2017年5月アーカイブ

ヨハン・テオリンの黄昏に眠る秋は、読み始めで入りにくさを感じたが、最後は盛り上がったので結果ポジティブだった。なのでその続編の「冬の灯台が語るとき」を読もうと思ったが、確かアマゾンでほぼ絶版状態で高値がついていたので、しばらく様子をみていた。

すると最近になって早川書房が「冬の灯台が語るとき」を文庫本の新刊として出してくれたので渡りに船で買った。そして満を持して読み始めた。

「冬の灯台が語るとき」の舞台は、「黄昏に眠る秋」と同じ、エーランド島であるが、場所はより限定されて、そのウナギ岬である。ウナギ岬は航行の難所らしく、一対の灯台があるが、それでも嵐が来ると、船が難破したりする。1846年の冬も、あまりにもひどい嵐で、材木を積んだ船が難破し、五人の乗組員全員が溺死し、材木が岸に流れ着いた。

そして灯台大工たちは、流れ着いた材木を使って、予定よりも大きい家をウナギ岬のそばに建てた。それは死者の魂をよぴ寄せる行為なのかもしれない。

そう、「冬の灯台が語るとき」もまた、「黄昏に眠る秋」と同様に、時代を隔てて投影する物語なのであった。そして、1846年から約160年後、ヨアキム・ヴェスティンの一家がウナギ岬のそばの家に引っ越してきた。妻のカトリン、娘のリヴィア、息子のガブリエルも一緒である。

隣には、「黄昏に眠る秋」にも出てきた、新聞記者のベンクト・ニーベリの一家が住んでいる。ニーベリは、わざわざストックホルムから引っ越してきた物好きな一家のことを記事にしようとしている。

さて、エーランド島のこの地域にはほとんど警察がいないので、普段空き家同然の別荘を狙う押し込み強盗がいる。トミー、フレディの兄弟と、ヘンリクである。

一方、「黄昏に眠る秋」に出てきたイェルロフ・ダーヴィドソンは、この小説にも登場し、イェルロフの兄の孫であるティルダ・ダーヴィドソンから話をせがまれる。ティルダは、警察官としてこの地に赴任してきたのだった。ティルダは、不審な死だったかもしれない祖父のことをイェルロフから聞きたがっている。

ある日、ヨアキムは車でストックホルムに出かけた。そこにある以前の住まいに荷物を残してあるので、それを取りに行ったのである。ところがその間に悲劇が起きた。カトリンがウナギ岬の海に落ちて亡くなったのである。もちろんヨアキムは、おっとり刀でとんぼ帰りした。そこからヨアキムの悲嘆と苦悩の日々が始まった。そしてカトリンの死が事故なのか自殺なのか誰かに殺されたのか、突き止めたくなった。

一方、ヨアキムは、その前年に、姉のエテルを水死で亡くしていた。しかしエテルは麻薬中毒者だったので、自殺または事故として処理された。しかもヨアキムは、二人の小さい子供を抱えている。なので、ヨアキムの苦悩はあまりにも大きい。

そんなヨアキムは、事件を担当したティルダを通じてイェルロフと知り合い、イェルロフからウナギ岬の歴史を聞き、いろいろな示唆を得た。

さらにトミー、フレディの兄弟と、ヘンリクの押し込み強盗が事件に絡み、しかも夜市ライクな、黄泉と現実が混交するようなウナギ岬のスピリチュアルな性質が事件に幻想性を加えてゆく。ここからは佳境なので記述を省略するが、「黄昏に眠る秋」よりも立体的でスケールの大きいストーリーに仕上がっていると感じた。ただその分、注意深く読まないとストーリーを見失ってしまう可能性がある。

名人戦は、やや分が悪いと予想していた稲葉八段が2勝1敗と先行して、面白くなった。さて、稲葉八段が先手番であるが、後手の天彦名人は、伝家の宝刀の後手番横歩取りをここまで封印しているように思われる。最後の決め手にしたいのだろうか。果たして、本局は、角換腰掛銀模様となった。細かくは綾があるのだろうが、比較的落ち着いた序盤なので、一気に40手目まで進める。

【図1】 40手目△7二玉まで
持ち駒:△天彦名人=角



持ち駒:▲稲葉八段=角
なんと、天彦名人は△7二玉と、右玉にした。最近珍しいかと思ったら、最近の若手は比較的よく指しているらしい。そういえば、思い出したのだが、去年の王位戦第6局、羽生王位は、木村八段に対して角換模様で右玉にして快勝したのだった。
さて本譜は、以下、△7二玉,▲4六角,△5四歩,▲8八玉,△4二金,▲6八金右,△5二金左,▲9八香,△4四歩,▲2四歩,△同歩,▲3五歩,△同歩と進んだ。

【図2】 53手目▲2六飛まで
持ち駒:△天彦名人=角歩2



持ち駒:▲稲葉八段=なし
そして、▲2六飛となったところで封じ手となった。ここで天彦名人は、△3六歩。ここでは予想される手だろう。以下、▲同飛,△3八角,▲2八歩,△3五歩,▲同角,△5五歩,▲2五桂,△同歩,▲3八飛,△5六歩,▲同歩,△8四桂と進んだ。なお△3八角では、△5九角とする手もあったらしくて、それはそれで難解である。

【図3】 67手目▲9九玉まで
持ち駒:△天彦名人=銀歩



持ち駒:▲稲葉八段=角歩2
ここはいろいろ手があるところで、例えば▲4四歩や▲3四歩、▲6七金直などが目につくが、稲葉は、▲9八香と上がった趣旨を継承して、▲9九玉とした。しかしこの手がどうも今一つで、▲3四歩または▲6七金直の方がよかったらしい。▲9九玉以下は、△3四歩,▲4四角,△同銀,▲同歩,△8六歩,▲同歩,△7六桂,▲同銀,△4九角,▲4八飛,△7六角成,▲7七銀,△5四馬,▲5五歩,△5三馬となって、最早後手の模様が少しいい。

【図4】 83手目▲4七飛まで
持ち駒:△天彦名人=銀2歩



持ち駒:▲稲葉八段=角桂歩4
ここでの▲4七飛は、直接的には割り打ちを避けた手だが、はっきりしない手である。以下、△3三桂,▲9五歩,△5六銀,▲4九飛,△4五桂,▲9四歩,△9二歩,▲9五桂と進み、ここで△8四銀と受けたのが、天彦らしい渋い受けだった。以下、▲4六飛,△5七桂成,▲6九金,△6七銀成となった。

【図5】 97手目▲7六銀まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=角歩5
稲葉は、▲7六銀と上がったが、天彦は、△7八成銀,▲同金,△9五銀,▲同香,△6五歩と嵩にかかって攻めた。稲葉は、▲8七銀打と受けたのだが。

【図6】 104手目△8四桂まで
持ち駒:△天彦名人=金



持ち駒:▲稲葉八段=角銀歩5
ここで△8四桂が厳しい。以下長手数だが進めると、▲6五歩,△7六桂,▲同飛,△7五銀,▲6四桂,△同銀,▲1八角,△6三桂,▲6四歩,△同馬,▲7五飛,△同馬,▲7六銀打,△同馬,▲同銀,△6七銀,▲8七銀打,△7八銀成,▲同銀,△6八成桂,▲8七銀打,△7八成桂,▲同銀,△6八飛,▲8七銀打,△7九銀,▲8八桂,△6六金,▲4五角打,△6四歩,▲7五歩,△同歩,▲4三歩成,△同金,▲7四歩,△7六歩,▲7三歩成。

【図7】 投了図 142手目△7三同玉まで
持ち駒:△天彦名人=金銀歩3



持ち駒:▲稲葉八段=桂歩4
▲7三歩成を△同玉と取られて、後手玉に寄りはなく、先手は手数は長いが即詰みがあって、うまい受けもないので、稲葉が投了した。

敗因はわからないが、【図3】で▲9九玉としたあたりだろうか。これで2勝2敗の五分だが、前にも書いたが、電王戦FINAL第2局で天彦名人がコンピュータを相手にしなくてはならないことで少し調子が狂うので、微妙に稲葉が有利とみたい。

と、ここまで書いたが、名人戦第4局の記事を書き起こすのが遅れたので、電王戦FINAL第2局をニコ生で観戦することができた。といいつつ、一度ニコ生を追い出されて、なんとか観戦を始められたのは、中盤の終わりというか、終盤の初めくらいで、解説を参考にしつつ形勢をみてみると、どうも既に天彦名人の側が悪かったようで、しばらく席を外して観戦を再開すると、もう決定的に天彦名人が不利で、天彦名人は何度も席を外して苦吟しつつ、次第に悟りきった顔になり、そのまま投了してしまった。

それにしても、ポナンザは異次元の強さで、斎藤七段や深浦九段などの並み居る解説のトップも、天彦名人のどの手が悪かったのか全く分からないとコメントしていた。

これは、アルファ碁などの囲碁AIソフトでも同様なのかもしれないが、どうもAIソフトは、ある局面で見通せる深さと広さが桁違いのようである。それを、生物学的にある限界値をもつ人間の脳がどう克服するのか、もはや克服できないのか、だったら克服できない、という人工知能的というか、数学基礎論的な証明をみたいものである。

天彦名人は、この敗戦による痛手をまったく引きずらないことは難しいだろうが、レジリエントに気持ちを入れ替えて、稲葉八段と番勝負を争って頂きたいものである。

最近私は、歴史小説に版図を広げたが、その分野で、ある雑誌で、垣根涼介という作家が誰かと対談していた。そこで私は、あっ、と気づいた。垣根涼介といえば、確か「月は怒らない」という本をもっていたよね、と。そこで唐突に、垣根涼介の「月は怒らない」集英社文庫を読むことにした。

「月は怒らない」は、チンピラの梶原という男が、中央線の電車の中で、ある男の痴漢を見つけるシーンから始まる。別に正義感が強いわけではないが、梶原はその男と被害者の女を電車から降ろし、男に暴力をふるってお金を奪った。痴漢という弱みがある男は警察にいけない。

あれっ、その被害者の女がこの小説の主人公なのかとおもっていたら、見事肩すかしくらわされて、今度は、梶原が市役所の戸籍係で、その受付の女性を見初める場面となる。梶原は、借金取りから頼まれて、債務者に支払わせるのが仕事である。支払わせるといっても、暴力を振るったり、脅かすのではなく、説得して遠洋漁業の船に乗せたりする。その労賃で返済させるという次第で、そのために市役所の戸籍が必要なのだが、その受付の女性は新規採用らしく、今までは見たことがなく、見た瞬間に不思議な気持ちになったのだった。

