2017年4月アーカイブ

シェルピンスキのガスケットに続き、その姉妹版である、シェルピンスキのカーペットを作成した。以下のとおりである。エキゾチック感はシェルピンスキのガスケットの方があるが、これはこれで安定感があってよく、本当にカーペットのデザインに使えそうである。

なお、シェルピンスキのガスケットのフラクタル次元(位相次元)は、log(3)/log(2) = 1.58496... であり、シェルピンスキのカーペットのフラクタル次元(位相次元)は、log(8)/log(3) = 1.89279...なので、カーペットの方が次元が高い。これは目で見た直観とも一致する。

また、シェルピンスキのガスケットも、シェルピンスキのカーペットも、中抜きして自己同型縮小写像を再帰的に適用しているところに意味があり、中抜きしないと次元は2、すなわちベタっと塗りつぶすことになってしまう。

以下に、C++ビルダのソースコードを示す。
//---------------------------------------------------------------------------
#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
void Fracta(double p1x, double p1y, double p2x, double p2y, double p3x, double p3y,
 double p4x, double p4y,int level);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
    : TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 Close();    
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
 Canvas->Pen->Color = clBlack;
 double a = 20.0;
 double b = 20.0;
 double d = 400.0;
 // 初期位置のセット

 Fracta(a,b, a + d,b,  a + d, b + d, a, b + d,1); 
}
//---------------------------------------------------------------------------

void Fracta(double p1x, double p1y, double p2x, double p2y, double p3x, double p3y,
 double p4x, double p4y,int level)  {
 double a,b,d;
 int depth = level;
 if ( depth > 8 ) return;
 depth++;	

 d = (p3x - p1x)/3.0; 
 
 Form1->Canvas->MoveTo(p1x,p1y);
 Form1->Canvas->LineTo(p2x,p2y); 
 Form1->Canvas->LineTo(p3x,p3y);
 Form1->Canvas->LineTo(p4x,p4y);
 Form1->Canvas->LineTo(p1x,p1y);
 
 a = p1x;  b = p1y;
 Fracta(a,b,a + d,b,a + d, b + d, a, b + d, depth);
 a = p1x + d;  b = p1y;
 Fracta(a,b,a + d,b,a + d, b + d, a, b + d, depth);
 a = p1x + 2.0 * d;  b = p1y;
 Fracta(a,b,a + d,b,a + d, b + d, a, b + d, depth);
 a = p1x;  b = p1y + d;
 Fracta(a,b,a + d,b,a + d, b + d, a, b + d, depth);
 a = p1x + 2.0 * d;  b = p1y + d;
 Fracta(a,b,a + d,b,a + d, b + d, a, b + d, depth);
 a = p1x;  b = p1y + 2.0 * d;
 Fracta(a,b,a + d,b,a + d, b + d, a, b + d, depth);
 a = p1x + d;  b = p1y + 2.0 * d;
 Fracta(a,b,a + d,b,a + d, b + d, a, b + d, depth);
 a = p1x + 2.0 * d;  b = p1y + 2.0 * d;
 Fracta(a,b,a + d,b,a + d, b + d, a, b + d, depth);
 return;
}

悠々自適

user-pic
0

最近、知り合いから受け取る郵便物というと年賀状くらいだが、それも漸減の傾向にある。その年賀状の中に、いよいよ仕事から引退して悠々自適に生活に入る、というのをときどき散見したりして、ああそうか悠々自適か、とつぶやく私の気持ちは意外に複雑である。

それがどう複雑なのかどうもうまく説明できないのだが、例えば、なるべくサラリーマンを続けたいと思っているが、それは空しい抵抗で、自分も悠々自適に突入するかと、ということである。すなわち私の中で、悠々自適という言葉は必ずしもポジティブな響きをもっていない。

では、お前は今更、一旗揚げようと思っているのかというと、そんなつもりは全くない。私もできれば外見的には、悠々自適と生きる生活にいつか入りたいと思っている。ただ、思い起こすのは、以下のような一節である。自分の志村五郎という記事から引用する。

実際、志村氏は次のように言う。「誰でも第一級の数学者になろうと思うなら、その人は徐々に自分の水準を高めて行き、四十か四十五歳である高さに達し、その後はその水準をできるだけ長く保持するように努力すべきであり、またそれができる筈である。それが私の理想である。」それをアンドレ・ヴェイユに話したら、"You will find out."と応じられたそうである。なんか、揶揄するような言い方ではないか。ということは、数学者のコミュニティにあっても、志村氏のような意見は一般的でないということである。

この文章は、「誰でも第一級の数学者になろうと思うなら」という条件が入っているので、私には当てはまらないことが明らかであるが、それでも、私のような凡人でもあやかることができるし、あやかりたいと私は思い、着々と準備を進めている。

その第一歩が、今更と書いた内容である。すなわち、そんなこと知っていると知ったかぶりしないし、そんなの私には無理だと無下に怖気ず、少しずつ努力する。

最近、環境保全の本を読んでいて、なかなかいい表現をみつけた。それは、susptainabilityと、resilienceである。susptainabilityは、日本語でいうと持続可能性である。これは環境学的には、生物的なシステムがその多様性と生産性を期限なく継続できる能力なのであり、悠々自適というは老後の文脈では、感性や能力を、なるべく落とさないで、可能限り死の直前まで維持することである。

そのための第一歩は、スキルの系統発生で述べたように、極めて簡単なスキルから訓練し直すことである。馬鹿らしいとおもってはいけない。なんでも、初歩的なことが基礎になる。

次のステップは、考える対象を少しずつずらしていくことである。というのは、興味を一箇所に留めては、思考は次第に疲弊し、劣化する。なので、少しずつ興味を広げて、移動させる必要がある。そのとき、俗だとか、既に学んでいるとか、難解であるとか、あまり拘泥しない。ともかく、興味をカオスにして、パンタレイにすることである。

興味を流れ化するのにあまりエネルギーはいらないが、しかし、ある程度のエネルギーは必要である。そこは留意する必要がある。また、ときどき立ち止まって沈思することも必要である。

あとは、resilience、すなわち回復力である。老人になっていくと必然的に精神力と体力は低下していく。そこは精神力でカバーしていくよりない。

ともかく、あまり現状に安住しないで、少しずつ活動していたい。それは、志村五郎氏の説く高邁な境地とは違うが、自分は自分でできるようにやるしかない。

フラクタルを勉強していると、最初の方に、シェルピンスキのガスケットというのが出てくる。それは結構有名であるが、画像で示すと以下のようなものである。シンプルながら、なんとなく神秘的な雰囲気もあるこの描画が私は好きである。

最初にフラクタルのことを知った時、シェルピンスキって誰だろうとさえ思いもしなかったが、志賀浩二著「無限からの光芒 - ポーランド学派の数学者たち」日本評論社を読んだとき、シェルピンスキがポーランド学派の偉い数学者の一人であることを知った。

シェルピンスキは1882年に、ワルシャワの有名な医師の息子として生まれた。二つの世界大戦を含む激しい騒乱を生き延びて1969年に87歳で亡くなるまで、ポーランドの大学で数学の顕著な業績を挙げた。その業績には整数論なども含まれるが、なんといってもシェルピンスキを特徴づけるのは、カントールを嚆矢とする無限論、あるいは連続体仮説の掘り下げである。「無限からの光芒 - ポーランド学派の数学者たち」から、例えば、シェルピンスキが証明した次のような定理を掲げてみる。

連続体仮説は、次の命題と同値である:平面R2は、共通点のない二つの部分集合A、Bの和として表される。すなわち、R2 = A∪B ここで、Aはx軸と平行な任意の直線と高々加算個しか交わらず、Bはy軸と平行な任意の直線と高々加算個しか交わらない。

この定理の意味を考えていたら気が遠くなりそうになってきたので、戻ってシェルピンスキのガスケットの表示にもちいたプログラムのソースコードを示しておくことにする。シェルピンスキのガスケットは、私が三十代の前半だった歳の頃もプログラムを作成したが、πの多倍長計算などと比較しても簡単で、ほとんど苦労した記憶はない。なので今回も楽勝かとプログラミングしようとしたら、なんと、正三角形の頂点を結ぶ直線を引く計算でさえ、ええとどうだったっけ、と迷う有様で、この程度のプログラミングもほとんど半日がかりだった。ともかく、動いたC++ビルダのコードを示す。

あ、もう一つ付け加えると、数学セミナー2017年3月号のフラクタル特集号の、梶野直孝氏の「フラクタル上の解析学」と題する記事によると、シェルピンスキのガスケット上でディリクレ形式やラプラシアンが論じられるのだという。ううん、こちらの方もまた気が遠くなりそうである。

//---------------------------------------------------------------------------
#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
const double pi = 3.14156;
double PosX = 300.0;
double PosY = 300.0;
void Fracta(double p1x, double p1y, double p2x, double p2y, double p3x, double p3y, int level);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
    : TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 Close();    
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
 Canvas->Pen->Color = clBlack;
 double P1x, P1y, P2x, P2y, P3x, P3y, Angle;
 double L = 250.0;
 double InitAngle = pi;
 double OffsetAngle = 2.0*pi/3.0;
 Angle = InitAngle;
 P1x = L*sin(Angle);  P1y = L*cos(Angle);
 Angle += OffsetAngle;
 P2x = L*sin(Angle);  P2y = L*cos(Angle);
 Angle += OffsetAngle;
 P3x = L*sin(Angle);  P3y = L*cos(Angle);
 Fracta(P1x, P1y, P2x, P2y, P3x, P3y, 1); 
}
//---------------------------------------------------------------------------

void Fracta(double p1x, double p1y, double p2x, double p2y, double p3x, double p3y, int level)  {
 int depth = level;
 if ( depth > 9 ) return;
 depth++;	

 Form1->Canvas->MoveTo(p1x + PosX,p1y + PosY);
 Form1->Canvas->LineTo(p2x + PosX,p2y + PosY);
 Form1->Canvas->LineTo(p3x + PosX,p3y + PosY);
 Form1->Canvas->LineTo(p1x + PosX,p1y + PosY);

 Fracta(p1x, p1y, (p1x + p2x)/2.0, (p1y + p2y)/2.0,(p1x + p3x)/2.0, (p1y + p3y)/2.0,depth);
 Fracta(p2x, p2y, (p2x + p1x)/2.0, (p2y + p1y)/2.0,(p2x + p3x)/2.0, (p2y + p3y)/2.0,depth);
 Fracta(p3x, p3y, (p3x + p1x)/2.0, (p3y + p1y)/2.0,(p3x + p2x)/2.0, (p3y + p2y)/2.0,depth);
 return;
}

藤井聡太

user-pic
0

最年少四段で注目を浴び、プロになって13連勝と活躍している藤井四段であるが、それとは別に、非公式戦であるが、AmebaTV七番勝負というのが企画された。この対戦相手をみたとき、私は顔をしかめた。以下のとおりである。

  • 第1局 VS増田康宏四段戦
  • 第2局 VS永瀬拓矢六段戦
  • 第3局 VS斎藤慎太郎七段戦
  • 第4局 VS中村太地六段戦
  • 第5局 VS深浦康市九段戦
  • 第6局 VS佐藤康光九段戦
  • 第7局 VS羽生善治三冠戦

顔をしかめた理由は、私の理解では、相手が手強すぎるのである。各クラスの昇級候補とA級棋士ばかりである。この分では、よくて3勝4敗、最悪1勝6敗もありえると思った。いくら有望新人といっても、まだ四段になったばかりなのである。荷が重すぎる。羽生も渡辺も、いきなりデビューからそんなに勝ったわけではないと思う。

どんな会社でも、新人に、会社の命運をかけたような重要プロジェクトを任せたりしはないだろう。下手したら新人の将来を奪うことになるし。

なので、永瀬六段に負けたときは、ああやっぱり、と思った。ところがである、そのあと全勝するなんて誰が予想できたろう。

AmebaTV七番勝負は、私がいつも熱心に観ている、NHK大河ドラマの「女城主直虎」と時間が重なっているので、あまり観ていない。囲碁・将棋チャンネルで放送があるなら、録画予約するのだが。ただ、たまたま第6局の佐藤康光九段戦の終盤を観戦したら、解説の橋本八段も迷う難しい局面だったが、藤井四段は、電光石火、手合い違いのように華麗に寄せきった。こんな完敗した康光を私は見たことがなかったので、ここで初めて、藤井四段の強さを実感した、これは本物だと。

それにしても、さらに羽生三冠にまで勝つとは。まあ、羽生三冠も、どれ若者の強さをみてみるか、と様子をみる指し方してたら、はっと気づくとどうやっても一手負けになっていたのだろう。

要するに、羽生がちょっと甘い球を投げたのだが、それをジャストミートして確実にヒットするというのはそんなに簡単ではない。

こうなってくると、逆の懸念は、藤井四段が勝ちすぎて慢心することである。私は今まで勝ちすぎて、うまくいきすぎて慢心しなかった人を知らない。そうなると進歩が止まる。去年の日本シリーズで優勝した日本ハムはいま不調にあえいでいる。わが広島カープは好調である。果たして藤井四段は、勝って兜の尾を締められるだろうか。

そういえばついでだが、ついに三浦九段の初日が出た。田丸九段のブログによると、銀河戦で勝ったのだという。銀河戦の組み合わせをみると、勝った相手は斎藤慎太郎七段、戸辺七段、木村八段の誰かで、勝った相手に不足はないようである。

ママの友達

user-pic
0

相模大野のブックファーストを覘いてみて、数学書コーナーに行ったら、黒川信重「ラマヌジャン ζの衝撃」現代数学社というのが目に付いたので、ちょっとためらいつつ買った。ためらった理由は、難しすぎて理解できないのではないか、という懸念があったからなのだが、読み始めると、理解できる云々を超えて、惹きつけられるものがあり、没頭した。

ところが、はっと気づくと没頭しすぎて、頭が疲れて朦朧としてきた。いかん、中和しなくてはと、手近にあった、新津きよみの「ママの友達」光文社文庫を読むことにした。肩の凝らない軽いミステリ小説であることを期待した。

「ママの友達」は、ニックネームで、ノリ、アケ、クミ、ハセジュンという、ある中学で同級生だった女子生徒の話である。その四人は、すごく仲良しという訳でもないのだが、なんとなく交換日記を始め、輪番で書いているうちに、ハセジュンからノリに戻すところで止まったままになったという次第である。

ここでフルネームを示しておくと、ノリは杉崎典子。アケは藍川明美。クミは、吉永久美子、ピアノ演奏が好き。ハセジュンは、長谷川淳子、学校の成績がよい。

さて、時はそれから30年たって、みんな45歳になった。ノリは結婚して、野島典子になった。夫は転勤族で、娘が一人いる。アケは未婚なのだが、なんと未婚ながら幼い子供がいる。クミは結婚して等々力吉永久美子となった。子供は娘一人と息子一人だが、娘は早々と結婚してもう子供がいる。なので、クミは早々とおばあさんになった。息子は北海道の大学に行った。ところが夫は真面目なようで、大変なモラハラ夫。クミは苦しんでいる。ハセジュンはというと・・・。

そんなノリに、今更のようにハセジュンから、中断していたはずの古い交換日記が届いた。なので、ノリはそれに近況を書いた。ところが、テレビを観ていて、なんとハセジュンが遺体となって発見されたという。死後一週間は経過しているという。すると、本当は誰が交換日記を送ってきたの? 急に不安が募った。それと呼応するように、娘が不登校になった。重い空気が家庭を包む。

アケは、幼馴染の男友達とふと深い関係になって、子供ができてしまった。ところが相手の男は既婚だった。すると不倫だが、アケは意地を張って生んだ。それで父親からは勘当されてしまった。

クミは夫のモラハラによって、ピアノが弾けなくなってしまった。それで専ら孫の世話で気分転換する。

このように、四人は人生の異なる諸相で、幸せから遠い。一番不幸なのは死んでしまったハセジュンなのかもしれないが、だからといって生きていくのもめいめい、結構重い。

ともかく、ノリは厄介払いのように交換日記をアケに送った。そしてある日、自宅でふと、交換日記が送られた秘密の仕組みを発見した。そこからブレークスルーが起きた。

クミはというと、ついにモラハラ夫に反旗を翻した。しかしアケは、不倫先の妻が訪ねてきて、パニックになった。一体どうなるのか。そしてもちろん、殺されたハセジュンは帰ってこない。

