よろずのことに気をつけよ

user-pic
0

私が勤務している会社のオフィスのそばには古書店があるのだが、ここ数ヶ月行っていなかった。理由は、かなり仕事が忙しかったからで、基本的に残業しないという方針の勤務形態では、忙しいと実質的に早朝と昼休みを仕事にあてることになる。

それで久々にその古書店にいってみて、100円均一コーナーを眺めていたら、川瀬七緒の「よろずのことに気をつけよ」講談社文庫が目に付いた。なんかインパクトのないタイトルだなあと、やや脱力したが、裏表紙をみて、江戸川乱歩賞受賞作とあったので、とりあえず買うことにした。比較的最近の受賞作であり、昔はともかく、最近では江戸川乱歩賞受賞作はまあまあなのではという思い込みがある。

そして江戸川乱歩賞への信頼感から、というか、川瀬七緒という知らない作家への信頼感から、直ちに読み始めた。すると、あまり類のないミステリーで、ぐいぐい引き込まれた。あまり類のない、というのは呪術をメイン・テーマにしているのである。そういうミステリーは少なくないはずなのだが、ここまで呪いが色濃い作品も珍しい。

事件は、孫と二人で暮らす老人が、自宅で惨殺されたというものだった。たんなる惨殺ではなく、遺体は舌を切られ、心臓を抉られたという例のない酷いものだった。しかも、縁の下からは「不離怨願、あたご様、五郎子」という呪術符が見つかった。

事件に対して当然に警察の捜査が始まったのだが、健一郎という老人と同居していた孫である砂倉真由という女子大生が、警察だけには任せられないと、伝手を頼って、仲澤大輔という、呪術の系譜を研究する学者にコンタクトした。

仲澤は研究分野が特殊すぎて、大学でまともなポストが得られなくて、中野のお化け屋敷のようなあばら家に賃貸している。そこに訪ねてきた真由は、あまりに部屋がぼろいのと本が多いのに驚きつつ、祖父が殺された原因の手掛かりを得たくて、溺れる者が藁をも掴む気持ちで、自宅の縁の下からみつかった呪術符の写真をみせつつ、質問を浴びせた。

すると、仲澤は、その呪術符から感じられるあまりにも深い怨念にたじろくほどだった。仲澤は、霊能力はないが、呪術の研究から、呪いのレベルの勘が働く。そしてこれは、奈良時代に公務で呪術を研究した呪禁師の流れを汲むものではないかと推察した。

その呪禁師であるが、安倍晴明らによる陰陽師によってとって代わられ、廃れた。ただ、呪禁師たちはどこかへ流れていったらしい。

さて、砂倉の自宅から呪いの身代わり人形が見つかったことを受けて、仲澤は、知り合いの占い師の湯山に呪術符の写真を見せて相談した。すると湯山は、籠められた呪いの深さと、呪術符の作り方の定跡外れに驚愕した。湯山はもともと、秋葉神社の家に生まれたのだが、神社は妹婿にまかせて、家を出た次第である。ということで、神社によるお祓いにも詳しい。そこで、愛宕神社の系列ではないかと湯山は示唆した。

しかし分からないのは、殺しの現場から、タンチョウヅルの血が見つかったことである。湯山といえども、タンチョウヅルの意味は分からなかったので、仲澤は、湯山から、鳥類に詳しいホームレスの野呂を紹介してもらった。そして野呂から、出雲の修験道の行者が鳥の内臓供物の儀式をもっていることを教わった。

一方、仲澤と真由の調査で、健一郎の行動に不審な点があることが分かった。すなわち、家族に内緒で病院の教育サポートのボランティアをしたり、密かに京都の愛宕神社を訪れていたことが分かった。

そして、仲澤と真由が健一郎の行動の後を追跡することで、京都から高知、そして東北の山奥に至り、ついに呪術師たちの一団に迫ることができた。そこからはストーリーのコアなので記述を省略するが、呪術に関する深い薀蓄を含む、興味深いプロットだった。

ところで、仲澤と真由とは不思議な名コンビで、この組み合わせでシリーズ作があるのかと思ったら、この組み合わせは本作限りで、川瀬七緒はこの後、昆虫法医学捜査官シリーズを書いているようで、なかなかユニークな作風だといえる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4478

コメント(2)

| コメントする

あやたろうさん
>川瀬七緒の「よろずのことに気をつけよ」講談社文庫

読んだことないですが、川瀬七緒というペンネーム?みると
反射的に、「火田七瀬」というエスパー・ヒロインの名が浮かびますね(笑)

呪術物ミステリーでは、中島らも「ガダラの豚」もなかなか面白かったですが、「よろず・・・・」はちょっと猟奇的なんでしょうかね?

user-pic

山椒魚さん

> 反射的に、「火田七瀬」というエスパー・ヒロインの名が浮かびますね(笑)

あらっ、この人を私は知らないので、ちょっとググってみました。ああ、筒井康隆の「七瀬、ふたたび」ですね。読んだはずなのに、見事に忘れてました。

>「よろず・・・・」はちょっと猟奇的なんでしょうかね?

猟奇的は猟奇的ですが、呪術の歴史の薀蓄の記述が詳しくて、興味深かったです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年3月18日 05:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「選別システム」です。

次のブログ記事は「疑似恋愛モード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。