女性は身持ちが固く、なかなか梶原の誘いに乗らないが、それでも次第に梶原に靡いてきて、ついに梶原をアパートの部屋に入れた。そこからは男女の仲になった。

ここで女性の名前を開示すると、三谷恭子という。

恭子は、煌めくような魅力があるわけではないが、ダイコトミーを適用すれば、美人の方に入るだろう。そんな女性なので、ほかにも言い寄ってくる男がいる。大学生の弘樹と、警官の和田である。

その二人の男は、まったく異なる機会に恭子と出会い、独立に魅せられて付き合うようになった。こうして恭子は三人の男と並行して付き合っているのだが、時間をうまく隔離しているので、どの男も、他の男がいるとは気づいていない。いや、微妙に気づいていても、考えたくないので気づかないふりをしている、というべきか。

恭子は明らかに変わった女で、物欲が薄い。孤独を好む。たぶん性欲も強くないはずであるが、おそらく心の空虚を埋めるために、男と付き合っている。面白いのは、付き合っている三人の男に対するセキュリティ・レベルが違う。例えば、梶原と弘樹には体を許すが、和田には会っての雑談以上決して深めない。これは和田が既婚ということによる倫理観らしいのだが、三人の男と並行して付き合って倫理観もないような気がしないではない。ともかく恭子は明らかに、異性に対して、シングルタスクOSではなく、プリエンプティブ・マルチタスクOSのように割り切って付き合っている。

恭子はさらに、定期的に公園に通い、健忘症の老人と禅問答のような、哲学問答のような対話をする。そんな老人との対話で、急に、三人いる男を整理することを思い立つ。それによって生じるかもしれない修羅場をなぜか恭子は想定しない。

別れを切り出すと逆上した男もいた。それだけの原因が殺人になるケースは新聞の事件蘭でよくみる。しかし、恭子は相手をカーム・ダウンさせる不思議な力がある。それでともかくも平穏裡に別れた。

恭子対男はそれでいいのだが、彼氏同士は相手の存在を次第に知るようになり、ライバルなので互いに争った。

で、紆余曲折を経て、恭子は三人の男の一人だけと付き合うようになり、残りの二人の男は、諦めの境地でそれを眺めている。

この小説を一つの風俗小説として読むなら、いまいちインパクトが欠けた、スパイスの効かないラーメンのようになってしまうが、この小説を哲学小説、あるいは仏教小説として読むなら、独特の香りが漂ってくる。アマゾンの評価をみると、後者として読み、結構高い評価を与えている。

私もまた後者を採り、ストーリーの構成は全く違うが、なぜかトーマス・マンのトニオ・クレーゲルとの観念類似を感じたのだった。

なんとか新規パソコンのセットアップを完了して何か積み残しがないか思案してみたところ、そうだ、インターネット出願ソフトがあったと思い出した。

特許出願手続とは最早縁がないのになぜ今更インターネット出願ソフトをインストールするのだと怪訝に思われるかもしれないが、じつは私は昔作った特許出願手続用ツールのソースコードを今でも維持していて、手続様式の最新のフォームに対応させている。なので、生成フォームの妥当性検証のためにインターネット出願ソフトが必要なのである。

なぜそんなことをするかというと、今までの私の経験と観察では、私が作ってきたツールは、手続き合理化のためにかなり有用であるにも拘わらず、あまり世間に似たものはないようである。そこで将来の話であるが、もし可能なら、私のツールをオープンソース化あるいはフリーウェア化して特許事務所などで使ってもらえればという夢がある。そこで収入を得ようとするつもりはなく、ボランティア・ベースで、それをきっかけに緩い人的つながりができれば、程度のきもちである。

まあ、それが単なる夢に終わる可能性は高そうであるが、それでもインターネット出願ソフトを自分のパソコンに導入しておいて、種を植えておくのは意味があると信じている。

さて、インターネット出願ソフトを素から導入するにはまず、特許庁の電子出願ソフトサポートサイトに行く。ここから直接ダウンロードできるわけではなく、出願ソフトダウンロード請求というメニューで住所、氏名、使用しているOS、メールアドレスなどを打ち込んで申請する。すると数分後に、URL付きのメールが届いて、そのURLをクリックすることにより、インターネット出願ソフトのパッケージの導入がはじまる。最新の版は、180MBくらいあるが、昨今では驚くほどのサイズではない。

このとき注意があって、インターネット出願ソフトを動かすには、32ビットのJavaが必要である。以前の版のインターネット出願ソフトには、特定の古い版の32ビットのJavaが必要だったが、普通にJavaを導入すると最新版が導入されてしまい、それが互換性がなくて弱った経験がある。特定の古い版の32ビットのJavaをウェブ上でみつけるのが一苦労だった。

ともかく、インターネット出願ソフトを導入するに先立って、最新の32ビットのJava8を導入した。それからインターネット出願ソフトを導入したら、なんの苦労もなく正常動作した。

あと、以前に、出願ソフトダウンロード請求で導入できるのはベース版で、そこから最新版にアップグレードするには何個かアップグレード・パッチを当てなくてはならなかったという経験があり、今回もそうだったら面倒だな、と思っていたら、今回の版は、全体のアップグレード直後で、オールイン・ワンで手間が省けた。

インターネット出願ソフトを導入したあと感じるのは、私はインターネット出願ソフトに弁理士や企業のディジタル署名ファイルをセットする手続きの経験がほとんどない、ということである。じっさい、外資系の知財部を辞める直前に、システム担当関係の同僚とディジタル署名ファイルのセットのマニュアルを一緒に作成したが、実際の処理は同僚の方がやっていたので私はほとんど経験の蓄積がない。以前に自分でやってみたときは随分戸惑った記憶がある。このあたりを将来、誰かにサポートを頼まれたら困る。

あと、一時は特許手続の様式に詳しいと自負していた時期もあるのだが、今ではすっかり特許サーチャーで、特許手続から遠ざかってしまったので、このあたりも、浦島太郎感が漂っている。特に、国際出願関係の様式は、無知に等しい。現役性維持というのは、なかなか困難である。

まあともかく、インターネット出願は私がまだ30代の頃からのライフワークなので、なんとかスキルを枯らせないようにしたいものである。

法廷戦術

user-pic
0

アマゾンで本を探しているとき、姉小路祐の「法廷戦術」講談社文庫という本が目に付いた。なかなか高評価である。

私は、法律学を専門的に勉強したことはないが、社会科学の中では経済学よりも法律学の方がしっくりくる。それはもしかして、定義を与え、それに対する例の連続で記述が進むという点で、数学との類似を見て取っているのかもしれない。

そんなわけで、「法廷戦術」講談社文庫を買って、読み始めた。すると期待に違わぬ好作ぞろいだった。「法廷戦術」は短編集で、「審判は終わっていない」、「隠された法廷戦術」、「臨終結婚」、「完全有罪」、「白と黒の殺人」、「閑古鳥のたくらみ」の六篇からなる。

「審判は終わっていない」は、殺人を犯してしまった少年の審判の話。神戸家裁東灘支部のの指示で、長谷川多恵子調査官は、少年の調査書を作成する。

調査書には、A、B、Cの三段階があるが、飯伏判事は一番詳しいAを命じた。厳しい審判結果になりそうである。ところが実際に飯伏判事が下した審判は意外なほど軽いものだった。これは裏があると長谷川が懸命にに探って、あることが明らかになったのだった。

「隠された法廷戦術」は、ある法律事務所の南田という女性事務員が殺され、そこの運転手役である湯谷という所員が被疑者とされた。弁護人は、その法律事務所の所長である。しかし、その法律事務所の事務員である成田は、どうしても湯谷が犯人とは思えず、自分で聞き込みして周辺事実を探った。そうしているうちに意外な事実が浮かび上がってきた。

「臨終結婚」は、父親の財産を相続したいといつも思っている息子が義理で父親が入っているケアハウスを訪れると、父親がおらず、なんといつも父親の面倒をみているヘルパーの女性と結婚したのだという。このままではメインでそちらの方に遺産を相続されてしまうと男が慌てていると、都合よく弁護士があらわれた。それから状況はだんだん妙な方に進んだ。

「完全有罪」は、ヤメ検で羽振りのよい所長の弁護士が、刑務所を出所した男を身請け人として雇う話。ところが、その男がある事件の重要参考人として警察に連れていかれてしまった。その様子を怪訝そうにみていた人がいる。所長の検事時代の部下で、いまは弁護士をしているある女性である。その女性が正義感からいろいろ調べていると、いろいろなことが分かってきた。

「白と黒の殺人」は、現役裁判官が、知らないうちに殺人を犯したという話。その現役裁判官の大学の後輩である弁護士は、どうみても殺人なんか犯す人じゃない、なにか事情があるに違いないと調べているうち、裁判官の激務ぶりと、それによる問題点が浮かび上がってきた。

「閑古鳥のたくらみ」は、ある法律事務所に、ある女性が仕事の依頼をしてきた。なんでも離婚の手続きを依頼したいのだという。事情を聞くと、楽そうな案件なので、若いイソ弁に頼もうと思ったら、そのイソ弁は、どうしてもやむを得ない事情でしばらく実家に帰るので、休暇がほしいという。それで仕方なく自らいろいろ調べていると、離婚の手続きを依頼してきた女性の自宅で、遊びにきた知り合いの家の女の子が、誤って毒入りドッグフードを食べて死んだという事件があったらしい。それを聞いて驚いていろいろ調べていくうちに、ややこしい事情が次第に判明してきた。

こうやって私が下手な要約を書くと、どれもワンパターンのようにみえてしまうが、それは私の要約がまずいのであって、本当はありきたりのようで、トリック的にも法律的にもなかなか捻りの入った粒ぞろいのストーリーだった。著者は大学院で法律学を専攻しただけあって、法律の学説にも詳しく、それがストーリーに活きている。なによりも、現代の法曹界の問題を多面的に記述し、教育的な内容にも仕上がっていると思った。蓋し、姉小路氏は、手慣れているといえる。

久しぶりに、芥川龍之介の新潮文庫を手に取った。「戯作三昧・一塊の土」と題する巻である。これには13篇が収められているが、とりあえず最初の「或日の大石内蔵助」から読むことにした。井伊直虎を読み、且つそのNHK大河ドラマを観るようになって、すっかり時代劇に違和感がなくなった。

「或日の大石内蔵助」は、元浅野内匠頭家来で、例の討ち入りのあと、細川家に御預かり中で、沙汰待ちの大石内蔵助の日常を描いたものである。

大石内蔵助は、大事件を起こしたあと、本を読んだりして気の抜けたような日々を過ごしている。また、吉田忠左衛門と雑談したりする。

そこに、早水藤左衛門が入ってきていうには、なんでも吉良殿が討たれてから江戸中で仇討ちが流行っているのだという。それを聞いて大石内蔵助は、おお得たりと思うこともなく、むしろ不快の念を顕にした。忠左衛門はただ笑っているだけである。