こういう、はっきりしないハッピーエンドから遠い帰結なのだが、それにも拘わらず、この小説を貫く生活のリアリティには圧倒される。夫婦の関係、親子の関係、実家の小姑との関係、主婦でもある新津きよみの感性が光る。

なお、私は数理を偏愛するアスペルガーのように思われていて、それは一面の事実ではあるが、一方で微妙な心理の綾にも気を配る神経質な面もある。精神的にも肉体的にも決してタフな人間でない私はそうやって、なんとかバランスをとりながら、この歳まで生きながらえてきた。軽い気持ちで読み始めたはずなのに、そんな私にこの小説が妙に重い。以前に読んだ同じ作家の星の見える家は、もうちょっと軽かったような気がしたのだが。

フラクタル

user-pic
0

数学セミナーという雑誌は難解なので、私はバックナンバーとしてしばらく積んでおいて後で眺めることが多いが、2017年3月号は、フラクタルの特集号だった。それで、30代の前半の頃、パソコンでフラクタルの図形を描画したことを思い出した。

私は基本的に特定の本をバイブルのように扱うことはないが、当時、一時的にバイブルのように読んでいた本は、山口昌哉著、「カオスとフラクタル」ブルーバックスだった。私にしては珍しく、ぼろぼろになるまで読んだ。また、シルピンスキーのガスケットや、ジュリア集合などをパソコンで描いた。

そういう時代を思い出しつつ、数学セミナー2017年3月号の、荒井迅氏の「複素力学系のフラクタル」という記事を自分の勉強のために簡単にまとめてみる。

その記事によると、フラクタルFは次のような性質をもつ。

  1. Fには微細構造がある。どんなに拡大しても微細構造があらわれる。
  2. Fはとても不規則で、伝統的な幾何学では記述できない。
  3. Fは何らの意味で自己相似性をもつ。
  4. Fのフラクタル次元は、位相次元よりも大きい。
  5. Fは単純に定義される。

ここで、位相次元とは普通の意味での次元であり、整数値をとる。それは例えば、次元消滅で議論した次元のことである。そしてそこで、集合に次元を定義するには位相を導入するよりないと言ったことが、位相次元と呼ばれることと関係があるのだと思う。

一方、フラクタルの複雑さを測るに適した次元をフラクタル次元と呼ぶが、それにもいろいろな次元がある。そのうち計算が簡単な相似次元は、ある集合が自分自身のm個のコピーからなり、コピーの縮小率をrとするとき、-log m/log rと定義される。

例えば、コッホ曲線は、4個のコピーをもち、その縮小率は1/3なので、相似次元は、-log 4/log (1/3) = log 4/log 3 = 1.261859・・・ > 1となる。逆に3個のコピーをもち、その縮小率が1/4のようなものはありえるのだろうか。それだと相似次元は1より小さくなるが、すると、もしかしていくつかの点に収束してしまうような気がする。少なくともそれはフラクタルとは呼ばれない。

これ以外にもハウスドルフ次元というのがあるらしいが、定義が難しいので、ここでは述べない。

ところで、fを複素数CからCへの写像として、f(z) = z2 + cで、cは複素数の定数というものを考える。

そのとき、K := {z∈C|集合{fn(z)|n≧0}が有界}を充填ジュリア集合と呼び、その境界をジュリア集合と呼ぶ。すなわち、ジュリア集合はzを動かす。

一方、K := {c∈C|集合{fn(0)|n≧0}が有界}をマンデルブロ集合と呼ぶ。すなわち、マンデルブロ集合はcを動かす。

私はまだ、8ビット・パソコンのBASICの時代に、ジュリア集合を描いた記憶がある。ジュリア集合は、選ぶcの値によって、がらっと異なる図形になる。ジュリア集合もマンデルブロ集合も、ある閾値を超える繰り返し回数nに従って、描画する点の色を変えることで玄妙な図形になる。

ジュリア集合やマンデルブロ集合のフラクタル次元がどうなるか、その計算はコッホ曲線などの場合よりもはるかに難しい。このとき、ハウスドルフ次元を使う。

なお、計算可能なc∈Cで、ジュリア集合が計算不可能になるものが存在する、というブレイハーマン-ヤンポルスキーの定理というのがあるらしい。さっぱり意味が理解できないが、ともかく深遠さが窺われる。

その他に、3次元フラクタルとか、経済物理学におけるマンデルブロの研究など様々な記事があるので、じっくり読んでみる。

また、コンピュータによるジュリア集合やマンデルブロ集合の描画もそのうち試してみる。その理論はともかく描画だけなら、素数判定プログラムより楽である。

私は、ミステリーやハードボイルド小説を好んで読むが、私が自発的にどんどん開拓していけるのは日本の作家についてであって、海外の作家の作品はどうしても不案内というか手薄で、そこは知り合いからの紹介に大きく依存している。マーク・グリーニーの「暗殺者グレイマン」伏見威蕃訳、早川文庫もそうである。

「暗殺者グレイマン」は、かなり前に紹介されて予め買っておいたのだが、どうも外国小説は腰が引けてしまうので、かなり経ってから、そろそろ読むかと重い腰を上げた。

ところが、読み始めると実に緊迫の展開の連続で、血沸く肉躍るのだった。「暗殺者グレイマン」の主人公は、コートランド・ジェントリー。CIAにいたが、何かの謀略に嵌められてCIAを辞めざるを得なくなり、CIAに追われる身となった。見つけ次第射殺してよい(shoot on sight)という極めて厳しい扱いである。

それで、到底まともな仕事には就けないので、昔習ったスキルを活かして、殺し屋になった。殺し屋は目立たず地味なほうがいいので、グレイマンと呼ばれた。

そんなグレイマンは、依頼により、ナイジェリアのエネルギー相を暗殺し、現場から逃亡する途中でイラクを通りがかった。すると、米軍のヘリコプターが撃ち落されて、墜落した。その周囲にアルカイーダの兵士が集まり、生き残りのヘリの乗組員に対して残虐行為を行い始めた。それをグレイマンは見たが、グレイマンは米軍の兵士ではないので、米軍に加勢する義理は全くない。しかし、グレイマンに妙な愛国心が働き、アルカイーダの兵士に対して銃撃をし始めた。それは当然の反撃を招いた。

それでグレイマンは、飛行機が迎えに来てくれる場所にジープで必死で移動し、その後をアルカイーダの兵士の車が追うという構図になった。

一方、グレイマンの雇い主で、民間警備会社を経営しているドナルド・フィッツロイのところに、多国籍企業のローランの弁護士ロイドがやってきた。グレイマンがナイジェリアのエネルギー相を暗殺したことで、ローランはナイジェリアとの重要な契約を失いそうなっており、それをリカバーするには、グレイマンを殺せ、とナイジェリアの大統領が指示してきている。それで、ロイドはフィッツロイにグレイマンをneutralizeするように依頼するのだが、当然にフィッツロイはそんな依頼を聞き入れるはずがない。ところが、そうなることを見込んでローランは、フィッツロイの家族を拉致し、人質にとった。それで、フィッツロイは渋々、ロイドのいうことを聞いた。

一方、グレイマンは、追手から逃れてなんとか迎えに来た飛行機に乗ることができた。ところが、乗組員にフィッツロイから連絡があり、そのあと急に乗組員の態度が変わった。グレイマンは独特の勘で自分が急に狙われる立場になったことを察知し、飛行機の中であるが、反撃して他の乗組員を殺し、満身創痍になったが、なんとか地上に脱出することができた。

そこからグレイマンが隠れ家に行こうとしていると、厚顔にもフィッツロイは、グレイマンに連絡してきた。そこでロイドが畳込むようにグレイマンに、ある日時までにノルマンディーの、フィッツロイの家族を拉致している場所に来ないと、フィッツロイの家族の命はないと脅した。

裏切ったのはフィッツロイの方なので、いまさらその家族を助ける義理はないのであるが、フィッツロイの孫娘たちと個人的な知り合いのグレイマンは心動かされた。そして、フィッツロイの家族を助けにいくための準備を始めた。

すると、ローランの保安責任者のリーゲルが、その人的ネットワークを駆使して、世界中から屈強のテロリストたちを招集し、グレイマンがやってくると想定される要所にその部隊を配置した。たかが一人の暗殺者を殺すためにそこまでやるかと思うのだが、それほどグレイマンの強さは有名なのだった。

さて、グレイマンは、ノルマンディーに行くために武器などの準備をする必要があるのだが、それは、ヨーロッパに何箇所かある秘密の場所に立ち寄ることで達成され、また、逃亡のための偽パスポートの用意も、フィッツロイが用意した人脈というかネットワークに頼ることで行ってきたのだが、今回は勝手が違う。なぜなら、強迫されているとはいえ、フィッツロイがローラン側に寝返ったからである。

それで、逃亡に必須の偽パスポートを、グレイマンはフィッツロイのネットワークに頼らないで、別の、かなり怪しいルートで用意しようと画策し、大変な目に遭ったりした。

それをなんとか逃れて、いくらなんでもここは安心だろうと、ある秘密基地に辿り着くと、実はその場所さえもフィッツロイがローラン側に教えており、そこにローランが雇ったテロリストたちが忍び寄るということさえ起った。

そんなことが続いても、並外れた精神力のグレイマンは、一歩一歩危機を脱していくが、そこはグレイマンとて生身の人間、疲れ果てて凡ミスをしてしまったりした。

こうなるといよいよ、将棋などの泥仕合に似てくる。というのは、名人芸のグレイマンも、暗中模索で悪手を指すのだが、対するローランの側も何が最善か分からないので、グレイマンの悪手を咎めきれなかったりする。

そして、いよいよグレイマンが絶体絶命に陥ったときは、ラッキーで、フィッツロイの息がかかっていない助っ人がたまたま現われたりする。こういうラッキーさもプロの将棋にもあり、そんなに非現実的なことではない。

グレイマンの最大の危機は、もしかしてグレイマンに匹敵する技量の持ち主で、東洋から来た男との一対一のサシの戦いだった。それで深手を負ったグレイマンはもう駄目かと思ったのだが、ここからは佳境なので、読んでのお楽しみである。

それにしても、マーク・グリーニーのストーリー・テリングは絶品で、しかもディテールもきちんと書かれていると感心していたら、さもありなんで、マーク・グリーニーは、この小説を書くために、銃の撃ち方、緊急対応医療、チーム戦術について、専門の訓練機関で訓練を受けているのである。

また、私が今まで読んできたミステリーやハードボイルド小説では、悪人たちは、いきがかりで全く関係がない婦女子までも巻き添えで殺戮することも厭わないのであるが、この小説では、屈強のテロリストたちといえども、決して無駄な殺生はしないのが印象的であった。というのは、無駄な殺生は、地元の警察を徒に動員することになり、作戦行動に支障が生じるからである。

ということで、私の期待を上回る面白さだったので、続編もそのうち読むことにする。

名人戦は、対戦成績的に佐藤天彦名人が有利だと思っていたら、稲葉八段が先に一勝したことで、面白くなった。ただ、両者横歩取りが得意なので、また横歩取りかとおもっていたら、矢倉の出だしなので、うれしくなった。

【図1】 10手目△3二金まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=なし
ところが、10手目△3二金をみると、これは矢倉というより、最早相掛りではないか、と思った。以下、▲2四歩,△同歩,▲同飛,△7三銀,▲7八金,△8五歩,▲3四飛,△4四角,▲2四飛,△2二銀,▲2八飛,△3三桂,▲4六歩,△5四歩,▲4八銀,△6四銀,▲3六歩と進んでみると、後手陣は相掛りというよりも最早横歩取りのようだったりする。少なくとも最早だれもこれを矢倉とは呼ばない。

【図2】 28手目△7五歩まで
持ち駒:△天彦名人=歩



持ち駒:▲稲葉八段=歩2
そして△7五歩をみて私は、どうみても後手が作戦勝ちではないかと思った。先手が出遅れすぎている。ところが激指14に最強モードで判定させたら、ここでは平然と▲同歩と取っておいて、五分なのだという。以下、△同銀には▲4七銀。ううん、堂々としすぎているが、本譜よりはいいのだろう。本譜は、△7五歩に、▲6六銀,△7六歩,▲4五歩,△5三角,▲5八玉,△2六歩,▲3五歩,△同角,▲3八金,△8六歩,▲同歩,△8五歩,▲7九角,△8六歩,▲8八歩となった。稲葉八段の手順が卑屈なように感じるのは私だけだろうか。

【図3】 44手目△5五銀まで
持ち駒:△天彦名人=歩2



持ち駒:▲稲葉八段=歩2
△5五銀となっては、いかにも後手が伸び伸びしている。こうなっては誰がみても後手よしだろう。すると、【図2】から【図3】に至る先手の手順がおかしかった、ということになる。△5五銀以下は、△5五銀,▲6五銀,△6四銀,▲同銀,△同歩,▲4七銀,△4五桂,▲4六銀打,△3七歩,▲3五銀,△3八歩成,▲同銀,△3六金,▲2六銀,△3九銀,▲1八飛と進んだ。ここでは後手がいいとはいえ、△3七歩に▲3五銀と取って、負けを早めたのではないか。悪いながらもここは▲同桂で息が長かったと思う。

【図4】 60手目△2七歩まで
持ち駒:△天彦名人=歩



持ち駒:▲稲葉八段=角歩4
ここで△2七歩が、友達をなくすような冷たい決め手である。後手陣に対する嫌味はまったくないし、先手の角は眠っているし、先手の飛車は逃げられない。なんだこりゃ。ともかく以下、▲2五銀,△2八歩成,▲3六銀,△1八と,▲1五角,△3三歩,▲4五銀,△2九と,▲5六歩,△8五飛,▲5五歩と進んだ。

【図5】 投了図 72手目△2八飛まで
持ち駒:△天彦名人=桂



持ち駒:▲稲葉八段=金桂歩4
そして△2八飛で投了。奇しくも第1局と同手数であった。

ううん、こういう流れだと運営サイドは、雰囲気を盛り上げるのに苦労するだろう。頑張れ、稲葉八段、傷は浅いぞ。

ちょっと前だが、TIMEでトランプ大統領関係の記事を読んでいたら、ある政治家がnumbers guyだ、という言い方がされていた。あまりみない言い方なので、ちらっと辞書をひいてみたがしっくりくる訳がみつからない。それで文脈から、政府予算などの数字に詳しくて、なにかの議論で、メモを見なくてもきちんとそういう数値を引用できる人だ、みたいに勝手に解釈した。

で、それとはニュアンスが違うが、私もある意味numbers guyかなと思った。それは、素数だのフェルマーだの数論が下手の横好きだから、というのもまああるが、管理職の時代に予算管理を担当していたとき、上位管理職との議論できちんと必要な数値をなにも見ないで引用できていたからである。まあ、それはそうで、日々エクセルのファイルで、予算や経費の数値と格闘していたので、嫌でも憶えてしまう、というものである。

ただ、numbers guyとはいっても、貸借対照表だの勘定科目だの、経理関係の背景知識はどうも苦手で、そこらあたりはそういう知識と経験に詳しい部下に全面的に頼っていて、いつまでもこれではいかんと、簿記や会計の入門書を何冊か読んだがさっぱり知識が身に付かず、そっち方面の才能はないのか、とがっかりしたものである。

それでもやはり自分はnumbers guyだな、と感じるのは、特許情報が好きで、その関係の数値を日々集めて計算して、飽きないのである。

具体的に例を挙げると、まだ外資系にいた頃である。自宅にいて年末の大掃除が終わると、なんとなく暇になって、年末年始の定例の番組を観る気がしなくて、そうだ、特許情報遊びをやろうと思い立った。遊びといっても、役に立つ方がいいと、まず社内の特許データベースで、数千件の書誌情報のデータ一覧をダウンロードした。次に、JP-NETという商用特許データベースで、出願人が自社であるというキーワードでやはり数千件の書誌情報のデータをダウンロードした。そして、Perlを使って、出願番号と、出願日と、請求項の数をマッチングした。特に出願番号と出願日のフォーマットが、2つのデータの間で微妙に違うので、Perlのプログラムの中でフォーマット変換した。そうやってマッチングすると、だいたい1000件に1件か2件、入力間違いがある。これをみて、データ入力担当者がたるんどる、気合いを入れればそんなもの0件にできると思ってはいけない。ヒューマン・ファクターで人間にはミスは避けられない。最近は以前に比べて交通事故の件数が減ってきたとはいえ、どうしてもゼロにできないのと同じである。

