コンピュータ将棋選手権

user-pic
0

ゴールデンウィークは、私には珍しく9連休にして退屈するかと思ったら、迎賓館のバスツアーに行ったり、パソコンが壊れたり、新しくパソコンを買ってセットアップしたり、その他の用事もあって結構忙しかったので、コンピュータ将棋選手権のことはすっかり忘れてしまっていた。それで、たまたま気づいて結果をみて、ええっと驚いた。絶対王者のはずのponanzaが優勝を逃していた。以下のとおりである。

番号プログラム名1234567SBMD順位
1elmo8○7○6○5○4○3○2○70021151
2Ponanza Chainer7○8○5○6○3○4○61015112
3大合神クジラちゃん6○8○7○4○430744
4読み太5○7○250406
5技巧3○8○7○6○430953
6HoneyWaffle4○7○250207
7NineDayFever070008
8蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ4○6○7○340425

そうか、名人戦でも、絶対王者かもしれないと思った佐藤天彦名人が稲葉八段に先行されている。名人戦の結果がどうなるかわからないが、佐藤天彦名人が絶対王者でないことは確かのようである。なら、ponanzaが絶対王者でないとして、なにがおかしいことがあるのよ、なにもおかしいことはない、と谷山浩子風に歌いたくなる。

それにしても、新星のようにあらわれて優勝を奪ったelmoの作者は誰だろうとみると、瀧澤 誠さんという方らしい。Googleで瀧澤誠で検索すると、「昭和薬科大学で、薬学生に対して、物理学、情報科学を教えています。専門は原子核理論物理学」という方がヒットして、ボナンザの保木さんが理論化学の研究者なのだから、この方がelmoの作者だとしてもおかしくないね、と思っていたら、ツイッターのアカウントをみて別人だと分かった。

それで、やねうら王のブログをみると、以下のようにあった。

WCSC(世界コンピュータ将棋選手権)決勝日は、elmoの全勝優勝で幕を閉じた。今後数年は無敗を誇るのではないかと言われたPonanza Chainerに予選2日目、決勝日の2回当たり、どちらもelmoが勝利。
その思考エンジンには、やねうら王が(ほぼそのまま)使われているらしく、elmoの評価関数についてはすでに公開されている。導入手順などは次の記事を参考にして欲しい。

そうなのか、elmoはやねうら王ファミリなのか。やねうら王のブログにはさらに次のようにある。

とりあえず、私もドヤ顔で上のツイートしといたけども、実際のところ、やねうら王はAperyや魔女、Stockfishなど多くのオープンソースのソースコードを参考にさせていただいている。それらに関わっている多くの人に感謝している。例えば、今朝のやねうら王のコミットも、Aperyのソースコードを見ていて気づいたところを改良したものだ。

なるほど、すると今回のelmoの勝利は、おもいっきり図式化していうと、伽藍のponanzaに対するバザールの勝利なのか。

だとすると、今後のコンピュータ将棋の発展はいよいよ読めない。それにしても君たちは、人間の名人級の棋士を突き放して、どこまで行ってしまうのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4530

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月 7日 06:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「応用のオアシス」です。

次のブログ記事は「ロスト・ケア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。