藤左衛門はさらに、細川家の家来、堀内伝右衛門を呼んできた。すると、江戸の仇討ちの流行の話題が蒸し返されたので、内蔵助はその話題を切り替えるように、赤穂藩で、吉良討ちの同盟を離脱した人たちのことに言及した。必死で根回しした内蔵助にはそれは、いまでも実に苦々しい思い出である。

すると、それを話題に出した内蔵助の意図に反して、周囲の人たちは口々に、赤穂藩で討ち入りに加わらなかった人たちを謗り始めた。忠義に悖る、という次第である。しかし、内蔵助自身は、最早そこまでの思い入れはなく、離反した人たちに対して憫笑する程度である。

それを内蔵助の謙譲ととったか、伝右衛門は、討ち入り前のしばらくの内蔵助の韜晦たる濫行さえも、世を欺く見事な行為と賞賛した。すると内蔵助はいっそう心苦しくなり、白けた気分になるばかりだった。過去をして過去たらしめよ、というのが内蔵助の本心だった。

というストーリーなのだが、史実として内蔵助がそのような厭世的な気分になったということはなく、芥川の創作らしい。ただ、「天に代わりて不義を討つ」のような軍歌が流行る時代に生きていた芥川にとって、内蔵助が、江戸の仇討ち流行を単純に喜んだというストーリーには意地でもしたくなかったのだろう。

別にこれがトリというわけでもないが、マンデルブロ集合の後は、ジュリア集合を描いてみる。

それで、ともかくとりあえず描いてみたジュリア集合の画像と、そのプログラムを示す。


すなわち、ジュリア集合は、f(z) = z2 + cをもちいた複素力学系で、複素定数cをあらかじめ決めておき、初期値z0をいろいろ変えてみるものであり、すると、どういうcを選ぶかが、審美的な画像になるかどうかの決め手なのであるが、妥当な複素数cをどう決めるか私には難しいので、数学セミナーの荒井迅氏の記事にあった、c = 0.36237 + 0.32iという定数を拝借させて頂いた。この図形は、どこかしらドラゴンというか、八岐大蛇というか、中国の水墨画のようで、なかなか趣がある。

ただこれだと、画像の解像度が低いことで、細部のフラクタル性がわからない。なので、プログラムの下に、ズームした画像も貼り付けてみた。
なお、ズームとは下記のコードで、x = (double) A/180; y = (double) B/180;となっている分母の180を適当に増やし、px = 420 + A; py = 280 + B;となっている420と280を適当に変更して、みたい領域が画面に出てくるようにすることである。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
double x,y,tx,ty,x0,y0;
double a = 0.36237;
double b = 0.32;
int n,A,B;
int px, py;

 for ( A = -200; A < 200; A++ )     {
   for ( B = -230; B < 230; B++ )  {
	 x = (double) A/180; y = (double) B/180;
	 n = 0;
     while ( x*x + y*y < 4.0 )   {
      tx = x*x - y*y + a;
      ty = 2.0*x*y + b;
      x = tx;
      y = ty;
      n++;
      if ( n > 2000 ) break;
    }
    px = 420 + A; py = 280 + B;
    if ( n > 2000 ) Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
    else if ( n == 1 ) Canvas->Pixels[px][py] = clGreen;
    else if ( n == 2 ) Canvas->Pixels[px][py] = clYellow;
    else if ( n == 3 ) Canvas->Pixels[px][py] = clBlue;
	else Canvas->Pixels[px][py] = clWhite;

  }
 }	
  
}
//---------------------------------------------------------------------------


仔羊の巣

user-pic
0

私は、嗜好をランダマイズするために、ときどき、あまり読みたくない本も読んだりする。そうして選ばれたのが、坂木司の「仔羊の巣」創元推理文庫である。この本はどこで買ったっけと思い出してみた。するとどうやら、溝の口に行ったタイミングで、古書店で買ったようである。

さて、「仔羊の巣」の売りは、主役がひきこもり探偵であること。私が今まで読んだ小説で、ひきこもり探偵というのはなかったような。すると必然的に、シャーロック・ホームズのように自宅にこもって、友人から持ち込まれた問題を、椅子に座って推理して解決するのだろうか。

「仔羊の巣」は短編集で、「野生のチャシャ・キャット」、「銀河鉄道を待ちながら」、「カキの中のサンタクロース」の三篇からなる。おのおのが100ページくらいあるので、短編集というより中編集か。

「野生のチャシャ・キャット」でいきなり驚いたのは、作者と同じ、坂木司という名前の人物が登場することである。あまりそういう小説を読んだ記憶はない。この小説のひきこもり探偵というのは、鳥井真一という。なんでもプログラマらしいのだが、幼児体験のトラウマかなにかで、自宅から外出するのが苦手で、ほとんどアパートの部屋にいる。

坂木司の役割は、鳥井の庇護者なのである。坂木はすすんで鳥井の面倒をみて、わがままも聞くのだが、鳥井のほうでとくにそれを感謝する様子もなく、憎まれ口をきいたりしている。

ここまで読んで私はつい苦笑いしてしまった。というのは私も、ひきこもりではないが、精神的に辛そうな人についヘルプする習慣があるからである。それはスパルタ教育で述べた、母からの影響かもしれない。ただ、私は根性がないのでサポートに徹しきれないが、坂木はまるで恋人のように真摯に鳥井の面倒を見続ける。

そんな坂木は、アフラックのような外資系保険会社に勤務している。外資系にしたのは、休暇をとりやすいので鳥井の面倒をみやすいから、というのだが、そこまで聞いてゲイ以外を想定する人がいるだろうか。

「野生のチャシャ・キャット」は、坂木が勤務する外資系保険会社の仲のよい同僚の話である。すなわち、坂木には、吉成という男性と、佐久間という女性の同僚がいて、頻繁に三人でお茶したり食事に行ったりしている。吉成は競合他社からスカウトされるような、やり手の営業マン、佐久間は美人で、英語もしゃべれるキャリア・ウーマンである。

そこでストーリーは、佐久間の不可解な行動に気づいた坂木と吉成が、佐久間の周辺を探って、恋人ができたのか、トラバーユしようとしているのかなどいろいろ推理するものである。しかしどうも埒があかないので、坂木は推理の達人、鳥井に相談する。ここらあたりが鳥井のひきこもり探偵たる所以である。

鳥井の推理が冴えているかというと、そうであるような。ずれているような。

「銀河鉄道を待ちながら」は、地下鉄の駅の駅員から坂木が相談を受け、それを鳥井の推理を仰ぐ、というストーリーである。

「カキの中のサンタクロース」は、坂木が見ず知らずの女性たちからなにかと苛められ、身に覚えがなくて困っているところを鳥井の推理が冴えるというストーリーである。

後半になるにつれて鳥井の推理は冴えるのであるが、その一方で鳥井の言動は粗暴さを増し、庇護者の坂木は慌てる。

しかし坂木に幸いなのは、周囲にいる友人、知人がみんな、一見口は悪くても暖かくて親切なのである。そんな暖かい場をつくりだすので、「銀河鉄道を待ちながら」や「カキの中のサンタクロース」で、坂木や鳥井に楯突いた人たちも、自然に仲間に取り込まれて、打ち解けていく。

という、詐欺も殺人も起きない、とても平和なストーリーで、ある意味退屈ともいえるのだが、私を含めた、ぎすぎすした都会生活を送っている者たちにとって、こういのってユートピア的で救いなのかもしれない。でも、ありえるんだろうか。

そういう甘口のミステリー小説なのだが、極めてユニークで、料理でいえば珍味なので、また続編を読みたくなったりする。そういえば、鳥井は細やかな配慮のできる、料理の達人なのだった。

今朝の朝刊をみたら、一面にランサムウェアの記事が掲載されていた。仕事柄、コンピュータ・セキュリティに関心をもち勉強したりしている私は、ううむ、と目を瞠った。そこで、ウェブの記事などを引用して、まとめてみる。

まず、読売新聞のウエブ記事から引用してみる。

【ロンドン=角谷志保美、ベルリン=井口馨】12日に起きた「ランサム(身代金)ウェア」によるサイバー攻撃で、被害は全世界に拡大した。

 最も深刻な被害を受けた英国の医療機関は大混乱。病院などのコンピューターが次々と使えなくなった。医療現場の様子はツイッターなどで生々しく伝えられた。専門家は「過去最大規模のサイバー攻撃だ」と警戒を呼びかけている。

 「事務室のパソコンが、一台また一台と全てダウンした」「パソコンが全く応答せず、何もできない。患者が気の毒だ」「処方箋が出せない!」。12日午後1時半(日本時間同日午後9時半)ごろから、英国の病院や診療所、医療関係事務所などで、パソコンが次々とウイルスに感染。現場の医師や医療スタッフがツイッターで現場の混乱を発信した。

ランサムウェアは、コンピュータのファイルを勝手に暗号化してコンピュータを正常に動作できなくして、その解凍のキーの入手に身代金を要求するものだが、コンピュータ・セキュリティの書籍では、ランサムウェアに対する言及は小さい。むしろメインの言及は、不正侵入してPCのデータを盗み出したり、PCをボットにしたりするマルウェアだったり、DDoSだったりする。特にDDoSは、事前対策が打てない。押し寄せるパケットの嵐にサーバが機能不全となり、システム管理者はとりあえず通信経路を遮断するよりない。

それにしても、医療機関のコンピュータに侵入するとは、場合により人命にかかわる。大変困ったものである。

より詳細なトレンドマイクロのレポートをみてみる。

トレンドマイクロは、深刻な暗号化型ランサムウェアが世界各国で攻撃を行っている事実を確認しました。この攻撃は、2017年3月および 4月に明らかになったセキュリティ上のリスクが組み合わされて実行されました。これら2つのリスクの内 1つは、Windows SMB のリモートでコードが実行される脆弱性「CVE-2017-0144」で Microsoft の3月のセキュリティ情報により明らかになり、同社は問題の脆弱性に対する更新プログラムを公開しました。もう1つは、暗号化型ランサムウェア「WannaCry/Wcry」で、同年4月に DropboxのURLを悪用して拡散する暗号化型ランサムウェアとして確認されました。

今回の攻撃で使われた暗号化型ランサムウェア「WannaCry/Wcry」は、「RANSOM_WANA.A(ワナ)」および「RANSOM_WCRY.I(ダブリュークライ)」として検出されます。このランサムウェアの脅迫状によると、300米ドル(約3万4千円、2017年5月13日時点)相当の身代金をビットコインで要求しています。なお、この身代金額は、前回の攻撃より約100米ドル安くなっています。また、英国での攻撃が確認されたのに加えて、同国以外にも世界各国での攻撃が確認されています。