それで、データをダウンロードするのも、Perlでスクリプトを書くのもまあどうってことないのだが、社内特許管理システムで該当箇所のレコードに行き、間違いのデータを訂正するのは流石にうんざりする。しかし、それをしないと今までの努力がまったく意味をなさないので、コツコツと直していく。

作業はそれでは終わらない。すなわち、私は日常生活では粗忽で、つまらないミスを沢山しているが、相手が特許情報だと目の色が変わる。ターゲットを凝視するスナイパーの目になる、というと言い過ぎか。例えば、スティーブン・ハンターの小説を読むと、スナイパーのボブ・リー・スワガーは、あちこちに失敗したときのカバー策を用意して保険をかけておく。そうしないとプロとはいえない。私が特許情報のプロかどうかは知らないが、社内特許管理システム上でデータを訂正したあと、数日たって、データをダウンロードしマッチングする作業を再度行う。正しく訂正されていることを確認する必要があるからである。こういう作業を私は、半年に一度くらいに定期的に行った。もちろんこんな作業をしたからといって誰かに感謝されるわけでも、ましてや昇進のための業績になどなるわけではない。たんに好きでやっているだけである。しかし、社内特許データのintegrityのために確実に意味がある作業である。

あと、研究開発部門または人事部門から依頼されて、発明者ごとの実績データを作成することもよくやった。すなわち、一人の発明者が複数の発明を提出するので、過去30年に亘ってワールドワイドの社内発明データをダウンロードすると、レコードの数は30万件を超える。しかし、Perlで処理する分には、30万件だろうと1000万件だろうと大差はない。で、私はちょっと考えて、2パスのアプローチを採ることにした。すなわち、1パスで社員番号のフィールドを舐めて、ハッシュのキーとする。その際、社員番号のフィールドのフォーマットはある時期を境に変っているので、それを旧型式に統一する変換式をPerlに組み込んだ。そして、2パス目では、seek関数でファイルの先頭に戻ってスキャンする。そして、1パスで集めたハッシュのキーのデータに対して、件数や出願決定、レーティングなどの数を集計していく。そういう数値は、ある発明ポイントに換算されるのだが、集計した値がある基準をみたした段階で、社内システムに基づき、ボーナスポイントがつくので、それも足すようにした。ここらあたりにもきちんと配慮しないと、特許情報フリークとはいえない。

ともかく、これくらい書くと、私が、少なくとも特許情報に関してnumbers guyであることは誰も否定しないだろう。ていうか、誰も私がnumbers guyかどうかなんて関知しないし、勝手にやっとけば、というところだろう。その地味さというかマイナーさも、私には魅力だったりする。

パソコン・トラブルはとりあえず克服したつもりだが、まだ以下の不足が残っていた:

  • マイクロソフト・エクセル
  • エンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Edition
  • 将棋ソフト激指10

私はもともと、マイクロソフトのオフィス製品は好きでないので、なるべく買わないで済ませてきた。好き嫌い以前に高すぎるということもある。それで、再就職の際の履歴書をエクセル形式で作成する必要がでてきたときも、オープンオフィスの表計算アプリを使って作ってみたのだが、どうもレイアウトが崩れてしまう。そこで仕方なくアマゾンでエクセル2010を買ったが、これは就職活動だけでなく、その後のエクセルの練習にも役に立った。そして、パソコンを再セットアップした後、エクセルを導入しようとしたら、どうしても媒体がみつからない。これはきちんと保管しておいたはずなのだが、自分の杜撰さには困ったものである。まあとりあえず、買わないで様子をみることにする。

エンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Editionは、絶望視していたのだが、ダメもとで、購入したベンダの翔泳社にメールで問い合わせてみた。するとなんと、4年近く前にメールで通知されたダウンロード用のURLから今でもダウンロード可能なのだという。ええっ、そうなのかと怪訝になりながら、こんなこともあろうかとキープしておいたそのメールからダウンロードを試みたらまだインストーラをダウンロードできた。インストーラを起動したらライセンス番号を入力するようにプロンプトするが、ライセンス番号は送られてきたメールに書かれているので、それを入力すると、確かにインストーラは走り始めた。しかし、インストーラはかなりの量のコードをウェブからダウンロードするらしく、随分時間がかかる。それだけではない、何度も通信が切れて何度も再開ボタンをクリックしなくてはならなかった。それでもともかくもうすぐ導入完了というところまで到達したのだが、ここで恐ろしいことが起きた。急に画面がブルースクリーンになり、パソコンがフリーズしてしまったのである。ええっ、折角のC++ Builder XE4がフイかと思いつつ、ここはレジリエントにパソコンを立ち上げ直し、再度インストーラを起動すると、再度ライセンス番号の入力は求められたが、導入はすでに導入されているところから開始されたので、比較的すぐに完了し、ついにエンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Editionをリストアできた。これで思い残すことはないといいつつ、C++ Builder XE4 Starter Editionを立ち上げると、Develpers Networkのログインが必須だという。これを入れないと30日間しか使えない。それでログインのアカウントを作ろうしたら、どうしてもうまくいかない。どうも以前作成したアカウントが残っていたらしい。そこで、パスワードの再発行手続きを行うことで、なんとかDevelpers Networkにログインでき、なんとか正式にC++ Builder XE4 Starter Editionが使えるようになった。

将棋ソフト激指10の導入用媒体も見つからなかったが、これはもともと買い換える予定だったので、迷わず将棋ソフト激指14をアマゾンで購入した。激指10は、アマ名人より強く、プロ二段くらいだと思っていたが、激指14は、おそらくponanzaには負けるが、プロの最高峰と同じくらい強いのだという。そこで激指14の最高レベルと平手で指してみた。すると、あれっ、意外に強くない。むしろ、激指10の方が手ごたえがあった。と思ったら、終盤、あっという間に一気に寄せられてしまった。どうも自分より隔絶して強いというのは、強さがよく分からないということが改めて分かった。

で、C++ Builder XE4 Starter Editionでブルースクリーンをみた意外はとりあえず問題はなさそうであるが、再びブルースクリーンに出会ってしまった。それは、Windows Updateをかけてみて、でてきたWindows 7品質ロールアップとかいうのを導入したときである。これの導入が終わって、立ち上げなおすと、再びブルースクリーンが出た。これは再現性はないのだが、どうもまだ不安が払拭できないのだった。

暗い越流

user-pic
0

私はなにげにホラー小説も好きで、それで新刊書店で、若竹七海の「暗い越流」光文社文庫をみかけたとき、ええとこの人は確か、ホラー作家だったよね、ととりあえず買って読み始めた。すると、どうも勝手が違うのだが、まあいいやと、神経質なのかいい加減なのか分からない私は気にしないで読むことにした。

「暗い越流」は短編集で、「蠅男」、「暗い越流」、「幸せの家」、「狂酔」、「道楽者の金庫」の五篇からなる。

「蠅男」では、葉村晶という女性探偵が登場する。じつは葉村晶は、横溝正史における金田一耕介のように、若竹七海の小説では有名な探偵キャラらしいのだが、なにしろ私は若竹七海の小説を初めて読むので、あっ、そうなんですかというよりない。

その葉村晶であるが、37歳独身で、フリーの調査員だが、長谷川探偵調査所というところと契約している。彼氏もいないし、ペットも飼っていない。友人もあまりいない。それで淡々と生きているというのはじつはなかなかすごいのである。

そんな葉村のところに依頼人が現われた。本宮波留という女性である。それは、母が亡くなってその遺骨が、事情があって祖父の家にあるのだが、そこに行って母の遺骨を取ってきてほしい、というものである。葉村は、は?と思った。そんなの自分で取りにいけばいいじゃん、と。

すると、祖父の家は群馬県で結構遠方で、いま自分は医者にかかっていて体調がよくないので、遠方への旅行は耐えられないのだという。しかも、朝倉という知り合いに同じことを頼んだら、音信普通になったのだという。朝倉とは葉村も知り合いなので、びっくりした。

ともかく、楽勝と思って現場に行ったら、なんとも汚いところであるだけでなく、地下室で朝倉が倒れているし、蠅まみれに男が飛び出してきて階段から突き落とされるわで、大変な目に遭いながらも、ともかく葉村はミッションを達成した、という話なのだった。

「暗い越流」も、葉村が主人公なのかとおもったら、葉村は出てこず、知らないうちに、主人公は出版社に勤務する女性社員になっていた。女性社員は、犯罪関係の本の編集に関係で知り合った弁護士と話していた。その弁護士がいうには、多摩川沿いで、次々に人を五人も轢き殺して、多数に怪我させ、死刑が確定した磯崎という男の弁護を担当しているのだが、なんでもその男のところに女性名義でファンレターめいた手紙がきたのだという。その女性の名前は、山本優子。そこで山本優子の素性を探ろうとしたら、そんなの使えないと編集長からの感想。それで、たまたま聞いた、何をやっても死ねないという変な男の取材をすることにした。その変な男が死のうと思ったきっかけは、結婚まで誓っていた女性が失踪してしまったことで、その女性の名前がなんと山本優子! そこから次第に事件の真相が浮かび上がるのだが、登場人物がみな悪意にみちた、なんとも暗い小説なのだった。

次の「幸せの家」は、「暗い越流」のときの出版社に勤務する女性社員が再び登場する。ところが、この小説でも女性が行方不明になる。それは、女性社員が勤務する「きせつとくらし社」の看板雑誌「Cozy Life」のベテラン女性編集長なのだった。まさかあの編集長が無断欠勤するわけはないので、もしかして殺されているのではとみんなで推測して、一連の取材の中で怨みを買ったのだろうと推測して、その取材を後を追って、ついに突きとめたのだった。

「狂酔」は、神父さんやシスターが管理する養護施設に侵入して、武器をちらつかせて独白するアル中の男の話。子供の頃、自分が誰かに連れ去られてしばらく行方不明だったこと、父親は中学の国語教師だったが、実にいい加減な奴でついに自殺してしまったこと、自分もやりきれなくなり、酒に溺れてアル中になってしまったこと、それでも真面目に働いていたら、子供の頃自分を連れ去った人に会ったこと、と延々と独白が続き、なんともあっと驚く帰結で終わるのだった。

で、葉村晶は「蠅男」だけにしか出てこないのかとおもったら、「道楽者の金庫」で再び登場した。しかし、ここでは契約していた長谷川探偵調査所が店じまいになってしまったので、葉村晶は一旦失職した。しかしそこはそれ、一切係累がなく、あまり無駄遣いもしない葉村、まあしばらくのんびりすべ、と思っていたら、知り合いのミステリー専門の古本屋がアルバイトに雇いたいという。それでもともと古本屋の仕事はしたことがあるし、本は好きなので、勤めることにした。その古本屋は吉祥寺にあって、その名をなんと、「殺人熊書店」、英語でMurder Bear Bookshopという。そこに勤めていたら、後宇多家というところの本の買取の仕事が入った。なんでも、後宇多家で一人暮らし老人が亡くなったので、その遺族、すなわち娘さんが本を売りたいのだという。行ってみると、なかなかいい本があったのだが、なんとこけしも沢山あった。で、本を箱に詰めていたら急に本は売らないと、そこの娘さんがいう。なんでも、金庫の鍵の番号を記したこけしが見つからないのだという。で、紆余曲折あって、葉村が福島の別荘にそのキーとなるこけしを探しに行くよう頼まれて、例によって散々な目に遭うというストーリーなのだった。

じつは私は、もっとテンポがよくてストーリーが明快なミステリーを読んできたので、若竹七海のこの短編集は最初、何が面白いの?と怪訝だった。日本推理作家協会賞という「暗い越流」も、スローで含みが多すぎて、どうもピンとこなかったが、「幸せの家」あたりからやっと面白さが分ってきた。折角なので初期の頃の葉村晶シリーズを読んでみよう。ところで、この小説を読み終えてしばらくして、自分の決定的な勘違いが分ってしまった。すなわち私は、加門七海の「祝山」というとてもリアルなホラー小説を読もうと意図して本屋に行ったのだが、「七海」という名前が同じなので、勘違いして若竹七海の方を買ってしまったのだった。そそっかしい私もこんな間違いはいままでしたことがないが、まあ、若竹七海も面白かったし、葉村晶のキャラもよかったので、いいとする。

平野美宇

user-pic
0

私は前にも書いたように、高校まで部活で卓球をやっていたので、一応の卓球ファンであるが、最近一応からかなり熱心なファンになってきたのは、今の日本の卓球界の隆盛をみてである。

隆盛のひとつの定義として、次々に新しいヒーロー、あるいはヒロインが登場する、ということがある。すなわち、福原愛、石川佳純のエースたちに続いて登場したのは、平野美宇・伊藤美誠のコンビ。2014年の世界ツアーで、この二人はダブルスで優勝し、一躍注目を集めた。

ところがその後、伊藤美誠はリオ・オリンピックの代表に選ばれ、団体銅メダルに貢献するなど活躍したが、一方の平野美宇はオリンピックにも出場できず、雌伏のときをすごしていた。

しかし、雌伏の間にいかに努力するかが勝負師の真価だろう。平野美宇 did it.である。以下、朝日新聞のウェブ記事から引用する。

卓球のアジア選手権女子シングルスで15日、21年ぶりに日本勢として優勝を果たした平野美宇(エリートアカデミー)。出場できなかった昨夏のリオデジャネイロ五輪後、昨年10月に女子ワールドカップを日本選手として初めて制し、今年1月の全日本選手権で石川佳純を破って史上最年少優勝を果たすなど急成長。3年後の東京五輪に向け、大きく弾みをつけた。

これをみて普通は、卓球のアジア選手権女子シングルスというけど、まさか中国選手は出ていないよね、と思う。だって、中国の卓球の絶対王者ぶりは、囲碁のそれよりもさらに上回る。井山裕太の、柯潔に対する差よりもさらに大きいはずである。

しかし、それは違った。

史上最年少で全日本女王に輝いた平野が世界最強の中国選手の壁を次々と乗り越えた。アジア選手権の女子シングルスで、過去1度も勝ったことのない中国トップ選手を3連続で破り、頂点に立った。

ええっ、ありえねー、と私は思った。より具体的には、

自身の17歳の誕生日だった14日の準々決勝は、過去の国際大会で5戦全敗のリオデジャネイロ五輪女王・丁寧にゲームカウント3―2で勝利。15日の準決勝では世界ランキング2位の朱雨玲を、決勝では同5位の陳夢を3―0のストレートで破った。

今まで日本の卓球チームは、強豪のドイツやシンガポールを破って、団体決勝まで勝ちあがっても、いつも中国の厚い壁に阻まれてきた。福原愛や石川佳純を含む最強メンバーを以ってしても、よくて一人くらいがラッキーで勝て、たいていは0-3負けだった。

もちろん、これで日本の女子の卓球が中国に追いついたとはいえないけど、これは明らかに大きなブレークスルーになるだろう。日本人にノーベル賞がなかった段階で、湯川秀樹がノーベル物理学賞をもらったに匹敵する、といったらまあ言いすぎになるが。

美しい星

user-pic
0

三島由紀夫の小説を最後に読んだのは、多分去年の8月か9月に読んだ音楽で、その後も、しばらく間を開けて別の三島作品を読もうと思っていたら、古書店で目に付いた平凡パンチの三島由紀夫が目に付き、それを読んだあとは、暇をみては、三島由紀夫はなぜ途中から反社会的な傾向に走ってしまったのかと考え、しばらく三島由紀夫の小説は読む気がしなかった。

といいつつ、知らない間にブックオフで三島由紀夫の「美しい星」新潮文庫を買っており、これを急に読み始めたのは、私の趣味だろう。というのは私は高校の頃からUFOや心霊現象が好きで、高校の頃はムーとかいう雑誌を愛読し、心霊現象とか、ムー大陸とか、いろいろ興味を深めていた。

そんな私なので、大学で物理学を勉強することに決めたのは、反重力とかUFOの飛行原理を勉強してみたかったからである。尤も、反重力どころか一般相対性理論の講座も、私が行った大学にはなかったが。

