徳川家康

user-pic
0

井伊直虎に関する本を読んだことで、木と森に書いたように、松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んでみた。徳川家康に関する話はあまりにも有名で、いまさらまとめるもなにもないものだが、専ら自分の勉強用に簡単に要約してみる。

さて、徳川家康は、1542年に三河の国、岡崎に生まれた。父は松平広忠、母は水野氏の於大である。ちなみに、井伊直虎が生まれたのは、1536年らしいから、直虎の方が8歳くらい年上ということになる。家康の幼名は、竹千代といった。

なお、家康が生まれた時代は、今川義元と武田信玄の力が強大で、織田氏が次第に力をつけてきていた。そんな時代にあって、竹千代が生まれた松平氏は弱小国で、周囲、特に今川義元に最大限に従順を誓って、なんとか生き残りを図っていた。このあたり井伊家とまったく同じである。

そんなとき、困ったことが起きた。竹千代の母の兄が、織田氏と通じているという噂が立ったのである。それが今川氏に対していらぬ嫌疑をもたらしてはと、広忠は於大の方を離縁した。事情が事情だけに、文句もいわずに於大は実家に帰った。

広忠は、後妻として戸田康光の娘を娶った。その後、織田信秀が攻めてきたので、広忠は、今川義元に、兵を出すよう依頼した。すると、今川義元は、その見返りに、竹千代を人質に出すように言ってきた。今川からの下知とあっては、是非もない。そこで竹千代の一行が船で駿府に向かっているはずが、船はなぜか謀られて、織田の領地に向かった。じつは、戸田康光が密かに織田信秀と通じていたのである。

こうして竹千代を手に入れた織田信秀は、松平広忠に付くように言った。しかし広忠は、涙を飲んでこの申し出を断った。竹千代が殺されることよりも、松平氏が今川に取り潰されることを大とみたのである。

ところが、織田信秀は意外に紳士で、竹千代を鄭重に扱った。竹千代が生母と会えるように取り計らったりもした。

一方、竹千代を奪われたにも拘わらず寝返らない広忠を意気に感じて、今川は兵を出してくれ、織田信秀を攻めることになった。

ところが、そんな折り、急に広忠が病死してしまった。ただ、これは病死でなく、近臣に謀殺されたというのが真相らしい。これに応じて今川は岡崎城を占領し、織田信秀が病死すると、今川は織田信秀の庶子、信広を包囲した。そこで一種の捕虜交換で、信広が解放され、一方、竹千代が今川に引き渡された。こうして、竹千代の駿府での長い人質生活が始まった。

結局、竹千代は、八歳から十九歳まで、人質として駿府に住んだ。竹千代は、武芸が得意で、学問を好み、優秀な子供だった。また、幼少の頃から苦労したせいか、冷静沈着で忍耐力もあった。

駿府で元服した竹千代は、松平元信と名乗り、後に元康と改名した。そのとき織田の当主は、信長になっていた。信長はとんでもないバカ殿だとの噂があったが、それは信長がわざと奇行をしていただけで、本当は天才的武将だった。

今川軍の一員として元康は、織田信長の軍勢と戦い、武勲を上げた。じつは元康の祖父の松平清康は有名な武将で、流石その孫と、松平譜代の家臣たちは感嘆した。

この頃元康は、関口親永の娘、築山殿を娶った。そして長男、信康が生まれた。

それから大事件が起きた。それは、上京の野望を抱いて終りに入った今川の軍勢が、桶狭間で織田信長らの奇襲に遭い、今川義元他主だった家臣が討ち死にしたのである。

それで岡崎城に駐留していた今川の家臣たちも慌てて駿府に戻り、こうして元康は晴れて岡崎城の城主となった。今川義元亡きあと、その息子の氏真が継いだが、その器量を頼りなく思い、寝返って織田信長と和議を結び、今川と絶縁した。このころ、家康と改名した。

三河を平定した家康は、姓を徳川に変えた。また、長男、信康は織田信長の娘、徳姫を娶った。ここから徳川家康と織田信長は、固い信頼関係で結ばれた。そして織田信長の協力もあって、徳川家康は三河と遠州二か国の領主となった。

