応用のオアシス

user-pic
0

応用のオアシスとは、聞きなれない言い方で説明を要するだろう。まあ私の造語なので特に深みはないのだが、砂漠を歩いていて、見渡す限り砂、砂なのでうんざりしていると、遠くに町らしきものが見えてほっとする。もしかして蜃気楼なのかもしれないが、自然にそちらに足が向く。

さて唐突だが、その砂漠が数学だったらどうか。砂漠を数学に喩えると、確かに数学の授業なんて砂を噛むようだったと思い出す人もいるだろう。その比喩は私の意図するところではないが、そういう解釈が普通かもしれない。

で、私の意図するところは、数学の応用というのは、砂漠のオアシスのようなものではないか、ということである。すなわち、隈なく調べたわけではないが、応用されて理学的・あるいは工学的に役に立っている数学というのはあまり多くないはずである。

一応列挙すると、線形代数、微分積分、数論、有限体、常微分方程式、偏微分方程式、特殊関数、測度論、確率過程、あらっ列挙してみると結構いろいろあるが、各分野で応用されている分野はそのごく一部、まさに砂漠のオアシスくらい稀だと思う。

例えば、谷山・志村予想は偉大な理論の一つだが、一体どんな応用があるだろうか。相当牽強付会のようなことを考えなくてはならないはずである。おそらくであるが、数学の有用さというのはそれ自体、セレンディピティなのではあるまいか。

ところが、数学というのは、一旦応用分野をみつけると、応用鬼のごとしで、猛然と役に立つ。なので、その応用される現場に近いところで数学を見ていると、怖いものなしにみえたりする。こうやって数学の応用で埋め尽くしていくと、世界はパラダイスになると思えてしまう。

でもそれはほとんど至るところで錯覚じゃない?というのが、あまり賛同をえない私の意見である。

では、これが数学じゃなくて、人工知能などの情報工学だとどうだろうか。すると砂漠のオアシスは流石に数学よりは密だけど、それでも依然として寒村程度で決して繁華街ではないのでは、というのが私の主張である。

しかし、世間の人はそう思っていなくて、情報工学の応用はほとんど至るところを埋め尽くして、シンギュラリティと呼ばれる現象が数十年以内に起きると予想されている。それは例えば、囲碁と将棋という頭脳競技の権化が完全に人工知能に牛耳られているところからの類推だったりする。

そこで忘れられているのは、数学であれ、人工知能であれ、できることはとことんできる、神っているほどできる、止めどないということである。それって、学校の成績で、あれだけ数学ができるのだから、英語だって、国語だってできるだろうという思い込みと同様だったりする。

そりゃあ、学校の試験は数値化できるので、人工知能も得意かもしれないが、恋愛だったり、芸術だったり、あるいは普通の事務仕事だったり、人間的な所作をどうコンピュータで扱うというのか。そういう分野では、コンピュータが得意なアルゴリズムの改良に継ぐ改良という技法が必ずしも使えない。

そもそも長年サラリーマンやってきて、将棋的な純粋ロジックのような仕事はほとんどない。なので私はどうして世間の人が、人工知能でほとんどの人が仕事を奪われるという素朴なステートメントを信じるのか理解できない。

別の言い方をすると、簡単に人工知能で置き換えられてしまうような仕事だけからなる世界があったとすると、人々はこんなにも不合理に苦しまないだろう。まあ、合理的にあっさり葬られてしまうのかもしれないが、私はせめて、不合理に泥臭く葬られたいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4529

コメント(2)

| コメントする

あやたろうさん
>数学の応用で埋め尽くしていくと、世界はパラダイスになると

そういう発想を突き詰めていくと、
アダムファウアー著文春文庫「数学的にありえない」(上・下)
という展開になりそうですね。
それは「現実的にありえない」(笑)とは思いますけど。

>人工知能でほとんどの人が仕事を奪われるという

漫画って凄いなと思います。浦澤直樹の「プルートウ」という
漫画では、国家同士の戦争は全部ロボットの兵士が戦っています。
軍人が真っ先に職を奪わられるんでしょうね。
既に無人飛行機のせいで偵察機のパイロットは不要になっていますし。

user-pic

山椒魚さん

> それは「現実的にありえない」(笑)とは思いますけど。

そうなんです、ありえるわけがありません。

> 既に無人飛行機のせいで偵察機のパイロットは不要になっていますし。

そうなんです、意外にも頭より体を使うことの方が先にAIに置き換えられようとしています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月 6日 05:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パソコンの買い替え」です。

次のブログ記事は「コンピュータ将棋選手権」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。