ドワンゴ

user-pic
0

数学セミナーは、だいたい4月号がちょっとつまらなかったりする。というのは、4月号は大学の理系の新入生に数学の勉強方法をガイドするという趣旨がメインで、それは高校数学から大学数学へのギャップを埋めるという意味ですこぶる有意義なのだが、その有意義さが却ってベタになってしまう、ということだったりする。

ところが、2017年4月号の数学セミナーは、私のような意見を他の読者からも以前から聞いていたのか、例年と違って一新された、大学の理系の新入生だけでなく、文系の学生や、いまさら数学を勉強したいという社会人に対するガイドともなるような興味深い内容となっていて、うれしかった。

うれしかったのはそれだけではない、なんとドワンゴ会長の川上量生氏へのインタビュー記事があったのである。

ドワンゴは、さまざまな催しを企画してきたと思うが、いまいち世情に疎い私にとってその全貌はみえておらず、一番印象に残っているのは、将棋の電王戦である。将棋もコンピュータも好きな私は、この企画に熱狂して、ドワンゴ、スゲーと思った。

数学セミナーの記事に戻って、川上氏は1968年に愛媛県生まれ、一ヶ月に40冊から50冊もの本を読む子供だったというから相当な読書量だったのだろう。普通の本なら2時間くらいで読んでしまうというのだから、間違いなく秀才である。そして科学者になろうと思って京都大学工学部に入った。そのとき数学は、科学のための道具みたいな認識たったのかもしれない。

ところが、よくあることであるが、どうも大学の勉強に身が入らず、プログラミングのアルバイトで稼ぐようになった。そしてプログラミングとお金を稼ぐことの両方に才能があったか、月に100万円も稼ぎ、仕送りなしでやっていけたという。

それできちんと大学を卒業して就職したはいいが、折角就職した会社が倒産してしまった。そこで仕方なく起業したのが、オンライン専門のゲーム会社であるドワンゴだった。1997年のことである。その後、携帯電話の着信メロディの配信で急成長し、2006年にニコニコ動画を立ち上げた。

そんなドワンゴの現在の関心に、「電王戦」と「人工知能研究」がある。グーグルもマイクロソフトも人工知能研究に力を入れている。今の時代、IT企業であれば、外せない。

実は将棋連盟が電王戦を企画したとき、スポンサーが現われなかった。そこで将棋連盟はドワンゴにコンタクトし、ドワンゴがこれを受けた、という次第である。ここらあたりのニュアンスは、ハッシーの棋士の一分に書かれていることとは少し違う。

将棋連盟にとって、電王戦の貢献は実に大きく、落ち目だった将棋人気がかなり盛り返した。将棋連盟の理事たちは、川上氏に足を向けて寝れないのではないか。

また、ドワンゴの人工知能研究であるが、グーグルと張り合うというよりも、グーグルの研究がカバーしていないニッチを狙っているという。

人工知能に関して、川上氏は、「数学者と理論物理学者の仕事が人工知能に取って代わられるのは、すべての職業の中で最後であろう。」という。確かに、できた理論や方程式に基づき計算するのはコンピュータは得意であるが、理論構築は難しそうである。ちなみに、「最後であろう。」というのは、ありえないという意味だと私は解釈する。なぜなら、英語で、He is the last person who may commit murder.というのは、彼が殺人なんかするわけがないという意味だからである。

あと、川上氏は現在、3組の数学の家庭教師を雇っているという。一人は大学数学科の院生、もう一人は数学を愛するあまり会社を辞めてしまった人、最後は「すうがくぶんか」という数学塾だという。

会社を辞めてしまった人からは、リーマン予想の理解の準備のため、複素解析、ベルヌーイ多項式、ゼータ関数を学んでいるという。なんか、リーマン予想に入れ込んで会社を辞めてしまったという人の行く末が不安になってきた。

院生からは、数論、群論、表現論を学び、次は相対論を学ぶのだという。なんか一貫したものがみえない。

「すうがくぶんか」からは、ドワンゴの社員と一緒に、線形代数、微分幾何を学び、次に多様体を学ぶという。さらに、ドワンゴの社員は、圏論を学びたがっているという。川上氏はなぜか、仕事に直接役立つ、確率・統計、ビッグ・データや、機械学習の勉強はここではやめようと話しているそうで、ここで小さくまとまるのを避けているのか。

川上氏には夢があって、それはIT業界は一般に数学のレベルが低くて、数学をもっと勉強することで、もっと頭を使ったITサービスを考えたいという。

私はというと、ラマヌジャンの世話役だったハーディではないが、あまり数学の応用性は信じていない。というのは、特許公報などでアルゴリズム系の発明をみていても、そこで使われている数学は、有限体とか、フーリエ級数とか、ベッセル関数、ルジャンドルの球関数などと比較的限定されているからである。

でも、これはビジネス書でいわれる、コップに水が半分しか入っていないか、半分も入っている、の認識の違いなのかもしれない。

ということで、ドワンゴの活躍に期待である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4497

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月 4日 05:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スパルタ教育」です。

次のブログ記事は「ルイボス・ティー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。