いよいよ猟奇性が沸騰してくる。

その猟奇性を緩和するように、藤堂比奈子の人情話が交錯する。太鼓饅頭屋のお絹さんには実は隠し子がいて、いま癌の末期で実の母親に会いたがっていると、孫なる人物がコンタクトしてきた。それで東京駅にお絹さんが会いにいくのを比奈子が付き添ったのだが、折角会えた孫は、急に逃走してしまった。

そうしていると、石神井公園の三宝寺池でも、また若洲海浜公園でも、それぞれ別の死体がみつかり、それぞれがお札と多量の硬貨にまみれているのだった。

それで捜査に駆り出されててんてこ舞いの比奈子に、リッチマンと称する謎の人物から電話があった。なぜ比奈子のことを知っているのか。ともかくいかにも犯人ぽいので、比奈子が慎重に電話をつなぐと、ある廃工場に行けとの示唆があった。

そこで厚田警部補、東海林刑事、倉島刑事と現場に行ってみると、なんとさらに別の死体があって、やはりお札と大量の硬貨を含んでいる。

なんとか手掛かりを探ろうと、比奈子は石上検死官の示唆で、中島保にメールを出し、プロファイリングしてもらって次第に犯人像が浮かび上がってきた。そして比奈子はもしや、と最近知った人物に疑いを寄せた。

そして遠回りしながら、比奈子は、もともと猟奇的でないはずの人物に近づいていった。

ということで、今回のストーリーも人情話と猟奇が不釣り合いにバランスして、なかなか安心して読めた次第だった。ただ、お札と硬貨にまみれた死体というのはちょっと「指し過ぎ」かもしれない。

芝野龍之介

user-pic
0

以前から、将棋界だけでなく囲碁界の話題にも注意を払ってきたのだが、最近のような事件があると、将棋というか将棋連盟に関心をもつことが難しくなり、それを補償するように囲碁に関心が向いてしまうのは人情か。

そういえば先日、囲碁のグランドチャンピオン戦で、藤沢里菜女流本因坊が、高尾名人に勝ったのには流石に驚いた。藤沢里菜女流本因坊は、高尾名人にとって、藤沢秀行門下の妹弟子なので、つい気合いが入らなかったのかもしれないが、それにしても名人に勝つとはすごい。まあ、藤沢里菜女流本因坊ほどの才能ある人を女流と思ってはいけなくて、ふつうに若手有望プロとみるべきなのだろう。

ともかく、毎週の習慣で、日本棋院のホームページで対局結果というのを見ていて、あれっ、と思ったのは、芝野龍之介という名前を発見したときである。芝野龍之介というと、芝野虎丸三段のお兄さんだが、やはり囲碁が強いので有名で、たしか高校生のときアマ本因坊になったはずである。

なので、対局結果で芝野龍之介という名前をみたときは、ああ、アマチュアとしてプロ棋戦に出場しているんだな、と思ったら、芝野龍之介初段とあって、あれっ、いつの間にプロになったのか、と驚いた。

しらべてみると、芝野龍之介さんは、東京理科大の学生なのだが、去年、外来のプロ試験をうけて、ぶっちぎりで合格したようである。弟が活躍しているので、お兄さんとしても、後を追いたくなったのだろうか。なんとなく将棋の谷川兄弟を彷彿とさせるが、あっいかん、自分で谷川に言及しながら、気分が悪くなってきた。

対局結果によると、芝野龍之介初段は、おかげ杯で、鳥井裕太初段と大淵浩太郎四段に勝った。そのすぐ下では、棋聖Bリーグで、芝野虎丸三段が、元タイトル保持者の伊田篤史八段に勝っていた。ううん、なんという強い兄弟なのだろう。

あと、ウェブの記事によると芝野龍之介初段は、相模原市南区在住だそうで、なにげに私と近いのもいい。場所的には東林間のほうなので、実際はそんなに近いとはいえないが。ともかく、近所のよしみで?芝野兄弟を応援させて戴くことにする。

