美しい星

user-pic
0

三島由紀夫の小説を最後に読んだのは、多分去年の8月か9月に読んだ音楽で、その後も、しばらく間を開けて別の三島作品を読もうと思っていたら、古書店で目に付いた平凡パンチの三島由紀夫が目に付き、それを読んだあとは、暇をみては、三島由紀夫はなぜ途中から反社会的な傾向に走ってしまったのかと考え、しばらく三島由紀夫の小説は読む気がしなかった。

といいつつ、知らない間にブックオフで三島由紀夫の「美しい星」新潮文庫を買っており、これを急に読み始めたのは、私の趣味だろう。というのは私は高校の頃からUFOや心霊現象が好きで、高校の頃はムーとかいう雑誌を愛読し、心霊現象とか、ムー大陸とか、いろいろ興味を深めていた。

そんな私なので、大学で物理学を勉強することに決めたのは、反重力とかUFOの飛行原理を勉強してみたかったからである。尤も、反重力どころか一般相対性理論の講座も、私が行った大学にはなかったが。

ともかく、そんな私なので、なんの違和感もなく「美しい星」を読み始めた。「美しい星」の主人公は、どこにでもいるような大杉家の家族である。住まいは埼玉県飯能市。大杉重一郎と伊奈子の夫婦に、長男の一雄と、長女の暁子がいる。

しかし、ありきたりでないのは、家族のめいめいがUFOをみて、一種のお告げにより、出自が宇宙人だと信じるようになったことである。すなわち、重一郎は火星人、伊奈子は木星人、一雄は水星人、暁子は金星人である。

そんな宇宙人一家は、ある深夜、重一郎へのお告げに従い、一家四人でまだ夜が明けぬ早朝に、山の上にUFOを見に出かけた。ところが待てど暮らせどUFOは現れない。重一郎は、これもまたUFOからのメッセージだろうと苦しい言い訳をしたが、結局四人は失意とともに下山した。

それをリカバーするように、重一郎は積極的に活動を始めた。すなわち、重一郎は火星人として、人類を核兵器による滅亡から救うという使命を帯びており、フルシチョフに手紙を書いたり、各所でUFOに関する講演を行い、人気を博した。

一雄は、そんな父親の様子をひややかに眺めつつ、ある政治家の集会を訪れ、秘書にしてもらうことを画策した。将来は政治家として世に出ることを考えたのである。

暁子はというと、文通を通じて知り合った、金星人と称する男に金沢に会いにいくことにした。やはり父に対する反発である。どんな人かと不安に思いつつ金沢に向かうと、暁子を待っていたのは、透明感のある色白のイケメンで、暁子は一遍で魅せられた。じつは暁子も相当な美人で、二人して金沢の街を歩くと、道行く人はみんな振り返った。そういえば、金星人で私が思い出すのは、岡潔の広島事件でも言及したオムネク・オエクである。写真でみるオムネク・オエクは、まさに宇宙的とでもいうべきエクストラテラスティアルな美人で、つい暁子もそういう容姿なのかと想像してしまった。

暁子はその男と金沢で金星人同士の夢のような付き合いを愉しみ、念願どおりUFOにも出会えて、別れを惜しみつつ埼玉に帰ってきた。ところがである、暁子は全く褥を共にした記憶がないのに、知らない間に妊娠していた。なので暁子は処女懐妊を主張するが、娘のいうことが信じられない重一郎は、金沢にくだんの男に会いにいった。もし、眼鏡に適うまともな男なら暁子と結婚するよう頼もうとおもったのである。ところが、いくら探せど男はみつからない。もとの住まいを引き払っており、行方が知れない。もちろん暁子から出す手紙も返事がない。なので、重一郎は、これは詐欺に遭ったと判断するよりなかった。

重一郎は、それでも講演活動で日々人気を高めていったが、遠く仙台にあって、それを面白くおもわない羽黒という大学助教授がいた。羽黒は、近所の仲間の栗田、曽根と集まって、人類滅亡計画を語り合うのだった。すなわち彼らは白鳥座61番星からきた宇宙人だと自称する。そして、人類が滅亡の危機にあるという点では重一郎と同じ意見であるが、核兵器のボタンを押させて滅亡させるのが人類に対する恩恵であると説く点で真逆である。

そんな羽黒の活動のあおりで、一郎は政治家の秘書から外されてしまい、失意に沈んだ。それだけではない、上京してきた羽黒たちは重一郎の家を訪ね、そこで人類を救うべきか滅亡させるべきかの論戦が延々と続いた。それは読んでいてうんざりするほどであったが、私はこれを読みながら、のちの楯の会につながる三島の過激思想の片鱗を嗅いだ。

こうして大杉家は崩壊寸前となり、剰え、重一郎は重い病気に臥せたのだが、そこからどんでん返しの展開で、唐突にストーリーは終わった。

この、ある意味不自然な終わり方はどうも評判がよくなくて、その点は私も同意なのだが、私は、UFOや宇宙人をうまく題材にした稀有な小説である、という点で、面白く読んだ次第である。

この小説は、いかなる意味でもSFではなく、エーリッヒ・フォン・デニケンも主張する、人類の深層にある宇宙意識を題材にした心理小説と私はみるのだが、そんなことをいうといよいよ共感が得られそうもない。それでも、三島由紀夫、冴えてるじゃんと私はいいたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4510

コメント(2)

| コメントする
user-pic

あやたろうさん

三島由紀夫ですか。

彼は、素晴らしすぎる作品を書く方で、
私も、若い頃に、数冊読みました。
感想は、
「天才という言葉は、彼のためにあるようなもの」
でした。

彼の作品は、物凄いパワーを持つので、
読む方にも、物凄いパワーを要求します。

だから、私も、若い頃には、
作品のパワーに耐えつつ、
彼の作品を読めたのですが、
今の衰えた私にとっては、
とてもではないが耐えられず、読めません。
(あやたろうさんが、彼の作品を、
いまだに読めるのは、
とても素晴らしいことですね。
羨ましい。)

というわけで(どういうわけだ?)、
最近の「疲れはてたヲヤヂ」の私が、
三島作品を読むと、
あたかも、
体育系の学生でももて余すような、
・600gの和牛のステーキ(OGビーフに比べたら、物凄い脂肪で、
今の私には、100gがやっと)と、
・横浜中華街で出てくるような、4~5人でシェアすべきような大皿炒飯と、
を含むランチセットメニュー
(アメリカ人あたりなら喰えるかも、
でも、こんなもの、存在して欲しくない)
であるかのような、
超重い情報とか情念とかを、
不用意に、自分の脳みそに、
情報として突っ込むことになり、私は、
「胃もたれ」ならぬ「脳もたれ」を、
起こしてしまいます。

user-pic

南木さん

> 感想は、
>「天才という言葉は、彼のためにあるようなもの」
> でした。

そうですね、確かに三島由紀夫の文章は煌く宝石のように感じることがあります。

> 情報として突っ込むことになり、私は、
>「胃もたれ」ならぬ「脳もたれ」を、
> 起こしてしまいます。

私も、純文学はどうも苦手で、1年前からこつこつと、幼児がベビーフードを食べるように、食べやすいものから食べ、やっと離乳食が食べれるようになったところです。試験でも仕事でもないので、焦らずじっくりやればいいです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月17日 05:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パソコン・トラブル奮戦記」です。

次のブログ記事は「平野美宇」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。