そうやって次第に力をつけてきた家康だったが、武田信玄の軍が上洛の途中で三河遠江に入り込み、それを徳川家康の軍勢が迎撃した。しかし、聞きしに勝る武田軍の強さの前に徳川軍は大敗し、家康は九死に一生を得て城に戻った。

やがて、武田信玄が病死し、息子の勝頼が継いだが、依然として武田軍は強かった。そこで家康は信長と連合して、長篠で武田軍を待ち伏せた。そこでは信長が、鉄砲を駆使した陣形を組み、武田騎馬軍団を壊走させた。

大打撃を受けた勝頼だが、謀略を以て、家康の妻、築山殿を誑し込み、息子の信康をも味方に引き入れようとした。しかし、信康の妻、徳姫を通じて、そんな様子が信長に知れ、信長は家康に、信康を切腹させるよう申し立ててきた。愛息であった信康を切腹させるに忍びなかったが、力関係で信長の指示に従わないわけにはいかず、渋々信康を切腹させた。このことは家康にとって、生涯に亘って痛恨事だった。ともかく、敵と通じた築山殿も処刑された。

その後家康は、永井氏と結婚し、次男秀康、三男秀忠が生まれた。それから家康は、信長と協力して、武田を完全に滅ぼした。そして家康は駿河も配下に入れた。

ところが、1582年のことである。京都にいる信長に挨拶しようと家康は近臣たちと出かけたところ、本能寺の変を聞いた。それで、明智の軍勢に襲われる危険があるので、堺から急遽三河に帰った。途中治安が悪く、なんども危機に陥ったが、なんとか逃れた。

一方、明智光秀を討った羽柴秀吉は、実質的に信長を継いだかたちになり、急速に力をつけた。それに不満をもつ信長の家臣たちは秀吉に戦を挑んだが、ことごとく打ち破られた。

相手の資質を見抜くことに長けた家康は、秀吉のただならぬ器量を見てとった。そして、秀吉とまともに対抗するのは得策でないと判断して、下手に出ることにした。そして、大阪城に出かけて秀吉に挨拶して、次男を秀吉に人質に差し出したりした。

これをみて秀吉も、家康を家臣とみなすようになった。そして、小田原城攻略に当たっては、家康軍は、秀吉軍と行動を共にした。そして見事小田原城攻略を果たすと、家康は、秀吉の勧めて、江戸に城を築いて移ることにした。

ところが、家康はなんとも周到な人で、優秀な部下を責任者に任命して、江戸の開発に当たらせた。このときの綿密な計画が、その後の江戸、そして東京の繁栄の基礎となった。

一方、小田原城攻略でさらに野望を膨らませた秀吉は、今度は朝鮮に出兵した。これには家康も流石に反対したが、聞き入れられなかった。

しかし、秀吉が病死すると、秀吉は、秀頼に後を継がせること以外は、自分の死後の準備をほとんどしていなかったので、大変混乱した。そこで家康は、手腕を駆使して事態を収束させた。そして、徳川軍は、会津の上杉景勝の軍勢と戦うために出陣した。

その様子をみていた石田三成らは、徳川軍を討とうと、兵を挙げた。しかし、それは家康の誘いの隙で、カウンターで石田三成らを滅ぼそうとした。そのための根回しも周到で、石田三成の陣営の中にも裏切るものが出てきて、徳川の東軍の圧勝と思われたが、石田三成方の西軍には獅子奮迅の働きをする者もでてきて、意外に僅差の東軍の勝利だった。

こうして、問題分子を一掃した家康は、まるで鉢植えのように譜代や外様の大名を配置し、周到に支配体制をつくった。

盤石の基盤を固めた徳川家康は、一気に大阪城に攻め入るかと思ったら、形式上、秀頼に忠誠を尽くすふりをして、大阪城の面々を安心させた。よほど危機に陥った場合を除き、じっくり構えて、無理をしないのが家康のやり方である。