あっそうそう、全然脈絡がないが、最近うれしかったことがあって、それは、三浦事件を1億%クロというツイッターで煽ったハッシーこと橋本八段が、三浦九段と完全に和解し、二人は1時間くらい話し込んだのだという。三浦九段からみて、橋本八段も、絶対許せない人達の一員かとおもったら、どうやらそうでないようである。すると、橋本八段は、もともと渡辺竜王や小暮記者の仲間ではないのだろうか。いや、少なくとも橋本八段は小暮記者と仲良しだったはず。すると、三浦九段は橋本八段に心を許していいのだろうか。なんか裏がないのかどうも心配になったりする。

何にしても、戦国時代でいえば、徳川家康が織田信長と同盟を結び、ともかく西から攻められる懼れがなくなったようなもので、たたかうべき敵が減るのは望ましい。この勢いで、久保九段も千田六段も三浦九段に謝罪してくれないかな。あ、渡辺竜王は謝罪しないで、ラッシャー木村のように、そのままヒールを続けているのが、らしい、といえる。

先日、メモリ・リークについて書いたが、最近意外なことがあった。

すなわち、ある簡単なC++のプログラムを書いて、コンパイルしようとすると、コンパイルはあっさり通るのだが、なぜかリンク・エラーになって、実行可能ファイルが得られない。

あれっ、と思ったのは、普通リンク・エラーというとき、リンクしようとしたライブラリが見つからない、みたいなエラー・メッセージが出るのだが、それも全くでない。

それで困り果てて、今まで普通にきちんとコンパイルできていたソース・コードをコンパイルしようとしても同様のエラー・メッセージが出てしまう。それでこれはおそらく、ソース・コードに原因があるのではないだろうと見切って、困ったときのリブートをすることにした。

私が使っているパソコンだと下手したらリブートに5分以上かかってしまうので、あまり気が進まなかったが背に腹は代えられない。仕方なくリブートしてコンパイルしてみたら、今度はあっさり、うまくコンパイルできた。で、どうもこれは一種のメモリ・リークだったのではないかと認識した。

それにしても、特にいろいろなアプリを立ち上げたり、長い期間パソコンをリブートしないで使っていたわけではないのにどうしてメモリ・リークになったんだろうと思案してみて、もしかしてと思ったのは、XnViewというフリーウェアの画像ソフトを使ったことである。別にそのソフトでなくてもよかったのかもしれないが、画面キャプチャしてGIFファイルを作成し、そのファイルをトリムするためにXnViewを使ったのだったが、もしXnViewが広いヒープ・メモリを要求して、処理が終わったあとメモリをきちんと解放しないソフトだと、メモリ・リークが起きえる。それを行儀の悪いソフトだと呼んだとしても、OSは特に行儀の悪いソフトをブロックするわけではないので、普通に実行されたりする。

じつはXnViewが犯人かどうかわからないので、疑わしきは罰せずで、安易に疑ってはいけないのだが、それにしても不思議なのはどうしてメモリ・リークでリンク・エラーになったか、ということである。

それをきちんと解明しようとすると当時に動いている他のアプリも関係してくるので、切出しは難しい。それにしても、こういうのって、いかにも人間くさいよね、と思ってしまった。この不透明さは案外、人間心理の不透明さに匹敵する。例えば、スキルの地雷にかいたような事例である。そんな、複雑な人間心理をパソコンごときに喩えるのか、と普通は思うのかもしれないが、私は決してそんなことは思わない。ここらあたりが、コンピュータ人間かどうかの分水嶺なのだった。

AlphaGoが話題になる前から、ディープ・ラーニングには興味があって、岡谷貴之著、「深層学習」機械学習プロフェッショナル・シリーズ、講談社を買っておいたのだが、AlphaGoが話題になってもその本は積読のままで、困ったものだと嘆いていた時期があった。

ところが、量子アニーリングとの関係で、機械学習も重要だと分ってくると、急に「深層学習」機械学習プロフェッショナル・シリーズを読み始めたのだから、自分の気紛れさに呆れる。

