本能寺の変

user-pic
0

本能寺の変は、日本史の、いわゆる一つの事件であったが、その通説は、エグスプロージョンの本能寺の変でも踊られているように、明智光秀が、長い間上司の織田信長から屈辱的な扱いをうけてきて、信長が本能寺で手薄な警備の状態になったときに、その屈辱の念をぶつけて、討ったということらしいのだが、一方で明智光秀は、単に復讐の念に駆られてそうしてしまった、というだけでなく、信長に代わって天下をとるという野望があったらしい。

すると、どうやって信長を討つかということ以上に、討った後のことが重要になってくる。喩えていうと、ある会社で、幹部社員が社長の方針が絶対に受け入れられないで、自分がなんとか代わりに社長に就きたいという野望をもったとき、いきなり社長を殴ったりするのは最悪の策で、寧ろ、怒りをぐっと抑えて、社内、あるいは場合によっては社外にも味方を増やして根回しすることが肝要になってくる。そのあたりがどうなっているのかと思いつつ、ずっと前に、高柳光寿著、人物叢書「明智光秀」吉川弘文館を買っておいたのに、私の悪い癖で、この本は長い間積読のままである。

一方で、NHK大河ドラマに触発されて井伊直虎に関する本を読み、それとの関連で松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んで徳川家康という記事を書いたところ、山椒魚さんからのコメントで、家康の伊賀越えに関して、文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」を紹介されたので、興味をもってその本を買い、即読み始めた。

そこで私なりに、この本の内容を粗く要約してみる。まず、明智光秀は、足利将軍の兵部大輔、細川藤孝の中間(足軽以下の低い身分)だった。しかし、光秀は極めて優秀なので、足利義輝が暗殺された後、足利義昭が旗揚げしたとき、家臣として抜擢され、奉公衆として一気に昇進した。あれっ、暗殺された足利将軍といえば、嘉吉の乱もあったが、そこで殺されたのは、足利義教であり、別の将軍だった。嘉吉の乱では義教は、一色、土岐の二大豪族を改易したことで強い恨みを買った。じつは明智光秀は、その土岐の一族である。

さて、織田信長が上洛し、足利幕府との連立政権を樹立し、その後足利義昭と袂を分かったとき、信長は光秀の優秀さに目をつけ、ヘッドハントした。信長は新興のベンチャー企業のように冷徹なまでに実力主義である。

こうして光秀は抜擢されて、信長の腹心の一人になり、重要な作戦行動にも同行した。ところが、光秀にとって困ったことがあった。それは、四国の長宗我部を討つように、との信長からの指示があったことで、光秀にとって長宗我部は土岐の同族で、討つことなどとんでもないのであった。

さらに困ったことは、信長の唐攻めの方針である。信長は、天下統一後、功績のあった大名に与える領地が不足することに気づいており、それなら中国を攻めて領土を奪い、そこに部下の大名を封じればよいと考えた。天才信長らしからぬ杜撰な計画だが、それほどに部下の論功行賞は大きな課題なのだろう。そして、そうなった暁には光秀は確実に中国に移封され、最早土岐氏一族を護ることは叶わない。これは絶対に容認できない。

そこで光秀は、密かに徳川家康にコンタクトし、安土城で秘密の会議をもった。信長を討ったあと是非とも家康の協力が必要だとおもった。

一方、長年の同盟で信長は、徳川家康の実力を知り、このまま徳川を放置しては、天下統一の妨げになるので、早晩制圧すべきであるとかんがえた。そこで立てた計画が、本能寺に茶会と称して家康とその家臣たちを呼び寄せ、一網打尽にすることである。その殺戮計画のために本能寺には光秀とその部下が密かに配置された。しかし、天才信長にしては、光秀が徳川と通じて裏切る可能性に十分に配慮しなかった。将棋の升田ではないが、「錯覚よくないよく見るよろし」なのだろうか。

決定的な見落としで信長が頓死すると、光秀軍は反対する織田の陣営を征伐し、公家や細川藤孝の協力を求めたが、いまいち協力的でなかった。どうも羽柴秀吉は、こうなることを予測し、手を打っていたらしい。そもそも、本能寺の変が読み筋だった証拠に、秀吉は事件を聞くと、下準備していたか、毛利との和議をあっさりまとめて大急ぎで戻ってきた。

徳川家康一行は、当然こうなることは知っていたので帰路も準備万端で、伊賀越えは伊賀忍者たちに十分根回しして護衛してもらったので、あまり危険もなく岡崎城に戻れた。そもそも家康は、織田に討たれて落ちてきた伊賀者たちを鄭重に匿い、このことで伊賀忍者たちは徳川に恩義を感じていたのである。幕府樹立後も伊賀忍者たちはお庭番としてCIAのような役割を果たした。そもそも半蔵門という名前は、伊賀忍者の首領、服部半蔵にちなんでつけられたものである。

一方で、頼みの徳川軍は、なかなか動かない。その一つの理由に、東陣で旧武田領にいる織田軍の残党を討つことに忙しかったというのもあるが、あまりに早く西陣を動かして光秀への加勢を明示してしまうと、秀吉軍に対して旗幟鮮明となって、あとで示しがつかなくなってしまう。

結局、光秀軍は、武運拙く討伐されたが、家康は光秀と同盟関係にあったことをとうとう秀吉に悟られないで済んだ。しかし、井伊家に対する扱いからもわかるように、いったん結んだ同盟関係というか信頼関係をとことん大事にするのも家康のやりかたで、家光の乳母で、権勢をふるった春日局は、明智光秀の重臣であった斎藤利三の娘であった。明智憲三郎氏は、家光の「光」は光秀にちなんでいると指摘されるのだが、そこまでありえるのだろうか。

戻って、秀吉は、後に部下に「惟任退治記」を執筆させて、光秀が怨みと野望で信長を討ったという説を確定させた。「惟任退治記」の内容が、エグスプロージョンにもつながる、俗説というか通説のようになっている。天下統一して豊臣秀吉となると、秀吉は、信長の意向を継承して、周囲の反対を押し切り、唐攻めを強行した。

徳川家康は唐攻めには反対で、自らの幕府を確立すると、唐攻めのような外国侵略によらず、大名への論功行賞をハンドルする新しいパラダイムを考え出した。それはそれで、移封を受ける大名にとって苛酷なものとなったかもしれないが、唐攻めよりはましであろう。

ところが、明治維新で打ち建てられた政府は当然にアンチ徳川で、するとアンチ徳川の秀吉の唐攻めが年代を隔てて復活した。

ということで、本能寺の変という特異点を中心に、多くの歴史的事件が広がっていくのであって、このことを私に理解させてくれた文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」は、とても啓発的な好著なのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4533

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月10日 05:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Windows 10について」です。

次のブログ記事は「マンデルブロ集合」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。