やがて、謀略で外濠を受め、着々と大阪城の守りを弱めてゆき、大阪側から攻めさせるようにした。流石の家康も、戦況を楽観したが、意外な伏兵がいた。それが真田幸村で、以前にも徳川軍は、真田軍に苦しめられたことがあった。

真田軍は智略を駆使して戦い、あるときは、家康が肝を冷やすほどまでに徳川軍に迫ったが、戦況の不利は覆い難く、ついに大阪方は滅びてしまった。

ここからは、幕藩体制の確立という壮大な物語が続くのだが、それはまた機会があったら別途勉強してみる。

ともかく、何度も絶体絶命の危機を乗り切り、華美を嫌い、質実剛健で制度をつくり、一度目のチャンスは見送る将棋の大山のような戦術を駆使する徳川家康は、知れば知るほど偉大なのだった。個人的にも、鷹狩と学問を好み、死ぬまで修練を怠らなかった。

家康の学問好きは、朱子学の分野での林家の重用にもつながり、このことは、徳川思想小史で述べた、壮大な徳川文化の礎ともなった。

ところで、家康は、源頼朝を尊敬しており、その治績を記した「吾妻鏡」をいつも読んでいたという。境遇に似たものを感じるからなのだろうか。そこで今度は源頼朝に関する本を読んでみることにする。歴史の知識に疎い私にとって、広い空間に一つずつ点を打って、少しでも埋めようとする作業に似ているな、と苦笑する。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4491

コメント(4)

| コメントする

あやたろうさん
>堺から急遽三河に帰った。途中治安が悪く、なんども危機に陥っ>たが、なんとか逃れた

清張さんの時代には徳川関係資料が「徳川実紀」中心で徳川家の公式記録を信じて考証するしかなかったのかとは思いますが、

近年の研究では、この危険な「伊賀越え」説には異論があって、
案外、楽勝だった、という説も出ています。

というのは、信長謀殺の予測が既にあって、あらかじめ、
伊賀越えの間道伝いに退避行程の根回しがされていて
(実際に、各地の有力者に、協力のあかつきには報償として
これこれの土地を与えるみたいな約束を与えていたらしい)
そういうのがばれると、クーデターに加担したという汚名をかぶりますから、命からがら逃げかえったという話にすりかえたんじゃないかと。

user-pic

山椒魚さん

> というのは、信長謀殺の予測が既にあって、あらかじめ、
> 伊賀越えの間道伝いに退避行程の根回しがされていて

なんと、本能寺の変は、事前に分っていたのですか。なら、なぜ信長が先手を打たなかったのでしょう。いろいろ謎が多いです。

あやたろうさん
>本能寺の変は、事前に分っていたのですか

文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」という明智光秀の子孫が書いた本によれば
家康を謀殺しようと、堺へ招待した信長は、堺から本能寺へ呼び寄せて、明智光秀の軍勢で暗殺しようともくろんでいたらしい。

すると、信長は手勢少なく、本能寺で饗応の準備をしていなければならず、その模様は暗殺を警戒している家康は間者を使って事前に調べるはずですから、当然に少人数である必要があるのです。

一方、京都の裏には光秀の軍勢を潜伏させておかなければならず、
中国出兵を理由に、信長が家康の疑念を防いだ策略でした。

だから、信長が光秀を信用して、家康謀殺を共謀していたからこそ
自分の周囲は手薄にして、光秀の動向には注意を払う必要が無かったということです。

ところが、光秀は家康と内通して、家康に恩を売り、家康の協力を
求めたというのが真相のようです。

すると、結構辻褄があいます。家康はむろん、そんな博打はうちませんから、逃げ帰る方策を万全にしたのでしょう。

user-pic

山椒魚さん

> ところが、光秀は家康と内通して、家康に恩を売り、家康の協力を
> 求めたというのが真相のようです。

なるほど、それは筋が通っていますね。しかし結局、家康が裏切ったのですね、いかにも家康らしい。ともかく、文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」は私も是非読みます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年3月30日 05:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビブリア古書堂の事件手帖(7)」です。

次のブログ記事は「宵越しのパソコン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。