ともかく、そんな私なので、なんの違和感もなく「美しい星」を読み始めた。「美しい星」の主人公は、どこにでもいるような大杉家の家族である。住まいは埼玉県飯能市。大杉重一郎と伊奈子の夫婦に、長男の一雄と、長女の暁子がいる。

しかし、ありきたりでないのは、家族のめいめいがUFOをみて、一種のお告げにより、出自が宇宙人だと信じるようになったことである。すなわち、重一郎は火星人、伊奈子は木星人、一雄は水星人、暁子は金星人である。

そんな宇宙人一家は、ある深夜、重一郎へのお告げに従い、一家四人でまだ夜が明けぬ早朝に、山の上にUFOを見に出かけた。ところが待てど暮らせどUFOは現れない。重一郎は、これもまたUFOからのメッセージだろうと苦しい言い訳をしたが、結局四人は失意とともに下山した。

それをリカバーするように、重一郎は積極的に活動を始めた。すなわち、重一郎は火星人として、人類を核兵器による滅亡から救うという使命を帯びており、フルシチョフに手紙を書いたり、各所でUFOに関する講演を行い、人気を博した。

一雄は、そんな父親の様子をひややかに眺めつつ、ある政治家の集会を訪れ、秘書にしてもらうことを画策した。将来は政治家として世に出ることを考えたのである。

暁子はというと、文通を通じて知り合った、金星人と称する男に金沢に会いにいくことにした。やはり父に対する反発である。どんな人かと不安に思いつつ金沢に向かうと、暁子を待っていたのは、透明感のある色白のイケメンで、暁子は一遍で魅せられた。じつは暁子も相当な美人で、二人して金沢の街を歩くと、道行く人はみんな振り返った。そういえば、金星人で私が思い出すのは、岡潔の広島事件でも言及したオムネク・オエクである。写真でみるオムネク・オエクは、まさに宇宙的とでもいうべきエクストラテラスティアルな美人で、つい暁子もそういう容姿なのかと想像してしまった。

暁子はその男と金沢で金星人同士の夢のような付き合いを愉しみ、念願どおりUFOにも出会えて、別れを惜しみつつ埼玉に帰ってきた。ところがである、暁子は全く褥を共にした記憶がないのに、知らない間に妊娠していた。なので暁子は処女懐妊を主張するが、娘のいうことが信じられない重一郎は、金沢にくだんの男に会いにいった。もし、眼鏡に適うまともな男なら暁子と結婚するよう頼もうとおもったのである。ところが、いくら探せど男はみつからない。もとの住まいを引き払っており、行方が知れない。もちろん暁子から出す手紙も返事がない。なので、重一郎は、これは詐欺に遭ったと判断するよりなかった。

重一郎は、それでも講演活動で日々人気を高めていったが、遠く仙台にあって、それを面白くおもわない羽黒という大学助教授がいた。羽黒は、近所の仲間の栗田、曽根と集まって、人類滅亡計画を語り合うのだった。すなわち彼らは白鳥座61番星からきた宇宙人だと自称する。そして、人類が滅亡の危機にあるという点では重一郎と同じ意見であるが、核兵器のボタンを押させて滅亡させるのが人類に対する恩恵であると説く点で真逆である。

そんな羽黒の活動のあおりで、一郎は政治家の秘書から外されてしまい、失意に沈んだ。それだけではない、上京してきた羽黒たちは重一郎の家を訪ね、そこで人類を救うべきか滅亡させるべきかの論戦が延々と続いた。それは読んでいてうんざりするほどであったが、私はこれを読みながら、のちの楯の会につながる三島の過激思想の片鱗を嗅いだ。

こうして大杉家は崩壊寸前となり、剰え、重一郎は重い病気に臥せたのだが、そこからどんでん返しの展開で、唐突にストーリーは終わった。

この、ある意味不自然な終わり方はどうも評判がよくなくて、その点は私も同意なのだが、私は、UFOや宇宙人をうまく題材にした稀有な小説である、という点で、面白く読んだ次第である。

この小説は、いかなる意味でもSFではなく、エーリッヒ・フォン・デニケンも主張する、人類の深層にある宇宙意識を題材にした心理小説と私はみるのだが、そんなことをいうといよいよ共感が得られそうもない。それでも、三島由紀夫、冴えてるじゃんと私はいいたい。

いまさら言うほどのことではないが、パソコンを使っているとどうしてもトラブルというか障害は避けられない。私は長年、会社でシスタンとして自分だけでなく他人のパソコンのトラブルにも対応してきたので、そういう場数だけは踏んでいる。

私は精神力がないので、シスタンとして最初の頃は、トラブルに出会うたびに動転したが、流石に経験を積むと知識が増えてきて、ああ、あのトラブルならこういう手順を踏めばよいとか、次第に熟練してきた。それでも、過去の経験が必ずしも活きないのは、ハードウェアもソフトウェアも日進月歩だからである。

そんな私だが、最近、いつになくパソコン・トラブルで精神的ダメージを受け、回復に時間がかかってしまった。鉄人モードに書いたように、私はめったに風邪を引かないが、ついに風邪を引いてしまい、なかなか鼻水が止まらなくなったほどの精神的ダメージだった。

で、その症状と、それに対して採った策を淡々と?述べてみる。それは、私が日々使っているVAIOパソコンでのものである。そのVAIOパソコンは特に今年になってから、ディスクアクセスの頻度が増えた。パソコン起動後、10分くらいずっとディスク・アクセス・ランプがついたままで、アプリを起動したり、キー入力もままならないということがよくあったが、ウイルスチェック・ソフトがチェックしているのだろうくらいに安易に考えていたりした。その原因がもっと前にわかっていたら、もしかして対処の仕方もあったかもしれない。

そして、ついに決定的な障害が発生したのは、水曜日の早朝のことである、Windows Updateがくる予定なので、出勤のため出かける前の時間にWindows Updateを済ませておこうと思った。そしてパソコンを立ち上げると、例によってディスク・アクセス・ランプがついたままなのであるが、Windows Updateのウインドウを立ち上げようと左下のスタート・ボタンを押し、すべてのプログラムというところをクリックしようとした。ところが反応がないばかりでなく、「エクスプローラは動作を停止しました」という画面と「エクスプローラを再起動しています」という画面が交互に出て、まったく操作不可能である。

会社に行く時間が近づいたので、ともかくパソコンを閉じて出勤した。そして会社の昼休みにウェブで調べてみると、「エクスプローラは動作を停止しました」という画面と「エクスプローラを再起動しています」という画面が交互に出るエラーは世間ではよくあることで、なんでもチェック・ディスクをすると直ることがあるらしい。ううん、そうなのかと思った。私は長いシスタン生活でこのエラーには出会ったことはなかった。

そこで帰宅してパソコンを立ち上げなおしたが、依然として「エクスプローラは動作を停止しました」と「エクスプローラを再起動しています」というエラーがでる。そこでチェック・ディスクをしようにも、まったくキーやマウスの入力を受け付けないのだから話にならない。そこで、SAFEモードでパソコンを立ち上げなおすことにした。

ところがなんと、SAFEモードで立ち上げなおしてもやはり、同様の症状が出て、依然として操作できない。そこで、ああ、と気づいた。コマンド・プロンプトのSAFEモードで立ち上げなおしすればいいのだと。そこで、コマンド・プロンプトでchkdsk /fと入れた。これは直ちにチェック・ディスクを開始するのでなく、立ち上げなおしのときチェック・ディスクを行う、というものである。それで立ち上げなおすと、確かにチェック・ディスクが開始された。それは3ステップもあって、結構時間を要したような気がしたが、なにかのエラーを修復したというメッセージが出たので、おっ、もしかしてこれで直ったか、と期待して立ち上げなおした。

すると、「エクスプローラは動作を停止しました」や「エクスプローラを再起動しています」という画面は、でなくなったが、画面に表示されるアイコンが減り、依然としてディスク・アクセスが続いて入力をまったく受け付けない。そこで、あまり粘り強くない私は、これは駄目かもと、諦め始めた。

そもそも、今使っているVAIOを買ったのは、2011年の10月だった。それまで自宅でかなり古いThinkPadをWindows XPで使用していたのだが、会社のパソコンがWindows 7に以降する、というので自宅もWindows 7にする必要があるが、古いThinkPadではそれはスペック的に厳しい。そこで、自宅兼業務用に買い換えたのが今使っているVAIOである。するともう5年以上使っているので、耐用年数的には買い換えてもいいのだが、まだハードウェア的にVAIOが壊れたわけではないしなあ、と思案した。

その思案というか葛藤がストレスになって体調が次第に悪くなった。夜の眠りも浅くなって、これはまずいと思った。そしてこれはいよいよ、リカバリーをかけるとかないかな、という気持ちになった。VAIOのリカバリーは、会社を辞めたときに一度かけている。それは、パソコンの障害ではなく、自宅の業務用パソコンに対する機密保持の観点で会社からの要請だった。それできちんとリカバリーをかけて、そのことを確認する書面を退職後に会社に送った。

それでも今回、私がリカバリーをためらうのは、ダウンロード導入した、C++ Builder XE4などのいくつかの重要プログラムがあって、リカバリーをかけるとそこは回復できないからである。そのあとWindows Updateがウンカの大群のように押し寄せることも知っている。それでも背に腹は換えられないと次の日にリカバリー作業をしようと決意し、会社に休暇を申請した。

さて、その当日である。飼い猫は、あまり時間に構わず、腹が減ると私を起こしに来るのだが、ふつうはせいぜい朝4時半くらいである。ところがその日に限って、朝3時に私を起こしにきた。私は、うんとうなずいた。これは、早く作業を始めよというお告げだと。それで猫に餌を与えてから、早速リカバリーを開始した。意外に几帳面な私は、前にリカバリー作業したときの手順をきちんとメモしているので迷うことはない。それでも、おそろしいほどの回数の立ち上げ直しが必要で、そのつど操作を要するので、離席もままならない。結局、リカバリーを完了するのに3時間かかったが、なにしろ朝3時からはじめたので、まだ6時すぎである。これだと全作業は午後一くらいに終わるだろうと高をくくったが、これは甘かった。

ともかく、ここからはネットに接続するわけだから、とりあえずウイルスチェック・ソフトを導入しておこうと思い、前日に買っておいた、スーパーセキュリティ・ゼロのCDを挿入した。すると、導入が始まったのだが、途中で止まってしまった。どうも、雨嵐のように降りかかってくるWindows Updateのせいらしい。それでも作業していると、今度は導入プログラムは、ウイルスパスターのプログラムをアンインストールせよ、という。ウイルスパスターは、リカバリーのイメージに含まれている。スーパーセキュリティ・ゼロはまるで嫉妬深い女のように、他のウイルス・チェック・ソフトの存在を許さない。

以前にスーパーセキュリティ・ゼロを導入したときは、たしかウイルスパスターはインストーラが自動で消してくれた。しかし今回はどうしても消えないので、手動でコントロールパネルから操作してみた。それで消えたと思ったら、立ち上げなおしたらまだ居る。困ってウェブを探したら、ウイルスパスター削除ツールというのがあるので、これをダウンロードしたらうまくいった。

そこで勇躍、スーパーセキュリティ・ゼロのCDを挿入して導入しようとしたら、途中まだは進むのだが、途中で原因不明のエラーになってしまう。これはともかく、Windows Updateの嵐が過ぎるのを待つしかないと思った。

結局、Windows Updateは199個も溜まっており、すべて完了するのに3時間もかかった。スーパーセキュリティ・ゼロの対処に手間取ったので、その時点でもう正午だった。そこからスーパーセキュリティ・ゼロのCDを挿入して導入しようしても依然としてエラーのままである。念のためソースネクストのヘルプデスクに電話したが、まったくつながらない。それで、これはもう別のウイルス・チェック・ソフトを導入するよりないと覚悟した。そして近所のコジマ電気にカスペルスキーでも買いにいこうとおもったが、念のためにあることを試してみようとおもった。それは、販売元のソースネクストによると、スーパーセキュリティ・ゼロは、ライセンスがあるソフトにつきマイページからのソフト・ダウンロードが可能である。それで、マイページからスーパーセキュリティ・ゼロをダウンロードして実行させたら、なんとか導入できて、なんか涙が出るほどほっとした。さらに、救えなかった筆王もダウンロードして再導入できることがわかったので、一時は私の中で最低ランクに針が振れたソースネクストは、なんとか許容レベルまでQoSが回復した。

ここからは私にとってシスタン的ルーチン作業でデータを回復していった。私は日々BUNBACKUPでデータをパックアップしているので、データとしてはほとんど失ったものはないが、返す返すも残念なのはエンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Editionである。これは2万円以上も払ってダウンロード版を購入したのに、完全に消えてしまい、もはやこの版は買えない。こんなことなら、もうワンランク上の、媒体付のプロフェッショナル版を買っとくんだったかと思ったが、当時でもそれは10万円であり、いまはなんと17万円もする。しかも、安価なStarter Editionは最早売ってない。こうなるといよいよ、マイクロソフトのVisual C++しかないのか、とまた思案し、くよくよ考え始めるのだった。

まったく、パソコンさえ問題なかったら、春の宵はのどけからまし、だったのだが。

私は、多倍長計算ライブラリなどから推察していただけるように、コンピュータ・プログラミングが好きで、自宅でも暇つぶしになにかプログラムを書いているくらいなので、学習塾のちらしで、プログラミング教育を謳っているのについ着目した。

しかし、ちらしに「プログラミングは必須のスキル!」と題して、「(前略)すでにアメリカでは、プログラミングスキルがないと、大学を出ていないとみなされています。」と書かれているのをみて、それは言い過ぎだろうと私は急に不機嫌になった。

というのは、外資系のとき私を虐めた上司は、天下のMIT卒で、なにやらコンピュータのスキルを自慢げにいうので、ならプログラミング談義ができそうだと、話題を振ってみたら、どうも歯切れが悪い。そのあたりの空気を読むのが苦手な私がついプログラミングの話を続けていたら、彼はすっかり不機嫌で黙ってしまった。それからずっと陰に陽に虐められるようになったのだから、私のKYは罪が重い。

ただ理系の権化のようなMIT卒の人がプログラミングが得意ではないのだから、「すでにアメリカでは、プログラミングスキルがないと、大学を出ていないとみなされています。」は違うと思う。

その上司のために弁護すると、彼はプログラミングスキルを除けば、コンピュータのアプリケーション全般に私より詳しかったし、特許弁護士として特許実務もできた。まあ全般的に優秀だったといってよい。なので、私がプログラミングの話題さえ振らなければ、いろいろな意味で私は平穏だったし、彼のプライドも傷つくことはなかった。

何がいいたいかというと、プログラミングは、誰でも普通に習えば上達するという技芸でないし、子供のときから習わないと上達しないものでもない。多分、囲碁や将棋よりも年齢依存性は低い。だから、プログラミングに活き活きした楽しみを感じる子供だけ習えばよいのである。そういう子供はほぼ確実にプログラミングの才能がある。今の私のスキルなんぞあっという間に追い抜く、将棋がそうであるように。

これは多分英語についてもいえる。英語で、帰国子女とかでネイティブ並みの発音だと羨ましがられる人がいるかもしれないが、要するに重要なのは話す内容なのであって、内容を充実させるためには、母国語での思考力が必須である。すると下手に英語をやるより、子供のときはみっちり日本語や漢字などを勉強した方がよい、ということになる。

プログラミングも同様で、きちんと意味があるプログラミングができるようになるためには、プログラミングの才能がある子供でも、いつかは数学的論理思考力が必須になる。大学のときプログラミングの授業で、悲惨なまでにできなかった私が、急にプログラミングに目覚めたのは、ブルバキの数学原論でみっちり集合論と代数学を勉強した結果だった。

ただ、折角ブルバキの数学原論を読んだのに、目覚めたのはプログラミングであり、数学ではなかった。すると要するに数学の才能はなかった、ということなのであり、結局そこに行きつくのである。

なのでときどき私はこう言って自分を励ましたい。いやあ、君は瀬戸内海の孤島から東京に出てきて、たいしたバックグラウンドもなく今までよく頑張ったね、その田舎者らしい泥臭い努力は買うよ。まあ、君に足りないものは才能だけだけどね。

