将棋連盟、理事解任

user-pic
0

ふと、田丸九段のブログをみたら、「青野九段、中川八段、片上六段らの3人の理事が解任された2月27日の臨時総会」とあって、あっ、そういえば理事解任の臨時総会だったな、と思い出した。そこで一旦、別の記事に行ってみた。とりあえず、朝日新聞の記事を引用する。

5人の信任をそれぞれ問う形で投票を行った結果、会長に次ぐナンバー2の青野専務理事、中川大輔常務理事(48)、片上大輔常務理事(35)の27日付での解任が賛成多数で決まった。東(あずま)和男常務理事(61)と佐藤秀司常務理事(49)は留任する。任期は6月まで。正会員234人のうち、委任状を出した64人を含む216人が投票した。

これをみて、私は、ああ、解任を否決された、すなわち留任する理事もいるんだ、何が違うのかと素朴な疑問を抱いた。まあ確かに、青野と片上は、2チャンネルでもよく叩かれていた。ただ、他の理事の貢献?は私はよく知らない。ともかく、もう少し引用してみる。

記者会見した佐藤康光会長(47)は「(理事たちは)功績も大きかったと思うが、不満の方が大きかったのだと思う」と述べた。「何が肯定され、何が否定されたと思うか」という質問には、「正直、わからない」と答えた。後任を補充する選挙を行うかどうかは未定という。
この問題を巡っては、今月6日、会長の谷川浩司九段(54)と常務理事の島朗(しまあきら)九段(54)が辞任。しかし、その他の5人の理事の責任を問う声は収まらず、5人を解任するかどうかを決める臨時総会の開催を求める署名を棋士28人が提出していた。理事が解任されるのは異例という。(村瀬信也)

田丸九段のブログに戻って、以下のようにある。

まず最初に、5人の理事解任を請求した28人の棋士の中で、発起人を務めた3人の1人である西尾明六段が趣旨説明しました。その要件は2月7日のこのブログで紹介したように、「常務会は、①連盟の正会員である棋士の立場を守らず、棋戦運営に支障をきたした②連盟の信用を大きく損ね、将棋ファンを失望させた③連盟に多大な金銭的損失を与えた④棋士に対して説明責任を果たさず、誤った説明をした」という内容です。そして「棋士は将棋の普及と発展に寄与する公益法人の会員で、公益の目的に著しく反した責任の所在を明らかにしたい」と結びました。じつに理路整然とした説明ぶりでした。

なるほど、西尾六段が、発起人を務めた3人の1人で、リーダーのようである。確かに、西尾六段は、コンピュータにも詳しいし、論理的思考が得意である。また、倫理的にも公正だと思われる。

田丸九段によると、

過半数の109票との票差は、大半の理事が2票~8票と僅差でした。理事解任を巡って、棋士たちの見方はほぼ等しく分かれました。
とのことで、理事に与する棋士も結構多いんだと意外だった。その中にはアンチ三浦の棋士がいたり、ともかく長いものには巻かれろ派もいるんだろうか。もしかして、今の理事が解任されると、新聞社などのスポンサーから見放されることを懼れている棋士もいるのかもしれない。

また、以下の記述には驚いた。

臨時総会が終了すると、佐藤会長、留任した東八段、佐藤七段らは「報告会」を開きました。その席上でA棋士は「虚偽の告発をした棋士に、ペナルティと損害金の補償を求める」と発言し、出席している渡辺明竜王を名指しで批判しました。それを受けて渡辺竜王は「常務会と話し合いを続けているところです。何らかの形で補償に協力したい」と語りました。「三浦九段は不正をしたと、今でも思っているのか」というB棋士の厳しい質問には、渡辺竜王は何も答えませんでした。

すなわち、渡辺竜王が出席しているのに、名指しで批判している棋士がいるとは。また、「三浦九段は不正をしたと、今でも思っているのか」という質問に渡辺竜王は答えなかったというが、渡辺竜王のブログをみると、

昨日の総会は個人的にも厳しい一日でしたが、理事会と話をしている最中でもあり、自分の言葉で話せずに申し訳ないです。
とあって、何か具体的な補償を相談中なのだろう。現在、棋王戦の最中で、それが終わったら具体的アクションをとるということも考えられる。

あと、別の記事では、三浦九段が名指しで非難した小暮克洋記者が、東大の同窓生である大山滋郎弁護士に渡辺竜王の弁護を依頼したのだという。その大山滋郎弁護士による反論内容をみると、2016年10月頃の議論を尾ひれをつけて蒸し返し、渡辺竜王が疑念を抱くのも無理もない、という論旨にもっていこうとしているように思われる。これでは第三者委員会の折角の裁定がないがしろにされて闇試合になり、ベトナム戦争のようになってしまわないのだろうか。