■感染経路について
コードネーム「EternalBlue」と呼ばれる今回の攻撃に使われた脆弱性「CVE-2017-0144」は、「Shadow Brokers」と呼ばれるハッカー集団が今年4月に米国の「National Security Agency(国家安全保障局、NSA)」から窃取したとされるハッキングツールや攻撃コード(エクスプロイトコード)に含まれる脆弱性の1つです。問題の脆弱性を利用することにより、脆弱性を抱える SMBサーバ上にファイルがダウンロードされ、サービスとして実行されることになります。これにより、実際のランサムウェアとして不正活動するファイルが作成され、感染PC上のファイルが拡張子「WNCRY」として暗号化されることとなります。また、脅迫状を表示するためのファイルが別途ダウンロードされます。暗号化の対象となるファイルの拡張子は、合計166 に及び、その中には、Microsoft Office やデータベース関連、圧縮ファイル関連、マルチメディア関連、さまざまなプログラミング言語関連のファイルが含まれています。

ランサムウェアの感染経路はメールに添付されているURLをクリックすることらしくて、いまどきそんなに安易にメールに添付されているURLをクリックするんだろうかと思ってしまったが、DropboxのURLなら確かに無警戒にクリックしてしまいそうである。結構怖い。おそらくウイルス・セキュリティソフトが対策してくれているとは思うのだが、コンピュータ・セキュリティに過敏な私は当分、信頼してよいようなメールであれ、メールに添付されているURLや添付ファイルをクリックすることに神経質になりそうである。

Windows 10に引っ越してきて、わからないことだらけであるが、今度はC++ Builder XE4を使っていて、よく分からないエラーに遭遇した。すなわち、簡単なプログラムを書いてビルドさせたところ、LME288というエラー・コードのリンク・エラーに遭遇した。ええっ、と思い、ウェブで検索してその意味を確認したところ、リンクのためのメモリ・アロケーション・エラーだという。そんな馬鹿な、決して多くはないが一応メモリ4GBを積んでいるのにと思いつつ、それならと、仕方ないので、PCを再起動した。

それで再起動してもやはり同様のエラーが出る。プログラムといっても、数万行もあるものではなく、たった数十行のプログラムなので、これは流石にメモリの空き容量の問題ではないと観念して、再びウェブで検索すると、どこかの英語のページで、エンバカデロがリンカのilink32.exeの更新版を用意している、というので、そこに示されていたリンクから一応ダウンロードした。

そしてエクスプローラでilink32.exeを検索したら、C:\Program Files(x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\binに確かにilink32.exeというファイルをみつけた。しかし、これに上書きするのは怖いので、ilink32.exeを_ilink32.exeとリネームして、ilink32.exeをC:\Program Files(x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\binにコピーしたら、なんとかビルドできた。それは一応いいのだが、警告: DLL LNKDFM230を読み込めません、というのがでる。警告ではあれ、エラーではなく、ビルドしたファイルが一応動くので、とりあえずこのまま使うことにした。

なお、エクスプローラで探してみたら、lnkdfm230.dllは存在しないのだが、lnkdfm180.dllは確かにC:\Program Files(x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\binに存在する。なら、lnkdfm230.dllをウェブでみつけて、それをC:\Program Files(x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\binにコピーすればいいのかと思うのだが、下手をしたらC++ Builder XE4の動作がおかしくなってはいけないので、とりあえずこのままにすることにした。

それにしても、このレノボideapad 310にC++ Builder XE4を導入した直後は、一応リンカが働いてビルドできていたので、その後導入した何かのアプリとの相性が悪いのかもしれないが、いよいよ何がなんだかわからないのであった。

話はそこで終わらない。警告を出しつつコンパイルできていたのに、パソコンを立ち上げなおして、C++ Builder XE4でビルドし直したら、またリンク・エラーになった。なんだこれは、とさらにウェブを検索したら、Embarcaderoが提供するHAMarker.exeというツールがあるらしい。そこでilink32.exeを本来のものに書き戻し、指示に従い、ilink32.exeに対して、コマンド・ラインで、HAMarker.exe -M -Filink32.exeと実行すると、もともとのilink32.exeがilink32.exe.oldとリネームされ、新しくilink32.exeが作成されたが、タイムスタンプもファイルサイズも同じである。そこでC++ Builder XE4でビルドしたらやはりリンク・エラーになった。なんだこれは、と思いパソコンを再起動したら、今度はきちんとビルドできた。しかし私は何度も裏切られたので、何を信じていいのかわからなくなり、どうせまたそのうちリンク・エラーになるんだよね、と思ってしまった。私のPC不信は深刻である。

以前に川瀬七緒のよろずのことに気をつけよを読んだとき、後半ちょっとだれたものの、呪術に着目した視点がなかなか冴えていると思ったので、その続編を読もうと思ったら、その路線では続編はないようだった。

ちょっとがっかりして、アマゾンで川瀬七緒の別の作品を探してみたところ、法医昆虫学捜査官というのがあるらしくて、私はにんまりした。なぜなら私は元昆虫少年で、今でも身近に昆虫がいたら、ずっと眺めていて飽きないほどである。それで、とりあえず、そのシリーズの第一作である「法医昆虫学捜査官」講談社文庫を買って読み始めると、「よろずのことに気をつけよ」以上の完成度で、ぐいぐい引き込まれた。

さて、ストーリーは、放火と思われる火事で焼死したと思われる事件で始まった。被害者の検視シーンは何度読んでもどうも引いてしまう。ただ、体内から太った蛆虫が発見されたことが周囲を驚かした。

その事件の担当刑事は、西高島平署の岩楯警部補と、そのペアの鰐川である。捜査本部が西高島平署に設置され、そこで理事官が、警視庁ではこのたび、捜査に法医昆虫学を試験的に導入する、と発表した。すると、周囲の刑事たちの反応は、なんじゃそりゃ、と馬鹿にしたようなものだった。そもそも昆虫は、刑事にとって、ゴキブリが典型的なように、うっとおしいものでしかない。それが捜査にどう関係あるのか、というところである。

さて、被害者、いわゆるマル害は、乙部みちるという心理カウンセラー。その体内から発見された蛆虫のことで、岩楯と鰐川は、法医昆虫学捜査官に任命された、赤堀涼子という昆虫学者に会いに、大学の研究室を訪れた。学者というから、眼鏡をかけて秀才然とした女性を想像していた岩楯たちは、出会ってあっけにとられた。なぜなら、子供のように小柄で、童顔だったからである。フィールド・ワークがメインなので、服装もラフで、容姿はよく見れば美人というかかわいいのかもしれないが、ぱっと見はそうとは思えない。

しかも、虫たちと混然一体に生活しているような様は到底刑事にはなじめない。ともかく、蛆虫のことを質問したら、すでにいろいろ仮説をたてて実験しているという。さすがに学者である。なので、岩楯と鰐川は、刑事の常道で、マル害の周辺を探ることにした。すると、マル害は、赤堀とは別の意味で相当な変人で、仕事熱心でクライアントの評判はいいのだが、度がすぎるところがあって、行く先で周囲と軋轢を生むのだった。なので、岩楯たちは当初、そういう人たちの中に犯人がいると推定した。

岩楯と鰐川は、一応赤堀と同じ捜査チームなので、ときどきは会って打ち合わせをする。そのたびに岩楯と鰐川は、赤堀の昆虫がらみの不可解な行動や、フィールドワークで鍛えた猿のような行動力になじめないでいたのだが、よくみるとたしかに美人だし、あまりにも裏表のない素朴な人柄に岩楯は次第に赤堀に惹かれていった。赤堀はというと、岩楯は外見はとりつく島もない怖い、愛想のないおっさんにすぎないのだが、早くに母を亡くして父に育てられた赤堀は、ファザコンなところがあり、やはり岩楯のことが気になるのだった。

そうはいっても、昆虫相手の実験と捜査は基本的に別活動なので、岩楯と鰐川と、赤堀とはほとんど会うこともない。岩楯と鰐川が、捜査の網をしぼっていく一方で、赤堀は蛆虫に関するある仮説にもとづき、多摩の山奥に単独、入り込んでいった。しかし、フィールドワークにおける毒蛇やスズメバチなどの脅威には対応できても、悪辣な人間に対しては驚くほど素朴で、危機に陥る赤堀。さあ、どうなる、ということであとは読んでのお楽しみである。

川瀬七緒は、生物学の専攻だったわけでもないのに、やけに昆虫に詳しいと思ったら、「よろずのことに気をつけよ」の前に、やはり昆虫捜査のテーマで江戸川乱歩賞に応募し、それは惜しくも落選したのだった。そのリバイバルがこの作品で、なかなかリジリエンスも大したものだと思った。

シェルピンスキのガスケット、シェルピンスキのカーペット、コッホ曲線を描いたら、次は「真打ち」のマンデルブロ集合となるのが相場だが、あいにく私は、ジュリア集合は描いたことがあるものの、マンデルブロ集合を描いたことがない。

それで、マンデルブロ集合を描く前にぽっくり死んだとしてもあまり後悔しないと思うが、とりあえず生きているうちに描こうと努力することにした。

さて、マンデルブロ集合やジュリア集合は複素力学系と呼ばれていて、複素変数をzとすると、ある複素関数fを以って、z ← f(z)のように繰り返し代入していく。特にマンデルブロ集合やジュリア集合の場合、f(z) = z2 + cのような関数を使う。cは複素定数である。

そこで、z = x + yi, c = a + biのように書き表すと、z ← f(z)は
x ← x2 - y2 + a
y ← 2xy + b
と変形される。

普通、力学系z ← f(z)というとき、zの軌跡を追ったりするが、この場合、f(z)のパラメータをいろいろ変えて、z ← f(z)がある有限の絶対値内に収まるかどうかを調べるのが、マンデルブロ集合やジュリア集合なのであった。特にそのとき、z ← f(z)の初期値z0 = 0と置き、異なるcごとに有限性をみていくのがマンデルブロ集合、cをあらかじめ決めておき、初期値z0をいろいろ変えてみるのがジュリア集合である。すなわち、当然にジュリア集合の方が多様である。歴史的にはまず、ジュリア集合があって、その後、その特殊な場合としてマンデルブロ集合が見出されたようである。

それで、ともかくとりあえず描いてみたマンデルブロ集合の画像と、そのプログラムを示す。マンデルブロ集合の画像は以下のとおりである。


ふつう、閾値を超えたループの回数で色分けするらしいのだが、そのあたりのノウハウが私はまったくないので、折角のエキゾチックなマンデルブロ集合が、田舎の案山子的な気の抜けたものになってしまっている。しかし、私の画像デザイン的センスは、プログラム的センスよりはるかに劣るのだから仕方ない。そのうち時間をみて、もう少し見るに堪えるものにしてみる。