内村直之著、「古都がはぐくむ現代数学」日本評論社についてメモしていたら、その設立の沿革のところまでで長くなってしまったので、京大数理解析にゆかりの深い個々の数学者の方々について述べられた章は別稿にすることにした。そこで、以下、その、個性的な、あまりに個性的な数学者の方々について、この本に基づき私なりに簡単にまとめさせていただく。

最初に言及されるのは、佐藤超函数で知られる佐藤幹夫氏である。数学ファンの私は、佐藤幹夫の御名は流石に知っていて、ちょっと蔵書を探してみてたら、森本光生著「佐藤超函数入門」共立出版と、日本評論社の「数学のたのしみ - 佐藤幹夫の数学」が見つかったのだが、なんか1ページたりとも読んだ記憶がない。あちゃー、である。で、この機会に近々読もうと思ったのだが、とりあえず、「古都がはぐくむ現代数学」に書かれている範囲を簡単にまとめてみる。

すると、佐藤幹夫氏は、解析学の厳密な代数化を目指した、ということらしい。すなわち、代数幾何学の新しい手法が数論など他の分野にも取り入れられ、大きな変革をもたらしたのだが、それと同じことを解析学でやろうとして構築したのが、佐藤超函数ということらしい。しかし、佐藤幹夫氏はそれだけに満足せず、微分方程式という壮大な数学の世界を超函数でしっかり具体化したかった。

その一方で、佐藤氏は、数論にも深い興味を抱いていた。それは、たとえば類体論の流れで言及した、「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店にもあるとおりである。

佐藤氏は、よくわからない事情で一時数学を離れていた時期もあったのだが、日本に帰ってきて、佐藤超函数に関する研究にいろいろに人が関与しているのを知り、元気づけられたようである。そこで佐藤氏は東大教授に着任し、佐藤スクールが立ち上がった。そして1970年、当時の京大数理解析研所長だった吉田耕作氏に誘われて、京大数理解析研に移った。結局佐藤氏は、1987年から1991年まで京大数理解析研所長を務めて、翌年京大を定年退官した。

ここまで書いてきて、深入りするときりがなく、それは別途勉強することにして、ある程度軽く流すことにした。ただ、後のでのインデックスとなるようにキーワードはちりばめておく。

次は、代数幾何学者の広中平祐氏である。フィールズ賞で記述したことに補足すると、広中氏は、ザリスキーの特異点解消のアイデア、永田雅宜の局所環の理論、グロタンディークの代数幾何における大局観を駆使して、特異点解消の理論を構築したのだという。そして、フィールズ賞受賞後の1975年、京大数理解析研に招かれ、1988年10月2日まで京大数理解析研の教授を務めた。

広中氏の後、広中氏の影響もあって代数幾何学を専攻し、フィールズ賞を受賞した森重文氏は、1990年に京大数理解析研の教授となった。そして、2011年に京大数理解析研所長となった。ただ、いま京大数理解析研のホームページをみると、今の所長は向井茂氏で専門は、代数幾何学とモジュライ。次期所長は、流体力学・応用数学専攻の山田道夫氏なのだという。なかなか目まぐるしい人事だが分野的にバランスをとろうとしているのが分る。

次は数論であるが、私は「古都がはぐくむ現代数学」で、伊原康隆氏の名前を初めて知った。「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店で言及されている「非可換類体論」に関する深い研究があるようである。イハラのレンマは、フェルマーの定理の証明にも使われた。伊原氏は、京大数理解析研の教授に就いて研究だけでなく多くの後進を育成し、2002年に定年退官した。

京大数理解析研で数論といえば外せないのは、ABC予想の望月新一氏である。宇宙際幾何学者を名乗り、いかにも怪しい(妖しい?)雰囲気なのだが、間違いなく天才のようである。

別分野として、京大数理解析研所長を務めた数理物理学の荒木不二洋氏がいる。量子力学は、フォン・ノイマンにより、作用素環論で基礎づけられたが、作用素環論のⅠn、Ⅰ、Ⅱ1、Ⅱ、Ⅲというタイプのうち、仲間外れであまり顧みられていなかったⅢに着目した。日本には作用素環論に関して、「富田-竹崎理論」という素晴らしい理論が誕生した。フランスの数学者、アラン・コンヌは、Ⅲ型を富田-竹崎理論で書き直して発展させ、フィールズ賞を受賞した。

そんな荒木氏の同期に、京大数理解析研教授を務めた場の量子論の中西襄氏がいる。中西氏は、場の量子論を重力まで拡張しようと努力した。そんな中西氏は超弦理論に批判的だった。私が超弦理論を胡散臭いと思っているところがあるのは、以前にそんな中西氏の著書を読んだことによる。

といいつつ、超弦理論の権威の一人、大栗博司氏は、1990年から1994年まで京大数理解析研助教授を務め、その後カリフォルニア工科大学に移り、今ではカリフォルニア工科大学理論物理学研究所所長である。流石である。

あと、外せないのが、確率微分方程式と確率解析の権威、伊藤清である。戦後、秋月康夫によって京大に招聘され、京大数理解析研の初期メンバーの一人となった。伊藤氏は、1969年にコーネル大学に移ったが、1975年に京大数理解析研に戻り、翌年に所長になった。「非線形問題」の空席に、代数幾何が専門の広中平祐氏を招聘するという離れ業を演じたのは、伊藤所長(当時)だった。優秀でありさえすればなんでも許されるみたいな、いい加減さが面白い。

数学とは少し違うが、京大数理解析研において、Kyoto Common Lispを作り上げた強者たちがいる。それが湯淺太一氏らのグループである。また、プログラム基礎論に詳しい中島玲二氏がいた。

戻って、上に次期所長は、流体力学・応用数学専攻の山田道夫氏だと述べたが、京大数理解析研には、ナビエ・ストークスの方程式など流体力学を研究する強力なグループがある。当初の京大数理解析研の流体力学は、後藤金英氏と川原琢治氏の二人だったが、木田重雄氏、岡本久氏が加わって発展した。岡本久氏には、「ナヴィエ‐ストークス方程式の数理」東大出版会という、この分野で日本で唯一の教科書の著書がある。

また、ディープ・ラーニングへの途で述べたように、さいきんはAIというか機械学習が盛んになってきているが、そんななかで、最適化問題を解くことも一層重要視されてきている。京大数理解析研の版図には最適化問題も含まれているのであって、京大数理解析研には離散数学の専門家として、藤重悟、室田一雄、岩田覚らの方々が関与している。こういう数理工学は明らかに新しい数学の種になるだろう。

以上、粒度もまちまちでざっとまとめてみたが、私のいい加減さというか能力不足で、あまりにも杜撰すぎて話にならない。ともかく、折に触れて京大数理解析研のホームページを眺めて、数学の先端のフラグランスだけでも嗅がせていただくとする。

よくないことなのであるが、最近の私は、数学や文学に耽溺して、すっかり政治的なことや社会科学全般に興味を失っていて、困ったものである。なのに、新刊書店でつい、音喜多駿著、「東京都の闇を暴く」新潮新書を買って読み始めたのは、最近の豊洲問題のニュースが喧しいので、多少なりとも都政について興味が湧いたからである。

音喜多氏は若手の現職都議であり、「不都合な真実」を開示しているというので期待して読み始めた。

すると、当然だが、都議会で実質的な力を握っているのは、自民党と公明党の議員だという。これは全く意外ではないが、そこに東京都の特殊性があって、それは無党派というか浮動票が多い、ということがある。すると世間的に有名であることが都知事選挙に受かりやすいということで、名が売れた舛添氏を自民・公明が擁立して当選させた。

それで、舛添氏は当選させてもらえた恩義に報いるために、当初は自民・公明のいうことを大人しく聞いてきたのだが、新国立競技場問題で、独自性を出したいと思い発言したことが自民党の猛反発をくらった。それで舛添氏と自民党の間はぎくしゃくしてきたが、一応自分たちが擁立した候補だということで、自民は表だって舛添氏に厳しいことはいわなかった。

しかしその後の舛添氏の高額海外視察問題などが沸騰し、都民やマスコミの騒ぎが大きくなったので、自民は庇い切れなくなり、仕方なく舛添氏の辞任となってしまった。

そして都知事選挙になり、増田、鳥越、小池の三氏が立候補したが、私は都民ではないので選挙権はないものの、増田が当選すればいいと思っていた。鳥越氏は政治音痴で論外だし、小池氏はちょっとエキセントリックかな、と思っていた。ところが、上記の東京の特殊性と知名度を駆使して、小池氏が当選した。

さて、都議会は、ある意味永田町以上の伏魔殿だという。なぜなら、自民党議員のドンが牛耳っており、ドンの意向に逆らうと、なにもことが運ばない。また、東京都は財源が豊かで、ドンの力も強い。

そして自民党の議員たちは警視庁などともツーカーの仲で、お互いにかばい合うのだという。下手に警視庁を刺激すると、選挙のとき、ちょっとした選挙違反を咎められてしまう。

そして、小池都知事であるが、現時点で都議会の支持を得ていないので、今後の都政の切り盛りはなかなか困難が予想されるという。なので、小池新党の結成もありえるという。

ともかく問題は、都議会のドンなどが恣意的に都政を牛耳っているという現実を都民のほとんどが知らなかったことで、音喜多氏はその意味で小池氏を応援していきたいという。

一方、都の職員であるが、流石に都庁の職員はレベルが高く、一流大学出身者が多い。国家公務員試験に合格しても都庁の方を選ぶ人もいるという。そんな都庁の職員は高給で恵まれているのであるが、前例主義で保守的、縦割りでなかなかやる気のある若手職員が力を発揮できる状況ではないそうである。

さて、この本に挙げられている東京都の大問題をさいごに列挙する。

  1. 東京五輪問題:きちんと責任者がおらず、財源が東京都に頼りっきりで、組織委員会会長の無責任体質。
  2. 築地・豊洲移転問題:盛土の問題と、安全宣言、など。
  3. 財政の問題:黒字なのに東京都が公債を乱発している。
  4. 都庁職員の天下りの問題
  5. 育児政策の問題:保育園をどうするか
  6. 福祉政策の問題:シルバーパスのこと

以上、粗くまとめてみたが、私は政治問題に疎いので、間違えた要約になっている可能性がある。詳細はこの本を買うか、音喜多氏のブログをご覧戴きたい。

真相

user-pic
0

以前から、横山秀夫の「真相」双葉文庫は買ってあったのだが、ミステリー小説を基軸としつつも、純文学、幻想的な小説、歴史小説などに版図を広げてちょっと疲れたので、原点のような横山秀夫に戻ろうと思って、「真相」を読むことにした。

「真相」は、短編集であって、「真相」、「18番ホール」、「不眠」、「花輪の海」、「他人の家」という5つの短編からなる。

「真相」は、税理士事務所を営む、篠田という男の話。篠田の父が税理士事務所を経営していたので、篠田もそれを継ぐことが期待されていたが、しばらくは親に対する反発で、篠田は勝手に遊びまくった。しかし、あるとき、これではいかんと心を入れ替えて努力し、頑張って税理士になり、結局、篠田は後を継いだ。

なのに、篠田を継ぐ者はいない。実は佳彦という息子がいたのだが、通り魔のような者に殺されてしまったのだった。真面目で孝行息子だったのに、篠田は残念でならない。

そんなある日、警察から篠田のところに電話があった。なんと、佳彦を殺した容疑者が捕まったのだという。ところが、警察から聞く容疑者の供述内容は、篠田の思いを裏切るものだった。

しかも、篠田が、娘の美香に容疑者逮捕のニュースを知らせても、美香はなかなか駆けつけて来なかった。そこにはいろいろと裏の事情があった。

「18番ホール」は、県庁の職員を辞めて、出身地の村長選に立候補する、樫村という男の話。樫村はもともと、県庁は辞めるつもりはなかったのだが、現村長に是非とも後を継いで立候補してほしいと説得された。ほとんどの村の世話役が樫村を推すので、まず落選しようがない戦いだった。

実は樫村には、故郷の村に過去の重大な秘密があった。樫村が村長選に立候補するのは、そのあたりの事情もあった。ところが、立候補してみると、支持者が少なくてこちらからみて楽勝と思われた候補者以外にも、より有力な候補者が現われ、選挙戦は必ずしも楽勝ではなくなった。それで焦った樫村は、過去の重大な秘密に対する不安が募り、焦って却って傷を深め、自滅していくのだった。

「不眠」は、車のセールスマンをしていたのに突然リストラになり、再就職に苦しむ山室という男の話。山室は、ハローワークに通って失業保険を貰いながら、それだけでは金額が少ないので密かに睡眠の治験薬の実験台のアルバイトをした。ところが、その治験薬に副作用があって、苦しんで寝れなくて夜歩いていると、放火殺人事件があり、目の前を知り合いの車が通り過ぎていった。やがて警察が放火殺人事の聞き込みにきた。夜歩いていたことが知られて重要参考人とみられたのだった。そこで仕方なく、通り過ぎた車のことを知らせた。それから事件は解決したのだが、なんとも意外な、且つ哀しい結末だった。

「花輪の海」は、大学の空手部の合宿で、ひどいしごきに遭った一年生たちの物語。それは地獄のような経験だったが、そのときの一年生だったうちの一人の城田は、同級生の一人が猛しごきに耐えかねて死んでしまい、結局合宿が中止になったことを肯定的に感じていることを自分に気づき、バツの悪さを感じた。そんな感情を当時の一年生だった仲間が共有していて、そこからみんなの気持が輻輳して、新たな事件が起きた。

「他人の家」は、夫に前科があり、そのことが大家にばれてアパートを追い出される貝原という姓の夫婦の話。夫婦は、少しでも罪を償おうと毎朝ボランティアで掃除をしていたのだが、自然に佐藤という犬を連れた老人と親しくなった。貝原夫婦は、佐藤との会話が救いだったが、なぜか前科がばれてアパートを出なくてはいけなくなると、なかなか次のアパートが見つからなかった。そもそも保証人となる人がいない。そんなとき佐藤が渡りに船のような提案をしてくれたのだが。

以上のように、収められているのは、二転三転するのだが、どれも救いのない話ばかりで、ちょっと読んでいて辛くなった。とくに「不眠」は、私が生まれて初めてハローワークに通って、あまり楽しくない経験をしたことを思い出させるものだった。

ただ、現実は厳しいというか、下手なハッピーエンドでない方がストーリーとしていいのかなと思った私は、老成してしまったのだろうか。

ともかく、横山秀夫のいつもの冴えを感じさせる作品だった。

ウェブで何気なく数学の本を眺めていたら、内村直之著、「古都がはぐくむ現代数学」日本評論社というのが目に付き、「古都」と「現代数学」という、ややアンバランスなキーワードの組み合わせに戸惑い、どんな本なのかアマゾンで確認した。するとどうやら、京大数理解析研について解説した本らしい。

けっして熱心とはいえないが、一応数学セミナーの読者である私にとって、京大数理解析研は紛れもなくビッグ・ネームである。しかし私は、その組織の沿革などほとんど知らないので、読んでみようと迷わず注文した。そして読んでみたら、これが予想どおりというか、数学ファンの期待に応えた力作だった。そこで、私の限られた理解力の範囲で、この本を要約してみる。

じつは、数学を専門に扱っている研究所というのは日本でも少ない。そして、私のような単なる数学ミーハーにとってだけではなく、専門の研究者にとっても、京大数理解析研(Research Institute for Mathematical Sciences Kyoto University)は、あこがれの存在らしい。

定員内の教職員は55人、学生数35人程度の小世帯だが、世界でもトップクラスの業績を生み出し続けている。文字通り少数精鋭である。私としては、プリンストン高級研究所や、パリ数理科学財団とも較べてみたいところである。

さて、京大数理解析研の沿革であるが、1957年1月、日本学術会議が、「基礎科学の研究体制確立について」を首相に提出した。それは、五つの綱要からなるもので、私のほうで粗く要約すると以下のとおりである。すなわち、第一要綱は、大学における基礎科学の講座充実。第二要綱は、研究センターの設置。第三要綱は、流動研究員制度。第四要綱は、研究連絡委員会の拡充、強化。第五綱要は、関係各官庁が協力して計画的に遂行されること。

それより7年くらい前、湯川秀樹がノーベル物理学賞を受賞したとき、日本学術会議は迅速に動き、京大基礎物理研究所、東大物性研究所が設立された。ところが、どうしても数理科学は後回しになるのであって、日本学術会議が「数理科学研究所の設立について」という要望を科学技術庁長官に提出したのは1958年のことだった。その仕掛人は、東大教授で数学の重鎮、彌永昌吉である。

