パソコン・トラブルのフォローアップ

user-pic
0

パソコン・トラブルはとりあえず克服したつもりだが、まだ以下の不足が残っていた:

  • マイクロソフト・エクセル
  • エンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Edition
  • 将棋ソフト激指10

私はもともと、マイクロソフトのオフィス製品は好きでないので、なるべく買わないで済ませてきた。好き嫌い以前に高すぎるということもある。それで、再就職の際の履歴書をエクセル形式で作成する必要がでてきたときも、オープンオフィスの表計算アプリを使って作ってみたのだが、どうもレイアウトが崩れてしまう。そこで仕方なくアマゾンでエクセル2010を買ったが、これは就職活動だけでなく、その後のエクセルの練習にも役に立った。そして、パソコンを再セットアップした後、エクセルを導入しようとしたら、どうしても媒体がみつからない。これはきちんと保管しておいたはずなのだが、自分の杜撰さには困ったものである。まあとりあえず、買わないで様子をみることにする。

エンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Editionは、絶望視していたのだが、ダメもとで、購入したベンダの翔泳社にメールで問い合わせてみた。するとなんと、4年近く前にメールで通知されたダウンロード用のURLから今でもダウンロード可能なのだという。ええっ、そうなのかと怪訝になりながら、こんなこともあろうかとキープしておいたそのメールからダウンロードを試みたらまだインストーラをダウンロードできた。インストーラを起動したらライセンス番号を入力するようにプロンプトするが、ライセンス番号は送られてきたメールに書かれているので、それを入力すると、確かにインストーラは走り始めた。しかし、インストーラはかなりの量のコードをウェブからダウンロードするらしく、随分時間がかかる。それだけではない、何度も通信が切れて何度も再開ボタンをクリックしなくてはならなかった。それでもともかくもうすぐ導入完了というところまで到達したのだが、ここで恐ろしいことが起きた。急に画面がブルースクリーンになり、パソコンがフリーズしてしまったのである。ええっ、折角のC++ Builder XE4がフイかと思いつつ、ここはレジリエントにパソコンを立ち上げ直し、再度インストーラを起動すると、再度ライセンス番号の入力は求められたが、導入はすでに導入されているところから開始されたので、比較的すぐに完了し、ついにエンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Editionをリストアできた。これで思い残すことはないといいつつ、C++ Builder XE4 Starter Editionを立ち上げると、Develpers Networkのログインが必須だという。これを入れないと30日間しか使えない。それでログインのアカウントを作ろうしたら、どうしてもうまくいかない。どうも以前作成したアカウントが残っていたらしい。そこで、パスワードの再発行手続きを行うことで、なんとかDevelpers Networkにログインでき、なんとか正式にC++ Builder XE4 Starter Editionが使えるようになった。

将棋ソフト激指10の導入用媒体も見つからなかったが、これはもともと買い換える予定だったので、迷わず将棋ソフト激指14をアマゾンで購入した。激指10は、アマ名人より強く、プロ二段くらいだと思っていたが、激指14は、おそらくponanzaには負けるが、プロの最高峰と同じくらい強いのだという。そこで激指14の最高レベルと平手で指してみた。すると、あれっ、意外に強くない。むしろ、激指10の方が手ごたえがあった。と思ったら、終盤、あっという間に一気に寄せられてしまった。どうも自分より隔絶して強いというのは、強さがよく分からないということが改めて分かった。

で、C++ Builder XE4 Starter Editionでブルースクリーンをみた意外はとりあえず問題はなさそうであるが、再びブルースクリーンに出会ってしまった。それは、Windows Updateをかけてみて、でてきたWindows 7品質ロールアップとかいうのを導入したときである。これの導入が終わって、立ち上げなおすと、再びブルースクリーンが出た。これは再現性はないのだが、どうもまだ不安が払拭できないのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4513

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月20日 05:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「暗い越流」です。

次のブログ記事は「特許情報について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。