それにしても、昔はこのような描画が、下手したら丸一日とかかかったりしたものだが、いまだと1分もかからなかったりする。時代の進歩は、少なくともこの分野では速い。

あ、そうそう、マンデルブロ集合がフラクタルである、というのは、シェルピンスキのガスケットのような相似次元を適用できないので、極めて非自明で、その次元もハウスドルフ次元などを使うしかなくて、計算も難しい。まあ、余裕があったら、そのうち勉強してみる。

あと、下記のコードで、

tx = x*x - y*y + a;
ty = 2.0*x*y + b;
x = tx;
y = ty;
のようにいったん仮変数tx, tyに代入するのは本質的で(じつはtyは余計だが)、こうしないと、次ステップの値であるxが、いきなり次の式に代入されて計算が狂う。そんな初歩的なミスを犯す人はいないと思うが(私だよ!)、一応念のため記しておく。じつは、このミスをすると、マンデルブロ集合の首が括れなくて、猪首になってしまうのだった。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
double x,y,tx,ty;
double a;
double b;
int px, py;
int A,B,n;

 for ( A = -250; A < 200; A++ )     {
   for ( B = -200; B < 200; B++ )  {
     x = 0.0; y = 0.0;
	 n = 0;
	 a = (double) A /120.0;
	 b = (double) B /120.0;
     while ( x*x + y*y < 4.0 )   {
	  tx = x*x - y*y + a;
	  ty = 2.0*x*y + b;
	  x = tx;
	  y = ty;
      n++;
	  if ( n > 300 ) break;
	}
	px = A + 500; py = B + 300;
	if ( n > 300 ) Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
    else if ( n == 1 ) Canvas->Pixels[px][py] = clGreen;
    else if ( n == 2 ) Canvas->Pixels[px][py] = clYellow;
    else if ( n == 3 ) Canvas->Pixels[px][py] = clBlue;
	else Canvas->Pixels[px][py] = clRed;
  }
 }	
  
}
//---------------------------------------------------------------------------

本能寺の変

user-pic
0

本能寺の変は、日本史の、いわゆる一つの事件であったが、その通説は、エグスプロージョンの本能寺の変でも踊られているように、明智光秀が、長い間上司の織田信長から屈辱的な扱いをうけてきて、信長が本能寺で手薄な警備の状態になったときに、その屈辱の念をぶつけて、討ったということらしいのだが、一方で明智光秀は、単に復讐の念に駆られてそうしてしまった、というだけでなく、信長に代わって天下をとるという野望があったらしい。

すると、どうやって信長を討つかということ以上に、討った後のことが重要になってくる。喩えていうと、ある会社で、幹部社員が社長の方針が絶対に受け入れられないで、自分がなんとか代わりに社長に就きたいという野望をもったとき、いきなり社長を殴ったりするのは最悪の策で、寧ろ、怒りをぐっと抑えて、社内、あるいは場合によっては社外にも味方を増やして根回しすることが肝要になってくる。そのあたりがどうなっているのかと思いつつ、ずっと前に、高柳光寿著、人物叢書「明智光秀」吉川弘文館を買っておいたのに、私の悪い癖で、この本は長い間積読のままである。

一方で、NHK大河ドラマに触発されて井伊直虎に関する本を読み、それとの関連で松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んで徳川家康という記事を書いたところ、山椒魚さんからのコメントで、家康の伊賀越えに関して、文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」を紹介されたので、興味をもってその本を買い、即読み始めた。

そこで私なりに、この本の内容を粗く要約してみる。まず、明智光秀は、足利将軍の兵部大輔、細川藤孝の中間(足軽以下の低い身分)だった。しかし、光秀は極めて優秀なので、足利義輝が暗殺された後、足利義昭が旗揚げしたとき、家臣として抜擢され、奉公衆として一気に昇進した。あれっ、暗殺された足利将軍といえば、嘉吉の乱もあったが、そこで殺されたのは、足利義教であり、別の将軍だった。嘉吉の乱では義教は、一色、土岐の二大豪族を改易したことで強い恨みを買った。じつは明智光秀は、その土岐の一族である。

さて、織田信長が上洛し、足利幕府との連立政権を樹立し、その後足利義昭と袂を分かったとき、信長は光秀の優秀さに目をつけ、ヘッドハントした。信長は新興のベンチャー企業のように冷徹なまでに実力主義である。

こうして光秀は抜擢されて、信長の腹心の一人になり、重要な作戦行動にも同行した。ところが、光秀にとって困ったことがあった。それは、四国の長宗我部を討つように、との信長からの指示があったことで、光秀にとって長宗我部は土岐の同族で、討つことなどとんでもないのであった。

さらに困ったことは、信長の唐攻めの方針である。信長は、天下統一後、功績のあった大名に与える領地が不足することに気づいており、それなら中国を攻めて領土を奪い、そこに部下の大名を封じればよいと考えた。天才信長らしからぬ杜撰な計画だが、それほどに部下の論功行賞は大きな課題なのだろう。そして、そうなった暁には光秀は確実に中国に移封され、最早土岐氏一族を護ることは叶わない。これは絶対に容認できない。

そこで光秀は、密かに徳川家康にコンタクトし、安土城で秘密の会議をもった。信長を討ったあと是非とも家康の協力が必要だとおもった。

一方、長年の同盟で信長は、徳川家康の実力を知り、このまま徳川を放置しては、天下統一の妨げになるので、早晩制圧すべきであるとかんがえた。そこで立てた計画が、本能寺に茶会と称して家康とその家臣たちを呼び寄せ、一網打尽にすることである。その殺戮計画のために本能寺には光秀とその部下が密かに配置された。しかし、天才信長にしては、光秀が徳川と通じて裏切る可能性に十分に配慮しなかった。将棋の升田ではないが、「錯覚よくないよく見るよろし」なのだろうか。

決定的な見落としで信長が頓死すると、光秀軍は反対する織田の陣営を征伐し、公家や細川藤孝の協力を求めたが、いまいち協力的でなかった。どうも羽柴秀吉は、こうなることを予測し、手を打っていたらしい。そもそも、本能寺の変が読み筋だった証拠に、秀吉は事件を聞くと、下準備していたか、毛利との和議をあっさりまとめて大急ぎで戻ってきた。

徳川家康一行は、当然こうなることは知っていたので帰路も準備万端で、伊賀越えは伊賀忍者たちに十分根回しして護衛してもらったので、あまり危険もなく岡崎城に戻れた。そもそも家康は、織田に討たれて落ちてきた伊賀者たちを鄭重に匿い、このことで伊賀忍者たちは徳川に恩義を感じていたのである。幕府樹立後も伊賀忍者たちはお庭番としてCIAのような役割を果たした。そもそも半蔵門という名前は、伊賀忍者の首領、服部半蔵にちなんでつけられたものである。

一方で、頼みの徳川軍は、なかなか動かない。その一つの理由に、東陣で旧武田領にいる織田軍の残党を討つことに忙しかったというのもあるが、あまりに早く西陣を動かして光秀への加勢を明示してしまうと、秀吉軍に対して旗幟鮮明となって、あとで示しがつかなくなってしまう。

結局、光秀軍は、武運拙く討伐されたが、家康は光秀と同盟関係にあったことをとうとう秀吉に悟られないで済んだ。しかし、井伊家に対する扱いからもわかるように、いったん結んだ同盟関係というか信頼関係をとことん大事にするのも家康のやりかたで、家光の乳母で、権勢をふるった春日局は、明智光秀の重臣であった斎藤利三の娘であった。明智憲三郎氏は、家光の「光」は光秀にちなんでいると指摘されるのだが、そこまでありえるのだろうか。

戻って、秀吉は、後に部下に「惟任退治記」を執筆させて、光秀が怨みと野望で信長を討ったという説を確定させた。「惟任退治記」の内容が、エグスプロージョンにもつながる、俗説というか通説のようになっている。天下統一して豊臣秀吉となると、秀吉は、信長の意向を継承して、周囲の反対を押し切り、唐攻めを強行した。

徳川家康は唐攻めには反対で、自らの幕府を確立すると、唐攻めのような外国侵略によらず、大名への論功行賞をハンドルする新しいパラダイムを考え出した。それはそれで、移封を受ける大名にとって苛酷なものとなったかもしれないが、唐攻めよりはましであろう。

ところが、明治維新で打ち建てられた政府は当然にアンチ徳川で、するとアンチ徳川の秀吉の唐攻めが年代を隔てて復活した。

ということで、本能寺の変という特異点を中心に、多くの歴史的事件が広がっていくのであって、このことを私に理解させてくれた文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」は、とても啓発的な好著なのである。

パソコンの買い替えのあと、レノボideapad 310でWindows 10を使っていて、最初のころは、贅沢はいいません、障害なく使えるだけで十分です、などと殊勝なことを考えていたのだが、それでも慣れてくるといろいろと不満が出てくる。

前にも書いたPF7で無線LANを切られてしまう仕様は論外というか注意するよりないのだが、それ以外にも少しづつ困った点があるので記述してみる。

まず、キーボードのキー配列の違いである。レノボideapad 310のキーボードは、私が使っていたVAIOのキーボードより広くて、一方私は決してブラインドタッチということはないのだけれども、指の距離感でキーの位置をなんとなく記憶していて、すると例えば「か」を押すつもりが「ん」になったりする。そう、私は結構少数派のひらがな入力派である。それでちょっとした文章の入力も戸惑ってストレスがたまった。これはまあ、慣れるよりないというか、時間をかけると自然に慣れるだろう。

一方、Windows 7のころから、タスクバーに起動アイコンを登録する機能があり、結構愛用していたのだが、同様の機能はWindows 10にもあり、タスクバーにアプリをピン留めする、という用語が割り当てられている。そのピン留めであるが、パソコンを再起動するとなんと、折角登録したピン留めがすべて消えてしまっていて、慌てた。

それで仕方ないので、Microsoft Edgeを立ち上げて、闇雲にMicrosoft Edgeのピン留めを外す処理をしたら、Microsoft Edge以外のピン留めが復活した。もう一度パソコンを再起動すると、やはり登録したピン留めがすべて消えており、今度はMicrosoft Edgeをピン留めする処理をしたら、Microsoft Edge以外を含むピン留めが復活した。意味不明だが、多分Windows 10のバグなのだろう。Windows 10はWindows 7と比べて、枯れていない若いOSなので、大目に見て今後のWindows Updateで修正されることを期待する。

あと、何かの画面で、マイロソフト・アカウントでログインしろというが、セットアップ時にマイロソフト・アカウントの作成をスキップしていたので、仕方なくアカウント作成処理をウェブで調べて実行した。すると、既にマイロソフト・アカウントがあるというので、あれっと思ったら、ASUSパソコンのトラブルでAcerのAspire V13を買ったとき、実行していたのだった。そこでパスワードを忘れていたので、パスワードの再設定処理だけ選んだ。

