プログラミング・スキル

user-pic
0

私は、多倍長計算ライブラリなどから推察していただけるように、コンピュータ・プログラミングが好きで、自宅でも暇つぶしになにかプログラムを書いているくらいなので、学習塾のちらしで、プログラミング教育を謳っているのについ着目した。

しかし、ちらしに「プログラミングは必須のスキル!」と題して、「(前略)すでにアメリカでは、プログラミングスキルがないと、大学を出ていないとみなされています。」と書かれているのをみて、それは言い過ぎだろうと私は急に不機嫌になった。

というのは、外資系のとき私を虐めた上司は、天下のMIT卒で、なにやらコンピュータのスキルを自慢げにいうので、ならプログラミング談義ができそうだと、話題を振ってみたら、どうも歯切れが悪い。そのあたりの空気を読むのが苦手な私がついプログラミングの話を続けていたら、彼はすっかり不機嫌で黙ってしまった。それからずっと陰に陽に虐められるようになったのだから、私のKYは罪が重い。

ただ理系の権化のようなMIT卒の人がプログラミングが得意ではないのだから、「すでにアメリカでは、プログラミングスキルがないと、大学を出ていないとみなされています。」は違うと思う。

その上司のために弁護すると、彼はプログラミングスキルを除けば、コンピュータのアプリケーション全般に私より詳しかったし、特許弁護士として特許実務もできた。まあ全般的に優秀だったといってよい。なので、私がプログラミングの話題さえ振らなければ、いろいろな意味で私は平穏だったし、彼のプライドも傷つくことはなかった。

何がいいたいかというと、プログラミングは、誰でも普通に習えば上達するという技芸でないし、子供のときから習わないと上達しないものでもない。多分、囲碁や将棋よりも年齢依存性は低い。だから、プログラミングに活き活きした楽しみを感じる子供だけ習えばよいのである。そういう子供はほぼ確実にプログラミングの才能がある。今の私のスキルなんぞあっという間に追い抜く、将棋がそうであるように。

これは多分英語についてもいえる。英語で、帰国子女とかでネイティブ並みの発音だと羨ましがられる人がいるかもしれないが、要するに重要なのは話す内容なのであって、内容を充実させるためには、母国語での思考力が必須である。すると下手に英語をやるより、子供のときはみっちり日本語や漢字などを勉強した方がよい、ということになる。

プログラミングも同様で、きちんと意味があるプログラミングができるようになるためには、プログラミングの才能がある子供でも、いつかは数学的論理思考力が必須になる。大学のときプログラミングの授業で、悲惨なまでにできなかった私が、急にプログラミングに目覚めたのは、ブルバキの数学原論でみっちり集合論と代数学を勉強した結果だった。

ただ、折角ブルバキの数学原論を読んだのに、目覚めたのはプログラミングであり、数学ではなかった。すると要するに数学の才能はなかった、ということなのであり、結局そこに行きつくのである。

なのでときどき私はこう言って自分を励ましたい。いやあ、君は瀬戸内海の孤島から東京に出てきて、たいしたバックグラウンドもなく今までよく頑張ったね、その田舎者らしい泥臭い努力は買うよ。まあ、君に足りないものは才能だけだけどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4508

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月15日 07:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京大数理解析研列伝」です。

次のブログ記事は「パソコン・トラブル奮戦記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。