ともかく、その「第1章 はじめに」を自分の知識の整理のため、まとめてみる。

さて、1980年代の半ばから、1990年代前半にかけて、ニューラル・ネットワークのブームが起きた。もしかして、通産省(当時)が打ち上げた、第五世代コンピュータ・プロジェクトに後押しされていた面もあったかもしれない。

それは、誤差伝播法(back propagation)という学習法の発明によるものだったが、1990年代後半にはすっかり下火になってしまった。その理由は、誤差伝播法は、2層より多いニューラル・ネットワークにはうまくいかなかった。すなわち、過学習、あるいは過適合になってしまう。入力層から離れた層に行くにつれて、勾配が発散してしまう、という問題があった。但しなぜか、画像を対象とする畳込みニューラル・ネットワーク(CNN)は比較的うまくいった。

その後、ニューラル・ネットワークに対する関心は低下したが、1990年代後半から、2000年代前半にかけて、HintonらがDeep belief network(DBN)の研究を行い、これがブレーク・スルーになった。これでも、多層になると依然として学習が困難だったが、DBNの層毎に、制約ボルツマン・マシン(restricted Boltzmann machine:RBM)と呼ばれる単層ネットワークに分解し、greedyに入力層から順に教師なしで学習していく方法を提案した。

そうやって得られたDBNは、順伝播型のニューラル・ネットワークに転換可能で、そうして得られたニューラル・ネットワークは、多層でも過学習の問題を引き起こさなかった。このような、RBMによる学習を、事前学習(pretraining)と呼ぶ。

その後、DBNやRBMでなく、より単純な自己符号化器を使用しても事前学習が可能であることが分かった。

このようにして得られる多層ニューラル・ネットワークの学習処理を深層学習と呼ぶ。ただ、深層学習といっても、いくつかの異なる方法論の集まりである。例えば、音声認識では、層間ユニットが全結合したネットワークがよく使われ、上述の事前学習が行われる。

一方、画像認識に使用される、畳込みニューラル・ネットワークでは、事前学習は必要ない。

他方、自然言語処理や音声認識では、再帰型ニューラル・ネットワーク(recurrent neural network:RNN)が使用される。

深層学習が結局成功を収めた理由は、上記のようなアルゴリズムだけでなく、ウェブ時代になって入手可能な学習データが増えたことと、マルチコアやGPUなどによって計算機の計算能力が顕著に高まった、ということがある。

以上、深層学習に関して、学んだキーワードをちりばめてみたので、あとは地道に勉強することにする。

ふと、田丸九段のブログをみたら、「青野九段、中川八段、片上六段らの3人の理事が解任された2月27日の臨時総会」とあって、あっ、そういえば理事解任の臨時総会だったな、と思い出した。そこで一旦、別の記事に行ってみた。とりあえず、朝日新聞の記事を引用する。

5人の信任をそれぞれ問う形で投票を行った結果、会長に次ぐナンバー2の青野専務理事、中川大輔常務理事(48)、片上大輔常務理事(35)の27日付での解任が賛成多数で決まった。東(あずま)和男常務理事(61)と佐藤秀司常務理事(49)は留任する。任期は6月まで。正会員234人のうち、委任状を出した64人を含む216人が投票した。

これをみて、私は、ああ、解任を否決された、すなわち留任する理事もいるんだ、何が違うのかと素朴な疑問を抱いた。まあ確かに、青野と片上は、2チャンネルでもよく叩かれていた。ただ、他の理事の貢献?は私はよく知らない。ともかく、もう少し引用してみる。

記者会見した佐藤康光会長(47)は「(理事たちは)功績も大きかったと思うが、不満の方が大きかったのだと思う」と述べた。「何が肯定され、何が否定されたと思うか」という質問には、「正直、わからない」と答えた。後任を補充する選挙を行うかどうかは未定という。
この問題を巡っては、今月6日、会長の谷川浩司九段(54)と常務理事の島朗(しまあきら)九段(54)が辞任。しかし、その他の5人の理事の責任を問う声は収まらず、5人を解任するかどうかを決める臨時総会の開催を求める署名を棋士28人が提出していた。理事が解任されるのは異例という。(村瀬信也)