彌永氏は、日本において数学の研究は盛んであるが、純粋と応用の間の連携がよくないこと、計算機の研究、計算機を使った研究をこれから盛んにしなくてはならないことを感じていたという。なので小委員会のメンバーも、数学だけでなく、物理学、天文学、数理工学、経済学、数理科学統計などの専門家を含んでいた。

研究所の名前は、仮にであるが、数理科学研究所とされた。そして幸いにも、若い数学者たちも議論に加わり、風通しのよさが発揮された。そして、流動研究員の増員、研究員の意向が人事・運営に反映されること、深い研究を行う熱意と能力をもち全国共同研究に反映される人材を集めること、なるべく広範囲のテーマを取り上げること、人事はすべて公募とし公表すること、他大学との兼任は認めない、などである。それに傾聴したのは、京大の数学の教授で、代数幾何学の権威、秋月康夫だった。彼は、専門の数学だけでなく、オーガナイザーとしても半端なく立派なのだった。

それで、なんとなく応用に傾いているようだけれども、数学者はあまりそれを気にすることはなく、普通にやりたい数学をやればよい。応用は自然に何か出てくるだろう、みたいなニュアンスのようである。

その後検討が進むにつれ、当初の案が次第に縮小されていった。あと、既存の統計数理研究所との折り合いをどうつけるかという問題もある。

別の問題は、研究所を受け入れる大学である。東大がまず打診されたが、東大には既に物性研、核研があり、東大は難色を示した。私からみたら、新しい研究所を抱えるのは名誉なような気がするのだが、それは数学ミーハーにすぎない私の観方で、管理や予算などの負担が大変なのだろう。

それから阪大、東京教育大なども打診されたが、結局、秋月のお膝元の京大が引き受けることに落ち着いた。こうして、1963年4月1日に京都大数理解析研究所が発足した。

初期のメンバーは、以下のとおりであった。

  • 作用素論(関数解析の基礎としての作用素論の研究): 福原満寿雄、初代所長、東大と兼任。常微分方程式論の開拓者。あらっ、兼任しないのはなかったか。まあ、方針が緩くなったのだろう。
  • 基礎数学Ⅰ(代数学と関連する事項を他の部門との関連を目的として研究):中野茂男、複素多様体の解析的研究、調和積分論。
  • 応用解析学Ⅰ(物理学や数学に現れる偏微分方程式の関数解析的方法による研究):荒木不二洋、場の理論の作用素環の研究。
  • 基礎数学Ⅱ(代数学と関連する事項を他の部門との関連を目的として研究):島田信夫、ホモトピー論、一般コホモロジー論。
  • 応用解析学Ⅱ(無限次元解析学という立場から、量子力学、統計物理学の数学的基礎を研究):伊藤清、確率過程論、確率解析。のち、所長を務めた。
  • 非線形問題(物理学や工学に現れる非線形方程式の基礎理論を研究):占部実、常微分方程式、非線形微分方程式の数値解法など。
  • 数値解析(電子計算機によって行う数値計算のための必要な理論の研究):高須達、プログラムの仕様や自動証明など。のち、所長を務めた。
  • 近似理論(物理学や工学に現われる方程式の近似解法の理論の研究):松浦重武、代数幾何と関数解析の手法を用いて定数係数線型偏微分方程式の解の構造を調べた。
  • 計算機構論(電子計算機をモデルとして、広義の計算機機構一般の数学的理論の研究):高須達。

これをみて分るように、かなり応用色の強い内容になっている。また、必ずしも担当の人の専門と、分野が一致しているとは限らない。

しかし、これはあくまでも初期の布陣で、今後どんどん変貌していくのである。すなわち、優秀な人材を迎えるためなら、柔軟に対応していく、ということである。

「古都がはぐくむ現代数学」には、このあと各論のような内容が続くが、長くなったのでここで一旦記事を打ち切り、別稿とする。

夜市

user-pic
0

例によって、アマゾンの本を適当に散策していたら、たまたま恒川光太郎の「夜市」角川ホラー文庫というのが目についた。恒川光太郎という作家は全くしらないが、なんか随分コメントの数が多くて高評価だし、角川ホラー文庫というは猟奇犯罪捜査班シリーズなどを通じて、結構ポジティブな印象をもっているので、とりあえず買っておくことにした。

そして、夏目漱石の小説を読んで疲れたときの気分転換に「夜市」角川ホラー文庫を読み始めたら、気軽な気分転換どころか、深いシュールな世界に引き込まれて幻惑された。

この本は、「夜市」と「風の古道」という二篇の中編小説からなる。

「夜市」は、学校蝙蝠が、今宵、夜市が開かれることを知らせるところから始まる。そういえば、私が行った小学校は、戦前からの古い校舎で、蝙蝠もいたような気がするが、なぜわざわざ学校蝙蝠なのだろう。ここらあたりから、もうこの小説の雰囲気に呑まれてしまった。

大学二年のいずみは、高校の同級生の裕司のアパートに行っている。アルバイトでたまたま再会して、それから付き合っている。別に好きではないので、アパートに行くというのはためらうというか、変なことされたらどうしようと少し心配になったが、あまり気にしないでいってみると、裕司はおとなしいというか、至って紳士である。

紳士なのはいいが、裕司は、岬の方にある夜市に一緒に行かないかと誘う。で、このまま部屋にいるのも気詰りなので、ともかくいずみは、裕司と一緒に、夜市とやらに出かけることにした。遠いので、タクシーでいった。

普通夜市というのは灯りがついていて、人が沢山きているはずなのに、真っ暗で誰もいない。裕司は、夜市は細道を入っていった森の中で行われている、という。

行ってみると、確かに青白い光がみえて、なにやら市が立っていた。しかし、そこに店を出している者も、行き交う人達もみんな怪しいというか、この世の人達でないようである。人魂が飛び交ったり、狸が服を着て歩いていたりする。

商品も、変な石が一億円だったりして意味不明だし、なんか人の晒し首も売られていたりする。変な霊薬もある。

それで、いずみは帰りたくなったが、なんとこの市では、何か買わないとここを出られないのだという。どうもここは、現世と異次元世界の割れ目からこぼれて、異次元世界にいるようである。

なのに、ここに来ることを誘った裕司は、何も助けてくれない。困っていると、剣をもった初老の男が現われた。なんでも剣をこの夜市で買ったらしい。でも、このまま帰るつもりはないので、案内してくれる、という。

じつは、その男と裕司は、数奇な運命の縁で結ばれていた。その運命にいずみも翻弄されるのだが、摩訶不思議な結末をここで明かすわけにはいかない。

「風の古道」は、吉祥寺に住む7歳の男の子だった私が、父親と一緒に小金井公園に散歩に行ってはぐれた話から始まる。はっと気づくと周りに誰もいないので困っていると、知らないおばさんがやってきて、ある遊歩道のような道を示してくれた。これを行けば帰れるという。

それで歩いたのだが、なんと未舗装の古い道で、誰とも会わなかった。随分歩いたような気がするが、歩いているとふと、自宅近くの建物がみえたので、古道を出て自宅に帰った。

それはとても不思議な経験だったが、誰にも話してはいけないような気がして、心の裡に秘めていた。しかし、人間というものは秘密を誰かに打ち明けたくなるもののようで、それから5年後、小学校で親しい友達ができると、この道のことを教えた。すると子供らしい好奇心で、その友達は是非ともその古道に行ってみたいという。

それで、私は、ええとたしかこの辺だったよなあという路地から入ってみると、確かに古道はあったが、道すがら、どうみても幽霊としか思えない一団とすれ違って、怖くなった。そして帰りたくなったが、最早普通の世界への出口も帰り道もみつからない。そこで親切な男にたまたま出会うのだが、ここからの奇妙奇天烈な、というか魑魅魍魎な展開もまた、開示できない。

読んでみて自明かもしれないが、「夜市」に出てくる夜市と、「風の古道」に出てくる古道は、同じ黄泉の世界に属しているのだろう。

黄泉の世界に関する物語はいままでゴマンとあり、これらの小説もそれに属するといえばそうなのかもしれないが、ここまで乾いた感情抜きの言葉でつづられた黄泉の世界を私は知らない。まるで幾何学の空間論をみるようである。

そういえば、溝の口のラビリンスで書いたように迷ったとき私は、古道を垣間見たような気がした。子供心、あるいは焦る気持ちが黄泉に感応するのだろう。

名人戦が始まった。三浦事件のせいですっかり将棋というか将棋界から興味が離れてしまった私だが、久々に三浦事件騒動に関与しない棋士同士のタイトル戦とあって、去年の10月以来、5ヶ月ぶりにきちんと画面付きでブログで棋譜を追ってみることにした。ところがである、以前から画面付きブログ用に簡易Perlスクリプトを作成していたものの、5ヶ月ぶりだと、その使い方を忘れていて、しばらく戸惑った。自分が作ったツールだから熟知しているだろう、忘れないだろうと思っていたら違うようである。

さて、名人戦第1局は、佐藤天彦名人が先番で、後手が稲葉八段。この二人、先後とも横歩取りが得意で、横歩取りになるだろうと思っていたらやはりそうなった。私としてはどちらかというと矢倉のようなこってりした将棋が好きなのだが、まあ仕方がない。

この二人の対戦成績は、天彦名人の四戦全勝で、すると天彦名人が有利と考えたくなるのだが、そこは若い二人のこと、予断を許さない。例によって一気に38手目△8一飛まで進める。

【図1】 38手目△8一飛まで
持ち駒:△稲葉八段=歩



持ち駒:▲天彦名人=歩2
この△8一飛と引いた手は、後手が守勢に回る手であるが、最近の流行形で、私の知る限り、後手の勝率が結構高い。以下、▲1七桂,△6四歩,▲2五歩,△同歩,▲3六飛,△3五歩,▲同飛,△2六歩と進んだ。

【図2】 47手目▲2五飛まで
持ち駒:△稲葉八段=歩



持ち駒:▲天彦名人=歩2
ここで▲2五飛は、△2七歩成を防いで、ある手のようだが、検討陣の評判はいまいちだった。案外、じっと▲2八歩が正解かも、という意見もあった。

【図3】 48手目△8五桂まで
持ち駒:△稲葉八段=歩



持ち駒:▲天彦名人=歩2
▲2五飛の評判がよくなかった理由は、ここで△8五桂があったからである。これで先手が困っている。天彦名人はこれを見落としていたようである。▲3三角成とすると△同桂となって飛車当たりで飛車が逃げる適当な場所がない。なので以下、▲6六角,△同角,▲同歩,△3四角と進んだ。飛車金両取りである。

【図4】 53手目▲2四歩まで
持ち駒:△稲葉八段=歩



持ち駒:▲天彦名人=角歩
ここで▲2四歩で一気の攻め合いだが、▲5六角と受ける手もあったようである。すると以下、△2五角、▲同桂、△2七歩成としたとき、▲4六歩が粘りある手で難しそうである。ただそれは、以下、△2八飛、▲2九歩、△3八飛成でやはり後手がいいか。で、本譜は▲2四歩以下、△2五角,▲2三歩成,△3四角,▲3二と,△7八角成,▲5六角,△同馬,▲同歩と進んだ。

【図5】 62手目△7八角まで
持ち駒:△稲葉八段=飛金歩



持ち駒:▲天彦名人=角金銀歩
ここで△7八角が、検討陣もあまり気が付かなかった好手だった。ここでは最早、後手優勢がはっきりしたか。△7八角以下は、▲8六歩,△8九角成,▲8五歩,△8八飛,▲6七金,△2七歩成,▲4一角,△同飛,▲同ととなり、

【図6】 投了図 72手目△5五桂まで
持ち駒:△稲葉八段=角金歩



持ち駒:▲天彦名人=飛銀桂歩
△5五桂で、後手は詰まず、先手は受けなしなので、天彦名人の投了となった。

終わってみて、稲葉八段が冴えており快勝だったが、天彦名人に、普段ではありえない見落としがあったりしたのも確かである。もしかして、ポナンザとの対戦で、感覚が狂ってしまったのだろうか。

ともかくこれで次局以降、名人戦は伯仲した戦いが期待され、俄然面白くなった。

私は、外資系の日本法人に勤務していたとき、将棋部に所属し、職団戦のチームのレギュラー・メンバーだった。社内の将棋大会で二位になったことは二度あるが、あいにく優勝はなかった。

それでも、会社の将棋部で五人のベスト・メンバーを選ぶと、確実にその中に入る自信はいつもあった。今は減ったが、当時その外資系の日本法人の社員数は25,000人くらいいて、すると私より将棋が強い人というのは、5000人に一人くらいの割合ということになる。

すると、日本の人口を約一億人とすると、私より将棋が強い人は、ざっとの概算で、日本で2万人くらい、ということになる。私は2万人はちょっと多く見積もりすぎで、本当は1万人くらいのような気がする。というのは、職団戦や社団戦のような何千人もアマ強豪が集まる大会でも、冷静にみて私は平均くらいの強さだと思われるからである。

で、最初のステップは、データベースで私より将棋が強いという条件で検索して、結果は1万人だったとする。次に、この集合の中で、私より囲碁が強いという条件で検索することを考えてみる。私の囲碁は、将棋よりもずっとヘボで、せいぜいが弱いアマ三段である。なので、囲碁だけで見たら、私より囲碁が強い人は、どうみても5万人はいそうである。いや、10万人か。それでも、将棋が私より強く、しかも囲碁も私より強いとなると、ぐっと減る。すくなくとも、囲碁に軸足をおいている人は、そんなに将棋をたしなまない。なので、将棋が私より強くて囲碁が私が強い人ってどんな人かというと、ときどき、自分は将棋が五段で囲碁も六段だと自慢するような人がいるが、そういう人なのだろう。そういう人って、私がみるところ、私より将棋が強い1万人中のせいぜい10%、すなわち1000人程度ではないだろうか。

こうして、私は日本で、ある条件で1000人の中に入ることになった。なかなかすごい?

