暗い越流

user-pic
0

私はなにげにホラー小説も好きで、それで新刊書店で、若竹七海の「暗い越流」光文社文庫をみかけたとき、ええとこの人は確か、ホラー作家だったよね、ととりあえず買って読み始めた。すると、どうも勝手が違うのだが、まあいいやと、神経質なのかいい加減なのか分からない私は気にしないで読むことにした。

「暗い越流」は短編集で、「蠅男」、「暗い越流」、「幸せの家」、「狂酔」、「道楽者の金庫」の五篇からなる。

「蠅男」では、葉村晶という女性探偵が登場する。じつは葉村晶は、横溝正史における金田一耕介のように、若竹七海の小説では有名な探偵キャラらしいのだが、なにしろ私は若竹七海の小説を初めて読むので、あっ、そうなんですかというよりない。

その葉村晶であるが、37歳独身で、フリーの調査員だが、長谷川探偵調査所というところと契約している。彼氏もいないし、ペットも飼っていない。友人もあまりいない。それで淡々と生きているというのはじつはなかなかすごいのである。

そんな葉村のところに依頼人が現われた。本宮波留という女性である。それは、母が亡くなってその遺骨が、事情があって祖父の家にあるのだが、そこに行って母の遺骨を取ってきてほしい、というものである。葉村は、は?と思った。そんなの自分で取りにいけばいいじゃん、と。

すると、祖父の家は群馬県で結構遠方で、いま自分は医者にかかっていて体調がよくないので、遠方への旅行は耐えられないのだという。しかも、朝倉という知り合いに同じことを頼んだら、音信普通になったのだという。朝倉とは葉村も知り合いなので、びっくりした。

ともかく、楽勝と思って現場に行ったら、なんとも汚いところであるだけでなく、地下室で朝倉が倒れているし、蠅まみれに男が飛び出してきて階段から突き落とされるわで、大変な目に遭いながらも、ともかく葉村はミッションを達成した、という話なのだった。

「暗い越流」も、葉村が主人公なのかとおもったら、葉村は出てこず、知らないうちに、主人公は出版社に勤務する女性社員になっていた。女性社員は、犯罪関係の本の編集に関係で知り合った弁護士と話していた。その弁護士がいうには、多摩川沿いで、次々に人を五人も轢き殺して、多数に怪我させ、死刑が確定した磯崎という男の弁護を担当しているのだが、なんでもその男のところに女性名義でファンレターめいた手紙がきたのだという。その女性の名前は、山本優子。そこで山本優子の素性を探ろうとしたら、そんなの使えないと編集長からの感想。それで、たまたま聞いた、何をやっても死ねないという変な男の取材をすることにした。その変な男が死のうと思ったきっかけは、結婚まで誓っていた女性が失踪してしまったことで、その女性の名前がなんと山本優子! そこから次第に事件の真相が浮かび上がるのだが、登場人物がみな悪意にみちた、なんとも暗い小説なのだった。

次の「幸せの家」は、「暗い越流」のときの出版社に勤務する女性社員が再び登場する。ところが、この小説でも女性が行方不明になる。それは、女性社員が勤務する「きせつとくらし社」の看板雑誌「Cozy Life」のベテラン女性編集長なのだった。まさかあの編集長が無断欠勤するわけはないので、もしかして殺されているのではとみんなで推測して、一連の取材の中で怨みを買ったのだろうと推測して、その取材を後を追って、ついに突きとめたのだった。

「狂酔」は、神父さんやシスターが管理する養護施設に侵入して、武器をちらつかせて独白するアル中の男の話。子供の頃、自分が誰かに連れ去られてしばらく行方不明だったこと、父親は中学の国語教師だったが、実にいい加減な奴でついに自殺してしまったこと、自分もやりきれなくなり、酒に溺れてアル中になってしまったこと、それでも真面目に働いていたら、子供の頃自分を連れ去った人に会ったこと、と延々と独白が続き、なんともあっと驚く帰結で終わるのだった。

で、葉村晶は「蠅男」だけにしか出てこないのかとおもったら、「道楽者の金庫」で再び登場した。しかし、ここでは契約していた長谷川探偵調査所が店じまいになってしまったので、葉村晶は一旦失職した。しかしそこはそれ、一切係累がなく、あまり無駄遣いもしない葉村、まあしばらくのんびりすべ、と思っていたら、知り合いのミステリー専門の古本屋がアルバイトに雇いたいという。それでもともと古本屋の仕事はしたことがあるし、本は好きなので、勤めることにした。その古本屋は吉祥寺にあって、その名をなんと、「殺人熊書店」、英語でMurder Bear Bookshopという。そこに勤めていたら、後宇多家というところの本の買取の仕事が入った。なんでも、後宇多家で一人暮らし老人が亡くなったので、その遺族、すなわち娘さんが本を売りたいのだという。行ってみると、なかなかいい本があったのだが、なんとこけしも沢山あった。で、本を箱に詰めていたら急に本は売らないと、そこの娘さんがいう。なんでも、金庫の鍵の番号を記したこけしが見つからないのだという。で、紆余曲折あって、葉村が福島の別荘にそのキーとなるこけしを探しに行くよう頼まれて、例によって散々な目に遭うというストーリーなのだった。

じつは私は、もっとテンポがよくてストーリーが明快なミステリーを読んできたので、若竹七海のこの短編集は最初、何が面白いの?と怪訝だった。日本推理作家協会賞という「暗い越流」も、スローで含みが多すぎて、どうもピンとこなかったが、「幸せの家」あたりからやっと面白さが分ってきた。折角なので初期の頃の葉村晶シリーズを読んでみよう。ところで、この小説を読み終えてしばらくして、自分の決定的な勘違いが分ってしまった。すなわち私は、加門七海の「祝山」というとてもリアルなホラー小説を読もうと意図して本屋に行ったのだが、「七海」という名前が同じなので、勘違いして若竹七海の方を買ってしまったのだった。そそっかしい私もこんな間違いはいままでしたことがないが、まあ、若竹七海も面白かったし、葉村晶のキャラもよかったので、いいとする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4512

コメント(2)

| コメントする

あやたろうさん
>若竹七海

作者の実生活の夫「小山正」は「バカミス(そんな馬鹿なというミステリー)」の提唱者ですけど、そこまでのバカミスではなさそうですね。
この短編集は読んでませんが、総括すると「奇妙な失踪(一つだけ人間じゃないけど)」なんですね。

user-pic

山椒魚さん

> 作者の実生活の夫「小山正」は「バカミス(そんな馬鹿なというミステリー)」の提唱者ですけど、そこまでのバカミスではなさそうですね。

そうですね、バカミスの定義がいまいち分かりませんが、これは一応バカミスではないとおもいます。それにしても、若竹の夫は編集者だと聞きましたが、そういう定義を与えているとは知りませんでした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月19日 05:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平野美宇」です。

次のブログ記事は「パソコン・トラブルのフォローアップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。