法廷戦術

user-pic
0

アマゾンで本を探しているとき、姉小路祐の「法廷戦術」講談社文庫という本が目に付いた。なかなか高評価である。

私は、法律学を専門的に勉強したことはないが、社会科学の中では経済学よりも法律学の方がしっくりくる。それはもしかして、定義を与え、それに対する例の連続で記述が進むという点で、数学との類似を見て取っているのかもしれない。

そんなわけで、「法廷戦術」講談社文庫を買って、読み始めた。すると期待に違わぬ好作ぞろいだった。「法廷戦術」は短編集で、「審判は終わっていない」、「隠された法廷戦術」、「臨終結婚」、「完全有罪」、「白と黒の殺人」、「閑古鳥のたくらみ」の六篇からなる。

「審判は終わっていない」は、殺人を犯してしまった少年の審判の話。神戸家裁東灘支部のの指示で、長谷川多恵子調査官は、少年の調査書を作成する。

調査書には、A、B、Cの三段階があるが、飯伏判事は一番詳しいAを命じた。厳しい審判結果になりそうである。ところが実際に飯伏判事が下した審判は意外なほど軽いものだった。これは裏があると長谷川が懸命にに探って、あることが明らかになったのだった。

「隠された法廷戦術」は、ある法律事務所の南田という女性事務員が殺され、そこの運転手役である湯谷という所員が被疑者とされた。弁護人は、その法律事務所の所長である。しかし、その法律事務所の事務員である成田は、どうしても湯谷が犯人とは思えず、自分で聞き込みして周辺事実を探った。そうしているうちに意外な事実が浮かび上がってきた。

「臨終結婚」は、父親の財産を相続したいといつも思っている息子が義理で父親が入っているケアハウスを訪れると、父親がおらず、なんといつも父親の面倒をみているヘルパーの女性と結婚したのだという。このままではメインでそちらの方に遺産を相続されてしまうと男が慌てていると、都合よく弁護士があらわれた。それから状況はだんだん妙な方に進んだ。

「完全有罪」は、ヤメ検で羽振りのよい所長の弁護士が、刑務所を出所した男を身請け人として雇う話。ところが、その男がある事件の重要参考人として警察に連れていかれてしまった。その様子を怪訝そうにみていた人がいる。所長の検事時代の部下で、いまは弁護士をしているある女性である。その女性が正義感からいろいろ調べていると、いろいろなことが分かってきた。

「白と黒の殺人」は、現役裁判官が、知らないうちに殺人を犯したという話。その現役裁判官の大学の後輩である弁護士は、どうみても殺人なんか犯す人じゃない、なにか事情があるに違いないと調べているうち、裁判官の激務ぶりと、それによる問題点が浮かび上がってきた。

「閑古鳥のたくらみ」は、ある法律事務所に、ある女性が仕事の依頼をしてきた。なんでも離婚の手続きを依頼したいのだという。事情を聞くと、楽そうな案件なので、若いイソ弁に頼もうと思ったら、そのイソ弁は、どうしてもやむを得ない事情でしばらく実家に帰るので、休暇がほしいという。それで仕方なく自らいろいろ調べていると、離婚の手続きを依頼してきた女性の自宅で、遊びにきた知り合いの家の女の子が、誤って毒入りドッグフードを食べて死んだという事件があったらしい。それを聞いて驚いていろいろ調べていくうちに、ややこしい事情が次第に判明してきた。

こうやって私が下手な要約を書くと、どれもワンパターンのようにみえてしまうが、それは私の要約がまずいのであって、本当はありきたりのようで、トリック的にも法律的にもなかなか捻りの入った粒ぞろいのストーリーだった。著者は大学院で法律学を専攻しただけあって、法律の学説にも詳しく、それがストーリーに活きている。なによりも、現代の法曹界の問題を多面的に記述し、教育的な内容にも仕上がっていると思った。蓋し、姉小路氏は、手慣れているといえる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4541

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2017年5月18日 05:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「或日の大石内蔵助」です。

次のブログ記事は「インターネット出願ソフト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。