仔羊の巣

user-pic
0

私は、嗜好をランダマイズするために、ときどき、あまり読みたくない本も読んだりする。そうして選ばれたのが、坂木司の「仔羊の巣」創元推理文庫である。この本はどこで買ったっけと思い出してみた。するとどうやら、溝の口に行ったタイミングで、古書店で買ったようである。

さて、「仔羊の巣」の売りは、主役がひきこもり探偵であること。私が今まで読んだ小説で、ひきこもり探偵というのはなかったような。すると必然的に、シャーロック・ホームズのように自宅にこもって、友人から持ち込まれた問題を、椅子に座って推理して解決するのだろうか。

「仔羊の巣」は短編集で、「野生のチャシャ・キャット」、「銀河鉄道を待ちながら」、「カキの中のサンタクロース」の三篇からなる。おのおのが100ページくらいあるので、短編集というより中編集か。

「野生のチャシャ・キャット」でいきなり驚いたのは、作者と同じ、坂木司という名前の人物が登場することである。あまりそういう小説を読んだ記憶はない。この小説のひきこもり探偵というのは、鳥井真一という。なんでもプログラマらしいのだが、幼児体験のトラウマかなにかで、自宅から外出するのが苦手で、ほとんどアパートの部屋にいる。

坂木司の役割は、鳥井の庇護者なのである。坂木はすすんで鳥井の面倒をみて、わがままも聞くのだが、鳥井のほうでとくにそれを感謝する様子もなく、憎まれ口をきいたりしている。

ここまで読んで私はつい苦笑いしてしまった。というのは私も、ひきこもりではないが、精神的に辛そうな人についヘルプする習慣があるからである。それはスパルタ教育で述べた、母からの影響かもしれない。ただ、私は根性がないのでサポートに徹しきれないが、坂木はまるで恋人のように真摯に鳥井の面倒を見続ける。

そんな坂木は、アフラックのような外資系保険会社に勤務している。外資系にしたのは、休暇をとりやすいので鳥井の面倒をみやすいから、というのだが、そこまで聞いてゲイ以外を想定する人がいるだろうか。

「野生のチャシャ・キャット」は、坂木が勤務する外資系保険会社の仲のよい同僚の話である。すなわち、坂木には、吉成という男性と、佐久間という女性の同僚がいて、頻繁に三人でお茶したり食事に行ったりしている。吉成は競合他社からスカウトされるような、やり手の営業マン、佐久間は美人で、英語もしゃべれるキャリア・ウーマンである。

そこでストーリーは、佐久間の不可解な行動に気づいた坂木と吉成が、佐久間の周辺を探って、恋人ができたのか、トラバーユしようとしているのかなどいろいろ推理するものである。しかしどうも埒があかないので、坂木は推理の達人、鳥井に相談する。ここらあたりが鳥井のひきこもり探偵たる所以である。

鳥井の推理が冴えているかというと、そうであるような。ずれているような。

「銀河鉄道を待ちながら」は、地下鉄の駅の駅員から坂木が相談を受け、それを鳥井の推理を仰ぐ、というストーリーである。

「カキの中のサンタクロース」は、坂木が見ず知らずの女性たちからなにかと苛められ、身に覚えがなくて困っているところを鳥井の推理が冴えるというストーリーである。

後半になるにつれて鳥井の推理は冴えるのであるが、その一方で鳥井の言動は粗暴さを増し、庇護者の坂木は慌てる。

しかし坂木に幸いなのは、周囲にいる友人、知人がみんな、一見口は悪くても暖かくて親切なのである。そんな暖かい場をつくりだすので、「銀河鉄道を待ちながら」や「カキの中のサンタクロース」で、坂木や鳥井に楯突いた人たちも、自然に仲間に取り込まれて、打ち解けていく。

という、詐欺も殺人も起きない、とても平和なストーリーで、ある意味退屈ともいえるのだが、私を含めた、ぎすぎすした都会生活を送っている者たちにとって、こういのってユートピア的で救いなのかもしれない。でも、ありえるんだろうか。

そういう甘口のミステリー小説なのだが、極めてユニークで、料理でいえば珍味なので、また続編を読みたくなったりする。そういえば、鳥井は細やかな配慮のできる、料理の達人なのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4538

コメント(4)

| コメントする

あやたろうさん
>ひきこもり探偵というのはなかったような

ええ、「ひきこもり」そのものの探偵というのは私も知りません。
ただ、このジャンルは推理小説の中では「安楽椅子探偵」物、という大きなジャンルの一つです。

つまり、探偵役は行動せずに、他人の情報だけをもとに座ったままで推理して解決するというパターンですね。

たとえば、鯨統一郎の「邪馬台国はどこですか」でデビューした
美人探偵の「早乙女静香」さんですね。彼女毎作、特定のスナックで日本酒を1本空ける間に難事件を解決してくださるわけです。

>そこまで聞いてゲイ以外を想定する人がいるだろうか

いえ、私は、森信雄と村山聖の関係を想像しました(笑)
森は聖の面倒をみて下の世話までしたくらいですからね。
才能を惜しむあまりにすべてを受け入れる人間が現実にも存在するんですよね。

user-pic

山椒魚さん

基本的に平日の昼間は仕事中でコメントしないのですが、今日はたまたま休暇です。

> たとえば、鯨統一郎の「邪馬台国はどこですか」でデビューした
> 美人探偵の「早乙女静香」さんですね。彼女毎作、特定のスナックで日本酒を1本空ける間に難事件を解決してくださるわけです。

えっ、そんなキャラいましたっけ。鯨統一郎の「邪馬台国はどこですか」はかなり昔に読みましたが、私は美人探偵や美人警官というキャラは好きなので、記憶に残るはずですが、印象にありません。

> いえ、私は、森信雄と村山聖の関係を想像しました(笑)

ああ、確かにそんな例がありましたね。私の意見では、人間、いや動物全般に、同性・異性に拘わらず頼られたら面倒をみるという本能があって、なんとか闘争本能と中和しているのだと思います。

あやたろうさん
>えっ、そんなキャラいましたっけ

お~っつと、うっかりしました。
確かに早乙女静香は邪馬台国以下歴史シリーズに出ていましたが
脇役でした。
言いたかったのは、「九つの殺人メルヘン」以下の日本酒バーで
美人探偵をつとめる女子大生の「桜川東子」さんのことでした。
東子さんが毎回日本酒の銘酒1升を飲み干す間に難問解決するのでした。
そういえば邪馬台国の方は、宮田一郎だか三郎だかいう静香さんの先生が活躍するんでしたね。

user-pic

山椒魚さん

> 言いたかったのは、「九つの殺人メルヘン」以下の日本酒バーで
> 美人探偵をつとめる女子大生の「桜川東子」さんのことでした。

なるほど、そのうちそちらも読んでみます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月15日 05:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ランサムウェア」です。

次のブログ記事は「ジュリア集合」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。