それからマイロソフト・アカウントでログインすると、困ったことが起きた。すなわち、再起動の際に普通のログイン・パスワードが通らない。焦っていると、どうやらマイロソフト・アカウントのパスワードが要求されているらしい。それでなんとかパソコンを起動できたのだが、なんとなくこういうのは気に入らないので、マイロソフト・アカウントをログオフし、普通のモードに戻した。

こうやって、いろいろ戸惑いながらWindows 10に少しずつなれていくしかないのだった。

久々に相模大野のブック・ファーストに行って、新刊の文庫本コーナーをみていたら、葉真中 顕「ロスト・ケア」光文社文庫が目に付き、一度は手に取ってみたものの、死刑の意味を問うみたいな裏表紙の記述に引き、戻した。それでも、理工学書のコーナーに行って戻ってから、再度手に取ったのは、ちらっとページをめくって、介護がらみだと分かったからである。

私くらいの歳になると、介護する側のことも、介護される側のことも両方現実的にありえるわけで、テーマとして重そうだが、避けられないのでとりあえず買って読むことにした。

すると、いきなり容疑者が裁判で死刑判決を受ける場面から始まった。なんでも、容疑者は43人を殺した、というのだから、本人も死刑を覚悟している、というか、死刑を確信して、判決にも薄ら笑いを浮かべるほどである。

薄ら笑いを浮かべるのは、本人は悪いことをしたとは思っていないのである。というのは、彼が殺したのは、年老いて呆け、家族に迷惑をかけて家族を疲弊させているような人を選択的に選んで、なるべくばれにくいように、且つ老人の苦痛が少ないように静かに毒殺したからてある。

じっさい、遺族は、悲しむよりも先に安堵する。もう暴言を吐かれることもなく、徘徊されることもない。介護の手間も費用も最早かからない。時間を自分のために使うことができる。

だからといって罪が減じられるわけではない、と呻くのは、この小説の主人公で検事の大友。大友は、老いた父を老人ホームに預けるために、高校・大学を通じての同級生、佐久間と会った。

佐久間は、介護ビジネスを含む人材派遣業を営むフォレストという会社の営業部長をしている。佐久間は、営業なので愛想よく大友に対応しているが、実は学生時代から、青臭い正義感を振りかざす大友を嫌悪していた。そして、合法と違法のぎりぎりのところで強気でビジネスを進め、ビジネスマンとして成功していた。

ところが、拡大ビジネスの無理が祟ってフォレストの介護ビジネスが厚生労働省から事業停止処分を受けてしまった。絶望した佐久間はフォレストを辞めるとともに、その顧客の個人情報データを持ち出した。それは明らかに犯罪であるが、内部統制がおかしくなったフォレストは、そんなことにも気づかない。

その佐久間が持ち出した個人情報データが、巡り巡って大友と、その部下で検察事務官の椎名の手に渡り、数学科出身で統計解析スキルに優れる椎名の努力で、驚くべき犯罪が浮かび上がってきた。それが冒頭の死刑判決につながった。

というストーリーだが、最初は地味な小説だなと思っていたら、今まで読んだことのない新規な展開で一気に引き込まれた。あと、介護ビジネスの理念と実態のギャップがよく理解できて興味深かった。

それにしても、「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」という黄金律が、こんな文脈で引用されようとは、驚きである。

そういえば、広い意味で似たような趣旨の小説である富樫倫太郎のSRO Ⅱで、死の天使は敬虔なるクリスチャンだった。

ゴールデンウィークは、私には珍しく9連休にして退屈するかと思ったら、迎賓館のバスツアーに行ったり、パソコンが壊れたり、新しくパソコンを買ってセットアップしたり、その他の用事もあって結構忙しかったので、コンピュータ将棋選手権のことはすっかり忘れてしまっていた。それで、たまたま気づいて結果をみて、ええっと驚いた。絶対王者のはずのponanzaが優勝を逃していた。以下のとおりである。

番号プログラム名1234567SBMD順位
1elmo8○7○6○5○4○3○2○70021151
2Ponanza Chainer7○8○5○6○3○4○61015112
3大合神クジラちゃん6○8○7○4○430744
4読み太5○7○250406
5技巧3○8○7○6○430953
6HoneyWaffle4○7○250207
7NineDayFever070008
8蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ4○6○7○340425

そうか、名人戦でも、絶対王者かもしれないと思った佐藤天彦名人が稲葉八段に先行されている。名人戦の結果がどうなるかわからないが、佐藤天彦名人が絶対王者でないことは確かのようである。なら、ponanzaが絶対王者でないとして、なにがおかしいことがあるのよ、なにもおかしいことはない、と谷山浩子風に歌いたくなる。

それにしても、新星のようにあらわれて優勝を奪ったelmoの作者は誰だろうとみると、瀧澤 誠さんという方らしい。Googleで瀧澤誠で検索すると、「昭和薬科大学で、薬学生に対して、物理学、情報科学を教えています。専門は原子核理論物理学」という方がヒットして、ボナンザの保木さんが理論化学の研究者なのだから、この方がelmoの作者だとしてもおかしくないね、と思っていたら、ツイッターのアカウントをみて別人だと分かった。

それで、やねうら王のブログをみると、以下のようにあった。

WCSC(世界コンピュータ将棋選手権)決勝日は、elmoの全勝優勝で幕を閉じた。今後数年は無敗を誇るのではないかと言われたPonanza Chainerに予選2日目、決勝日の2回当たり、どちらもelmoが勝利。
その思考エンジンには、やねうら王が(ほぼそのまま)使われているらしく、elmoの評価関数についてはすでに公開されている。導入手順などは次の記事を参考にして欲しい。

そうなのか、elmoはやねうら王ファミリなのか。やねうら王のブログにはさらに次のようにある。

とりあえず、私もドヤ顔で上のツイートしといたけども、実際のところ、やねうら王はAperyや魔女、Stockfishなど多くのオープンソースのソースコードを参考にさせていただいている。それらに関わっている多くの人に感謝している。例えば、今朝のやねうら王のコミットも、Aperyのソースコードを見ていて気づいたところを改良したものだ。

なるほど、すると今回のelmoの勝利は、おもいっきり図式化していうと、伽藍のponanzaに対するバザールの勝利なのか。

だとすると、今後のコンピュータ将棋の発展はいよいよ読めない。それにしても君たちは、人間の名人級の棋士を突き放して、どこまで行ってしまうのだろう。

応用のオアシスとは、聞きなれない言い方で説明を要するだろう。まあ私の造語なので特に深みはないのだが、砂漠を歩いていて、見渡す限り砂、砂なのでうんざりしていると、遠くに町らしきものが見えてほっとする。もしかして蜃気楼なのかもしれないが、自然にそちらに足が向く。

さて唐突だが、その砂漠が数学だったらどうか。砂漠を数学に喩えると、確かに数学の授業なんて砂を噛むようだったと思い出す人もいるだろう。その比喩は私の意図するところではないが、そういう解釈が普通かもしれない。

で、私の意図するところは、数学の応用というのは、砂漠のオアシスのようなものではないか、ということである。すなわち、隈なく調べたわけではないが、応用されて理学的・あるいは工学的に役に立っている数学というのはあまり多くないはずである。

一応列挙すると、線形代数、微分積分、数論、有限体、常微分方程式、偏微分方程式、特殊関数、測度論、確率過程、あらっ列挙してみると結構いろいろあるが、各分野で応用されている分野はそのごく一部、まさに砂漠のオアシスくらい稀だと思う。

例えば、谷山・志村予想は偉大な理論の一つだが、一体どんな応用があるだろうか。相当牽強付会のようなことを考えなくてはならないはずである。おそらくであるが、数学の有用さというのはそれ自体、セレンディピティなのではあるまいか。

ところが、数学というのは、一旦応用分野をみつけると、応用鬼のごとしで、猛然と役に立つ。なので、その応用される現場に近いところで数学を見ていると、怖いものなしにみえたりする。こうやって数学の応用で埋め尽くしていくと、世界はパラダイスになると思えてしまう。

でもそれはほとんど至るところで錯覚じゃない?というのが、あまり賛同をえない私の意見である。

では、これが数学じゃなくて、人工知能などの情報工学だとどうだろうか。すると砂漠のオアシスは流石に数学よりは密だけど、それでも依然として寒村程度で決して繁華街ではないのでは、というのが私の主張である。

しかし、世間の人はそう思っていなくて、情報工学の応用はほとんど至るところを埋め尽くして、シンギュラリティと呼ばれる現象が数十年以内に起きると予想されている。それは例えば、囲碁と将棋という頭脳競技の権化が完全に人工知能に牛耳られているところからの類推だったりする。

そこで忘れられているのは、数学であれ、人工知能であれ、できることはとことんできる、神っているほどできる、止めどないということである。それって、学校の成績で、あれだけ数学ができるのだから、英語だって、国語だってできるだろうという思い込みと同様だったりする。

そりゃあ、学校の試験は数値化できるので、人工知能も得意かもしれないが、恋愛だったり、芸術だったり、あるいは普通の事務仕事だったり、人間的な所作をどうコンピュータで扱うというのか。そういう分野では、コンピュータが得意なアルゴリズムの改良に継ぐ改良という技法が必ずしも使えない。

そもそも長年サラリーマンやってきて、将棋的な純粋ロジックのような仕事はほとんどない。なので私はどうして世間の人が、人工知能でほとんどの人が仕事を奪われるという素朴なステートメントを信じるのか理解できない。

別の言い方をすると、簡単に人工知能で置き換えられてしまうような仕事だけからなる世界があったとすると、人々はこんなにも不合理に苦しまないだろう。まあ、合理的にあっさり葬られてしまうのかもしれないが、私はせめて、不合理に泥臭く葬られたいものである。

パソコン・トラブルの一応の終結で、VAIOは一応の安定を得たのではないかと信じた。なにしろ、修復付きのチェックディスクをかけて、起動は速くなったし、意味不明のディスクアクセスも減った。少なくともあと数か月は快適に使えるだろうと、長年のシスタン経験の勘でおもった。

ところで、いつもは連休にくっつけて休暇を取り長期休暇にするのをなんとなく避けるのだが、今年は五月一日と二日を休暇をとって、九連休にした。その理由は二つあって、一連のパソコン・トラブルの対応で疲れ果てたということと、名人戦第3局をリアルタイムで観戦するということがあった。

名人戦の観戦は、ニコ生と、名人戦棋譜速報の両方でみることを意図した。そのことは多少パソコンに負担をかけるかもしれないが、最近は短い周期で再起動しているので、なんとかなると高を括った。