田丸九段のブログに戻って、以下のようにある。

まず最初に、5人の理事解任を請求した28人の棋士の中で、発起人を務めた3人の1人である西尾明六段が趣旨説明しました。その要件は2月7日のこのブログで紹介したように、「常務会は、①連盟の正会員である棋士の立場を守らず、棋戦運営に支障をきたした②連盟の信用を大きく損ね、将棋ファンを失望させた③連盟に多大な金銭的損失を与えた④棋士に対して説明責任を果たさず、誤った説明をした」という内容です。そして「棋士は将棋の普及と発展に寄与する公益法人の会員で、公益の目的に著しく反した責任の所在を明らかにしたい」と結びました。じつに理路整然とした説明ぶりでした。

なるほど、西尾六段が、発起人を務めた3人の1人で、リーダーのようである。確かに、西尾六段は、コンピュータにも詳しいし、論理的思考が得意である。また、倫理的にも公正だと思われる。

田丸九段によると、

過半数の109票との票差は、大半の理事が2票~8票と僅差でした。理事解任を巡って、棋士たちの見方はほぼ等しく分かれました。
とのことで、理事に与する棋士も結構多いんだと意外だった。その中にはアンチ三浦の棋士がいたり、ともかく長いものには巻かれろ派もいるんだろうか。もしかして、今の理事が解任されると、新聞社などのスポンサーから見放されることを懼れている棋士もいるのかもしれない。

また、以下の記述には驚いた。

臨時総会が終了すると、佐藤会長、留任した東八段、佐藤七段らは「報告会」を開きました。その席上でA棋士は「虚偽の告発をした棋士に、ペナルティと損害金の補償を求める」と発言し、出席している渡辺明竜王を名指しで批判しました。それを受けて渡辺竜王は「常務会と話し合いを続けているところです。何らかの形で補償に協力したい」と語りました。「三浦九段は不正をしたと、今でも思っているのか」というB棋士の厳しい質問には、渡辺竜王は何も答えませんでした。

すなわち、渡辺竜王が出席しているのに、名指しで批判している棋士がいるとは。また、「三浦九段は不正をしたと、今でも思っているのか」という質問に渡辺竜王は答えなかったというが、渡辺竜王のブログをみると、

昨日の総会は個人的にも厳しい一日でしたが、理事会と話をしている最中でもあり、自分の言葉で話せずに申し訳ないです。
とあって、何か具体的な補償を相談中なのだろう。現在、棋王戦の最中で、それが終わったら具体的アクションをとるということも考えられる。

あと、別の記事では、三浦九段が名指しで非難した小暮克洋記者が、東大の同窓生である大山滋郎弁護士に渡辺竜王の弁護を依頼したのだという。その大山滋郎弁護士による反論内容をみると、2016年10月頃の議論を尾ひれをつけて蒸し返し、渡辺竜王が疑念を抱くのも無理もない、という論旨にもっていこうとしているように思われる。これでは第三者委員会の折角の裁定がないがしろにされて闇試合になり、ベトナム戦争のようになってしまわないのだろうか。

最後に、とってつけたように言うのだが、佐藤康光新会長は、責任をもってものごとをきちんと進めるという意味で、谷川前会長よりmuch betterだとおもう。そもそも、谷川前会長は、米長元会長の傀儡としてのみ意味があったのであり、すると、米長元会長が死去したときに用済みとして退任すべきであった。すると、永世名人資格保持者の栄誉が傷つかないですんだだろう。

もうひとつ、三浦事件を仕組んだ黒幕が、小暮記者なのか、渡辺竜王なのか、あるいは表に顕れていない誰か別の人物なのかしらないが、一体何がしたかったのか、あるいは、いまからも何をしようとしているのか。しかしどんな意図であれ、指せば指すほど将棋界をダメにするヘボな大局観のようなので、いい加減に身を引いてほしいものである。

このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。