或日の大石内蔵助

user-pic
0

久しぶりに、芥川龍之介の新潮文庫を手に取った。「戯作三昧・一塊の土」と題する巻である。これには13篇が収められているが、とりあえず最初の「或日の大石内蔵助」から読むことにした。井伊直虎を読み、且つそのNHK大河ドラマを観るようになって、すっかり時代劇に違和感がなくなった。

「或日の大石内蔵助」は、元浅野内匠頭家来で、例の討ち入りのあと、細川家に御預かり中で、沙汰待ちの大石内蔵助の日常を描いたものである。

大石内蔵助は、大事件を起こしたあと、本を読んだりして気の抜けたような日々を過ごしている。また、吉田忠左衛門と雑談したりする。

そこに、早水藤左衛門が入ってきていうには、なんでも吉良殿が討たれてから江戸中で仇討ちが流行っているのだという。それを聞いて大石内蔵助は、おお得たりと思うこともなく、むしろ不快の念を顕にした。忠左衛門はただ笑っているだけである。

藤左衛門はさらに、細川家の家来、堀内伝右衛門を呼んできた。すると、江戸の仇討ちの流行の話題が蒸し返されたので、内蔵助はその話題を切り替えるように、赤穂藩で、吉良討ちの同盟を離脱した人たちのことに言及した。必死で根回しした内蔵助にはそれは、いまでも実に苦々しい思い出である。

すると、それを話題に出した内蔵助の意図に反して、周囲の人たちは口々に、赤穂藩で討ち入りに加わらなかった人たちを謗り始めた。忠義に悖る、という次第である。しかし、内蔵助自身は、最早そこまでの思い入れはなく、離反した人たちに対して憫笑する程度である。

それを内蔵助の謙譲ととったか、伝右衛門は、討ち入り前のしばらくの内蔵助の韜晦たる濫行さえも、世を欺く見事な行為と賞賛した。すると内蔵助はいっそう心苦しくなり、白けた気分になるばかりだった。過去をして過去たらしめよ、というのが内蔵助の本心だった。

というストーリーなのだが、史実として内蔵助がそのような厭世的な気分になったということはなく、芥川の創作らしい。ただ、「天に代わりて不義を討つ」のような軍歌が流行る時代に生きていた芥川にとって、内蔵助が、江戸の仇討ち流行を単純に喜んだというストーリーには意地でもしたくなかったのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4540

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月17日 05:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジュリア集合」です。

次のブログ記事は「法廷戦術」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。