実際VAIOは名人戦の観戦に耐えたし、その後のブログ記事作成のための盤面の画像処理にも耐えた。うん、これなら当分なんとかなると思った。そこで安堵してちょっとビールを飲み、YouTubeで、懐メロのマンチェスターとリバプールに聞きほれていたら、突然声が聞こえなくなりブルースクリーンになった。

しかし、私は慌てない、もう見慣れているからである。それで強制的に電源ボタンを長押しして立ち上げなおした。そして普通に立ち上げなおることを期待した。ところが、セーフモードのような画面が出てくる。ここでも私は冷静にWindowsを起動、を選んだ。ところが途中まではブートが進むのだが、急に勝手にシャットダウンされてしまう。そこで、セーフモードのような画面で起動ファイルを自動的に修復する(推奨)を選ぶと、何かディスクアクセスが生じて、修復が行われているように思えるだが、ある段階でピタッとディスクアクセスが止まり、そこから全く動かない。そういう作業を数回やってみて、ここからなんとか立ち上がるようにするにはリカバリーからやり直すしかないが、今更それはもう無駄だと思った。その覚悟はすでにできいていた。しかしまあ、その時期がくるのはちょっと早すぎるか。

ともかく、直ちにパソコンを買いに出かけることにした。なんといっても連休中であるのが機動力があってよい。結局町田のヨドバシカメラに行き、少し迷ったが、店員の勧めによりレノボideapad 310というのを買った。これにした理由は、インテルCore i5 主記憶4GB、ハードディスク1TB マイクロソフトオフィス付きで10万円+αなら、まあまあかな、というところである。

そもそも、2011年の10月にVAIOを買ったときも、本当はレノボを買うつもりだったのである。それがレノボの在庫がなくて、入荷に時間がかかりそうだったので、仕方なく店員の推奨でVAIOにしたという経緯があった。

そしてレノボideapad 310を買ってくると即セットアップを開始した。なんか見慣れない導入画面だなと思ったら、私は実はWindows 10のセットアップをしたことがないのだった。家内が使っているマシンは私がいない間に自動導入されたのだった。

Windows 10のセットアップ自体はかなり自動化されており特に困難はない。しかし、Windows updateがあまりに遅いので、そこは辟易した。そしてセットアップが終わると、あとは一瀉千里でVAIOに導入されていたアプリはほぼ基本的に導入した。というのは、VAIOにリカバリーをかけたときの導入処理についてきちんとメモを残しておいたからである。とはいえ、必要な全行程を完了するために、ほぼ8時間を要した。一瀉千里というのは、システム的な不具合を克服しつつ導入したVAIOの場合とのあくまでも相対的な言い方である。

Windows 10を使った感想であるが、ともかくも重い。メニューを呼び出して遅延したタイミングでやっと反応がある。それとさらに困ったことに、これはレノボideapad 310の特殊な仕様なのだが、PF7を押すと無線LANが切れてしまう。なんでも航空機の中でそうする必要がある場合に対応しているというのだが、せめてFn + PF7のようなキーの組み合わせにしてほしい。というのは、PF7はVAIOのとき、平仮名をカタカナに変換するキーで頻用していたからである。

とはいえ、去年買っておいた技術評論社の「Windows 10大事典」という本がここにきて大車輪の活躍をしている。まだ慣れるに至っていないが、早くもとのペースに戻したいものである。

名人戦第3局が始まった。天彦名人の先手番である。おそらくまた、稲葉八段の横歩取りだろうと思っていたら、天彦名人は、▲2六歩,△3四歩,▲2五歩,△3三角という出だしで、これを明示的に避けた。やはり後手番の横歩取りは有力なのだろうか。

【図1】 13手目▲3七銀まで
持ち駒:△稲葉八段=なし



持ち駒:▲天彦名人=なし
そして天彦名人は、▲3七銀として後手に飛車先の歩を交換することを許した。飛車先の歩に必ずしもこだわらず、機動的に動くのが現代将棋だったりする。▲3七銀以下は、△8六歩,▲同歩,△同飛,▲8七歩,△8五飛,▲4六銀,△6二銀,▲6九玉,△7四歩と進んだ。△7四歩が、後手の攻勢を示す手である。

【図2】 23手目▲5六歩まで
持ち駒:△稲葉八段=歩



持ち駒:▲天彦名人=なし
ここで▲5六歩が何気ないようで後手を悩ませる手で、果たして稲葉八段は長考に沈んだ。普通に考えるなら、△4一玉なのだが、すると▲5五歩から角道を止められるのを嫌ったか、稲葉八段は△8八角成と角を交換し、以下、▲同銀,△3三銀,▲7七銀,△6四歩,▲6六銀,△6三銀,▲5五歩,△5二金と進んだ。

【図3】 33手目▲5六角まで
持ち駒:△稲葉八段=角歩



持ち駒:▲天彦名人=なし
ここで▲5六角がいかにも良さそうな両にらみの角だが、局面を決め過ぎるきらいもないではない。以下、△7三桂,▲7七桂,△8一飛,▲3五歩,△同歩,▲同銀,△7五歩,▲同銀,△6五桂,▲同桂,△同歩と進んだ。果たして先手は、△5七桂を常に気にしなくてはならないので、やや後手が模様がいいか。

【図4】 45手目▲4六銀まで
持ち駒:△稲葉八段=角桂歩2



持ち駒:▲天彦名人=桂歩2
なので、天彦名人は▲4六銀と引いて辛抱し、以下、△7四歩,▲8六銀,△6二玉,▲4五角,△4四歩,▲2七角,△4五歩,▲同角,△4四銀,▲1八角,△4五歩,▲5六桂,△4三金,▲4四桂,△同金と進んだ。△6二玉で落ち着くかと思ったら、▲4五角から激しい流れになった。おそらく、落ち着いては天彦名人の側が局面をまとめにくいのだろう。

【図5】 61手目▲5七銀まで
持ち駒:△稲葉八段=角桂2



持ち駒:▲天彦名人=銀桂歩3
【図5】までとなって、先手は角桂交換で不満がないが、後手もそこそこ左翼の駒がさばけたという主張がある。ここで稲葉八段は△5五金かと思ったら、なんとじっと△5四歩と指し、それに対して天彦名人は同歩だが。

【図6】 64手目△5五角まで
持ち駒:△稲葉八段=桂歩2



持ち駒:▲天彦名人=銀歩4
なんと稲葉八段は、▲5三銀がみえているのに、△5五角と攻めあった。大丈夫なのだろうか。果たして以下、▲5三銀,△同金,▲同歩成,△同玉,▲4六歩と進み、後手は玉が露出したままで局面はさらに激しくなった。

【図7】 70手目△5六歩まで
持ち駒:△稲葉八段=銀桂2歩



持ち駒:▲天彦名人=金歩4
なのに△稲葉八段は、あくまでも△5六歩と攻勢を緩めない。以下、▲同銀,△4六角と進んだ。

【図8】 73手目▲3七金まで
持ち駒:△稲葉八段=銀桂2歩



持ち駒:▲天彦名人=歩5
ここで▲3七金が手堅い受けで形勢は互角だろう。以下、△5七角成,▲4七金,△同馬,▲同銀,△5七桂,▲7九玉,△4九桂成,▲3七桂,△3三桂,▲3四歩,△同金であるが、後手はあっさり馬を切ってしまっていいのだろうか。尤も、馬が逃げては活用できなくなるおそれがある。

【図9】 85手目▲2四歩まで
持ち駒:△稲葉八段=金2銀桂歩2



持ち駒:▲天彦名人=角歩4
天彦名人はいよいよ待望の▲2四歩だが、これにまともに相手すると、先手の攻めが速くなる。そこで稲葉八段は、△2五桂打,▲同桂,△同桂,▲5四歩,△同銀と進んだ。この手順中、▲5四歩はニコ生での鈴木大介九段は疑問視していた。単に▲4六銀はどうかという。

【図10】 91手目▲4六桂まで
持ち駒:△稲葉八段=金2銀桂歩3



持ち駒:▲天彦名人=角歩3
▲5四歩は、この▲4六桂に期待した手であるが、当然に後手は△同歩とは取らず、以下、△3七桂成,▲5八飛,△5七歩,▲同飛と進んだ。

【図11】 96手目△5六歩まで
持ち駒:△稲葉八段=金2銀桂歩



持ち駒:▲天彦名人=角歩4
稲葉八段はここで当然に△5六歩であるが、これに天彦名人が▲同飛としたのが敗着で、正解は▲同銀ではないだろうか。ともかく▲同飛,△5五歩と進んだ。

【図12】 99手目▲7二角まで
持ち駒:△稲葉八段=金2銀桂



持ち駒:▲天彦名人=歩5
そして先手は狙いの▲7二角だが、これに対する稲葉八段の△6二桂が絶妙だった。普通の感覚なら△6三桂なのだが、それだと後で▲7一馬の王手が残り、かなりうるさい。以下、▲8一角成,△5六歩,▲5四桂と進んだ。

【図13】 104手目△5七歩成まで
持ち駒:△稲葉八段=飛金2銀



持ち駒:▲天彦名人=銀桂歩5
ここで△5七歩成が絶妙手でこれが先手玉に対する詰めろになっている。以下、▲5一飛,△4四玉,▲6二桂成,△5九飛,▲6九桂,△6八金,▲同金,△同と,▲同玉,△5一飛成,▲同成桂と進み、

【図14】 投了図 116手目△5九銀まで
持ち駒:△稲葉八段=飛金2



持ち駒:▲天彦名人=飛金銀歩6
△5九銀で天彦名人の投了となった。以下は簡単な並べ詰みである。

終わってみて、天彦名人が不調というよりも、稲葉八段の終盤の冴えが際立った一局だった。これで稲葉八段が少し有利だが、天彦名人も巻き返すだろうから予断を許さない。ただ、強いていうと、5月20日に控えている電王戦第2局の存在が天彦名人に微妙に負担になっていると思われる。なぜなら、対コンピュータの対策は、対人間の対策とまったく異なるからである。

コッホ曲線

user-pic
0

コッホ曲線は、フラクタルの一種として典型的なものであるが、なぜか私はパソコンで描いてみたことはない。それで、この際、シェルピンスキのカーペットに続いて、プログラミングにより描いてみることにした。

それは例えば、次のような曲線である:

コッホ曲線は要するに、直線を三等分して中間の2点を切り取り、その2点を底辺とする正三角形を描き、正三角形の頂点と中間の2点を線で結ぶ。その処理を、結果の4つの線分に再帰的に適用する、というもので、その描画プログラムは20分くらい考えて、なんとか逆三角関数を使うことで読みきった。それは以下のとおりである。

