パソコン・ソフトの分岐点

user-pic
0

昨日の電王戦は、佐藤名人ならもしかしてなんとかなるのではと思ったが、結局ポナンザに敗れてしまった。毎日新聞の記事から引用する。

コンピューターの将棋ソフト「PONANZA」(ポナンザ、開発者・山本一成さんと下山晃さん)と佐藤天彦名人(29)が対局する第2期電王戦二番勝負第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で指され、ポナンザが71手で勝って先勝した。第2局は5月20日、兵庫県姫路市の姫路城で指される。

私は昨日、観戦し忘れたので、遅ればせながらニコ生のサイトに行ってみた。タイムシフト視聴しようとしたら、プレミアム会員限定だというので、困っていると、棋譜をみつけたので、パソコン上で棋譜を辿ってみた。すると、先手がポナンザで、後手が佐藤天彦名人。

私はポナンザの初手でいきなり驚いてしまった。なんと▲38金なのである。こんな初手がどうみてもいいとは思えず、お前はパソコン・ソフトの分際で、人間の名人をおちょくっているのか、とちょっとムッときた。

▲38金を咎めるには、振り飛車がいいのではと私は思ったのだが、佐藤名人は冷静に△84歩と応じて、結局、力戦調の相掛りとなった。その後、ポナンザはむざむざと佐藤名人に飛車で歩を只で取らせるし、佐藤名人の筋のいい攻めに対して、いかにも危なっかしく受けるのだが、コンピュータ・ソフトなりに見切っていたようで、カウンターの反撃を開始した段階で、佐藤名人の方がどうしようもなくなっていた。

まさか、これって手合い違いじゃないよね、と自問するのだが、私の棋力程度でそんなこと分るはずもない。しかし、こういう負け方は、囲碁の白石六段が解説している、AlphaGo対中韓のトップ・プロとの対戦の棋譜と似ている。すなわち、人間側の達人が筋のいい手を繰り出して、観戦する人間は、おっ、コンピュータ・ソフトに一発入れたかと期待するのだが、コンピュータ・ソフトは、そんな応酬は見切っていたようで、全局を支配する手で大勢を抑えてしまう。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップで井山六冠は、囲碁ソフトで決して世界トップとはいえないDeepZenGoに敗れてしまった。しかし井山六冠は、レジリエントに、何ごともなかったかのように、その後も名人リーグや十段戦で人間相手に勝ちまくっている。

もう既に勝負はついたんだよね、という私の今更の問いに、囲碁の棋士は笑いながら、将棋の棋士は渋面をつくりながら、静かに頷くのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4495

コメント(4)

| コメントする

あやたろうさん
>もう既に勝負はついたんだよね

ええ、そうだと思います。佐藤名人の感想では、この対局前に
同じソフトで予行演習したけど全然勝てなかった、と告白しています。
ただ次の第2局目では工夫して戦うので勝てる可能性があるとも(笑)。

もうそろそろ、ソフトVS人間は終局でしょうね。あとは意味ないもん。
ロボコップとダーティハリー戦わせてもしょうがないじゃんか。

user-pic

山椒魚さん

> ただ次の第2局目では工夫して戦うので勝てる可能性があるとも(笑)。

それは頼もしい。天彦名人なら、なにかやりそうです。それにしても、真珠湾ではないですが、太平洋戦争の米国と戦う日本のように、もはや奇襲攻撃しか勝ち目はないのですね。

user-pic

> まさか、これって手合い違いじゃないよね

レーティング上の推測では、ponanzaと佐藤名人の差は1000くらいあるはず(佐藤名人の期待勝率は0.5%くらい?)で、もはやponanzaが飛車を落としてもまだponanzaの勝率の方がだいぶ高い(4回に3回はponanzaが勝つ)レベルです。
(レート差が800前後で飛車落ちで結果が均衡しますので)
まさか名人相手に飛車を引いて将棋をさせるわけにもいかないので、これ以上のハンデとしては、使用ハードをスマホにした上で(それでもまだソフトの方が強い)、持ち時間の差を8倍とかにして、やっとどうにか勝負になるくらいかなあ、とは。

user-pic

宮嶋さん

> レーティング上の推測では、ponanzaと佐藤名人の差は1000くらいあるはず(佐藤名人の期待勝率は0.5%くらい?)

そんなに大差とは知りませんでした。情報、ありがとうございます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月 2日 08:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「火花」です。

次のブログ記事は「スパルタ教育」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。