東京都の闇を暴く

user-pic
0

よくないことなのであるが、最近の私は、数学や文学に耽溺して、すっかり政治的なことや社会科学全般に興味を失っていて、困ったものである。なのに、新刊書店でつい、音喜多駿著、「東京都の闇を暴く」新潮新書を買って読み始めたのは、最近の豊洲問題のニュースが喧しいので、多少なりとも都政について興味が湧いたからである。

音喜多氏は若手の現職都議であり、「不都合な真実」を開示しているというので期待して読み始めた。

すると、当然だが、都議会で実質的な力を握っているのは、自民党と公明党の議員だという。これは全く意外ではないが、そこに東京都の特殊性があって、それは無党派というか浮動票が多い、ということがある。すると世間的に有名であることが都知事選挙に受かりやすいということで、名が売れた舛添氏を自民・公明が擁立して当選させた。

それで、舛添氏は当選させてもらえた恩義に報いるために、当初は自民・公明のいうことを大人しく聞いてきたのだが、新国立競技場問題で、独自性を出したいと思い発言したことが自民党の猛反発をくらった。それで舛添氏と自民党の間はぎくしゃくしてきたが、一応自分たちが擁立した候補だということで、自民は表だって舛添氏に厳しいことはいわなかった。

しかしその後の舛添氏の高額海外視察問題などが沸騰し、都民やマスコミの騒ぎが大きくなったので、自民は庇い切れなくなり、仕方なく舛添氏の辞任となってしまった。

そして都知事選挙になり、増田、鳥越、小池の三氏が立候補したが、私は都民ではないので選挙権はないものの、増田が当選すればいいと思っていた。鳥越氏は政治音痴で論外だし、小池氏はちょっとエキセントリックかな、と思っていた。ところが、上記の東京の特殊性と知名度を駆使して、小池氏が当選した。

さて、都議会は、ある意味永田町以上の伏魔殿だという。なぜなら、自民党議員のドンが牛耳っており、ドンの意向に逆らうと、なにもことが運ばない。また、東京都は財源が豊かで、ドンの力も強い。

そして自民党の議員たちは警視庁などともツーカーの仲で、お互いにかばい合うのだという。下手に警視庁を刺激すると、選挙のとき、ちょっとした選挙違反を咎められてしまう。

そして、小池都知事であるが、現時点で都議会の支持を得ていないので、今後の都政の切り盛りはなかなか困難が予想されるという。なので、小池新党の結成もありえるという。

ともかく問題は、都議会のドンなどが恣意的に都政を牛耳っているという現実を都民のほとんどが知らなかったことで、音喜多氏はその意味で小池氏を応援していきたいという。

一方、都の職員であるが、流石に都庁の職員はレベルが高く、一流大学出身者が多い。国家公務員試験に合格しても都庁の方を選ぶ人もいるという。そんな都庁の職員は高給で恵まれているのであるが、前例主義で保守的、縦割りでなかなかやる気のある若手職員が力を発揮できる状況ではないそうである。

さて、この本に挙げられている東京都の大問題をさいごに列挙する。

  1. 東京五輪問題:きちんと責任者がおらず、財源が東京都に頼りっきりで、組織委員会会長の無責任体質。
  2. 築地・豊洲移転問題:盛土の問題と、安全宣言、など。
  3. 財政の問題:黒字なのに東京都が公債を乱発している。
  4. 都庁職員の天下りの問題
  5. 育児政策の問題:保育園をどうするか
  6. 福祉政策の問題:シルバーパスのこと

以上、粗くまとめてみたが、私は政治問題に疎いので、間違えた要約になっている可能性がある。詳細はこの本を買うか、音喜多氏のブログをご覧戴きたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4506

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月13日 05:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「真相」です。

次のブログ記事は「京大数理解析研列伝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。