さらに条件をつけよう。それは、私よりもTOEICの点数が高いという条件である。私は基本的に試験嫌いであるが、外資系にいたとき、TOEICの点数が海外出張や昇進の必須要件なので、仕方なく必死で英語を勉強して、なんとか700点を超える点数に漕ぎつけた。900点を超える人がザラにいる外資系ではそんな点ではどうしようもないが、試験嫌いなので、それ以上の努力をする気は毛頭なかった。

最近の若者は、就職に有利だからとTOEICの勉強をして高得点を取る者も少なくないが、そんな人が将棋と囲碁の両方で私より強いという状況は極めて考えにくい。上記1000人の中で、多く見積もって10%としても100人である。すると、日本で100人の中に入るんだぜ、俺ってすごくね?と自慢したくなるが、いや別に全然すごくないのである。

データベース検索的にいうなら、どんな人でも、その人がもつスキルのレベルを複数挙げて、掛け合わせることで、うまくいくと日本で数十人の中に入れる。

特許的にいうと、要するにヒット件数が少ないということを、新規性が高いという。上記の場合、凡庸な(mediocre)スキルを組み合わせて、無理やり新規性を出すことを、組み合わせ新規性という。

例えば、複写機と、パンを焼く機能を組み合わせた装置があったら、これは世間にないので一応組み合わせ的に新規ということになる。でも、特許の審査官からみて、それがなに?組み合わせになんの意味があるの?ということになる。

審査官を説得するためには、組み合わせにどういう相乗効果があるかということを説明しなくてはならない。相乗効果があると認められると、進歩性がある、ということになる。特許出願というのは、組み合わせ新規性の宝庫なので、審査官に対する意見書は、なんとか進歩性を認めてほしいという懇願で溢れている。

私のスキルに戻って、将棋の棋力と、囲碁の棋力と、TOEICの点数の組み合わせで君は何ができるの?と会社の面接で聞かれたら、私は説明に困る。ええと、東京オリンピックでボランティアで、外人に将棋と囲碁を教えます、といったとしても、で、それが我が社の業務に何が関係があるの?とさらに聞かれて、ゲームセットである。

こうして、スキルの相乗効果で意味がある成果を出すのは難しい。そこいくと、京大数理解析研の望月新一教授は凄い。なにしろ、彼が専門の組合せ論的遠アーベル幾何は、世界で理解できる人がほとんどいなくて、それで彼のABC予想の論文も検証されないままなのだという。このように本当に凄い人は、単一のスキルで世界をぶっとばす。なぜか聞こえてくるバックグラウンド・ミュージックは、RADWIMPSの、前前前世だったりする。

さいきんでは、夏目漱石の作品が読書のローテーションになんとか加わったのだが、虞美人草の感想文の劈頭でかいたように、「吾輩は猫である」は昔読み始めて挫折したというトラウマがなんとなくあって、今に至るまで苦手意識を払拭できないできた。

しかし、すべての準備は「吾輩は猫である」を読むためである、というと言い過ぎであるが、樋口一葉のたけくらべ、ナボコフのロリータ等を読んで読書の脚力を鍛え、なんとか虞美人草を読み終えた段階で、満を持したと判断して、しばらくして新潮文庫版の「吾輩は猫である」を読み始めた。するとなんとまあ、意外に読めるというか面白いではないか。すると今までの懸念は杞憂であったか。

すなわち、猫目線で人間生活の様子を記述するという視点がいい。私も猫を飼っているので、こういう世界に感情移入しやすい。

さて、名前を付けられていない、吾輩と称する猫は、拾われるとか、どこかから貰うなどの正式な手続きをへて、苦沙弥先生の家に住みつくようになったのかと思ったらそうではなくて、捨てられてさまよっているうちに、苦沙弥先生の家の塀の一部が破れていたのを幸い、中に入り込んだ。

そこを家政婦の御三に見つけられて、追い出されようにしているところを、苦沙弥先生の一声で、なんとか居つけることになったのだった。ところが、そこは気位が高い猫のこと、苦沙弥先生に対して毛ほども恩義は感じず、飼われてやっているんだ、くらいに澄ましている。とはいえ、明治時代のこととて、ときに、なかなか忠猫ぶりも発揮したりする。

吾輩は、家の周りをうろついて、車屋の黒という猫と知り合いになった。黒は大柄でたくましく、ネズミもどんどん獲る。黒からみて吾輩は、インテリの家に飼われていて、毛色が違うと敬遠されたりする。しかし吾輩は黒から近所の様子をいろいろ学んだ。

あと、踊りの師匠の家に飼われている三毛子という雌猫がいるが、これが美人猫で吾輩は片想いするのだが相手にされない。ところが美人薄命で、三毛子は病気で早世してしまい、吾輩は大変悲しんだ。

吾輩の飼い主の苦沙弥先生は、学校で英語を教えている。苦沙弥先生の家族は奥さんと、まだ幼い娘が三人いて、あと家政婦の御三である。苦沙弥先生はしょっちゅう奥さんと喧嘩しているので、夫婦仲はよくないようであるが、子沢山なので、実際はそうでもないのかもしれない。苦沙弥先生のモデルは明らかに夏目漱石自身で、苦沙弥先生の家庭も実際の様子を反映している様が窺われるが、どこからが創作なのか、漱石のことにあまり詳しくない私は、よくわからない。

そんな苦沙弥先生は、吾輩の観察によると、学校から帰ると、いつも部屋に籠って本を読んでいたり昼寝していたりするので、どう見ても社交的な性格ではないのだが、意外に人望があるのか、いろいろな人が頻繁に訪ねてくる。

まず、先生の教え子の寒月君で、物理学専攻の理学士。優秀な物理学者の卵なのだが、詩を書いたり、バイオリンを習ったり、女性に一目ぼれするような風流な面もある。

次に迷亭。苦沙弥先生の友人の美学者なのだが、法螺話が得意で、周りを煙に巻く。しかし、その話があまりにも面白く、洒脱なので憎めない。

次に越智東風。寒月君の友人で詩人なのだが、迷亭に劣らない奇人の面もある。

次に八木独仙。苦沙弥先生の友人の哲学者で、深遠な箴言を説き、苦沙弥先生を慰めたりする。

次に多々良三平。九州出身で苦沙弥先生の教え子。工学士でサラリーマンで、現実的な知恵を苦沙弥先生に説く。

そして、ストーリーの進展があった。それは寒月君が、苦沙弥先生の近所の金田という実業家の娘に音楽会で一目ぼれして、娘の側も憎からず想っている様子である。苦沙弥先生は学者の端くれであって、実業家なんて全く尊敬していないので、教え子の寒月君がそういうところの娘と付き合うのはあまりうれしくないのだが、もっと困るのは、金田の奥さんが苦沙弥先生の家に来たり、探偵のように周囲を嗅ぎまわっているので、不愉快にさえ思っている。

そこで、義猫たる吾輩が、持ち前の忍者の性質を駆使して金田邸に忍び込み、様子を探った。唯一の問題は、吾輩が口頭で先生に報告できないことであるが、そこはまあ、なんというか、である。

金田の方では、寒月君に理学博士号を取ってほしいというので、寒月君もその方向で努力するのだが、なかなか捗らない。

そうしているうちに、深夜、苦沙弥先生の家に泥棒が入るという事件があった。第一発見者は吾輩であるが、吾輩は、義猫ではあれ、番猫ではないので、黙ってみているよりない。ただ、せめて吾輩が騒ぎ立てる手はあったかも。それにしても気になるのは、泥棒が寒月君に似ていたことである。まさか、本人?

こうして、吾輩のまわりで様々な出来事が交錯するのであるが、吾輩はじっと家にいると退屈なので、いろいろなことを試みる。あるときはネズミを獲ろうとしたり、カマキリをいたぶったり、銭湯に苦沙弥先生の様子をみにいったりする。

それにしても、吾輩の無聊を一番慰めるのは、入れ代わり立ち代わり、苦沙弥先生の家に上記の人々が訪ねてくることである。みんな我が家であるように遠慮がない。実は私が故郷の自宅に住んでいたときもそうで、頻繁にいろいろな人がきた。やたら賑やかだったが、こういう目まぐるしさは意外にもあまり不愉快ではなかった。

そういう賑わいが苦沙弥先生にもあり、迷亭の蛇鍋の話、越智東風の怪奇話、寒月君の故郷の話など、吾輩をして飽きさせない。そう、吾輩は猫ながら人間の言葉を解し、漢学や英文学まで深遠な教養を身に着けているのだが、あいにくしゃべれないし書けないので、それを披露するすべはない。ただ、人間界の馬鹿馬鹿しさを観察して、呆れている次第である。

そんな人間界の馬鹿馬鹿しさを吾輩も試してみて絶対の窮地に陥り、ストーリーは終わるのだが、読み終えて私は、漱石の圧倒的な漢学の素養と、英文学その他の教養に圧倒させたのだった。それでいて、あまり衒学を感じさせないのは、漱石の落語的なユーモアのセンスが随所に織り込まれているからだろう。

「吾輩は猫である」は、漱石が最初に書いた小説で、少なくとも私にはあまり読みやすい小説ではなかった。ここ1年くらいで鍛えた読書の忍耐力を駆使してなんとか読了できたのだが、それでも、落語的なユーモアな講談的な奇談が飽きさせないので、ロリータほどは苦労しなかった。

「吾輩は猫である」で漱石は、圧倒的な教養を繰り出す水道の蛇口をどう捻るのか、まだうまくコントロールできていないように思われた。虞美人草にもその欠点を感じたが、その後の作品では、適度な教養の抑制が働くとともに、ストーリー性が高まり、私にも読みやすくなったと思う。

まあでも、よほど早熟な高校生でもないかぎり、「ぼっちゃん」は読めても、「吾輩は猫である」は読み通せないだろう。なんとか読み通せた私は、高校生のときからわずかだけ進歩したといえるとおもう、というかおもいたい。

下知

user-pic
0

井伊直虎に書いたように、私は今年のNHKの大河ドラマの熱心なファンなのだが、ウェブで調べてみると、今年のNHKの大河ドラマの視聴率は必ずしも高くないようである。

へぇ、必ずしも時代劇のファンでもない私がこれだけ熱心に観ているのにと思うのだが、ストーリーが暗すぎるとか、主役の柴崎コウが明るくないなど、いろいろ意見があるようである。私は必ずしも柴崎コウのファンではないが、今回の直虎役はとても似合っていると思う。

ただ、自分の心理を冷静に判断してみて、自分が特に井伊直虎に入れ込んでいる理由が次第に分ってきた。それはどうも、井伊の家臣である小野政直と、その息子の政次の存在にあるようである。

すなわち、小野家は、井伊の家臣とはいえ、今川方の代理人のような立場を維持し、折角井伊直盛が施策を進めようとしても、それに反するような下知、すなわち命令を今川義元から取り付けて、書面の形で差し出すので、井伊直盛でさえ、小野には反抗できない。

直盛は比較的温厚な性格であるが、その祖母の直宗とか、家臣の新野や中野など、血の気の多い者たちは、小野を叩き斬らんばかりにいきり立っている。しかし、斬りたくても斬れないのは、本当に小野を斬ってしまうと、今川の逆鱗に触れて、井伊が取り潰しに遭ってしまうからである。

そして私が井伊直虎の大河ドラマに入れ込むのは、私が外資系にいたとき、井伊直盛のような立場にあったからである。すると、えっ、お前は部門長だったのかと言われそうである。しかし私はいかなる意味でも部門長ではなく、部内にはある理由で部門長はおらず、法務部長が部門長を兼任していた。

それでも、当時私が予算権限をもち、予算の許す範囲で私が支払の承認を下すことができたので、私が井伊直盛だった、といってもそんなに的外れではないと思う。

そして問題は、小野政直のような存在の者が部門にいたのである。あの大河ドラマでは形式的には小野政直は直盛の家臣だったが、私の場合、小野政直は家臣でなく単なる同僚管理職だった。それだけならいいのだが、部門の小野政直は、米国本社の上位部門のトップと属人的関係をもち、私を含む同僚管理職の意向を全く無視して、まさに米国本社から下知を取り付け、われわれにそれを突きつけるので、私を含む同僚管理職はひどく当惑した。

しかも、その取りつける下知の内容が、小野政直にだけ都合がよくて、まったく部門のためにならないものだったので、私は腸が煮えくり返るようだった。しかし、あくまでも本社からの下知なので、公には文句がいえない。

そういうことがあまりにも目に余るので、私は米国本社に出張に行くついでに、意見を具申することを決意し、上位管理職との面談の同意を得た。しかし、それは、井伊直盛または井伊直満が、駿府の今川義元に、その意向に掉さすような内容の申し開きに行くに等しいことで、戦国時代なら、惨殺されてもおかしくないところだったが、流石に平和な世の中、私は平穏里に日本に帰国した。

しかし申し開きは寧ろ私にとって不利になり、その後人事的に一層冷遇されるばかりだった。剰え、あの大河ドラマとは違い、小野政直があっさり井伊の地頭職というか領主になり、下知の乱発は一層目に余るようになった。

すなわち、大河ドラマとは違い、私には竜宮小僧のように助けてくれる人も、徳川家康のように側面から攻めてくれる人もなく、今川義元は桶狭間で討たれることもなく他領地に鞍替えとなり、あとを引き継いだ今川の新領主も今川義元の方針を踏襲したので、いよいよ元領主の直盛の立場はなくなった。まあ、直盛たる私も、桶狭間で討たれなかっただけでもましか。

それにしても、小野が取りつける下知で次第に窮地に立たされる井伊家のことは、我がことのように身に染みて辛いのだった。

我が家は、昔からなにげに健康食品に関心があって、たしかルイボス・ティーが健康にいいと聞いて、ブルックスという通販の会社から購入していたことがあった。

ところがいつの間にか止めてしまったのは、なんとなく飽きてしまったのかもしれない。

ただ、ティーバッグのお茶というのはいまでもいろいろ試していて、最近はオルニチン入りのサンピン茶というのを飲んでいた。すると、オルニチンの作用でなんとなく二日酔いしにくいような気がしていた。

そしたら、テレビ番組でルイボス・ティーが体にいいらしいと聞いて、ルイボス・ティーへの興味が復活し、アマゾンでルイボス・ティーを注文した。なんとも節操がないというか目まぐるしい。

そして着いたら、早速飲み始めた。要するに、ティーバッグのお湯出しである。今まで飲んでいたサンピン茶は、お湯出ししてもそんなに濃い色になるわけではない。ところが、ルイボス・ティーは、ティーバッグに少ししか入っていないのに、お湯出しすると、すごく濃いレンガ色になる。なんか体によさそうである。

ルイボス・ティーはお茶といいつつ、全く苦味がない。カフェインも含まれていないらしい。それで、飲み会から帰った日の夜、ルイボス・ティーを飲み、朝起きてもルイボス・ティーを何杯か飲んだ。その日は土曜日だったのだが、トイレに何度も行き、その都度、お通じがあった。決して下痢ではないが、なんか宿便が出る感じで多量に排出した。

そしてはっと気づくと、口の中の歯茎の腫れが直っていた。ここ数日、なかなか治らないで軟膏を塗っても進展がなかったのに、である。どうやらルイボス・ティーは、デトックス効果があるらしい。

それで、ルイボス・ティーにポジティブな印象をもち、出勤する日の朝にも二杯くらい飲んだ。するとお腹は快調で、例によって電車で本を読んでいた。すると、なんか気分の中で、晴天の一隅に黒い雲が現われたような気がした。それは別に気にならなかったのだが、黒い雲は次第に広がり、はっと気づくとお腹の中が曇天になっていた。いかん、一雨きそうである。

私は途中下車して、駅のトイレに駆け込んだ。毎朝、各駅停車に乗るのは、必ず座れるということと、直ぐに降りて駅のトイレに行けるという両方のメリットがある。各駅停車しか停まらないようなマイナーな駅はトイレがあまり混んでいないので、大の方でも待たずに入れる。これは大きい。

そこで済ませてほっとしてまた電車に乗った。それで、また各駅停車に乗って、10駅くらい来たとき、再びお腹が痛くなってきた。それで仕方ないのでまた駅にいった。そこでは流石に少し待たされたが、なんとトイレに入ると、もうあまり出なかった。最初でかなり出尽くしていたのだろう、しかし依然としてお腹がすっきりしない。

でも、それでとりあえず収まったような気がしたので、そこから急行に乗り換えて新宿に向かった。会社に着いてウェブで調べると、ルイボス・ティーは飲み過ぎると下痢をすることがあるらしい。特に私は、なにもなくても下痢をするくらい、下りやすい体質である。それで、ルイボス・ティーは控えめに飲むことにした。

それにしても、ブルックスのルイボス・ティーを随分昔から飲んでいたはずなのに、飲み過ぎたら下痢になるなんて全く知らなかった。飲み会の次の日に何度もトイレにいったのは、前日の酒のせいだと思っていた。

ただ、ルイボス・ティーを寝る前に飲むと、睡眠が深くなるし、上述のデトックス効果はあるしで、確かに体にはよさそうなので、制御しながら飲むことにする。飲み過ぎると下痢するようなサプリはいままで摂ったことがないので、どうもいまいちしっくりこないのだが。

ドワンゴ

user-pic
0

数学セミナーは、だいたい4月号がちょっとつまらなかったりする。というのは、4月号は大学の理系の新入生に数学の勉強方法をガイドするという趣旨がメインで、それは高校数学から大学数学へのギャップを埋めるという意味ですこぶる有意義なのだが、その有意義さが却ってベタになってしまう、ということだったりする。

ところが、2017年4月号の数学セミナーは、私のような意見を他の読者からも以前から聞いていたのか、例年と違って一新された、大学の理系の新入生だけでなく、文系の学生や、いまさら数学を勉強したいという社会人に対するガイドともなるような興味深い内容となっていて、うれしかった。

うれしかったのはそれだけではない、なんとドワンゴ会長の川上量生氏へのインタビュー記事があったのである。

ドワンゴは、さまざまな催しを企画してきたと思うが、いまいち世情に疎い私にとってその全貌はみえておらず、一番印象に残っているのは、将棋の電王戦である。将棋もコンピュータも好きな私は、この企画に熱狂して、ドワンゴ、スゲーと思った。

数学セミナーの記事に戻って、川上氏は1968年に愛媛県生まれ、一ヶ月に40冊から50冊もの本を読む子供だったというから相当な読書量だったのだろう。普通の本なら2時間くらいで読んでしまうというのだから、間違いなく秀才である。そして科学者になろうと思って京都大学工学部に入った。そのとき数学は、科学のための道具みたいな認識たったのかもしれない。