最後に、とってつけたように言うのだが、佐藤康光新会長は、責任をもってものごとをきちんと進めるという意味で、谷川前会長よりmuch betterだとおもう。そもそも、谷川前会長は、米長元会長の傀儡としてのみ意味があったのであり、すると、米長元会長が死去したときに用済みとして退任すべきであった。すると、永世名人資格保持者の栄誉が傷つかないですんだだろう。

もうひとつ、三浦事件を仕組んだ黒幕が、小暮記者なのか、渡辺竜王なのか、あるいは表に顕れていない誰か別の人物なのかしらないが、一体何がしたかったのか、あるいは、いまからも何をしようとしているのか。しかしどんな意図であれ、指せば指すほど将棋界をダメにするヘボな大局観のようなので、いい加減に身を引いてほしいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4461

コメント(4)

| コメントする

あやたろうさん
>指せば指すほど将棋界をダメにするヘボな大局観のようなので

弁護士雇うというのはすでに敗勢を自認した終戦工作だと思っていたんですが、
あのバカな2チャンネル(読んでる私も恥ずかしい)では、
東大法学部(自称なのか?)を代表して、小暮・片上を擁護して
これで三浦も終わりだ、低学歴の馬鹿ども、みたいな
やけくそ投稿が続いていますね。

どう考えても、アンチ東大法学部の兄ちゃんが、東大法科の味方の
ふりして、逆に馬鹿にされるように、デマゴーグしてるとしか思えない。そうでなきゃ阿呆そのものの発言ですよ。

よくないです、匿名で文句言いあうのは。

user-pic

山椒魚さん

> 東大法学部(自称なのか?)を代表して、小暮・片上を擁護して
> これで三浦も終わりだ、低学歴の馬鹿ども、みたいな
> やけくそ投稿が続いていますね。

いかにも2chっぽい内容ですね。それにしても、小暮の知り合いの弁護士というのも、まあ類は友を呼ぶだな、と感じました。果たして、どうなることやら。

user-pic

おはようございます。山椒魚さんじゃなかったようで、失礼しました。(TT)
理事解任、当然過ぎる帰結に必要以上の時間がかかりましたが、まぁ一里塚でしょうか。
 しかし、この厳しい状況下で会長になった佐藤九段ですが、どうも膿みだしの気概が感じられません。
皆さん仲良いふりをして、心に思っていても言葉にも態度にも出さず、世間の評価がまぁまぁの結果を導いて
とにもかくにも全員でそれとなく切り抜けましょうよと言っているように感じてしまいます。
 確かに200名そこそこの人数で、全員が十代の頃からのつながりを考えると、非常に特殊な社会であり
他では歌舞伎を思い浮かべますが、その閉鎖性は他に類を見ない組織ですね。
してみると、こうしたぐにゅぐにゅの対処は止む終えない事なんだろうなと想像がつきます。
 そう言う社会であることを知らしめた渡辺明氏は立派です。(笑)
 こんな自浄作用が働かない組織は作ってはいけないと言う結論に達しつつ、
すでに技術の高準化では存在理由が希薄になってきた将棋連盟。すべてを刷新した新しい組織が立ち上がるでしょうか。
立ち上がって欲しいと期待しています。
 今の心境は、棋士の方たちには申し訳ありませんが、現在の公益社団法人日本将棋連盟は解散の1手とし、
すべての棋戦はスポンサーが好みで対局者を公募すれば良かろうと思っています。
プロもアマもないまさに賞金稼ぎシステムですね。(笑)

user-pic

ねずげんたさん

> しかし、この厳しい状況下で会長になった佐藤九段ですが、どうも膿みだしの気概が感じられません。

もしかして、開腹してみたものの、癌があちこちに転移していて手術不可能だと諦めた外科医のようなものなのではないでしょうか。

> 今の心境は、棋士の方たちには申し訳ありませんが、現在の公益社団法人日本将棋連盟は解散の1手とし、
> すべての棋戦はスポンサーが好みで対局者を公募すれば良かろうと思っています。
> プロもアマもないまさに賞金稼ぎシステムですね。(笑)

そうですね、するとゴルフのようなものですかね。すると、いよいよ将棋だけで食べていけるのはごく一部の棋士だけになり、囲碁と違ってレッスンプロの市場も充実していない将棋界では、棋士は普段はコンビニにでも勤めるんですかね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年3月 1日 05:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「木と森」です。

次のブログ記事は「ディープ・ラーニングへの途」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。