真相

user-pic
0

以前から、横山秀夫の「真相」双葉文庫は買ってあったのだが、ミステリー小説を基軸としつつも、純文学、幻想的な小説、歴史小説などに版図を広げてちょっと疲れたので、原点のような横山秀夫に戻ろうと思って、「真相」を読むことにした。

「真相」は、短編集であって、「真相」、「18番ホール」、「不眠」、「花輪の海」、「他人の家」という5つの短編からなる。

「真相」は、税理士事務所を営む、篠田という男の話。篠田の父が税理士事務所を経営していたので、篠田もそれを継ぐことが期待されていたが、しばらくは親に対する反発で、篠田は勝手に遊びまくった。しかし、あるとき、これではいかんと心を入れ替えて努力し、頑張って税理士になり、結局、篠田は後を継いだ。

なのに、篠田を継ぐ者はいない。実は佳彦という息子がいたのだが、通り魔のような者に殺されてしまったのだった。真面目で孝行息子だったのに、篠田は残念でならない。

そんなある日、警察から篠田のところに電話があった。なんと、佳彦を殺した容疑者が捕まったのだという。ところが、警察から聞く容疑者の供述内容は、篠田の思いを裏切るものだった。

しかも、篠田が、娘の美香に容疑者逮捕のニュースを知らせても、美香はなかなか駆けつけて来なかった。そこにはいろいろと裏の事情があった。

「18番ホール」は、県庁の職員を辞めて、出身地の村長選に立候補する、樫村という男の話。樫村はもともと、県庁は辞めるつもりはなかったのだが、現村長に是非とも後を継いで立候補してほしいと説得された。ほとんどの村の世話役が樫村を推すので、まず落選しようがない戦いだった。

実は樫村には、故郷の村に過去の重大な秘密があった。樫村が村長選に立候補するのは、そのあたりの事情もあった。ところが、立候補してみると、支持者が少なくてこちらからみて楽勝と思われた候補者以外にも、より有力な候補者が現われ、選挙戦は必ずしも楽勝ではなくなった。それで焦った樫村は、過去の重大な秘密に対する不安が募り、焦って却って傷を深め、自滅していくのだった。

「不眠」は、車のセールスマンをしていたのに突然リストラになり、再就職に苦しむ山室という男の話。山室は、ハローワークに通って失業保険を貰いながら、それだけでは金額が少ないので密かに睡眠の治験薬の実験台のアルバイトをした。ところが、その治験薬に副作用があって、苦しんで寝れなくて夜歩いていると、放火殺人事件があり、目の前を知り合いの車が通り過ぎていった。やがて警察が放火殺人事の聞き込みにきた。夜歩いていたことが知られて重要参考人とみられたのだった。そこで仕方なく、通り過ぎた車のことを知らせた。それから事件は解決したのだが、なんとも意外な、且つ哀しい結末だった。

「花輪の海」は、大学の空手部の合宿で、ひどいしごきに遭った一年生たちの物語。それは地獄のような経験だったが、そのときの一年生だったうちの一人の城田は、同級生の一人が猛しごきに耐えかねて死んでしまい、結局合宿が中止になったことを肯定的に感じていることを自分に気づき、バツの悪さを感じた。そんな感情を当時の一年生だった仲間が共有していて、そこからみんなの気持が輻輳して、新たな事件が起きた。

「他人の家」は、夫に前科があり、そのことが大家にばれてアパートを追い出される貝原という姓の夫婦の話。夫婦は、少しでも罪を償おうと毎朝ボランティアで掃除をしていたのだが、自然に佐藤という犬を連れた老人と親しくなった。貝原夫婦は、佐藤との会話が救いだったが、なぜか前科がばれてアパートを出なくてはいけなくなると、なかなか次のアパートが見つからなかった。そもそも保証人となる人がいない。そんなとき佐藤が渡りに船のような提案をしてくれたのだが。

以上のように、収められているのは、二転三転するのだが、どれも救いのない話ばかりで、ちょっと読んでいて辛くなった。とくに「不眠」は、私が生まれて初めてハローワークに通って、あまり楽しくない経験をしたことを思い出させるものだった。

ただ、現実は厳しいというか、下手なハッピーエンドでない方がストーリーとしていいのかなと思った私は、老成してしまったのだろうか。

ともかく、横山秀夫のいつもの冴えを感じさせる作品だった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4505

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月12日 22:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京大数理解析研」です。

次のブログ記事は「東京都の闇を暴く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。