芝野龍之介

user-pic
0

以前から、将棋界だけでなく囲碁界の話題にも注意を払ってきたのだが、最近のような事件があると、将棋というか将棋連盟に関心をもつことが難しくなり、それを補償するように囲碁に関心が向いてしまうのは人情か。

そういえば先日、囲碁のグランドチャンピオン戦で、藤沢里菜女流本因坊が、高尾名人に勝ったのには流石に驚いた。藤沢里菜女流本因坊は、高尾名人にとって、藤沢秀行門下の妹弟子なので、つい気合いが入らなかったのかもしれないが、それにしても名人に勝つとはすごい。まあ、藤沢里菜女流本因坊ほどの才能ある人を女流と思ってはいけなくて、ふつうに若手有望プロとみるべきなのだろう。

ともかく、毎週の習慣で、日本棋院のホームページで対局結果というのを見ていて、あれっ、と思ったのは、芝野龍之介という名前を発見したときである。芝野龍之介というと、芝野虎丸三段のお兄さんだが、やはり囲碁が強いので有名で、たしか高校生のときアマ本因坊になったはずである。

なので、対局結果で芝野龍之介という名前をみたときは、ああ、アマチュアとしてプロ棋戦に出場しているんだな、と思ったら、芝野龍之介初段とあって、あれっ、いつの間にプロになったのか、と驚いた。

しらべてみると、芝野龍之介さんは、東京理科大の学生なのだが、去年、外来のプロ試験をうけて、ぶっちぎりで合格したようである。弟が活躍しているので、お兄さんとしても、後を追いたくなったのだろうか。なんとなく将棋の谷川兄弟を彷彿とさせるが、あっいかん、自分で谷川に言及しながら、気分が悪くなってきた。

対局結果によると、芝野龍之介初段は、おかげ杯で、鳥井裕太初段と大淵浩太郎四段に勝った。そのすぐ下では、棋聖Bリーグで、芝野虎丸三段が、元タイトル保持者の伊田篤史八段に勝っていた。ううん、なんという強い兄弟なのだろう。

あと、ウェブの記事によると芝野龍之介初段は、相模原市南区在住だそうで、なにげに私と近いのもいい。場所的には東林間のほうなので、実際はそんなに近いとはいえないが。ともかく、近所のよしみで?芝野兄弟を応援させて戴くことにする。

あっそうそう、全然脈絡がないが、最近うれしかったことがあって、それは、三浦事件を1億%クロというツイッターで煽ったハッシーこと橋本八段が、三浦九段と完全に和解し、二人は1時間くらい話し込んだのだという。三浦九段からみて、橋本八段も、絶対許せない人達の一員かとおもったら、どうやらそうでないようである。すると、橋本八段は、もともと渡辺竜王や小暮記者の仲間ではないのだろうか。いや、少なくとも橋本八段は小暮記者と仲良しだったはず。すると、三浦九段は橋本八段に心を許していいのだろうか。なんか裏がないのかどうも心配になったりする。

何にしても、戦国時代でいえば、徳川家康が織田信長と同盟を結び、ともかく西から攻められる懼れがなくなったようなもので、たたかうべき敵が減るのは望ましい。この勢いで、久保九段も千田六段も三浦九段に謝罪してくれないかな。あ、渡辺竜王は謝罪しないで、ラッシャー木村のように、そのままヒールを続けているのが、らしい、といえる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4464

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年3月 4日 06:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「意外なメモリ・リーク」です。

次のブログ記事は「猟奇犯罪捜査班4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。