ランサムウェア

user-pic
0

今朝の朝刊をみたら、一面にランサムウェアの記事が掲載されていた。仕事柄、コンピュータ・セキュリティに関心をもち勉強したりしている私は、ううむ、と目を瞠った。そこで、ウェブの記事などを引用して、まとめてみる。

まず、読売新聞のウエブ記事から引用してみる。

【ロンドン=角谷志保美、ベルリン=井口馨】12日に起きた「ランサム(身代金)ウェア」によるサイバー攻撃で、被害は全世界に拡大した。

 最も深刻な被害を受けた英国の医療機関は大混乱。病院などのコンピューターが次々と使えなくなった。医療現場の様子はツイッターなどで生々しく伝えられた。専門家は「過去最大規模のサイバー攻撃だ」と警戒を呼びかけている。

 「事務室のパソコンが、一台また一台と全てダウンした」「パソコンが全く応答せず、何もできない。患者が気の毒だ」「処方箋が出せない!」。12日午後1時半(日本時間同日午後9時半)ごろから、英国の病院や診療所、医療関係事務所などで、パソコンが次々とウイルスに感染。現場の医師や医療スタッフがツイッターで現場の混乱を発信した。

ランサムウェアは、コンピュータのファイルを勝手に暗号化してコンピュータを正常に動作できなくして、その解凍のキーの入手に身代金を要求するものだが、コンピュータ・セキュリティの書籍では、ランサムウェアに対する言及は小さい。むしろメインの言及は、不正侵入してPCのデータを盗み出したり、PCをボットにしたりするマルウェアだったり、DDoSだったりする。特にDDoSは、事前対策が打てない。押し寄せるパケットの嵐にサーバが機能不全となり、システム管理者はとりあえず通信経路を遮断するよりない。

それにしても、医療機関のコンピュータに侵入するとは、場合により人命にかかわる。大変困ったものである。

より詳細なトレンドマイクロのレポートをみてみる。

トレンドマイクロは、深刻な暗号化型ランサムウェアが世界各国で攻撃を行っている事実を確認しました。この攻撃は、2017年3月および 4月に明らかになったセキュリティ上のリスクが組み合わされて実行されました。これら2つのリスクの内 1つは、Windows SMB のリモートでコードが実行される脆弱性「CVE-2017-0144」で Microsoft の3月のセキュリティ情報により明らかになり、同社は問題の脆弱性に対する更新プログラムを公開しました。もう1つは、暗号化型ランサムウェア「WannaCry/Wcry」で、同年4月に DropboxのURLを悪用して拡散する暗号化型ランサムウェアとして確認されました。

今回の攻撃で使われた暗号化型ランサムウェア「WannaCry/Wcry」は、「RANSOM_WANA.A(ワナ)」および「RANSOM_WCRY.I(ダブリュークライ)」として検出されます。このランサムウェアの脅迫状によると、300米ドル(約3万4千円、2017年5月13日時点)相当の身代金をビットコインで要求しています。なお、この身代金額は、前回の攻撃より約100米ドル安くなっています。また、英国での攻撃が確認されたのに加えて、同国以外にも世界各国での攻撃が確認されています。

■感染経路について
コードネーム「EternalBlue」と呼ばれる今回の攻撃に使われた脆弱性「CVE-2017-0144」は、「Shadow Brokers」と呼ばれるハッカー集団が今年4月に米国の「National Security Agency(国家安全保障局、NSA)」から窃取したとされるハッキングツールや攻撃コード(エクスプロイトコード)に含まれる脆弱性の1つです。問題の脆弱性を利用することにより、脆弱性を抱える SMBサーバ上にファイルがダウンロードされ、サービスとして実行されることになります。これにより、実際のランサムウェアとして不正活動するファイルが作成され、感染PC上のファイルが拡張子「WNCRY」として暗号化されることとなります。また、脅迫状を表示するためのファイルが別途ダウンロードされます。暗号化の対象となるファイルの拡張子は、合計166 に及び、その中には、Microsoft Office やデータベース関連、圧縮ファイル関連、マルチメディア関連、さまざまなプログラミング言語関連のファイルが含まれています。

ランサムウェアの感染経路はメールに添付されているURLをクリックすることらしくて、いまどきそんなに安易にメールに添付されているURLをクリックするんだろうかと思ってしまったが、DropboxのURLなら確かに無警戒にクリックしてしまいそうである。結構怖い。おそらくウイルス・セキュリティソフトが対策してくれているとは思うのだが、コンピュータ・セキュリティに過敏な私は当分、信頼してよいようなメールであれ、メールに添付されているURLや添付ファイルをクリックすることに神経質になりそうである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4537

コメント(2)

| コメントする

あやたろうさん
>場合により人命にかかわる。大変困ったものである

いやはやその通りですね。厳罰を科すべきです。危険度からすれば
無期懲役くらいが妥当です。
そして懲役労働は当然に「ハッカーの摘発業務」ということで。

user-pic

山椒魚さん

> いやはやその通りですね。厳罰を科すべきです。危険度からすれば
> 無期懲役くらいが妥当です。

そうなんですけど、サイバーアタックは物理的な位置に関係なく実施できますし、手がかりとなるIPアドレスも、いくつかのサーバを中継すれば辿るのが困難です。なのでなかなか犯人を逮捕できません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月14日 05:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「C++ Builder XE4のよくわからないエラー」です。

次のブログ記事は「仔羊の巣」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。