パソコン・トラブル奮戦記

user-pic
0

いまさら言うほどのことではないが、パソコンを使っているとどうしてもトラブルというか障害は避けられない。私は長年、会社でシスタンとして自分だけでなく他人のパソコンのトラブルにも対応してきたので、そういう場数だけは踏んでいる。

私は精神力がないので、シスタンとして最初の頃は、トラブルに出会うたびに動転したが、流石に経験を積むと知識が増えてきて、ああ、あのトラブルならこういう手順を踏めばよいとか、次第に熟練してきた。それでも、過去の経験が必ずしも活きないのは、ハードウェアもソフトウェアも日進月歩だからである。

そんな私だが、最近、いつになくパソコン・トラブルで精神的ダメージを受け、回復に時間がかかってしまった。鉄人モードに書いたように、私はめったに風邪を引かないが、ついに風邪を引いてしまい、なかなか鼻水が止まらなくなったほどの精神的ダメージだった。

で、その症状と、それに対して採った策を淡々と?述べてみる。それは、私が日々使っているVAIOパソコンでのものである。そのVAIOパソコンは特に今年になってから、ディスクアクセスの頻度が増えた。パソコン起動後、10分くらいずっとディスク・アクセス・ランプがついたままで、アプリを起動したり、キー入力もままならないということがよくあったが、ウイルスチェック・ソフトがチェックしているのだろうくらいに安易に考えていたりした。その原因がもっと前にわかっていたら、もしかして対処の仕方もあったかもしれない。

そして、ついに決定的な障害が発生したのは、水曜日の早朝のことである、Windows Updateがくる予定なので、出勤のため出かける前の時間にWindows Updateを済ませておこうと思った。そしてパソコンを立ち上げると、例によってディスク・アクセス・ランプがついたままなのであるが、Windows Updateのウインドウを立ち上げようと左下のスタート・ボタンを押し、すべてのプログラムというところをクリックしようとした。ところが反応がないばかりでなく、「エクスプローラは動作を停止しました」という画面と「エクスプローラを再起動しています」という画面が交互に出て、まったく操作不可能である。

会社に行く時間が近づいたので、ともかくパソコンを閉じて出勤した。そして会社の昼休みにウェブで調べてみると、「エクスプローラは動作を停止しました」という画面と「エクスプローラを再起動しています」という画面が交互に出るエラーは世間ではよくあることで、なんでもチェック・ディスクをすると直ることがあるらしい。ううん、そうなのかと思った。私は長いシスタン生活でこのエラーには出会ったことはなかった。

そこで帰宅してパソコンを立ち上げなおしたが、依然として「エクスプローラは動作を停止しました」と「エクスプローラを再起動しています」というエラーがでる。そこでチェック・ディスクをしようにも、まったくキーやマウスの入力を受け付けないのだから話にならない。そこで、SAFEモードでパソコンを立ち上げなおすことにした。

ところがなんと、SAFEモードで立ち上げなおしてもやはり、同様の症状が出て、依然として操作できない。そこで、ああ、と気づいた。コマンド・プロンプトのSAFEモードで立ち上げなおしすればいいのだと。そこで、コマンド・プロンプトでchkdsk /fと入れた。これは直ちにチェック・ディスクを開始するのでなく、立ち上げなおしのときチェック・ディスクを行う、というものである。それで立ち上げなおすと、確かにチェック・ディスクが開始された。それは3ステップもあって、結構時間を要したような気がしたが、なにかのエラーを修復したというメッセージが出たので、おっ、もしかしてこれで直ったか、と期待して立ち上げなおした。

すると、「エクスプローラは動作を停止しました」や「エクスプローラを再起動しています」という画面は、でなくなったが、画面に表示されるアイコンが減り、依然としてディスク・アクセスが続いて入力をまったく受け付けない。そこで、あまり粘り強くない私は、これは駄目かもと、諦め始めた。

そもそも、今使っているVAIOを買ったのは、2011年の10月だった。それまで自宅でかなり古いThinkPadをWindows XPで使用していたのだが、会社のパソコンがWindows 7に以降する、というので自宅もWindows 7にする必要があるが、古いThinkPadではそれはスペック的に厳しい。そこで、自宅兼業務用に買い換えたのが今使っているVAIOである。するともう5年以上使っているので、耐用年数的には買い換えてもいいのだが、まだハードウェア的にVAIOが壊れたわけではないしなあ、と思案した。

その思案というか葛藤がストレスになって体調が次第に悪くなった。夜の眠りも浅くなって、これはまずいと思った。そしてこれはいよいよ、リカバリーをかけるとかないかな、という気持ちになった。VAIOのリカバリーは、会社を辞めたときに一度かけている。それは、パソコンの障害ではなく、自宅の業務用パソコンに対する機密保持の観点で会社からの要請だった。それできちんとリカバリーをかけて、そのことを確認する書面を退職後に会社に送った。

