特許情報について

user-pic
0

ちょっと前だが、TIMEでトランプ大統領関係の記事を読んでいたら、ある政治家がnumbers guyだ、という言い方がされていた。あまりみない言い方なので、ちらっと辞書をひいてみたがしっくりくる訳がみつからない。それで文脈から、政府予算などの数字に詳しくて、なにかの議論で、メモを見なくてもきちんとそういう数値を引用できる人だ、みたいに勝手に解釈した。

で、それとはニュアンスが違うが、私もある意味numbers guyかなと思った。それは、素数だのフェルマーだの数論が下手の横好きだから、というのもまああるが、管理職の時代に予算管理を担当していたとき、上位管理職との議論できちんと必要な数値をなにも見ないで引用できていたからである。まあ、それはそうで、日々エクセルのファイルで、予算や経費の数値と格闘していたので、嫌でも憶えてしまう、というものである。

ただ、numbers guyとはいっても、貸借対照表だの勘定科目だの、経理関係の背景知識はどうも苦手で、そこらあたりはそういう知識と経験に詳しい部下に全面的に頼っていて、いつまでもこれではいかんと、簿記や会計の入門書を何冊か読んだがさっぱり知識が身に付かず、そっち方面の才能はないのか、とがっかりしたものである。

それでもやはり自分はnumbers guyだな、と感じるのは、特許情報が好きで、その関係の数値を日々集めて計算して、飽きないのである。

具体的に例を挙げると、まだ外資系にいた頃である。自宅にいて年末の大掃除が終わると、なんとなく暇になって、年末年始の定例の番組を観る気がしなくて、そうだ、特許情報遊びをやろうと思い立った。遊びといっても、役に立つ方がいいと、まず社内の特許データベースで、数千件の書誌情報のデータ一覧をダウンロードした。次に、JP-NETという商用特許データベースで、出願人が自社であるというキーワードでやはり数千件の書誌情報のデータをダウンロードした。そして、Perlを使って、出願番号と、出願日と、請求項の数をマッチングした。特に出願番号と出願日のフォーマットが、2つのデータの間で微妙に違うので、Perlのプログラムの中でフォーマット変換した。そうやってマッチングすると、だいたい1000件に1件か2件、入力間違いがある。これをみて、データ入力担当者がたるんどる、気合いを入れればそんなもの0件にできると思ってはいけない。ヒューマン・ファクターで人間にはミスは避けられない。最近は以前に比べて交通事故の件数が減ってきたとはいえ、どうしてもゼロにできないのと同じである。

それで、データをダウンロードするのも、Perlでスクリプトを書くのもまあどうってことないのだが、社内特許管理システムで該当箇所のレコードに行き、間違いのデータを訂正するのは流石にうんざりする。しかし、それをしないと今までの努力がまったく意味をなさないので、コツコツと直していく。

作業はそれでは終わらない。すなわち、私は日常生活では粗忽で、つまらないミスを沢山しているが、相手が特許情報だと目の色が変わる。ターゲットを凝視するスナイパーの目になる、というと言い過ぎか。例えば、スティーブン・ハンターの小説を読むと、スナイパーのボブ・リー・スワガーは、あちこちに失敗したときのカバー策を用意して保険をかけておく。そうしないとプロとはいえない。私が特許情報のプロかどうかは知らないが、社内特許管理システム上でデータを訂正したあと、数日たって、データをダウンロードしマッチングする作業を再度行う。正しく訂正されていることを確認する必要があるからである。こういう作業を私は、半年に一度くらいに定期的に行った。もちろんこんな作業をしたからといって誰かに感謝されるわけでも、ましてや昇進のための業績になどなるわけではない。たんに好きでやっているだけである。しかし、社内特許データのintegrityのために確実に意味がある作業である。

あと、研究開発部門または人事部門から依頼されて、発明者ごとの実績データを作成することもよくやった。すなわち、一人の発明者が複数の発明を提出するので、過去30年に亘ってワールドワイドの社内発明データをダウンロードすると、レコードの数は30万件を超える。しかし、Perlで処理する分には、30万件だろうと1000万件だろうと大差はない。で、私はちょっと考えて、2パスのアプローチを採ることにした。すなわち、1パスで社員番号のフィールドを舐めて、ハッシュのキーとする。その際、社員番号のフィールドのフォーマットはある時期を境に変っているので、それを旧型式に統一する変換式をPerlに組み込んだ。そして、2パス目では、seek関数でファイルの先頭に戻ってスキャンする。そして、1パスで集めたハッシュのキーのデータに対して、件数や出願決定、レーティングなどの数を集計していく。そういう数値は、ある発明ポイントに換算されるのだが、集計した値がある基準をみたした段階で、社内システムに基づき、ボーナスポイントがつくので、それも足すようにした。ここらあたりにもきちんと配慮しないと、特許情報フリークとはいえない。

ともかく、これくらい書くと、私が、少なくとも特許情報に関してnumbers guyであることは誰も否定しないだろう。ていうか、誰も私がnumbers guyかどうかなんて関知しないし、勝手にやっとけば、というところだろう。その地味さというかマイナーさも、私には魅力だったりする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4514

コメント(5)

| コメントする

あやたろうさん
>guy

guyって日本式に言うと「オタク」っぽいイメージありませんかね?良く言えば「信奉者」。
Numbers guy だと、過去の数字の実績データの中に「何らかの符丁」を見つけ出して意味付けした上で未来予測をたてるみたいな。
アメリカ人って、映画みてても、例えば「6(シックス)」とか「7(セブン)」とか「13」とか、その数字自体に意味付けや予言めいたものをあてはめる習癖がありますよね。バイブル文化ってやつですかね。

Number boy という表現になると、Numberはクオリティに変質して「右腕」「優秀な補佐官」というニュアンスになりますから
guyだとちょっとふざけた意味が含まれるんじゃないかと?
良くは知りませんが。

user-pic

山椒魚さん

> guyって日本式に言うと「オタク」っぽいイメージありませんかね?良く言えば「信奉者」。

手許の英英辞典をみたら、guyというのはmanのinformalな言い方とあります。でも、俗語的にはおっしゃるような意味があるような気もします。そういえば、外資系に勤務していたとき、同僚と何人かでいたら、外人の上司から、You, guysとよく呼ばれました。おい、お前ら、とか君たちみたいな意味なんでしょうね。よく分からないけど、上司が部下に使っていいけど、その逆は失礼になるのかな、と思ったりしています。

user-pic

あやたろうさん、山椒魚さん

Numbers guyって、
「コンピュータによる数値計算で、
立派な計画と、その結果とを得るのは上手いけど、
実際の人や社会を相手にすると、
計画を全く実行できず、結果なんて、
もちろん、全く実現できない人」
ぐらいの意味です。

ご存じだったとは思いますが・・・

user-pic

南木さん

numbers guyが、コンピュータで机上の空論を組み立てて、実行できないという定義だとしたら、それも私に該当しそうです。

user-pic

あやたろうさん

実行に移して痛い目を見ることがないので、mineral "only"guyになりたいです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年4月21日 22:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パソコン・トラブルのフォローアップ」です。

次のブログ記事は「名人戦第2局」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。