ところが、読み切ったと思ったら、若干紛れがあった。すなわち、正三角形の頂点が意図するのと逆方向になってしまい、いわゆる「あっち向いてホイ」みたいな状態になってしまうのである。ここから30分くらい長考して、やっと解決策が分かった。下記の赤字のところである。いやあなかなか楽勝ということはないものである。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
const double pi = 3.14159;
void fracta(double x1, double y1, double x2, double y2, int level);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
   Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
 double x1, y1, x2, y2;
 Canvas->Pen->Color = clBlack;
 x1 = 30.0;  y1 = 400.0;
 x2 = 800.0; y2 = 400.0;
 fracta(x1,y1,x2,y2,0);
}
//---------------------------------------------------------------------------

void fracta(double x1, double y1, double x2, double y2, int level)  {
 double X1,Y1, X2,Y2, X3,Y3, X4,Y4, X5,Y5, TH, S;
int Level = level;
 Level++;
if ( Level > 6 )      {
  Form1->Canvas->MoveTo(x1,y1);
  Form1->Canvas->LineTo(x2,y2);
  return;
}

 X1 = x1; Y1 = y1; X2 = x2; Y2 = y2;
 X3 = (X2 - X1)/3.0 + X1;  Y3 = (Y2 - Y1)/3.0 + Y1;
 X4 = 2.0 * (X2 - X1)/3.0 + X1;  Y4 = 2.0 * (Y2 - Y1)/3.0 + Y1;
 S = sqrt((X4-X3)*(X4-X3) + (Y4-Y3)*(Y4-Y3));
 TH = acos((X4 - X3)/S);
 if ( Y4 - Y3 < 0 ) TH = - TH;
 X5 = X3 + S * cos(TH - pi/3.0);
 Y5 = Y3 + S * sin(TH - pi/3.0);
 fracta(X1, Y1, X3, Y3, Level);
 fracta(X3, Y3, X5, Y5, Level);
 fracta(X5, Y5, X4, Y4, Level);
 fracta(X4, Y4, X2, Y2, Level);
}

迎賓館

user-pic
0

私は、足利フラワーパークにも書いたように、そこそこバス旅行が気に入っている。

一方、家内は、テレビ番組をみていて、迎賓館にも一度いってみたいという。迎賓館は赤坂にあり、毎日私が通勤しているのと同じ程度の距離なので、流石にバス旅行ではないだろうと思った。なので、休みの日に二人で行ってみればいいのではと思っていたら、入場するのは、ウェブ上の抽選なのだという(実は、和風別館だけだった)。しかも、外国のVIPが来ると、当然ながら、一般人は入場禁止である。

なお、迎賓館の由来をパンフレットに従い記してみると、迎賓館は赤坂離宮、東宮御所とも呼ばれ、徳川時代には、紀州徳川家の江戸中屋敷があったところである。1899年にこの場所に、洋風の赤坂離宮の建造が始まり、1909年に完成した。

この場所は、昭和天皇や今上天皇が一時お住まいになった以外は東宮御所として使用されることはあまりなく、戦後、国の行政機関によって使用されてきたが、東京に国際的な賓客を迎える適当な場所が必要とのことで、迎賓館として改築することが決まり、1968年から、108億円の費用と5年余りの年月をかけて、1974年に完成した。本館と和風別館があり、本館は村野藤吾が、別館は谷口吉郎が設計した。

そんなこんなで、迎賓館はいろいろな意味で敷居が高いなあと思っていたら、3月くらいだったか、チラシに読売旅行の迎賓館バス・ツアーの募集があるという。それで、4月29日の昭和の日で申し込んだら、とりあえずOKだった。とりあえず、というのは上記のような外国の賓客があると中止になるからである。

なお、個人で申し込むよりも、旅行会社を通じて訪れる方がなにかと便利なようである。その方が安心して迎賓館の側が対応してくれる。これは、喩えとしては、運転免許は、試験場に行って直接受験することもできるが、公認の自動車学校で実技を習い、実施試験免除で受けた方が合格しやすいことと似ているかもしれない。

ただ、迎賓館は訪問者に対する資格に厳しく、日本国籍をもつ者などに限定するというのだが、旅行会社でそのような資格審査をしているとは聞かない。どうなっているのだろう。

ともかく、4月29日は、朝10時に指定された町田のバス・センターに行った。すると、路上ですでにバスが待っていた。橋本、相模原、古淵で人を拾って、最終の出発地点が町田ということらしい。町田に来るまでですでに席はほとんど埋まっていて、迎賓館ツアーの人気が窺えた。しかも昭和の日とあっては、いかにも迎賓館にふさわしい。

バスは、町田から東名に乗って都内に向かうのだが、連休初日とはいえ、下り線は混んでいても、上りはそうでもない。比較的スムーズに最初の訪問地、和田倉噴水公園レストランに着いた。そこでまず昼食である。ビュッフェ形式で、ロースト・ビーフがおいしいと有名である。確かにロースト・ビーフはおいしかったので、何度もお替りした。なのでついでにワインに食指が動いたが、おっと、迎賓館は、泥酔者はお断りだそうで、どの程度が泥酔者と判断されるのかわからないので、とりあえず一切アルコールは口にしないことにした。

そのあとは、迎賓館であるが、なにしろ歩いてもいけるくらいの距離で、バスだとすぐに迎賓館に着いた。しかし、予約してあるとはいえ、どんどん中に入ることはできない。入館の際は、空港のセキュリティのように手荷物と身体検査があるからである。そのため、ディズニーランドの人気アトラクションのような長い待ち時間がある。なお、バスの中で添乗員さんから事前の説明があったところでは、迎賓館で係員の指示を無視するような不埒な行動は絶対とらないでほしいという。そうしないと、担当の旅行会社そのものが今後出入り禁止をくらうという。ううん、不埒が申込者の中には居そうなものだが、そのあたりのリスク管理はどうするのだろうと思った。というのは、私はそこそこ名のある外資系で管理職をしていたのだが、中には随分と不埒な社員もいたからである。

迎賓館の内部は、順路が決まっていて、訪問者の自由度はほとんどない。また原則的に、壁さえも触ってはいけない。ただ、ボランティアの説明員が随所にいて、質問には親切に答えてくれる。

テレビ番組で放映される迎賓館の内部は随分と煌びやかであるが、あれは照明とカメラワークのなせる業で、現地をみるとそこまでではなく、むしろ金を使った装飾過多のような気もした。ただ、この席で安倍首相とプーチン大統領が会談したと思うとすこし感激するものはある。

迎賓館の後は、新宿御苑に行って散策となった。随分緩いスケジュールだが、これは迎賓館での混み具合が読めないので、新宿御苑をバッファに使っているらしい。そこで、突然雨が降ってきたのには閉口したが、久しぶりに来る新宿御苑もまあまあだった。

バスは、新宿御苑を16時過ぎに出発して、往路とは違って中央道を通り、八王子インターで降りて、渋滞することもなく、町田には予定どおり、18:00頃に着いた。

迎賓館にとても感激した、というわけではないが、それなりにトラブルもなく充実した日程を終えることができたので、満足の一日だった。

堺事件

user-pic
0

森鴎外の「阿部一族・舞姫」という新潮文庫の短編集は、少し読んでは他の本に移るので、なかなか読み終わらない。しかも、去年の暮にかのようにを読んで以来、しばらく森鴎外から離れていたので、そろそろ戻ろうと、「阿部一族・舞姫」の残りの小説のうちの一つの「堺事件」を読もうと思い立った。

堺事件は、明治元年の正月、徳川慶喜の軍が伏見・鳥羽の戦いに敗れて、大阪城も守ることができず、海路、江戸へと逃れたときに起きた事件である。

幕府軍が去ったため、大阪・兵庫・堺の役人は職を捨てて潜み隠れたので、これらの都市は無政府状態になった。そこで大阪は薩摩、兵庫は長門、堺は土佐のそれぞれの藩が取り締まることになった。

2月15日のことである。町年寄がもフランスの兵が大阪から堺に来ると聞きだして、軍監府に訴えた。それで土佐の兵が大和橋で待ち合わせると果たして、フランスの兵がやってきた。そこで、堺に入るための免許状のようなものをもっているか聞くと、もっていないというので、追い返した。しかし、別の場所からフランス兵が上陸してきた、というので兵たちが行ってみた。

すると、フランス兵たちは、暴行はしないものの無礼な行為をするので、土佐兵たちが追いかけた。フランス兵は足が速くて、追いつけない。そこで俊足の旗持梅吉という者が追い付いて、鳶口をフランス兵の頭に突き立てた。すると、待っていたフランスの水兵が短銃で撃ってきたので、土佐兵たちは、隊長の命令の下、銃で応戦した。結局、フランス兵13人が死に、フランス兵は船で逃げた。

そこに、大目付の杉紀平太がやってきて、土佐兵の隊長に、なぜ上司の指示を待たず勝手に銃撃したか問い質した。すると隊長は、火急だったのでやむを得なかったと弁解した。

こうして事件は、軍監府扱いになった。フランス軍は、銃撃に関与した20人の兵士たちを死罪にすること、15万ドルの賠償金を払うこと、土佐藩主がきちんと謝罪することを要求してきた。

そこで、下横目は、土佐の兵士たち個々に、フランス兵を実際に撃ったかどうか訊問してみると、なんと29人も名乗り出た。しかし、フランスから死罪を要求されているのは20人なので、くじ引きで決めることにした。

こうして死罪になる20人が決まったのであるが、そのうちの兵卒たち16人が意見があると、奉行衆に面会を申したてた。それは、死ぬのはもとより覚悟の上だが、せめて士分の扱いで切腹させてくれという要求だった。

結局、奉行衆の幹部で協議した結果、士分の扱いの切腹を認めた。そして妙国寺で切腹をとり行うこととなった。フランス公使立ち合いの下である。

ところが、フランス公使は、実際に切腹が始まると、その酷さに顔をしかめた。そして11人が切腹した段階で、待ったをかけてきた。フランス公使は、これ以上見るに忍びないので、日本政府に助命を請うという。結局残った9人は、浅野家で優待された。

残された9人は、無罪ということになったが、何故か流刑が言い渡された。切腹した11人の苦痛に準じるためという。そのあと、9人のうちの一人は病死した。

明治天皇の即位で、残された8人も特赦された。結局妙国寺で死んだ11人のために、土佐藩で宝珠院に11基の石碑を建てた。また刑死を免れた9人が、もし刑死していれば使われていたはずの大甕が宝珠院に伏せ置かれた。その場所は、ひっきりなしにお参り人達が絶えないという。

という実話であるが、もとより軍事行動であり、きちんと兵卒たちの要求も容れられたので、阿部一族ほどの悲惨さはない。

ともかく、森鴎外の実話歴史小説はどれもそれなりに興味深いのだった。

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。