ところが、よくあることであるが、どうも大学の勉強に身が入らず、プログラミングのアルバイトで稼ぐようになった。そしてプログラミングとお金を稼ぐことの両方に才能があったか、月に100万円も稼ぎ、仕送りなしでやっていけたという。

それできちんと大学を卒業して就職したはいいが、折角就職した会社が倒産してしまった。そこで仕方なく起業したのが、オンライン専門のゲーム会社であるドワンゴだった。1997年のことである。その後、携帯電話の着信メロディの配信で急成長し、2006年にニコニコ動画を立ち上げた。

そんなドワンゴの現在の関心に、「電王戦」と「人工知能研究」がある。グーグルもマイクロソフトも人工知能研究に力を入れている。今の時代、IT企業であれば、外せない。

実は将棋連盟が電王戦を企画したとき、スポンサーが現われなかった。そこで将棋連盟はドワンゴにコンタクトし、ドワンゴがこれを受けた、という次第である。ここらあたりのニュアンスは、ハッシーの棋士の一分に書かれていることとは少し違う。

将棋連盟にとって、電王戦の貢献は実に大きく、落ち目だった将棋人気がかなり盛り返した。将棋連盟の理事たちは、川上氏に足を向けて寝れないのではないか。

また、ドワンゴの人工知能研究であるが、グーグルと張り合うというよりも、グーグルの研究がカバーしていないニッチを狙っているという。

人工知能に関して、川上氏は、「数学者と理論物理学者の仕事が人工知能に取って代わられるのは、すべての職業の中で最後であろう。」という。確かに、できた理論や方程式に基づき計算するのはコンピュータは得意であるが、理論構築は難しそうである。ちなみに、「最後であろう。」というのは、ありえないという意味だと私は解釈する。なぜなら、英語で、He is the last person who may commit murder.というのは、彼が殺人なんかするわけがないという意味だからである。

あと、川上氏は現在、3組の数学の家庭教師を雇っているという。一人は大学数学科の院生、もう一人は数学を愛するあまり会社を辞めてしまった人、最後は「すうがくぶんか」という数学塾だという。

会社を辞めてしまった人からは、リーマン予想の理解の準備のため、複素解析、ベルヌーイ多項式、ゼータ関数を学んでいるという。なんか、リーマン予想に入れ込んで会社を辞めてしまったという人の行く末が不安になってきた。

院生からは、数論、群論、表現論を学び、次は相対論を学ぶのだという。なんか一貫したものがみえない。

「すうがくぶんか」からは、ドワンゴの社員と一緒に、線形代数、微分幾何を学び、次に多様体を学ぶという。さらに、ドワンゴの社員は、圏論を学びたがっているという。川上氏はなぜか、仕事に直接役立つ、確率・統計、ビッグ・データや、機械学習の勉強はここではやめようと話しているそうで、ここで小さくまとまるのを避けているのか。

川上氏には夢があって、それはIT業界は一般に数学のレベルが低くて、数学をもっと勉強することで、もっと頭を使ったITサービスを考えたいという。

私はというと、ラマヌジャンの世話役だったハーディではないが、あまり数学の応用性は信じていない。というのは、特許公報などでアルゴリズム系の発明をみていても、そこで使われている数学は、有限体とか、フーリエ級数とか、ベッセル関数、ルジャンドルの球関数などと比較的限定されているからである。

でも、これはビジネス書でいわれる、コップに水が半分しか入っていないか、半分も入っている、の認識の違いなのかもしれない。

ということで、ドワンゴの活躍に期待である。

新刊書店で本を眺めていたら、森昌子の「母親力」SB新書という本が平積みになっていた。本の帯に、「あんたは鬼のような母親だ」とある。私は昔から森昌子の歌唱力を絶賛しており、文句なく好きな歌手の一人なのだが、この本をみただけで私は顔が強張った。そして森昌子に対する好感度が下がってしまった。

というのは私は、スパルタ教育なるものが本質的に嫌いである。本能的、といってよいかもしれない。

この本によると、森昌子がスパルタ教育をしたのは、「わが子をメシが食える大人に育てるため、母親に依存せず、年上を敬い、自分のことは自分でする。」ようにするため、というのだが、子供というのは、スパルタ教育を受けないと、メシが食える大人になれないのだろうか。自立心が育たないのだろうか。私は放任されて育ったが、いちおう「メシが食える大人」のはしくれなのだが。

自分の例を挙げるのは恐縮であるが、私は両親から一切スパルタ教育を受けなかった。ただ、幼かったころは、家が随分貧乏だったので、玩具の類はほとんど買ってもらえなかった。で、私は、癇が強い子供だったので随分ごねたが、私がごねると母親は、柔道のように私をぶん投げた。畳に叩きつけられて随分痛かったのを覚えているが、まあそれはスパルタ教育とはいえない。買えないものは買えないのであって、言っても分からない子供には体の痛みで分からせるよりない。

それでも母親は、私が少なくとも小学校の高学年になると、あまりうるさいことを言わなくなった。自由放任に近い。私の母はあまり能弁ではないので、私にいちいち説教もしない。それで私は、母親の背中をみていろいろ考えた。例えば、私に片付けろと指示するのに自分はやらないではないかと思った。母親はそれでも筋を通す人間で、曲がったことが嫌いだった。近所の人が家にやってくると、乏しい家計の範囲で、あまり惜しまず酒や料理をふるまった。私が食べるはずだったおかずが、客人に廻されてしまったことは何度もある。また、ちょっと知恵おくれで生活保護を受けているような人が故郷の島にいて、ひとり暮らしで誰にも相手にされず、あまりに汚いので、みんなが風呂に入ったあと、最後に風呂に入れてあげたりした。

私からみると、そういう姿を見せるのが一番の教育で、一方で、貧乏だったこともあり、習い事など一切課されなかったのは幸いだった。自分のスキルは自分で鍛えるよりないと感じた。

そういやり方って案外、「わが子をメシが食える大人に育てるため」の方針になっていないだろうか。少なくとも、何も課されないと、自分で工夫してやるよりないと思う。そして自分は何ができるのだろう、何をしたら面白いのだろうといつも考えるようになる。

スパルタ教育をするためには、子供の個性を見抜き、ベストなやり方をある程度分っている必要があるだろう。しかし、親子であっても別人格であり、個性はそんなに見抜けない。すると、自由にやらせる面が少なからず必要である。

あと、「鬼のような母親」だと、家庭が安住の地でなくなる。よく、男は家を出ると七人の敵がいるというが、大の男でなくても、女であっても、子供であっても、外では虐められたり、何があるか分からない。そんなとき家庭が避難所になってなくてどうする。きちんと港があるから、船は出航でき、荒波にももまれることができるのである。

もう私の両親は亡くなってしまったが、両親が生きているときは、私の実家は、とりあえず安心できる場所だった。たまに帰省すると、気が抜けて眠くなる。いくら寝ていても、自堕落の限りを尽くしていても、咎められることはない。そういう安心空間をもてないと、人間は辛いのではないか。個性を発揮できないし、逆に自立できないのではないか。

なので私は、かなり極論かもしれないが、スパルタ教育が是認されるのは、戦争のような環境で生き延びるスキルを身に着けるときと、航空機や原発など、間違えると多くの人達の人命を危機にさらすスキルを学ぶときだけだと思っている。

まあ要するに、私のスパルタ嫌いは、私の二流性の証明に他ならないのだが。

昨日の電王戦は、佐藤名人ならもしかしてなんとかなるのではと思ったが、結局ポナンザに敗れてしまった。毎日新聞の記事から引用する。

コンピューターの将棋ソフト「PONANZA」(ポナンザ、開発者・山本一成さんと下山晃さん)と佐藤天彦名人(29)が対局する第2期電王戦二番勝負第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で指され、ポナンザが71手で勝って先勝した。第2局は5月20日、兵庫県姫路市の姫路城で指される。

私は昨日、観戦し忘れたので、遅ればせながらニコ生のサイトに行ってみた。タイムシフト視聴しようとしたら、プレミアム会員限定だというので、困っていると、棋譜をみつけたので、パソコン上で棋譜を辿ってみた。すると、先手がポナンザで、後手が佐藤天彦名人。

私はポナンザの初手でいきなり驚いてしまった。なんと▲38金なのである。こんな初手がどうみてもいいとは思えず、お前はパソコン・ソフトの分際で、人間の名人をおちょくっているのか、とちょっとムッときた。

▲38金を咎めるには、振り飛車がいいのではと私は思ったのだが、佐藤名人は冷静に△84歩と応じて、結局、力戦調の相掛りとなった。その後、ポナンザはむざむざと佐藤名人に飛車で歩を只で取らせるし、佐藤名人の筋のいい攻めに対して、いかにも危なっかしく受けるのだが、コンピュータ・ソフトなりに見切っていたようで、カウンターの反撃を開始した段階で、佐藤名人の方がどうしようもなくなっていた。

まさか、これって手合い違いじゃないよね、と自問するのだが、私の棋力程度でそんなこと分るはずもない。しかし、こういう負け方は、囲碁の白石六段が解説している、AlphaGo対中韓のトップ・プロとの対戦の棋譜と似ている。すなわち、人間側の達人が筋のいい手を繰り出して、観戦する人間は、おっ、コンピュータ・ソフトに一発入れたかと期待するのだが、コンピュータ・ソフトは、そんな応酬は見切っていたようで、全局を支配する手で大勢を抑えてしまう。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップで井山六冠は、囲碁ソフトで決して世界トップとはいえないDeepZenGoに敗れてしまった。しかし井山六冠は、レジリエントに、何ごともなかったかのように、その後も名人リーグや十段戦で人間相手に勝ちまくっている。

もう既に勝負はついたんだよね、という私の今更の問いに、囲碁の棋士は笑いながら、将棋の棋士は渋面をつくりながら、静かに頷くのだろう。

火花

user-pic
0

私は基本的に芥川賞の作品にはほとんど興味がないのだが、漫才師の又吉さんが、「火花」という作品で芥川賞を受賞したときは、つい気持ちが動いた。というのは私は、あまり表に出さないが、相当なお笑いファンだからである。

ただ、私は通勤電車がメインの読書室であるという事情により、どうしても単行本よりも文庫本を好む傾向がある。それで、「火花」も文庫本になってから読もうと思った。

そうやって文庫本化を待っている間に、アマゾンの書評をみたり、文学に造詣の深い知り合いなどから話を聞いたりすると、どうも小説のクオリティの評判がよろしくない。それで、他人の評価を気にしすぎる私は、つい引いてしまった。

そうしているとついに、「火花」が文春文庫で刊行された。それをみて、自分自身に、「おい、文庫で火花が出たら、読むといっていたよね。」と話しかけると、もう一人の自分が、いや、読むとは約束した覚えはない、と逃げを打つ。

それで、自分にプレッシャをかけるために、知り合いに、いよいよ「火花」を読みますよ、と話した。こうなるともう読むしかない。超絶詰まらない小説だったらどうしよう、とちょっと怖気づいたが、ともかく「火花」文春文庫を買って、気が変わらないうち、とすぐに通勤電車で読み始めた。

すると、あらっ、と驚いた。なぜなら、思いのほか文章はしっかりしているし、ともかくぐいぐい読める。これでは、知り合いに、やっぱ、詰まらなかったよ、というと嘘をつくことになると思った。

「火花」の主人公は、漫才師の徳永。スパークスというコンビで、相方は山下という。明らかに徳永は、又吉自身がモデルである。

そんな徳永は、あるとき、あほんだら、というコンビの神谷という漫才師に、ある意味一目ぼれしたというか心服して、弟子入りを申し込んだら、あっさり受け入れられた。

要するに、徳永は、学んで構築した漫才で、神谷は天然というか天才なのだった。なので、少しでも天才から学びたいというのが徳永の願いである。

すなわち、この小説は、徳永が漫才への熱い思いと、どこか割り切れないものを神谷にぶつけたその反響なのだった。どこかガシッと音がしたりしている。

徳永は、どこまでいっても神谷に勝てないと感じている。それでも必死で神谷から学ぼうとする。そんな徳永は、漫才師の日常を活写してみせる。例えば、神谷とのメールのやりとりは、例えば、「・・・申し訳ありませんでした。カノン進行のお経」のようにナンセンス語句で締めくくる。ああ、これって、昔少年ジャンプだかで読んだ、こまわり君の「海岸通りの糖尿病」とおなじだ、と思った。

ともかく徳永は、徹底的にお笑いのことしか考えていない天才神谷に振り回され、それでもついて行き、時に神谷をサポートする。

しかし、凡庸なはずの徳永がなんとかぎりぎりで漫才で生活していけるようになったのに、神谷は、借金がふえ、彼女に振られ、次第に壊れていく。天才であるがゆえなのだろうか。

で、私はこの小説を読みながら自問した。むちゃくちゃおもろいかいうたら、ちゃうねんけど、そんなスカタンな小説やろか。漫才師の根性、はいっとるがな。

もし、純文学の通の人がこの小説を論外視する一方で、私のような雑文屋がなんとかこの小説を評価しようとしてるとしたら、その理由は、もしかしてお笑いに対する姿勢というか大局観の違いだろうか。

私は川端康成も、芥川も、太宰治も、夏目漱石も、そして愛すべきミステリたちも面白いと思うが、ちょっと違うニュアンスで、「火花」もええんちゃう、と思ってしまうのだが、要するに私はなんでも面白いのだろうか。どうも分からなくなってしまうのだった。

あと、あとがきのような「芥川龍之介への手紙」によると、又吉さんは、とりわけ芥川が好きらしい。特に、戯作三昧と、或阿呆の一生の一節が引用されている。

なるほど、わかりやすく考えると、この小説は芥川へのオマージュか。考えれば考えるほど、何が面白いのか、何がつまらないのか、分らなくなるのだった。

今朝、読売新聞の朝刊をみていて、ええっと驚いた記事があった。それはなんと、森内九段がフリークラスに転出するのだという。

そこで、将棋連盟のホームページをみてみると、2017年度からフリークラスに転出する棋士は、以下のとおりである。

  • 森内 俊之 九段
  • 土佐 浩司 八段
  • 浦野 真彦 八段

この三人の棋士のうち、土佐八段と浦野八段は、直近のC級2組順位戦で全敗だった。これで土佐八段は降級点2回、浦野八段は降級点1回となって、制度的にはまだ順位戦に残れるが、力の限界を感じたのだろう。土佐八段は私と同学年の62歳で、まあちょっと早いフリークラス転出も頷けるが、浦野八段はまだ53歳で、サラリーマンならまだ脂が乗った年齢である。そういえば、ここ数年の順位戦ではずっと負けが込んで、最速で降級してきた。どこか体調が悪いのだろうか。

さて、問題は森内九段である。以下に、将棋連盟のホームページに掲載されていた、フリークラス転出のコメントを引用させて戴く。

この度、フリークラスに転出することに致しました。
平成28年度のA級順位戦で降級となったことを受けて出した結論です。
順位戦での歴代連勝記録更新や、名人戦での数多くの対局など、思い出深い経験を沢山させていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は、その経験を生かして、対局者とは別の立場で順位戦・名人戦を盛り上げていければと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
日本将棋連盟 棋士 森内俊之

A級順位戦で降級したからフリークラスに転出するというけれども、それは永世名人資格保持者だからなのだろうか。だとしたら、やはり永世名人資格保持者でB級1組で頑張っている谷川九段と整合がとれない。

森内九段はまだ46歳、羽生三冠と同年齢であり、谷川九段より8歳も若い。前期の順位戦では4勝5敗の成績で、がっちり残留した。今期の順位戦もラス前で屋敷九段に勝って、佐藤九段よりも星数が先行し残留しそうであった。

確かに、将棋の棋力というのは45歳がひとつの曲がり角のようであるが、だからといって永世名人資格保持者がA級順位戦で降級したぐらいでフリークラスに転出するのだろうか。ちなみに、林葉スキャンダルですっかり元気がなくなった中原十六世名人がA級順位戦から降級したのは50歳のときなのだが、それでもB級1組で2期指して、それからフリークラスに転出した。

なので、どうみても森内九段のフリークラス転出は、時期尚早におもえてならないのである。

このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。