法医昆虫学捜査官

user-pic
0

以前に川瀬七緒のよろずのことに気をつけよを読んだとき、後半ちょっとだれたものの、呪術に着目した視点がなかなか冴えていると思ったので、その続編を読もうと思ったら、その路線では続編はないようだった。

ちょっとがっかりして、アマゾンで川瀬七緒の別の作品を探してみたところ、法医昆虫学捜査官というのがあるらしくて、私はにんまりした。なぜなら私は元昆虫少年で、今でも身近に昆虫がいたら、ずっと眺めていて飽きないほどである。それで、とりあえず、そのシリーズの第一作である「法医昆虫学捜査官」講談社文庫を買って読み始めると、「よろずのことに気をつけよ」以上の完成度で、ぐいぐい引き込まれた。

さて、ストーリーは、放火と思われる火事で焼死したと思われる事件で始まった。被害者の検視シーンは何度読んでもどうも引いてしまう。ただ、体内から太った蛆虫が発見されたことが周囲を驚かした。

その事件の担当刑事は、西高島平署の岩楯警部補と、そのペアの鰐川である。捜査本部が西高島平署に設置され、そこで理事官が、警視庁ではこのたび、捜査に法医昆虫学を試験的に導入する、と発表した。すると、周囲の刑事たちの反応は、なんじゃそりゃ、と馬鹿にしたようなものだった。そもそも昆虫は、刑事にとって、ゴキブリが典型的なように、うっとおしいものでしかない。それが捜査にどう関係あるのか、というところである。

さて、被害者、いわゆるマル害は、乙部みちるという心理カウンセラー。その体内から発見された蛆虫のことで、岩楯と鰐川は、法医昆虫学捜査官に任命された、赤堀涼子という昆虫学者に会いに、大学の研究室を訪れた。学者というから、眼鏡をかけて秀才然とした女性を想像していた岩楯たちは、出会ってあっけにとられた。なぜなら、子供のように小柄で、童顔だったからである。フィールド・ワークがメインなので、服装もラフで、容姿はよく見れば美人というかかわいいのかもしれないが、ぱっと見はそうとは思えない。

しかも、虫たちと混然一体に生活しているような様は到底刑事にはなじめない。ともかく、蛆虫のことを質問したら、すでにいろいろ仮説をたてて実験しているという。さすがに学者である。なので、岩楯と鰐川は、刑事の常道で、マル害の周辺を探ることにした。すると、マル害は、赤堀とは別の意味で相当な変人で、仕事熱心でクライアントの評判はいいのだが、度がすぎるところがあって、行く先で周囲と軋轢を生むのだった。なので、岩楯たちは当初、そういう人たちの中に犯人がいると推定した。

岩楯と鰐川は、一応赤堀と同じ捜査チームなので、ときどきは会って打ち合わせをする。そのたびに岩楯と鰐川は、赤堀の昆虫がらみの不可解な行動や、フィールドワークで鍛えた猿のような行動力になじめないでいたのだが、よくみるとたしかに美人だし、あまりにも裏表のない素朴な人柄に岩楯は次第に赤堀に惹かれていった。赤堀はというと、岩楯は外見はとりつく島もない怖い、愛想のないおっさんにすぎないのだが、早くに母を亡くして父に育てられた赤堀は、ファザコンなところがあり、やはり岩楯のことが気になるのだった。

そうはいっても、昆虫相手の実験と捜査は基本的に別活動なので、岩楯と鰐川と、赤堀とはほとんど会うこともない。岩楯と鰐川が、捜査の網をしぼっていく一方で、赤堀は蛆虫に関するある仮説にもとづき、多摩の山奥に単独、入り込んでいった。しかし、フィールドワークにおける毒蛇やスズメバチなどの脅威には対応できても、悪辣な人間に対しては驚くほど素朴で、危機に陥る赤堀。さあ、どうなる、ということであとは読んでのお楽しみである。

川瀬七緒は、生物学の専攻だったわけでもないのに、やけに昆虫に詳しいと思ったら、「よろずのことに気をつけよ」の前に、やはり昆虫捜査のテーマで江戸川乱歩賞に応募し、それは惜しくも落選したのだった。そのリバイバルがこの作品で、なかなかリジリエンスも大したものだと思った。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4535

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月12日 05:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マンデルブロ集合」です。

次のブログ記事は「C++ Builder XE4のよくわからないエラー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。