平野美宇

user-pic
0

私は前にも書いたように、高校まで部活で卓球をやっていたので、一応の卓球ファンであるが、最近一応からかなり熱心なファンになってきたのは、今の日本の卓球界の隆盛をみてである。

隆盛のひとつの定義として、次々に新しいヒーロー、あるいはヒロインが登場する、ということがある。すなわち、福原愛、石川佳純のエースたちに続いて登場したのは、平野美宇・伊藤美誠のコンビ。2014年の世界ツアーで、この二人はダブルスで優勝し、一躍注目を集めた。

ところがその後、伊藤美誠はリオ・オリンピックの代表に選ばれ、団体銅メダルに貢献するなど活躍したが、一方の平野美宇はオリンピックにも出場できず、雌伏のときをすごしていた。

しかし、雌伏の間にいかに努力するかが勝負師の真価だろう。平野美宇 did it.である。以下、朝日新聞のウェブ記事から引用する。

卓球のアジア選手権女子シングルスで15日、21年ぶりに日本勢として優勝を果たした平野美宇(エリートアカデミー)。出場できなかった昨夏のリオデジャネイロ五輪後、昨年10月に女子ワールドカップを日本選手として初めて制し、今年1月の全日本選手権で石川佳純を破って史上最年少優勝を果たすなど急成長。3年後の東京五輪に向け、大きく弾みをつけた。

これをみて普通は、卓球のアジア選手権女子シングルスというけど、まさか中国選手は出ていないよね、と思う。だって、中国の卓球の絶対王者ぶりは、囲碁のそれよりもさらに上回る。井山裕太の、柯潔に対する差よりもさらに大きいはずである。

しかし、それは違った。

史上最年少で全日本女王に輝いた平野が世界最強の中国選手の壁を次々と乗り越えた。アジア選手権の女子シングルスで、過去1度も勝ったことのない中国トップ選手を3連続で破り、頂点に立った。

ええっ、ありえねー、と私は思った。より具体的には、

自身の17歳の誕生日だった14日の準々決勝は、過去の国際大会で5戦全敗のリオデジャネイロ五輪女王・丁寧にゲームカウント3―2で勝利。15日の準決勝では世界ランキング2位の朱雨玲を、決勝では同5位の陳夢を3―0のストレートで破った。

今まで日本の卓球チームは、強豪のドイツやシンガポールを破って、団体決勝まで勝ちあがっても、いつも中国の厚い壁に阻まれてきた。福原愛や石川佳純を含む最強メンバーを以ってしても、よくて一人くらいがラッキーで勝て、たいていは0-3負けだった。

もちろん、これで日本の女子の卓球が中国に追いついたとはいえないけど、これは明らかに大きなブレークスルーになるだろう。日本人にノーベル賞がなかった段階で、湯川秀樹がノーベル物理学賞をもらったに匹敵する、といったらまあ言いすぎになるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4511

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月18日 05:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美しい星」です。

次のブログ記事は「暗い越流」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。