それでも今回、私がリカバリーをためらうのは、ダウンロード導入した、C++ Builder XE4などのいくつかの重要プログラムがあって、リカバリーをかけるとそこは回復できないからである。そのあとWindows Updateがウンカの大群のように押し寄せることも知っている。それでも背に腹は換えられないと次の日にリカバリー作業をしようと決意し、会社に休暇を申請した。

さて、その当日である。飼い猫は、あまり時間に構わず、腹が減ると私を起こしに来るのだが、ふつうはせいぜい朝4時半くらいである。ところがその日に限って、朝3時に私を起こしにきた。私は、うんとうなずいた。これは、早く作業を始めよというお告げだと。それで猫に餌を与えてから、早速リカバリーを開始した。意外に几帳面な私は、前にリカバリー作業したときの手順をきちんとメモしているので迷うことはない。それでも、おそろしいほどの回数の立ち上げ直しが必要で、そのつど操作を要するので、離席もままならない。結局、リカバリーを完了するのに3時間かかったが、なにしろ朝3時からはじめたので、まだ6時すぎである。これだと全作業は午後一くらいに終わるだろうと高をくくったが、これは甘かった。

ともかく、ここからはネットに接続するわけだから、とりあえずウイルスチェック・ソフトを導入しておこうと思い、前日に買っておいた、スーパーセキュリティ・ゼロのCDを挿入した。すると、導入が始まったのだが、途中で止まってしまった。どうも、雨嵐のように降りかかってくるWindows Updateのせいらしい。それでも作業していると、今度は導入プログラムは、ウイルスパスターのプログラムをアンインストールせよ、という。ウイルスパスターは、リカバリーのイメージに含まれている。スーパーセキュリティ・ゼロはまるで嫉妬深い女のように、他のウイルス・チェック・ソフトの存在を許さない。

以前にスーパーセキュリティ・ゼロを導入したときは、たしかウイルスパスターはインストーラが自動で消してくれた。しかし今回はどうしても消えないので、手動でコントロールパネルから操作してみた。それで消えたと思ったら、立ち上げなおしたらまだ居る。困ってウェブを探したら、ウイルスパスター削除ツールというのがあるので、これをダウンロードしたらうまくいった。

そこで勇躍、スーパーセキュリティ・ゼロのCDを挿入して導入しようとしたら、途中まだは進むのだが、途中で原因不明のエラーになってしまう。これはともかく、Windows Updateの嵐が過ぎるのを待つしかないと思った。

結局、Windows Updateは199個も溜まっており、すべて完了するのに3時間もかかった。スーパーセキュリティ・ゼロの対処に手間取ったので、その時点でもう正午だった。そこからスーパーセキュリティ・ゼロのCDを挿入して導入しようしても依然としてエラーのままである。念のためソースネクストのヘルプデスクに電話したが、まったくつながらない。それで、これはもう別のウイルス・チェック・ソフトを導入するよりないと覚悟した。そして近所のコジマ電気にカスペルスキーでも買いにいこうとおもったが、念のためにあることを試してみようとおもった。それは、販売元のソースネクストによると、スーパーセキュリティ・ゼロは、ライセンスがあるソフトにつきマイページからのソフト・ダウンロードが可能である。それで、マイページからスーパーセキュリティ・ゼロをダウンロードして実行させたら、なんとか導入できて、なんか涙が出るほどほっとした。さらに、救えなかった筆王もダウンロードして再導入できることがわかったので、一時は私の中で最低ランクに針が振れたソースネクストは、なんとか許容レベルまでQoSが回復した。

ここからは私にとってシスタン的ルーチン作業でデータを回復していった。私は日々BUNBACKUPでデータをパックアップしているので、データとしてはほとんど失ったものはないが、返す返すも残念なのはエンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Editionである。これは2万円以上も払ってダウンロード版を購入したのに、完全に消えてしまい、もはやこの版は買えない。こんなことなら、もうワンランク上の、媒体付のプロフェッショナル版を買っとくんだったかと思ったが、当時でもそれは10万円であり、いまはなんと17万円もする。しかも、安価なStarter Editionは最早売ってない。こうなるといよいよ、マイクロソフトのVisual C++しかないのか、とまた思案し、くよくよ考え始めるのだった。

まったく、パソコンさえ問題なかったら、春の宵はのどけからまし、だったのだが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4509

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月16日 07:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プログラミング・スキル」です。

次のブログ記事は「美しい星」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。